NOBのArduino日記!
住所
出身
ハンドル名
NOBさん
ブログタイトル
NOBのArduino日記!
ブログURL
https://nobita-rx7.hatenablog.com/
ブログ紹介文
趣味の車・バイク・自転車・ラジコン・電子工作に関するブログです。
自由文
-
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2019/08/11

NOBさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(IN) 56,473位 圏外 56,473位 55,298位 55,289位 55,392位 55,146位 969,371サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 4 2 0 6/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他趣味ブログ 1,157位 圏外 1,157位 1,141位 1,132位 1,107位 1,116位 16,744サイト
電子工作 27位 圏外 27位 24位 24位 24位 24位 199サイト
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 98,075位 85,650位 78,772位 60,473位 60,397位 65,864位 66,033位 969,371サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 4 2 0 6/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他趣味ブログ 1,671位 1,440位 1,284位 914位 904位 969位 968位 16,744サイト
電子工作 41位 35位 28位 18位 17位 18位 19位 199サイト
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,371サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 4 2 0 6/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他趣味ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,744サイト
電子工作 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 199サイト

NOBさんのブログ記事

  • CES2019(Tech East, Central Hall)

    世界最大の家電ショー「CES2019!」 前回「Tech East, North Hall」の続きで「Tech East, Central Hall」編です。 1. Tech East会場MAP 写真が多いのでさらに①~⑤に分割です。 ①Tech East, Westgate ②Tech East, LVCC, North Hall ③Tech East, LVCC, Central Hall ④Tech East, LVCC, South Halls ⑤Tech East, LVCC, Central Plaza ③Tech East, Central Hall The家電ショーな雰囲気のC…

  • CES2019(Tech East, North Hall)

    世界最大の家電ショー「CES2019!」 前回「Tech East, Westgate」の続きで「Tech East, North Hall」編です。 1. Tech East会場MAP 写真が多いのでさらに①~⑤に分割です。 ①Tech East, Westgate ②Tech East, LVCC, North Hall ③Tech East, LVCC, Central Hall ④Tech East, LVCC, South Halls ⑤Tech East, LVCC, Central Plaza ②Tech East, North Hall 家電ショーなのにモーターショーの様な雰囲…

  • CES2019(Tech East, Westgate)

    世界最大の家電ショー「CES2019!」 先月家電ショーに行って来ました!だいぶ写真寝かせてました 1. 移動 移動だけで24時間以上 ロサンゼルス空港を経由し、 マッカラン空港を出て、 LVCC(Las Vegas Convention Center)へ到着! 2.CES2019 2019年1月8日~1月11日に開催されたCES2019の会場は大きく分けて「TechWest」「TechSouth」「TechEast」の3か所です。 CES2019会場マップ 総展示面積は「232,258 m2」と、東京ドーム建築面積(46,755m2)の5倍!? CES2019集計が見つからなかったので、CE…

  • Raspberry Pi 3 Model B(ProsessingでGUI入力!)

    「Raspberry Pi 3 Model B」×「Prosessing ver3.4」でGUI入力! 前回の記事ではProsessingを使ってRaspberry PiのGPIOピンに入力した情報を画面に反映しました。 今回はProsessing用GUIライブラリの「ControlP5※1」を使って、GUIに入力した情報を画面図形に反映してみました!このGUIライブラリ便利ですね! ※controlP5:Andreas SchlegelによってProsessing用に書かれたライブラリです。最終更新日、2015年7月30日。Prosessingスケッチの上にGUI(グラフィカルユーザインタフ…

  • Raspberry Pi 3 Model B(ProsessingでGPIO入力!)

    「Raspberry Pi 3 Model B」×「Prosessing ver3.4」でGPIO入力! Arduinoと相性が良いProsessingを実質パソコンのRaspberry PiにインストールしてGPIO※1インターフェースから連携させてみましたさすがラズパイ簡単ですね! 1. Prosessingのインストール! RaspberryPiにProsessingをインストールする方法はとっても簡単です! 1.1 インストール 図1の「Now Available for Download: Processing」サイトに書かれている通り、表1コマンドを図2の様に「LXTerminal…

  • クリスマスイルミネーションなどなど!

