ハンドル名
ヨシトさん
ブログタイトル
ヨシトのたびかん
ブログURL
https://tabikan.hatenablog.com/
ブログ紹介文
主に福岡、ときどき県外の展覧会の感想を書いています。美術館に行くまでの寄り道や観光、お勧めの展覧会の情報もあります。
自由文
-
更新頻度(1年)

9回 / 66日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2019/03/30

ヨシトさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 06/23 06/22 06/21 06/20 06/19 06/18 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 52,530位 52,602位 964,515サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 10 10 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,645位 2,650位 43,031サイト
国内弾丸旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4位 4位 20サイト
美術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 540位 544位 8,394サイト
美術鑑賞・評論 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 23位 23位 439サイト
地域生活(街) 九州ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 379位 386位 8,869サイト
福岡県情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 19位 20位 450サイト
今日 06/23 06/22 06/21 06/20 06/19 06/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 67,856位 69,816位 79,328位 79,637位 79,389位 74,568位 87,408位 964,515サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 10 10 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 3,400位 3,473位 4,114位 4,123位 4,128位 4,067位 4,721位 43,031サイト
国内弾丸旅行 4位 5位 5位 5位 5位 5位 6位 20サイト
美術ブログ 633位 633位 740位 740位 751位 715位 927位 8,394サイト
美術鑑賞・評論 27位 27位 30位 29位 30位 32位 38位 439サイト
地域生活(街) 九州ブログ 815位 786位 841位 835位 911位 848位 962位 8,869サイト
福岡県情報 34位 33位 35位 34位 34位 30位 37位 450サイト
今日 06/23 06/22 06/21 06/20 06/19 06/18 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 964,515サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 10 10 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,031サイト
国内弾丸旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 20サイト
美術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,394サイト
美術鑑賞・評論 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 439サイト
地域生活(街) 九州ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,869サイト
福岡県情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 450サイト

ヨシトさんのブログ記事

  • 2019年夏、行ってみたい展覧会

    こんばんは、ヨシトです。 だんだん暑くなってきましたね。 今日は気になる展覧会をおさらいします。 東京、六本木の森美術館で塩田千春展が行われます。 (2019年6月20日から10月27日まで) www.mori.art.museum 塩田さんの名前は昨年行った新潟で初めて知りました。 私が見たのはひものようなもので吊るされた数十隻の舟のかたちをしたもの。 天井からのたくさんの黒い紐は雨のようで、風に吹かれて微妙に動く 舟は生から死へ向かう人間を表しているようで、かなりインパクトがありました。 詳しい過去記事はこちらから tabikan.hatenablog.com 一人のアーティストの作品をじ…

  • 大報恩寺展関連エントリをピックアップ!

    こんばんは!ヨシトです。 大報恩寺展に関連する記事をピックアップしてみました。 こちらは昨年行った東博の大報恩寺展の模様。 音声ガイドを借りて、展示を観ました。 九博との展示方法の違いなど気になる方はこちらをどうぞ。 tabikan.hatenablog.com 大報恩寺に行ったときのブログはこちら。2013年ですと! honjitu.exblog.jp 私のおすすめはフォロワーさんから教えて頂いた 大報恩寺からも歩いて行ける 北野天満宮の大鳥居横の「カステラ ド パウロ」。 castelladopaulo.com ポルトガルのお菓子やさんです。 8席ですがイートインスペースもあります。 甘い…

  • はてなブログ初心者・ナビゲーションメニューのリンクの不具合を直してみた

    こんばんは!この時間になると頭が回らないヨシトです。 昨日久しぶりにブログのタイトル下のナビゲーションメニューを ポチっとしてみたら「記事が見当たりません」の表示が出るではないですか。 まったく、いつからそんなことになっていたんだ! ナビゲーションメニューというのは旗のマークのあとの「展覧会の感想」 「福岡・九州」などのことです。 展覧会の感想を押すとこのブログ内の全部の展覧会の感想記事が、 「福岡・九州」を選ぶと福岡・九州の展覧会の感想に関係する このブログ内の記事が一覧表示されるようになっています。 サイドバーにもカテゴリーが表示されますが、 タイトル下にあるとスマホでもパソコンでも見やす…

