住所
出身
ハンドル名
chiakiodateさん
ブログタイトル
美容業界で働くサラリーマン
ブログURL
https://biyo-gyokai.com/
ブログ紹介文
美容業界で働くサラリーマンによる、ヘアケア、美容業界のちょっとタメになる情報
自由文
-
更新頻度(1年)

15回 / 86日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2019/03/28

chiakiodateさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 06/26 06/25 06/24 06/23 06/22 06/21 全参加数
総合ランキング(IN) 26,953位 27,987位 28,235位 28,253位 25,531位 28,545位 28,608位 964,783サイト
INポイント 10 10 10 10 10 0 10 60/週
OUTポイント 10 10 20 20 10 0 10 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美容ブログ 436位 450位 448位 451位 432位 452位 444位 41,474サイト
ヘアケア 8位 7位 8位 8位 8位 8位 8位 757サイト
サラリーマン日記ブログ 139位 147位 143位 149位 122位 148位 147位 11,499サイト
30代サラリーマン 27位 28位 24位 27位 21位 25位 27位 2,715サイト
今日 06/26 06/25 06/24 06/23 06/22 06/21 全参加数
総合ランキング(OUT) 45,595位 47,147位 47,260位 47,308位 49,610位 52,697位 52,859位 964,783サイト
INポイント 10 10 10 10 10 0 10 60/週
OUTポイント 10 10 20 20 10 0 10 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美容ブログ 653位 681位 694位 694位 767位 817位 809位 41,474サイト
ヘアケア 7位 7位 7位 6位 6位 6位 6位 757サイト
サラリーマン日記ブログ 234位 242位 241位 237位 246位 267位 271位 11,499サイト
30代サラリーマン 48位 51位 50位 47位 53位 57位 60位 2,715サイト
今日 06/26 06/25 06/24 06/23 06/22 06/21 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 964,783サイト
INポイント 10 10 10 10 10 0 10 60/週
OUTポイント 10 10 20 20 10 0 10 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美容ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 41,474サイト
ヘアケア 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 757サイト
サラリーマン日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,499サイト
30代サラリーマン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,715サイト

chiakiodateさんのブログ記事

  • amazonの美容業界参入

    先日の日経新聞の記事で、amazonが本国にて美容室向けの商材の取り扱いを始めるということが記事になっていました。 資格を持つ美容師やスタイリスト、エステティシャン向けに業務商材を販売するらしいです。 amazonの担当者のコメント"現在、プロ用美容商品は「競合品がほとんどなく価格競争もない」状態だ。美容師やスタイリストは独立して仕事を請け負っているケースが多いため、それぞれ仕事で使う製

  • QBハウスに見る差別化戦略

    先日テレビをつけていたらたまたまQBハウスの舞台裏みたいな番組をやっていて、思わず見てしまいました。 ヘアカットをするという同じような業界であるにも関わらず、『QBハウス』や『イレブンカット』などのカット専門店は違う業界の話に思えるくらい、美容業界ではあまり意識されていないと思います。

  • 簡単にお小遣い稼ぎができるオススメサイト!!

    最近は主婦の方でもブログで月に10万円以上稼がれてる方も多く出てきたり、アフィリエイトをはじめとして多くの収入を得られる仕組みが生まれています。 ブログやアフィリエイトに関しては、様々情報が溢れていますし、どちらかというと時間をかけてじっくりとサイトを構築していくものだと思います。 そんなのよりも、もう少し簡単にお小遣い稼ぎできたら良いなーという方に向けた、 ちょこちょこお小遣い稼ぎができるオススメのサイトを紹介していきます。 メルカリ 1つ目は『メルカリ』ですが、もはや説明はいらない有名なアプリですね。おそらく皆さんも一度は出品もしくは購入をしたことがあるんじゃないでしょうか? イメージ的には古着や日用品が販売されているイメージが強いかと思いますが、僕がオススメしたいのは 『本』 です!! 漫画、小説、ビジネス書 に関わらず、状態がよければすでに読んでしまった本でも定価に近い金額で売ることが可能です。 さらに、本に関しては、本のバーコードをメルカリアプリの中のカメラで読み込むだけで ・本のタイトル・簡単な本の概要の説明・オススメの値段設定 まで全て自動的に行ってくれます。 なので、あとはその本の写真を撮るだけで簡単に出品が完了です。 また、売れた時に送るのもポストに入るサイズの場合が多く、送料も節約できるし簡単です。 最近では、読みたい本を買った時にすぐにその本をメルカリに出品しておいて、傷つけないように丁寧に読んで、売れたら発送する。という使い方をしている人も多いみたいです。 人気の本であればアマゾンでも売り切れるケースがよくありますし、楽天なのでは本の状態の細かいやりとりも出来ないため、古本の売買はメルカリが主流になっていきそうです。 Crowd Works 2つ目は『クラウドワークス』というサイトです。 こちらもかなり有名なので、名前だけは聞いたことがある方も多いと思います。簡単にどういったサイトかを説明すると、 主に、まとめサイトなどに掲載されているような趣味や美容などの紹介記事をいくつか書けば、その記事に対して報酬が発生するというものです。 もちろん記事を書くだけではなくて、

  • プロテインの初歩的知識!!

