searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ぽこさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
最終章だけど、、、
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/poco_a_poco_2019
ブログ紹介文
日々思うこと タイトルどおり、最終章になるはずですが、 すまいる & すまいる を目指したい。最期まで
更新頻度(1年)

109回 / 365日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2019/04/13

参加カテゴリ

住まいブログ / 自然素材住宅

シニア日記ブログ / 60歳代

ライフスタイルブログ / こころの風景

※ランキングに参加していません

読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぽこさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぽこさん
ブログタイトル
最終章だけど、、、
更新頻度
109回 / 365日(平均2.1回/週)
読者になる
最終章だけど、、、

ぽこさんの新着記事

1件〜30件

  • 富貴草やら吉祥草やら足元の草に見入る

    この拙ブログを見ていたら、今日は、富貴草の記事が複数の方に読まれていたのに気づきました。なんと、一年半くらい前の記事です。昨年夏の富貴草が今はどうなっているか、いくら思い出そうにもイメージがわいてこなくて、とりあえず、庭におりたちました。元気に繁茂しています。青緑の若い花々をたくさんつけていましt。今朝は、お寺さまの月忌参りの日ですが、お花屋さんに行かずに、富貴草を一枝、あとはツワブキと吉祥草を摘んでお仏壇の中の金色の花瓶に入れました。吉祥草は、葉っぱ蘭の葉とほぼ同じで、長く真みどりできっちり判別できます。つくばいに左側から迫っていますね。花は見えるでしょうか。ここにも吉祥草がちょっと近づいてみますと、石の淵では、それに寄りかかってか、しっかり直立して咲いています。吉祥草は、35年前、ご縁があって、見ず知らずだ...富貴草やら吉祥草やら足元の草に見入る

  • 水琴窟

    ヤフーニュースでこの期に及んでも見てしまうのが、大相撲の結果やコメントなど。辛辣だけど、つい見入るのが、北の富士コラム。休場者についてお灸を据えたあとは、もう今場所には無関係とばかりに、一言一句話題にならないのは、この際大人しく、受け入れるだけである。ヤフーの記事には、広告がつきもので、それがアップされないと、肝心の画面がでてこない。ふと、その広告に目が行った。なんと、「水琴窟」とある。よくよく見るとヤフーオークションの広告。「水琴窟」8万円余りでできるの?よくよくよく見直すと、「水琴窟」は、お抹茶碗の名前だった。ネズミ志野とある。加藤土代久】最上位作鼠志野茶碗銘「水琴窟」加藤豊久共箱保証今、オークションのページを開いたら、89,000の価格にまでなっていた。ネズミ志野は好きな焼物。89,000円の価格にも驚き...水琴窟

  • 錦秋

    ネットの「錦秋とは」の画像を載せました。実は、わが陋屋にこんなものが鎮座まします。あまり趣味がいいとはいえませんが、この季節くらいは、見せびらかします。といっても、だれかに、ではなく、ネットの上にただおいてみるだけ。どなたかにお見せするつもりはありません。厚みが相当ある(20センチくらいでしょうか)ケヤキの木を磨いたり、裏には、絵まで入れて衝立、パーテーションまたは、玄関先に、権力の象徴のように飾られる種類のもののように私には思われます。裏側は陋屋では、殆ど使うことがない奥座敷は、変則的な部屋で、2畳くらいの部分だけ天井が低くその素材も異なっています。残りの8畳くらいが書院づくりの普通の8畳くらいの和室、天井は高いです。畳と同じ高さ、つまりフラットに、床板がある小さな床の間が奥にあります。2畳部分のところに仏間...錦秋

