searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

研究職ママさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
研究職ママの子育ち日記~子どもの学び方を考える~
ブログURL
https://selfmanagementforkids.hatenablog.com/
ブログ紹介文
企業研究所に勤務しながら、学会理事も務める研究者です。夫は単身赴任で、実家は遠方。日々の暮らしの中で、子どもが自ら学んで育つような子育てを目指しています。
更新頻度(1年)

327回 / 365日(平均6.3回/週)

ブログ村参加:2019/07/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、研究職ママさんの読者になりませんか?

ハンドル名
研究職ママさん
ブログタイトル
研究職ママの子育ち日記~子どもの学び方を考える~
更新頻度
327回 / 365日(平均6.3回/週)
読者になる
研究職ママの子育ち日記~子どもの学び方を考える~

研究職ママさんの新着記事

1件〜30件

  • 鉛筆の練習進行中

    息子の鉛筆の練習は地道に進んでいます。 生活の中にすっかり馴染んできた「あみだくじ作り」。息子があみだくじをつくって、家族で楽しみます。 以前のブログであみだくじを紹介した時は、縦の線は私と一緒に引いていましたし、横の線ももっとひょろひょろの線でしたが、この頃に比べると線がしっかりひけるようになりました。 selfmanagementforkids.hatenablog.com 飛んだり跳ねたり、レゴで遊んだりが中心で、「絵を描きたい」といった気持ちは全くない様子でしたが、鉛筆にも少し慣れてきたせいか、最近は時々「間違い探し」などの絵も書くようになってきました。 息子「間違いが4個あるからあて…

  • 忘れていた結婚記念日

    少し前に結婚記念日がありました 夫が帰ってきている週末。 夫が作ってくれた晩御飯がやけにゴージャスで、シャンパンまであり。 さらに、夫の部屋に隠してあった花束まで持ってきてくれて。 私「今日なんかあるんだっけ?」 夫「忘れちゃったの?」 私「(カレンダーを見る)あ、結婚記念日!」 夫「先週、来週は結婚記念日だねって話したじゃん・笑」 私「忘れてた・笑」 子どもたち「笑」 といった具合でした。 花はちゃんと飾りました。 ちょうど同じころ、ひめぐまさん(id:himegumatan)も結婚記念日を忘れていたというお話を書いていらして、ちょっと嬉しくなったのでした。 www.himegumatan.…

  • 息子のお泊り保育と、娘と私のディナー

    なんだか日に日に新型コロナウイルスの感染者が増えていて心配ですね。九州の豪雨災害や、庄内川の氾濫などの自然災害も重なるし、子どもたちが大きくなる未来はどうなるのだろうと思ってしまいます。 今日は新型コロナウイルスがこんな状況になる前の7月頭の話です。 7月頭に保育園のお泊り保育がありました。 金曜日の夜にお迎えに行かずにそのまま保育園に泊まり、土曜日の朝にお迎えに行くというスケジュールのお泊まり保育です。 「万が一、新型コロナウイルスの感染者が増えれば中止になるかもしれません」というアナウンスのもとに準備が進められました。 子どもにとっては「自分たちだけでお泊まりできた!」という体験はとても貴…

  • 夫婦の在り方について考える

    娘との関わり方について考え直していた火曜日の話です。 selfmanagementforkids.hatenablog.com 火曜日のお昼休み、みなさんのコメントを読みながら、娘との関わり方について見直していました。その中で夫との関係、夫婦の在り方についてあらためて考え直していました。 娘や息子には、「結婚しているかどうかに関わらず、学生生活が終われば家から出てひとりで生きていくように」と小さい頃から言い聞かせています。大学から外に出ていくかもしれませんし、大学には行かずに働き始めるかもしれません。そうなれば、娘や息子と生活するのは彼女たちが高校卒業までのあと数年です。大学や大学院に自宅から…

  • リスペクトしあうということ

    今日も、反抗期?に差し掛かった娘との付き合い方に関する話の続きです。 昨日の記事にもたくさんのコメントをありがとうございました。 selfmanagementforkids.hatenablog.com ひめぐまさん(id:himegumatan)からこんなコメントをいただきました。 みなさんにはとても感謝しています - 研究職ママの子育ち日記~子どもの学び方を考える~ どうにも腹の立つこと反抗期はありますね😁土日の父さんのお休みに息子ちゃんを預けて娘ちゃんとお洋服見たりカフェでお茶しつつリスペクトしあってみたりすると少々気分が晴れるかも💕 2020/07/29 08:08 b.hatena.…

