ストレスフリーで生きていく|京都の税理士のブログ
読者になる
住所
出身
ハンドル名
Hidekissさん
ブログタイトル
ストレスフリーで生きていく|京都の税理士のブログ
ブログURL
https://harada-blog.com/
ブログ紹介文
【毎日更新】京都で税理士・公認会計士として、好きな人と好きなことだけをして生きていきたい!を実現するためのブログ。税金や会計、経営に関する話の他、素人による素人のためのIT講座や地域との関わりについても発信中。
自由文
-
更新頻度(1年)

99回 / 132日(平均5.3回/週)

ブログ村参加:2019/06/04

Hidekissさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,844サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
士業ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,772サイト
税理士 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 835サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,844サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
士業ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,772サイト
税理士 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 835サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,844サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
士業ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,772サイト
税理士 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 835サイト

Hidekissさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Hidekissさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Hidekissさん
ブログタイトル
ストレスフリーで生きていく|京都の税理士のブログ
更新頻度
99回 / 132日(平均5.3回/週)
読者になる
ストレスフリーで生きていく|京都の税理士のブログ
  • 【第17話】予算実績差異分析の基本的実施方法

    こんにちは原田です。 猫と学ぶ経営管理の第17話をお届けします。 今回は予算と実績をどのように分析するかの話です。 予算を立てたからには実績と比較して将来の事業活動に活かすべきですが、 単純な達成・未達成で済ませるのではなく、 細かく分解して、有用な情報に変換してしまいましょう。 原田会計の招きネコ、マネ 原田会計代表、公認会計士の原田(以下ひで) 予算を立てたなら実績との比較分析を! ひで:マネー、今日はお勉強やで。 マネ:へい、なんでしょう。 ひで:いや、クライアントの話聞いてても なかなかできてへんもんなんやなーと思うところがあって。 何の話かっていうと予算実績差異分析。 マネ:予算と実績の比較? そんなん簡単ちゃうん?おれができるとは言うてへんけど。 ひで:せやで、別に難しいことを言うつもりはない。 ていうかまずもって、そもそも予実分析(予算実績差異分析)をしてない会社が多いねん。 マネ:予算立てたんなら、実績との比較をするのが当たり前やと思うんやけど? ひで:って思うやろ? 確かにそうなんやけどやっぱり社長さんも含めてみんな忙しいから、 なかなか腰を据えて予実分析してやるぜっていう会社があんまりないっていうな。 マネ:それってめっちゃもったいなくない? ひで:そう、めっちゃもったいない。 まず、予算って何のために立てるんやと思う? マネ:え、そんなん一定期間の目標を達成するためやん。 ひで:そうや、その通り。 一般的な説明とはもしかしたら違うかもしれんけど、 例えば資金繰り表がその後一年間とかの資金の動きの"予定"であるのに対し、 予算っていうのは"目標"であることが多いと思うねんな。 毎年おんなじだけの業績でええわーっていう会社は別として、 成長意欲のある会社の場合は、 大なり小なり業績を拡大させることを目論んで予算をたてるわけや。 でも、予算を立てただけでその目標が達成できると思うかね? マネ:え、それは無理。 予算通りに事が進むわけないやん。 いや、たまには進むこともあるんやろうけど。 ひで:せやろ? ということは、高精度の予算を立てられるようになるには、 自分が一年前とかに立てた予算が妥当だったのか、 予算の立て方に問題はなかったのか、 予算が達成できなかった理由はなんだったのか、

  • 【第16話】外国通貨は時価で評価せよ。嫌やけど。

    今回は外国通貨の時価評価のお話です。 輸入業などの場合、ドルやユーロといった外貨を 事業用に買い入れておくことがありますが、 外貨を保有したまま決算を迎えた場合には、 その時点の為替レートで置き換える必要があります。

  • 【第15話】節税策はその本質を見抜いて利用せよ

    巷には多くの節税策が紹介されていますが、 ちゃんと状況に合わせて使わないと、 ただの納税の繰り延べになるどころか、 キャッシュが減っちゃうことにもなりかねませんよ。

  • 【第14話】4年落ちのベンツは本当に節税になる?