  • コロナは大丈夫?国際郵便で送られてきた商品

    私の失策でした。いつも愛飲しているエスプレッソ、ネスプレッソのカプセルはお店で直接買う(試飲もできます)か、ネスプレッソへの電話で、注文してきました。昨年のことでしたでしょうか、新しいエスプレッソマシンヴァーチュが新発売されました。https://www.nespresso.com/jp/ja/order/machines/vertuoそれにともなって、カプセルも従来タイプとヴァーチュタイプとに分かれ、新製品の方に販売の主力がおかれているのか、送られるDMには、ほとんど、オリジナルエスプレッソのカプセル案内がありません。今年はご存じのようにおうちでコーヒータイム、と気楽に友人を誘うこともなく、エスプレッソの年のはじめに100個ほど在庫があったカプセルがなくなるまでに、ほぼ1年かかりました。夫婦で食後(毎食後では...コロナは大丈夫?国際郵便で送られてきた商品

  • コロナは大丈夫?国際郵便で送られてきた商品

    私の失策でした。いつも愛飲しているエスプレッソ、ネスプレッソのカプセルはお店で直接買う(試飲もできます)か、ネスプレッソへの電話で、注文してきました。昨年のことでしたでしょうか、新しいエスプレッソマシンヴァーチュが新発売されました。https://www.nespresso.com/jp/ja/order/machines/vertuoそれにともなって、カプセルも従来タイプとヴァーチュタイプとに分かれ、新製品の方に販売の主力がおかれているのか、送られるDMには、ほとんど、オリジナルエスプレッソのカプセル案内がありません。今年はご存じのようにおうちでコーヒータイム、と気楽に友人を誘うこともなく、エスプレッソの年のはじめに100個ほど在庫があったカプセルがなくなるまでに、ほぼ1年かかりました。夫婦で食後(毎食後では...コロナは大丈夫?国際郵便で送られてきた商品

  • 呉羽山

    いきなりお示ししますが、ぽこの住む県の地図です。あまり、存在感の濃くない県なので、オールジャパンの観点からは一体、そこどこよ?と思われる方も少なくないでしょう。私自身、紆余曲折の結果として、当県に落ち着き、自分の家庭をこの地で持ちました。だからといって、本県のことに精通しているわけではありません。まずは、足元から学んでゆこうと、ブラタモリの影響もあり、歩くときには、河岸段丘のことを気にしています。ま、それはそれとしまして、、、次の日曜日は来月11月に入っているので、カレンダーをめくりました。8日からは、本来ならば九州場所、今年は東京国技館で開催されます。観客数の制限が少し広げられるそうです。上の地図を今一度ご覧ください。大関朝乃山は、当県のほぼ真ん中にある呉羽(くれは)というところの出身です。富山市呉羽です。呉...呉羽山

  • 言い当てる

    亡き母の口癖に「言い当てる」がありました。それも不吉なことに対してです。何かよくないことを口にしたり、思いを馳せると、実際その後に凶事(とまで大げさなことでなくても、望まぬことくらいでしょうか)が起こる、言い当てる、なのです。だから、不吉なことを口にしたり、思ったりしないように、少しでもその不安があったら、首を横に振って、いやいや、そんなことありえない!と沸き起こる不安を意識的に打ち消すのが秘訣。母流の諭しでした。一方、私は決して悲観論じゃでもなく、そもそも何かが起こるまで特に他人のことにはあんまり心を砕かないタイプ・・・のはずでした。10月2日の満月の夜以来、私に何だか、居心地が悪いことが次々と生じるのです。気のせいとかいわゆるデジャブ?現象、と自分で打ち消すのですが、ここでいくつかお話してしまおうと思います...言い当てる

  • 驟雨

    驟雨

  • やっちまった

    10月20日(火)1秒前に20日の後ろ、かっこ(の次にかと入れたら出てきたのは、蚊でした。火ではなく。そして、この変換順位こそ、今日の私の話題にも関わることです。先日まで暑かったときはもちろんですが、昨日あたりも、きまって私は蚊に刺されておりました。「一体この冷気の中、どこに生息なさっているのよ」と、にっくき蚊にむかって、わざと敬語まで使って見えざる敵に呼びかける私。私は、いろいろ苦手なものはありますが、中でも怖いのが蚊を含めて虫全般です。さすがに鈴虫の音色などまで敵対視はいたしませんけれど、蜘蛛もだめ、バッタやカマキリなどもダメ。もちろん、口にするもおどろおどろしいGOKIBURIは、いったん見るとそのまま私が凍り付いた状態になり、一大事です。幸い、自宅にも陋屋にも発見に至ることが少なく、ホウ酸団子設置の効果...やっちまった