    夏が近づくに連れて、通っているジムでも明らかに人が増えてきております。 男女問わず、夏までにスリムな体を手に入れたい!! と思っている方が多い(しかも年々増えている!!)と思います。 体を絞ったり、鍛えたりする上で、必ず付き合っていかないといけないのが プロテイン だと思います。 すでにガチでトレーニングしている人は別として、まだまだプロテインに関しては情報をきちんと持っている方は少ないと思います。 なので、プロテインに関するベーシックな情報をお届けしていきます。 プロテインてなに?? プロテインの意味 まずはそもそもの『プロテイン』の意味ですが、 『プロテイン』は英語で、直訳すると『タンパク質』という意味です。 『プロテイン』と聞くと、体を大きくするためのサプリメントのようなイメージが強いと思いますが、ただ単に『タンパク質』という言葉なんですね。 ただ、よく商品として発売されている『プロテイン』に関しては、タンパク質だけではなく、ビタミンや鉄分やカルシウムなども含まれているため、商品としての『プロテイン』はただの『タンパク質』とは少し違います。 タンパク質の役割 当たり前の話ですが、筋肉はタンパク質でできています。 なので、筋トレをしたらタンパク質を摂取するためにプロテインを摂取するのですが、 実はタンパク質は人間の体で以外にも多くの部分で働いています。 人間の体は、およそ60%が水でできているというのは皆さん学校で習って知っている情報かと思いますが、実はその次に多いのが『タンパク質』です。 体全体のおよそ20%程度をしめ、水分を除くとおよそ80%がタンパク質にあたります。 筋肉以外には、骨、髪の毛、爪、血液、内臓、皮膚 に至るまでが全てタンパク質でできております。 なので、筋肉をつけるだけでなく、健康的な体を目指すためにはタンパク質というのは欠かせない栄養分になります。 タンパク質の必要量 では、どれだけタンパク質を摂取すれば良いのかということですが、 厚生労働省が、1日に必要なタンパク質の摂取量というのを決めています。 厚生労働省より抜粋 大体成人男性であれば1日あたり60g、成人女性であれば1日あたり50gが必要となっています。

  • これからの時代のプロモーション

    先日twitterを見ていたら、こんな投稿がありました。 こんな感じでミルボンさんが作ってる商品のイメージを 『SNS』や『ブログ』で自由に使って良いよ! という内容でした。 さすがミルボン。 今の時代は1億総クリエーター時代。個人個人がSNSのアカウントを持って、ライフスタイルや気に入った場所やモノを自由に発信している時代です。 少し前までは「プロモーション」といえば、テレビCMや、街頭での宣伝活動などが代表的だったと思いますが、今はメーカーからの発信よりも インスタグラマー youtuber ブロガー の方が影響力を持っている時代。 実際、最近では多くの美容メーカーが新商品を発売する時はまずは有名美容師さんや人気のあるサロンモデルさんなどを使ってSNSにアップしてもらうというのが一般的になってきました。 ディーラーさんを通して1件1件の美容室に案内していくよりは、おそらく効率が良いんだと思います。 そんな中、今回のミルボンさんの取り組みは、美容師さんはもちろんですが、 ブロガーさんや一般消費者の方までを巻き込んだ仕組み。 こういった素材があった方がブログやSNSの見栄えが上がるし、何よりもおしゃれな素材があるというのが記事を作るきっかけになるので、うまい取り組みだな〜と思いました。 元マクドナルドの足立さんやキングコング西野さんなんかも言っていましたが、 『いかに多くの人に話題にしてもらうか』 ということが今は一番のキーワード。 商品を作ったり、キャンペーンをする時は、 どうやればtwitterで呟いてくれるか、Instagramにアップしてくれるか、youtubeで紹介してくれるか、ブログで記事にしてくれるか、 ということをちゃんと考えたいですね。 美容室も、新しいメニューをスタートする時は、どうすればお客さんがインスタやツイッターやホットペッパーの口コミをしてくれるかということを決めてからの方が成功率は上がりそうです。

  • 人が辞めないお店作り

    美容室は年々増加しているのに対し、美容学校の入学者数は5年連続で最低を更新中。 美容師のなり手がどんどん減少し、美容師側が働きたいお店を自由に選べる時代になっています。 よっぽどブランドが確立しているお店以外は、給与や休日や勤務形態、福利厚生など条件のいいお店に人気が集まるため、どこのお店も給与や働き方の見直しを徹底しないと行けなくなっています。 また、フリーランスサロンの台頭により、アシスタントの給与を上げて頑張って育てても、デビューした途端にそういったサロンに取られてしまうということも頻繁に起こっており、若手美容師の確保が課題となっています。 その若手の確保のために、いろんな雑誌で今の世代の子達の接し方や教育の仕方について特集が組まれているので、今回は髪書房から発売されている会員制の雑誌、 「NEXT LEADER」の4月号の内容をまとめていきます。 新卒の傾向 今の若手は、「絶対評価」で、ゆとりでもさとりでもなく、「尽くされて愛されて」育った世代。人間関係の繋がりは狭くて深い。また、「競争よりも協調」を大事にしている。 このような背景により、合理的かつ現実的にものごとを捉える傾向にあります。目的が見えていないものごとには関心を示さず、自分がその目的や考えに共感できるかどうかを重要視するらしいです。 つまりは行動の先の目的が見えていないと、細かい気配りは一切できません(しません)。 なので、・何のために雑誌を出すのか・何のために掃除をするのか・何のために飲み物を出すのか・なぜ気配りが必要なのか・その結果、その子がどうなれるのか ということを丁寧に説明してあげないといけないということです。 人が辞めない風土づくりのための7つのキーワード 以上を踏まえた上で、若手スタッフの定着のためにサロンが取り組むべきことを7つ挙げています。 ①働く目的を描かせる 美容の仕事を通じてどうなりたいのか、夢を明文化することが大切。そのために必要なビジョンや目標値を設定、共有し、現状とのギャップを伝えることで成長意欲を促していく。 ②「美容業界だから・・・」はNG

