searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ppHarryさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

NHKドキュメント72時間で少しだけ放映されました。

ブログタイトル
オーディオの電源ノイズの本格的削減
ブログURL
https://matsubaraharry.hatenablog.com/entry/ppAudio/contents
ブログ紹介文
カーオディオのナカミチ アンプ、ハイレゾDAC、OpAmp、コンデンサ比較等を題材に綴っています。高調波ノイズや、基本波形、さらに、f特や、SN比率も。 オカルトオーディオに疑問を持たれる方、ぜひ、覗いてみてください。
ブログ村参加
2019/06/26
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ppHarryさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ppHarryさん
ブログタイトル
オーディオの電源ノイズの本格的削減
フォロー
オーディオの電源ノイズの本格的削減

ppHarryさんの新着記事

1件〜30件

  • ナカミチ PA-304 カスタム・メンテナンス ('21 11) 整備録

    PA-304をいつものピアニシモカスタムへと。備忘録を兼ねた整備録です。

  • ナカミチ PA-202 ピアニシモ カスタム ('21-11)

    状態の良いPA-202をいつものピアニシモモデルにカスタマイズ。

  • ADDZEST A-4800 パワーアンプ カスタム・メンテナンス②

    ADDZEST A-4800 音が出なかったのは、アンプの底面をぶつけたでしょうか。基板の配線が20箇所以上切れてしまったことで、接続することで、無事6ch音が出るようになりました。 また、コンデンサの液漏れや、羽の壊れたFANを交換、やっと、基本状態を測定でき、早速、ピアニシモカスタムに進んでみたいと思います。 おさらい 補修 電源状態 一次側(Output1) 一次側(Output2,3) 二次側(Output1用) 二次側(Output2,3用) カスタム・メンテナンス 一次側(output1) 一次側(output2、3) 二次側(output1) 二次側(output2,3) OpA…

  • ADDZEST A-4800 パワーアンプ カスタム・メンテナンス①

    アゼスト A-4800のパワーアンプが流れ着きました。 4chから6chまで対応できるマチルアンプです。残念ながら、音がでないとのこと。 音の出ない原因は、見つけられるでしょうか。 また、音が出るようになるでしょうか? はじめに 外観 底板 冷却FAN 基板状態 基板(Raw Card) 基板補修 電源復旧 リレー交換 出力確認 出力波形 周波数特性 つづく カスタムナカミチアンプ 使用した測定器 はじめに A-4800は、200W x2ch+140W x4ch いたれりつくせりの仕様です。 カーオーディオで、4ch+サブウーファでも、マルチアンプ2Way+サブウーファでも、存分に使えます。 …

  • ナカミチ PA-2004 カスタム・メンテナンス ②

    PA-2004の電源整備が完了と思ったのですが、電源トランスのチリチリという音が消えません。色々調べると電源の制御に改善すべき点があることがわかかりました。 しっかり改善し、PA-2004本来の音を引き出すことができました。

  • ADDZEST A-1200 パワーアンプ カスタム・メンテナンス

    きれいなマッドメタリックブルーのADDEZESTのA-1200が流れ着きました。 電源回路に大型電解コンデンサがたくさん装備されているこだわり設計。 きっちりメンテアンスして、末永く使えるようにしました。

  • ナカミチ PA-2004 カスタム・メンテナンス ①

    大きなボディのPA-2004をカスタム・メンテナンスする機会に恵まれました。 出力に高調波ノイズが確認されました。高調波対策で概ね低減できましたが、さらに根底にある原因を探すことができました。そのルートコーズとは。

  • Valcan Power Amp カスタム・メンテナンス

    貴重なValcanのパワーアンプをメンテナンスする機会に恵まれました。 さて、その実力は、また、ピアニシモカスタマイズの有用性はあるでしょうか。

  • ナカミチ PA-304 カスタム・メンテナンス ('21 10) 整備録

    苦労が伺えるメンテナンスされているPA-304が流れ着きました。 さて、その効果とピアニシモ仕様との違いは、あるでしょうか。

  • SoundStream Reference300 カスタム・メンテナンス ②

    丁寧な作りのSoundStreamアンプReference300のメンテナンスも完了、いつものピアニシモカスタムを行ってみます。さて、どんな仕上がりになるでしょうか。

  • SoundStream Reference300 カスタム・メンテナンス ①

    サウンドストリームのリファレンス300が流れ着きました。方チャンネル音がでないのは切り替えスイッチの劣化。 さらに電圧増幅用電源回路にもダメージがありましたが、スムーズに修繕。

  • ピュア アナログパワーアンプ PA-300II カスタム・メンテナンス(整備録)21-10

    ピュアアナログアンプでも多くのファンがいらっしゃるPA-300IIのカスタム整備録です。 いつものようにきっちりピアニシモ仕様で仕上げてみました。

  • ナカミチ TP-1200 (プリアンプ)カスタム・メンテナンス 整備録 ('21-Oct)