  • 往く秋を惜しむ

    朝は、10℃を切り、外出時の着るものの選択に困りました。100%ウールだけど、DARKSの平織りのブラウススーツ、その上にツイードにしては薄手のジャケット(総裏)を着脱できるから、のつもりが、ブラウスを着て、スカートを履く段になって、心変わり。エクセーヌのジャンパースカートを、と探したら出てきたので、着用しました。背中が特に暖かくなりそうなのに惹かれて。そしてその上からジャケットを。一日着脱はほぼありませんでした。午後の日差しの中での授業時のみ、2,30分、ジャンパースカートとブラウスになっていた程度です。加齢と共にしみじみ自分の生活が守りの姿勢になってゆくのには気づいています。特に寒さ対策は、かなり、慎重です。外出時の帽子もフェルト生地などすっかり冬物。まもなく一重仕立てのコートも必携品になります。成績入力、...往く秋を惜しむ

  • アンデスの乙女

    アルプスの少女ならぬアンデスの乙女・・・南米のハイジの話ではありません。花の名前です。偶然、敬愛してやまないブログ友さんの最新の記事に登場しました。私にとっては、名前はもちろん、花の様子も全くはじめての出会い。ブログ友さんの画像がとてもすてきでしたが、厚かましく、こちらにコピーも気が咎めますので、小さな植物図鑑(ネット上)からこの花とは、はじめての出会いではありました。ただ、私は今月初旬ころから、気になる花の存在がありました。陋屋から歩いて5分以内の同じ町内のあるお宅をご覧いただきましょう。立派なお宅です。このお宅の勝手口は、左側にあって、そして、こんな感じに可愛くしおらしいピンクの花がこれの風情が、ブログ友さんに教えていただいた「アンデスの乙女」にそっくりなのです。でも、あちらは黄色だし、と不審な点もあり、よ...アンデスの乙女

  • 花より団子・・・でもないか。

    9月最後の日、水曜日のことです。仕事場を出たのが3時過ぎ。今日は、2キロあまりの自宅からの距離を歩いてやってきていました。日差しがあるのが苦にはならない風も心地よい秋の日。公園の中を通ってほぼ一直線で1キロあまり行けば陋屋に着きます。そこでコーヒータイムして(当然靴を脱いで)疲れが取れたところで自宅までの1キロ、何とか夕刻までに自宅に戻ろう、そう思っていました。ところが、公園の中の秋の風情を味わうどころかどんどん歩くのが苦痛になりました。陋屋に行く前にどこかで休もう、駅への道すがらには何度か行ったカフェもあります。今日は閉店。。。夫に電話すれば、すぐにも迎えに来てくれますが、、、ふと思いついたのは、駅より少し東にあるホテルの中のティールームでした。かつては、東京のシティホテルの同じ系列で、にぎわったホテル。私も...花より団子・・・でもないか。

  • 苦手な人との付き合い方

    私は薄情者です。一見いい人に見えるらしいのは、まあほぼにこにこしているから。ところが、ひとたび心の内を覗いてみると、どす黒く、悪意に満ち満ちているのです。家人に言わせると、私は外面(そとづら)が極めてよくて、その分、内面(うちづら)は最悪、さもありなん、外でにこにこしているのは、そうしているほうが、楽だし、トラブルが起きないから。そもそも、他人と関わることは十二分に注意を払って避けています。相手が話したいことを聞くふりをして、実は、あまり気合を入れて聞こうとしません。他人のことにほぼ無関心、腹を立てるほどの関りをもたないので、喧嘩もまずありません。したがって友達も少ないけれど、それもあまり苦になりません。そもそも自分には、あるいは自分と同格の事象には、関心というかそれなりのこだわりがあるので、他人のことに気を留...苦手な人との付き合い方