    今回は、中古の高級車を利用した節税の話です。 巷では、この方法が節税の定番として紹介されていますが、 "キャッシュをどれだけ多く残すか"という観点で考えると、 必ずしもこの方法は節税とは言えないのではないかと考えます。

  • 【第13話】簿記では事実が一つでも処理は複数

    今回は簿記の処理のファジー(曖昧)な部分の話です。 簿記では、事実が一つでも、 処理の内容が異なることがよくあります。 それをきちんと判断することが、 "簿記を理解している"ということでもあるのです。 原田会計の招きネコ、マネ

  • 【第12話】飲食店での付加価値の付け方について

    今回は飲食店での付加価値の付け方についてです。 私は比較的頻繁に付加価値付加価値と言っているのですが、 飲食店でも当然その考え方が当てはまります。 コストや手間の話もあると思いますが、 一読一考なさってみてはいかがでしょうか。

  • 【第11話】財務諸表の推移分析のコツ

    今回は財務諸表分析。 その中でも、いわゆる推移分析の基本的な実施方法についてご説明します。 財務諸表、すなわち貸借対照表や損益計算書の推移分析は、 経営分析や異常点の発見において最も手軽で、 かつ有効度もそこそこ高い有用な方法です。 是非一度自社の決算書を手元にやってみてください。

  • 【第10話】旅費交通費は渡し切りがおすすめ

    こんにちは原田です。 猫と学ぶ経営管理の第10話をお届けします。 今回は出張の際の旅費交通費のお話です。 社員が業務のために出張を行った場合において、 その出張に要したと認められる金額を支給する方法には、 実費精算と渡し切りの二通りがありますが、 私は断然渡し切りをお勧めします。 原田会計の招きネコ、マネ 原田会計代表、公認会計士の原田(以下ひで) 経費は領収書が必須?いえ、違います。 マネ:なぁ、所長この旅費交通費見てみてー。 ひで:ん?どうしたん? マネ:このクライアントの社員さんの出張宿泊費なんやけどな、 ホテルの領収書がついてへんねん。 これって経費(損金)にならへんやんなぁ? ひで:あー、この会社は旅費渡し切りやから領収書あらへんで。 マネ:ん?渡し切りって何? ひで:渡し切りっていうのは、 実際にかかった費用とは関係なく、 実際にかかったと見込まれる費用相当額を"定額で"社員に支給する仕組み。 例えば、役無し社員が京都から東京に出張してホテルで一泊っていう場合に、 新幹線指定席往復13,910円×2=27,820円と、 東京でのビジネスホテル代10,000円を、 その社員が実際にどんな手段で東京に行ったか、 どんなホテルに泊まったかっていうこととは無関係に、 無条件で合計37,820円を支給するみたいな。 マネ:へー、そんなことが認められてんのか。 なんか、税金計算ってもっとこう、 何ていうか厳密なもんかと思ってた。 ひで:うん、まぁ誤解されがちなところではあるんやけど、 実は法人税法の条文には、経費(損金)として認められるためには、 "領収書を保管しておかなければならない"なーんてどこにも書いてへんのよな。 マネ:え?うっそ!?そうやったん!? ひで:誤解したらあかんで。 じゃあ領収書なんかもらったり保管したりせんでええわっていうんとちゃうで。 経費(損金)っていうのは平たく言うと、 業務に通常必要と認められる分だけ認めてあげる、っていう仕組みやねん。 ほんで、領収書っていうのは、"○○に××円使った"っていうのが、 手っ取り早く証明できるやろ?一番確実やん。 せやから、"業務に通常必要やったんやで!"っていうことを、 証明するためによく使われるだけの話なんやわ。 一方で、京都から東京までの移動手段+宿泊費で言うと、

