★アジアの片隅で・・・今日も一日★Ver.7
住所
出身
ハンドル名
melon3799さん
ブログタイトル
★アジアの片隅で・・・今日も一日★Ver.7
ブログURL
http://melon3799.livedoor.blog/
ブログ紹介文
各街ごとに旅をしてまして複数回行った街も多いです。 こころ折れそうで折れない一人旅。週末はどこへ? タイ、ベトナム、フィリピン、カンボジア、マレーシア、ラオス他、アジアの旅行記です。
自由文
-
更新頻度(1年)

26回 / 42日(平均4.3回/週)

ブログ村参加:2019/07/08

melon3799さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/25 08/24 08/23 08/22 08/21 08/20 全参加数
総合ランキング(IN) 11,835位 12,307位 12,298位 12,960位 13,580位 15,270位 17,205位 969,872サイト
INポイント 30 10 20 20 30 30 30 170/週
OUTポイント 50 50 30 50 40 50 20 290/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 335位 347位 349位 367位 389位 443位 519位 42,628サイト
タイ旅行 13位 13位 14位 15位 15位 16位 17位 602サイト
アジア旅行 3位 3位 3位 4位 4位 5位 6位 694サイト
今日 08/25 08/24 08/23 08/22 08/21 08/20 全参加数
総合ランキング(OUT) 23,003位 24,673位 25,215位 25,789位 27,624位 27,757位 30,709位 969,872サイト
INポイント 30 10 20 20 30 30 30 170/週
OUTポイント 50 50 30 50 40 50 20 290/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 679位 750位 767位 779位 850位 860位 958位 42,628サイト
タイ旅行 33位 34位 32位 32位 36位 36位 35位 602サイト
アジア旅行 8位 8位 8位 8位 8位 6位 9位 694サイト
今日 08/25 08/24 08/23 08/22 08/21 08/20 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,872サイト
INポイント 30 10 20 20 30 30 30 170/週
OUTポイント 50 50 30 50 40 50 20 290/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 42,628サイト
タイ旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 602サイト
アジア旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 694サイト

melon3799さんのブログ記事

  • Laoag City 朝の散策

    ここよりもっと北の、島だけで構成されるバタネス州までも行っておかなきゃいけないの想いは消えてはいませんがフィリピンの片田舎、本島の北のはずれの街まで来ちゃうと昨日の復習のような散策だってちょっと気分が違うものです中心に予約したホテルからは街の主要部分は散

  • Sinking Bell Towerからホテルへ

    Aurora Parkから東に目をやると、いかにもっていう古い塔があって公園から東に延びるA.Bonifacio通り沿いで100mも離れていないその様相からここで見ておかなきゃっていう建物に違いないようでドライバーにはあっちね!って目くばせをして先に歩いて行きますSinking Bell Tow

  • Aurora Park at Laoag

    まあ、何度もここまで寄り道なんかしていましたから結局マニラ空港からは12時間以上かかったわけでやっぱりフィリピンの北の果てのイメージはそのままこんなところまで来ちゃったか~の想いは拭えないそれでも海に近いラオアグの街は心も開けるようで田舎の悪さっていうより

  • 世界遺産パオアイ教会

    街並みが世界遺産のビガンからもっと北上するとラオアグへの街の途中にパオアイの街がありますここにもミーハーなアジア野郎にはほっておけない世界遺産、セント・オーガスチン・パオアイ教会が・・ちょっと寄って~!どころの観光地ではありませんもちろん私のラオアグ旅の

  • I LOVE VIGAN

    昼食を食べたついでにビガンの石畳もちらっと見ておきます二度とは来れないと思っていましたが4年ぶりってことになる(今回ラオアグ書庫に記しますがビガン書庫で確認ください)もちろん来たくなかったわけじゃなく遠すぎるって理由ですがそれでも太平洋戦争時には日本軍はこ

  • とりあえず世界遺産の街、ビガンまで

    ニノイアキノ空港ターミナル2のイミグレーションを抜けるとやっぱりマニラは、いつだって独特の雰囲気に包まれて早朝4時前の静かな時間であったとしてもどこかが違ってかつてのパワーあふれる強烈な印象はなかなか離れないまあ、そんなことをここに着くと未だに絶対思い出し

