プロフィールPROFILE

moriburarinさんのプロフィール

住所
北海道
出身
北海道

自由文未設定

ブログタイトル
森ぶらりん
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/mori_burarin
ブログ紹介文
森・山・川をぶらぶらしながら<br>外遊びを楽しんでいます
更新頻度(1年)

47回 / 238日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2019/03/29

moriburarinさんのプロフィール
読者になる

moriburarinさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 全参加数
総合ランキング(IN) 47,774位 49,337位 39,604位 39,667位 46,000位 45,972位 45,859位 978,563サイト
INポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 1,603位 1,644位 1,521位 1,529位 1,636位 1,631位 1,617位 32,906サイト
ネイチャーフォト 43位 46位 45位 45位 47位 46位 46位 674サイト
アウトドアブログ 805位 842位 678位 682位 844位 845位 846位 11,920サイト
自然観察 30位 30位 28位 29位 30位 29位 29位 523サイト
軽登山・トレッキング 76位 82位 67位 67位 83位 84位 82位 657サイト
今日 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 86,776位 86,906位 86,769位 978,563サイト
INポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 2,485位 2,513位 2,481位 32,906サイト
ネイチャーフォト 圏外 圏外 圏外 圏外 57位 58位 57位 674サイト
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 1,681位 1,649位 1,665位 11,920サイト
自然観察 圏外 圏外 圏外 圏外 52位 47位 50位 523サイト
軽登山・トレッキング 圏外 圏外 圏外 圏外 144位 146位 143位 657サイト
今日 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,563サイト
INポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,906サイト
ネイチャーフォト 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 674サイト
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,920サイト
自然観察 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 523サイト
軽登山・トレッキング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 657サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、moriburarinさんの読者になりませんか?

ハンドル名
moriburarinさん
ブログタイトル
森ぶらりん
更新頻度
47回 / 238日(平均1.4回/週)
読者になる
森ぶらりん

moriburarinさんの新着記事

1件〜30件

  • 山形蔵王 御釜~熊野岳 (11月3日)

    山形へ行ってきました。1日目は、山形蔵王御釜から熊野岳へ山登り仙台空港でレンタカーを借り11月5日から冬期通行止めになるエコーラインを走る。天気は上々、ここを走れて良かった!紅葉は終盤。ところどころ綺麗🍁途中の滝駐車場からなんとあっさり5分で御釜に到着。あまりに近くてちょっと拍子抜け(笑)近い分、観光客がいっぱいです御釜は火口湖だと思うけど、凄い濃い色。しかも不透明???なんで???ここから蔵王最高峰の熊野岳へ登山開始噴火の危険性が高い場所なのねしばらくは御釜沿いに歩く。どんどん見え方が変化し、楽しい♬左上の肩にちょこんと見えるのは、駐車場のレストハウス。馬の背へ登り切ると、風景が一変する幾重にも折り重なる山々馬の背に建つ避難小屋これは、噴火時の避難の意味合いが強いみたい避難小屋から10分ほどで、熊野神社に到着...山形蔵王御釜~熊野岳(11月3日)

  • 夕日色🍁夕日岳 (9月20日)

    もう先週のことですが、定山渓夕日岳へ行ってきました。堰堤上の水たまりも枯れ葉色🍂🍂🍂少し登ると・・・期待通りの紅葉トンネルです!♪足下にも秋色ツルリンドウまさに紅葉黄葉ここの上、きれいでした~♬オオカメノキのんびり登って50分ほどで、見晴らしのよい岩場に出ます山肌がもこもこここ、通称「展望台」と呼ばれる所なんですが、まわりの木々が伸びてきてちょっと展望悪くなってきたかな?頂上はまだこの先なのですが、ここより上は落葉していたので戻ります今年は黄色がきれいなんだけど、赤の色づきが惜しいところエゾイタヤの金色この木も赤くならなかったようです針葉樹からの木漏れ日で輝いていました✨夕日色🍁夕日岳(9月20日)

  • 上富良野八景 十勝岳温泉郷 (9月29日)

    上ホロカメットク山から下山したあと凌雲閣前の展望所から紅葉の景色を楽しみました。ピークまであと2~3日という感じでしょうか。とてもきれいでした🍁ナナカマドの朱色や、ダケカンバの黄色が、ハイマツの緑の中に映えていました。ここの左側の斜面が一番鮮やかまた来年!上富良野八景十勝岳温泉郷(9月29日)