  • みなさんにはとても感謝しています

    昨日は私の醜い話を「分かるよ、分かるよ」と聞いてくださり、「みんな同じだよ、大丈夫だよ」と励ましてくださり、本当にありがとうございます。 selfmanagementforkids.hatenablog.com みなさんに温かい言葉をかけていただいて、こんな風に子どもも「気持ち分かるよ」と言ってもらえるだけで、心が晴れることがあるのだろうなと実感しました。とはいえ、なかなか大人になりきれないのですが、少しずつやっていきたいと思います。 ネエサンには記事にもしていただきました。 kyobachan.hatenablog.com 「毎日あんなに面倒見てやってるのに なんだ?!あの態度は💢」 面倒見…

  • 親子喧嘩と夫婦喧嘩で始まった4連休

    4日ぶりのブログです。 「4連休はスマホオフにして過ごすためにブログはお休みします」と宣言しつつも、家族が起きてくる前や、お風呂に入っている間には、みなさんのブログにちょこちょこお邪魔して楽しませていただいていました。 いつものように楽しくてためになるブログがたくさんあったのですが、なるほどなぁと感心したのが、こちらのガネしゃんさんのブログです。 夫婦喧嘩の後の対処について書かれています。 www.yumepolly.com 私も昔、子供の前で夫と言い合いになる事が何回かありました。 そんな時の我が家の解決法。私が子供と2人になったところで、パパの事を褒めます。 「パパはああ見えて、良い所があ…

  • 「夏の出し物披露」に打ち込む娘

    昨夜、無事に夫は家に帰ってきてくれて、この4連休は家族で過ごしています(*^-^*) 先週の記事に、あたたかいコメントをくださったみなさん、ありがとうございました。 selfmanagementforkids.hatenablog.com ーーーーーーーーーー 6月末ぐらいから、娘は学童で「夏の出し物披露」の練習が始まりました。 娘の通う学童では、毎年、夏のキャンプで4年生~6年生(全員ではなく有志のみ)で出し物の披露をします。例えば音楽に合わせた振りをする場合は、音楽を選んで、自分たちで振りを考えて、練習して、といった具合です。今年は残念ながら新型コロナウイルスの影響でキャンプは中止になって…

  • 4月と5月の休校期間の学習内容

    以前のブログに書いた通り、休校期間が終わった後の学校の授業は、4月と5月の学習内容は休校期間中のプリントの見直しのみで終わり、本来6月以降に習う内容から学習がスタートしました。 selfmanagementforkids.hatenablog.com ペースメーカーになってくれている進研ゼミの範囲と同じ内容が全て終了した(教科によっては学校の方が少し進んでいる)ので、6月以降の授業は予定通り進んだようです。 私たちの住む地域は通常1ヶ月半ある夏休みが1ヶ月に短縮され、8月に10日ほどの臨時出校日があります。ただ、臨時出校日はいずれも時間は短く、3時間授業の日と4時間授業の日が半々という感じです…

  • 「おしん」から学ぶ

    今日から上の子は夏休みです。私たちの住む地域では、夏休みがそんなに短縮されていないので、予定通りの夏休み開始となりました。8月の臨時出校日(3時間登校と4時間登校で合わせて10日ほど)はありますが、夏休みが2週間ほどになっている地域もあると聞くので、ずいぶんゆったりとした夏休みだと思います。 娘は夏休みも毎日学童には行きますが、それでも自宅で過ごす時間も増えてくるので、週末は少し家の荷物の整理をしました。整理する中で、休校中の勉強に使っていたファイルが出てきたりして、ちょっと懐かしく見ていました。 selfmanagementforkids.hatenablog.com 4月以降の休校期間はそ…

  • 休校中のパン作り

    私の住む地域では夏休みがそんなに短縮されていないので、明日から小学校は夏休みに入ります。学校が始まってから7週間はなんだかとてもあっという間だった気がします。 休校中、特に5月の後半の娘は、ストレスマックスでした。緊急事態宣言が解除され、別の地域に住んでいる従姉妹は毎日学校が始まって、給食まで始まったのに、自分の学校はまったく始まる気配なし。そんなストレスマックスだった5月後半のとある休日。娘とパンを焼きました(といっても、こねるのはパン焼き器にお願いしたのですけど…)。 我が家ではスイーツやパンは夫の担当なので、私はパンを焼いたのは初めてでした。 パン焼き器から取り出した生地を発酵させて、く…