  • 【第9話】台数を維持しても雇用を維持できるとは限らないです

    猫と学ぶ経営管理の第9話をお届けします。 理論的に考えると値引は悪です。 ですが、実際の営業の現場ではそれでもなお、 値引してでも件数(台数)をキープしたいという、 想いが先行してしまうことがあります。 その理由の一つは工場稼働率をキープしたいという考え方です。

  • 【第8話】売上件数が減っても、値引きするよりはマシ

    猫と学ぶ経営管理の第8話をお届けします。 今回は、前回に引き続き値引に関するお話です。 前回はどのような価格戦略で、 売上アップを狙うかというお話でしたが、 今回は売上が下がりそうな時の値決めのお話です。

  • 【第7話】値引してまで売上を伸ばすべきなのか?

    猫と学ぶ経営管理の第7話をお届けします。 今回は、がんばって値引をしてでも売上増を目指すべきか、 販売数量は少なくても定価を維持すべきかという点について、 基本的なのですが意外な考え方についてご説明します。

  • 【第6話】外注費と給与は業務の実態で判断する

    猫と学ぶ経営管理の第6話をお届けします。 昨日に引き続き外注費と給与のお話です。 損益・税金の面だけを見ると、 スポット業務はすべて外注費にしたいところですが、 そうなると税務署が黙っていないのは想像がつきますよね?

  • 【第5話】外注費と給与の違いは?損益に影響ある?

    猫と学ぶ経営管理の第5話をお届けします。 今日は外注費と給与の違いです。 どちらも経費(損金)処理できることに違いはないので、 どっちでもいいじゃないかと思われるかもしれませんが、 実は、判断を誤ると損益の額・税金の額に大きな違いが出てきてしまいます。

  • 【第4話】プロダクトアウト & マーケットイン【両方大事】

    今日はマーケティング寄りの話です。 誰目線でモノ・サービスをこしらえるのか。 生産者目線か、顧客目線か。 いずれにせよ目指すのは顧客の満足かつ生産者の満足です。

  • 【第3話】「支払手形が駄目ならでんさいを使えばいいじゃない」って本当?

    前回は支払手形の利用が減っているというお話をしましたが、 今回は比較的最近創設された電子記録債権について、 そのメリットとデメリットについてご説明いたします。

  • 【第2話】支払手形を使うメリットデメリット

    今回は支払手形について。 支払手形にもメリットとデメリットがありますので、 それをよく理解した上で、利用するかしないかを決めましょう。

  • Excelで行番号と列番号のフォントがおかしいのをなんとかする方法

    意外に知られていない素人臭いExcel講座です。 今回は行番号(1,2,3・・・)や 列番号(A、B、C・・・)のフォントが なにやらおかしいのを何とかする方法です。

  • 【第1話】月次決算を遂行し、未来への意思決定に役立てよ

    猫と学ぶ管理会計超入門の第1話をお届けします。月次決算、実施してますか? そんな暇はない?帳簿付けは1年に1回まとめて? いやいや、それは非常にもったいないですよ。 帳簿には未来へのヒントが盛りだくさん詰まっています。 せっかく数字を作るのなら、月次で決算をくんで、 一歩先の経営のために活用しましょう。