  • 上ホロカメットク山

    しばらくほったらかしでした~上ホロカメットク山へ行ってきました。標高が低いあたりの紅葉がとてもきれい🍁上ホロカメットク山

  • 秋の花を愛でる~アポイ岳 (9月8日)

    アポイ岳特有の秋の花を見たくなって、行ってきました!ミヤマウズラ5合目までの樹林帯にはもう花はほとんどなくて、どんどん登ります。この日は蒸し暑かった~。5合目で森林限界を超えます。植物相ががらりと変わり、その中にチシマセンブリ。全体に終わりかけでしたが、咲き立てもちらほら。いました!ミセバヤ!これは葉に鋸歯があるのでヒダカミセバヤでしょう。濃いピンクが鮮やかです。海岸線がきれい~チシマセンブリ(エゾタカネセンブリの型に見えます)あ~マツムシソウお久しぶり!いました!ダイモンジソウ!かわいい~アポイ岳のこの花って、大の字にならないんですよね。かってにアポイダイモンジソウって心の中で呼んでます(笑まるで別の花みたい。岩の隙間に根を張っています。ウメバチソウ一瞬ウメバチかと思ったら、季節外れのチングルマ。咲いててくれ...秋の花を愛でる~アポイ岳(9月8日)

  • 日本三大夜景✨神戸摩耶山

    神戸へ行ったので、夜景を見てきました。日本三大夜景が、函館・長崎・神戸で函館はもちろんのこと長崎の夜景も一応子供の頃に見ているので今回の神戸で3つ制覇。ついでに新三大夜景は、札幌・神戸・長崎らしいのでそれも制覇ね(笑)摩耶山という山へは、ケーブルカーとロープウェイを乗り継いで登ります。山頂の駅からすぐの所に展望台があります。色とりどりね~✨左奥は大阪方面海上に埋め立て地が浮かびますちょっとモヤがかかっていたけれど、とても綺麗で楽しめました✨日本三大夜景✨神戸摩耶山

  • 円山遊歩道 シマリス登場

    円山遊歩道にてシマリスいた!くつろいでいるご様子♬顔を洗い始めました。ひたいの方から鼻先へ何度も何度もなでつけています。かわいい~シマリーが顔を洗うときって、口が逆への字になるのよね。困った顔して洗ってるのが、これまたかわいいのだ。何かに悩んで頭をかかえてるみたい♬顔を洗い終わったら、どこかへ行ってまた戻ってきました。もどってきたら、なんとせっかく洗った顔にまたゴミつけてます(笑)そしてよごれた顔はほったらかしで、今度は手のお手入れ。かわいいから、いいけど😊円山遊歩道シマリス登場

  • 八剣山 岩場の花2

    間が空いていますが、八剣山の岩場の花です。この日のもう1つの目的は、これ・・・↓モイワシャジン藻岩って札幌の地名にある藻岩です。名前も良いけれど、この清楚な佇まい。美しい~💕ほんのりと紫がかった白も麗しい💕がくの形からハクサンシャジンと区別できます。この花は岩場でも、からからに乾燥はしていない根元が他の草に覆われ適度な湿り気のある所が好きなようでした。山頂の岩場足下がスパッと切れ落ちた崖なので、低山の割に高度感あります。・・・と思うのは高所恐怖症の自分だけ?左奥がモイワシャジンの藻岩山。八剣山岩場の花2

  • 岩場の花 (8月19日)

    岩場の花を見に行ってきました。なんとなく漠然と「岩場」へ行けばダイモンジソウが咲いてるかなと思ってたんですが行ってみて分かった。岩場って言っても、乾燥してるか湿っているかで全く生育する植物の種類が違うのねー。・・・考えてみりゃ当たり前だよね。登った山は山頂部が岩場の八剣山。しばらく見ていなかったエゾノキリンソウ5枚の花弁が星みたい☆そして!赤い葯がなんともかわいい~✨花弁4枚もあるのね~。岩の割れ目にお隣さんどうしで咲いてます。花期はほとんど終わりで、あと少しつぼみが残るくらい。来年はもう少し早く見に行こう!他にサボテン的なのもあったっけ?と思いながら探すと・・・いました!アオノイワレンゲエゾノキリンソウと同じベンケイソウの仲間です。両者とも葉が肉厚でしょ。ということはこれ、乾燥した岩場に生えるのねー。水分を蓄...岩場の花(8月19日)