  • ストレートパーマと縮毛矯正の違い

    そろそろ梅雨の時期を迎えようとしてます。 クセでお悩みの方には年で最も嫌なシーズンですね。 実は、日本人の7割の方はクセで悩んでるらしいです。昔に比べるとカールアイロンやストレートアイロンなどの発展により、毎朝時間をかければかなりキレイに見せる事は可能ですが、湿気が多い日はどうしても広がりやうねりが気になる。 そういった時に頼りになるメニューが 「ストレートパーマ」や「縮毛矯正」 です。 憧れのサラサラストレートを手に入れるためにストレートや縮毛矯正をやりたいけど、どっちをやればいいの?と思ってる方も多いと思います。 なので今回はそれぞれの特徴やメリットデメリットについてお伝えしていきます。 ストレートパーマと縮毛矯正の違いは? 1番の違いは『まっすぐにする力』です。どちらも髪をまっすぐにするという目的は同じですが、クセの度合いや髪質、ダメージ度合いによってどちらを選択すればいいのかが変わってきます。 また、メニュー料金なども変わってきますので、信頼できる美容師さんであればいいですが、初めて行くお店でストレートや縮毛矯正のメニューを考えられている方は、最低限ご自身でも知識を身につけておいたほうが良いでしょう。 縮毛矯正 パーマと同じく1剤と2剤のお薬を使用します。 まず、1剤を塗布して放置する事で、髪の毛を柔らかくし、髪の内部の結合を切断していきます。 その後、アイロンの高温の熱によってまっすぐな状態に整えます。 最後に2剤を塗布して切れていた結合を再度くっつけてまっすぐな状態を持続させます。 縮毛矯正に関しては、文字の通り、縮れているくらいクセの強い毛を伸ばすために使われるので、かなり頑固なクセをしっかりと伸ばす事ができます。 凸凹になっているような髪の毛でもまっすぐにできるくらい強いので、もちろんボリュームはかなりダウンしますし、髪の毛に対するダメージも非常に強いです。 なので、 ダメージしてもとにかくまっすぐにしたい!! まっすぐな状態を長期間キープしたい!! という方にオススメです。 ストレートパーマ 基本的な設計は縮毛矯正と同じで、1剤と2剤で髪の毛を伸ばしていきます。

  • 髪、頭皮への紫外線の影響!!

    最近はちょこちょこ半袖を着る機会も増えてきて、日焼け止めを使い出してる方も多いと思います。 髪の毛に関しても、3年くらい前から髪用の日焼け止めスプレーとかオイルとかも出てきてるので、なんとなく髪も日焼け止めした方がいいのかなーというイメージはあると思いますが、実際にどういった影響があるのか?というところはわかりにくいと思うので、簡単に説明していきます! 紫外線で髪はダメージを受ける 髪の毛は、太陽に一番近いところにあり、お顔よりも紫外線の影響を受けやすいと言われています。しかも、お肌と同じく髪の毛にもメラニンがあり、ある程度紫外線は吸収してくれますが、ブリーチやハイトーンのカラーをしていればメラニンは削られてメラニン本来の働きはしてくれなくなります。 また、キューティクル部分にはもともとメラニンは存在していないため、紫外線の影響をモロに受けてしまいます。 特に、プールや海など水に濡れた状態で紫外線を浴びると、髪の内部で酸化が起き、カラーの色落ちやパサつきの原因となっていきます。 なので、夏場でも綺麗なカラーを楽しみたい、ツヤのある髪で痛い、という方は、髪の毛の紫外線対策が必要になります。 髪の毛用の紫外線ケア商品 一番手軽に使えて、尚且つ種類も多いのはやはりスプレータイプです。 美容室専売品のメーカーさんからもたくさん商品が発売されていますし、最近ではドラッグストアでも手軽に見つかれことができます。 スプレータイプ メリットは、 ・髪の質感にあまり影響しないので、外に持ち運んで重ね付けができる・香り付きのモノが多いので、髪の毛の香水代わりに気に入った匂いをまとえる・手が汚れず、まんべんなく付けれる ということが挙げれると思います。 デメリットは、 ・補修効果は期待できない ということくらいだと思います。 オイルタイプ 次に多いのはオイルタイプで、こちらのメリットは、 ・紫外線ケアと同時にツヤとまとまりも足せる・天然系の商品が多く、安心して使える・紫外線以外にも、摩擦や熱からも守ってくれる デメリットは ・重たくなりすぎるために重ね付けできない・一番紫外線を受けそうなトップに塗布しにくい という感じです。 クリームタイプ その次に人気なのはクリームタイプになります。