  • Blue Ribbon Club Loungeバンコク スワンナプーム国際空港国際線

    ここはフィリピン ラオアグへの旅の前に寄りまして深夜便のマニラ早朝着の腹ごしらえっていうことでかつてウドンターニーの前に寄った国内線にもあるバンコクエアウェイズ航空のビジネスラウンジです(国内線の方はこの書庫で確認ください)ただバンコクエアウェイズのスケ

  • ラオアグの旅 プロローグ

    三連休でもなけりゃ行けやしない遠出の旅の始まりは更に前日の夜から寝ることさえ削らなけりゃできなくて今回、マニラから500kmにあるルソン島最北の州都イロコス・ノルテ州のラオアグ市まで行ってしまいます8時間で着ければ大ラッキーの田舎オブ田舎だけれど世界遺産の教

  • スリン→ブリラム→バンコク

    翌朝は当然、1泊2日のスリンへの旅を終えて同じ移動を逆にしなくちゃいけないのですが 本来であればその行動は極力避けたいものでバス移動時間に耐えて違う街から飛発ちたい それでもスリンの街に近い空港っていったらウボンラチャターニー、ロイエット、ブリラム 全て行

  • Thongtarin Hotel 界隈

    途中途中で休憩ができない街なかも疲れ果てるのですがタイ・イサーン地方県じゃしょうがないに決まっていて まあ、わかって来てはいるものの少し位の期待はあってだから隅々まで歩きまわることもその理由の一つなのです 想像を裏切ってくれなかった散策をやめてチェックイ

  • 街なか散策 Vol.2

    ラックムアンからは更に駅前通りを南下いたしましてスリン初代領主であったという像くらい見ておきます アユタヤから逃げた白象を捕獲した功績で認められた彼によって1786年にスリンの街は開かれたらしいです この場所をスリンの街の中心の最南部地点としましてここからは

  • スリン 街なか散策

    さすがに象祭りで有名なスリンの街なかではいたるところで象さんオブジェと対面します とりあえずは駅前大通りを南へと進みますが駅前には気の利いた休憩場所は見当たらない しょうがなくタイの街なか観光っていったらましてこんな田舎の街なら尚更お寺って事で それしか

  • 国鉄スリン駅

    スリン・バスターミナルからは500mくらいの比較的近い例によってまずは国鉄スリン駅を確認に歩いて行きますが これだけ近い国鉄駅とバスターミナルもタイでは珍しくて多少寂れた雰囲気は免れないとしても両方中心にあります スリン駅はコラートで分岐した東北本線の南線の

  • スリン プロローグ

    そこに興味を示す何かがあるってわけではなくてただただ、一度も行ったことがないっていう理由 少し有名なのは象祭りっていうキーワードだけでそれはタイの三大祭りのひとつにされてるらしい 毎年11月の祭時のホテル予約はできないほどでも普段の町なかは何もない田舎町そ

  • ニノイアキノ国際空港 T-2

    3連休のフィリピンは短いって思うに決まっていて毎年来ていても帰る時はやっぱりちょっと淋しい それがターミナル2の利用なら尚更想いは増して何にもないことがビールさえあまり飲めないもの ターミナル1とできればターミナル3で来れないかいつも都合いい便が増えていない

  • Highland Bali Villas,Resort and Spa  Vol.2 Buwan

    夜になるとプールは色を変えるイルミネーションで飾られプールサイドのコテージ前ではそれぞれ食事が始まりました 丘の上にあってもここも言葉どおりの熱帯夜に違いなくて子供達はずっと水の中にいることが気持ちいいに決まってる 優しい光で照らす月(Buwan)は偶然にも今

  • Highland Bali Villas,Resort and Spa  Vol.1

    こんな山の中のリゾートホテルの周りには娯楽施設などありませんからちょこちょこと動きまわることもなくのんびりできるのはあたりまえで まあ、バンコクからここまで眠らずに10時間以上かけて来たと思えばパンタバンガン湖を見下ろす丘の上のカウンターバーで座るのもいい

  • パンタバンガンへの道程

    マニラから来てターラックでひとまず休憩をしていきますフィリピンの朝食の定番はいつも変わらないマクドナルド 早朝6時過ぎの店内はいっぱいの見慣れた風景なのですがこの国はどれだけファーストフードが大好きなんでしょう え~そんなことも想いながらタイよりは洗練され