  • ヒガシニホントカゲ

    岩場の花を見に行ったら、トカゲがいた!ヒガシニホントカゲくねくね動く細長い動物が見えたので一瞬、小さいヘビがいると思ったけど、トカゲです。コガネムシをくわえてます。くわえたまま盛んに降り回しています。体から足や羽をもぎとっているみたい。食べやすくするためでしょう。獲物をゲットしてトカゲも興奮しているのかさかんにしっぽをくねくねと動かしてちょっと気味悪いかんじ(ごめん、とかげ)このときは、獲物を地面にぐりぐり押しつけていました。弱らせるためかな?食べ始めました。😱ゆっくり飲み込んでいきます。少しずつ飲み込まれていくコガネムシ完全に飲み込んで腹が膨れるのを見届けようと思ったけどこのあとトカゲ君、茂みに入ってしまいました。今までこのトカゲ、つるんとかわいいヤツだと思っていたけれどやっぱり肉食で獰猛なかんじ。野生の一瞬...ヒガシニホントカゲ

  • ツルニンジン

    あちこちでツルニンジンが咲き出しました。花の少ない季節に咲くのでもともと目立つ存在だけれど今年はこの花の当たり年?ってくらいよく見かけるような気がします。まだ咲き始めなので丸いつぼみがあちこちにコロコロと。折り紙の風船みたいね~。開花横から見る笹の葉に引っかけて、花の中を見ると五角形が何重にもなってます。そして、これ。藻岩山で見た謎のツルニンジン。ツルニンジンinツルニンジン開花したのに、中にまたつぼみがある!まるでマトリョーシカ???なんじゃこれ?中のつぼみが咲いたら、またつぼみが出てきたりして(笑)ツルニンジンinツルニンジン

  • エゾリス子リス

    円山の自然遊歩道で、大人エゾリスや、エゾシマリスを見ていたら・・・ちびっ子登場!エゾリスの若い個体です。この夏に巣立ったんでしょう。どことなく顔つきも幼いし体も大人よりひとまわり小さくて、ほっそり。まだ筋肉ムキムキじゃないね。でも鍛えて早く一人前になるのよー。かわいいなあ~💕と子リスを見てたら・・・いきなり!わ!誰かのぞき込んだ!!再び子リス顔や体は子供っぽくても、手足の指はかなりがっしりしている。これで木々を縦横無尽に走り回るわけね。またね!エゾリス子リス

  • エゾシマリス

    リスの餌場に、エゾシマリスがやって来ました。先客でエゾリスが写真の左の方にいるので・・・エゾリスの様子をうかがいながら、そろそろと近づいていきます。体が1.5倍くらい大きいエゾリスを警戒しています。隙を見ておこぼれにあずかろうとしているんでしょう。と、そのとき、エゾリスがいなくなったので餌場に跳び移りひたすら朝御飯を頬袋に詰め込むシマリーです(笑)みるみるふくらむ頬袋♬でもすぐにエゾリーが戻ってきて、餌場を追い出されたシマリー。しょんぼり・・・気を取り直して手のお手入れよ~お鼻も念入りしっぽも忘れずに(口で汚れをしごき取っているようです)そのあと、なぜか匍匐前進で丸太から地面へ降りて行きました。ピンと一直線に張ったしっぽがかわいい💕エゾシマリス

  • 早朝円山登山

    朝の涼しいうちに低山に登ってさっと降りてくればそれほど暑さに悩まずに済むだろうって作戦で、円山です(笑)山頂低山なので山頂までずっと深い森に包まれています。登山道はずーっと緑のトンネル。札幌市街地山神様にも緑の日傘やや下山してくると・・・あ!エゾリスだ!この子、この姿勢のまま瞬きもせず全く動かないのでもしかして病気?熱中症?・・・とちょっと心配しましたが・・・少しもぞもぞ動き出しました。それでもかなり長時間、この場でおくつろぎのご様子。じっとしてくれるので、いろんな角度から写せる♪で、思ったんだけれど、この角度で見るとエゾリスの耳って大きいのね~。シマリスの耳は小さいので、その記憶と混ざっていたけれど考えてみたら、地下に穴を掘るシマリスは引っかからないように耳が小さくてエゾリスは穴掘ったりしないから耳を小さくす...早朝円山登山

  • あつ~い!

    今日の札幌は、33.2℃あったらしい。あつかったねー気分だけでも涼しくなる画像を探してみました。カジカ沢の滝の氷瀑2月ハクチョウ一家シベリアから避寒です2月オコタンペ山雪と霧氷1月オコタンペ湖結氷中1月あつ~い!

