searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

iidahanさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
一期一会のGame Blog
ブログURL
https://edogawa.hateblo.jp/
ブログ紹介文
遊んだゲームの紹介とプレイした感想だったり攻略内容を記録するブログです。
更新頻度(1年)

24回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2019/04/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、iidahanさんの読者になりませんか?

ハンドル名
iidahanさん
ブログタイトル
一期一会のGame Blog
更新頻度
24回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
一期一会のGame Blog

iidahanさんの新着記事

1件〜30件

  • EverQuest2 -その3(Shattered Dawn Signature Quests)

    // 前回に続き月(Luclin)に渡りSignature Questを進めていきます。LuclinにいるShissar達がノーラスへの侵攻を準備しているとのことで、脅威を取り除くべくLuclinに乗り込むスことになります。Kylong PlainsのWizard PillarからLuclinに打ち上げてもらうのですが、ついた先はNexusではなくThe Blindingというゾーンに到達するのでした。Nexusがどうなってしまったかはクエストを追うことで明らかになっていきます。

  • EverQuest2 -その2(Deep Chelsith: Vault of Omens)

    // 6年ぶりに復帰して右も左もわからない状態で最新拡張を遊んでいきます。まずはLuclinへのアクセスクエストをこなしていく必要があるのですが、途中で『Deep Chelsith: Vault of Omens』といったインスタンスを攻略します。HeroicとSoloを選択出来るのですが、違いがよくわかりません。HeroicはGroup用でSoloが1人用なのかな、2Accで同時進行したいので試しにHeroicを選択して突入してみることにしました。

  • EverQuest2 -その1(久しぶりの復帰)

    // 最近はコンソールのゲームを主体に遊んでいましたが、無性にオンラインゲームが遊びたくなりEverQuest2に復帰して遊んでいます。いい機会なので以前にEverQuestでBlogを書いていた『飲酒EQ』も本Blogに統合してみました。過去の遊んだ日付を見るとどうやら9年ぶりのようですね。。今は16個目の拡張『Blood of Luclin』が出ていてLvも120まで拡張されているようです。 今は遊ぶのだけなら無料になっているので、2ACCでやってみることにしました。昔遊んでいたアカウントではLv90のDirgeがいますが、最新の拡張を買うとLv110になれるjumping portion…

  • 【レビュー】デス・ストランディング

    // 『DEATH STRANDING』のレビューです。ネタばれ無しでタイトルの紹介と感想を書いていきます。メタルギアで有名な小島監督の最新作ということで話題になりましたね。実はメタルギアのようなステルスゲーはあまり好きじゃなくてあまりプレイしていません。ランボープレイ好きとしては、ストレスが貯まるというか向いていないんだろうなと思っています・・。ただクオリティは言わずもがなで、ステルスゲーではないDEATH STRANDINGは必ず遊んでみたいと思っていました。先日のセールでも大幅に値引きがされていてなんと3,000円程で購入出来ました。世間では賛否両論あり評価もさまざまな本タイトルですが、…

  • 【レビュー】ペルソナ5スクランブル

    // 『ペルソナ5スクランブル』のレビューです。ネタばれ無しでタイトルの紹介と感想を書いていきます。心の怪盗団のその後のストーリが遊べる続編とのことなので首を長くして待っていました。ペルソナ5をクリアしてからもう3年になりますが、怪盗団の活躍は忘れることなく覚えています。ペルソナシリーズってキャラが個性的でストーリも印象的なためか記憶に残るタイトルですよね。それほどパワーのあるタイトルの続編としてハードルは高まるばかりです。レビューのほうも伝えたい内容や載せたいスクリーンショットが多くて少しまとまりのなさを感じるかもしれませんが、このタイトルのパワーが少しでも伝わればと思います。

  • ペルソナ5スクランブル -その1(BANDスキル優先度)

