searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

melon3799さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
★アジアの片隅で・・・今日も一日★Ver.7
ブログURL
http://melon3799.livedoor.blog/
ブログ紹介文
各街ごとに旅をしてまして複数回行った街も多いです。 こころ折れそうで折れない一人旅。週末はどこへ? タイ、ベトナム、フィリピン、カンボジア、マレーシア、ラオス他、アジアの旅行記です。
更新頻度(1年)

75回 / 365日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2019/07/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、melon3799さんの読者になりませんか?

ハンドル名
melon3799さん
ブログタイトル
★アジアの片隅で・・・今日も一日★Ver.7
更新頻度
75回 / 365日(平均1.4回/週)
読者になる
★アジアの片隅で・・・今日も一日★Ver.7

melon3799さんの新着記事

1件〜30件

  • ウドンターニーの後は熱帯・サバンナ気候の部屋の中

    週末のちょっとそこまでの旅は翌朝が来れば帰りますが今回ばかりは次の予定が全く立てられない状況になってウドンターニーどころじゃなくバンコク市内でさえ動けない今の私の週末行動の範囲は部屋の中、半径3mほどですそんなことで結果、まだまだ先が見えないアジアの片隅は

  • UD Town at Udonthani

    バンコクもコロナウィルスの影響で日に日に締め付けが厳しくなって今は夜にどこにも行く場所はないのですが夜間外出禁止令も出たかつて住んでいたパタヤも住民以外は入境禁止になり実質封鎖でどこに終わりがあるのか?全世界が逃げの一手オンリーで術がないタイ最大のソンク

  • ノーンプラジャック公園

    街中にいやに湖や池が多い印象のウドンターニーの一番観光向きの湖がこのノーンプラジャック公園で水面に浮かぶ巨大な3羽のイエローダックが目を惹き湖の島に橋が架かって市民憩いの場でもあるようですかつて見た頃のイエローダックより何だか綺麗のようでバレンタインバージ

  • とりあえずワット ポーティソムポンへ

    いつもはウドンターニーの駅周辺でだらだらしているのですがひさしぶりにちょっと観光の真似事でもと思いましての寄り道を空港から市内へ80Bのロットゥー(乗り合いバス)に乗りまして今回は駅ではなくトゥンシームアンで降ろさせてと頼みましたと言っても、ただホテルチェッ

  • とりあえずウドンターニー(covid19非常事態宣言の前に)

    今はすでにバンコク閉鎖一歩手前まで来ているようで明日の非常事態宣言の内容がどんなことになるのか外出規制の予測はあっても、どの程度になるのかを前夜の今は明日のコロナ対策発表を待つことのみです思い起こせば6年前の2014年に現首相のプラユットが軍を率いてクーデター

  • 別れの朝~ウドンターニー国際空港

    意味深なタイトルですが、そんな浮かれた話などなく今回も、ほぼ丸一日の滞在でバンコクへ帰りますが結局、いつものように場所を替えて飲みに来ただけのよくよく考えたら無駄ばかりが目立つ私のアジア旅ですまあ、それでも少しばかり心の豊かさが広がる気がする勘違いだとし

  • Nutty Park Bar Complex at Udonthani

    ウドンターニーには、バー・コンプレックスと呼ばれる場所が2カ所あってここが小さいながらバービア店が10軒以上集合する、そのひとつです(もう一カ所はここでご覧ください金魚すくいの街・ウドンターニー)ベトナム戦争時のアメリカ文化の名残りはちょっとパタヤの香りもし

  • ウドンターニー情景

    私が好きな街の1年4カ月ぶりの訪問ってことになると何が変って、何が変わらないのかのチェックも必要で行き慣れたソイでさえ自然と立ち止まって二度見するホテルになっちゃったのか~の独り言が口に出ちゃう変わってゆくことはかつての想いが消えてしまうようなここに立って

  • ウドンターニー空港から駅、ホテルへ

    空港に着くと、すかさずいつものように乗り合いロットゥーにとりあえず当り障りのない駅まで80Bを払って乗り込みます通常15分も走れば街の中心地まで行ける近いはずの街もあそこで降ろして!なんて客が多いと時間が追加されますウドンターニーは同じ方向に向かったことしかな