  • ○○○ツガザクラ

    雪解け直後の大雪山ていえば、この花たちよね。○○○ツガザクラ&チングルマ少し前までエゾツガザクラって赤系と言っても、いろんな色があると思っていた。でも、きちんと図鑑を読んだら違うのね。純粋なエゾツガザクラは、色が濃いピンクで開花しても細長いまま。上の写真の花は、そうだと思う(またはそれに近い)。こんなふうに色がうすいピンクで、花の壺がぷっくりしているのはアオノツガザクラとの雑種でコエゾツガザクラと言うらしい。と言っても、薄いピンクって日差しによって見え方が変わるしどんくらいよ?とも思う。(笑)ちなみに上の写真の花は、アオノツガザクラではなくてエゾツガザクラかアオノツガザクラの白花。萼が緑色なのでアオノツガザクラの白花だろうか?でも、まわりにはコエゾツガザクラがいっぱいあったのでその白花って可能性もある。・・・や...○○○ツガザクラ

  • 大雪山 姿見の池周辺 花散策その2

    どの花もきれいに咲いていましたが私の好きなメアカンキンバイも満開で嬉しー♬レモンイエローの花が愛らしいし葉がモスグリーンぽいのが花色と合っていると思うんですよね。きましたー!!霧に霞むチングルマの海♬イヨ!これぞ大雪!!チングルマの大群落で有名な裾合平は今週末~今月末くらいが見頃らしいですね。水滴をまとって、いい感じ。コケモモの花鈴なり🔔エゾノマルバシモツケ桃色タイプエゾノマルバシモツケ白花タイプこれは?雄しべの葯だけ桃色タイプです!初めて見ました。これまたかわいいのだ。コマクサ咲くべき所に咲く姿が美しい樽前山のコマクサは最近すっかり増えてしまったようですが樽前山のものは国内外来生物です。もともと無かったものを人の手によってわずか数株植えられたことが分かっているそうです。この山域にはコマクサの天敵となるウスバキ...大雪山姿見の池周辺花散策その2

  • 大雪山 姿見の池 花散策 その1(7月21日)

    お天気と体調が今ひとつだったのですが、思い切って行ってきました。大雪山天空の花畑エゾツガザクラのじゅうたんエゾノマルバシモツケ霧がたちこめて、さらに後方の残雪からも霧が立ち登って幻想的イワブクロは満開です!バックに旭岳があるんですが、この日は雲の中。数カ所の噴気孔からものすごい音でガスが出ていました。エゾノマルバシモツケ桃色タイプ群落が大きいので見応えあるね~これぞ大雪山チングルマの川がずーっと奥まで続きます。・・・実はここで花に気をとられて、つまずいて転倒(笑)手と膝が痛かったけど、カメラは?!・・・無事でした大雪山姿見の池花散策その1(7月21日)

  • カラの行水

    カラスの行水ではなくってカラの行水はけっこう念入りでした(笑)ビフォー↓アフタービフォー↓ア・・・・・・フター😊濡れ鼠のカラ、かわいい♬きっとプルプルプルってやったら一気に乾くんだろうな~カラの行水

  • ニセコ イワオヌプリ (7月7日)

    この日は天気が今ひとつだったのですが、ニセコ・イワオヌプリへ。ここ数年、見る機会のなかったアカモノを見に行きました。ベル型の白い花に、真っ赤な帽子。かわいい~😊登山道の両側はアカモノでいっぱい✨赤い帽子がけむじゃらなのはご愛敬(笑)イソツツジと一緒にイソツツジもぼんぼりみたいでかわいい♬カエデの仲間の花一見地味だけど、よく見たら花の構造は整っていますねツバメオモトこれ、今年はなぜかどの山でも会う機会がなかったんです。これも最終便てかんじ。会えて良かった!エゾノマルバシモツケ白花が基本ですが・・・たまにほんのりピンク色も。本州の母種が濃いピンクなので、その遺伝子が残っていてたまに発現するのかな?クロウスゴ秋に黒い実がなります。なんでこんな変わった名前なのかと思っていたんだけど調べたら、「黒臼子」臼か・・・。新たな...ニセコイワオヌプリ(7月7日)

  • カワセミ幼鳥

    朝、コーヒー豆を挽いていたら、窓の外に何か動くものが・・・双眼鏡でのぞくと、何か青とオレンジのものが・・・まさか?そーっと、そーっと窓を開ける・・・カワセミ!✨だいぶ遠いし、背景がごちゃごちゃなんですが出勤前に自宅の窓から見られたってことで自分としては☆5のできごとなのだ!(笑)色が薄いので幼鳥かな?親が給餌に来て、魚を口渡しする光景を期待したけどずーっと1羽でした。この子、自分で水をのぞき込んでいたので、独り立ちした子なのかな?しばらくすると、どこかへ飛んで行った。また来てね!調べると、カワセミの幼鳥は・全体に色が薄い・足がオレンジになっていない(成鳥は鮮やかなオレンジ)・胸が黒ずんでいる・くちばしがまだ短いという特徴があるそうです。全部当てはまるので、この子はまだ幼鳥ね。頑張って生き抜けよー!カワセミ幼鳥

