マメチュー先生の調剤薬局
読者になる
住所
出身
ハンドル名
maricatsさん
ブログタイトル
マメチュー先生の調剤薬局
ブログURL
https://www.mamechu.com/
ブログ紹介文
ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の豆知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。
自由文
-
更新頻度(1年)

87回 / 113日(平均5.4回/週)

ブログ村参加:2019/06/30

maricatsさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,413サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
猫ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,162サイト
猫好き 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 83サイト
イラストブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,841サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,413サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
猫ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,162サイト
猫好き 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 83サイト
イラストブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,841サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,413サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
猫ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,162サイト
猫好き 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 83サイト
イラストブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,841サイト

maricatsさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、maricatsさんの読者になりませんか?

ハンドル名
maricatsさん
ブログタイトル
マメチュー先生の調剤薬局
更新頻度
87回 / 113日(平均5.4回/週)
読者になる
マメチュー先生の調剤薬局
  • おとひめさま

    「化粧品の匂いでもするのかな」 しょうまさんは化粧品会社で働いています。 「……履いてたらね……」 「こっわ」 「まゆじゃん。何してんの?」 「春の薬草摘み」 しょうまさんにマジマジと見つめられるまゆさん。 「あん?」 「何でも無い。久しぶりだから見てただけ」 「クソうぜぇ」 「おとひめさまみたい」 「あん?」 「トイレの方」 「どーゆー事だよ」 「ねぇ見て」 トビーくんが手にしていたのは、小さいお子様用のシロップの風邪薬でした。 甘くて美味しいため、誤飲事例が多くあります。(2~3歳) 誤飲が多いといわれている、シロップの風邪薬を持っている事に気付いているのに、トビーくんを追いかけないバイ菌…

  • 猫さん、ヤキモチをやく?

    外でよその猫さんを撫でてきた後、ついその手をポにゃちゃんに嗅がせてしまいます。 他の猫さんの匂いがしたらヤキモチやくかなぁ、なんて。 ポにゃちゃんはポあねと、ポにゃちゃんの面白写真を見て笑っていると怒ります。 自分のことをバカにされているって、分かってて怒っているのでしょうか。 それともポあねをとられて怒っているのでしょうか? ポあねに甘えて抱っこしてもらう猫ジジイをつついてみる。 ポいもに怒って、噛みついてこようとする猫ジジイ。 でもいつも間違える。 毎回間違えて噛みついていることに、気付かないポにゃちゃん。 毎回間違えることを知っているポいも。 ポあねに捨てられても人のせいにしないでね、ポ…

  • 猫、髪を食う

    猫さんは、髪の毛に興味を持ちます。 髪の毛にちょっかい出してきます。 うんちに髪の毛が絡まるから、食べちゃダメだって言ってるのに。 髪の毛をセットした後に、ムシャつくのは特にダメ! 頭から猫のヨダレの匂いがする人間。 キツいです、そう思われるのは。 髪の毛を食べると、消化が出来ず、消化器官に絡まる事もあるそうです。 ご飯が食べられなくなったりするので、口にしないよう気を付けなければならない。 でも掃除が間に合わない位、髪の毛抜ける。 髪の毛なんて、絶対口に入れたく無いですけどね。 食事の中に混ざっていようものなら、一気に食欲減退しますし。 口から髪の毛出して。モシャモシャ食べて。 もうそれ、妖…

  • 風呂を怖がる猫ジジイ

    暑くてお天気のいい日。 思い出したように猫さんたちをお風呂に入れます。 「猫入浴中」という記事でも書きましたが、猫さんはお風呂をとても怖がります。 たまにしか入れないので、猫シャンプーが全然減りません。 怖すぎて入浴中、静かに泣いています。 もう大人の猫さんなのにメソメソと泣いています。 でも加齢臭、落とさないとね。 もう大人である自覚をさせる為、鏡に猫さんの姿をうつしてみたりする。 「見てごらん。こんなにおじさんになっちゃって」 ジジイの猫さん、おじさん画の刑 でも猫さんは鏡像認識が出来ません。 どうしてイカが認識出来るのに、猫さんは出来ないのでしょう。 お風呂を怖がるおじさん。 こっちが怖…

