searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

myuさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
パンダ喫茶店 本と刺繍な日々
ブログURL
https://ameblo.jp/myumy1008/
ブログ紹介文
本のこと、刺繍、シンプル生活、のことをつれづれと。 現代小説、ライト文芸、ライノベ、エッセイ、など、たまに昔の本やビジネス書や実用書も。 刺繍は作った作品の紹介や、刺繍関係の記事が多いです。
ブログ村参加
2019/05/11
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、myuさんをフォローしませんか?

ハンドル名
myuさん
ブログタイトル
パンダ喫茶店 本と刺繍な日々
フォロー
パンダ喫茶店 本と刺繍な日々

myuさんの新着記事

1件〜30件

  • NHK語学講座開講

    今日から後期が始まりました。学校ではなくNHK語学講座の放送です。今朝録音した音源を持って、仕事帰りにお勉強。半期ごとに入門編に再入学できる語学。一つは入門コ…

  • 『珈琲屋の人々 どん底の女神』池永陽

    こちらもシリーズものですね。 タイトルに惹かれてもともと手に取ったのですが、結構人を選ぶかも。いわゆる大人の小説です。起承転結がくっきりしてないし、結論がわか…

  • 『損料屋見鬼控え』2 三國青葉

    面白い時代小説を読みたいならこちらもいかがでしょうか。江戸時代くらいの話ですが、1巻以上に引き込まれました。近所の本屋さんが絶賛推しのこちら。以前にご紹介した…

  • 『ブルーピリオド』11 山口つばさ

    そうそう新刊出てました。前巻がめちゃくちゃ好みな話でしたが今回は…期待を裏切らないマンガの一つです。一年生が終わり春休み。八虎はバイトをすることに。母が持って…

  • 『雨夜の星たち』 寺地はるな

    寺地はるなさんの作品は、人と接するときの無言のルールについて考えさせられます。いわゆるマイノリティになりがちな人にスポットをあてるけれど、そこにいるのはいつぞ…

  • 小説現代からミステリーの感想とオススメ

    じつはまだまだ連休継続中です。後半はお勉強と刺しゅうを中心に生活予定。こちらの読んだ感想全作品はまだ読めてないのですが、こういう雑誌から単行本や文庫本にすると…

  • 『久遠の檻 天久鷹央の事件カルテ』知念実希人

    持って行った小説はすべて読了です(未読の3冊)さすがに新書3冊は読まないまま、小説現代を読みながら帰ることになりそう。ひたすら寝て、食べて、読んで、両親とあれ…

  • 『カラスの祈り』吉川英梨

    2回泣きました。パンケーキ屋さんで続きを読もうとして、内容があまりに生々しくてムリでした…。このあとベーカリーカフェで白桃ジュース飲みながら読了しました。解説…

  • 『すべての神様の十月』(2) 小路幸也

    旅のお供本人を傷つけることのない優しい物語ばかりです。人間社会に実は普通に溶け込む神様のお話のシリーズで、文庫本オリジナル1巻を読んでなくても問題ありません。…

  • 話題の小説現代9月号

    旅先は関西の実家です。関東某所緊急事態→関西某所緊急事態。緊張しながらの移動でしたが、旅路は人がほとんどいなくて意外と安全に移動できました。飛行場もガラガラで…

  • 旅と本との関係 出発。

    旅に出るのにお供はこちら。新刊がでてる!と嬉しくなって買ったままになっていました。本好きさんあるあるかもですが、旅先でも本買いません?私はついつい空港や旅先の…

  • 『蟲愛づる姫君の寵愛』宮野美嘉

    この本、見た目に「あーそっち系ね」と読まずにいるのはもったいない!!という系の本です。←ダメな日本語の例の様な文章ですね。。でもほんとにそうなの。これジャケと…

  • 『スガリさんの感想文はいつだって斜め上』平田駒

    本の記事って批評もあるけど、基本的に読書感想文です。あんなに嫌だったのに、今やなんかせっせと書いてるのは何故でしょう。そしてこんなに沢山の読書感想文・紹介文書…