    TP-1200のプリアンプのカスタマイズをmuses01Dを用いて行ってみたいと思います。 もちろんOpAmpの能力を発揮するためにピアニシモカスタムをしっかり施して行います。

  • ピュア アナログパワーアンプ PA-300II 基本メンテナンス(整備録)21-10

    予備機として入手されたPA-300II、やはり音がでない状態で、当方まで流れ着きました。 オリジナルに近いメンテナンスを施ししっかり蘇らせてみたいと思います。

  • Furi HA2500 カスタム・メンテナンス③ 仕上げ

    高出力アンプで気になるのがノイズを前回カスタムできっちり抑えました。 ですが少し発振気味です。調べてゆくと、OpAmpのゲインが高いのが要因していのが判明。ゲインを調整してしっかり仕上げてみたいと思います。

  • Furi HA2500 カスタム・メンテナンス② 高調波対策

    FuriのHA2500 60cm超のロングボディに片側10個の出力大型素子 その出力容量の大きさは圧巻です。 そんな高出力アンプで気になるのがノイズ。前回の測定でやはり観測できました。これまでの技術できっちり抑えてみたいと思います。

  • ナカミチ クロスオーバ EC-302 カスタム・メンテナンス 2021-09

    周波数切替もスイッチで細かくピッタリ設定できるEC-302が流れ着きました。High側に見られる高調波ノイズが気になることがあります。 さて、うまく対策できるでしょうか。

  • Furi HA2500 カスタム・メンテナンス① 素性確認

    フーリーのHA2500、高電流アンプが流れ着きました。その圧倒されるサイズとブリッジで500Wを絞り出すアンプを紐解いて、カスタマイズしてみたいと思います。さて、最初は、どんな素性をみせてくれるでしょうか。

  • ナカミチ PA-202 ピアニシモ カスタム ('21-09)

    状態の良いPA-202が流れ着きました。

  • ナカミチ PA-304 カスタム・メンテナンス ('21 9) 整備録②

    音の出ないチャネルの不具合は、電源供給線が切れてしまった為で、その波及が大きくたくさんの部品を交換することに。 でも、交換後はいつものPA-304を取り戻し、スムーズにメンテナンス、カスタマイズが実施できました。 音声回路オリジナリティ重視のカスタマイズになっています。

  • ナカミチ PA-304 カスタム・メンテナンス ('21 9) 整備録①

    音の出ないチャネルのあるPA-304。 電源ケーブルが切れていたのがすぐに分かり、修正。でも、電圧が逆流してしまい、破損が多岐にわたり、大変なことに。

  • USAナカミチ PA504 カスタム・メンテナンス②

    USAナカミチ PA504のカスタム・メンテナンス続編です。 前回スイッチング電源のプッシュプルを正常化することが出来ましたが、高調波の対策の出力への効果があまりありません。 さて、高調波の原因は見つかるでしょうか。また、効果的な対策ができるでしょうか。

  • USAナカミチ PA504 カスタム・メンテナンス①

    PA504が流れ着きました。確認したところプロテクトの誤作動が有ることがわかり、100箇所以上の再半田にてなんとか修正。 ですが、電源の動きが非対称。 原因が突き止められ、ピアニシモカスタムへすすめることができるでしょうか。

  • パワーアンプ Kicker CXA360.4 カスタム奮闘記②

    前回、Kicker CXA360.4をカスタム・メンテナンスしてみたところどうしても高調波が改善出来ないことが判明。 そんな高調波対策の奮闘記の二回目になります。 なんとか改善出来たのですが、その方法とは。

  • パワーアンプ Kicker CXA360.4 カスタム奮闘記①

    KickeのCXA360.4が流れ着きました。

  • 8トラ テープエコー (Echo Chamber S-220) 整備録①

    今は知っている方はわずかでしょうか。8トラのテープユニットを用いたエコーユニットが流れ着きました。 テープの再生よりもプリアンプ自体の音を頼みしたいとのこと。さて、うまく復活できるでしょうか。

  • ナカミチ TP-1200 (プリアンプ)カスタム・メンテナンス 整備録

    TP-1200のプリアンプにはチップOpAmpが装着されていますが、これをmusesシリーズに交換。 さて、どんな音になるでしょうか。

  • ナカミチ TP-1200 (コントロールユニット) カスタム・メンテナンス 整備録

    TP-1200が再び流れ着きました。 最初にコントロールユニットをメンテナンスしてみました。 簡単ですが、OpAmpにパスコンを取り付ける方法も紹介しています。

  • パワーアンプ Kicker 652xi カスタム・メンテナンス

    アメリカサンドで有名なキッカーのアンプをカスタマイズしてみました。 内部の回路を耐熱対策を施し、完全復活。左右のばらつきも解消し、ノイズを抑えたアメリカサンドアンプに

  • ナカミチ PA-304 カスタム・メンテナンス ('21 8) 整備録

    状態のよいPA-304をおとな 仕様のPA-304に仕上げてみたいと思います。 しっとりと音楽を奏でるアンプに出来たとおもいます。

カテゴリー一覧
商用