  • どうしてもにゃっこ(抱っこ)

    猫アレルギーのせいで、首元が赤くブツブツし、痛痒くなっていたある日。 ぽんちゃんが、執拗に抱っこをせがんできました。 「今ムリ~!」「にゃ~!」 無意味な言い争い。 仰向けで寝ているとお腹にのっかってきてしまうので、うつ伏せで寝ていたのに背中に無理やりのってくる。 我を通します。 でもいつもと寝心地が違うらしく、人の背中の上でもぞもぞ体勢整える。 「仰向けになれ」とはさすがに言われませんでした。「妥協もするにゃ」 好きなもの、まぁ食べ物とか過剰に摂取すると、アレルギーが発症しやすくなるそうです。 そうですか…猫を過剰に摂取してしまいましたか。 猫さんとの触れ合い方は気を付けるべきだったんでしょ…

  • 猫さんと熱中症

    夏の頃のお話です。 暑い国出身の猫さんが、暑さに強いって本当ですかね? 東京にいる沖縄出身者・北海道出身者ともに、夏は暑がるし、冬は寒がっています。 寒暖の感じ方は、体格の方が関係しているように見えるんですけど。 猫さんは汗をかかないから、風が鬱陶しいらしいですね。 暑かろうとうちわであおいであげても、いつも嫌がられます。 猫さんが好む涼しい所ってどんな場所? 引っ越しの際、ポにゃちゃんの為にエアコンを購入しました。 ポいもはエアコンが苦手なのですが、ポあねが、「ポにゃちゃんが、熱中症になったら困るもの」と言うので。 タイマーを使って昼間、誰もいなくても、お部屋を涼しくするのだそうです。 ………

  • 猫さんとおみかん

    猫さんにとって柑橘系に含まれるリモネンという物質は、無毒化が出来ず中毒症状を引き起こす事があるそうです。 前に書いた記事にあるイムネオールほどではないですが、ポにゃは柑橘系の匂いが苦手。 毎回とりあえず嗅いでみては、顔をしかめています。 一方ぽんちゃんは、この香りが好きみたい。 最初、猫は柑橘系の匂いが好きなんだと思っていた位です。一応、食べさせたりしなくて良かった。 ですが、リモネンという成分は、人間にとってはとても身体に良いもの。 ファイトケミカルの一種で、多様な健康効果があるんです。 ポにゃちゃんよりも冒険家だったぽんちゃん。 怖がりでもありましたが、好奇心もあるようです。 お願いですか…

  • 猫さん用オモチャ

    猫さんによって何がハマるのか分からない。オモチャ選びは悩みます。 ぽんちゃんのお気に入りはネズミのオモチャ。 ぽんちゃんの場合は、遊ぶというより、獲物を捕らえて息の根を止めようとしているだけ。 満足がいくまでヨダレでビチョビチョにしたら終了です。 「猫大喜び!オモチャ10選」 そう言われましてもね。すぐ飽きちゃうんですよねぇ。すぐダメにするし。見向きもしてくれない時すらある。 買い物に一緒に連れて行って、試して遊べたりすれば良いんですけどね。 猫さんによって好き嫌いが違ってくるから。 違うと言えば沖縄の猫さん。 ポあね、沖縄旅行へ行った時の土産話。 沖縄へ行ったというのに、何故かそこで見た「猫…

  • 巻き爪に悩む

    ケイヒさんは爪切りが苦手です。特に足の爪を切るのは下手くそ。 爪があると異物感があるし、垢が溜まりそうで嫌なため深爪にしたいんです。 だけど深爪にすると、爪が伸びてくるたびに巻き爪になってしまう。 足を痛めてしまうと、ケイヒさんのお仕事(農家)に支障が出てしまうので、長年悩んでいるそうです。 にゃこさんも爪切りは苦手です。 猫という連中は何をしてやっても嫌がります。 イチイチ手が掛かる。 永遠に生まれたての赤ん坊。 所で巻き爪の人って飛行機乗っても大丈夫……なんですよね? あの巻かれた爪、凶器並みの鋭さがある…本気でそう思うとります。 足の肉がえぐれる位ですから、目潰し程度?なら出来るのではと…

  • フレーメン反応?!

