プロフィールPROFILE

あきこさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
精神科女医の健康談義
ブログURL
https://www.sakuranbo23.com/
ブログ紹介文
精神科医の立場で栄養療法や漢方治療についてわかりやすくお伝えしています。
更新頻度(1年)

30回 / 235日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2019/04/20

読者になる

あきこさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,299サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美容ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 41,020サイト
アンチエイジング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,253サイト
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,908サイト
病気予防 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 391サイト
メンタルヘルスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,514サイト
精神科・心療内科 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,043サイト
今日 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 全参加数
総合ランキング(OUT) 75,916位 79,069位 65,390位 65,627位 58,599位 65,578位 65,616位 980,299サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美容ブログ 2,184位 2,310位 1,939位 1,966位 1,738位 1,979位 1,977位 41,020サイト
アンチエイジング 66位 67位 56位 55位 47位 53位 57位 1,253サイト
健康ブログ 1,566位 1,659位 1,208位 1,225位 975位 1,202位 1,202位 30,908サイト
病気予防 23位 22位 15位 15位 14位 16位 16位 391サイト
メンタルヘルスブログ 2,522位 2,655位 2,263位 2,290位 2,011位 2,258位 2,241位 28,514サイト
精神科・心療内科 71位 78位 62位 60位 55位 62位 61位 1,043サイト
今日 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,299サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美容ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 41,020サイト
アンチエイジング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,253サイト
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,908サイト
病気予防 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 391サイト
メンタルヘルスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,514サイト
精神科・心療内科 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,043サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、あきこさんの読者になりませんか?

ハンドル名
あきこさん
ブログタイトル
精神科女医の健康談義
更新頻度
30回 / 235日(平均0.9回/週)
読者になる
精神科女医の健康談義

あきこさんの新着記事

1件〜30件

  • 大阪マラソンへの道④ー完走へー

    12月1日大阪マラソン当日。3か月間のトレーニングの集大成です。 前日は糖質中心で腹八分目の食事に抑え、マッサージをし、早く就寝しました。 当日は5時起床。 豆乳にMCTオイル、それから卵焼きと白ご飯の朝食を食べ、ランニングウェアの上に服を着て、会場に向かいました。 電車の中では、更にMCTオイルの補給、COQ10やカルニチン、ナイアシンの補給も行い、アミノ酸ゼリーも飲みました。エネルギー不足だけは避けたかったので、こまめに摂取する事を心がけました。 第3ウエーブだったので、9時25分スタート、9時5分にスタート地点の閉鎖です。森ノ宮駅に8時過ぎに到着しました。ものすごい人でしたが、手荷物預け…

  • 大阪マラソンへの道③-最後の1か月ー

    ランニング初心者である私が、今年の9月からトレーニングを始めて、いよいよ本番の大阪マラソンまで残り3日となりました。 10月は走りこみ期間でしたが、11月は調整期間としました。 怪我や疲労に備えて、無理に走りこまない計画をたて、(私にとっての)長距離は10日に14km、24日に17km走っただけで、あとは5kmや10kmをちょこちょこと走りました。 昨日、最後の5kmランを終え、残りの3日は筋疲労が残らないように、ゆっくり過ごそうと思います。 11月の総走行距離は96kmでした。 9月以降の総走行距離は341kmです。一般的なランナーに比べると圧倒的な準備不足かもしれませんが、限られた時間で自…

  • 考えすぎると健康を害する

    考えすぎると健康を害する。 I think too much and then put myself in a bad mood. 先日漢方の講演会で、富山大学大学の渡り英俊先生、順天堂大学の栗原由美子のご講演を聞く事ができました。 そこで栗原先生が紹介されていた言葉です。 典型的なうつ病の方をみていると、過去を悔やみ、将来を憂い、常に考えすぎている方が多いように思います。 漢方治療では、こういった人には「帰脾湯」がよいそうです。 帰脾湯を飲みだして、しばらくすると「気楽に思えるようになった」「考え込むことが少なくなった」と効果を実感する方がおられるようです。 帰脾湯というおは気血双補剤の一つ…

