chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
最終章だけど、、、 https://blog.goo.ne.jp/poco_a_poco_2019

日々思うこと タイトルどおり、最終章になるはずですが、 すまいる & すまいる を目指したい。最期まで

ぽこ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/04/13

1件〜100件

  • 十両、百両、万両

    暦が新しくなって、水無月から文月へ。文字通りの雨知らずは、このままお湿りなく続きそうです。3枚の画像をお示しします。上から順に、十両、百両、万両です。自宅の草ぼうぼうの庭の一角に今、可憐な花をつけています。全て、植物図鑑的には、ヤブコウジ科に属します。たった十両の小さいのが原種になるのですね。百両は、別名カラタチバナともいわれます。私は、これを橘だと間違って覚えていて、前回の橘の花の紹介のあとで、そういえば、ヤブコウジ科はミカン科と親類なのか、とちょっと調べて、私の記憶違いだと分かったのでした。橘は、ひな壇で桜と対になって飾られるあのたちばな、で柑橘系の実をつけています。百両のカラタチバナは、橘に似ている花や葉っぱからそう呼ばれているようです。実は、十両、千両、万両と同じく赤い小さな何とも趣のあるものです...十両、百両、万両

  • 夏は来ぬ

    こんにちは。いきなり、暑くなりました。今日は、お寺さまの月参りの日です。今週は、火曜日が、バイオリンのレッスンでした。いつもこの陋屋に置いている楽器を取りに寄り、それ以来、4日ぶりの陋屋になります。気になっていた落葉も大したことなく、葉っぱがしおれていることもない庭に安堵。土間に水を打つのはやめて、箒でさっと、掃きました。仏花をはじめとして、お花のスピード活け替えをしました。自宅から持ってきた菖蒲と矢筈薄などありあわせの花材です、いつものように。お仏壇の蠟燭に火を灯して、お線香を焚き、自宅から持参したお茶菓子を懐紙に乗せてセット。T-falでお湯を沸かせば、準備OKです。お寺さまからは、この時期に恒例であったものの、この3夏は、ご時世でとりやめになっていた行事への参加費用のお話があり、ずっとお志提供のみの...夏は来ぬ

  • やはり、気になって・・・

    その昔、体形による?性格判断、とかで、クレッチマーの性格判断というのを教科書(保健の?それとも倫理社会の?)で見たことがあります。それから半世紀くらい経っても、性格判断の中で明瞭なこと、(自身について)があります。それは、自分が決して粘着質の性格ではないということです。決していい性格といっているのではありません。飽きっぽい、いい風に言うと、諦めがいい。集中してものごとに取り組めない。たぶん、粘着性のなさについては、自他ともに認められる部分だと思います。その私がですよ、今夜は気になって、、、キョウカノコ(京鹿子)のあの可憐なさまを画像で紹介することができなかった。まだ花屋さんにあるかどうか(時期が勝負ですものね、お花は)わかりませんが、あったら、買ってきて活けかえて、写真に収めたい。とりあえず、その前にウェ...やはり、気になって・・・

  • プラチナ・ジュビリー

    在位が70年4か月になられるという英国エリザベス女王のお祝いは、プラチナ・ジュビリーと言われ、英国内のみならず、世界中から祝意が届けられたそうです。パディントンの登場や、その際の女王のすてきな対応も、お見事でした。タータンチェック(これは正確にはスコットランド産なのでしょうが、バーバリーやダークスは、UKの看板でもありますし、)と紅茶が大好きで、英国も好きになった私です。ムスコには3歳から18歳までダッフルコートを着せました。ただのミーハーとして、女王殿下をお祝いするのも不謹慎ですが、遠く東の外れより、祝意を表したいと思います。日本の皇室でも、昭和天皇の即位60年のとき、お祝いがいろいろな形で、行われました。記念硬貨以外に、西陣織の掛物を求めてお正月に飾っています。今回は英国のことだし、六月のバラというこ...プラチナ・ジュビリー

  • 定家葛が今が盛りです♬

    我が家の門柱辺りにはこの季節、テイカカズラが満載です。葛ですから、つる状に上に下に左に右にとまきまきしながら、葉っぱの色が時々紅葉しているところもあったり、小さい白い花の十字に回転しているさまも美しいです。梅雨に入るともうこの白い花は朽ち果てて、葉っぱの身楽しむことになります。ほんのひとときの花の命、とはよくぞ言ったもの。ところで、少し高揚した話題も報告しましょう。五月八日、世間では母の日の話題が聞かれました。さざえさんの磯野カツオくんもわかめちゃんと、タラちゃんと一緒に台所に立ち、おかあさんのためにハンバーグを焼いていたのが、なぜか、記憶に残りました(笑)どうせ、私には、何もないものね、ムスコも結婚したらもう他人と思うようにしているけれどちょっと寂しい。数日後、宅急便が届きました。バウンドケーキです。src=...定家葛が今が盛りです♬

  • 五月アラカルト、わたしの場合

    心の友、と歯の浮くような言葉しか生じてこないので、敢えて申し上げますが、心の友ともいうべき、ブログ友さんが先日更新されたブログのタイトルが、「五月のアラカルト」でした。それはちょうど大相撲の今場所の中日頃、半月分のアラカルトのようでした。2週間でいくつか話題が心に残って記録できるほどある、それが特別なことでなくても、否、ごく日常茶飯事であれば猶更、記録できるのがすばらしい、というか、露骨に言うと羨ましい。←浅ましい私(;^_^A汗それから2,3日過ぎて、ふと、私も書いてみようかしら、と思いつきました。私の半月分のアラカルトは、もの探しに始まり、もの探しに終わりました。掃除をしようと、ソファの下に掃除機の管を伸ばしても、ごみ袋一つ分くらいの断捨離ならできるかしら、と特定の箪笥2竿分だけ不用品をチェックしていても、...五月アラカルト、わたしの場合

  • 「お」から始まる言葉 続き

    どうでもいい身内の話がつづきます。「お」から始まる言葉第二号の花「親ばか」ではないと、とてもここまでできない話GW中は混雑が予想されるから、と四月の下旬に、ムスコが帰省、ではなく、3時間の顔見世興行に来ました。といっても、我が家に来たのではなく、金沢は犀川べりの、とある一軒の宿です。そこは、一組の客のみ受け入れる和風の落ち着いた家でした。一階にも二階にも3人は泊まれるベッドルームがあり、二階には絞り丸太の床柱のある立派な続きお座敷もありました。一階のフローリングのリビングダイニングにご一行の主役の彼女が鎮座しておりました。自宅から高速道を使ったとはいえわずか50分で到着した私たち二人は、主役の彼女のお土産をちらつかせて、ご機嫌伺。ムスコ夫婦の愛犬柴犬女子は、前回は福井まで何とかたどり着けました。今回は少し距離を...「お」から始まる言葉続き

  • 「お」から始まる言葉のささやかな花束?

    タイトルの中に少々の矛盾を覚えつつ、記してみます。矛盾の謎解きは後ほど、ということで。「お」から始まる言葉第一号の花五月一日は、私の住む市の年に一度の祭礼です。4百年位前の開町は、前田利長によって行われました。梅鉢が紋になっています。牛もいます。天満宮の系列ですね。https://www.takaokasekinojinjya.com/伝統を守って保存されている曳山のお披露目が五月一日のその日のみ。ですが、、、今年は雨のために市も苦渋の決意のもと、取りやめになりました😱いつも登場する私のセカンドハウスの陋屋はこの神社のごくごく近くにあります。五月一日の当日は、人も通れないくらいの人出、神社へのお参りではなく、全国から集まる屋台がお目当てです(笑)私もまよたこ、というたこ焼きを買いたいと思っていましたが、たった1...「お」から始まる言葉のささやかな花束?

  • 「お」から始まる言葉のささやかな花束?

    タイトルの中に少々の矛盾を覚えつつ、記してみます。矛盾の謎解きは後ほど、ということで。「お」から始まる言葉第一号の花五月一日は、私の住む市の年に一度の祭礼です。4百年位前の開町は、前田利長によって行われました。梅鉢が紋になっています。牛もいます。天満宮の系列ですね。https://www.takaokasekinojinjya.com/伝統を守って保存されている曳山のお披露目が五月一日のその日のみ。ですが、、、今年は雨のために市も苦渋の決意のもと、取りやめになりました😱いつも登場する私のセカンドハウスの陋屋はこの神社のごくごく近くにあります。五月一日の当日は、人も通れないくらいの人出、神社へのお参りではなく、全国から集まる屋台がお目当てです(笑)私もまよたこ、というたこ焼きを買いたいと思っていましたが、たった1...「お」から始まる言葉のささやかな花束?

  • コロナがもたらした被害

    今更、こんな話題もどうか、と思いますが、以下、あくまで私見、といいますか、私自身や、私個人の生活に及ぼされた弊害を挙げてみます。悪いこと、悪くなったこと(コロナ以前に比べて)を全てこの疫病のせいにするのもあまりにも身勝手とは心得ておりますので、特に確信していることのみにしぼってみましょう。世間一般では、経済の翳りが、取り沙汰されました。特に外食産業や観光事業、航空、鉄道事業など、言わずもがなの大打撃を受けています。概ね年金で生活している私どもには、経済の影響よりも世相の暗さの影響の方が大きかったように思われます。コロナ禍以外にも、他人事といえないような世界の不穏な空気、天災ではなく実は人災だった、そんな事故の悲惨さ、等々、心を暗くすることがあり過ぎます。列挙を敢えていたしません。やっと本題に入ります。私が受けた...コロナがもたらした被害

  • コロナがもたらした被害

    今更、こんな話題もどうか、と思いますが、以下、あくまで私見、といいますか、私自身や、私個人の生活に及ぼされた弊害を挙げてみます。悪いこと、悪くなったこと(コロナ以前に比べて)を全てこの疫病のせいにするのもあまりにも身勝手とは心得ておりますので、特に確信していることのみにしぼってみましょう。世間一般では、経済の翳りが、取り沙汰されました。特に外食産業や観光事業、航空、鉄道事業など、言わずもがなの大打撃を受けています。概ね年金で生活している私どもには、経済の影響よりも世相の暗さの影響の方が大きかったように思われます。コロナ禍以外にも、他人事といえないような世界の不穏な空気、天災ではなく実は人災だった、そんな事故の悲惨さ、等々、心を暗くすることがあり過ぎます。列挙を敢えていたしません。やっと本題に入ります。私が受けた...コロナがもたらした被害

  • ちょっと食傷気味になった出来事

    ここで言う「食傷気味」は、元来の意味です。つまり、ここのところ、マイブーム?でもないですが、思いがけずにあるものを食べ過ぎて、腹も身のうち、を実感したという暴露話です。写真はありません。しばらく、見る気もしないので画像に残すこともしませんでした。正直なところは、最初口にしたとき、あまりに美味しいので、楽しみたいと、乗せるお皿も吟味して、画像に残す気満々でした(笑)正式な商品名は知らないのですが、抹茶入りロールパンのような名称です。地元ではすぐ売り切れになるパン屋さん製です。家人が、抹茶とパンはマッチしないと判断するも、その日店頭には、このパン以外、他のパンは残っていなかったので、買う気になったそうです。私はもともと、白ごはん党なので、このパンも私が口にするつもりはありませんでした。家人がやはり、抹茶とパンは相性...ちょっと食傷気味になった出来事