  • 10連休前後に増えたアクセス数について考えたこと

    5月なのに日中は暑い日が続きますね。 夜との気温差で風邪を引きそうなヨシトです! 4月の終わりから5月の連休にかけてアクセス数が伸び、 なぜだろうと解析画面を見て考えていました。 皆様ご存知この閑古鳥ブログは、書いていない日が多いので アクセス数はいつも1ケタ台をうろうろしていることが多いのですが 連休中は20以上の日が続いていたのです。 アクセスが伸びていた記事は、すでに福岡の方では終わってしまった 久留米市美術館のモリスの壁紙の展覧会の記事でした。 どうやら関東の方でモリスの壁紙の展覧会が行われていたため この閑古鳥ブログの記事も引っかかり、アクセス数が 伸びていたようです。 きっと関東の…

  • 九州国立博物館で『京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ』展

    久しぶりに太宰府を訪れたら駅がお洒落になっていた! ホームが橋のよう! 駅から参道にかけて、令和ののぼりが至る所に! 太宰府天満宮の境内は楠の柔らかい黄緑色で埋め尽くされています。 博物館に向かうエレベーターも緑で覆われています。 いざ、展覧会へ。会場内の写真は九州国立博物館のぶろぐるぽの提供を受けています。 羅刹立像。 アニメやゲームに出てきそうな生き生きとした表情と小さくても強そうな 体つきをしています。序盤の敵として出てきそうな予感。 後半になると色違いで強い敵で出てくる、みたいな。 もともとはどんな彩色がされていたのでしょうか。 十大弟子立像 目犍連立像 横から見ると腰も曲がってる。 …

  • 『guse ars exhibition -PATTERN SEED- グセアルス展 「パターン・シード」~漂う未来模様~』と多治見市観光

    ~こちらの記事は3月30日の多治見市モザイクタイルミュージアムの記事を抜粋し、 オリベストリートや多治見駅近くにあるレストランなどの記事を追加したものです~ すり鉢状の芝生の底にタイルの原料を掘り出す粘土山をイメージした 4階建ての建物「多治見市モザイクタイルミュージアム」。 1階の受付で入館料の300円を払って、まずは4階へ向かいます。 (ミュージアム全体の記事はこちらからどうぞ) 不思議なかたち。多治見市モザイクタイルミュージアムへ - ヨシトのたびかん 3階の奥のスペースでは特別展の『guse ars exhibition -PATTERN SEED- グセアルス展 「パターン・シード」…

  • 京都国際写真祭2019おすすめ・感想まとめ

    滞在7時間。全部は見られなかったので日帰りで見たところのみ 感想を書いてみました。 写真祭に初めて行った感想なので解釈違いだったら笑ってください。 私のオススメは2誉田屋源兵衛 竹院の間、8建仁寺山内、 1京都博物館、5京都新聞ビル印刷工場跡です。 入場料やどこから回るのが良いかなどはこちらの記事からどうぞ。 0番で頂いた地図を元にお話ししていきます。 1京都文化博物館 別館 アルバート・ワトソン 「Wild」 0のNTT西日本三条コラボレーションプラザでチケットを購入し、 地図をもらい、歩いて五分ほどの京都文化博物館別館へ。 一階、アルバート・ワトソンが撮影した写真が並ぶ。 一階奥、アルバー…