  • 飛び蹴り美容師

    今日の朝一のTwitter見てたらこんな記事が。。 ホットペッパーに書かれていた評価の悪い書き込みを不正に消していたために、掲載解除を言われたから激昂して引き摺り回して飛び蹴りくらわせたらしいです。。 また美容師の評判が。。 最近はタレントの篠田麻里子さんとか、三船美佳さんとかの結婚相手が美容室経営者とかで、 いいニュースが多かったんですけどねー。 アパレル業界は、ZOZOで服売ってもらってたブランドがZOZOが安売りすることで離れていったけど、美容業界はホットペッパーがどれだけ契約料金あげて安っぽく見せようが離れていくところが少ない。。 特に個人店なんかは、自分で集客ができてないところは間違いなく淘汰されていくと思うので、ホットペッパーとの距離感は考えた方が良さそうです。

  • 飛び蹴り美容師

    今日の朝一のTwitter見てたらこんな記事が。。 ホットペッパーに書かれていた評価の悪い書き込みを不正に消していたために、掲載解除を言われたから激昂して引き摺り回して飛び蹴りくらわせたらしいです。。 また美容師の評判が。。 最近はタレントの篠田麻里子さんとか、三船美佳さんとかの結婚相手が美容室経営者とかで、 いいニュースが多かったんですけどねー。 アパレル業界は、ZOZOで服売ってもらってたブランドがZOZOが安売りすることで離れていったけど、美容業界はホットペッパーがどれだけ契約料金あげて安っぽく見せようが離れていくところが少ない。。 特に個人店なんかは、自分で集客ができてないところは間違いなく淘汰されていくと思うので、ホットペッパーとの距離感は考えた方が良さそうです。

  • 最近の美容ディーラーの潮流

    美容室に関しては、少し前に書いたブログ『最近の美容室の潮流』でも触れていましたが、完全にフリーランスやFC展開の美容室が主流になってきています。 3年前くらいまでは独立される方の方が圧倒的に多かった印象ですが、ここ最近は独立という選択肢もいくつかある選択肢の一つというくらいになってきたんじゃないでしょうか? 今後も確実に独立する人は減っていくと思いますので、まだまだFC展開の会社は増えると思います。 それに対して美容ディーラーさんですが、こちらも近年M&Aによって1社1社の拡大化が進んできています。 M&Aが増えている理由はいくつかありますが、1番の理由は『値引き』だと思います。 今や定価で商品を買ってくれる美容室は2割もないんじゃないかというくらい値引きでの取引が前提になっているため、小規模で展開されているディーラーさんはどうしても規模の大きい会社さんには値引きで対抗することができず、大手と手を組むことによって社員や会社を守ろうという形です。 2つ目の理由は、『取り扱いメーカーの豊富さ』だと思います。 様々なメーカーさんからひっきりなしに新商品が発売され、売れる商品がコロコロ変わる中、売れる商品を扱っていないというのはかなりのウィークポイントになります。だからと言ってその都度メーカーさんと契約できるわけではないですし、新しくメーカーと取引するには様々な障壁がありなかなか新しくメーカーは始められないのです。 なので、大手の会社と組み、倉庫を一緒にすることでそれぞれが取り扱っているメーカーさんの商品をそれぞれで扱えるようにしましょうという形です。 3つ目は跡取り問題です。 この業界は政治家さんばりに2代目、3代目の社長が多いです。 美容室、ディーラー、メーカー全ての業種の8割は2代目社長といってもいいんじゃないかと思います。そこで、自分が現役でバリバリやってた時はいいですが、だんだん現場も回らなくなってきたときに社長を引き継げる人がいなかった場合に、社員を預ける形で大手の会社と手を組むという形です。 4つ目は『ブランディング』です。

  • トリートメント、コンディショナー、リンスの違い

    最近はリンスはあまり聞かなくなってきましたが、コンディショナーは市販品ではまだまだ多いかと思います。 なんとなく「トリートメント」が1番良いようなイメージはあると思いますが、トリートメントやコンディショナー、リンスの意味がわかっていれば、ドラッグストアで頭を抱えなくても良いと思いますので、今回はこれらの違いを簡単に説明していきます! まずはそれぞれが直訳するとどういった意味なのか? ●トリートメント・・・「扱い、処理、治療、手当」etc... ●コンディショナー・・・「調節する人、エアコン、トレーナー、化粧水」etc... ●リンス・・・「すすぐ、ゆすぐ、洗い落とす」etc... といった意味になるみたいです。 これだけである程度答えは出てますね。 リンス 『リンス』には、「すすぐ、ゆすぐ」という意味から、 すすぎやすくする という目的がメインになります。 昔のシャンプーは洗浄力も強く、手触りを整える成分などもほとんど入っていなかった為、引っかかりやきしみを軽減してすすぎやすくする為に作られていたのが『リンス』です。 最近はシャンプー剤の洗浄力もマイルドになり、シャンプーだけでもきしみや引っかかりが出にくくなったので、『リンス』の需要がなくなってきてます。 コンディショナー 『コンディショナー』は、「調節する、化粧水」という意味から、 毛髪表面のコンディションを整える という目的がメインになります。 引っかかりやきしみも抑えながら、毛髪表面のダメージ補修や表面のコーティングを行うのが『コンディショナー』になります。 毛髪ダメージもそこまで感じず、しっとりな質感が苦手な方にはオススメです。 トリートメント 『トリートメント』は「治療、手当て」という意味から、 毛髪ダメージを補修する という効果があります。 頻繁にヘアカラーをしていたり、かなりハイトーンカラーをしていたり、枝毛が気になる方など、内部からきちんとダメージ補修をしたい方にオススメです。 もちろんトリートメントにも表面をコーディングしたり、表面のダメージ補修を行う効果もあるので、ダメージが気になる方は『トリートメント』一択ですね。