  • Nueva Ecija州(フィリピン)へ

    私がマニラ空港で一番使いたくはないターミナルなのですが3日間の時間優先せざるを得ない旅ではやっぱり仕方なくて 今回も早朝3時過ぎ着のフラッグシップのフィリピンエアーでバンコクからニノイアキノ空港ターミナル2に降り立ちました いつも思う、この街はこの国はいつ眠

  • 帰路も歩いてパーイ空港へ(チェンマイ乗継)

    帰りの朝は立派な観光などできる時間があるはずもなくカフェでアメリカンモーニングくらい食べて行こうかと 11時過ぎのフライトでも早めにチェックアウトしまして最後のウォーキングストリートにちょっと寄っていきます ファラン文化満載のパーイで食べるものに困ることな

  • ウォーキングストリート ソイ1

    ウォーキングストリートには屋台がたくさん出るのですがファランが集まるオープンバーはソイ1に並んでいまして そんな匂いを嗅ぎわけられるようになったアジア野郎なら当然のごとく、ふらふらと行ったり来たりするわけです パーイ川と平行に歩く道は狭くて短いソイだからこ

  • パーイ ウォーキングストリート

    タイでは結構付けられる名前のウォーキングストリートはパーイの町でもやっぱりメインストリートになってまして 周囲が山々に包まれた北限の町だからこその風情が見えるおとなし目の屋台を見て歩くのも懐かしくて気持ちいい かつて住んでいたパタヤのウォーキングストリー

  • 市場~Wat Luang

    まあ、2カ所だけしか行ってませんから当然ですが2時間でバイタクでのパーイ郊外観光を終えまして 町なかに戻るとゲストハウスにチェックインして暑さと頑張って歩いて出た汗をシャワーで流します メインはやっぱりウォーキングストリートですが例のごとく周辺の脇役もちら

  • パーイキャニオンとメモリアルブリッジ

    まあ、こんなものかと昼間のウォーキングストリートを歩いて早々と見切ったつもりでちょっと郊外の観光もしておきますが タクシーなんての洒落たものなんかないはずのパーイの観光はたかだか往復20km程度の距離ならバイクタクシーで充分です それでも振り落とすくらいの

  • パーイ ウォーキングストリート(昼間)

    Nong Beer Restaurantの交差点から始まる感じの夕方から屋台が並ぶウォーキングストリートは たかだか5~600mほどの長さしかないようですが最北タイの夜を彩るメインストリートになります もちろん昼間は地味で言われなきゃわからない屋台の灯りが無けりゃ通り過ぎてしまう

  • Nong Beer Restaurantで休憩

    メーホンソン県パーイ空港から2km、20分ほど歩いて来ましたまあ暑くてしょうがないのですが空港から歩いて出るのは楽しい それでも町の中心地、ウォーキングストリートの入り口の角にはNong Beer Restaurantなんて飲んでいかなきゃいけないような店が いつもの私の勘違い

  • Chumphon City

    Lomprayah社のフェリー乗り場への送迎時間は12:00でそれまでの時間はチュンポン市内を散策する気になって 国鉄駅から街の中心部であろう通りを歩いていきますが見事にこれと言って私の目に留まるものはありません 言い方を変えれば落ち着いた街ってことでしょうけれどタオ

  • 国鉄チュンポン駅

    え~空港から乗ったロットゥーは国鉄駅で降ろしてもらいワンパターンでありながらも、街の玄関を見ておきますが 決して鉄ちゃんじゃないとしても中心地には間違いなくて狭い街だからこそのここで街を見切ってしまえるものです 駅横にはフェリーと乗場までの送迎付きをネッ

  • また、いつかの沖縄

    私の短い夏休み(タイは4月です)はあっという間に過ぎていつになく国際通りで最後に後ろ髪を引かれる思いばかり沖縄っていいな~は当然の日本の有難味に触れまくってやっぱり次は、どんなふうにいつ来れるのかがテーマです店先に並ぶおどけたシーサーを見飽きることなんかな

  • 琉球王国市場

    国際通り沿いのHAPINAHAの跡地に昨年末できたようで再開発ってことでまだまだこれから整備されていくようです1階部分は食事重視のちょっとお洒落な屋台村って感じで屋台ごとのコンセプトがどの店もしっかりしていましたそりゃ~もうバンコクっ子からしたらヨダレものばかりで