    // 緊急事態宣言もついに解除され、ようやく通常の生活が戻ってきそうです。最近は以前から気になっていたペルソナ5の続編のペルソナ5スクランブルをプレイしています。女神転生シリーズが好きなこともあり、派生作品のペルソナも結構遊んでいるので楽しみにしていたタイトルの一つです。さて今回はペルソナ5スクランブルの攻略を進めるうえで欠かせない、BANDスキルついて記事にしたいと思います。ゲームを進めるうえで参考にしてもらえれば幸いです。

  • Geforce Nowを試してみた

    // STAY HOME週間をいかがお過ごしでしょうか、世の中自粛疲れなんて言葉もよく聞こえるようになってきましたが、ゲームを楽しむには絶好のGWでした。さて今回はNvidiaが提供する新たなゲームのストリーミングサービス『Geforce Now』の紹介です。日本ではSoftBankとタッグを組んで6月からサービス開始予定とのことです。事前のプレサービスを登録しておいたのですが、先日案内メールが来きまして早速試してみたのでサービス直前での感想ということで書いてみたいと思います。後半は5G時代を見据えての展望まで言及しています。

  • 【レビュー】ドラゴンエイジ:インクイジション

    // 『Dragon Age Inquisition』のレビューです。ネタばれ無しでタイトルの紹介と感想を書いていきます。PSストアで時々セールをやっていますが、600円位とかなりお手頃価格だったので遊んでみることにしました。もともとは2014年にPS3でリリースされたタイトルとのことで6年前のゲームですね。その年のGOTYにも輝いているとのことで内容はきっと折り紙付きなのでしょう。最近はポケモンからのFPSと続いていたので、久しぶりにこってりしたRPGを遊んでみたくなった次第ですw

  • 【レビュー】FarCry5

    // 『ファークライ5』のレビューです。ネタばれ無しでタイトルの紹介と感想を書いていきます。実は久しぶりにFPSのゲームで遊びました、前にやったのがいつなにをやったのかわからないくらいに久しぶりです。果たしてエイムは上手く出来るのか、一人称視点のゲームで酔わずに続けられるのかなど不安はありましたが、結果は楽しく遊べました。そんなFPS久しぶりおじさんでも楽しめるタイトルになっています。

  • FarCry5 -その2(傭兵の特殊スキル使用感)

    // コロナウイルスの影響で学校が休校となり市民生活にも大きな影響が出始めてきましたたね、私の会社もテレワークでの業務となり家の中で過ごす日々となりました。ここ1~2週間が山場とのことで早く収束してもらって、春には楽しく行楽シーズンを迎えたいものです。さて今回はファークライ5の中でも傭兵が持つ特殊スキルの使用感をお伝えしたいと思います。といってもすべてのスキルを確認したわけではないので、自分で使用して確認した限られたスキルのリストになります。

  • FarCry5 -その1(おススメPERK)

    // 最近はFarCry5で遊んでいます。前々から興味をもっていたシリーズなのですが、今まで遊んだことがなく初めてプレイしています。FarCry5ではカルト集団に占拠されたホープカウンティを解放することを目的として暴れまわるのですが、ゲームを進めるうえでのTipsを記録しておきたいと思います。まずは主人公の能力を向上されるPERKと呼ばれるアビリティについて実際に取得したものをランク付けをしたいと思います。どのPERKから取得するかの参考になれば幸いです。

  • 【レビュー】ポケットモンスター ソード・シールド

    // 『ポケットモンスター ソード・シールド』のレビューです。ネタばれ無しでタイトルの紹介と感想を書いていきます。 ポケットモンスターシリーズで遊ぶのは初代の緑をゲームボーイで遊んだ以来です。もう20年以上前のはなしですね。最新作は初代ポケモンよりはるかに進化していてポケットモンスターの世界を存分に楽しめました。さて本レビューはそんな約20年ぶりにポケモンをプレイする人間の視点で書いています。そのためオンライン対戦など楽しさがわかるほど遊べていない部分もありますのでご了承下さい。ストーリが気になる方はプレイ日記があるのでよかったらを見てみて下さい。