  • 香を焚く

    この月曜日は、久しぶりに、心身の軽い週の始まりの日でした。このブログに訪れてくださる方には、すでに、ばれているとおもいますが、私は、大相撲の観戦が大好き。そして、心底応援している関取がいます。秋場所が、コロナ禍にもかかわらず、今回も無事千秋楽を迎えました。場所前に、ある部屋が完全ロック状態になる不運もありました。多数の休場力士がいたものの、コロナの感染者がじわじわと広まることなく、九月場所が終わり、もう秋。場所中、実は、身の置き所もないほどに、辛かったです。思いがけなく初日からの三連敗。このまま立ち直れないのでは、と真剣に案じました。その後、大関は気持ちを立て直し、何とか二けた勝利で今場所を切り抜けました。世間は、まもなく登場する新大関の優勝までの活躍に沸いていますが、その中で、話題になるとすると、らしくない負...香を焚く

  • シングルマザー

    シングルマザーをインターネットで検索してみました。以下がその引用です。法的な婚姻関係になく子供を生んだ女性(未婚の母),あるいは離婚や別居して子供を養育している母親。婚姻内の男女間に子供が生まれることを嫡出といい,未婚の母から生まれた子供は民法では,嫡出でない子(非嫡出子)と呼ばれる。否定的な語感が強く差別的であるいう理由で,近年は婚外子ということばが使われることが多い。日本の出生総数に占める非嫡出子の割合は1.9%で,スウェーデンの56.0%などと比べ,きわめて少ない(『平成17年版国民生活白書』内閣府,2005年)。しかし,婚姻届は出さないが事実上の婚姻関係にある事実婚を選択するカップルが増えていることなどから,増加傾向にある。統計の数字もだいぶ古いので、あるいは、ここ日本でも従来からの定期の母子家庭ではな...シングルマザー

  • お寺さまのお話から

    今日も月忌参りの話題です。前回は、1時間待っておいでになりました。今日は油断したのか、陋屋に到着したら、すでにお寺さまのお車が門の前にあり、運転席のお寺さまに、さんざん、恐縮の言葉や、お詫びの所作をして開錠しました。お寺さまは、我が家のあとは何とか公民館へいらっしゃるそうで、そのために早めに出てこられたようです。公民館では、敬老の日のお祝いの席(コロナのための自粛はないのか?)で、まず、物故者のためのお経から始まるらしく、その任務をお願いされたとのこと。すぐにお暇します、ということでしたが、一応お出ししたコーヒーを美味しい、一息つくことができました、と飲み干していただけました。そして、そう短くもない世間話も。お寺さまにはお嬢さんがいらして、すでに嫁がれ、お子さまもいらっしゃいます。中学の国語の先生をなさっている...お寺さまのお話から

  • いとこ煮

    食の匠が教える伝統レシピ【南砺市】いとこ煮ジャンル野菜料理調理方法煮る浄土真宗の報恩講料理の一つで、根菜類と小豆の煮物。それぞれの材料には意味があり、小豆は親鸞聖人の好物、ごぼうは杖、油揚げは袈裟、里芋は布教先の農家の軒下で枕にした石を連想したもの。名前は材料同士がいとこ関係のようだから。材料4人分大根200g人参100gさといも150gごぼう100gコンニャク1/2枚油揚げ1/2枚小豆乾物で1カップ(150g)(煮小豆で2カップ)水5カップA(調味料)しょうゆ大さじ2塩小さじ1作り方1小豆は柔らかく煮る。2油揚げとコンニャクは湯通しし、さいの目に切る。3大根・人参・さといも・ごぼうは皮をむき、さいの目に切る。ごぼうはさいの目に切った後、水にさらしアクを抜く。4鍋に野菜や油揚げ・コンニャク・分量の水を加え、柔ら...いとこ煮