  • 【第30話】簿記3級を取得するメリットとは

    こんにちは原田です。 猫と学ぶ簿記超入門 第30話をお届けします。 今回は簿記3級を取得する意義についてお話します。 簿記は3級までであれば、独学で結構サクッととることができます。 数字を読める人ですよ、ということを主張するためにも、 一度勉強してみてはいかがでしょうか? 登場猫物と登場人物 原田会計の招きネコ、マネ 原田会計代表、公認会計士の原田(以下ひで) 前回のお話 実務に簿記は不要? マネ:(ねっこだいすきふりすきー) ひで:上機嫌やな。 マネ:これはこれは、仕事の邪魔をされにきたのですかな所長殿。 ひで:いや、最近だいぶ簿記の質問減ったなーと思って。 マネ:そう?んー、まぁそうかもしれん。 何やかんや言うて、もうリアル記事数で30回も簿記のこと教わってきたしなぁ。 先生が良いと生徒の成長も早いですなっ!よっ所長!(=゚ω゚)ノ ひで:・・・。 マネ:まぁ、でもそうは言うても、まだまだわからんことだらけやで。 普段の帳簿はほら、基本同じことの繰り返しやん? ほんで月次締めとか、期末の締めっていうても、 そないにしょっちゅう難しい仕訳が出てくるとか無いし。 ひで:うんうん、記帳の実務をしていくには十分やわ。 せやけど、せっかくやしここらで簿記3級でも受けてみーひんか? マネ:ん?なんで?別にいらんけど? 簿記持ってるから言うて何かええことあるわけやないやろ? ひで:やっぱりおれが教えてる実務寄りの簿記と、 お勉強的な簿記はちょっとズレがあるから、 せっかくやからまんべんなく勉強しといて欲しいなと思って。 ほんで、今後うちの事務所にも新しい猫が入ってきたら、 体系立ててちゃんと教えなあかんやろ? そん時に、お前が先輩となって教えてくれたらおれも助かるやん。 マネ:なーんかめんどくさそうやなー。 簿記3級を取るメリット マネ:ていうか、簿記3級を取るメリットって何なん? ひで:一般的な話をすると、 普通の会社で経理を担当しようと思ったらほぼ必須やな。 やっぱり一つの会社の経理を担当するってなったら、 体系的な知識が必要になってくると思う。 そうなると、簿記3級持ってますっていうのは結構わかりやすい。

  • 【第29話】配当金は費用ではありません -純資産から直接引っこ抜き-

    こんにちは原田です。 猫と学ぶ簿記超入門 第29話をお届けします。 今回は資本取引のお話。 同じお金が出たり入ったりする取引でも、 簿記では損益に入れていいものといけないものがあり、 配当金の支払いは利益剰余金が直接減る資本取引です。 登場猫物と登場人物 原田会計の招きネコ、マネ 原田会計代表、公認会計士の原田(以下ひで) 前回のお話 配当金勘定は費用?資産?負債? マネ:ひでー。ちょっと教えて。 ひで:なんじゃー? マネ:この出金見てよ。 ひで:ん?配当金230万円の支払い? これがどうかしたん? マネ:配当金っていうのは、そりゃ見たらわかる。 仕訳も、 配当金 2,300,000円 普通預金 2,300,000円 こうなるっていうのはわかるんやけど、 この借方の配当金って販売費及び一般管理費でええの? いや、営業には直接関係ないから営業外費用か? ひで:両方間違い、ブブブのブー。 マネ:なんでじゃー?ほんなら特別損失? いや、んなことはないな??? ひで:それもブブー。ブブブのブー。 マネ:と、いうことは・・・(੭ ᐕ)) ん? どういうこと? ひで:配当金の支払いは損益には入ってこないっちゅーこっちゃな。 マネ:ますます意味がわからん。 この配当金っていう勘定科目、資産か負債っていうこと? ひで:それもまた違う。 配当金の支払いは資本取引 ひで:答えは、配当金の支払いは、資本取引やねん。 ほんで、資本取引っていうのは、 純資産を直接増減させるような取引の事を言う。 まず、この図を見てもらおうか。 複式簿記の基本構造なんやけど、収益と費用の差額が(当期)利益で、 それが貸借対照表の右下部分に蓄積されていくっていうイメージな。 で、配当金っていうのは、この出来上がった貸借対象上の右下、 純資産のところから直接出ていくねん。 多くの場合は、利益剰余金やねんけどな。 ということは、さっき 配当金 2,300,000円 普通預金 2,300,000円 っていう仕訳あったけど、これをもっとわかりやすく書くと、 利益剰余金 (実は配当金) 2,300,000円 普通預金 2,300,000円 こうなる。 マネ:ほうほう。