  • ポケットモンスター ソード・シールド -その11(チャンピオンシップ)

    // PS5の発売日や価格などの詳細が2/5に発表されるそうです。価格が一体いくらになるか気になりますね、ゲーム機と考えるとさすがに5万円以下の価格感かな、出来れば4万円以下でお願いしたいところです。我が家ではトルネのために長らく使ってきたPS3を先日中古屋で下取りしてもらったのですが、1,500円でしたw さすがに1世代前のゲーム機なので需要もなさそうですね。

  • ポケットモンスター ソード・シールド -その10(ファイナルトーナメント)

    // Windows7のサポートが終了するとのことで、慌ててWindows10にアップグレードを試みたのですがこれがなかなか大変で途中で止まること数回、怪しいアプリなりドライバをアンインストールしてようやくWindows10にあげることができました。ほっとしたのも束の間で数日たってWindowsアップデートがあたると、起動出来なくなる問題に直面しました。泣く泣くWindows7に戻して、またあげてを3回繰り返しようやく落ち着いてきました(と信じたい)。 さて前回ローズタワーまでダンデを追いかけましたが、無事にファイナルトーナメントが開催されることとなりました。各地のジムリーダが集いトーナメン…

  • ポケットモンスター ソード・シールド -その9(ローズタワー)

    // 新年如何お過ごしでしょうか。今年は日取りが良くて5日まで休みでお得な感じでしたが、初週から5日間のフル稼働で休み明けにはしんどい一週間でした。。さて前回ついにジムチャレンジが終わり、ダンデが待つシュートタウンを目指します。ホップと共にナックルシティから列車に乗って向かうことになりますが、ついた先は雪が降りつもる駅で峠を越えて街を目指すことになります。雪の中、野生のポケモンのみならず、ポケモントレーナも多数いてバトルしながらシュートシティを目指します。

  • ポケットモンスター ソード・シールド -その8(スパイクスタジアム/マッスルスタジアム)

    // 謹賀新年、本年も当ブログをよろしくお願いします。引き続きマイペースでプレイ日記とクリアしたタイトルのレビューを更新していきたいと思います。今積んでるタイトル的にあまり新しいタイトルのプレイ日記にはならない予定です。基本的に発売日に買って遊ぶというよりは、発売して値段がこなれてきたタイトルを遊ぶケースが多いです。新作タイトルも少し待っていればすぐ安くなるんですよね。特にPS4のタイトルはその傾向が著しいです、逆にスイッチのタイトルは逆にあまり値段の変動がなかったりしますね。さて年末年始と仕事が休みなのをいいことにポケモン三昧です。前回氷バッジを手に入れ次は、スパイクタウンスタジアムを目指…

  • ポケットモンスター ソード・シールド -その7(キルクススタジアム)

    // アラベスクスタジアムでフェアリーバッジを入手した一行が次に向かうはキルクススタジアムの氷バッジです。ここもバージョンによってジムリーダが異なるようで、シールドバージョンでは氷ジムのメロンが待ち構えているようです。アラベスクタウンに向かうにはマッスルシティから7番道路と8番道路を抜けていくことになります。8番道路は起伏のある地形ではしごを登り押しして進んで行きます。出発前にホップとのポケモンバトルがありますが、ゴリランダーをはじめエースバーンのかえんボールの餌食となるのでした。

  • ポケットモンスター ソード・シールド -その6(アラベスクスタジアム)

    // ラテラルスタジアムでゴーストバッジをもらいジムから出ると轟音が聞こえてきます。音のする丘の上の遺跡に向かうとビートがポケモンを使い、遺跡を破壊している現場に遭遇します。ポケモンバトルに勝ち遺跡の破壊を止めさせますが、ビートは委員長のローズからジムチャレンジの失格を言い渡されてしまうのでした。これまで幾度となく主人公達の前に立ちはだかってきたビートですが、ここでジムチャレンジへの舞台から退場となるようです・・。そしてビートが連行された後に、破壊された遺跡の奥にソードとシールドを模したポケモンの像が出てくるのですが、像の調査はソニアに任せて主人公たちは次の目的地となるフェアリージムジムへと向…