    2ヶ月ぶりのブログ更新です一度さぼるとあっという間ですね(;'∀') 家族で松ぼっくり拾い&イルミネーションを見に行って来ました 15~20cmの巨大松ぼっくりGET!(大王松の松ぼっくりだそうです) 落ち着いた雰囲気のチャペルでは 無料で音楽イベントが開催されていました チャペルの外は、 キレイなイルミネーション 遊歩道を歩きながら ジックリ鑑賞してきました! おしゃれブランコ 歩き疲れたので近くの出店で家族で休憩 息子のクリスマスプレゼントはシンカリオンです 励みになりますのでよければクリック下さい(^o^)/ ↩目次に戻る

  • Processing(subsetの使い方)

    subset Processingにおけるsubsetは、既存の配列から要素の配列を抽出します。 listパラメータは、要素がコピーされる配列を定義し、startおよびcountパラメータは抽出する要素を指定します。 countを指定しない場合、要素は配列の最初から最後まで抽出されます。 開始を指定するときは、最初の配列要素が0であることに注意してください。 この関数はソース配列を変更しません。 オブジェクトの配列を使用する場合は、関数から返されたデータをオブジェクト配列のデータ型にキャストする必要があります。 例:SomeClass items = (SomeClass) subset(or…

  • Processing(for の使い方)

    for Processingにおけるforは、繰り返しのシーケンスを制御します。 構造の基本は、init、test、updateという3つの部分で構成されています。 各部分は、セミコロン(;)で区切らなければなりません。 ループはテストが偽と評価されるまで続きます。 for構造体が実行されると、次の一連のイベントが発生します。 1. init文が実行されます。 2.試験は真または偽であると評価される。 3.テストが真であれば、ステップ4にジャンプします。テストが偽であれば、ステップ6にジャンプします。 4.ブロック内のステートメントを実行します。 5.更新ステートメントを実行し、ステップ2にジ…

  • Processing(>= の使い方)

    >= Processingにおける「>= 」は、左側の値が右側の値より大きいか、値が等しいかどうかをテストします。 Processingで使用する「>= 」の使い方は以下の通りです。 int a = 23; int b = 23; if (a >= b) { println("variable a is greater or equal to variable b "); } 図1:プログラムの内容 ※Processingのプログラムに関する詳細はコチラ 〇>= の構文 value1 >= value2 〇>= のパラメータ value1: int、float、char、またはbyte val…

  • Processing(>の使い方)

    > Processingにおける「>」は、左側の値が右側の値より大きいかどうかをテストします。 Processingで使用する「>」の使い方は以下の通りです。 int a = 5; int b = 13; if (b > a) { println("variable b is larger the variable a"); } 図1:プログラムの内容 ※Processingのプログラムに関する詳細はコチラ 〇>の構文 value1 > value2 〇>のパラメータ value1: int、float、char、またはbyte value2: int、float、char、またはbyte 〇…

  • Processing(==の使い方)

    == Processingにおける「==」は、2つの値が等しいかどうかを判定します。 等価演算子は代入演算子とは異なります。 Stringオブジェクトを比較するときは、その内容を比較するために==の代わりにequals()メソッドを使用する必要があることに注意してください。 詳細については、Stringのリファレンスまたはトラブルシューティング・ノートを参照してください。 Processingで使用する「==」の使い方は以下の通りです。 int a = 23; int b = 23; if (a == b) { println("variables a and b are equal"); }…

  • Processing(<=の使い方)

    <= Processingにおける「<=」は、左の値が右の値よりも小さいか、値が等しいかどうかを比較します。 Processingで使用する「<=」の使い方は以下の通りです。 int a = 22; int b = 23; if (a <= b) { println("variable a is less or equal to variable b "); } 図1:プログラムの内容 ※Processingのプログラムに関する詳細はコチラ 〇<=の構文 value1 <= value2 〇<=のパラメータ value1: int、float、char、またはbyte value2: int、…

  • Processing&lt;の使い方)

    < Processingにおける「<」は、左の値が右の値よりも小さいかどうかを比較します。 Processingで使用する「<」の使い方は以下の通りです。 int a = 22; int b = 23; if (a < b) { println("variable a is less then variable b "); } 図1:プログラムの内容 ※Processingのプログラムに関する詳細はコチラ 〇<の構文 value1 < value2 〇<のパラメータ value1 :int、float、char、またはbyte value2 :int、float、char、またはbyte 〇<…

  • Processing(!=の使い方)

    != Processingにおける「!=」は、1つの式が別の式と等価でないかどうかを判別します。 Processingで使用する「!=」の使い方は以下の通りです。 int a = 22; int b = 23; if (a != b) { println("variable a is not equal to variable b"); } 図1:プログラムの内容 ※Processingのプログラムに関する詳細はコチラ 〇!=の構文 value1 != value2 〇!=のパラメータ value1 :int、float、char、byte、boolean value2 :int、float、…

