プロフィールPROFILE

HERABUNAさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
妻はアルツハイマー型認知症だった 介護終了・・・介護者のゆくえ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/herabuna_1939_001_002
ブログ紹介文
アルツハイマー型認知症の妻は入居中の特養で平成28年6月4日最重度の段階で永眠しました<br>妻の遺言を一生忘れないで生きていくつもりです(秘密)
更新頻度(1年)

29回 / 236日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2019/03/27

HERABUNAさんのプロフィール
読者になる

HERABUNAさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,575サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
介護ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,502サイト
夫による妻の介護 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10サイト
今日 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 89,699位 89,699位 63,006位 61,897位 61,724位 61,765位 56,460位 978,575サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
介護ブログ 542位 542位 373位 344位 345位 337位 304位 5,502サイト
夫による妻の介護 5位 5位 5位 5位 5位 5位 2位 10サイト
今日 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,575サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
介護ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,502サイト
夫による妻の介護 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、HERABUNAさんの読者になりませんか?

ハンドル名
HERABUNAさん
ブログタイトル
妻はアルツハイマー型認知症だった 介護終了・・・介護者のゆくえ
更新頻度
29回 / 236日(平均0.9回/週)
読者になる
妻はアルツハイマー型認知症だった 介護終了・・・介護者のゆくえ

HERABUNAさんの新着記事

1件〜30件

  • アシナガバチの来客

    5日くらい前に気が付いたのです。玄関ドア―の枠の上にアシナガバチが集団で居ついていた。写真では見えないが,二回りくらい大きいのが一匹いた女王バチだと思う。分蜂?と言うらしい人が出入りしている真上に集団で居ついて来たことは人を襲うことはしないし駆除される心配はないとアシナガバチの集団は安心してたと思う。しかし私以外の家族は恐怖心が日増しに強くなってきた。私も家族のために駆除に同意した。今朝起きると息子が早朝暗いうちに完全に駆除してあった。アシナガバチの来客

  • 無花果の甘露煮をもらいました

    いつもの日課、目の保養と腰痛のリハビリ気分転換を兼ねて午後からぶらりとドライブ。まず池に行くと珍しく一人竿を出していた。釣り場まで足場が悪く50m位あるので様子見に行かなかった。小雨が降ってきたので、そのまま車を走らすと無意識に亡妻が入居していた特養方向に向かっていた。施設近くで風景写真を数枚撮り帰宅した。一服する間もなく釣り友から電話があり私が在宅だったので家に来ることになった。釣り友は手土産に自家製のイチジクの甘露煮を持参してきたのです。亡妻が永眠する最後に口にしたのがイチジクの甘露煮と長崎カステラだったのです。彼岸のお供えに最高です。あと長崎カステラを供えます。今日に限って施設の入り口を通っていきました。何か因縁を覚えた一日だった。施設近くの道端に咲いてました施設近くの集落無花果の甘露煮をもらいました

  • 腰痛一年前と全然改善されてません

    腰椎圧迫骨折8か月後の今1月24日、腰痛が始まり10日経っても激痛が治まらないので,2週間後に整形外科を受診しました。レントゲン・CT画像から第5腰椎骨折と診断された。治療法はロキソニン服用のみ。......>続きを読む1年前のブログ送られてきました。読み返してみると、今日書いても腰痛の容態はほとんど同じになります。全然改善してません。座っていたり車の運転中は痛みはないが、ゴミ出しの時や、買い物の時は一年前と同じで歩いているとき腰が曲がってしまいます。周1回リハビリ病院に通い家でも反復運動をしています。腰をかがめて歩けば痛まないので10分以上は歩けますが以前のように背筋を伸ばして歩きたいのです。唯一の趣味のヘラブナ釣り再開していません。いつでの出来るように道具の手入れは万全です。散歩コース電車が来なかったが画面...腰痛一年前と全然改善されてません

  • 実りの秋到来

    木々の青葉はまだ夏本番を思わせているが稲穂は黄色に色付き、栗、イチジクも完熟まじか。今日も、いつものコースへらぶな池を偵察したが、この暑さのせいか休日なのに釣り人なし。水位は満杯で釣り座が限られて足場も悪い。ここで一休みして弥明の桜の公園に足を延ばし、木陰を見つけて一服。樹齢500年というのに葉は青々をとして黒みかかって生命力の強さを感じた。帰りに、成長途中の青柿と収穫まじかのリンゴを撮ってきた。いづれの撮影も車から10m位の範囲。立ったり、しゃがんだりで、適度の腰痛のリハビリになっていると思う。それにつけても、1年8か月にもなるのに腰痛が完治しない。リハビリセンターでは少しづつ改善していると言っているが。唯一の生き甲斐ヘラブナ釣り、何時でも再開できるように釣り道具、釣り餌の準備はしています。実りの秋到来