  • エッチなものを観るには大義名分が必要なのだ。~京都国際写真祭「ピエール・セルネ&春画」展~

    この閑古鳥ブログを見に来て下さっている心優しき皆さんへ質問です。 春画ってご存知ですか? アダルトビデオやエッチな漫画などはご覧になりますか? わりと見る? ふふふ、私もそちらの方は少々嗜んでおります。 春画も浮世絵ではあるのですが、 直接的な性描写がある浮世絵が春画と呼ばれています。 この描写を今の漫画で再現するとモザイクで修正がかかること間違いなし。 そんな猥褻な物を美術館で展示するなんて! ということで過去に浮世絵の展示は多々あれど、 春画の展示を行う美術館は最近までありませんでした。 2013年イギリス、大英博物館での春画展、 2015年に東京の永青文庫での春画展が開催され、 それまで…

  • 7時間でめぐる、2019年の京都国際写真祭(KYOTO GRAPHIE)

    まず京都国際写真祭とはなんぞや?という話なんですが 頂いたチラシによると “国内外の重要作家の貴重な写真作品や写真コレクションを、 趣きのある歴史的建造物やモダンな近代建築の空間に展示する” もので今年がなんと第7回目の開催。 そして2019年のテーマは「VIBE」というもの。 今年の春に東京で開催された「ピエール・セルネ&春画」の展示が 面白そうだったのでどこかに巡回しないかなと調べていたところ、 こちらの写真祭がヒットし、京都の観光も兼ねて行くことを決めました。 写真に詳しくないワタクシでも楽しめるものだろうかと不安でしたが、 楽しめたので行くか迷っている人のために今回は大まかにまとめてみ…

  • 不思議なかたち。多治見市モザイクタイルミュージアムへ

    多治見駅からバスで約17分。街を出て郊外へ。 民家と民家の間スレスレの細い道を抜け進むとパッと開けた場所に出る。 バス停から降りてすぐの建物を見上げると 写真や想像以上に大きい建物に思わずフフフと笑い声がもれた。 すり鉢状の芝生の底にタイルの原料を掘り出す粘土山をイメージした 4階建ての建物が今回の目的地「多治見市モザイクタイルミュージアム」。 1階の受付で入館料の300円を払って、まずは4階へ向かいます。 4階に入った瞬間、白い壁と窓からの明るい光で「うわぁ」っと驚く。 床から高い天井まで貼られた白いタイルの空間はまさに町の銭湯! 洗面所やお風呂、台所など、タイルが使われていた当初の姿で丸っ…

  • 世界のタイル博物館と常滑ぶらぶら歩き

    いざ愛知県へ 常滑観光スタート 博物館に行く前に昼ごはん 世界のタイル博物館へ到着 土・どろんこ館の「和製マジョリカタイル 憧れの連鎖」展へ いざ愛知県へ 前回、大塚国際美術館でタイルやモザイクタイルの作品をたくさん見たので、 他にもタイルが見られる所はないかな~と検索したところ、愛知にありました! その名も世界のタイル美術館! しかも常滑焼で有名な常滑にあるというので観光がてら 初めての常滑に行ってきました。 名古屋は内陸にある県営の小牧空港と 海の近くの中部国際空港(セントレア)空港があり、 セントレアからだとわずか2駅で常滑まで行けるのです。 しかし、小牧空港と宿泊のセットが安かったため…

  • ピエール セルネ&春画展 銀座で見れなくても京都がある! 

    ピエール セルネ&春画の展覧会が 2019年4月7日まで銀座のシャネルネクサスホールにて開催中です。 chanelnexushall.jp セルネさんのことは正直存じ上げなかったモグリの美術好きですが フランス人のパフォーマンスアーティストであり写真家だそう。 黒い絵のようなものは抽象画かと思いきやカップルのヌードを 被写体としてモノクロのシルエットで再現された写真というので 驚きました。 浦上蒼穹堂・浦上満コレクションの春画と共に展示されており、 春画からインスピレーションを受けた写真が並ぶそうで大変 面白そうです。 SNSで行った方の感想を見ていると展示室の様子がとてもお洒落でした。 さす…