  • 4月8日と4月17日

    4月8日は、お釈迦様のお誕生日。4月17日は、イースター復活節お釈迦様のお誕生日は決まった日ですが、キリストの復活節は毎年の暦で違います。毎年「春分の日以降、最初の満月から一番目にくる日曜日」と定められています。ちなみに日本のイースターの日にちはグレゴリオ暦を用いた2022年4月17日です。私は信徒ではありませんが、ムスコが日本キリスト教団に属する幼稚園で3年半お世話になって、その後の彼の人生にも少なからず、イエス様の存在は影響したので、何かと関わってきました。イエス様の復活を信じない限りは、信者にはなれないともいわれるくらい、ある意味クリスマスよりも大切なのがイースター。幼稚園では卵に色付けをしたり、復活劇をオペレッタ風に演じたり、で少しの宗教教育と、大きなお祝いパーティー気分を味わわせてもらいました。当時(...4月8日と4月17日

  • 文部省唱歌『冬景色(ふゆげしき)』

    さ霧消ゆる湊江の舟に白し朝の霜『冬景色(ふゆげしき)』は、1913年(大正2年)刊行の「尋常小学唱歌」第五学年用』に掲載された文部省唱歌。歌詞の季節は冬の初め頃、1番は水辺の朝、2番は田園の昼、3番は里の夕方が描写されている。2007年(平成19年)に「日本の歌百選」に選ばれた。さ霧消ゆる湊江(みなとえ)の舟に白し朝の霜ただ水鳥の声はしていまだ覚めず岸の家烏(からす)啼(な)きて木に高く人は畑(はた)に麦を踏むげに小春日(こはるび)ののどけしやかへり咲(ざき)の花も見ゆ嵐吹きて雲は落ち時雨(しぐれ)降りて日は暮れぬ若(も)し灯火(ともしび)の漏れ来(こ)ずばそれと分かじ野辺(のべ)の里一番の歌詞の意味「さ霧」とは、霧のこと。秋の季語。狭霧とも書く。「さ」は語調を整えるための接頭辞。「さ霧消ゆる」で秋の終わりを意...文部省唱歌『冬景色(ふゆげしき)』

  • 近況、といっても格別ごほうこくするまでもない

    淡々と過行く日々です。日ごろ、閑古鳥のなき声には、事欠かない当ブログに律儀にコメントを残してくださる大切なブログのお友達は、そうです。その数は少ない上に、こんなしょうもないブログのために、貴重な時間を割いてくださる心優しき奇特な面々でいらっしゃいます。本日、その中のお一人が、藤子不二雄A氏の訃報に寄せて、哀弔のブログをアップされていました。ご本人の許可なくここに張り付けておきますが、こちらになります。https://ameblo.jp/slimerider/entry-12736199238.htmlいただくコメントに比べると何とも誠実さに欠ける雑な感想に対してこのブログ主さんは、コメントを私のこのブログに貼り付けちゃいましょう、とご提案くださいました。早速実行しようとしている私を笑ってご覧くださいませ。藤子不...近況、といっても格別ごほうこくするまでもない

  • 油断大敵2

    大した内容でもないので、油断大敵に付記しようと思いましたが、それも面倒くさくて、新規投稿ボタンを押しました。本日は、月に二度ある月忌参りの日。次回はちょうどお彼岸のお中日ですが、いつもどおりにお越し願えるそうです。お帰りになる際にご住職さまが仰っていました。先日来の暖かいのがウソのように、いきなり真冬と見まごう北風の強い中、中門から外まで傘をさしにくそうにして、出ていかれるのをお見送りしました。携帯電話の待ち受け画面は、私の場合は何も仕様が施されていません。日付、時刻があるのみ。下には、歩数計・アラーム・Wi-Fiのアイコンがあります。滅多にあけませんが、思いついて歩数計をぽちっと開けてみました。3月に入ってからの履歴をここに記してみます。3月1日(火)5歩3月2日(水)32歩3月3日(木)0歩3月4日(金)1...油断大敵2

  • 油断大敵

    油断大敵

  • 幻ならぬ神奈川県立横浜翠嵐高等学校

    アクセス数などのチェックが念頭にない私ですが、かつて幻の神奈川県立横浜翠嵐高等学校をアップしたのが、今更、アクセスしてくださる方が増えています。卒業、入学のころだからかなあ、と思っていましたら、なんと、神奈川県の公立高校の中で、東大合格者数がダントツトップ。30人近い数だそうです。翻って、私の時代は、神奈川県立、とくると、湘南高校が受験に強い有名校でした。ひょっとして、あのとき、すんなり、翠嵐生になっていたら、「頭いい~~」と美しい誤解をされることも可能だったかも(笑)良人のもとに、サンデー毎日でも買って持っていこうか、と一瞬思ったものの、売店もあるだろうし、ま、もうどうでもいいことだからね、と、家で読みかけの文芸春秋をキャリーカーの底に置いたのでした。神奈川県立とくると、私的には、橋本高等学校と続けたくなりま...幻ならぬ神奈川県立横浜翠嵐高等学校

  • 雪吊り撤去

    写真は、兼六園の池の近くにある木の雪吊りを、外している図です。昨日から、金沢市内500有余の箇所で雪吊り外しが始まった、と報じられていました。拙宅も陋屋もやはり昨日、雪吊りから木々が解放されて、折柄青空の下、どの木もにっこり笑ったり、背筋を伸ばしたり、しているように私には思えました。その前日、職場の友人に誘われて当地の公園の中の梅園も見てきましたが、花はほぼ一斉に咲いていました。ここの雪吊りがちょっと窮屈そうで、少しだけ可哀そう、とちらっと思った私でした。お濠沿いのツバキは、雪の中、ほぼ誰にも気づかれずに咲いて、今は、散り逝くさまをあちこちに残しているだけでした。梅園は、たくさんの人がカメラ持参でやってきていたので、たまには、主役でよかったね、とも思いました。そう日にちを待たずして、桜のために人々が寄ってくるこ...雪吊り撤去

  • 雪見兼梅見

    前回の「雪国なんですけど」を書いている時には、まさかこの時期にこれほどの積雪が見られるとは思ってもみませんでした。あと1週間しないうちに弥生三月、まさか50センチ近く一日で降りてくるとは。寒さも半端なく、今朝はマイナス3℃、軒先からは、雫でなくつららが下がっていました。とはいえ、「北風と太陽」は、真理でした。日の光が届く限りはどんどん、溶けてくるのです。今朝は、マイカーの運転を諦め(①車の雪除けが面倒②圧雪によるスリップが心配③校地内の駐車スペースが確保できるか確信なし)アッシー君の出動となりました。①~③の心配は結果としてなかったように思いますが、うっかり忘れていたのが、今週は、県立高校の志願期間。県内あちこちの中学校の先生たちが、出願にこられます。マイカーで行かなくてよかった、と安堵しました。自分の出題した...雪見兼梅見

  • 雪国なんですけど…

    雪国なんですけど…

  • ま、まさかの糟糠の妻?

    おはようございます。今夜電話してもいいでしょうか?というメールをいただき、昨夜はそのお付き合いと、フィギュアスケート観戦との両刀使いでした。どんな話を聞いてそれにどう応えたか、の記憶もほぼない状態で、(時流の)ジャンプのスキルよりむしろ、技術と表現の完成度を示したいとの日本の選手に銅メダルが・・・で安心して寝落ちした私でした。北京オリンピックでもとりわけ悪名高いトッププレイヤーになってしまった若きロシアのホープは、最終出場、誰でも知っている「ボレロ」に合わせて何度も4回転を高く舞う・・・はずでした。が、、、あまり考えないで、眠りに落ちたのはよかったです。とにかく早めに寝てしまったために、早起きも度が過ぎた3時半、に覚醒しております。外に出て、庭があまりに明るいので見上げると、アカマツの枝の間から満月のお月さまが...ま、まさかの糟糠の妻?

  • 干し柿あれこれ

    今年になって、はじめて外出したのは、6日でした。三が日も過ぎているのに漸くの初詣で。神さまも呆れられていたかもしれません。東京をはじめとして、関東地方に大雪警報が発令された日でもありました。こちらは快晴で、立山連峰の美しさが自宅の2階の窓からも楽しむむことができました。海岸部まで足を運べば、「けあらし」が、雨晴海岸で見られたようでした。翌日7日は、干し柿を求めに買い物に出ました。お歳暮に送ったのは、「福蜜柿」。南砺市福光で作られるお菓子のように甘い干し柿は、光でなく蜜という漢字を充てて称されています。時期は年末頃にはもう求められません。代わりに店頭に出るのが、「あんぽ柿」それもとても贅沢な甘さが評判です。7日に、当市で最も古い八百屋さんを訪れて、買いに行ったのがそれでした。でも、その前日にもう市場から「あんぽ柿...干し柿あれこれ

  • 事始め

    事始め

  • ドキュメント72hours 年末特別放送

    毎週金曜日の夜、放映される72hoursを、ほぼ逃さずに見てきました。なぜか、心惹かれる番組です。ドキュメントなのに、ドラマティックといいいますか、製作者側の「思い」をあちこちが感じられ、視聴する私もうるうるしたり、思わず手を叩いたり・・・今日の番組は、かなり話題になった(言ってみると人気が高かった)ものが取り上げられ、再放送として編集されたようでした。日中、バドミントンの決勝戦を夢中で見入ってしまった反省から、それ以降はテレビをオフにして雑事に忙殺されていました。私が今日見ることができた72hoursは、湘南鎌倉総合病院のコンビニからでした。どうやらこの回を見過ごしていたようで、新鮮な脅威を覚えつつ医療現場のさまざまな72時間を院内のコンビニから見せてもらいました。医療現場で医療を施す立場で働く人、医療を受け...ドキュメント72hours年末特別放送

  • 行く年に思うこと【本題】

    タイトルから大仰に記しました。幸いにも年末の寒波が当地に与えた影響はさほどでもなく、家の前の道路は、真っ黒です。雪かきひとつしないで、生活が可能なのは、たぶん1000戸くらいにはなる3つか4つの自治会(町内会)の集まりで、多少市からの助成も、もらっての融雪装置のおかげだろうと改めて思います。間口の長さによって、あと角家には少し負担を配慮して、各戸の負担した設置費用は、1mあたり1万円くらいだったでしょうか。拙宅は、20万円くらいの割り当てだったように記憶します。維持管理のために年4000円の会費も納めます。たぶん、30年くらいにはなる融雪装置ですが、二度ほど、井戸の鑿泉を重ねました。そしてこの会の構成戸数が、相当激減しているのでは、と、憂慮されます。先程1000戸くらい?と申しましたが、きっとその2割か3割減は...行く年に思うこと【本題】