  • 【第28話】賞与は場当たりではなく計画立てて支給

    こんにちは原田です。 猫と学ぶ簿記超入門 第28話をお届けします。 今回は賞与のお話。 賞与はその支給時期や支給額によっては、 最終的な利益に大きな影響を与えますので、 足元の業績が良いからと言って、場当たり的に支給するのではなく、 きちんと内部ルールに則って支給しましょう。 登場猫物と登場人物 原田会計の招きネコ、マネ 原田会計代表、公認会計士の原田(以下ひで) 前回のお話 場当たり支給はだめ ひで:うああああ、玉井社長、またこんな時期に賞与出してるわ。 前にも言うたのになぁ。 マネ:どないしたん? ひで:ん?あぁ、T&Gエステートなんやけどな。 玉井社長がまた気まぐれで賞与支給してんねん。 マネ:そんだけ儲かってるっていうことなんちゃうん? ひで:儲かってること自体はええし、 従業員にとってもモチベアップになるやん? でも、経営のことを言うたら、後先のこと考えんとぽんぽん賞与だしてたら、 損益ガタガタになって予測もつきにくくなるし、 資金繰りも狂ってくるから、あんまりやらんほうがええと思うねんけどなぁ。 マネ:資金繰りが狂ってくるっていうのはわかる。 一時的にキャッシュがガクンと減るわけやから。 せやけど、損益がガタガタになるっていうのはどういうことなん? ひで:簿記のお勉強的な話で言うと、賞与なんかいつ出してもいいねん。 マネ:ちょっと待って待って、その簿記的なところ教えてーな。 何事もまず基本からやろが。 ひで:え?普通の処理や。なんも難しくないで? "例えば300万円の賞与を現金で支給しました"やったら、 賞与 3,000,000円 普通預金 3,000,000円 これでいい。 マネ:うん、普通やったわ( ◜◡◝ ) おすすめは引当金計上 ひで:でも、それやと経営的には、突然の風に吹かれて 利益がガクっと減ったり、キャッシュがギリギリになったりするかもしれんやん。 ということで、おれが激烈に推奨してるんが、計画立てて支給するパターン。 ちょっと前提を置くで 賞与支給の前提 3月決算の会社 賞与の支給は6月10日と12月10日の年2回、 支給日に在籍している従業員に対して支給する 6月賞与の計算期間は10月1日~3月31日

  • 【第27話】1年に一回は棚卸を実施して在庫の状況を把握するべし

    こんにちは原田です。 猫と学ぶ簿記超入門 第27話をお届けします。 今回のテーマは棚卸。 棚卸は会社にとって一大イベントです。 工場や倉庫を止めないといけないですし、 手間も時間もかかります。 それでも棚卸は実施しないといけないのです。 登場猫物と登場人物 原田会計の招きネコ、マネ 原田会計代表、公認会計士の原田(以下ひで) 前回のお話 ひで:あ、小杉社長のとこ来月決算や。 ちゃんと計画立てて棚卸せなあかんでって言うとかなあかんな。 マネ:なんかそれいろんなクライアントの社長に言うてるけど、 そんなに大事なん? ひで:大事やから言うてるんやんか。 マネ:どういう風に大事なん? ひで:棚卸って何のためにやるか知ってるか? マネ:在庫の数を数えるため。 ひで:とりあえず正解なんやけど、 肝心なのはなんで在庫の数を数えなあかんのかっていうところやな。 棚卸をしないといけない3つの理由 マネ:在庫の数を数える理由は、期末の棚卸資産残高を確定させるためやろ? ひで:うん。それと、棚卸資産残高を確定させるっていうことは、 裏返すと、売上原価の額を確定させるっていうことでもあるんやで。 マネ:前に説明してくれたやつやな。 三分法では、期首の棚卸資産残高に当期の仕入高を足して、 期末の棚卸資産残高を引いたら、当期の売上原価の額になるっていうやつ。 ひで:そう、それ。三分法を使ってる場合、 期末の棚卸資産残高を確定させんと、損益計算書が作れへんねん。 これが棚卸をせんとあかん一つ目の理由。 マネ:え、理由ってこれだけとちゃうん? ひで:ちゃうんやなー。 棚卸で在庫の過不足をチェックする ひで:2つ目の目的は棚差の把握やな マネ:棚差って何? ひで:棚差っていうのは、棚卸差異の略で、 想定してた在庫数量との差のことやな。 在庫を扱う仕事っていうのは、 何もノーチェックで在庫の出し入れをしてるわけじゃなくて、 入出庫管理って言うて、入庫出庫の度に伝票を書いたりして、 常に今何が何個あるかっていうのを把握するもんなんや。 これがまぁ言うたら、商品有高帳って言うたり、