  • 大阪マラソンへの道②ー大会2か月前の走り込みー

    マラソン初心者が、3ヶ月でフルマラソンを走るチャレンジ、以下の記事の続きです。 www.sakuranbo23.com 10月は脚力、心肺機能、精神力を高めるためにとにかく走りこむことを意識しました。11月は怪我なども含め無理ができないので、大事な1ヶ月です。 9月は90km走ったので、10月は150kmを目標にしました。 週に5日走り、毎日5km以上、調子のいい時は10km、週末には15kmか17kmを走りました。 5kmは気持ち良く、楽に走れるようなりました。もはや、走らないと気分も落ち着かず、走り終わるとその日は安心して眠れるといった具合です。走ってる途中では、疲労感を全く感じず、頭の中…

  • 認知症発症の危険因子ー第9回認知症予防学会ー

    名古屋国際会議場で開催されている、第9回認知症予防学会に来ています。 2017年にランセットで、認知症発症の危険因子については以下のように発表されています。修正可能な要因は35%、修正不可能な要因は65%です。修正不可能なものは主に遺伝的な要因です。 修正可能な要因は各年代によって異なります。 18歳未満では低い教育レベルが危険因子になります。 これは修正可能というか、親の心がけ次第かもしれません。45歳~65歳つまり中年期では、肥満が1%、高血圧が2%、難聴が9%のリスク因子となります。 難聴が9%!なんと肥満や高血圧を抑えて圧倒的な高さです。これは最近のトピックスでもあります。もちろん難聴…

  • 双極性障害の話

    双極性障害にはⅠ型とⅡ型があります。 その違いは簡単に言うと、躁病エピソードがⅠ型は躁状態、Ⅱ型は軽躁状態ということです。この二つは「程度の差」ではなく、病態が異なると捉えた方がよいです。 Ⅰ型の場合、躁状態になった際には、ほぼ確実に入院が必要になります。 躁状態では、本来のその人がするはずのない問題行動を次から次へとやっていまいます。上司に喧嘩をふっかけたり、財産を使い果たしたり、莫大な借金をしたり、浮気をしたり。病気であったとしても「取返しのつかない行為」をしていまうのがこの病気です。入院は治療のためでもありますが、何より「取返しのつかない行為」を阻止するためでもあります。その人の尊厳を守…

  • うつ病にならないための7か条

    今週は京都で開催している、第39回日本精神科診断学会に参加しています。 抗加齢学会や栄養関係の研究会などに比べて、やはり最新の研究結果や知見は乏しい印象です。しかし日々の臨床のヒントなど、得るものも多くありました。 気分障害で、非常にご高名な坂元薫先生(赤坂クリニック 坂元薫うつ治療センター)の講義を久しぶりに聞くことができました。 今回は、「双極性障害治療の新たな潮流」という題でしたが、双極性障害の治療の難しさを改めて実感しました。双極性障害については、次回のブログで改めてお話ししたいと思います。 坂元先生の掲げておられる「うつ病にならないための7か条」をここに掲載しておこうと思います。 ①…

  • 大阪マラソンへの道①ーランニング経験ゼロからー

    2019年12月1日開催の大阪マラソンに出場することになりました。 ランニング経験はゼロですが、40歳の記念にと友人と申し込んだところ、私だけが当選していまいました。 不安を通り越して憂鬱になっていた時期もありますが、これも大きなチャレンジだと思い、完走を目指して頑張ることにしました。 (目標は6時間です笑) この貴重な経験をブログに残しておきたいと思います。 私のこれまでの運動経験 ①小学校の時の得意科目は体育、短距離は早かったけど長距離は苦手。5年生のマラソン大会は仮病でずる休み。 ②中学はバレー部。高校もバレー部だが、進学校で勉強優先のため活動はかなり少なめ。 ③大学はゴルフ部。バッグを…

  • GLP-1注射がブームです。

    現在GLP-1注射がダイエット界のブームです。 この注射はダイエット界の歴史を塗り替えると言っても過言ではないと考えています。 GLP-1注射は本来糖尿病の治療目的で用いられる注射です。私は糖尿病は専門ではないので、この注射の理解のためにいくつか本を読みました。 最近の糖尿病治療のトレンドを知る上でこの本が非常に役に立ったので、紹介したいと思います。 糖尿病はグルカゴンの反乱だった -インスリン発見後、なぜ未だに糖尿病は克服できないのか 作者: 稙田太郎 出版社/メーカー: 星和書店 発売日: 2019/04/25 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 沼津さとやまク…