  • 頭皮の基礎知識

    頭皮について勉強したことありますか? 僕は最近までなかったです。育毛剤やシャンプーなどは気になって色々調べたりはするのですが、そもそもの頭皮がどういったものなのかということを全く知らなかったのですが、調べてみると色々と意外なことがわかってきました。 多分知っておいて損はないと思いますし、おそらく今後の頭皮ケアについての考え方が変わると思います。 頭皮はツボの宝庫!! これは何となく知っている方も多いかもしれませんが、頭皮には無数のツボがあります。ツボ押しのマッサージといえば、主に「足の裏」のマッサージをイメージされるかと思いますが、実は頭皮にもたくさんのツボがあります。体全体を支えている足とは違いますが、体の中で一番重力がかかる場所が頭皮になります。 また、最近はパソコンを使うことが多かったり、スマホをみる為に前かがみになっていたりする為、これまで以上に頭皮に負担がかかってます。その頭皮のツボを刺激することで、育毛だけでなく全身に対してもいい効果をもたらしてくれます。 ただ全部のツボを知るのは大変なので、主要なツボだけいくつかご紹介します。 引用元: ・百会(ひゃくえ)・・・頭皮のてっぺんにあるツボです。自律神経を整える働きがあり、心身を正常にする効果があります。疲労回復やリラックス効果にも期待できるツボになります。 ・和りょう・・・耳ともみあげの間にある窪みの部分です。主に眼精疲労や頭痛、肩コリに効果があります。また、リンパの流れにつながるところでもあるので、軽く回しながらマッサージをするのが効果的です。 ・風池(ふうち)・・・うなじの一番外側辺りにあり、首の筋の少し後ろぐらいのツボです。眼精疲労や肩コリ、血行促進に効果があります。 ・天柱(てんちゅう)・・・うなじの生え際辺りで、風池よりも内側にあるツボです。デスクワークされている方には一番ぴったりのツボで、眼精疲労、肩コリにも効果的で、押すと一番気持ちいいツボでもあると思います。 まずはこれだけでいいので、毎日お風呂に入っている時や、仕事中疲れを感じた時に軽く押してみてください。 頭皮には筋肉がほとんどない!?

  • 洗い流さないトリートメントの正しい選び方

    最近はお風呂でのシャンプートリートメント以外に、髪の毛を乾かす前に洗い流さないトリートメントをつけるというのも当たり前になりましたね。おそらくヘアケアにこだわっている方は1つか2つは洗い流さないトリートメントを使用されてると思います。 ただ、洗い流さないトリートメントといっても、 ・オイルタイプ・クリームタイプ・ミストタイプ・バームタイプ と種類は様々あります。 それぞれに特徴があるので、 なんで洗い流すトリートメントをした方がいいのか? それぞれどんな特徴があるのか? ということをまとめていきます。 洗い流さないトリートメントを使用する目的 まずは、なんで洗い流さないトリートメントを使用した方がいいのかというところですが、1番の目的は 『熱、摩擦から髪の毛を守る』 というところになります。 髪の毛が濡れている状態というのは、お水をパンパンに含んでちょっとの摩擦でも髪が傷みやすくなっていますし、それを乾かすドライヤーの熱でも髪が乾燥しすぎてダメージに繋がってしまいます。髪を乾かす前に洗い流さないトリートメントを使用することでそういった摩擦や熱から髪の毛を守ってくれます。 なので、美髪を保つためには、必ず洗い流さないトリートメントを使用した方がいいです! で、実際にどういったモノを選べばいいのか?ということをこれから紹介していきます。 オイルタイプ おそらく1番認知度があり、使用されているタイプだと思います。 オイルタイプのメリット 「髪の毛1本1本を油分の皮膜で守ってくれるので、熱や摩擦から守ってくれる効果が高くツヤが出やすい」です。 最近はさらっとした質感のモノも多いので、ツルッとツヤっとした質感を求める方には相性のいいタイプだと思います。 オイルタイプのデメリット ほとんどのオイル系のアイテムは、表面に皮膜をはるだけのモノなので、髪の毛を補修する効果は一切持っていないです。あくまで今以上ダメージを進行させないための保護的なモノです。後は、付けすぎると若干ベタつきやすいため、毛量が多い方などは少量を薄く伸ばしながら何回かに分けて付けた方が均一に付けやすいです。 クリームタイプ 続いて認知度が高いと思われるクリームタイプです。特に市販品で多いですね。