  • 腰痛治療近況

    腰痛発症1年9か月になります。週1回のリハビリに通い、家では自力でできるメニューを復習していますが、なかなか改善されません。発症の原因が重量物を持ち上げた時、第4腰椎を圧迫骨折したことなので元に戻る筈だと信じて治療に専念しています。昨年は生き甲斐でもある趣味のヘラブナ釣り、一度も竿を出せなかった。,今年もまだ竿を出していません。せめて浮子を眺めるだけでもと,車を横付けできる釣果は当てにできないが竿を出せる場所があります。試し釣りを決めました。ヘラ台さえ組めれば車まで4mくらいです。ところが今年に限り当釣り場なかなか水位が下がらないのです。車が入れないのです。もう少し様子を見ます。腰痛治療近況

  • 1945年8月15日この日は記憶にあります

    当時は、横須賀から母の実家のある湯河原に疎開してました。その日は、私は6歳で一人でセミ取りをしていた。入れ物は思い出せないが、網は使わず素手で捕まえていた。近くに親せきの家があり、捕ったセミをもって寄ってみると母を交えて大人たちが身動きもせずラジオに聞き入っていた。この光景は鮮明に脳裏に焼き付いています。この時,日本は戦争に負けたのだと聞かされた。私はこの時、戦争が終わって良かったという思いはなかったと思う。湯河原でも防空壕を掘り空襲警報が鳴ると防空頭巾をかぶり、焼いたコメをもって防空壕へ避難した。B29は見たことはなかったがグラマンが現れてトンネルから出てきた汽車を機銃掃射したのを何回も見たし、空中戦も見ました。機銃の薬きょうを拾ったりした。広島の原爆投下の新聞記事も記憶にあります。新聞の配達はあったのです。...1945年8月15日この日は記憶にあります

  • 今日は昼2時間ばかり梅雨の合間の快晴だった

    連日晴れ間を見られず日中でも長袖でなければ肌寒かったが昼頃から真夏を思わせる青空が出現した。積乱雲が現れたがまだまだ梅雨はあけない様だ。ここから50mほど右が下の池ですここを通って池に行きます今日は昼2時間ばかり梅雨の合間の快晴だった

  • 家から東へ11km宇津峰山へ

    今日も午後からグリーンの濃くなった田圃を視界に、あちらこちら車を走らせていると宇津峰山に向かっていた。登るに従い山間が徐々に狭くなり、田圃も形が四角が崩れてきた。三角もある。小規模になってきた。谷間なので沢があり水不足の心配はないようだ。ここで採れる米は格別美味しいと思うので食べてみたい気がした。(沢の水で育った米なので)途中風景を撮りながら登ってくると宇津峰山の案内標識があった。ここで最後のアジサイ・田圃を撮り、トリップメーターをセットして家に到着すると11kmだった。この先どこまで田圃があるのか確かめてみます。ここから山頂まで2,500mここは数軒の集落になっていた。最後の集落らしい?家から東へ11km宇津峰山へ

  • 庭先の花壇撮らせてもらいました

    全て道路から楽して撮りました。花の名前はほとんど分かりません。今の時期、ヘラブナ釣りに最適な気候ですが、腰痛が長引いて出来ないのが残念です。カメラをいじってみると意外と興味が湧いてきたので、しばらく続けてみようと思います。しかし、リハビリテーション病院に通ってますが元のようには治らないと思ってきた。発症の原因は重量物を持ち上げて腰椎を骨折したのです。(人間です車椅子からずり落ちた人)庭先の花壇撮らせてもらいました

  • 農家の庭先の草花撮影

    連日蒸し暑く鬱陶しい天気が続いています。家にいる時は大半の時間寝転んでいるので午後1時になるとカメラ持参で、気分転換にぶらりと家を出ます。コースは、まずホームグラウンドの釣り池を偵察。今年は連日釣り人はいません。釣れないからです。全く魚がいないわけではないので竿を出せばカタはみれます。最近カワウが見れないので食べつくしたのかも?次に向かうのは弥明のさくらのある公園で一休み。今日はここから気の向くままに民家(農家)の点在する田園地帯をドライブ。視界の大半は緑一色なので気分転換に最高です。農家の庭先の草花を道路から撮らせてもらった。農家の庭先の草花撮影

  • 小雨に煙る稲田 紫陽花

    午前中雨雲が厚く今にも大雨の様子だった。BSも電波障害で米大リーグ視聴出来なかった。午後から毎日の日課のドライブの散策に出かけた。車窓からグリーン一色の山間の田圃を視界に車を走らすのは気分がリフレッシュします。今日は小雨の中、特別にグリーンが鮮やかなので停車して車窓から一枚。小雨に煙る稲田紫陽花

  • 腰痛が長引く

    昨年の1月に腰椎圧迫骨折して1年6か月になるのに一向に改善しません。リハビリテーション病院に週1回通ってますが目に見える改善は見られません。今日もリハビリを兼ねて田園風景を撮ってきました。車から降りてほとんど歩かないで撮ってきたが、立っている時間は30分くらいだった。家にいればほとんど寝転んでいます。もう少し良くなって家の近くの野池でヘラブナ釣りをするのがリハビリの一番の目標なのです。山間の狭い田圃育ちが遅い栗の花が咲いてます。ニイニイ蝉が鳴いてました。リンゴ直径3センチくらい腰痛が長引く