  • 夫作のパスタもお預け

    我が家は単身赴任です。もう単身赴任生活も四年半になりました。新型コロナウイルスの問題がない時は、毎週週末は帰ってきてくれて、家族で過ごす時間を大切にしてきました(「土日の勉強はなし、土日はオフ」となっているのは、土日だけが家族全員が揃えるのもあると思います)。 しかし、そこにやってきた新型コロナウイルス。緊急事態宣言が出される少し前の3月末に、「県をまたいだ移動の自粛」が呼びかけられ、3月末から6月末まで、ずっと移動を自粛してきました。緊急事態宣言が解除された後も、しばらくは県をまたいだ移動は自粛してくださいというお願いが出ていたので、できる協力はしようと思い自粛を続け、やっと家族が集合できた…

  • AIはプロ棋士には到底かなわない

    木曜日に、藤井七段が最年少でタイトルを獲得しました。 私は普段、情報の分野の研究者として企業研究所で働いています。人工知能分野の片隅ともいえるかもしれません。その立場で、今回あらためて「プロ棋士の方々はやっぱりすごい、AIなんて到底かなわない」と心から思いました。 少し前から、AIが強くなった時のプロ棋士の方の存在価値のようなものが言われるようになりました。 www.huffingtonpost.jp 棋士の存在価値というのが何なのかを、問われているということだと思っています。 それはまさに対局をしている姿ですとか、背景ですとか、周りにある環境とか、そういうものを含めた全てのところで「沢山の人…

  • 「人が死なない防災」のまとめ

    昨日まで、数日間に渡り、「人が死なない防災」という本のご紹介をしてきました。この本は、釜石の震災を通して、「自分の頭で考えること」について多くのことが学べる一冊です。ぜひ手に取って、ご家族で読んでいただけるといいと思います。 人が死なない防災 (集英社新書) 作者:片田 敏孝 発売日: 2012/03/16 メディア: 新書 多くの方が感じているように、私たちが子どもの頃に比べると、日本の気候は大きく変わりました。その中で「これまで体験したことのない」と表現されるような自然災害が、毎年のように起きるようになりました。 そして、自然災害が起きるたびに「想定外」という言葉が使われるのを目にします。…

  • 災害時の待ち合わせ場所を決めてはいけない

    ここ数日は、「人が死なない防災」という本のご紹介をしています。 人が死なない防災 (集英社新書) 作者:片田 敏孝 発売日: 2012/03/16 メディア: 新書 実は、今日書く内容が、私がみなさんに一番伝えたいことです。 皆さんは、災害が起きた時の「家族の待ち合わせ場所」を決めていらっしゃるでしょうか? 今日の話は、想定や約束がかえって被害を大きくしてしまう場合がある、という内容です。家族との絆が強ければ強いほど、被害を大きくなってしまうことがあるというのです。 災害が起きた時の家族の行動についてシミュレーションをしておくことはとても大切なことです。子どもが登校中に地震にあったらどうするか…

  • 率先避難者たれ

    ここ数日は、「人が死なない防災」という本のご紹介しています。 人が死なない防災 (集英社新書) 作者:片田 敏孝 発売日: 2012/03/16 メディア: 新書 本の中に、「生きるための指針」として、3つの原則が書いてあります。 その一「想定にとらわれるな」 その二「最善を尽くせ」 その三「率先避難者たれ」 今日はその三「率先避難者たれ」についてご紹介します。 実は、人は元来「逃げることのできない」生き物です。 本の中にはこのようにあります。 「正常化の偏見」とは、「自分は大丈夫」と一生懸命思い込もうとする心の作用です。自分にとって都合の悪い情報を無視したり、 過小評価したりして、「いつもと…

  • 「最善を尽くす」ということ②

    ここ数日は、「人が死なない防災」という本のご紹介しています。ひとりでも多くの方が防災について考えるきっかけになっていれば嬉しいです。 人が死なない防災 (集英社新書) 作者:片田 敏孝 発売日: 2012/03/16 メディア: 新書 「想定にとらわれるな」「最善を尽くせ」そんな防災教育を小さいころから受けてきていた中学生は、地域の小学生や高齢者を巻き込みながら「ございしょの里」までやってきた。今日は、この話の続きです。 selfmanagementforkids.hatenablog.com そうやって、みんなで「ございしょの里」に入っていきました。 ところが、「ございしょの里」の裏の崖が地…

  • 「最善を尽くす」ということ①

    ここ数日は「人が死なない防災」という本のご紹介しています。 人が死なない防災 (集英社新書) 作者:片田 敏孝 発売日: 2012/03/16 メディア: 新書 津波に襲われながらも高い生存率だった釜石での防災教育について書かれた一冊です。この本を書いた片田さんは、2004年から釜石市の「危機管理アドバイザー」を務めている方です。 初日のブログの中にも書きましたが、私はこの本を読んだ後、本を片手に釜石まで行きました。そして、津波が到達した高台にひとりで立って、たしかに私がこんなに高台に住んでいたら私も逃げないかもしれないと感じました。 それなのに、釜石に住む多くの方は逃げることができた。それを…