    カバン・ベルト・靴等、革製品が好きな猫さん。 革の匂いが好きなのか。自分の匂いを付けているのか。 とりあえず舐めるのはやめて下さい。 でもフレーメン反応はしていない様子。 革の匂いが好きなんだとしたら、猫さんと匂いの趣味は合いません。 基本無臭が良いです。 ウナギの蒲焼きとか、さくら草とか好きな匂いも沢山ありますけどね。 もし猫さんが自分の匂いを付けているんだとしても、趣味は合いません。 猫さんたちが一生懸命やっている「自分の匂いを付けたら自分のもの」って発想、何? 確かに他人の匂いがベッタリ付いたものなんていりませんけど。 ただ人は自分の匂いがよく分からない。日常的に嗅いでいる匂いは遮断して…

  • 病院は嫌いです

    猫さんはお出かけする振りをして、何気なく病院へ連れて行かなくてはいけません。 あなたたちは、わこ(犬)さんたちと違ってお外へ行く事イコール病院です。 大人しく自転車の荷台にいてくれないし。 バギーの中で静かに可愛くしてくれないし。もちろん車の中でも「ニャーニャーニャー!」前に車の助手席に「金髪の人が座っているなぁ」と思ったらわこさんだった事がありました。(アフガンハウンド)「まさか?!」と思いました。いやでもちょっと羨ましかったです。 なのでホントは一緒にお出かけしたいけど、行き先はやっぱり病院なのです。 「病院は怖くない」そんな風に教えてあげられなかったからか、異常に病院を怖がるぽんちゃん。…

  • 猫さん、お尻ズリズリ

    クールで自由奔放。 巷ではずい分いいカンジで言われている猫さんたち。 実際は、モチャ~っとしています。 何これ? 雑誌に出てくるようなオシャレ猫さんは、どこかね? 人間と同じく美人さんは、遠い世界にしかいないの? すぐイライラするし、こわがりだし、癇癪持ちだし、甘えん坊だし、ワガママだし…… そしてウンチズリズリするし。 ポにゃちゃんズリズリ中。なんかちょっと楽しそう。 でもすぐにポあねに回収されるポにゃ。 夜帰って来た時、高い確率でズリズリ跡踏みます。勘弁して下さい。疲れ増します。 ポにゃちゃん、ウンチの切れ……悪かったんだね。 でもね、ごめん。それ、ポいものせいなの。 だってポにゃちゃんの…

  • 猫、撫でて貰いたがる

    猫さんは、足で撫でても喜びます。 君が喜ぶなら、水虫になってもやって差し上げましょう。 猫さんは撫でて貰うのが、大好きなんです。 撫でて貰いたすぎて、人の事を見てきます。 「見てんなぁ~」 もう、待ちきれなくて一人で甘える仕草をしちゃってるポにゃちゃん。 どうやら既に想像でいいコ、いいコして貰っているっぽい。 でも実際に撫でてあげてもね。 アレなんですよね。猫さんって連中は。 すぐ怒りスイッチ入る。 喜んでる時間短すぎない? 怒りスイッチ君のはどこにあるんだい?見つけてあげるよってかい? 全く、あんだけ自分から撫でてくれ言うといて。 ホント振り回すんだから。

  • 教えてマメチュー先生! 薬を飲む時のお水の量

    「先生、薬はどれ位の量の水で飲めば良いですか?」 まずもうそれで薬を飲むのがイヤになります。 「それはお水の量が少ないから起きる事です。薬が食道に張り付き、炎症を起こす事もあります」 「やっぱ薬イヤ!炎症!?じゃあ、薬飲むの忘れてて水が無い時……無理矢理飲んじゃいけないって事ですか?」 「水無しで飲むと薬の効き目が遅くなったり、低下する事もあります」 「何でっ?」 「薬が分解されにくくなるんです。水と一緒に飲むことで胃の中で分解され吸収されるんです」 「そうなんだ~」 「なので薬を服用する際はコップ一杯位(200㏄程)の量のお水は摂取して下さいね。」 「はい。了解でーす!」

