searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

たわばガニさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
たわばガニ戦記-国指定難病/黄色靭帯骨化症編-
ブログURL
https://www.tawabagani.com/
ブログ紹介文
国指定難病の黄色靭帯骨化症と戦う日々を描いたゆるゆるな闘病日記です。ちなみに後縦靭帯骨化症も併発してたりもします
更新頻度(1年)

365回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2019/05/16

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、たわばガニさんをフォローしませんか?

ハンドル名
たわばガニさん
ブログタイトル
たわばガニ戦記-国指定難病/黄色靭帯骨化症編-
更新頻度
365回 / 365日(平均7.0回/週)
フォロー
たわばガニ戦記-国指定難病/黄色靭帯骨化症編-

たわばガニさんの新着記事

1件〜30件

  • 空中キャッチに剣豪か!と思ったカニ

    【たわばガニのジモトーーク!その31】そんな訳で夏はひたすらハエを叩き続けるカニ家。暑いと動きが活発でなかなか仕留められないハエも、夏が過ぎ秋になり気温が下がってくる動きが鈍ってきて簡単に叩けるようになる。そのくらいの時期になるとマスター・カニパパはヨタヨタ飛ぶハエを空中で素手キャッチする!もうほとんど健剛みたいなレベルですww

  • カニパパの技に驚くカニ

    【たわばガニのジモトーーク!その30】ハエを潰すのは力の入れ過ぎだとハエタタキマスターの助言。カニの腕にハエが止まった所をカニパパの奥義!ソフト打ちが炸裂するッ!ハエタタキの先が体に当たったかどうかも気が付かないほどのやわらかなタッチ!でもハエは足元にポトリと落ちましたッ!当然痛くもなければ潰した汁で汚れもしない!インパクトの瞬間に素早くフリを戻すとゆーテクニックに驚くカニでしたw

  • デカいハエのトラップにかかるカニ

    【たわばガニのジモトーーク!その29】カニパパの指導の下ハエ叩きスキルがどんどん上昇するかにw。毎日ハエと格闘してると時々2倍くらいデカいヤツが紛れてるのに気がつく。いつも通りにバチコン叩くと!そいつの腹からはちっさいサイズのウジがゾワゾワゾワッと這い出してくるんです!イヤアァァッ!このキンタマキューな感じはマジトラウマッ!

  • ハエ叩きの指導を受けるカニ

    【たわばガニのジモトーーク!その28】馬小屋ほどじゃないけれど、家の中にもハエはブンブン入ってくる。幼いカニがハエ叩きを振り回すけど全然打ち落とせないでいると、カニパパはハエ叩きを奪い取り百発百中でハエを叩き落とすスナイパーぶり!見事な腕なんだけど、その後は大概厳しい個別指導が入りますw。センスが足りん!とか手首のスナップが!とかめちゃくちゃダメ出しされるのがユーウツでしたw

  • 夏場はハエとの戦いだったカニ

    【たわばガニのジモトーーク!その27】カニは昔馬小屋のある家に住んでいて、馬がいつも近くにいた。大型動物と生活すると地味に苦労する事もあり、そのひとつが夏場の大量のハエ!馬にたかるハエが部屋の中もブンブンと飛び交う状況!当時はまだ家のトイレもポットン式だったし、馬糞はボロボロ落ちてるんでハエ天国でしたなー。馬小屋とかにはハエ取り紙というハエ用のゴキブリホイホイみたいな粘着テープをぶら下げますが、1時間もしないうちにハエがくっついて真っ黒!夏場は日がなハエと格闘してましたッ!

  • 『たわばガニ戦記』2周年を迎えるカニ

    【たわばガニ戦記2周年】いつもお立ち寄りいただきありがとうございます!たわばガニです。リハビリ中の気晴らし程度のつもりで始めた当ブログの毎日更新も731日目!我ながらよく続けたものですw、これもひとえに皆さんのメッセージに励まされての結果です。ちなみにこのマンガはiPadのクリスタというアプリで描いていて、去年の夏にカラー化したのはいいけど、手間暇は2倍になって後悔してますw。まー見た目はカラフルになって楽しくもあるんですがw。もう少し早く終わると思ったコロナ禍は想像してたより長引いて家族や友人さんに会えなくなって1年以上経過。みんな元気でやってるかーい?ひとり焼肉ばかりで、そろそろバカ話も恋…

  • 歓喜の渦に包まれたカニ

    【カニマエロマエその16】最初に爺さんが倒れてから20分くらいは経過した中、救急車か!警察か!みたいな緊迫した空気に騒然となる室内。いままさに先生が部屋を出んとしたその時誰かが叫ぶ!見ると微動だにしなかったジーサンが四つん這いになってフラフラと立ち上がるではないですか!"生きてた!"ジーサンの生還に部屋中が歓喜の渦に包まれましたッ!よかった!生きてたよジーサン!人生最後の瞬間の目撃者にならなくてホントによかったデスw

  • 万策尽きて先生を呼んだカニ

    【カニマエロマエその15】大転倒した爺さんがピクリとも動かず皆がザワつきだす!川の対岸なんで声も届かず、どうしようもなくなり担任の先生を部屋に呼ぶ!説明を受けても何のことか要領を得なかった先生も、倒れた爺さんの姿を目の当たりにして先生もようやく危機を察しパニクってましたッ!