  • 行く年に思うこと【序】

    今年のクリスマスは、土曜日でした。後ほど、その理由を記すつもりですが、午前中は、バタバタ過ぎて、気づくと3時。おやつタイムはおざなりにせず、しっかり楽しみました。確か4時閉店のJAのお店、今から行っても大丈夫?今のところ何とか曇り模様を保っている空も今夜から2,3日は寒波襲来をまともに受け、明日は60センチの積雪の予報も出ている。何しろ明日の予想最高気温がマイナス2℃、最低予想気温はマイナス5℃。路面の凍結は免れないでしょうから、やっぱり今日のうちにJAへひとっ走り、と決行しました。花屋さんに扱っていないJAの品は、それを育てた人の名前入りの枝の癖の悪く曲がった松とか、山帰来とか、それこそ取れたての枝や花々が無造作に売られているのです。すっとまっすぐな若松はありませんが、柳やサンゴジュはまっすぐに数本ずつまとめ...行く年に思うこと

  • 手作りのプレゼント♪

    こんばんは。今日は冬至。覚悟していたからか、意外と寒さを覚えない一日でした。自宅の庭の剪定と雪つりが終わったのは先週の好天下。その翌日10センチの積雪、初雪でした。陋屋は、今朝着手する、とのことだったから、何とか降らないといいなあ、と空を仰いで、勤務先に急ぎました。(陋屋の鍵は、自宅ポストから受け取ってくれます)10時のお茶には間に合わないけれど、お昼にはおいしいお茶を淹れ、リンゴをむこう、と帰路を急ぐつもりが、今年最後の仕事の今日のクラスに相談したい人がいる、と担任に帰路をストップされました。先日の保護者会で、何か愚痴?あるいは苦情?を言われた雰囲気でした。えーーーーー何か失策があったかな、わたし、とその生徒の顔を思い浮かべてみるも、特に、思い当たることもなし。しかし、そんな時にうっかり私が失言とか気づかずに...手作りのプレゼント♪

  • Happy Birthday to わたし

    この前の日曜日は、寒くはありませんでしたが、生憎の雨模様。ほぼ2年ぶりになる息子夫婦との逢瀬に、互いの住まいからほぼ等距離の、高速道のSAを決めていました。ドッグランが上りにも下りにも併設されているのがそのチョイスの理由です。雨模様が予想された時点で急遽、場所の変更となりました。最初のSAより50キロほど東寄りの福井市内のドッグカフェとなりました。予約した時間より30分ほど早めに着いた私たち老夫婦は、先客のコーギーなど見させてもらいつつ、デザート(確かクレープと紅茶にしたっけ・・・忘れました(-_-;))まもなく、私たちにとってはルーキーの息子夫婦のご自慢の登場。紙おむつをさせられたのが気になるのか、あまり本調子ではないようです。ただ、吠えたり、ウロウロしたり、何か口にしたがったりしないで、お行儀が良すぎでした...HappyBirthdaytoわたし

  • 共感

    12時半に、友人が、陋屋にやってくることになっている。徒歩ゆっくりでも15分あれば、十分間に合うので、ここ(自宅)には正午まで居ることができる。こんなふうに記すと、まるで今から友人を迎えるのがそう嬉しくもないような自分自身が見える。2日ほど前に、所在なく過ごしていたら、この友人から電話があり、「コロナもだいぶ下火になってきたし、例のお茶会をしません?つきましては今度の土曜日にでも」とのお誘いというより、提案がなされた。嗚呼、私はこんな時、考えもせずに答える癖がある。「まあ!嬉しい!お待ちしているわ!ランチはいつものところ?私が予約を入れておくわね」私はその時、嬉しくないのにそう言ったはずがないのだ。ただ、格別嬉しかったわけでもない。折角の申し出だから応じたい、と咄嗟に反応して、ほぼ間髪を入れず答えることとなった...共感

  • たった今、電話がかかりました。

    固定電話です。コードレスで小ぶりの電話機のナンバーディスプレイの液晶画面は今では、機能していません。子機だから?親機はファックスつきで隣室にありますが、液晶画面は見えたかも、ただし、ファックス用の用紙を補充していないので、送受信できないです。むしろ、電話機の横のプリンターでコピーを取るのが、その部屋に行く一番の目的。家の中では都合3台電話機が鎮座していますが、ほぼ、かかってきません。冒頭の電話は、帰ったばかりの歯医者さんの奥さまからでした。コートをお忘れではありませんか?との用件です。フードもついた軽いコートを着て歯医者さんに伺い、終わってお支払いと診療予約しましたら、コートを着ていたことももちろん、持ち帰ることも忘却の彼方に追いやられていました。。。やはりだいぶ認知症も本物の領域に入ってきているのでは、、、と...たった今、電話がかかりました。

  • 芭蕉2(訂正版)

    芭蕉の木がいわば寒冷地に育っているなんて、本当に不思議だわ、と思いつつ、家人にあの葉っぱの名前知っている?と聞きました。いとも平然と「バナナの木」いや、「ミニバナナの木」じゃなかったっけ、とのたまうのです。やはり、芭蕉の木というのもあり得るのかも、、、どこか事実詐称のにおいもいたします。根拠はありませんが。すると「悪い悪い、実はこの葉っぱの件は我が家の逸話のひとつなんだ」と家人が笑いながら付け加えました。なぜか、当時、幼かった義母(家人の母です)をからかって、母の大叔父さまが、「この木は、バナナの木だよ。日本には珍しいんだけど、そう、正確にはミニバナナの木というんだ。そのうちきっと小さいバナナがなるから、お利口に待っていてね」とまことしやかに、説明されたそうです。この大叔父さまは、鹿鳴館にも出入りしたハイカラさ...芭蕉2(訂正版)

  • 芭蕉

    いえいえ、俳人のあのお方のことを話題にするわけではありません。大きな葉っぱがむしろ邪魔な気さえする植物の芭蕉、日本版バナナともいわれている、と聞いたことがあります。風情も何もあったものではありません。しいて言うと、芭蕉布という恐らく芭蕉を染めたり織ったりしたもの、は、そこそこ知られているらしいです。知人に、屋久島の方からもらった手作りの芭蕉布のシャツ(1点で百万円くらいはすると聞きました)を着ている人がいて、知らずに褒めたら、「これ芭蕉布なの。気づいてくれてありがとう!」と喜んでいただきました💦汗無知の極みでした。中間考査の代用に、と上からの指示でしかたなく出題、持ち帰った答案をためこんで、いつもの陋屋にやってきた私。(まだマイバッグの中にいます)この季節ですから、一応、落ち葉を中心に、家の入口までの土間を掃く...芭蕉

  • 罰あたり?

    こんにちは。まずは、この画像をご覧あれ。ドキドキしながら思い切って、ポチっと。罰あたり?

  • ウィズ コロナ 続き

    だらだら続けます。自宅から、前述の紫式部(我が家のは、晩秋20センチくらいのところで切りそろえるのですが、秋口には120センチくらいになりどの枝もたわわに紫の実をつけて名前の楚々とした風情なし)と、矢筈薄、孔雀草、萩など持参しました。陋屋の中庭でこれも繁茂しているフジバカマを数本折り、さらに、ホトトギスも探しましたが目に入らず、代わりにお茶の木’(やぶきた茶)の花が5輪可憐に咲いているのを見つけ、これは手折りませんでした。ツバキ同様すぐにも落花しますから、可愛そうです。全てがお金要らずの寄せ集めの材料でいつものように活けます。-花より団子とはよくいったもの。陋屋の近くの八百屋さんで、秋の味覚をどっさり仕入れてきました。何だか突然元気が出た気がします。3日前ですが、マツタケごはんを奮発。お吸い物は、湯葉(乾燥)と...ウィズコロナ続き

  • ウィズ コロナ

    東京の新規発症者数が60名となった、とニュースで報じられました。今年になって最小数だそうです。大阪や、沖縄県も同様に数字が小さくなりました。これでそろそろ、終結?と思う人はまずいないでしょう。日本人の強みである国民性を最大限に生かしてこれからもウィズコロナを肝に銘じて変わらぬ生活を基本的には続けなければいけませんね。連日、30℃を超す暑さで、やはり、外出もままなりません。でも、思い切って夕刻、出かけた先はいつものとおり。進展がありません。玄関入口で迎えてくれたのは、相当老木かつ大樹のきんもくせい。左右にあります。真下にはそろそろつぼみを持っているつわぶき、そして左下はたくさんの赤い実をつけているまゆみの木が見られます。ほぼ正面です。左寄り右寄り数歩前進して中門へ。ここはもみじが青々と生い茂り、行く手を妨げます。...ウィズコロナ

  • 玉鷲・妙義龍

    ヘアーサロンの方々が、私の来店に間が空いたといって、気遣いをしてくださったのには、理由がありました。九月場所が始まって、私がまたまた鬱々と悶々と大相撲と戦っている、そう思って気配りをくださる優しいヘアーサロンのみなさんなのです。ヘアーカラーの色をだいぶ濃くしました。言い訳ですが、寝たり起きたりの生活感がこの散らかりようによく出ています。悪しからず・・・あにはからずや、私はといいますと、大相撲、それなりに楽しんで観戦しています。特に応援していますのは、タイトルにありますように、玉鷲関と妙義龍関です。それ以外にも貴景勝関も正代関も応援しています。遠藤・豊山など他にもいろいろ。。。実は時々、幕下や十両の勝負の放映も観戦します。来年名古屋場所に幕下で戻ってくる朝関のために、心の準備中の私です。玉鷲も妙義龍もすばらしいお...玉鷲・妙義龍

  • 胸がいっぱいになりました。

    おはようございます。先週の終わりごろ、皮膚科に参りました。ご覧のように大袈裟にも4種のお薬が投薬されました。先週半ばでしたかに、庭で急ぎ、草や花を摘んだ時、それでも無防備ではなく、虫よけスプレーを全身に噴射して、足元は長靴、両手足は長袖で、十分留意したはずです。しかし、首とそれに続く顔には噴射できなかった。。。せめて帽子の下にタオルで顔を覆うべきでした。首に刺された数か所は痒いのではなく痛いのです。それと腫れが半端じゃなくて、、いつもなら4週ごとに行っているヘアーサロンにも行く勇気が出ません。このサロンでは顔そりもしてくれるので、それがとてもしてもらえそうにない。で、皮膚科へ、と走ったのでした。高校時代の化学部で一緒だったのがここのドクター。胸の入り口も症状があったのですが、それは割愛、見せないで説明のみ。私が...胸がいっぱいになりました。