  • ネコVSカラス

    にゃことケンカしたカラスさん。 1対1なら身体能力で勝る猫さんが勝つそうです。 実際は両者がケンカしている所は、あまり見たことありません。 カラスさんの方が圧倒的に頭良いですもんね。 てんまさんはカラスとお友だち。 カラスさんの中には九官鳥のように、おしゃべりが出来る方もいます。 なのでてんまさんは将来、お友だちのカラスさんと会話が出来るようになるのを、楽しみにしているんです。 ポいも・ポあねの実家の近所にある猫屋敷(絡みつく猫という記事に登場) その屋敷には「くさいさん」以外にも「バーバラさん」という猫のおばさんが住んでいました。 お子さんにたちを立派に育て上げ、ついでにポいもの面倒も良く見…

  • 農家のケイヒさん

    国民病と言われる花粉症。 もちろんまゆさんだけの症状ではありません。 ケイヒさんも花粉症。 「いやいやだって、副作用とかあるでしょう?」 今の時期はじゃがいもの種を、蒔いています。 「花粉がぁ。外の仕事つれぇなぁ。」 毎日ツラそうなケイヒさん。 なのにお薬は使用していないようです。 人が何かをやっていると、近くで見たくなる猫さん。 早く仕事を終わらせたいケイヒさんの、邪魔ばかりしています。 「にゃこはまだ花粉症じゃ無いのか?いいよなぁ。風が吹く日なんかひでぇんだ。目が痒くってさぁ。……にゃこは目が痒くてもかけないか。痒いのにかけないのもツラいよな。その点俺は掻き放題だから。」 「はい、ケイヒさ…

  • 重度の閉所大好物症

    狭い場所の存在にすぐ気づく、それが猫。 シンクの下の収納部分を開けると。 どこかからやって来て、一緒に覗き込む。 いや、毎回ジャマなんですよ。ホントに。 家の中にある狭い場所は、全て把握している猫さんたち。 クローゼットの中が狭い事も知ってます。 入れませんよ?アナタ服を毛だらけにするでしょう? でもシンクの下より、執拗に入りたがる。 しつこい、しつこい。 なきゃあ甘やかせてくれると、思っておる猫さん。 衣替えの時期には、透明なケースの向こうに何かが…… 何してんの?アンタ……

  • 猫さん抱っこを要求する

    抱っこして欲しくなると、我慢していられない猫さん。 着替え中でも関係ありません。人の迷惑を考えない子に育ってしまいました。 これから着ようとしていた服にも、洗濯したての服にも乗ってしまいます。 何しろ人の迷惑を考えない子に、育ててしまったものですから…… 毛まみれの刑執行。 特に外から帰って来た時は、自分の匂いを付けたいみたいです。 でもその位置で匂い…消せた?ぽんちゃんは、高い所が好きだけどジャンプ力は、あまり無いみたいです。 実はポにゃちゃんより、だいぶぽっちゃりさんなんですよね。

  • フェレンゲルシュターデン現象

    猫さんとは意味ありげに、何かを見つめる仕草をする生き物。 一説には耳が良いため、音を聞いているとか… 呼んでも来ないクセに? ホントは遊んで貰おうと思ってるだけでしょ? そうやってボンヤリ何かを見ている振りをすれば、かまってくれると思ってるんだよね? 我が家のポにゃさんにいたっては、こちらがポにゃさんを見ているだけなのに、もう撫でてもらえると先走ってゴロゴロいってます。 でも撫でません。そばで見ていれば見ているほど、ゴロゴロいっちゃってます。 撫でて貰えると期待しちゃってます。 でも撫でない。だって、いいこ・いいこして貰えると思って、ゴキゲンさんで待っている姿をもう少し見ていたいんですもの。 …