  • Processing(spliceの使い方)

    splice Processingにおけるspliceは、既存の配列に値または値の配列を挿入します。 最初の2つのパラメータは、同じデータ型の配列でなければなりません。 最初のパラメータは変更する初期配列を指定し、2番目のパラメータは挿入するデータを定義します。 3番目のパラメータは、データを挿入する配列の位置を指定するインデックス値です。 ※配列のインデックス番号は0から始まるので、最初の位置は0で、2番目の位置は1であることに注意してください。 オブジェクトの配列をスプライスするときは、関数から返されたデータをオブジェクト配列のデータ型にキャストする必要があります。 例:SomeClass…

  • Processing(sortの使い方)

    sort Processingにおけるsortは、数字の配列を最小から最大までソートするか、アルファベット順に単語の配列を配置します。 元の配列は変更されません。 並べ替えられた配列が返されます。 countパラメータは、ソートする要素の数を示します。たとえば、配列に12の要素があり、countが5に設定されている場合、配列の最初の5つの要素だけがソートされます。 Processingで使用するsortの使い方は以下の通りです。 float a = { 3.4, 3.6, 2, 0, 7.1 }; a = sort(a); println(a); // ソートされた配列の内容を出力します。 /…

  • Processing(shortenの使い方)

    shorten Processingにおけるshortenは、配列を1つの要素だけ減らし、短縮された配列を返します。 オブジェクトの配列を使用する場合は、関数から返されたデータをオブジェクト配列のデータ型にキャストする必要があります。 例:SomeClass items = (SomeClass) shorten(originalArray) Processingで使用するshortenの使い方は以下の通りです。 String[] sa1 = { "OH ", "NY ", "CA "}; String[] sa2 = shorten(sa1); println(sa1); // &apos;…

  • Processing(reverseの使い方)

    reverse Processingにおけるreverseは、配列の順序を逆順にします。 Processingで使用するreverseの使い方は以下の通りです。 String sa[] = { "OH", "NY", "MA", "CA"}; sa = reverse(sa); println(sa); // 更新された配列の内容をコンソールに出力する // [0] "CA" // [1] "MA" // [2] "NY" // [3] "OH" 図1:プログラムの内容 ※Processingのプログラムに関する詳細はコチラ 〇reverseの構文 reverse(list) 〇reverse…

  • Processing(expandの使い方)

    expand Processingにおけるexpandは、配列のサイズを大きくします。 デフォルトでは、この関数は配列のサイズを2倍にしますが、オプションのnewSizeパラメータを使用すると、サイズの増加を正確に制御できます。 オブジェクトの配列を使用する場合は、関数から返されたデータをオブジェクト配列のデータ型にキャストする必要があります。 例:SomeClass items = (SomeClass) expand(originalArray) Processingで使用するexpandの使い方は以下の通りです。 int[] data = {0, 1, 3, 4}; println(da…

  • Processing(concatの使い方)

    concat Processingにおけるconcatは、2つの配列を連結します。 たとえば、配列{1,2,3}と配列{4,5,6}を連結すると、{1,2,3,4,5,6}が得られます。 両方のパラメータは、同じデータ型の配列でなければなりません。 オブジェクトの配列を使用する場合は、関数から返されたデータをオブジェクト配列のデータ型にキャストする必要があります。 たとえば、「SomeClass items = (SomeClass) concat(array1, array2)」です。 Processingで使用するconcatの使い方は以下の通りです。 String[] sa1 = { "…

  • Processing(arrayCopyの使い方)

    arrayCopy ProcessingにおけるarrayCopyは、配列(または配列の一部)を別の配列にコピーします。 src配列は、srcPositionで指定された位置からdstPositionで指定された位置にコピーされ、dst配列にコピーされます。 コピーする要素の数は、長さによって決まります。 値をコピーすると、コピー先配列の既存の値が上書きされます。 上書きするのではなく値を追加するには、concat()を使用します。 - arrayCopy(src,dst) - 配列全体を同じサイズの別のものにコピーします。 arrayCopy(src,0,dst,0,src.length)と…

  • Processing(appendの使い方)

    append Processingにおけるappendは、1つの要素で配列を展開し、新しい位置にデータを追加します。 elementパラメータのデータ型は、配列のデータ型と同じでなければなりません。 オブジェクトの配列を使用する場合は、関数から返されたデータをオブジェクト配列のデータ型にキャストする必要があります。 例:SomeClass items = (SomeClass) append(originalArray, element) Processingで使用するappendの使い方は以下の通りです。 String[] sa1 = { "OH", "NY", "CA"}; String[…