  • 重陽の節句

    2週間ぶりに、陋屋に参りました。こんなに長い間、この家を放置していたことは、あまりありません。長雨でどんなに草がのびているか、土間に枯れ葉がたまって醜いさまになっているか、恐々門の戸を開けました。思ったほど庭木の伸びによる茂みの暗さが感じられずほっとしました。家の中でまずしたのは、いくつかあるカレンダーを八月から九月に替えること。今月はすでに三分の一終わろうとしているのに、わかっていたとはいえ、だらしなさを認めないわけにはいきません。花屋さんでお花を求めることなく、やってきてしまったので、各部屋のお花を活け替えるのにも庭の花では種類が限られる。フジバカマが開花直前でまだまだもちそうなので、何本か切ったり、白の秋海棠、やぶらん、みずひきそう、など手あたり次第にはさみを入れた。自宅の熨斗蘭と矢筈薄を切ってこなかった...重陽の節句

  • 足の衰えは、抗えないし、侮れない。

    朝から天気予報は、何度も、羽織るものをお持ちください、長袖がいいですね、と警告を発している。東京を中心に東日本がそうなのか、当地では、長袖は、朝晩のみ。それより、雷雨がしばしばやってきて、その度に洗濯を取り込むかどうか、思案どころとなる。上空の天気がかなり不安定なのだろう。当県では、公立の高校が12日まで夏休みが延期となり、8月31日症候群(笑)は、私にとっても2週間先延ばし。それもあと1週間を切った。ちょうど来週の今日、直立歩行ができるか、直立のまま1時間もつかどうか、怪しいものだ。そろそろウォーミングアップしないと悲惨なことになりかねない。。。そんな不安を背負って、今日はやっとこさ、重い身体をえいやっとばかりに持ち上げて、6週ぶりの職場に向かった。いつのことかもう記憶にないのだけど、すでに少しでも歩くことは...足の衰えは、抗えないし、侮れない。

  • ある日の夕餉

    ごはんと、お味噌汁以外は、テイクアウトしたものです。お店の名前は、このクッキングツールと同じです。シチューやグラタンをこの中で作ったりそのままお皿として使います。家庭に一つはあった方がいい、といえるほど、私自身にはできる料理の種類が多くありません(-_-;)💦自宅から距離にして2キロはないのですが、渋滞道路を避けられないので、クルマで10分はきついです。ほんの少し手前に同じお店がやっているパン屋さんがありますが、そこまでは歩いて15分で到着。もう少ししたら、週2くらいの割で歩こうと思います。さて脱線しましたが、本日の夕食は、このレストラン部の方でのテイクアウトにしました。20時までですし、もちろんワインなどはお店で供しません。蔓延防止等重点措置下の当県では、こうしたお店ではテイクアウトの列で込み合っているか、と...ある日の夕餉

  • Let's Enjoy Tea Time

    全国的には、上空が依然として不安定で、折角、2年ぶりに開催されている甲子園の高校野球もお空のご機嫌を伺いつつの難しいものがあるようです。特に応援する学校があるわけではなくても、何かの拍子で、放映されているのを見ると、つい、負けているところが気になってその場が離れられなくなることも少なくありません。昨日も2週間ぶりに受診したクリニックの待合室の時間はあっという間に過ぎました(笑)血液検査の結果はこの2年ほどで最悪だと言われましたが、先生にちょっと反抗的になった私でした。コロナ禍で熱中症の予防しながらマスクで、歩いたり動いたりできないからです。涼しくなったら、少しは歩くようにして生活習慣を少しは心がけます!でも確かまだまだステイホームは強いられているのですよね。。。食生活の改善も、私のような心臓系・血管系の弱点を持...Let'sEnjoyTeaTime

  • 泣き面に蜂

    8月、まだ中旬ですもの、残暑で汗ひやひやと。。。の季節のはずですが、当地の今日の最高気温が23℃だったそうで、嬉しくはありません。元気が漲ってはきません。もう一個、アイスクリーム行こうかな、という言葉も生じません。全国的に上空が不安定で、まだまだ土砂災害の発生など状況悪化のおそれがまだまだあるようです。そんな中、自分のことで、不幸ぶるのも憚られるのですが、話題の一つとしてここに書き置こうと思います。新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」の対象地域に本県も入りましたが、県民の意識がどれだけかわるか、もっと言うなら、重点措置の効果が露になってくるのか、?????しかたがないので、少なくとも(相変わらずですけれど)外食しない、外出はさらにしない、ゴミ出しにも、お隣りへの回覧板(ポストに入れるだけ)届にもマスクは...泣き面に蜂

  • 豪雨です

    コロナ禍の真っ只中にいて、この国は神さまのお怒りにでも触れているのか、あちらこちらで、一日で一か月分の降雨量を超す、というニュースが入ってきます。PCを開けると、当地でも避難勧告が目に入ってきます。心を落ち着かせて、とりあえず、陋屋まで来てみました。陋屋は城下町だった当地の本丸に程近くにあり、市内でも最も高いところにあります。まずは、浸水の心配はないところですが、3,4日ぶりですので、一応確認を。140余歳の屋根は、10数年前に葺き替えはしましたけれど、平屋故に吹き溜まりには格好で多雪になります。どこか瓦が欠けていたり、ずれていたりしていても悲しいことに雨漏りがしない限り異状には気づけません。気をつけて家中を見回って安心しました。先日自慢しました。陋屋前側(西より)の御不浄の壁に掛かったお花です。来宅する友人諸...豪雨です

  • 気分転換?思い切ってやってみてよかった

    タイトルが、誇張し過ぎで恥ずかしい。まあ、日々話題にすることもない蟄居ではしかたないかもしれません。このように、気後れしながらも、記録に残そうとしているのは、結婚して7年、夫婦二人の生活に精彩を欠き始めた頃でした。30歳を目前に、マイホームを新築することで、どんよりした生活を打開せん!と敢えてローン地獄へと身を投じたものでした。特に子供部屋らしきものを青写真に入れずに、自分たちの寝室は12畳の広さにして、照明器具を天井に二つにしたのは、いずれ子宝に恵まれたら、この部屋を二つに分けよう、との暗黙のルールを作ったようです。自宅新築の間、棟梁のセカンドハウスをお借りしていました。ちょうど半年間でした。その間に子宝に恵まれて、新しい家に引っ越してきた半年後にニューフェイスのムスコを迎えました。冒頭の写真は、実は、拙宅の...気分転換?思い切ってやってみてよかった

  • 変わり映えがしないこと

    その有難さをお伝えしたいと存じます。映えるインスタが全く門外漢の私でさえも、ばえるこの言葉は目にも耳にもしています。私の変わり映えがしないこと、とはずいぶん空気感が違います。そして、他所さまの関心を集めるような話題でもない。そもそも変わりがないことを喜ぶなんて、前向きともいえません。一か月ほど前でしたか、ちょっと嬉しいことがありまして、個人的なことでしたが、こちらを報告の場所に、ともくろんでいました。それを実行できないままに、今日に至りました。ずっとPCを開けることも体力気力及ばず、明日起きたら、あちらの世で父母が待っているとしたら、こんな散らかった状態では、こちらの世に迷惑をかけてしまう、まだまだここですることがありすぎ、と少しだけ欲が生じた日を境に変わり映えのない日々まで何とか戻ってきました。家人を促して、...変わり映えがしないこと

  • 落ちたり、上がったり

    昨日は、降りそうで降らない居心地のよくない土曜日でした。アメリカの独立記念日が誕生日である友人から金曜夜に数か月ぶりの電話をもらい、懐かしさに、では、明日、ランチでも、という案にのりました。ランチは、1週早い、彼女へのお誕生日プレゼントです。さて、かつては、月に二度くらいは、利用していた小さな家庭的フレンチのこのお店(ブログ内でも登場したかもしれません)、コロナ禍のこの一年半、ほぼ参りませんでした。テイクアウトの利用もできたのですが、それも行動に移さず、今年に入って一度、偵察?方々、行ったくらいでしょうか。毎日感染者数が1とか2とか、しかも県東部だけのことで、そろそろ外食も解禁の時?という思いもありました。ずっと外食を自粛していたわけではありません。お気に入りのこのお店に関して、特に注意していたのです。それは、...落ちたり、上がったり

  • カタカナ語の是非

    本日の朝日新聞に、少し、精読したい記事がありました。確か、「声」欄で、カタカナ語について広い年代層の意見が載せられていました。私も大概のことは、ごくごく一般的な見方をする方なので、そこに寄せられた意見がよくわかりました。曰く、日本語で、特に漢字という表意文字を持つのだから、それを生かして、日本語表記の方がずっとわかりやすいのでは、という意見が大勢を占めていたと思います。今更日本語表記にする方が煩わしい言葉もあります。電脳世界のマニュアルなどは、原語そのもののほうが、直接的でわかりやすいです。カタカナは漢字よりも画数が少なく見やすいのも利点です。でも立ち止まって日本語ではどういうのかしら?と考えなおしたいものも少なくありません。今もオリンピックの会場内の行動ルールのガイドラインを発表・・・と早速テレビから聞こえて...カタカナ語の是非

  • お菓子で紛らわす・・・なんてね

    https://wanoka-sanno.com/和菓子のマイスターといっていい三納寛之さんのHPです。ご自身のお店をお持ちではないので、ネットで求めるか、運が良ければ、デパートなどで出逢いのチャンスもあるそうです。練りきりのお菓子は、お茶席専用、と思いがちですが、視覚、嗅覚、触覚、味覚とあらゆる感覚を駆使していただくこのお菓子は、お茶の供ではなくて、主客の位置にある気がします。京都を歩く、という趣旨のテレビ番組を少しだけ見ていましたら、喫茶「静香」が紹介されました。もう10年前くらいになるのですが、千本今出川交差点、北野天満宮がすぐそばのあたりですが、ワンルームマンションを一部屋持っていました。D大学やR大学の学生さんなら借りてくださる、と不動産屋さんに太鼓判?を押されて、老後に備えて一種の運用のつもりで、思...お菓子で紛らわす・・・なんてね

  • 炎舞炊き

    炊飯ジャーを買い換えました。殆ど衝動的だったので、事前調査も何もせずに、1か月前くらいに会った友人が、連呼していたその名称が忘れられなかったので、一緒のにしました。「炎舞炊き」です。ちょっと前にわかったのですが、一番普及しているのが四合炊きだそうですが、私は友人に聞いていた五合炊きにしました。1週間経ちます。以前の炊飯器よりはおいしいかな?という程度です。炊飯時間が以前より10分くらい長くなった分、ちょっと不都合です。それと本体が重すぎます。このまま死ぬまで使うことになりますので、ちょっとまずかったかな、とも思いますが、本体そのものを持ち上げることはあまりないので、慣れるしかありません。以前のは3000円でひきとってくれました。写真は、カタログからの拝借です。自分で撮るには、周囲の片付けから、と思うととても撮れ...炎舞炊き