  • 富良野~美瑛

    ラベンダー園からの眺め十勝岳連峰です平地からこんなにくっきりと山々が見えるなんて、山頂付近にいる人たちは絶景を楽しんでいるにちがいない・・・!(ちょっと羨ましー)こちらは、所用が終わったあとに寄りました。美瑛の丘の一つです。ここからも山がくっきり✨さて、この日の所用とは何だったかというと・・・法事だったのでした。これ↑は、龍と対峙する怪獣(笑)ちょっと前まで「チビ怪獣」などと呼んでいた甥っ子も、今や中怪獣くらい?空手を習っていて、空手の型を親戚や天国のひいじいちゃん、ひいばあちゃん、大叔父さんに披露しています。富良野~美瑛

  • 中富良野ラベンダー園

    富良野方面に所用があり、ついでにラベンダー園に寄ってきました。早咲きのものが、そろそろ見頃♬爽やかな紫です。ラベンダーの紫って落ち着いた感じで好き✨奥の赤は、赤い花の帯ですこれでやっと北海道も初夏かな~中富良野ラベンダー園

  • オシドリ一家子だくさん

    ぞろぞろとお散歩に水泳あくびちゃん写っているだけで15羽おかあさんといっしょほわほわぽよぽよお母さんはたまに、子供達を草地の方へ連れ出します。子供達は自分でミミズとか見つけて食べていました。見つけたミミズをなかなか飲み込めなくて、その間に置いてけぼりになり大慌てで口からミミズをぶらさげたまま必死に走る・・・なんて子もいました😊オシドリ一家子だくさん

  • オシドリ 子ガモ

    今まで見た中で一番小さいときに見られました💖・・・寝落ち・・・オシドリ子ガモ

  • オシドリ 赤ちゃん

    先週、オシドリのひなが池デビューしたって聞いたので行ってきました!オシドリ一家いたいた!今年も子だくさんね~♬(お父さんは子育てに参加しないので不在です。)文句なしにみんなかわいい~~~~オシドリ赤ちゃん

  • オロフレ山 花ロードその3

    この山のシラネアオイには特別な思い入れがあります。若い頃ってカヤックに打ち込んでいて山は年に2~3度登るくらいだったんですよね。あるときふと思いついて、ぶらっとオロフレ山に来たんです。そこにあったのは、シラネアオイの大群落。何も知らずに来て、ばったり出会ってしまったものだから完全ノックアウト!です。こんな美しい世界があったんだ、と思いましたね~。そこからすっかり花おばさんです。カヤックは、行きたいんだけど慣らし運転も必要だし、両立がこれまた難しい・・・オロフレ山花ロードその3

  • オロフレ山

    オロフレ山

  • オロフレ山 花ロード❁ (6月2日)

    入り口はダケカンバのトンネル朝露をまとうミヤマスミレ他にオオタチツボも多かったです。来週はスミレがもっと開花して、登山道がスミレロードかな?初めて見た?白いカタツムリヒメマイマイというそうなノウゴウイチゴの・・・↓葉水葉の維管束の先端から余分な水分を排出するらしいです。ニョイスミレかわいい~これも朝露でしっとりとしたシラネアオイ花弁のフリルもいいね♪目指すはあの頂上!オロフレ山花ロード❁(6月2日)

  • テシオコザクラ 3

    よく見ると、テシオコザクラっていろんなタイプがあるのね♪この↑タイプがもっとも多いので、これが基本形ね。サクラソウ科植物の花としても、ノーマルな形です。ふぎれタイプ切れ込みなしタイプこれもかわいい♬湿ったところがお好きなようです。その他のお花。道北の平地だからか、こちらでは山に行かないと見られない花も数多く咲いていました。ヒメナツトウダイツマトリソウノビネチドリ後方の紫はアイヌタチツボスミレミツバオウレンゴゼンタチバナ最後に蛇紋岩適応4姉妹をもう一度✨エゾヒメクワガタテシオソウ(オゼソウ)アイヌタチツボスミレテシオコザクラテシオコザクラ3

カテゴリー一覧
商用