  • 味噌シチュー

    またの名前を豚肉の入らない豚汁もっと端的に言うと実だくさんの味噌汁でしかありません。豚汁に、さつまいもを入れる人が少なからずいると思います。私の決め手は、里芋を入れること。大根、里芋、ニンジン、ゴボウ、ネギ、あれば、なめこや白菜。豚肉の代わりに油揚げを入れることが多いです。この夏は、お味噌汁を作っても一度に食べきれる量に限られましたし、あまりほしいともおもいませんでした。汁物は、おすましがおおかったですね。やっと涼しくなって、里芋も売り場に登場して味噌シチューの出番が始まりました。これは、余っても翌朝、もう一度加熱で腐りません。ありあわせの野菜は何でもつぎ込みます。お椀に入れたあと、しょうがを下ろして少し入れます。あと、ゆずなど。今日はいただいたカボスの小片を切って入れるつもり。ガス台の横にちらっとみえるでしょ...味噌シチュー

  • 秋彼岸

    お彼岸の入りを迎えました。暑さ寒さも彼岸まで、は夜間には実感しますが、日中はまだまだです。1982年から入っていた生協を脱会することにしました。市民生協と県民生協が今度一体化するという知らせがきまして、利用をしていたときにかけてきた協力金?が、うやむやになる可能性もありそうなのでは、と、思いきって問い合わせてみました。掛け金約85,000円くらい、来年四月に戻ってくるそうです。多年に渡り、ありがとうございました、と丁寧に言われました。会員だった40年弱のうち、しっかり利用していたのは、最初の20年間でした。ムスコのいた時代には、まず、食べさせることが、私の生きる道の半分くらいを占めていましたので(笑)「ノカンゾウ」毎月取り寄せているフジッコの黒豆の酢入り煮が三か月目に入っていよいよ、悪い癖、だんだん飽きてくる、...秋彼岸

  • 九月十六日

    亡き実母の祥月命日です。来年が十七回忌にあたります。義父は母の2日後に身罷りました。15年前の私は、50代になったばかり、夫は典型的仕事人間。京都で大学生活を送っていたムスコは、夏休み中で帰省していたはずですが、その夏のムスコの記憶がまるでありません。7月に入院、ややあって死の宣告を受け、二か月後に旅立った母の夜の付き添いは、私ということになり、70日間病院の(今でいうホスピス待遇で)夜を共に過ごしました。7月中は授業がありましたから、昼夜兼行、8月は年休もとったりして、何とかやりくりしたのでしょう。母と過ごす最後の数十日を、心をこめて時を重ねた記憶がないのも情けないです。健康寿命が長くなった現在も、病魔の前には長生きは許されません。母は存命なら九十代半ば。まだまだ私のことをあれこれ気にかけてくれていたようにも...九月十六日

  • 少し見方をかえて、

    こんにちは。先日は、こちらでも地震がありましたが、昨日は岩手県を震源地として東北地方一帯が揺れたとお昼ころ報じられていました。それのみならず、台風が去ったあとも、あちこち、まだ集中豪雨があるとの予報を聞きます。地球温暖化がそもそもの原因らしいです。森林伐採も、森林の無防備に育ちすぎるのもどちらも豪雨にとって大敵・・・らしいですが。自然の驚異、ではなくて脅威ですね、それを前にすると、自分の存在を何とか自力で守ることのみを念頭に置くべし、に尽きます。さて、本日のお題になります:大袈裟に構えてしまいましたが、なんてことはありません。ガラケーをふりかざして、いつも撮ろうとする被写体を、少しだけ角度をかえたり、ちょっとだけ場所をずらしてみて、撮ってみた結果をご披露します。場所は変わらず、陋屋です。自宅から持参した熨斗蘭を...少し見方をかえて、

  • 倍返し

    「倍返し」という言葉が、テレビドラマを通じて周知されているようです。日ごろ、あまりテレビに親しんでいない私は、そのドラマの詳細は関知に至りませんが、「倍返し」の意味については、想像できます。昔話の中に鶴やらお地蔵さまの「恩返し」の美しいシーン。と共に、赤ずきんちゃんの中では、悪いオオカミのお腹が切り開かれ、食べられたはずのおばあさんが無事脱出され、お返しに、石でお腹をいっぱいする、というシーンも鮮やかです。私も実は、「倍返し」の恐怖に怯えたこの2週間でした。実際は、何かあったわけではないのですが、不安と恐怖のために、精彩を欠いた日々を過ごすことになりました。「ネコの倍返し」が気になって、あの現場には、再び行くこともできず、それどころか、毎日または隔日の日課として行っていた陋屋にも近づくことができなくなりました。...倍返し