  • 【第26話】一年間の税金の処理の流れを知っておく

    こんにちは原田です。 猫と学ぶ簿記超入門 第26話をお届けします。 事業主さん、社長さん、税金好きですか? 好きな方はいないかもしれません。 いないかもしれませんが、事業を営んでいる以上、 税金は避けて通れません。 なので、好きにはなれないかもしれませんが、 知識としてはちゃんと知っておきましょう。 登場猫物と登場人物 原田会計の招きネコ、マネ 原田会計代表、公認会計士の原田(以下ひで) 前回のお話 "税金が好きじゃない"の正体は? マネ:税金かぁ。 ひで:何を感傷に浸ってんにゃ。 マネ:いやぁ、昨日税金の話してたやろ? ほんで、租税公課の方はまあええねん。 こんだけ払ってねっていう請求書みたいなんが勝手にくるから、 それに従って払って、勘定科目を間違えへんように記帳するだけやから。 せやけど、肝心の法人税等の方はやっぱりなかなか好きになれへんっていうか。 ひで:あぁ、まぁわからんではないなぁ。 税金が好きな社長はなかなかおらんわ。 ちなみにどういう点が好きになれへん? マネ:なんかよくわからへんねんな、それが。 ひで:そやなぁ、おれが思うに"税金が好きじゃない"には2種類あんねん。 税金なんか払いたくない! ひで:1つ目は、"税金払いたくない!"の好きじゃない。 これはもはやモラルの問題やから、おれにもどうしようもない。 まぁ、どうしようもないっていうか、 クライアントが"税金払いたくない"って考えてる社長やったら、 税理士としては、"税金を払わなあかん"っていうことは、 社長の事業が順調っていう証拠なんですよって言う風に、 諭していかなしょうがないねんけどな。 マネ:いや、税金は普通に払わなあかんやろ。 ひで:そう言ってしまえばそうなんやけど。 税金を払うっていうことは、専門的に言うと"財産権の侵害"やねんな。 自分が汗水垂らして稼いだお金の何割かを 国に強制的に持っていかれるっていうのは、 強い抵抗感があって普通やとおれは思うねん。 やからそこんところについては、気持ちよく税金払ってもらえるように 国がみんなに納得してもらえるような税金の使い道を示していかなあかんわな。 マネ:うーん、そういうもんかー。

  • 【第25話】税金の事もさらっと知っておく

    税金は税理士に任せておくもの? いえいえ、そんなことはありません。 そもそもどういう税金があるのかということは 事業主側も知っておかないといけませんし、 税理士が直接関与しない税金もあるからです。

  • 【第24話】不明な入出金の取扱い -仕方がないけど仮勘定へ-

    22話では不明な出金の一例としての、現金過不足をご紹介しました。 今回は現金に限らず、不明な入出金があった時にどう扱うかの話です。

  • 【第23話】従業員に給料を払ったら所得税を源泉徴収!