  • 真夜中に考えるのはたいていマイナス方向

    だから、考えないで、眠るふりして、いつの間にか身体の望むように眠りに入っていければよし、それでなくてもまたよし・・・そう観念して午前1時から2時間、ベッドにいました。ここのところ、熟睡できる時間が足りなくて、1時間も眠ったらすぐに目が覚めます。寝る前に考えていたことをすぐに思い出す癖があり、また考え始めるとだんだん覚醒してしまいます。今夜は2時間たってもいっこうに眠気に誘われないので、しかたなく二階寝室から一階居間におりてきました。急に暑くなった六月早々に、それも不眠の原因になるかと、シーツを新しくしたり、夏物の寝具にかえたり、寝間着も麻地に、と気をつけてはいるつもり。気になることで頭というより心がいっぱい状態が続いたこの3週間。ずっと応援してきたお相撲さんの不祥事とそのお沙汰とは相当私の心の容量を超えていたと...真夜中に考えるのはたいていマイナス方向

  • 地方巡業といえば、

    やはり、お相撲でしょうか。来月には、本当に久しぶりに名古屋場所が尾張名古屋で挙行されることが決まっています。話題の東京2020の前座のように、盛り上げたい七月場所。まもまく番付も報じられるでしょう。昔のことを言えば多分、あちこちの地方の商都あたりで、盛んだったのが、お相撲の地方場所だったのでしょう。先日、久しぶりの公園経由の帰宅の道すがらで、目に入ったのが、この銅像でした。説明書きを読んでみると、どうやらかつて、ここに相撲場、公式の土俵があって、毎年の地方巡業の拠点だったそうです。そういえば、もうかれこれ、四半世紀前?家人がごくごくまれに使うおもてなし社用の場所、そこのママさんからお中元に、若貴のサインが白扇に施されているのをもらったことがありました。当時は、まだ巡業地のひとつだったのですね。遠くを見る眼付・・...地方巡業といえば、

  • 日の丸ちゃん

    ヤフー記事にあった画像ですが、心が少し明るくなりましたので、ここでも貼り付けてご紹介させていただきます。熊本県の「日の丸ちゃん」という金魚のお話。ごく最近、拙宅でも掛け軸をかえています。こちらはちっちゃすぎる金魚ですが、この季節、気持ちも冴えない昨今に、少しは慰めになります。この日はまださつきのある一日で、掛け軸は牡丹ですね。六月は、どうしても、「水」を意識して選びます。いやなことも水に流せたらいいのですが、、、そんなふうにいかないのが現実いつも代わり映えのない世界ですが、思いがけない事件や事故もあるのが憂き世の常というもの。。。しっかり地に足つけて歩もうと自分のうちにむかって、声にならない声掛けをしています。日の丸ちゃん

  • 稽古不足

    昨日は、予定通り、午前が月一の受診、午後は3週以上ぶりのバイオリンのレッスン、このふたつのことに終始しました。少し予定外だったのは、午前の受診前に陋屋に寄ったこと。先週土曜日に10か月ぶりの友人の来訪があって以来。1週近く、開かずの家にしますと、常緑樹の旧葉の落葉が多すぎて、ごみ袋がすぐにいっぱいになりました。もちろん、家の中に活けてある花は、生気を失いつつあり、花材持参にあらず、だった昨日は、私の常套手段で、庭から何か摘んでくる。みやこわすれとすずらんは、大きい花器にはあいませんが、(不)適当にその辺の小ぶりの花器を出してきて何とか活け替えました。掃除機をかけたほうがいいのですが、それは、次の課題にして、30分、家人の迎えがあるまで、急いで家中に空気を送り、ちょっと気持ちが晴れます。陋屋に寄ったのは、午後のレ...稽古不足

  • 気忙しく、週の半ばが過ぎ、

    先程、日付が変わると同時に週日の最後の日、金曜日に突入していました。だらだらと、無計画に時を過ごすのが常である私にしては、何となく急かされる思いの水・木曜日だったのでした。水曜日は、当地で市街地に熊出現したため、現場近くの勤務先では、生徒の登校を見合わせ、状況次第で今日の校時を変更するとの連絡が入りました。7時半のことでした。といっても大人の方は、普通に出勤の要があります。いつもは、徒歩で駅前の別の学校で仕事をして、それが終了後、更に徒歩20分ほど歩いて熊出没学校に出向くのです。歩いてでは危ない、との家人の助言で、マイカーで行くことに。駅前の巨大駐車場に車をとめて、まずは、最初の仕事を終えました。9時には、熊出没学校から連絡が入り、私の授業は通常12:35~のところ、14:00~に変更だと聞きました。熊は猟友会...気忙しく、週の半ばが過ぎ、

  • 国の内外で

    不穏な空気がしきり。新型コロナウイルス感染症の新規感染者数、そのうち重篤者数、そして死者数。首都圏をはじめとして、全国の数字が6時あるいは7時のニュースに登場します。地方のニュースはNHKでは、夕刻6時10分の冒頭にきます。県内の数字、市町村別、年齢、男女その他など詳細が報じられます。びっくりするほど大きな変化がなければ、もう一々、気持ちを曇らすことも少なくなりました。冒頭のタイトルで示しますように、それ以外にも見聞きしたくないニュースが多すぎます。県内ニュースは、たいがい、「今日の朝乃山」も続くのですが、今日も負けましたので、これもあんまり見たくない。それでも内容としては、十分勝機がある、と私は素人ですし、何より甘いので、ついいい風に解釈して、それでも勝つか負けるか、どっちかだから、と思うとやはり、1勝2敗は...国の内外で

  • 鍵にまつわる話

    先ほどまで落ち着かない時間を過ごしていました。折角昨日ワクチン接種の予約が取れた、と嬉々と報告していましたのに、そういいことは続きません。突然、洗面所(兼脱衣所兼洗濯スペース、3畳強の広さです)から浴室への扉の鍵が開かなくなりました。普通、お風呂と脱衣場の間のドアですと、鍵はお風呂場側からかけるものですよね。それが、我が家は、脱衣場側から鍵をかけるスタイルなんです。これがとても重宝していました。お風呂を済ませて浴槽のお湯を流したあと、普通、窓の戸を開け放しておきますよね。換気扇の有無とは無関係に、やはり湿気を避けて外気が入るように窓は開けたいもの。そして脱衣場側から施錠できると、お風呂場の窓から人が入っても家の中には入れない、つまり防犯に効果的ということです。ところが今朝突然お風呂場を開けるドアの鍵がかかったま...鍵にまつわる話

  • 何もしなかった端午の節句

    昨日は五月五日、端午の節句でした。柏餅をお仏壇にお供えして、お下がりを頂きました。こどもの日といわれていますが、特に男の子の日という感があります。一応、自宅の床の間には、離れて住まってはいますもののムスコの兜を飾りました。備前焼です。玄関には、お節句の絵柄の飾り扇をかけています、菖蒲を生ける代わりです、←手抜き玄関の床の間にほんの気持ちだけの設え季節を感じられるお花でも咲いていないかと数日ぶりに玄関の外へ。上部の白いのはブルーベリーの花、下は伸びすぎのシャガ。ミントがうるさいくらい繁茂していますし、同様になんとか葛もどんどん増えます。斑入りの葉っぱにこのはな(紫の)は珍しいかも、そしてこのはな、なんとかひなげしだったと思いますが、にわかに記憶が遠のいて。。。思い出したら訂正捕捉します。何もしなかった端午の節句

  • 嬉しかったこと

    雨の「昭和の日」になりました。昨日は、9時~15時は仕事でした。帰路、ぽつぽつ小さい雨が落ちてきて、折り畳み傘を開ける前に、一度も入ったことのないソフトクリームカフェに入りました。迷わず抹茶ソフトを注文しましたが、変においしくなかったのが残念。でも疲れが少しとれて、そこからは、コートのフードだけで何とか陋屋着。味噌部屋にあるソファベッドに誘惑を覚えましたが、居間の小ぶりソファで小休止。でも半時間くらいは眠っていたかも。。。その30分が元気のもと、なのですね。目が覚めてすぐに、ヴァイオリンをケースから取り出しました。今練習中の曲をユーチューブから検索して一緒に弾きます(アンサンブル感覚です)残念なことに、e線の音程が狂っているので、少し上げていると、なんと、弦を切らしてしまいました。今の楽器は、弦の取り換えがきつ...嬉しかったこと

  • 美術館にお招きいただき、

    せっかくのお誘いに感謝して、市立美術館に出向きました。こちらです。今回は、「ほっこり展」と名付けられた特別展が目当てでした。実は、招待状が家人の父(明治32年生まれ、平成12年逝去)宛に届いたのは会期も始まってだいぶ経ったある日のことでした。生きていれば110歳を越えている故人宛の封書が届く前に、ひっそりとポストの底にあったのは、郵便局からのはがきでした。受取人が現在陋屋に在住か否かを問う旨のはがきです。早速電話連絡し、代わりに受け取りに出向きますと伝えました。受取人が本人でないために、送付するのを受け取っていただきたい、とのことでした。一日ほどして届いたその封書、父の懐かしい名前宛てでした。今回の展覧会に、以前(父存命中)に美術館に寄贈されたものが出展されているのでご覧いただきたい、という趣旨の文書と入場券、...美術館にお招きいただき、

  • アニバサリー🎊フレンチの午後

    4月23日、結婚記念日。息子夫婦のです。今年は11回目でした。それぞれの誕生日祝とお年玉は、金一封と共におめでとうの言葉は欠かしたことがありません。結婚記念日については、二人で祝うものだと敢えて、こちらからはノーサインできました。生息子夫婦に会った最後が、2020年1月2日。もう少しで1年4ヶ月会わない日が過ぎます。(一億二千万人の同胞が堪え難きを忍び、頑張っています。今日は先程、緊急事態宣言が発令された、とか)今年は、こんなご時世下、そおっと暮らしていますし、情けないことにずいぶん飼いならされた感もいたします。「おうちにいよう」は、我慢せずとも励行できます。外食に恐る恐るでかけて、声高に話す人と会ったが最後、しまった!と踵を返して帰ることしか考えません。今日は、珍しく行動的。偶然、息子夫婦が挙式した式場が、フ...アニバサリー🎊フレンチの午後

  • モチノキ その2

    モチノキその2

  • モチノキ

    おはようございます♫5時過ぎには、東に面する窓の遮光カーテン越しに、空が白じむのを認めることができます。テレビでは、時折から、日米首脳共同記者会見が放映されてもう30分になっています。バイデン大統領の最初の挨拶に、太陽が笑顔を見せて私が迎える最初の総理を歓迎しています、という言葉がありました。菅首相が、どれくらい丁々発止に記者団からの質問に答えられるか、身内のように、心配しながら記者会見の進捗状況を見守っています。今、ようやく会見の第一段階が終わりました。私も(私が案じてどうなるものでもないですが)ホッとしました(笑)先日、やっと早春から春へと掛物を掛け替える作業に、家人を動員しました折、真夜中であったのにもかかわらず、家人に庭に連れ出されました。懐中電灯持参の用意周到ぶりでした(笑)私に見せたかったのは、モチ...モチノキ

  • コミュニケーションってなあに?