  • 熨斗蘭

    こんにちは。ここのところ、さらにいっそう、インドアそのものです。陋屋にスズメのお米をやるのと、ヴァイオリンのお稽古のと、のために、お盆前までは、なるべく一日一度は行っていました。スズメが来ないこと、ネコのお産騒動、そしてヴァイオリンを自宅に持ち帰ったこと、などありまして、ずっと、陋屋にはご無沙汰しています。次に行ったら、まず、蜘蛛の巣がそこここにはりめぐされているだろうな・・・憂鬱です。自宅には、熨斗蘭が今年は多量に咲きこぼれました。何本も切ってきて、自宅のあちこちに投げ入れています。葉っぱが清々しい(蘭ですからね)ので、さまになります。今季最初に摘んだのは間違いなくこちらへ。玄関ホールには庭から一瞬にして摘み取った(蚊が怖い)他の雑多のと一緒に、今これを書いている机上です。何の変哲もない日常です。ただ、熨斗蘭...熨斗蘭

  • ああびっくり、、、😢(T_T)

    「心霊スポット?」なる前回の仰々しいブログ記事に、お寄せ下さったコメントのお返事をしている前後に、事件は起きました。事件発覚前です:中門にの薄を入れてそうだ、水を打とう、ホースで勢いよくいくかな、表門から入ったところ。つわぶきにホースの水をあげました。焼け石に水、くらいにすぐに乾いていきます。水不足化愛情不足か、鉄線が咲きませんが、伸びてはいます一番気になる最近のスズメの来訪の減少。だれかが、今は郊外の田んぼではそろそろ稲刈りでスズメは落ちたお米をついばみに、移動しているんだと言ってくれましたが、、、土間に撒いた分は一掃されてあったので、また加えました、石灯篭の中のはそっくり残っています。気になるのは、お米の間に足跡?状の輪っかが見えること。ネコとかが来てる?と一瞬注意深く見ると、真っ白な長いネコの胴体が目の前...ああびっくり、、、😢(T_T)

  • 心霊スポット?

    インターネットで気になる地名を検索のボックスにいれてみました。すると、いくつかヒット。〇〇神社跡、心霊スポット、というのが概要です。その神社跡?だったら、確か昨日通った、というより、下の道路から仰ぎ見た高くなった土地の標識で記憶があります。私は昨日午後、夕刻も近い4時半ごろ、家人のたっての希望で、隣市、当市から少しだけ北よりの日本海に面する市の、とある場所に参りました。家人は、おじさまたちが一度は乗りたいというトヨタ車を多年愛用しています。現在の車は、新車から7年、先日車検から帰ってきたとき、ハイブリッドカーは、もう少し距離をのばして、運転されるともっと効果があがりますよ、バッテリーのもちもよくなります、とコメントがありました。その前の同じ車種(ガソリンカーでしたが)の車は7年で乗り換えていますので、今のはサイ...心霊スポット?

  • ご褒美

    またもや、到来物がございましたので、自分に甘ーーーくして自分へのご褒美ということにします。もう日付が変わったので、昨日のことになりましたが、21日というのは、お寺さまの月二回の月忌参りの日の一つです。自宅には、お仏壇はなくて、わずかに自分で決めているある場所・・・鋳物製の観音像を置いている例の場所には、朝夕手を合わせたり、黙礼したりして、心のよりどころにしています。お花も欠かしません。お寺さまが月2日、お参りにいらっしゃるのは、自宅から1㎞くらい離れたところにある陋屋・・・いつもながらの説明ですが、明治5年築のだいぶ、がたがきている平屋の寓居です。非常勤ながらそれなりに定時の仕事を持つ私より、家人が、このお寺さまの月忌参りの接待を担当してくれるといいのですが、それにお参りは、家人のご先祖様をまつってあるお仏壇で...ご褒美