  • 意外と情報が少ないヘアブラシの選び方

    髪の毛を乾かす時やスタイリングの時にヘアブラシは使ってますか? 近年、ドライヤーやコテなどは非常に効果なものが注目されて、高級なものを使われている方も多いと思いますが、ヘアブラシの使いこなしによってダメージケアや日々の生活が大きく変わってきます。 でもどんなブラシを使えばいいのかわからない??といった方に、ブラシの選び方をお伝えしていきます! ヘアブラシの効果 あまり知られていませんが、ヘアブラシには下記のような効果があります。 ・髪の毛のもつれをほどき、乾かしやすくする・髪の毛の汚れや埃を取り除き、シャンプーをしやすくする・ボリュームをUPさせたりDOWNさせたり、スタイリングをする・キューティクルを整えてツヤを出す・頭皮の汚れを取り除く・頭皮の血行促進、マッサージをする ヘアブラシをうまく活用することで、シャンプーやドライヤーの時間を短縮できたり、ツヤツヤの綺麗な髪に見せることができます。 ヘアブラシの種類 いろんな形があるし、毛質も全然違う。金属製だったり木製だったりプラスチックだったり。様々種類はありますが、大きく分けると「デンマンブラシ」「ロールブラシ」「クッションブラシ」「スケルトンブラシ」の4つに分けられます。 デンマンブラシ 一番代表的なブラシになるのかな?形的にも万能タイプで、もつれをほどいたり、ブローに使ったり幅広く活用できます。そんな中でも、・髪をしっかりとかしたい・ボリュームを抑えたい・頭皮をマッサージしたいという方にオススメです。 ロールブラシ ロールタイプで、多くのものは豚の毛や猪の毛など、動物の毛を利用しているのが特徴で、ブローの際に使用します。美容室で髪の毛を乾かす時に美容師さんがよく使ってると思います。もちろんかなりの技術が必要ですが、これを使って乾かすだけでツヤも出てまとまりも作れる魔法のようなブラシです。・クセをしっかり伸ばしたい・ツヤを出したい・根元をふんわりさせたい・毛先にカールをつけたいという方にオススメです。 クッションブラシ

  • TOKIOインカラミトリートメント取り扱いディーラー一覧

    今美容室で行うトリートメントで一番人気があるのは 『TOKIO インカラミ トリートメント』 だと思います。 特許取得の技術で、毛髪内部からしっかりとケラチンのケアを行いながらも、その仕上がりの軽さや柔らかさに絶大な支持をされ、青山・原宿を中心に美容業界で名だたる美容師さんがこぞってTOKIOを使用されるようになりました。 ケラチンケアの重要性についてはこちらの記事を参照して下さい 8年経った今でも人気は衰え知らずで、全国の様々な地域からお取り扱いについてのお問い合わせを頂いております。 ですので、今回は現在『TOKIO』をお取り扱い頂いている代理店(ディーラー)様を記載しておきます。TOKIOが気になっている美容室様はお近くの代理店様にお声かけしてみて下さい。 注)アイウエオ順で表記 株式会社 アドバコーポレーション 株式会社 アルファコーポレーション 今井物産 株式会社 株式会社 インテンス 株式会社 宇賀 株式会社 かけい 株式会社 かすが 株式会社 ガモウ関西 株式会社 菊池 株式会社 キムラビューティサプライ 株式会社 コスモ ゴロイビューティープランニングディーラー 株式会社 タチカワ 株式会社 谷商会 株式会社 東和 パルトナコーポレーション 株式会社 株式会社 ビューティサポートウィズ ビーエムサプライ 株式会社 株式会社 マーキス ミズノ 株式会社 ミシマ 株式会社 ミツイコーポレーション 株式会社 有限会社 ミヨシ 株式会社 レボ まだこれからも代理店様を増やす予定はあるらしいので、今お住いのエリアに代理店様が見つからなかった場合はお気軽にお問い合わせください。

  • メーカーとディーラー、働くならどっちがいいの?

    ・今現在美容ディーラーとして働いているけど、メーカーに転職したい。 ・今就職活動中で、美容業界に入りたいけど、メーカーとディーラーどっちが良いのかな?? ・今美容師として働いているけど、メーカーかディーラーのどちらかに転職したい。 など、それぞれ様々な悩みがあるかと思います。 僕自身も、実際に面接を受けるまで『美容ディーラー』って職業があることも知らなかったですし、どんな事をするのかももちろんわかってなかったです。 僕はディーラーで働いた後にメーカーとして働いているので、悩んでいる人にとって少しでも参考になればと思います。 注)僕自身営業しかしたことないので、営業職の方に向けた内容になります!! どっちが良いの!? まず結論からお伝えすると、どっちが良いのかはわかりません!! どちらにも良いところややりがいを感じれるところがあるので、ハッキリ言ってそれぞれの好みで選んでもらうしかないと思います。 なので、しっかりと比較できるようにそれぞれの仕事内容についてまとめていきます。 仕事内容 まず、それぞれの大枠から見ていきます。 メーカーは、自分達で商品を作って、それをディーラーさんに販売します。 ディーラーは、メーカーから商品を買って、それを美容室に販売します。 ZOZOTOWNで例えると、 ZOZOに出品しているユナイテッドアローズやNIKEなどがメーカー、 いろんなメーカーの商品を扱ってるZOZOがディーラーという位置付けになります。 なので、 メーカーは、いい商品を作って、それをディーラーに販売してもらうのが仕事、 ディーラーは、たくさんあるメーカーの商品の中で、その美容室にあう商品を提案するのが仕事。 になります。 それぞれの1日 同じ業界で、美容室をターゲットにした仕事なので、なんとなくの仕事は似てますが、先ほども書いた通り、メインの販売先が違うので、1日1日の仕事の仕方も変わってきます。 それぞれの、とある1日のスケジュールを比べてみます。 ◆メーカー 9:00〜11:00 ディーラーさん訪問。営業さんとコミュニケーションを取りながら商品の説明。 11:00〜19:00 ディーラーさんと同行して美容室を訪問。自社商品の案内。

  • プロが教えるシャンプーの選び方!!