  • ダナン旅行記4日目ー帰国日ー

    いよいよ最終日です。 定番の5時起きでビーチへ。この日は雲が多く、はっきりとした朝日は見えませんでした。 風が気持ちよく、軽くランニングをしました。 6時半から朝食へ。 この日はアラカルトはエッグベネディクトをオーダー。中身はハムやサーモンなど選ぶ事ができます。 奥はステーキです。アラカルトにはステーキもあります。毎日、夜は軽めなので、朝からステーキも美味しく食べれました。 そして唯一2日連続で食べずにはいれなかったのがこれです。 この黒は炭のようです。デトックス効果を期待して食べましたが、香ばしくて本当に美味しい!また食べたいです。 7時半からヨガへ。10個ヨガマットが敷かれていますが、集ま…

  • ダナン旅行記3日目ー五行山、再びホイアンへー

    朝は5時起床、5時20分頃にビーチで朝日を浴びながらウォーキングをしました。 こちらもナマンリトリートと同じインフィニティプールで、プールに映る朝日が幻想的です。 波の動き、音は飽きることがありません。 6時半からの朝食へ。 ビュッフェですが、更にアラカルトから一品選ぶ事ができます。 奥がバナナフレンチトースト、手前がサーモンのグリル。 そしてフュージョンマイアの朝食は、前日までの予約で、このレストラン以外に、部屋やプールサイド、ビーチなど希望の場所で何時でも(夜でも)食べる事ができます。私達は好きなものを食べれるだけ選んで食べたいので、2日間ともレストランにしました。 朝食後は7時半からプー…

  • ダナン旅行記2日目②ーフュージョンマイアー

    12時にナマンリトリートをチェックアウトし、タクシーでフュージョンマイアに向かいました。 タクシーの運転手さんにフュージョンマイアと伝えましたが、曖昧な表情のまま運転し始めると案の定、フュージョンマイアの前を素通り。行き過ぎたと伝え戻ってもらいました。 フュージョンマイアのエントランス。 ウェルカムドリンク。 パープルを基調とし落ち着いた空間です。 チェックインが2時にも関わらず、12時半に部屋に案内してもらえました。 滞在中は相談役のようなフュージョニスタというスタッフが担当でついてくれます。日本語の話せるフュージョニスタで丁寧に案内してもらえました。 こちらがお部屋。 部屋は全てプール付き…

  • ダナン旅行記ー旅行の効能、旅行中のサプリメントー

    今回のダナン旅行では、毎朝、朝日を浴びてランニング、ヨガをし、毎日スパで様々なマッサージを受け、毎日プールで泳ぎました。 朝日を浴びる事や、プールで泳ぐ時に息止めをする事はミトコンドリアの機能を活性化すると言われています。 マッサージはリラックス効果はもちろん、オキシトシンの分泌を促します。 ヨガはインナーマッスルを鍛え、自律神経を整えます。ランニング、ウォーキングで有酸素運動も十分。 普段はジムへ行く時間もままならない生活で、異国の地に来て、これだけ細胞レベルで体の機能を活性化ができる旅というのは、本当に有意義であったと思います。 更に後押しすべく、持参したサプリメントはこちらです。 サプリ…

  • ダナン旅行記2日目ーナマンリトリートー

    朝5時に起きて、5時20分頃にプールからビーチへ行くと、ちょうど朝日を見る事ができました。 インフィニティプールにも映る朝日。 朝日を浴びながらビーチで軽くランニング。 部屋に戻り、ヨガの服に着替え、6時半からハイハイレストランでの朝食へ。朝食は6時半から開始なので、1番でした。 飲み物はカフェラテをオーダー。こんなに可愛くラテアートしてくれました。 朝食を済ませて、7時からのヨガのプログラムに参加しました。ナマンリトリートでは毎朝7時からヨガのプログラムがあります。 プールの横の木陰でヨガマットを敷いて行います。参加者は8名程度。男性のインストラクターですが、これがかなりの強度です。最初は緑…