  • 主体的であることの大切さ

    昨日から数日は、「人が死なない防災」という本のご紹介しています。とても大切なことなので、少しじっくりと数日かけて書いていきたいと思っています。 昨日の記事はこちらです。 selfmanagementforkids.hatenablog.com 筆者は、本の中で「日本の防災の問題点」として、 日本の防災は行政主体で進められており、私たち一人ひとりにあまりにも主体性がなさすぎる と指摘しています。 主体的であることの大切さ。 防災に限らず、このブログの中ではたびたび取り上げているキーワードです。 昨日、一枚の地図をご紹介しました。当時配布されていたハザードマップの中で、津波到達想定区域の外にお住い…

  • 「人が死なない防災」

    ここ数日、豪雨災害が続いています。被害に会われた方々に心からお見舞い申し上げます。私の実家は九州なので、親戚や友人の実家などでも被害の話をたくさん聞きました。一日も早く復旧することを願います。 このような大きな災害があるときに、いつも思い出す本があります。 「人が死なない防災」 以前、一度ブログの中でご紹介したので、もしかしたら読んでくださった方がいらっしゃるかもしれません。でも、以前のブログの中ではとても簡単にしか触れなかったので、今回は、今日から数日に分けて、この本のご紹介をしたいと思います。 3.11の地震で、津波に襲われながらも死者がほとんど出なかった釜石市について書かれた一冊です。 …

  • 子どものやる気を引き出す方法

    一昨日から3日間は、最近読んだブログの中から私が心に残ったブログをご紹介しています。今日で最終日です。 最終日の今日は、ひめぐまさん(id:himegumatan)のブログです。2日にわけてやる気スイッチを押す方法について書いていらっしゃいます。 www.himegumatan.com www.himegumatan.com 引用したひとつ目のブログの中にはやる気スイッチを入れるためのステップ(ドリーム高校/ドリーム大学を決めてからやる気スイッチを入れるまで)が分かりやすく書いてあります。 ふたつ目のブログには、やる気スイッチを押すための成長にあった声掛けと、かわいいアイテムのことが書いてあり…

  • 子どもはたくさん失敗をして大きくなってほしい

    昨日から3日間は、最近読んだブログの中で心に残ったブログをご紹介しています。 今日はガネしゃんさん(id:yu_me_po-lly)のブログをご紹介したいと思います。ガネしゃんは2人のお子さんのお母さまです。 www.yumepolly.com 私が常に念頭に置いてる言葉で子育て四訓という言葉があります。 1、乳児はしっかり肌を離すな 2、幼児は肌を離せ、手を離すな 3、少年は手を離せ、目を離すな 4、青年は目を離せ、心を離すな 子供は本当に可愛いです。 そして成長に合わせて心配な事ばかりです。 けれど…いつか自立して巣立っていきます。 その時に本当に学んでおかなければいけない事は、 「自分で…

  • 子どものことを信頼して任せるということ

    今日から3日間は、最近読んだブログの中から私の心に残ったブログをご紹介していきたいと思います。 まずご紹介したいのは、ハム母さん(id:thehamuchans)のブログです。 ハム母さんは4人のお子さんのお母さま。この春に、長男くんは一浪で旧帝大医学部に、次男くんは現役で国立大工学部に合格されています。 thehamuchans.hatenablog.com ちなみに昨年(一浪時) 隊長(長男)が取った講座はコレ! 👨‍🏫竹岡先生の英作文 1つだけ(チーン!) でも、もしかして、もしかしたら お金💰の心配してるんやろか?🤔と思い 「お金の事は心配せんでいいよ!」 「必要なものはぜ〜んぶ取りよ…

  • 楽しくひらがなを覚えるための「ひらがな対決 ver2」

    我が家には、小学校高学年の娘と、未就学児の息子がいます。 娘は絵本を読んでいるだけで3歳ぐらいには自然とひらがなを覚えていつのまにか書けるようになっていたので、息子もそのうち覚えるだろうと放置していたら一向に覚える気配なく、だんだんと年齢が上がっていき、このままではひらがながまったく読めないまま小学生になってしまうのでは…と心配になりました。 ひらがななんてどうやって教えたらいいのか分からない…。手探りながら、去年の年末あたりから、親子で「ひらがな対決」を楽しみながらひらがなを覚えてきました。 「ひらがな対決」のルールはこちらです。 selfmanagementforkids.hatenabl…