  • はてなブログ初心者 「Minimalism」のナビゲーションメニューを設置する

    ナビゲーションメニューとはなんぞや? とお思いの皆さん。閑古鳥ブログの管理人ヨシトです。 せめてひよっこ改造ブロガーのヨシトです、と名乗った方が 良いのでは?と自分にツッコミながら今日もブログをいじっていきます。 ナビゲーションメニュー。 一言でいうと ブログの上の方にHOMEやABOUTなどの メニューを置いてそこからカテゴリーに飛んでもらおうという 便利なボタンが表示される機能です。 このメニューがないスマホだといちいち下までスクロールして 記事を探さないといけないのでかなり面倒なんですね。 はてなブログの無料版を使っているので私のブログは トップ画面で記事の一覧表示ができません。 (せめ…

  • はてなブログ・初心者 記事タイトルに色をつける

    見出しをおしゃれなデザインに変更しようと思ったら 見出しではなくブログのタイトルや記事のタイトルに色がついてしまいました。 ヨシトです。 私のブログははてなブログの「Minimalism」というテーマを使っている のですが、 どうやらテーマの中の見出しの設定と私が変更したい見出しで指定する <h1>のCSSがダブっているところがあって、 どちらかを機能させないようにしないといけないのですが、 調べながらやったものの上手く行きませんでした。 無念。でもへこたれない! とりあえず、記事タイトルに色が付けられることは分かったので これだけでもやっておこう! ということでnorthgeekさんの「記事…

  • 初心者・はてなブログのカスタマイズ Twitterのタイムラインをサイドバーに表示させよう 

    ブログカスタマイズ、今回はこちらのサイトを参考に はてなブログにTwitterのタイムラインを埋め込む方法をやってみました。

  • ちょこちょことブログを改造しています

    blog-support.jp こちらの石黒さんのブログを参考にブログをいじっております。 画像を設定してみたり、文字の大きさを変えたりしてみました。

  • 3時間半でランチと休憩も!短時間でも満喫。大塚国際美術館の回り方

    41メートルの長いエスカレーターに乗ってたどり着いた地下3階。 何気なく手に取ったパンフレットを眺めた私は 恐ろしいダンジョンに来てしまったことにようやく気付いたのだった。

  • 2月28日でフィナーレ!道後オンセナート2018と道後温泉観光(後編)

    前編に引き続き旅の中盤から後半へ。 道後温泉裏手の山側には大型ホテルがいくつも立ち並んでいます。 そのなかに作品を展示しているホテルがあり、地図を見ながら目的地を目指します。

  • 2月28日でフィナーレ!道後オンセナート2018と道後温泉観光(前編)

    徳島から高速バスと路面電車を乗り継いで、やって来ました、愛媛県道後温泉。 21時過ぎの道後温泉駅。スタバはお掃除中です。

  • 一泊二日で大塚国際美術館と道後オンセナート2018に行ってきた(行き方案内)

    紅白で米津玄師さんが歌ったシスティーナ・ホールがあることでご存知の方も多い 大塚国際美術館と、2019年2月28日にフィナーレを迎える 道後オンセナート2018に行ってきました。

  • 『京都 醍醐寺展 真言密教の宇宙』展に行ってきた

    九州国立博物館で開催中の京都の醍醐寺の展覧会を観てきました。 太宰府天満宮にも遅めの初詣。

  • 『2019年行ってみたい芸術祭』

    『瀬戸内国際芸術祭2019』 3年に1度の瀬戸内国際芸術祭。 春夏秋の三つの季節に分けて、瀬戸内海の島々で芸術祭が行われます。 いつも、始まってから行なわれていることに気付くので今年は 早めに情報をキャッチできました!

  • 『2019年行ってみたい美術館・湯布院版』

    湯布院で現代アートを展示する美術館がオープンしてまして、 まだ行ったことがないのでピックアップ!