  • ダナン旅行1日目②ーホイアンー

    スパが終わった後、ホイアンへ向かいました。ホテルの受付で日本円をベトナムドンに両替。 ナマンリトリートからホイアンまではシャトルバスを利用できます。 これを利用するのが1番お得で安心ですが、スパをしていたので時間が合わず、行きはタクシー、帰りはシャトルバスで帰ることにしました。 受付でタクシーを呼んでもらい、帰りのバスのチケットをもらい、地図に送迎場所をチェックしてもらい(これが中心地から結構離れているように見えたので若干不安でした)、間も無くやってきたタクシーに乗り込みました。 ベトナムドンは単位が大きいので、慣れるまで桁を間違えそうで、注意が必要でした。 いつも「1万ベトナムドンが50円」…

  • ダナン旅行記ー1日目、ナマンリトリートー

    今年はベトナムのダナンで夏休みを過ごしました。旅行記はこのブログの趣旨とは外れますが、旅の計画をたてるのに経験者の方のブログがとても助けになったので、ここでも記録しておこうと思います。 行き先にダナンを選んだ理由は以下の4つです。 ①リゾート地でゆっくりしたい ②直行便で行きたい ③時差が少ない ④異国感を味わいたい ダナンはまさにぴったり。かつては海上交易で栄えた拠点地でしたが、近年はビーチ沿いに名だたるリゾートホテルが林立する人気のリゾート地です。ベトナムは物価が安いので、リーゾナブルに高級リゾートホテルに宿泊することもできます。 成田からも関空からも直行便があり、フライト時間は約5時間半…

  • ビタミンDの重要性ー第1回オーソモレキュラー学会ー

    先週末は東京で開催された第1回オーソモレキュラー医学会に参加してきました。 奥平智之先生や今野裕之先生など、精神科の先生方のご講演もあり、精神科もいよいよ栄養療法なくしては語れない時代が近づいているのかもしれないなと感慨深くなりました。 その他、癌治療や歯科領域、ホルモン療法、腸内フローラ移植、糖質制限、神経栄養因子、医療大麻など多岐にわたり非常に興味深い内容を聞くことができました。 溝口徹先生は脂溶性ビタミンについて講義してくださいましたが、いつもながらわかりやすくも本質的な内容で大変感銘を受けました。 今回の学会では様々な講演でビタミンDの話題を耳にしました。 その理由は、ビタミンDの作用…

  • 7月はデトックス月間ーデトックスの方法ー

    先日の抗加齢学会の企業展示で、1年ぶりにOligoScanしてもらいました。OligoScan は、手のひらを吸光光度法によりスキャンする事で、組織や脂肪細胞に着している有害重金属 や必須ミネラルを迅速に測定できる装置です。 必須ミネラルは概ね充足していましたが、有害金属の多くが標準を超えていました。昨年はカドミウムが高かったので、野菜をできるだけ有機栽培のものにするように意識したのですが・・・。今年はアルミニウムが高値です。排泄に問題があるのかもしれません。 オリゴスキャンは体内の蓄積量を測定するだけなので、実際に排泄ができているかは毛髪ミネラル検査や尿検査をしてみないとわかりません。魚をよ…

  • 認知症の予防にもビタミンCの抗酸化作用が有効です

    昨日、分子栄養学実践講座のセミナーに参加しました。テーマは認知症の予防、治療でしたが、その中で簡単に実践できるものを紹介したいと思います。 やはりここでもビタミンCが登場です。 「血中ビタミンC濃度高値は将来の認知機能低下リスクの減少と関連する」という内容の論文を紹介したいと思います。 Higher Blood Vitamin C Levels are Associated with Reduction of Apolipoprotein E E4-related Risks of Cognitive Decline in Women: The Nakajima Study. - PubMed…

  • 人前で話す事が苦手な人へ

    私の父は塾長でした。 非常に厳しい人でしたが、私は小学四年の時にその父の塾に通い始めました。 初めて父の授業を受けた時の事は鮮明に記憶しています。 父が入って来た瞬間、教室の空気が変わり、緊張感に包まれ、ざわざわしていた生徒達も居住まいを正しました。そして予想に反するような言葉から話し始め、皆が引き込まれていきました。 父が話し上手なのか、カリスマ性があったのか、子供の特性を熟知していたのか、今になってはわかりません。 現在、私は人前で話す機会が度々あります。準備をしている間は、こんな内容で満足してもらえるだろうかと頭を抱え、終わった後には自分の滑舌の悪さに落ち込むなど、満足できる講義や講演は…

  • 食前に必要なのはお酢だった!