    職場に行くのは、週2日です。曜日にもよりますが、概ね9時から4時くらいまでです。その大半を教室で過ごすわけですが、休み時間など合わせて約1時間は、こじんまりした職員室分室が居場所になります。ある日は、同年代の国語の先生とご一緒です。私は、その先生がちょっと苦手です。けれど、もう3年目になるのでだいぶ慣れてきました。金沢の茶庭で有名な高名なお寺のお住職さまでもあられるので、お話は、自分を高めるためになる、と伺うことにしています。昨日は本当にそうでした。大大ベテランのこの先生が、新学年度で仰ることは、「なぜ国語を学ぶのか、なぜ国語を学ぶのは楽しいか」についてだそうです。それが一年間のモチベーションにつながるとのことです。国語の教科書を見せてもらいました。そもそも国語というのは俗称で、今は国語総合という名称です。私は...コミュニケーションってなあに?

  • 紅茶に思う

    こんばんは。私は、コーヒーと紅茶ではどちら?と聞かれたら、間違いなく紅茶と答えます。ココアも好きですし、コーヒー牛乳、ミルクセーキ、ウインナーコーヒーもだ~いすきです。紅茶が好きなのは、お茶そのものが好きだから、ともいえます。育った家の女主人だった母は、やはり大のお茶好きでした。実家のお茶の間と言われた部屋は、今でいうダイニングルーム。ブナ材のフローリングになっていながら、部屋の中央には、長火鉢が置かれて一日中、鉄瓶にお湯がしゅんしゅん沸いていました。古道具のサイトから選ぼうにも記憶が薄れていてはっきりとは・・・まあこんな感じだったでしょうか。玄関の次の間、広間と呼んでいたところのは囲炉裏ふう、ただし、腰掛るタイプでした。飛騨家具でした。そこも一年365日炭の絶えることはありませんでした。茶室以外に、もう一か所...紅茶に思う

  • 些細なことから、

    話題の糸口にしてみましょう、と、PC前に座りました。些細なことでも、何かに気づけば、それが、感動とか感謝につながることは承知しています。昨日は、愚息の誕生日でした。38歳になりました。19歳になる寸前で、京都での学生生活を始めましたので、親元にいたのと、京都市民になってからの時間が折り返しを迎え、あとはどんどん、故郷が遠くなる計算です。高校時代まで、魚介類はあまり好んでいただきませんでしたが、さすがに京都の庶民暮らしでは、新鮮なおさかなに出会うことが難しいのでしょう。近年は、帰省してもまずは、お鮨屋さん、故郷のきときとの(とれたての)ヒラメやのどくろ、イワシ、アジなど楽しんでくれます。ひとつおねえさんの部活動の先輩と結婚式を挙げてからもう11年が経とうとしていますが、この夫婦のそれぞれのお誕生日のお祝いと新年の...些細なことから、

  • てきない

    大相撲春場所もいよいよ明日は千秋楽。弱い大関陣とこっぴどく、叩かれながらもその大関たちの頑張り、若隆景や翔猿など若手の台頭など、それなりに、コロナ禍でテレビの前にいる時間の多くなった視聴者を楽しませてくれています。私の朝さま(こんな表現、抵抗はあるのですが、朝乃山そのものも嫌、朝ちゃん、朝くんではちょっと軽すぎますし、、、でためらいながらも、朝さまです)も前半不調のスタートで取りざたされ(曰く、同部屋に関取がいない関係から、稽古量が足りない、切磋琢磨が感じられない、など、事あるたびに北の富士氏に罵倒を浴び、、、これでは心も折れるのでは、と余計な心配もしたものです)日を追うごとに本来の持ち味も発揮できるようになり、今日の先程までは、優勝候補に挙げられました。今日の最後の取り組みは、まるで天敵のようなあの照ノ富士で...てきない

  • チェロ弾きでチェロも作った中学生

    タイトルのまま、ぐぐってみました。そのまま貼り付けますとhttps://news.yahoo.co.jp/articles/20ff81dd7632b9b4c2dbbef2b6e3b6255b97e887今回登場した“博士ちゃん”は、浅川遊(あさかわ・ゆう)くん14歳。クラシック好きの両親のもとで育った彼は、わずか3歳のときにチェロが大好きになり、その演奏の才能を開花。昨年2020年、14歳で初めてトップレベルの大会「第30回日本クラシック音楽コンクール」に出場し、中学校の部で全国ベスト8に入った。2021/02/27放映のテレ朝のある番組から引用しています。それに飽き足らず、元々工作が大好きだった遊くんは、「自分で作ったチェロが弾けたら夢のようだ」という思いを抱き、弦楽器職人の斎藤さんに弟子入り。2020年3...チェロ弾きでチェロも作った中学生

  • 護美箱

    いつも地味な話題ばかりです。とりわけ、今日は、話題にもならないくらいどうでもいいことを取り上げます。私の仕事は、1年ごとの契約なので、今月は令和2年度の年度末になります。まだ大学生の余韻が十分にある数学の先生が、学年末考査のタイトルに「令和3年度」と記されていたので、ついお節介ぶりを発揮して「あら、今は令和2年度になるのよ。」と、何気なく助言したつもりでしたが、彼は「今は令和3年ですよお」と明るく笑ってそのまま提出、案の定(笑)教務課から再提出を求められたそうです。特に希望したつもりはないのに、もう30年近く、この世界で息をしてきました。お役所仕事を余儀なくされてきたともいえます。現場は、それぞれの裁量に任せられているので、まあそれなりに、人間的な場所であったからここまで続けられたとも言えます。習い性で今年度最...護美箱

  • 遅ればせながらのひな祭り

    いまさらながらですが、友人一人とひな祭りをしました。11時に彼女が陋屋に登場。持参の桜餅で、私が点てたお薄を一緒にいただきます。茶室もどきの小間のお花は、桃ならぬ梅、紅梅です。いい具合に満開です。昨年12月25日購入した300円の一枝です。それから近所の小さいフレンチレストランへ。フレンチ風きんぴらごぼうが画期的でした。戻って、2時からは、お雛さまにおやつ献上しました。菱餅あられですマシュマロです千代くるみ、黒豆、いかあられ、を入れましたお雛さまの隣の花は庭に盛りの椿、桃ではありません(笑)写りが悪いのですが、白梅があまりに美しくて・・・これも12月25日の300円の枝です。7時までお友達と話して笑って、エスプレッソ、アールグレイ、昆布茶、玉露とおやつ三昧でした。お菓子は、当地のホテルの中にある洋菓子店から買っ...遅ればせながらのひな祭り

  • 弥生一日

    二月は逃げる、4週間しかない、たった2日か3日少ないことで、二月の過ぎる速さを概ねの人が感じられるようです。私にとって今年の二月如月は、正直なところ、決して短かくはありませんでした。早く去ってほしい、何事もなく、過ぎて、桃の節句を迎えたいと半分不安な半分切実な祈りの中で過ぎていきました。時ならぬ大雪も私の心を重くして、二月は厄介でした。迎えた今日、まだ三月一日も半時間を過ぎたところですが、ようやく、迎えられたことに、心より安堵を覚えます。健やかに新しい月を迎える喜びは、格別です。作日日曜日、やっと桃の節句のしつらえを急遽いたしました。夕方、家人と陋屋にでかけ、まずは、土蔵から、ひな壇、御殿、お雛様、道具一式を出してもらい、そのあとひな壇(七段)設営と御殿組み立てまで、1時間半働いてもらいました。お湯で手を洗って...弥生一日

  • シューマンとリスト

    昨夜のコンサートには、会場にはぎりぎりジャストインタイムで着いたために、エントランスでいただいたプロブラムを見ることもなく始まりました。不謹慎ですが、どんなプログラムかも事前学習せずに、とりあえず、ゲットできたチケットを握りしめて入場しました。(その前に、所定の用紙に、氏名、住所、電話番号、チケット番号を記入するのに少し時間もかかりました。時節柄当然のことでしたが、迂闊でした。)文字まではご覧いただけないかもしれませんが、辻井さんといえば、ショパン、となんとも無知な思い込みでしたが、昨夜は、シューマンとリストでした。シューマンの「子供の情景Op.15」は、よく知られた曲ですからか、心底聞き入りました。途中数回涙しました。あまりにうまくて、あまりにシューマンで、あまりに音楽の伝える力が強烈で。いろいろ、自分のこと...シューマンとリスト

  • ウイルス対策ソフト

    こんにちは。ちょっと内輪事情のことについて、ぽろり、この場でこぼしたいと思います。他でもございません。このブログにしても少しは関わりのあるPCについて、です。ご存じのように、私は、ガラケーの愛用者でして、先日多年利用者のためのサービスとして1000円キャシュバックする旨、メールがきましたが、何と、23年間もの利用者でいることをあらためて知りました。最初からS社であったはずがなく、最初はJフォーンやがて、ボーダフォン、それも吸収合併して今に至るようです。インターネットで検索できるスマホの機能には及ばないものの、自宅と陋屋にはWi-Fiがつながるので、私のガラケーからもそこそこの検索は可能です(無料)月1ギガ分のネット機能も併せて契約してありますので、どこででもちょっとした調べ物はできます。月100メガバイトくらい...ウイルス対策ソフト

  • 新しい野菜

    冬も間もなく終わります。この間、意識的に欠かさなかった野菜は、根菜類です。ジャガイモ、玉ねぎ(淡路島産)、大根、ニンジン、サトイモ、山芋、など。最初の二種以外は県内産です。地産地消という手合い。ところで、ニンジンですが、この頃は、これが多いです。赤みが強い金時ニンジンですね。それ以外にも、大好きなオータムポエムこれは肝臓の腫瘍マーカーを下げることで人気がさらにアップ。菊芋です。ケールと芽キャベツを交配させたいかにも栄養価の高そうな。。。新しい野菜

  • 案ずるまでもなく、

    空が高くなり、雪雲が消えていました。生ごみを出しに集積場まで行くのにも、靴で大丈夫でした。持っていたガラケーで、玄関門の屋根の積雪量を記録しようと、画面を向けようとするも眩しくて、うまくいきません。適当に(不適当とも言えます)シャッターを押しました。これでは、積もった雪がよくわかりません。これだと背景の空も少し見えて、積雪の感覚も多少ははっきりするかも。新雪を踏んで、車を出すと(特にわが家は、道路より20センチ以上高いところ車庫の床面があるので)なんの抵抗もなく、車は出ます。車の轍がそのまま凍った状態になっていると、轍だったところがスリップして、車があがっていきません。今朝などは、轍は完全に氷と化していて、スコップのエッジを使っても崩せませんでした。おひさまのおかげで、そろそろ氷を割っておくことができるでしょう...案ずるまでもなく、

  • 春遠し、春は名のみ(;_:)