  • 『シンデレラ城の殺人』 紺野天龍

    本格系のゴリゴリ論理推理ミステリー好きな皆さん!この本オススメですよ〜。8月に発売された本格ミステリー×シンデレラといっても、表紙絵からわかるように、いわゆる…

  • 『心はどこへ消えた?』東畑開人

    東畑開人さんの心理師エッセイです。界隈ではとても有名な方。『居るのはつらいよ』は支援者なら一度は一読したことがあるんじゃないかと思います(昨年大佛次郎論壇賞受…

  • 『それでも、あなたは回すのか』紙木織々

    今日は記事タイトル本ともう一冊の、計2冊紹介です。続きなので両方読むことをおすすめします。スマホ依存になるのは当たり前、だってプロが本気でスマホに釘付けになる…

  • 『午後十一時のごちそう』行田尚希

    職場でうまくいかなくて、気分を変えるために美味しい食事が自慢のあるホテルを予約。…なのにまさかのホテル側のミスでダブルブッキングに!満室で泊まれないため、ホテ…

  • プレミアム本と論文。

    サンリオ×ヒグチユウコ絶対ほしい!!と本屋に駆け込みました。あってよかった。そのうちメルカリに出たりするんだろうなぁ。最近サイン本を買うようにしてるのですが、…

  • 『いつかたどりつく空の下』八幡橙

    死にたいなぁと常日頃思うことがある方にオススメかもしれません。決して道徳的な講釈を垂れた作品ではないので、安心して読んでください。舞台は葬儀会社の納棺師たちで…

  • 『羊は安らかに草を食み』宇佐見まこと

    タイトルは賛美歌から。イヤミスでもないし、後味が悪いわけでもない、心に響く作品です。でもそれは手軽に気軽に読みやすい作品という意味にはなりません。70代後半か…

  • 『損料屋見鬼控え』1 三國青葉

    時代小説です。とても読みやすいので、時代小説はあんまり。の方にもとっつき易いかも。ついこの間2巻が発売され、行きつけの本屋さんでこの一巻と共にプッシュしてまし…

  • 予約していた刺繍キットが届く。

    8月初めに予約発売されていたこちらが届きました。中身はこちらポーチのバッグの三つがキットとして封入されています。デザインは蓬莱和歌子さん。彼女のデザインや色使…

  • 『脳男』 首藤瓜於

    10数年ぶりに発売された『ブックキーパー脳男』がとても良いと話題になってますね。シリーズの元となったこちらを読みながら最新刊到着を待つことに。脳男というタイト…

  • 『ご本出しときますね』若林正恭編

    最近ちょっとマジメ路線だったので、週末はこちらの紹介。公共の場所、特に静かな電車では読まない方が良いです。何回声を出して笑ったか。ぷぷぷ…くくく…と夜中に怪し…

  • 『絶望読書』頭木弘樹

    全ての方に一度読んでもらいたい全力の一冊です。ふだん本を読まない方にもぜひ。ジャケ買いしてもおかしくない良い感じの本。ただ今までの人生で一度も絶望したことがな…

  • 『水よ踊れ』 岩井圭也

    以前読んだ同じ作者の作品も良かったです。こちらは数学科の天才と普通の学生との話。人の苦しみやしんどい部分もごまかさずに描く作家さんのイメージをもちました。永遠…

  • 大学前期の結果&大人は自由に勉強できる

    前期履修登録した科目は全て合格でした。今の子はフル単というそう。あーレポートいっぱい書いたのでほんと一安心です。あと毎日オンデマンドの授業やzoomの授業など…

  • かわいい刺繍が延長とな!

    夏の新刊ラッシュすごすぎ。欲しい本ばかり発売日もしくは発売日前に手に入れたけど、読めてないので、いつ買っても良かったよね状況です。さて、かわいい刺しゅうシリー…

  • 『精密と凶暴』 関俊介

    夜中まで読んでました。まさに終わりまで読むのにノンストップの一冊。最初からなかなか暴力的なシーンから始まります。この手のシーンが苦手な人は薄目で読み進めなけれ…

  • 更新できない理由がある。

    アメブロですが、なんでこんなに更新できなくなったのか…と自問自答してみる。忙しいからか?読んでないからか?たしかに勉強会に向けて論文のリライトをしたり、語学の…

カテゴリー一覧
商用