    抗加齢医学会のポスター発表で個人的に興味深いものがありました。 同志社大学生命医科学部アンチエイジングリサーチセンターの上中詩央里先生の発表で、「食後高血糖抑制に及ぼす食品栄養成分の寄与率の検討」というものです。 米飯200gを食べる前に①サラダチキン②オリーブオイル③穀物酢④難消化性デキストリン⑤千切りキャベツを摂取して、リブレを用いて食後の血糖値の変化を調べていました。 結果は①②③⑤を高用量摂取した群は米飯のみより、優位に血糖を低下させ、①③は摂取用量が多いほど、優位に低下させたとのことです。そして、④の難消化性デキストリンは食後血糖上昇の抑制効果はなかったそうです。 要は食後高血糖抑制…

  • 百寿社会をどう生きるかー第19回抗加齢医学会ー

    この週末は、横浜で開催されている抗加齢医学会に参加しています。 抗加齢医学会は、様々な科の先生方が最新の知見を発表されるため、専門外の内容も多く、非常に興味深い学会です。抗加齢医学会専門医ということもあり、自分の知識が狭くならないためにも、必ず参加するようにしています。 現在100歳を超える人は約7万人弱です。将来的には2007年に生まれた子供の約半分が100歳まで生きると予想されています。 長寿は素晴らしい事ですが、少子高齢化、年金、病気、寝たきり、認知症、介護・・・問題は尽きません。 長寿社会における幸福とは何か。「死ぬまでずっと幸せでいたい」それが、究極の願いかもしれません。学会会長であ…

  • うつ病の症状が少し落ち着いたら~セロトニンやメラトニンの不足を解消する生活習慣~

    うつ病の原因はモノアミン仮説が主流です。セロトニンやノルアドレナリンの低下により、抑うつ気分、意欲低下、不安などの症状が出現すると言われています。 現在うつ病に用いられるのはこのセロトニンやノルアドレナリンを増やすタイプの薬です。 脳内のセロトニンは以下の経路で産生されます。 トリプトファン→5HTP→セロトニン→メラトニン セロトニンが低下すると、メラトニンも低下し、不眠などの症状につながります。 ではセロトニンやメラトニンの不足を解消するための生活習慣とはどんなものでしょうか。 ①タンパク質をとる まずは材料であるトリプトファンが必要です。トリプトファンはアミノ酸で、たんぱく質が分解されて…

  • 風邪とビタミンC -自宅にビタミンCは絶対常備すべきですー

    ビタミンCは栄養界の吉永小百合のような存在です。キムタクでもイチローでもよいのですが、もう絶対的な安定感のあるスーパーヒーローです。 このブログでもビタミンCについて取り上げてきました。 www.sakuranbo23.com www.sakuranbo23.com 今回は、このスーパーヒーローの実力を裏付ける論文が、オーソモレキュラー学会のHPで紹介されていましたので、紹介したいと思います。 ビタミンCが風邪症状の緩和や、発症予防に効果があった 論文の内容 この結果から私たちができること ビタミンCが風邪症状の緩和や、発症予防に効果があった こちらの論文です。 The effectivene…

  • 新しい認知症の治療であるリコード法とは

    前回の続きになりますが、認知症の予防について、更に詳しくお話したいと思います。 前回紹介したこの書籍。 アルツハイマー病 真実と終焉 "認知症1150万人"時代の革命的治療プログラム 作者: デール・ブレデセン,白澤卓二,山口茜 出版社/メーカー: ソシム 発売日: 2018/02/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る ここでは認知症の予防法、治療法としてリコード法というものを提唱しています。 リコード法とは ①炎症を抑えるために ②必要な栄養因子を補充する ③毒素を除去する リコード法とは アルツハイマー型認知症は脳にアミロイドβが蓄積することで発症すると言われて…