    午前中は、お寺のお参りがあったので、9時前には、陋屋に到着。徒歩ではありません。陋屋近くの屋外駐車場に停めて、陋屋前に駐車していただくお寺さま用に除雪。陋屋の戸を開けて、今度は、中門(そこからは土間になっていて庇が出ているから雪は入ってきません)まで、20mほど除雪。積もった雪は、長靴の高さより少し高くて、雪が入りました。読経と、そのあとの、おもてなしをして、やっとあったまった室内を離れ、自宅に戻りました。2時間余り前には、車庫から直接道路に出て行ったので、今一度見て驚いた深い雪!上の写真はそれぞれ、自宅の玄関前の様子です。道路は融雪装置のためにほぼアスファルトの路面が出ていますが、一晩ただ降った玄関先は、屋根を見上げると、ポーチの銅葺き屋根と玄関門の瓦屋根と庭に入る杉皮葺き屋根とくっつくように、雪が蔽いかぶさ...春遠し、春は名のみ(;_:)

  • 春がきた♪

    こんにちは。昨夜遅くの大地震、福島県・宮城県の被害が甚大のようですが、拙ブログにお集まりいただいている皆々さまの御地では如何でしょうか。千葉県、神奈川県など関東地方の揺れも大変だったとか、お顔も存じ上げない方々それぞれに思いを馳せております。疫病の遅々としながらも少しは減少傾向の便りや、何より、急に暖かく春めいたといいますより、春になったのを覚えさせるこの陽気、それなのに、一瞬のうちに、こうして人を不安に陥れる対地異変の自然災害。これが時の仕業だと、私たち人間にはどうにもならない自然なのだと思い知らされます。自宅庭の様子です。ほぼ雪が解けました。玄関門の近くに植わっている赤松も雪つりが窮屈そうです。青空とおひさまの恵みを昨日、今日と一身に浴びています。玄関門のわきから門柱方向への塀に冬の間も枯れずにしがみついて...春がきた♪

  • 建康機器

    これって何だかお分かりになるでしょうか。商品名は、ネットで検索すると、ありました。https://tshop.r10s.jp/gold/tv-ya/item/unesta-cube/thum/unesta-cube_thum.jpg?fitin=275:275この手のフットマッサージャーは、私は凝り性といいますか、足がすぐむくんだり疲れて、正座してやっと治す体質なので、初めて買ったのは、ムスコが4歳くらいの時、上京中に銀座三越で購入、送ってもらったのが最初、そのあと、家電量販店などでも購入し、ようやく数年前、全て捨てました。それまで縁側に粗大ごみ化しておいてあったので、ちょっとすっきり。それが、このコロナ禍です。テレビを見る時間が確実に増えました。それも、日中は何かと雑用があって、あまり見ないのですが、深夜、テ...建康機器

  • バレンタインディー

    今年のバレンタインディーは、一周後の日曜日。学校や職場であげる義理チョコは、きっと、少なくなるでしょうね。本命チョコは、郵送や宅急便で、と念入りの人も少なからずいらっしゃるかもしれません。私は、季節の行事として、少ないながら、男性諸兄の友人に贈ったり贈らなかったり。家人や、ムスコには、この十年以上送った記憶がありません。昨年末、私と家人の誕生日にカード一枚寄こさないムスコに、夫の義務とばかりに、家人は、ムスコに電話で入れ知恵したらしい。年が明けて遅ればせながら、と言い訳とともに送られていたのが、https://www.takashimaya.co.jp/shopping/food/0400019841/0400000001/0400000013/product.html?p_cd=0001377377&sub_...バレンタインディー

  • 春遠からじ

    積雪量がだいぶ、減ってきました。外気はまだまだ凍てつくようですが、地面の下の方は少しずつ、温もりがあるみたいな。。。陋屋に普通の靴で行くことができました。久しぶりに2時間ほどひとりお茶時間を過ごしてきました。中庭の様子はまだまだこんなです。これでも最初は、木のてっぺんしか見えずに、普通の靴なので降りることができないから、屋内からスコップで雪を崩してようやくこれだけ掘り出しました。多分、主木の方は折れて、雪の下になっているようですが、短い枝がちゃんと残ってこうして曲がったまま顔を出してくれたようです。ツバキです。たくさんつぼみもつけています。この陋屋に来る前に職場では、後期試験の実施をして、無事終えました。教室の中が空になったところで、下界を撮ってみました。屋根屋根の雪が少なくなっています。この光景に帰路は、公園...春遠からじ

  • 天神さま

    あと二日で、一月が終わります。どうしても今月中にしておかないといけないこと、それは、天神さまのお戻りをして差し上げることです。実は、一月二十五日が、初天神の日で、この日に年末年始と1か月間お出になっていたのをお戻りいただきます。天神さまは、学問の神さまです。ムスコの生まれた年末に、少し名前のある方に描いていただいたのを、私の実家から進呈されました。それから30年以上は、自宅の床の間に、雪洞や立派な三方二組やら、と一緒にこの自宅で一年に一か月お飾りしました。その後、お嫁ちゃんのご両親が、年頭の挨拶にいらっしゃるのが、陋屋の方なので、ムスコの天神さまは、陋屋に出ていただくことに。で、自宅の床の間は、選手交代で、義父のです。掛け軸の入っている桐箱には、作者名(帝展画家)と作成日が書かれています。大正8年ですから、19...天神さま

  • MOLESKIN2021

    おはようございます。かなり早起き鳥の今朝、やはり、これくらいの時刻に動かないとまずい実態がここにあるからです。大袈裟な出だしですが、要は、今から暖をめいっぱいとって、いざや向かわん、とやる気満々なのです。行く先なんですが、わが家の玄関におりて、ポーチにある軽いアルミのスコップを持つ、緑色のプラスチックの木の棒のついた雪かきはもっと軽いので、それも一緒に門の柱に立てかけとこう。昨夜8時少し前まで暴風雪警報が出ていました。北西の風が30mも吹き荒れて、陋屋の黒松でもなぎ倒したら近所迷惑なことに・・・と不安を募らせました。自宅の庭は概ね雪つりで固定されていますので、どんな強風や大雪にも簡単に折れたりしません。この2,3年は地球温暖化のせいか、雪つりに白いもの(雪)がつかず、風物詩とさえいえないくらいでした。私は、8時...MOLESKIN2021

  • ご無沙汰しています。

    遅きに失したと思われる緊急事態宣言が、それでも発出は7日以降らしいですが、そろそろあるそうです。だいぶ、ご無沙汰しましたが、私はこの疫病に幸運の感染も免れて何とか棲息しております。ご無沙汰の理由は、あるにはあるのですが、過去を振り返っても始まらないので、現況から記すことでブログ復帰の手始めとさせてください。新年に入って今日は五日目、あと30分でそれも終わります。朝に、1年以上ぶりのメールが携帯に入りました。それも迷惑メール扱いで。削除しようとして、差出人のフルネームをメルアドに発見したので、首の皮一枚で助かりました。タイトル:ご無沙汰しています。あけましておめでとうございます。お元気なことと思います。去年はあまり会えなくて残念でした。今年はなんとか頑張りたいです。70歳、体はあちこちガタが来ました。テニスは出来...ご無沙汰しています。

  • 隔世遺伝?

    先程、親ばかの見本みたいに、ムスコ中学生のときの彫刻の小品をアップしました。(前記事に、不眠のイラストを貼った場所に、少しは気が晴れた証に)つらつら考えると、さらに親ばかが高じますが、ムスコって私の子供ではないくらい、器用なやつです。少額一年生でミシンに興味を抱き、これを作成しました。右側のゴブラン織りのクッションは、私の母製ですが、左の緑っぽい大小二つのクッション親子です。いろいろ部屋の中を見渡すとあるはあるは。。。モチーフをつないでできたレース編みのテーブルクロス、毛糸で編んだ人形の帽子、譜面台を折り曲げて入れる袋物、などなど。。。母が時間と布地を無駄にしない人でした。ゴブランの袋物(ピアノの楽譜入れに使っていました)黒井ラメ入りの袋物は、ちょっとしたパーティなどで、ハンドバッグに入りきらないスカーフとかボ...隔世遺伝?

  • この数日、心を曇らせていること

    相変わらず、個人的な繰り言になります。どうぞ、悪しからず。この時刻になっても、眠りに就けずに、悶々としているので、思い切って起きだして、PCに向かいました。今日は日曜日、新しい週の始まりでもあり、いよいよ師走十二月を迎える週にもなります。先週の水曜日、授業のあと、珍しく職場に残って、二学期末考査の作問の続きに没頭しました。最終問題でだいぶ、迷って何とか折り合いをつけました。今の高校英語は、10年以上前から、コミュニケーション英語という教科名になっています。以前でしたら、リーディングとかグラマーとかいわれていたものでしたが、今はそれらの呼称は死語といってもいいくらい、片隅に追いやられました。あくまで伝達しあう、自己表現のひとつとして英語という教科を学ばせているのが平成から令和にかけての目標です。このコロナのせいで...この数日、心を曇らせていること

  • この数日、心を曇らせていること

    相変わらず、個人的な繰り言になります。どうぞ、悪しからず。この時刻になっても、眠りに就けずに、悶々としているので、思い切って起きだして、PCに向かいました。今日は日曜日、新しい週の始まりでもあり、いよいよ師走十二月を迎える週にもなります。先週の水曜日、授業のあと、珍しく職場に残って、二学期末考査の作問の続きに没頭しました。最終問題でだいぶ、迷って何とか折り合いをつけました。今の高校英語は、10年以上前から、コミュニケーション英語という教科名になっています。以前でしたら、リーディングとかグラマーとかいわれていたものでしたが、今はそれらの呼称は死語といってもいいくらい、片隅に追いやられました。あくまで伝達しあう、自己表現のひとつとして英語という教科を学ばせているのが平成から令和にかけての目標です。このコロナのせいで...この数日、心を曇らせていること

  • 富貴草やら吉祥草やら足元の草に見入る

    この拙ブログを見ていたら、今日は、富貴草の記事が複数の方に読まれていたのに気づきました。なんと、一年半くらい前の記事です。昨年夏の富貴草が今はどうなっているか、いくら思い出そうにもイメージがわいてこなくて、とりあえず、庭におりたちました。元気に繁茂しています。青緑の若い花々をたくさんつけていましt。今朝は、お寺さまの月忌参りの日ですが、お花屋さんに行かずに、富貴草を一枝、あとはツワブキと吉祥草を摘んでお仏壇の中の金色の花瓶に入れました。吉祥草は、葉っぱ蘭の葉とほぼ同じで、長く真みどりできっちり判別できます。つくばいに左側から迫っていますね。花は見えるでしょうか。ここにも吉祥草がちょっと近づいてみますと、石の淵では、それに寄りかかってか、しっかり直立して咲いています。吉祥草は、35年前、ご縁があって、見ず知らずだ...富貴草やら吉祥草やら足元の草に見入る