  • 「ここにいる人はみんな100年後には死んでるのよ」

    金曜日の「朝イチ」に平野レミさんが出演していらっしゃいました(会社に行く途中に車の中で視聴しました)。 その中で ここにいる人はみーんな100年後には死ぬんだから、今美味しいものを食べて、今日を楽しんで生きればいいのよ! ととても軽快におっしゃっていました。 私が大学生になった後に「なんだか今までずっと未来のために生きてきた気がするなぁ」なんて生意気に考えたことがあるのを覚えています。 子どもの様子を見ていても、「今が楽しい」ことと、「未来の自分のための投資の時間」のバランスは、とても難しいと感じます。 「どうせ100年後にはみんな死ぬんだから」なんていうと身も蓋もないと思う方もいらっしゃるか…

  • ゴミボールのリメイク

    我が家で人気の「ゴミボール」。新聞紙をちぎって袋に詰めたボールです。 selfmanagementforkids.hatenablog.com 投げて遊んでいると、だんだん形が悪くなるので、時々リメイクします。 やり方は簡単で、 新しい袋を用意する 古いゴミボールの袋を開く 新聞紙を細かくちぎりながら新しい袋に詰めなおす だけなのですが、 昨日のリメイクでは、 新しい袋を用意する ゴミボールの袋を開く 息子が床にひっくり返し・・・(;´Д`) 仕方がなく、床にひっくり返された新聞を細かくちぎりながら新しい袋に詰めなおしました。 床に散らばったのをそのまま袋に詰めていたら、息子に「大きすぎる!ち…

  • お父さんと過ごす休日

    3月からずっと家族離ればなれで過ごしてきた我が家。新型コロナウイルスによる長い長い突然の休校期間も、夫抜きでなんとか乗り切ってきました。 selfmanagementforkids.hatenablog.com selfmanagementforkids.hatenablog.com 先週末は、やっと家族で集合できました。実に3ヶ月も離れていたので、子どもたちは「父さん帰ってきたら◯◯やる」ということがたくさん溜まっていました。一度にはできないので、まずは何をお願いするんだろうと少し楽しみに見ていました。 娘の夫へのリクエストは、やっぱり「スイーツ作り」。「プリンを一緒に作りたいな」のリクエス…

  • 親子で語り合う時間

    少し前に子育てについて見直し、親子の語り合いの時間をもっと増やしたいなぁと試行錯誤しています。 selfmanagementforkids.hatenablog.com 子どもと一緒にお風呂に入っていたころは、お風呂の時間がゆったりと話ができる時間でした。未就学児の息子とは今でも一緒にお風呂に入っているので、お風呂の中で、保育園であったことなどをいろいろ聞けますが、娘とはもうかなり長い間一緒にお風呂には入っていないので、お風呂での語り合いの時間もありません。 夕食の時間もコミュニケーションの時間ではありますが、下の子に「(おかずが)熱いからふーふーして」とか「おちゃちょうだい」とか言われたりも…

  • 小学生親子のための佐々木かをりによるオンライン時間管理術

    以前から何度かご紹介している佐々木かをりさんによる「小学生のための時間管理術講座」。今回はオンラインで3回コースで開催されるようです。 7月3日より受付開始です。 omokare.ewoman.jp ■日程 3回コース: 2020年8月2日(日)・16日(日)・23日(日)■時間 13:30-14:30■会場 オンライン(zoomを使います)■対象 小学校 4年生から小学校6年生 + 保護者 ◆講座内容:1回目:参加者自己紹介や、時間管理って何をするもの?どうしてするの?時間が上手に使えるとどうしていいの?アクションプランナーにちょっと書いてみよう! 自分を動かせるって、楽しい!2回目:宿題や…

  • 藤井七段の師匠が語る子どもの才能の育て方

    昨日は、渡辺棋聖の謙虚さについて書きました。 selfmanagementforkids.hatenablog.com 昨日のブログを書いていて、思い出した記事があります。藤井総太七段の育て方についての記事です。師匠の視線からご両親の教育が語られています。 news.mynavi.jp 親がしっかりしすぎていない方がいいなと思うことはありますね。親がしっかりしすぎていると、それに従うだけになってしまって子どもは考えなくなります。 考えている時間は、成長の源です。結論が出なくてもいいから、自分の頭で考えることが大切です。 何か子どもが黙ってじっと考えている、口ごもって言えないでいる……そんなとき…

カテゴリー一覧
商用