    お顔はすっぴんになっても髪の毛が綺麗であればすっぴん5割り増しくらいの効果があると思っています。現在も髪の毛を綺麗にするために色々な努力をされているかとは思いますが、美髪への1番の近道は 良いシャンプートリートメントを選ぶ事!! だと思います。 もちろん ・なるべく髪を傷ませないような施術をしてくれる美容室を選ぶ・美容室でトリートメントをしてもらう といった事も非常に大事ですが、そんなお店で自分に合うスタイリストさんと出会えるかもわからないので、上記の2つは自分ではなかなか決めれない事ですよね。 それに、シャンプートリートメントは365日毎日向き合わないといけないものなので、お肌の基礎化粧品と同じく非常に大切です。 なので、今回はどんなシャンプーを選べば自分の髪にとって良いのか?がわかるように丁寧に説明していきます。 市販品と美容室専売品の違い まずはじめに、市販品と美容室専売品の違いから説明していきます。 基本的に、市販品も専売品も基本的な設計は同じで、シャンプーは ・お水・洗浄成分・補修成分・その他の成分(増粘剤、防腐剤、香料など) でできています。 それぞれの配合比率と使っている成分 によって仕上がりに大きな差が出ています。 ざっくりですが、こんな感じのバランスになります。 市販品は、お水に対して洗浄成分の比率が非常に高く、補修成分が少ないのに対して、美容専売品は補修成分の比率が非常に高いです。 なので、『市販品と美容専売品は何が違うの?』と聞かれたら、まずは『補修力が1番の違い』だとお答えします。 もちろんそれ以外にもかなりたくさんの違いがありますので、今からは補修効果以外のところをお伝えしていきます。 界面活性剤について 補修効果の違いの次に大きな違いとなるのが洗浄成分、つまり界面活性剤の違いになります。 洗浄力が強すぎると、お肌に必要な油分までも取りすぎて、頭皮にも良い影響がないですし、もちろん髪の毛に必要な栄養分も奪ってしまうのでバッシバシになります。 なので、化粧落としと同じで、 いかに肌と髪に負担をかけずに汚れを落とすか? というところが市販品と美容専売品の違いになります。 界面活性剤の役割

  • 短期間で効率よくマッチョに見せる方法

    趣味で1年前から筋トレをしてます。 とはいっても地域の自治体が提供している1回600円くらいのジムに週1回行くか行かないか程度で、まだまだ体はぶよぶよですが。。 それでも1年以上筋トレを続けてきて色々と気づいた事があるので、それを皆さんと共有したいと思います。 正しいフォームを身につけろ!! 重さよりもフォームが大事 ある日、僕が通っている地域のジムにゴールドジムのタンクトップを着たゴリゴリのマッチョのイケメンの方がいました。 地域のジムなのでゴリゴリのマッチョの方は滅多にいないため、めちゃくちゃ目立ってました。 そのゴリマッチョの方は3人の生徒さんのような方を引き連れて筋トレの仕方を教えてました。 3人とは友達という感じではなく、どうやら個人的に生徒を集めてお金をもらって筋トレを教えているような雰囲気でした。 僕は普段はイヤホンをして音楽を聴きながら一人で黙々と筋トレをしているのですが、あまりのマッチョの方の体の凄さが気になって、なにげなくイヤホンをさしたまま音楽をオフにして内容を聞いてみました。 すると、話されているのは、軽い重さでもいいから、 ・正しいフォームで・どこに効いているか をしっかりと意識しながら行う事が大事という事でした。 実際そのマッチョの方も、体のわりには凄く軽いダンベルで筋トレを行なっていたのですが、めちゃくちゃしんどそうにしてました。 その人達が帰った後にこっそりと聞いた正しいフォームを試してみると、 普段よりも軽い負荷でも、確かにダイレクトに効かせたい筋肉に効いてるという感じがめちゃくちゃありました!! 今まではがむしゃらにより重たいものをあげればいいと思っていたので、授業料を払いたくなるくらい衝撃を受けました。 なので、これから筋トレを行う方は、まずはジムに通ったら基本的なフォームをインストラクターの人に教えてもらうか、本やユーチューブなどでしっかりと勉強してから筋トレを行なった方がより短期間で効率よく鍛える事ができます。 目指す体を明確にイメージする 正しいフォームを身に付けるのと同時に大事なのが、どんな体になりたいのか?

  • シリコンは悪者なのか!?