  • ポケットモンスター ソード・シールド -その5(ラテラルスタジアム)

    // 今年も早いもので12月も下旬に入り年が変わろうとしています。みなさま2019年のゲームライフは如何だったでしょうか。年の最後に今年遊んだタイトルを思い起こしてみるのもいいかもしれません。さて前回エンジンスタジアムをクリアして火バッジをゲットしました。お次はワイルドエリアをこえて一路ナックルシティを目指します。久しぶりのワイルドエリアですが、今回は自転車があるので移動は楽ちんです。ただ徘徊しているポケモン達はやはりレベルが高く歯が立たないものも多いので、なかなか気が抜けません。

  • ポケットモンスター ソード・シールド -その3(エンジンスタジアム)

    // 最近は自宅でも携帯モードで遊ぶことが多くてSwitch Liteが欲しくなってきた今日この頃です。さくっと始めてさくっとやめれるのが魅力ですよね。ノーマルSwitchは携帯モードで持ってやってると、でかくて重くて疲れるのが難点ですね・・。さてバウスタジアムで水バッチを入手した後に次はエンジンスタジアムを目指すことになります。ただジムリーダが不在とのことで第二鉱山に探しに行きますが、第二鉱山の入り口ではビートがいてバトルすることに。ボッチだからか会うとすぐに絡んでくる寂しがりやなやつです。さくっと返り討ちにしてやると、負け惜しみ感ハンパない捨て台詞を後に去っていくのでした。

  • ポケットモンスター ソード・シールド -その3(バウスタジアム)

    // 前回はターフスタジアムでヤローを倒して草バッチを受け取ることが出来ました、今回は水ジムのあるバウタウンを目指します。途中、5ばんどうろに預かり屋があって、同種類のオスとメスのポケモンを2匹預けると卵が見つけれることが出来るそうです、早速育てていないホシガリスを2匹預けてみました。バウシティの途中にかかる橋ではエール団に絡まれてる人を助けてあげると、ロトム自転車をもらえます。小回りは利きませんが移動スピードが速くなるのでフィールド移動時は時間短縮出来て快適ですね。

  • ポケットモンスター ソード・シールド -その2(ターフスタジアム)

    // スイッチってTV出力も出来て、携帯機としてそのままでも遊べて非常に欲張りなゲーム機ですよね。短い時間をさくっと遊びたい時は携帯機として遊べるし、大きな画面で複数人で遊びたければTV出力すればいいしとても良く出来たゲーム機だと思います。どちらのモードで遊ばれる機会が多いでしょうかね、私は家の中で携帯機モードで遊んでます。さっと遊べてすぐやめれる感じがお手軽でいいですよね。さて第2回目はジムチャレンジに挑戦すべく、草ジムのあるターフタウンを目指します。

  • ポケットモンスター ソード・シールド -その1

    // スイッチでもついにポケモンの新作が発売されましたね。ピカブイとは違って完全新作となるため、楽しみに待っていた方も多いのではないでしょうか。前作までの3DSとは違い、新ハードとなるスイッチでの開発となるため、ポケモンたちの新しいモデリングやガラル地方での冒険の表現力の向上など期待は膨らむばかりです。実はポケモンを遊ぶのは初代のポケットモンスター緑以来なので、だいぶご無沙汰しているシリーズだったりしますw そしてソフトはソードのほうが人気がありそうなので、なんとなくシールドにしてみました。

  • 【レビュー】Detroit: Become Human

    // 『Detroit: Become Human』のレビューです。ネタばれ無しでタイトルの紹介と感想を書いていきます。 本タイトルはQuantic Dream社の開発タイトルで代表作としては『HEAVY RAIN -心の軋むとき-』がありますね。アドベンチャーゲームの開発に定評があり、リアルなグラフィックとドラマチックなシナリオが特徴的です。アドベンチャーゲームはやってて疲れないし、好きな時に中断出来るしで気楽に遊べるので好きなジャンルのひとつです。