  • 1年4カ月ぶりのウドンターニー

    タイでも、もちろん今はコロナウィルスの話でもちきりでその影響でLPGAのホンダクラシックも中止になりましてパタヤ在住の頃からほぼ毎年行ってた年中行事はなくこの週末やることもなく突然暇になったのはしょうがないウドンターニーなら大丈夫!って何の根拠もありませんが

  • Zoobic Safari at Subic

    せっかくだからと隣にあったZoobic Safariも寄って3連休のなか日を消化させてしまおうと思いました何か特別にアピールできる動物がいるわけでもないちょっと寂れ感も漂わせたついでに行く動物園ですまあ、それでも一応サファリって名前がつくぐらいの放し飼いの虎がいる真ん

  • Camayan Beach Resort at Subic Vol.2

    スービック湾に面したビーチは私のイメージよりも綺麗で南シナ海から入って来る波もここでは穏やかなようです失礼な男の18年前からの思い込みはそっと消しながらオープンなコテージ?が並ぶホテルの奥へと移動します有料プライベートビーチゆえの便利さは大人には都合よくど

  • Camayan Beach Resort at Subic Vol.1

    サンミゲルビール工場のプライベート見学ができなかったためフィリピン到着初日は結局何もできずだらだらとしていただけでまあ、あまりふらふら出歩くのも控えた方がいいとの思いもありただサンミゲル・ライトビールにカラマンシーを絞って飲むばかりそれでも初めて無計画で

  • スービック・プロローグ

    タイは今年に入って初めての3連休ってことになってましてそれならば、ちょっとフィリピンへ遠出でもと計画しましたがまさに寝耳に水のコロナ・ウィルスが急激に蔓延している中空港が一番危険だとこの旅を取りやめることも考えてましたでも、悲しいかな格安チケットにキャンセ

  • センセープ運河ボート 東線

    前回西線に乗ったのなら必然的に東線も乗らなきゃって思う意味なく無駄な行為が必要なアジア野郎のバンコクライフは足元もしっかり見ておかなきゃってことが始まりなのですが新しいことをすればするほど際限なく次の予定ができてしまうそんなことで、だんだん地味な旅になっ

  • バンコク ナイトマーケット ARTBOX

    バンコクにいて時間が空いた週末の午後には結構来てしまっていてマッサージとダラダラと飲んでいってしまうスクンビット・ソイ8から酔いも醒ましながらアソーク方面へと歩いて行くソイ10とのあいだやってるな!っていつも通り過ぎてきたARTBOXへ寄っておきます期間限定開催の

  • クレット島 Vol.3

    今でもできることなら、やっぱり同じルートでは帰りたくはなくやめておけばよかったこともありますが面倒くさい性格です往路はMRTブルー線、パープル線と乗り継いできましたが復路はチャオプラヤーエクスプレスボートに乗って南下します気がつけばいつも反時計回りの往復ルー

  • クレット島 Vol.2

    渡し船から降りて、まずは観光メインどころの北側へ周囲7kmの、運河を通したことによって中州になった当然地元民も住んでいますから民家も密集する島の細い路地の左右にお土産屋台や食堂が並んでいますちょっと奥行きがある食堂の向こうはチャオプラヤー川川に面して椅子を

  • クレット島 Vol.1

    やっぱり暇な日曜日はちょっとそこまでのショート・トリップなんかを中国・北京、上海並みのPM2.5がひどい中を出かけちゃいますが(あれだけの垂れ流しの国と同じは本当に強烈ですよ)クレット島っていう島ではなくチャオプラヤー川で切り離された中州で曲がりくねった川をま

  • プラカノン運河ボート

    バンコク運河ボートシリーズ第4弾として、ついでに大放出、本当に地味なだけのプラカノン運河ボートも乗っておきますBTSプラカノン駅を降りて市場の中を抜けると乗り場がある東に向かって進んでシーナカリン通りまで行くルートですたぶんプラカノン市場とイアム・ソムバット