  • 決定的瞬間を目撃したカニ

    【カニマエロマエその14】なんだ男湯かよと解散しかけたその刹那!カニの目にとんでもない場面が飛び込んできましたッ!先程の爺さんが足を滑らせ露天風呂で大転倒ッ!一切誇張なしに両脚が天井を向くような転び方!一転して別な意味で皆がザワつきましたッ!

  • そんなウマい話はなかったカニ

    【カニマエロマエその13】中学生の修学旅行の時の話、たしか日光とかを見学して夜は温泉宿に宿泊したと記憶。一部屋に10人くらいの割り振りで、室内に入るや否や誰かが叫ぶ!"オイ!窓から向こうの旅館の露天風呂が覗けるぞ!"そんなことある訳ないと思いながらも窓際に殺到する中学生男子!川を挟んで結構遠かったけど皆で目を皿のようにして凝視しましたが、フラフラ入ってきたのはおじいさんw。そんなウマい話ある訳ありませんなw。しかし男湯とは言え随分フリーダムな気がしますなw

  • 床屋で髭を剃るカニ

    【黄色靭帯骨化症その215】カニの黄色靭帯骨化症は胸椎の手術はしたものの、頚椎は経過観察。医者には首をあまり反らさないように注意をされている。不安になるのは床屋の顔剃りの姿勢、床屋さんにはあらかじめ事情を説明して、極力椅子を倒さないようにお願いする。快く応じてもらえるけど、おしぼりがズレたり泡が滴ったりでやりにくそうです!でも何度か通う内に首があまり反らないようにマクラを用意してくれたり、いろいろ気遣いいただきホント助かります!

  • 両脚の突っ張りがおさまらないカニ

    【黄色靭帯骨化症その214】半年近くリハビリに通い続け、リハビリ直後は少々具合もよいのだけれど、やはり一晩寝て起きると両脚が突っ張って悶絶するのが1日の始まり。起きてすぐにやるのはストレッチで、15分くらいほぐしてようやく動き出せる感じです。これは立ちっぱなしでも座りっぱなしでもそうで、同じ姿勢を長時間続けると起こるんです。拘縮と呼ぶみたいですが、なかなか改善されません…。隙あればストレッチしてるんですが、すぐ縮んじゃう。これは肉体の老いなのかw

  • 飲みかけのタピオカドリンクを片付けるカニ

    【黄色靭帯骨化症その213】杖歩きにありがたい物のひとつにガードレールや鉄柵がある。長い距離続いてるので手摺代わりに使うとグンと楽になる!そんなある日、ガードレールの柱の上に飲みかけのタピオカドリンクが置きっぱなしに!誰だよもーとか思いながら片付けようとしたんですが、視線の先にはさらに何個かの飲みかけタピオカドリンクが等間隔に並んでましたw。飲まんなら買うなよ!まーでも自分が手摺代わりに使うんで、都合4つばかりの飲みかけタピオカドリンクを公衆トイレで廃棄処分。ポイ捨てダメ絶対!

  • セーブポイントを活用するカニ

    【黄色靭帯骨化症その212】杖歩きになってめちゃくちゃ活用するようになった物もある。それは電信柱や街灯、車止めみたいな柱もの!とにかく杖歩きはすぐ疲れるし、歩いてる時より立ち止まった時の方が危なっかしいんです。そんな時にいつもそばにある電信柱はホント頼りになる!リハビリ始めた直後は電信柱から電信柱まで歩くのを区切りにしてました。電柱に掴まってる内に足のストレッチをしたりして歩行能力を回復させたりもバカにならない!カニ的にはセーブポイントと呼んでますw

  • 泥除けマットを恐れるカニ

    【黄色靭帯骨化症その211】杖歩きになって今までなんともなかった物がいろいろ怖くなったカニ。そのひとつがお店の入口に敷いてある"泥除けマット"!9割以上はなんらかの工夫で地面にピッタリくっついてるんですが、ほんと極たまにマットごと滑るヤツが潜んでるんです!といっても健康体ならさっとバランスとれるレベルなんですが、今のカニはなすすべなく足元持ってかれるんでめちゃ怖い!特に雨の日はかなーり疑心暗鬼になりながら慎重にマットを避けてたりしますw

  • ブーちゃんに仕返しされるカニ

    【フレンチブルのブーちゃんその33】窓をカリカリするSOS音で慌てて救出に向かうカニ、すまんすまん忘れてたw。窓を開けるや否や飛び込んできたブーちゃん雪まみれ!ちょいちょい部屋雪だらけになるからと雪を払おうと顔を近づけたその刹那!全身を震わせて雪を撒き散らす!冷たッ!うっかり忘れてほったらかしにした仕返しをされるカニでした!