  • Processing(trimの使い方)

    trim Processingにおけるtrimは、文字列の先頭と末尾の空白文字を削除します。 スペース、キャリッジリターン、タブなどの標準の空白文字に加えて、この関数はUnicodeの "nbsp"文字も削除します。 Processingで使用するtrimの使い方は以下の通りです。 String s1 = " Somerville MA "; println(s1); // Prints " Somerville MA " String s2 = trim(s1); println(s2); // Prints "Somerville MA" String[] a1 = { " inconsi…

  • Processing(splitTokensの使い方)

    splitTokens ProcessingにおけるsplitTokensは、1つまたは複数の文字区切り文字または「トークン」で文字列を分割します。 delimパラメータは、境界として使用される文字を指定します。 デリミタ文字が指定されていない場合は、空白文字を使用して分割します。 空白文字には、タブ(\t)、改行(\n)、キャリッジリターン(\r)、改ページ(\f)、およびスペースが含まれます。 この関数を使用して入力データを解析した後、データ型変換関数int()およびfloat()を使用して、StringからIntegerまたはFloatにデータを変換するのが一般的です。 Processi…

  • Processing(splitの使い方)

    split Processingにおけるsplitは、文字列または文字列を区切り文字として使用し、Stringを分割します。 delimパラメータは、各ピース間の境界を示す文字を指定します。 それぞれの要素を含むString配列が返されます。 結果が数値のセットである場合、データ型変換関数int()およびfloat()を使用して、String 配列をfloat またはint 配列に変換できます。 ※図1の2番目の例を参照してください splitTokens関数は、特定の文字またはシーケンスの代わりに文字の範囲を使用して分割する点を除いて、同様の方法で動作します。 Processingで使用する…

  • Processing(nfsの使い方)

    nfs Processingにおけるnfsは、数字を文字列にフォーマットするユーティリティ関数です。 nf()と同様ですが、正の数の前に空白が残るため、マイナス記号にもかかわらず負の数に整列します。 浮動小数点フォーマット用と浮動小数点フォーマット用の2つのバージョンがあります。 digits、left、およびrightパラメータの値は、常に正の整数である必要があります。 Processingで使用するnfsの使い方は以下の通りです。 int a=200, b=-40, c=90; String sa = nfs(a, 10); println(sa); // Prints " 0000000…

  • Processing(nfpの使い方)

    nfp Processingにおけるnfpは、数字を文字列にフォーマットするユーティリティ関数です。 nf()と同様ですが、正の数値の前に "+"を、負の数値の前に " - "を置きます。 浮動小数点フォーマット用と浮動小数点フォーマット用の2つのバージョンがあります。 digits、left、およびrightパラメータの値は、常に正の整数である必要があります。 Processingで使用するnfpの使い方は以下の通りです。 int a=200, b=-40, c=90; String sa = nfp(a, 10); println(sa); // Prints "+0000000200" …

  • Processing(nfcの使い方)

    nfc Processingにおけるnfcは、数値を文字列にフォーマットし、適切なカンマを配置して1000の単位をマークするユーティリティ関数です。 intの書式設定、intの配列書式設定、浮動小数点の書式設定、および浮動小数点数の配列の書式設定の4つのバージョンがあります。 右のパラメータの値は常に正の整数でなければなりません。 米国以外の地域の場合は、カンマの代わりにピリオドを挿入するか、その地域に適したものを挿入します。 Processingで使用するnfcの使い方は以下の通りです。 int j = 500000; String si = nfc(j); println(si); // …

  • Processing(nfの使い方)

    nf Processingにおけるnfは、数字を文字列にフォーマットするユーティリティ関数です。 この関数には、浮動小数点フォーマット用と浮動小数点フォーマット用の2つのバージョンがあります。 digits、left、およびrightパラメータの値は、常に正の整数である必要があります。 図1例に示すように、nf関数は、数値の左および/または右にゼロを追加するために使用されます。 これは、通常、数値のリストを整列するためのものです。 浮動小数点数から数字を削除するには、int()、ceil()、floor()、またはround()関数を使用します。 Processingで使用するnfの使い方は以…

  • Processing(matchAllの使い方)

    matchAll ProcessingにおけるmatchAllは、テキストに正規表現を適用し、一致するグループ(カッコ内にある要素)のリストを2次元のString配列として返します。 一致するものがない場合、null値が返されます。 正規表現にグループが指定されていないが、シーケンスが一致する場合は、2次元配列が返されますが、2番目の次元は長さ1だけです。 関数を使用するには、まず結果がnullかどうかを確認します。 結果がnullの場合、シーケンスはまったく一致しません。 シーケンスが一致した場合、2D配列が返されます。 正規表現にグループ(カッコの集合で指定)がある場合、それぞれの内容が配…