    シリコンについて ディーラーとして働いている時のことですが、ある時から急に、 「このシャンプーはシリコン入ってますか?」 と聞かれることが増えました。 最近では割と落ち着きましたが、本当に一時期は出る商品全てに 「ノンシリコンかどうか?」 という説明をしてたと思います。 その時はあまりのノンシリコンブームだったので、僕自身も一瞬 シリコン = 悪者 という認識までしていました。 ただ、オーガニックのメーカーさんの話を聞いたり、色々勉強していくと シリコンて以外とええやつやん という認識に変わっていったので、改めてシリコンについての情報を共有したいと思います。 シリコンの役割 シリコンは、主にヘアケアやスキンケアで使われているものに関しての正式名称は "シリコーン" といいます。 wikipediaで調べてみると、 シリコーン (silicone) とは、シロキサン結合による主骨格を持つ、合成高分子化合物の総称である。 語源は、ケトンの炭素原子をケイ素原子で置換した化合物を意味する、シリコケトン (silicoketone) から[1]。 と書かれています。訳がわからないですね。。 このシリコーンですが、オイルやゴム、おもちゃや医薬品など、実に幅広く様々なジャンルで活用されており、世界的な市場規模でみると、70億ドルもの市場らしいです。 どーでもいい情報ですね。。 ヘアケアで使用される際のこのシリコーンの役割についてですが、主に 『表面をコーティングして、摩擦を軽減し指通りとツヤを作る』 という働きがメインになります。 言い換えれば、コーティング以外には役割がないので、ダメージ補修効果は一切ありません。 コーティング剤としては、ベタつかず、伸びがよく、熱からも守ってくれて、ツヤも与えてくれるという、正に万能な成分です。 ただ、皆さんが気にされるのは、 このシリコーンのコーティングの蓄積によって 毛穴が詰まる!!コーティングされ過ぎてベタつく!!カラーが染まらなくなる! といった事だと思います。 ところが!! 成分に詳しい人や、大手のメーカーさんに言わせれば、 「シリコーンが頭皮や毛穴を詰まらせることはない!!」

  • 美容室のコンビニ化

    美容業界では耳にタコができるくらい頻繁に言われている事ですが、10年前あたりからずっと美容室はオーバーストア状態です。 実際件数は、2018年度現在で 243,360件(前年度より3,061件増加)美容師人口は509,279人(前年度より4,581件増加) という状況です。 ちなみにコンビニの件数は 56,692件(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート等全てを合わせた合計)で、警察官の人口は全国で 255,250人らしいです。 実に件数はコンビニの4倍以上、人口は警察官の2倍以上といった数字で、明らかに多いのがお分かりいただけると思います。 ただ、最近美容業界で話題になっている美容室を見てみると、前回のブログでも書いたファストサロンさん以外に、 居抜き、もしくは買取型のFC展開サロンがかなり増加しています。 どういうことか簡単に説明すると、 ・居抜き物件を仕入れて自社ブランドのサロンのFCオーナーになってくれる美容師さんを探す ・主に個人でサロンを経営しており運営が上手くいっていないお店を買い取り、元のオーナーさんはFCオーナーとして働いてもらう といった事です。 これだけ美容室が増えてくると、いかに技術に自信があってもなかなかそれだけでは集客できません。さらに、技術に自信があったが故に、『経営』をいう事をあまり考えなくてもやってこれたというのも重なって大変な思いをしている美容室がたくさんあります。 そういったサロンさんに対して、『経営』が得意な会社がサロンの運営に携わる事で、技術に専念でき、またサロンワークを頑張れる。といった仕組みです。 そう、正にコンビニ経営と同じ考え方です。 「場所と箱、商品やブランドを与えて、その中でオーナーとしてお店の売上をあげてくださいね!」 という業態で、 コンビニと同じで、店舗数が増えれば増えるほど知名度も上がり集客がしやすくなる、店舗数が増えて会社の規模が大きくなるほど、1店舗あたりの運営コストを抑えれる。 ので、近年こういった店舗が激増しており、今後もっともっと増えていくと考えられます。

  • 最近の美容室の潮流

    最近は低価格をウリにしたサロンさんの店舗拡大が著しいですね!!100億円で事業を売却したAguさんや、今や160店舗を超えるAUBEさん、ホットペッパーの集客数No.1のALBAMさん、それ以外でも、CIELさんやLUXBEさん、Lafithさんなど、店舗を拡大して業界を賑わしているのは低価格のサロンさんばかりです。 これらのサロンさんの美容師目線での特徴は、 ・フリーランスで働ける ・新規集客に強く、新規客に入れる ・一般的なサロンの一般的なスタイリストよりも給料が良い というところです。 お客さん目線で見ても、 ・手軽にトレンドのヘアカラーの施術が受けれる ・気軽にお店を変えれる ・失敗しても安いから許せる といったところがあげれると思います。 ALBUM hairのオーナーさんの話にもありましたが、 「今の美容室はお客様のニーズを掴みきれていない。今の若いお客様はファストファッションに慣れており、今年しか流行らない、ちょっと派手でどうかないった服でも安いから買ってみようといった感じでいろんなファッションにチャレンジして行くのを楽しんでいる。そのファストファッションを楽しむ感覚でヘアスタイルも楽しめるようにするいわゆる『ファストサロン』というのがALBUM hairのウリ」 実際、情報が溢れ、いろんなことを知れるようになったりチャレンジしやすくなったおかげで、アパレルの店舗でも「接客がうっとーしい」という事がよく言われるようになり、昔のようにおしゃれなショップ店員に相談しながら服を選ぶといった事はだいぶなくなったと思います。 美容室でも、美容師さんに色々相談しながらヘアデザインを考えるというよりも、『イルミナカラーで染めてほしい』『TOKIOトリートメントしてほしい』といった形でお客さんからカラーやケアの要望が出る事が当たり前になっています。 なので、今の10代〜20代の女性のニーズに応えれるのが、上にあげたサロンさん達なんだと思います。 あくまで10代〜20代に限りです。 それより上の世代になってくると、 『トレンド+自分らしいか』

  • 意外と知らない『髪の毛』の基本!!

    女性の命であるはずの髪の毛について、意外と知っている人って少ないですよね。