  • 一息ついてうっかり忘れるカニ

    【フレンチブルのブーちゃんその32】冬は寒いのですぐに窓を閉めるのだが、その間にちょっと小作業思い出して片付けたりだ何だをこなした末に、一息ついてコーヒーなんか飲んだりすると…。うっかりブーちゃんを閉め出してたりする!極寒の中、窓の向こうからカリカリとガラスを掻く音がして慌てて思い出すw。すまん、ブーちゃん!忘れてたわ!

  • 白い巨大モグラを見つめるカニ

    【フレンチブルのブーちゃんその31】雪が降ってもブーちゃんはオシッコ・ウンチは外でするので、いつも通りに窓を開けろとアピールしてくるw。窓を開けると雪の積もった庭に勢いよくダイブして埋まる!毛が白いので雪と同化して、雪をかき分けながら移動する!その様はまさに巨大モグラのようでしたw

  • 雪国に馴染んだなーと思ったカニ

    【フレンチブルのブーちゃんその30】ストーブ脇で焦げ臭いブーちゃんに"危ないよ"と説明したら、意味を理解したのかその場を立ち去り、まるで人間みたいに炬燵から首だけ出して温まってる!マジかー、完璧な炬燵スタイルじゃないですかw。雪国に馴染むブーちゃんの炬燵寝にほっこりするカニでしたw

  • 何やら異臭を感じたカニ

    【フレンチブルのブーちゃんその29】久しぶりのブーちゃん編。カニの田舎の冬はめちゃ寒くて、寒さに弱い短毛種のブーちゃんはいつもストーブの近くにつきっきり。そんなある日、なんか変な匂いがするなと思って鼻をひくつかせると、それはストーブに近づき過ぎたブーちゃんの毛が焦げる匂い!ちょいちょいちょーい!本人ぐっすり寝てるけど、白い毛が一部焼きたてパンみたいなこんがり狐色w。焼豚になるぞ!と焦るカニでしたッ!

  • 南海道一宮巡りを終えたカニ

    【カニ神社紀行その118】南海道はお城がたくさんあるが、丸亀城、高知城、宇和島城、松山城と重文七城といわれるお城の内4つもあり城巡りでもあった南海道。さらに一宮の中にはお遍路さんの霊場とかぶってる場所もあるんで、お遍路さんはホントよく見かけました。いつかは自分も88霊場回りたいけど、その前に杖歩きになってしまった…無念。他にも坂本龍馬に秋山好古、長宗我部元親、空海、伊達宗城、雑賀孫市、徳川吉宗と歴史上の有名人がいっぱいいて歴オタ的にはめっちゃ楽しい南海道の旅でした!

  • 伊予国一宮・大山祇神社を参拝するカニ

    【カニ神社紀行その117】松山市内を観光した後いざ一宮へ。伊予国の一宮は四国本島ではなく瀬戸内海に浮かぶ大三島という島にあり、しまなみ海道を利用してのバス移動による伊予国一宮・大山祇神社参拝です。こちらの祭神はオオヤマツミ。天孫ニニギの妻であるコノハナサクヤの父神で、山を司る神様です。大三島に鎮座する事で"三島様"の異名を持つ全国の三島神社の総本宮でもあり、さらには日本全土を守る"日本総鎮守"の異名も持つオヤシロです。山神を祀りながら海神としての性格も併せ持ち、戦前は帝国海軍、戦後は海上自衛隊も参拝する国の守り神でもあるそうです

  • 伊予国へ入国するカニ

    【カニ神社紀行その116】高知を後にし松山へ向かう前に、宇和島城が見たかったので宇和島へ向かう。32ヵ国目・伊予国入国です。現在の愛媛県エリアにあたり、四国は四県とも律令国制以来行政域が一切変わらない珍しいエリアですな。まずは宇和島にて宇和島城を見学、散策中に地元の偉人・高野長英の住居跡があったりしてテンションあがる!夜には松山駅に着いて道後温泉で一風呂浴びる。日本最古の温泉しみるーッww

  • 土佐国一宮・土佐神社を参拝するカニ

    【カニ神社紀行その115】高知駅からバスで30分、かの戦国武将・長宗我部氏によって建立された趣ある社殿の土佐国一宮・土佐神社参拝です。こちらの祭神はアジスキタカヒコネとヒトコトヌシ。大和国から進出してきた加茂氏が祀る神なそうつます。このヒトコトヌシは狩りの獲物の事で雄略天皇と言い争いになり、土佐に追放されたという話。土佐日記の紀貫之といい遠国扱いなんで左遷エピソード多いのも土佐人の反骨精神に影響与えてるんでしょうかw