    こんにちは原田です。 猫と学ぶ簿記超入門 第23話をお届けします。 事業経営が軌道に乗ってくるとアルバイトや従業員を雇い入れるでしょう。 そうなるともちろん給料を払うことになりますが、 その際には従業員の税金や社会保険料のことを考えておかないといけません。 登場猫物と登場人物 原田会計の招きネコ、マネ 原田会計代表、公認会計士の原田(以下ひで) 前回のお話 振込額が合わない!なんで!? マネ:なぁ、今月からおれの給料、ちゃうちゅーるじゃなくて、 現金支給になったやんか? ほんで、タイムカード見ながら給料の計算してたんやけど、 なんか振り込まれてる金額少なくない? ひで:そらそうや。給料全額が振り込まれるんとちゃうで? マネ:なんでや、せっかく働いたのに。 ひで:日本国民の三大義務って知ってるか? マネ:勤労・納税・教育やろ? ひで:そう、納税。日本国民はみんな税金払わなあかん。 マネ:おれ猫やし。 ひで:( ◜◡◝ ) マネ:( ◜◡◝ ) 源泉徴収制度とは ひで:でな、納税せなあかんねん。 ほんで、日本の所得税は"申告納税制度"っていうて、 個々人が、年に1回確定申告で、 「自分の納税額はこんだけですよ」 って言う風に、国に申し出るわけよ。 マネ:ほうほう。 ひで:せやけど、そうは言っても国からしてみたら、 1年に1回しか納税してもらえへんかったら何か不安やない? ほんまに納税してくれんのかなー、みたいな。 ほんならどうしたらええと思う? マネ:毎月の給料から納税してもらう。 ひで:正解。そういうこと。 マネ:あはーん。そういうことかー。 ひで:要するに申告納税制度で、国民一人一人に自分で計算してもらって、 国がいちいち計算する手間を省くと同時に、 税金のとりっぱぐれが無いように、 毎月の給料から確実に払ってもらうっていう仕組みになってるわけよ。 これを源泉徴収制度という。 つまり、給料の払い元である事業主が、給料から税金を差っ引いて、 従業員の代わりに納税してあげるっていう制度やねん。 マネ:へー。ほなまぁ、しゃあないなぁ。 源泉税は預り金でプールして、後から納税 マネ:税金はちゃんと払わんとあかんとして、 帳簿にはどうやって付けといたらええの? ひで:さっきも言うたように、

  • 【第22話】猫と学ぶ簿記超入門物語 - 現金が合わない時は?

    今回は現金過不足の話です。 事業経営で現金を扱っていると、現金残高が合わない時があります。 そんな時はまず原因究明、そしてどうしても原因がわからない場合は、 現金過不足として、雑損失か雑収益で処理します。

  • Excelでファイルを開くとすべてのデータがA列でつながって表示されてしまうのをなんとかする方法

    意外に知られていない素人臭いExcel講座です。 今回は、csvやtxtファイルをexcelで開こうとしたときに、 全てのデータがA列にぎゅっと凝縮され、 つながって表示されてしまうのをなんとかする方法です。

  • Excelでセルの書式が変更できないのを何とかする方法

    意外に知られていない素人臭いExcel講座です。 今回は、セルの塗りつぶしや文字の色、文字の大きさやフォントなど、 セルの書式を変更しようと思った時に、 なぜか変更が反映されないのを何とかする方法です。

  • 【第21話】猫と学ぶ簿記超入門物語 - 売掛金が回収できなくなったらすること

    今日は貸し倒れのお話です。 事業を営んでいれは、飲食店や小売業などで、 100%現金商売でもない限り、 大なり小なり売上債権の貸し倒れリスクに晒されることになります。 貸し倒れが生じてしまうのは致し方ないとして、 簿記ではこの貸し倒れをどのように扱えばよいのかを覚えておきましょう。

カテゴリー一覧
商用