  • 認知症の予防は40歳から

    今日は日本認知症予防学会の専門医教育セミナーを受講してきました。 現在、認知症の原因と言われているアミロイドβの蓄積は、発症より20~25年前には始まっています。 従って、予防が早すぎるということはありません。100年ライフを生きる私たちは、誰もが40歳を過ぎたら認知症の予防を考えるべきなのかもしれません。 認知症の原因として、一般的な内容と、分子栄養学的な視点からいえることをお伝えします。 一般的にはアミロイド仮説、コリン仮説、グルタミン酸仮説などがあり、これにより抗認知症薬の開発が進められています。 アミロイドカスケード仮説 現在最も有力な説です。 シナプス(神経細胞)の膜表面に存在するア…

  • うつ病予防に摂りたい、MCTオイルは乳化させよ

    以前の記事に、MCTオイルがうつ病の症状改善やうつ病予防に効果があるだろうというお話をしました。 今回はMCTオイルについてお話したいと思います。 www.sakuranbo23.com MCTオイルとは MCTオイルで認知症も予防 MCTオイルの摂取法 MCTオイルとは MCTオイルは、ココナッツやパームに含まれるMCT(中鎖脂肪酸)だけを取り出した油です。 ココナッツオイルには中鎖脂肪酸が約60%、長鎖脂肪酸が約40%含まれています。MCTオイルは中鎖脂肪酸が100%であり、病気の予防目的で摂取するのであれば、純度が高いMCTオイルを使用しなければなりません。 中鎖脂肪酸は直接細胞内に入り…

  • その物忘れは認知症?-認知症と加齢による物忘れの違いー

    認知症の診断目的で来られる患者さんはもちろん、うつ病など他の疾患で通院されている患者さんからも「私は認知症ではないでしょうか」と相談されることが、多々あります。 認知症と加齢による物忘れについてお話したいと思います。 物忘れを心配される患者さんの訴え 認知症と加齢による物忘れの違い 認知症以外の物忘れで注意したいこと 記憶の分類について 物忘れを心配される患者さんの訴え ご自身で物忘れを心配される方は、「俳優の名前が思い出せない」「買い物に行ったのに、買おうと思っていたものを忘れていた」「大事な約束していたのにうっかり忘れていた」などとおっしゃることが多いです。 思い出せない、忘れてしまったと…

  • 犬と旅行ーネスタリゾート神戸ー

    ワンコを連れて、知人家族とネスタリゾート神戸へ1泊旅行に行きました。 宝塚北サービスエリアで休憩。西日本最大級というだけあり、広大な敷地に、お店も充実しています。こぎれいなドッグランもあり、ワンコもたくさんいました。 宿泊はネスタリゾート神戸。数多くのアクティビティがある複合リゾート施設です。 コテージを借りて、夕食は、そこのテラスでバーベキュー。一棟ずつ離れているコテージは、犬が鳴いても気にならず、バーベキュー中もワンコを自由にしておけるので、気兼ねなく楽しむことができました。 日中はアクティビティを楽しみました。犬はアニマルフレンズ(動物たちとふれあうアクティビティ)以外は、基本的にどこで…

  • うつ病の新たな治療②-炎症を抑えるにはー

    前回の続きです。 前回はうつ病の病態の一部は炎症が関与しているというものでした。 では、脳内の炎症を制御すれば、うつ病の予防になる、もしくは一部のうつ病は改善するのではないかということです。 BHBの投与が脳内で炎症を制御する 中鎖脂肪酸の摂取でうつ症状がよくなる MCTオイルを飲むというのは試してみる価値あり BHBの投与が脳内で炎症を制御する BHBは、ケトン体の一種です。飢餓時に、脂肪酸の酸化によって、肝臓や腎臓で産生されます。ケトン体は、糖質制限によって出てくることで有名ですね。以前は、脳はブドウ糖しかエネルギー源として使えないと思われていましたが、ケトン体も第二のエネルギーとして利用…

カテゴリー一覧
商用