  • 水琴窟

    ヤフーニュースでこの期に及んでも見てしまうのが、大相撲の結果やコメントなど。辛辣だけど、つい見入るのが、北の富士コラム。休場者についてお灸を据えたあとは、もう今場所には無関係とばかりに、一言一句話題にならないのは、この際大人しく、受け入れるだけである。ヤフーの記事には、広告がつきもので、それがアップされないと、肝心の画面がでてこない。ふと、その広告に目が行った。なんと、「水琴窟」とある。よくよく見るとヤフーオークションの広告。「水琴窟」8万円余りでできるの?よくよくよく見直すと、「水琴窟」は、お抹茶碗の名前だった。ネズミ志野とある。加藤土代久】最上位作鼠志野茶碗銘「水琴窟」加藤豊久共箱保証今、オークションのページを開いたら、89,000の価格にまでなっていた。ネズミ志野は好きな焼物。89,000円の価格にも驚き...水琴窟

  • 錦秋

    ネットの「錦秋とは」の画像を載せました。実は、わが陋屋にこんなものが鎮座まします。あまり趣味がいいとはいえませんが、この季節くらいは、見せびらかします。といっても、だれかに、ではなく、ネットの上にただおいてみるだけ。どなたかにお見せするつもりはありません。厚みが相当ある(20センチくらいでしょうか)ケヤキの木を磨いたり、裏には、絵まで入れて衝立、パーテーションまたは、玄関先に、権力の象徴のように飾られる種類のもののように私には思われます。裏側は陋屋では、殆ど使うことがない奥座敷は、変則的な部屋で、2畳くらいの部分だけ天井が低くその素材も異なっています。残りの8畳くらいが書院づくりの普通の8畳くらいの和室、天井は高いです。畳と同じ高さ、つまりフラットに、床板がある小さな床の間が奥にあります。2畳部分のところに仏間...錦秋

  • コロナは大丈夫?国際郵便で送られてきた商品

    私の失策でした。いつも愛飲しているエスプレッソ、ネスプレッソのカプセルはお店で直接買う(試飲もできます)か、ネスプレッソへの電話で、注文してきました。昨年のことでしたでしょうか、新しいエスプレッソマシンヴァーチュが新発売されました。https://www.nespresso.com/jp/ja/order/machines/vertuoそれにともなって、カプセルも従来タイプとヴァーチュタイプとに分かれ、新製品の方に販売の主力がおかれているのか、送られるDMには、ほとんど、オリジナルエスプレッソのカプセル案内がありません。今年はご存じのようにおうちでコーヒータイム、と気楽に友人を誘うこともなく、エスプレッソの年のはじめに100個ほど在庫があったカプセルがなくなるまでに、ほぼ1年かかりました。夫婦で食後(毎食後では...コロナは大丈夫?国際郵便で送られてきた商品

  • コロナは大丈夫?国際郵便で送られてきた商品

    私の失策でした。いつも愛飲しているエスプレッソ、ネスプレッソのカプセルはお店で直接買う(試飲もできます)か、ネスプレッソへの電話で、注文してきました。昨年のことでしたでしょうか、新しいエスプレッソマシンヴァーチュが新発売されました。https://www.nespresso.com/jp/ja/order/machines/vertuoそれにともなって、カプセルも従来タイプとヴァーチュタイプとに分かれ、新製品の方に販売の主力がおかれているのか、送られるDMには、ほとんど、オリジナルエスプレッソのカプセル案内がありません。今年はご存じのようにおうちでコーヒータイム、と気楽に友人を誘うこともなく、エスプレッソの年のはじめに100個ほど在庫があったカプセルがなくなるまでに、ほぼ1年かかりました。夫婦で食後(毎食後では...コロナは大丈夫?国際郵便で送られてきた商品

  • 呉羽山

    いきなりお示ししますが、ぽこの住む県の地図です。あまり、存在感の濃くない県なので、オールジャパンの観点からは一体、そこどこよ?と思われる方も少なくないでしょう。私自身、紆余曲折の結果として、当県に落ち着き、自分の家庭をこの地で持ちました。だからといって、本県のことに精通しているわけではありません。まずは、足元から学んでゆこうと、ブラタモリの影響もあり、歩くときには、河岸段丘のことを気にしています。ま、それはそれとしまして、、、次の日曜日は来月11月に入っているので、カレンダーをめくりました。8日からは、本来ならば九州場所、今年は東京国技館で開催されます。観客数の制限が少し広げられるそうです。上の地図を今一度ご覧ください。大関朝乃山は、当県のほぼ真ん中にある呉羽(くれは)というところの出身です。富山市呉羽です。呉...呉羽山

  • 言い当てる

    亡き母の口癖に「言い当てる」がありました。それも不吉なことに対してです。何かよくないことを口にしたり、思いを馳せると、実際その後に凶事(とまで大げさなことでなくても、望まぬことくらいでしょうか)が起こる、言い当てる、なのです。だから、不吉なことを口にしたり、思ったりしないように、少しでもその不安があったら、首を横に振って、いやいや、そんなことありえない!と沸き起こる不安を意識的に打ち消すのが秘訣。母流の諭しでした。一方、私は決して悲観論じゃでもなく、そもそも何かが起こるまで特に他人のことにはあんまり心を砕かないタイプ・・・のはずでした。10月2日の満月の夜以来、私に何だか、居心地が悪いことが次々と生じるのです。気のせいとかいわゆるデジャブ?現象、と自分で打ち消すのですが、ここでいくつかお話してしまおうと思います...言い当てる

  • 驟雨

    驟雨

  • やっちまった

    10月20日(火)1秒前に20日の後ろ、かっこ(の次にかと入れたら出てきたのは、蚊でした。火ではなく。そして、この変換順位こそ、今日の私の話題にも関わることです。先日まで暑かったときはもちろんですが、昨日あたりも、きまって私は蚊に刺されておりました。「一体この冷気の中、どこに生息なさっているのよ」と、にっくき蚊にむかって、わざと敬語まで使って見えざる敵に呼びかける私。私は、いろいろ苦手なものはありますが、中でも怖いのが蚊を含めて虫全般です。さすがに鈴虫の音色などまで敵対視はいたしませんけれど、蜘蛛もだめ、バッタやカマキリなどもダメ。もちろん、口にするもおどろおどろしいGOKIBURIは、いったん見るとそのまま私が凍り付いた状態になり、一大事です。幸い、自宅にも陋屋にも発見に至ることが少なく、ホウ酸団子設置の効果...やっちまった

  • 往く秋を惜しむ

    朝は、10℃を切り、外出時の着るものの選択に困りました。100%ウールだけど、DARKSの平織りのブラウススーツ、その上にツイードにしては薄手のジャケット(総裏)を着脱できるから、のつもりが、ブラウスを着て、スカートを履く段になって、心変わり。エクセーヌのジャンパースカートを、と探したら出てきたので、着用しました。背中が特に暖かくなりそうなのに惹かれて。そしてその上からジャケットを。一日着脱はほぼありませんでした。午後の日差しの中での授業時のみ、2,30分、ジャンパースカートとブラウスになっていた程度です。加齢と共にしみじみ自分の生活が守りの姿勢になってゆくのには気づいています。特に寒さ対策は、かなり、慎重です。外出時の帽子もフェルト生地などすっかり冬物。まもなく一重仕立てのコートも必携品になります。成績入力、...往く秋を惜しむ

  • アンデスの乙女

    アルプスの少女ならぬアンデスの乙女・・・南米のハイジの話ではありません。花の名前です。偶然、敬愛してやまないブログ友さんの最新の記事に登場しました。私にとっては、名前はもちろん、花の様子も全くはじめての出会い。ブログ友さんの画像がとてもすてきでしたが、厚かましく、こちらにコピーも気が咎めますので、小さな植物図鑑(ネット上)からこの花とは、はじめての出会いではありました。ただ、私は今月初旬ころから、気になる花の存在がありました。陋屋から歩いて5分以内の同じ町内のあるお宅をご覧いただきましょう。立派なお宅です。このお宅の勝手口は、左側にあって、そして、こんな感じに可愛くしおらしいピンクの花がこれの風情が、ブログ友さんに教えていただいた「アンデスの乙女」にそっくりなのです。でも、あちらは黄色だし、と不審な点もあり、よ...アンデスの乙女

  • 花より団子・・・でもないか。

    9月最後の日、水曜日のことです。仕事場を出たのが3時過ぎ。今日は、2キロあまりの自宅からの距離を歩いてやってきていました。日差しがあるのが苦にはならない風も心地よい秋の日。公園の中を通ってほぼ一直線で1キロあまり行けば陋屋に着きます。そこでコーヒータイムして(当然靴を脱いで)疲れが取れたところで自宅までの1キロ、何とか夕刻までに自宅に戻ろう、そう思っていました。ところが、公園の中の秋の風情を味わうどころかどんどん歩くのが苦痛になりました。陋屋に行く前にどこかで休もう、駅への道すがらには何度か行ったカフェもあります。今日は閉店。。。夫に電話すれば、すぐにも迎えに来てくれますが、、、ふと思いついたのは、駅より少し東にあるホテルの中のティールームでした。かつては、東京のシティホテルの同じ系列で、にぎわったホテル。私も...花より団子・・・でもないか。

  • 苦手な人との付き合い方

    私は薄情者です。一見いい人に見えるらしいのは、まあほぼにこにこしているから。ところが、ひとたび心の内を覗いてみると、どす黒く、悪意に満ち満ちているのです。家人に言わせると、私は外面(そとづら)が極めてよくて、その分、内面(うちづら)は最悪、さもありなん、外でにこにこしているのは、そうしているほうが、楽だし、トラブルが起きないから。そもそも、他人と関わることは十二分に注意を払って避けています。相手が話したいことを聞くふりをして、実は、あまり気合を入れて聞こうとしません。他人のことにほぼ無関心、腹を立てるほどの関りをもたないので、喧嘩もまずありません。したがって友達も少ないけれど、それもあまり苦になりません。そもそも自分には、あるいは自分と同格の事象には、関心というかそれなりのこだわりがあるので、他人のことに気を留...苦手な人との付き合い方

  • 香を焚く

    この月曜日は、久しぶりに、心身の軽い週の始まりの日でした。このブログに訪れてくださる方には、すでに、ばれているとおもいますが、私は、大相撲の観戦が大好き。そして、心底応援している関取がいます。秋場所が、コロナ禍にもかかわらず、今回も無事千秋楽を迎えました。場所前に、ある部屋が完全ロック状態になる不運もありました。多数の休場力士がいたものの、コロナの感染者がじわじわと広まることなく、九月場所が終わり、もう秋。場所中、実は、身の置き所もないほどに、辛かったです。思いがけなく初日からの三連敗。このまま立ち直れないのでは、と真剣に案じました。その後、大関は気持ちを立て直し、何とか二けた勝利で今場所を切り抜けました。世間は、まもなく登場する新大関の優勝までの活躍に沸いていますが、その中で、話題になるとすると、らしくない負...香を焚く

ブログリーダー」を活用して、ぽこさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ぽこさん
ブログタイトル
最終章だけど、、、
フォロー
最終章だけど、、、

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用