  • 到来物あれこれ

    こんにちは。暑すぎる昨今は、食品を安全に保管することに気を使います。つい、2,3日前に思わぬ到来物がございました。今頃になって、画像一枚もないのが悔やまれますが、せめて記事にしておきたいと思います。鯵のとれたてを差し上げたいので・・・と知人から連絡がありました。私の知人ではないので、詳細は不明ですが、私がどんな人間か相手は全く知らない。こんなとってつけた表現をしたのは、どうやら、鯵のとれたては、2時間前日本海に泳いでいらしい。。。知人の「釣果」(ちょうか)なのです。えーーー、生の鯵をいただくの、内臓だして、塩焼きにでもするの?たたきは、私には作れない、三枚におろすなんてことも無理無理。だいぶ昔に家人が会社人間だったのに、上司?かだれかに道具までいただいたか、買うための指導を受けたか、で釣りに親しんだ一時期があり...到来物あれこれ

  • かのん

    私は、夏と冬のどっちが好き?と聞かれたら、迷わず「夏」と答えるでしょう。寒いのが苦手です。暑い方はまだまし。夏は色彩が豊かです。冬は枯野と枯れ土に咲く花を待つだけ今年みたいな夏でも大丈夫?ええ、炎天下仕事しないで済むのなら。暑くて、お風呂はシャワーで済ます、というご仁もおおいらしいですね。私は、浴槽に腰から下を沈めないと、湯冷めしそうな臆病者です。冷たくてさっぱりしたものは、猛暑の食卓に相応しい(はず)私は、お漬物以外は、あんまり野菜を生で食べません。でもたくさん、毎晩、野菜は摂っています。オーブンのグリルで、野菜とお肉、または野菜とお魚、を蒸し焼きして、梅オイルドレッシングとか、ポン酢であちあちの野菜などいただきます。水分摂取を十二分に、とは、熱中症対策の常套句。私はお水もお茶も冷たいのは飲みません。ハーブテ...かのん

  • 善人ばかりの家庭ではよくケンカする!?(続編)

    続編なんて仰々しいタイトルまでつけて、私も、ほんと、物好きだわぁ~~と半ば呆れ、半ば、どうしても明るく終わらないと、と自分を奮い立たせます。二人の兄たちは、それぞれ、首都圏にマイホームを持ち、自分たちの子どもの教育に余念がない時期を迎え、あるいは、兄は、母の気持ちもわかるようになってきたようでした。母もケンカしてまでわかる相手として、義姉でなく、兄を、なんといっても実子ですしね。ケンカして、よく話し合って、ケンカ以前より余計仲良くなるなんて、あり得ない、と、私はここでも意地悪性悪説ですね。そんな母の一代を間近に見てきた私は、いよいよムスコが自分の家庭を持つという時、一つ心に難く決めました。「お嫁ちゃんとは、一度たりともケンカしない。どんなことがあっても互いに悪意を一瞬でも持つことを避けたい」と誓ったのです。母は...善人ばかりの家庭ではよくケンカする!?(続編)

  • 善人ばかりの家庭ではよくケンカする!?

    おはようございます。昨夜、ふとしたことで、以前よくやっていたゲーム機3DSをどこにしまったか気になりだして、探したら、ピアノの椅子の下にありました。表面の色が変色するくらい、ずっと手にしなかったのは、自分にとって必ずしも喜べないことかもしれません。ステイホームの流れは、コロナ収束のあとも一つの生活様式として残るかもしれません。その時、ゲームにうつつを抜かすのもひとつの手でしょう。囲碁将棋など高尚なゲームの方がよりいいのは分かっていますが、相手が必要なものは、限界があります。で、久しぶりに少しだけやってみたら、以前と違って続かないのです。妙に頭が痛くなります。目から来るのか,3次元の画面に慣れないからなのか、すぐにギブアップしました。ベッドに入ってからも、目の奥がちかちかして、頭も重く、寝つくことができません。日...善人ばかりの家庭ではよくケンカする!?

カテゴリー一覧
商用