  • 『2019年行ってみたい展覧会・大分版』

    3月30日まで銀座で行なわれているデイヴィッド・ホックニーと 福田平八郎の展覧会。 とっても観てみたいんですが、銀座か……と思ってしまう九州人。 福田さんの名前、どこかで見かけたぞ?と思い調べてみました。

  • 『2019年行ってみたい展覧会・長崎版』

    長崎県立美術館の展覧会で気になるものがありました。 『青木野枝 ふりそそぐものたち』 2019年02月09日(土) ~ 2019年03月24日(日) www.nagasaki-museum.jp

  • 『2019年行ってみたい展覧会・福岡版』

    昨年末から始めた大掃除がなかなか終わらなくて、ようやくめどがついたので ブログにやってきました! 今年の展覧会何があるんでしょう?

  • 2018.12.27まで!『ウィリアム・モリスと英国の壁紙展』に行ってきました

    ウィリアム・モリスの壁紙が福岡に! こんな感じの植物の柄をどこかで目にしたことがある方も多いのではないでしょうか? (会場入り口の撮影可能なパネルで撮影) 「生活の中に美を」という思想を持ってデザインされた ウィリアム・モリス(1834-1896)の「壁紙」に焦点を当てた展覧会が 久留米市美術館で行われています。 英国有数の壁紙会社サンダーソン社のアーカイブに保管されている 約130点の壁紙や版木による展示で、 こちらのコレクションがなんと英国外初公開とあらば、 これは行かねばなりません。 左がチラシ。右が展示品の出品リストです。 クリーム色がかった少し厚みのある紙に印刷されていて、 展覧会へ…

  • 東京1泊2日・6つの展覧会を見よう!⑥ボナール展

    『ピエール・ボナール展』 混雑具合◯(人垣一重〜) 展覧会自体は大きな絵も多く、会場も広いので自分のペースで見やすかったです。 私が行った日は平日でしたが東山魁夷展や日展も開催中だったため、 年配の方が多く美術館自体の入館者は多く感じました。 コートなどを預ける人も多いせいか、 一階のコインロッカーの空きを探すのが大変でした。 13時台、館内のレストランやカフェが行列のため外に出て近くの飲食店へ。 昼食を済ませたあと、神田沙也加さんの音声ガイドを借りて、いざボナール展へ。 入口のところの展示から可愛い作品が多そうな予感がします。 浮世絵や屏風から着想を得た作品が並びます。色遣いが可愛くて、平面…

  • 東京1泊2日・6つの展覧会を見よう!⑤ムンク展

    『ムンク展』 混雑具合◎(人垣二重〜) ムンク展の他にもいくつかの展示室で展示が行われており、館内の人数は多め。 まずは空いているコインロッカーを探すところから苦戦しました。 チケット売り場近くよりも、ムンク展の入り口に近いコインロッカーの方が少し空いているようでした。 フェルメール展に比べれば展示室が広いせいか混んでいるものの楽に観られました。 「叫び」の前は列に並んで、立ち止まらぬよう見ていくよう誘導あり。 ムンク=叫び、のイメージで、ムンクは一生病んでいたのだと勝手に思っていました。 画業の全体像が見られるこの展覧会では、幼くして母を亡くし、 10代のころ姉を、20代で父を亡くし、 精神…

  • 東京1泊2日・6つの展覧会を見よう!④ルーベンス展

    ルーベンス展 混雑具合◯(大きな絵が多いので人は多いが見やすい) ミーハーな私の最大の関心はアニメ『フランダースの犬』でネロが最期に見たアントワープ聖母大聖堂に飾られているルーベンスの絵があるのか、ということでした。 残念ながら展示はないものの展示室の入り口前に6分ほどの4K映像があり、 その中で絵を見ることができます。 しかし「これがネロが見た絵です」という説明などはないので 映像を見たわりに記憶には残っていません。無念。 ですが、そんな私のような方にも朗報! お土産売り場のフランダースの犬とコラボしたクリアファイルの裏に ネロが見た『キリスト降架』が印刷されています。 (なんて攻めたクリア…