  • 土讃線で土佐国へ入国するカニ

    【カニ神社紀行その114】琴平駅から土讃線に乗って高知へ向かう!単線なんでちょいちょい駅ですれ違う電車待ちをしながら31ヶ国目・土佐国入国です。現在の高知県エリアがそれにあたり、トサとは陸地に挟まれた狭い海域を指す"門狭"に由来するそう。歴史好きとしては土佐はめちゃくちゃテンションあがる場所!言わずと知れた幕末の英雄・坂本龍馬はじめ、戦国の雄・長宗我部元親に山内一豊、ジョン万次郎と枚挙にいとまがありません!一宮巡りだけど龍馬ゆかりの地を回るだけで丸一日費やしてしまいましたわーw

  • 讃岐国・金刀比羅宮を参拝するカニ

    【カニ神社紀行その113】ことでんで更に移動して、讃岐国と言えばスルーできない"こんぴらさん"こと金刀比羅宮参拝です。賑やかな参道の785段ものなが〜い階段をひたすら登る苦行w。脚ガクガクになりながら本殿へ!祭神はオオモノヌシと崇徳天皇。オオモノヌシはオオクニヌシの和魂であり、神武天皇の義理の父にあたる神様。讃岐に流された崇徳天皇は時代が降ってから配祀された日本三代怨霊のひとり。何やら強烈なパワーを感じずにはいられない!でも創建の由来的には神道よりむしろ修験道と仏教で、"こんぴら"も仏教の神様"クンビーラ"が語源なんだそう。ちなみに奥院までここから更に583段登って合計1368段!こんぴらさん…

  • 讃岐国一宮・田村神社を参拝するカニ

    【カニ神社紀行その112】高松市内から琴平電鉄(ことでん)に乗って一宮駅へ移動。住宅地の中に鎮座する讃岐国一宮・田村神社参拝です。こちらの祭神は、卑弥呼の可能性が疑われるヤマトトヒモモソヒメはじめ、キビツヒコ、サルタヒコ、アメノカグヤマ、アメノイタネ、5柱揃って田村大神と呼ばれています。今も奥院にある定水井に筏を浮かべ、その上に神様を祀ったのが田村神社の始まりなそう。水繋がりでは龍神信仰があったという説もあるようです

  • 高徳線で讃岐国に入国するカニ

    【カニ神社紀行その111】板東駅から再び高徳線に乗ってイッキに県境を超えて香川県に侵入。30ヵ国目・讃岐国に入国です!現在の香川県全域が讃岐国エリア。土地の東西の長さを"緯(ぬき)といい、四国の中で一番緯(ぬき)が狭かったので、狭緯(さぬき)転じて讃岐となったのが国名の由来なそう。かの有名な讃岐うどんは、なんと1300年前に空海が中国から持ち帰った小麦の団子が始まりで、うどんの形になったのは300年ほど前なんだそうです!ちなみに空海は讃岐国生まれという話。そんなわけで讃岐国はうどん県ということで、早速高松市内のうどん屋さんをはしごしました。コシがあってツルツルシコシコ!めちゃ美味い!

  • 阿波国一宮・大麻比古神社を参拝するカニ

    【カニ神社紀行その110】徳島駅に戻り、今度はJR高徳線にて板東駅へと移動、大麻山のふもとに鎮座する阿波国一宮・大麻比古神社参拝です。祭神はオオアサヒコとサルタヒコ。オオアサヒコは天孫ニニギの降臨に随伴したアメノフトダマとされ、阿波の地に麻を植えた殖産の神様なそう。フトダマの子孫が古代祭祀を司る忌部氏となって、阿波一国を支配していた模様。阿波国のように資料によって諸説があり、一宮の確定がされず複数存在する場合はそれぞれ「論社」と言うそうです。複数箇所回るのは大変だけど、その諸説もまた面白い!

  • 阿波国一宮・上一宮大粟神社を参拝するカニ

    【カニ神社紀行その109】一宮神社からさらに自転車で10km近く山道を登る山岳王状態!これはキツかった!そんな神山エリアに鎮座するのは阿波国一宮・上一宮大粟神社参拝です。下一宮の一宮神社と対をなすオヤシロで、祭神は穀物の神オオゲツヒメ。伊勢から神馬に乗ってやって来たオオゲツヒメが粟を撒き育てた事から粟がよくとれる地になったんだそう。阿波国は粟国という事で粟にちなむ逸話が多いですな。片道30km弱の自転車参拝でヘトヘトでしたが、ここからまた復路がある!でも行きと違って下り坂なんで気持ち良かったです!

カテゴリー一覧
商用