  • 【レビュー】ROBOTICS;NOTES DaSH

    // 『ROBOTICS;NOTES DaSH』のレビューです。ネタばれ無しでタイトルの紹介と感想を書いていきます。 空想科学ADVシリーズ第3作目であるロボティクス・ノーツの待望の続編です。まさか続編を遊べる日が来るとは思いもしなかったのが正直なところです。前作を楽しめた方は、続編の製作発表がされてから首を長くして待っていたんじゃないでしょうか。またチュウタネロボ部の活躍を楽しめるかと思うとたぎってきますね。

  • FF14 漆黒のヴィランズ -その6(エデン零式3/4層)

    // 今回も引き続きエデン零式についてです。前回に引き続き3層と4層のTipsについて書いていきたいと思います。6週目にしてようやく4層までクリア出来ました。平日はほとんどやれていなかったので、かなりゆっくりとしたペースの攻略になりました。覚醒編はエデン編の最初となるためか難易度はかなり抑え目な感じでしたね。DPSチェックも装備が更新されてILが上がるにつれてだいぶハードルが下がる印象です。5.0からの新規プレイヤーの方も多いと思うので、ぜひ4層踏破まで頑張ってもらいたいですね。

  • FF14 漆黒のヴィランズ -その5(エデン零式1/2層)

    // 最近は夜な夜なエデン零式に通ってます。3層までクリア出来たのでMT観点でのTipsについて書いていきたいと思います。しかしDC内でPT募集出来るようになって零式の募集は本当に楽になりましたね。バンバン埋まっていくし、新しい募集もすぐ出てくるしオンラインゲームはやっぱりマッチングにストレス感じ無いように出来るかって重要ですね。深夜帯でももう少し募集あると嬉しいけどそれは流石に贅沢かな。。日本人以外とも、もう少し気軽に遊べる内容だったりシステムだったらいいんですけどね。

  • FF14 漆黒のヴィランズ -その4(暗黒スキル考察)

    // メインクエストも終わり、エデン零式に備え暗黒騎士Lv80でのスキルを整理してみたいと思います。新しい拡張で新スキルも増えたり、変更になったスキルもあったりでオメガ編の時とはプレイ感覚やスキル回しも少し変わってきてますね。ただ、もちろんプロでも芸人でもない個人の感想/考えですので最適ではない点もあるかもしれません。この記事はパッチ5.08時点での内容です。

  • FF14 漆黒のヴィランズ -その3(メインシナリオクリア)

    // ようやくメインシナリオをクリアすることが出来ました。闇を取り戻す旅はラケティカ大森林以降もアム・アレーン、コルシア島と続き各地の大罪食いを撃破していきます。コルシア島を開放する際はドン・ヴァウスリーとグルグ火山で決着をつけることになり、イノセンス討滅戦があります。イノセンス討滅戦はノーマルだけあってサクッとクリア出来る難易度ですね。

  • 【レビュー】STEINS;GATE ELITE

    // 『STEINS;GATE ELITE』のレビューです。ネタばれ無しでタイトルの紹介と感想を書いていきます。STEINS;GATE 自体は約7年前にPSPでプレイしています。当時初めてインフルエンザにかかって2日ほどで復調したけど病原菌持ちのため家にいないといけない、そんな暇な期間にプレイして結果どっぷりハマって一気にクリアした、そんな記憶があるタイトルです。その後、派生タイトルの線形拘束のフェノグラムやゼロをプレイしています。本タイトルはアニメを編集して再構築されたとのことで演出面が大きく変更になっていることと、ストーリも殆ど覚えていないため、どれ程に進化したのか興味もありプレイしてみる…

カテゴリー一覧
商用