  • パ-シーチャルン運河ボート

    バンコク運河ボート乗船シリーズの第三弾としてもう一発くどいようでもせっかくですから続けてやってしまいますが一応間髪入れず11月、12月の週末に続けて乗ってましてどれも行先はチャオプラヤー左岸辺りで落ち着いていますってことは最近ずっと同じ場所を歩いているってこ

  • パドゥンクルンカセーム運河ボート Vol.3~カオサン通りへの寄り道

    チャオプラヤー川沿い2連チャンでクールダウンした後はどうせならそのまま南下でもしてみようって気になりましてルーティンのような、いつもの寄り道は外せないとしてもとりあえず時間をかけても南に向かって歩いて行きます最近はこのあたりを日長プラプラってすることが多く

  • パドゥンクルンカセーム運河ボート Vol.2~国立図書館周辺

    運河ボートのテーウェート・ピアから市場の中を通ってやっぱりゲストハウスぐらい、ちょっと覗いていきますどこも小さなカフェ併設なのが惹きつけてやみませんが今回はチャオプラヤー川まで我慢することにしましたひと昔もふた昔も前の街の雰囲気は落ち着きまくってここで長

  • パドゥンクルンカセーム運河ボート

    セン・セープ運河ボートでサムセーン通りまで行ったからにはパドゥンクルンカセーム運河も一応乗っておこうと思うわけで2週続けての運河ボートでやっぱり王宮方面に来ちゃいましてでも、そこには別のモチベーションもないと来れないわけですまあ、サムセーン通りや王宮近辺の

  • セン・セープ運河でサムセーン下町通りへ~帰りはチャオプラヤー川ボートVol.3

    サムセーン通りからチャオプラヤー川沿いに向かうとプラスメン要塞の横にはPhra Arthit Pierがありますカオサン通りと共に必ず歩き廻る場所でもありますが今回はここからTha Tien Pierまで下って行きますよ相変わらずチャオプラヤー・ボートの利用客は多くてBTS同様立ちっぱ

  • セン・セープ運河でサムセーン下町通りへ~帰りはチャオプラヤーボートVol.2

    セン・セープ運河ボートの終着点は丘の上にワット・サケットも見えてサムセーン下町通りに行くよりもカオサン通りのほうがちょっと近い(ワット・サケットの記事はこの書庫内で参照ください)それでも今回も調子に乗ったファランの少ない、落ち着いた下町へ生活感あふれる細

  • セン・セープ運河でサムセーン下町通りへ~帰りはチャオプラヤー川ボートVol.1

    今年になってワット・ポーのすぐ近くまで地下鉄が延伸されましてカオサン通りやサムセーン通りに楽に行けるようになりましたが逆にいつもすし詰め状態のBTSで昼飯を食べに行っているような便利になったことで利用者が増えてストレスフリーってわけじゃないってことで、たまに

  • Lotus Lounge ニャチャン カムラン国際空港 T-2

    Sun Coast Loungeで昼食兼ビールをいいだけ飲んだら私が入れる、もうひとつのラウンジも覗いていきますがふたつのラウンジともターミナルのほぼ端っこに位置して搭乗フロアーの国内線ターミナル方向に歩いて行きます反対側っていってもそんなに広い空港ではありませんしむし

  • Sun Coast Lounge ニャチャン カムラン国際空港T-2

    ここはバンコク・スワンナプーム帰路の為の国際線ターミナルでホテルのおばちゃんに甘えた結果、予定以上に早く着きましてこのターミナルのラウンジに私が入れる二ヶ所のうちのひとつ、もちろん時間は余っていましたのでラウンジのハシゴはしましたこの時間、他のお客さんは

  • ニャチャン国際空港 国際線ターミナル

    せっかく前夜に空港バスターミナルの場所を教えてもらったのに結局雨で、再びおばちゃんのバイクの後に乗ってやって来まして(バスターミナルの位置はここで確認くださいニャチャンビーチ)ありがとうって合羽を渡すと今すぐワンボックスが出発するようで荷物で狭いのですが

カテゴリー一覧
商用