  • 春の毛玉まつり

    春…… 様々なものが生まれかわる季節。 植物も風も昆虫も日差しも。そして猫の毛も。 そう、換毛期です。 猫たちが一斉に自らの毛を抜いて、世界中にまき散らかしているとしか思えない。 -冬毛から夏毛へ- 室内飼いの猫さんは換毛期が無いと言いますが、やはり普段より春は、アレルギー症状が強く出てしまいます。 皆さんも将来、猫アレルギーにならない為にも、ブラッシングはこまめにしてあげましょう! 猫さんの気持ちいい所から「いい子、いい子」してあげる振りしつつのブラッシング。 でもすぐに猫さんの毛を採取している事がバレ、嫌がられてしまいます。 そしてブラッシングしても一向に良くならない痒み。 猫さんと離れて…

  • おくすり飲めるかな

    マメチュー先生は気になっていた事を、トビーくんママに質問しました。 「トビーくんは粉薬をいつもどうやって飲んでいますか?」 「誰だ!お前はっ!」 「もう何度も会うとる。」 マメチュー先生はそんなトビーくんに、薬の飲み方を変更するように提案。 「トビーくん、もうお兄ちゃんになったしそろそろお薬、大人の飲み方してみる?」 そこへ意地悪まゆさん参上。 「ほぉ~。なら一人でトイレ行けんのか?夜中だぞ?」 「……行けるっ行けるねー!」 「すげぇ言葉に詰まってたじゃん、今」 「トビーくんは男の子だから、村を守る!ゴキからも守るっ!」 「村長かよ」 粉薬を目にした途端、躊躇するトビーくん。煽るの大好き!まゆ…

  • お子さまとおくすり

    くまじろ先生の診察帰り、処方せんを持って来局したトビーくんとママ。 この間まで、元気だったトビーくん。 とても具合悪そう。 熱冷ましの粉薬は熱が38.5℃以上でツラそうな時に、1包服用させて下さい。 熱が高くても元気そうなら、使用しなくても良いですよ。 体温を上げるのは身体の防御反応ですので。 ウイルスをやっつける為には必要な事です。 本来は熱を高めることで、ウイルスをやっつけます。 無駄に薬を使用して熱を下げたりしたら、せっかくの身体の防御機能が発揮されません。 むしろウイルスが長く身体に留まってしまいます。 熱が出たらすぐにお薬を飲ませなくては、と思っていたトビーくんママ。 「そうなんです…

  • ねこじゃらし

    何故エノコログサにねこじゃらしと別名を付けたのでしょう。あの者たちは何にでもじゃれますよ? 足の指でも何でも嬉しそうに遊びます。 目、光らせちゃってます。 あの者たちをじゃれさせるのは、どう興味を惹かせるかの方が大事です。 でも、カタチの綺麗なねこじゃらしを見かけるとお土産に持って帰ろうかなって思っちゃってる自分がいます。 何だかんだで名前に引っ張られてるんですよね。

  • イチイさん

    都会で数十店舗の調剤薬局を経営する社長の息子のイチイさん。 ポ村で薬剤師の指導をするよう村長に頼まれています。 「ショッカーの一味か?ばいきんまんかっ?!」 「そのチョイス何?黒縛り?」 「ゴキブリかぁっ?!」 「ひでぇや……さすがに大人も泣くやつ。……でさぁ」 悪しきもののせいで腐らされた植物です。 ポ村の農家さんをいつも困らせています。 「悪しきもの?何だ、それ?害虫?農薬でもまけば?うちの薬局には置いて無いけど。」 「それ……オマエ死んじゃうやつか?」 「おい待て!俺ゴキ説有力なの?失礼なっ」 「殺虫剤まくっ」 「危険思想持つんじゃない、子ども!殺虫剤も、うちの薬局ねぇぞ。……ふむ。思っ…

  • 不織布と猫

    お~い、不織布が好きな猫さんはいるかぁ~いっ?! 「はい、ここにいるにゃす!」 ポにゃちゃんは不織布がとても好きです。とてもとても好きです。 洋服を買った時に、包まれていた不織布を放置していたりすると、いつの間にか乗っかっています。 猫さんってそういうものなんですかね? 一体どこにそんな好きなポイントがあるの? モコモコした毛に覆われているのに、触り心地とかホントに分かっているのかい? あのねぇポにゃちゃん。 キミが乗っている不織布のバッグの方はは、エコバッグにして使おうと思ってたんだよ? でも、もう毛まみれだね?

  • 妹のしょうま

    「忘れてる……あたしかわいそー。今のはしゃぎぶり返して。そして抱っこ位させてー。」 マメチュー先生の薬局に、ごくたまに手伝いに来ているしょうまさん。 普段は化粧品会社で働く薬剤師です。 化粧品に配合する成分の研究等をしています。 「鈍感ぶったこと言う男しんど~い」 「む!?」 「まぁ、いいや」 「てんま!?おくすりやの人っ。知り合いか?何者なんだっ」 「ん~?抱っこさせてくれたら教えてあげる」 再びトビーくんに逃げられてしまう。「ちぇっ」 「名前……。しょうまだよ。忘れるなよ。」 笑い方とか……。

  • おしゃべりペリコとのど飴

    うちのにゃこが、父の元へ遊びに行っている隙をついて伯母ペリコが我が家に入り込んで来る。(ペリコは猫が大嫌い) 何をそんなにしゃべる事があるのか…… 何やらひっきりなしに何かを言っていた。 「それでね、昨日お洋服買いに行ったらね、似合ってるって凄く褒められたの」 「見て!ネイルして貰ったの。あと帽子も変えたのよ~」 「あらこれカップ麺のCM?食べたことないのよね。ホラうちのお父さん官僚だったじゃない?お母さんの手料理以外は食べさせてくれなくてね~」 「そうだ、あんたジャニーズだったら誰が一番好きなんだっけ?」 いや、違うな。もっと興味の無いもの。 何だろう?思いつかない。 興味のなさが他を圧倒し…

  • 猫と蝉

    ポいも、学生時代の夏休み。深夜2時過ぎ。 「もうそろそろ寝よう」そんな風に思う時間が、ぽんちゃんにとってはハントの時間。 ぽんちゃんがお庭で、蝉をいじめている。 可哀想……助けを呼んでいる。 でも暑くてだるくてもう眠い。いや、そんな事より深夜に暴れている蝉怖い。 どうしよう……助けてあげられない。 その時、父が…… やがて蝉が鳴きやむ。 明日、庭見れない。 蝉さん、父ちゃんがごめんなさい。

  • 蝉の密かな遊び

    夏と言えば蝉。 よくあちこちで亡くなっています。前回のアオドウガネと一緒ですね。 他の生物が亡くなっている姿はあまり見かけないのに、蝉たちはどうして自分が死んだ事を伝えたいのでしょう。 せいぜい手を合わせる事くらいしか出来ないんですけど。 アブラゼミには失礼ですけど、なかなかにトリッキーな姿ですよね。 まだ子供さんの方が親しみやすい姿。個人的な感想ですが。 お目々はつぶらで可愛らしい。目は人間の目の方が、見た目あんまし可愛く無い……人間の目が昆虫についてたらかなり怖いと思います。一方、動物達の目が黒目がちで可愛らしいのは、敵にどこを見ているかわからないようにするためらしいですよ。 あと子供さん…

  • アオドウガネ

    夏と言えば、アオドウガネですね。よく道端で亡くなっている緑色の昆虫です。 前に住んでいた町の商店街では、結構な数のアオドウガネが死んでいました…… つい数えたくなるほど。 15匹でした。 貴方が生きている時に見かけたいです。 なので生きているアオドウガネを見かけると、つい構ってやりたくなります。 どうして空を飛べるのに、ヨチヨチ歩いて、車道に向かって行くのか? 今度は一緒におそうめんでも食べましょう?

カテゴリー一覧
商用