  • スピリチュアルな体験 赤いチューリップ

    妻を看取った翌年の記事ブログタイトル17~18年ぶりに咲いたチューリップ投稿日2017/04/23この記事の出来事もあまりにも偶然過ぎると思いますが2017/04/30の記事ブログタイトルまたまた気になるチューリップに遭遇は偶然にしてはあまりにもスピリチュアルすぎると思う。この場所に駐車することは年間で一番多く100回くらいです。チューリップは助手席越しに見えました。池のふちで草藪で日光もあまり当たらない雑草の生い茂ったチューリップの咲く環境ではありません。赤みかかっていたので目立ってました。私は約20年間、この池に通ってます。この時以外で私はこの池でチューリップを見たことはありません。しかも、駐車した場所で助手席の窓越し。偶然過ぎます。写真に残してあるので妄想でも幻覚でもありません。家のチューリップ今年も元気...スピリチュアルな体験赤いチューリップ

  • 近郊の風景写真と認知症介護家族交流会での一コマ

    田植えがようやく全部終わったようだ。これからは日ごとに青さが増してきます。トマトも花をつけてきました。過日認知症介護家族交流会があった。各人の近況報告で私の番で皆さんの前ではどうしても言えないことがあった。ある会員のコメントで長年献身的に介護してきた家族を看取り終わった方にこれからは恩返しにいいことが続きますよ。と励ましの言葉をおくったのです。私の場合は妻を看取ってから3年経って,認知症予防に効果があるとマスコミに取り上げられた皮付きのピーナッツを食べて誤嚥し呼吸困難に陥り死の寸前を体験した。また昨年の1月に腰椎を圧迫骨折しいまだにリハビリに通ってます。治らないようだ。私は13年間も妻を介護してきて妻から何か仕返しをされているのか、いやそんなはずはない呼んでいるのではないかと思いが湧いたのです。彼の世でも魂は認...近郊の風景写真と認知症介護家族交流会での一コマ

  • 今日の散策コースの風景

    今日は好天に恵まれカメラ持参で谷間の田圃の様子見に行ってきました。今の時期の稲の緑眼の疲労回復に効果があるようです。谷間で採れる米は平地よりもおいしいそうです。ホームグラウンドのヘラブナ釣り池ですここに車を置くと釣り場まで30mなので腰痛でもなんとかなりそうです今日の散策コースの風景

  • 霧雨の田園地帯をドライブ

    朝からやむことなく霧雨が続いて蒸し暑いです。梅雨時のようです。午後からいつものコースをドライブというより当てもなく徘徊。霧雨の中の景色を車窓から撮ってみました。いつもは腰のリハビリのつもりで車を降りて30分くらい草花を撮っていますが今日は一歩も歩かなかった。わが家の一鉢だけのサツキ今年は最高に花を付けました。軒下に移動して撮ってみました。亡妻が手入れしていた一鉢だけ生き延びたサツキ手入れしない訳にはいかないが毎日目にしていると複雑な心境に浸ります。今までにな最高に花をつけています。一旦枯れてしまったのが残った幹から針金のような細い小枝が数本生えて再生したのです。霧雨の田園地帯をドライブ

  • 今日6月4日は亡妻の三回目の命日

    平成28年6月4日午前5時51分妻は私と息子に看取られて3年間入居した特養で永眠しました。3年間入所していた老健から特養に転居してその少し前から声を発しなく意思の疎通も図れなくなっていた。食事は全介助手足は硬直し固まっていた。3年間以上一度も声を発しなかったが、最後の永眠の時何か一言必ず別れの言葉を発するエネルギーを残しているはづだと私は勝手に長年信じ続けていた。6月4日の早朝呼吸が止まり数秒後に回復し2度、3度繰り返し最後は暫く沈黙の後何と声を発したのです。カラカラカラ…カラカラ…と数秒続いたのです。私が期待していた別れの一言だと勝手に何通りにも解釈しています。この年私はヒグラシの鳴き声を一度も聞かなかった。ヒグラシがいなかったのではなく私の耳にフィルターがかかっていたのだと思う。翌年からは喧しいくらい耳に入...今日6月4日は亡妻の三回目の命日

  • 農家の庭内を撮らせてもらいました

    只今の当地の気温20℃晴れPM17:00今日は朝から晴れで大変清々しい一日だった。いつものドライブコースで農家の庭先のサツキを道路から撮らせてもらっていると家主の年配の奥様が出てこられどうぞ中に入って撮ってくださいと、ありがたいお言葉を頂きました。敷地内の車を入れさせてもらってゆっくりと撮らせてもらった。旦那様が出てこられ、ゆうに2mを越すつつじが5~6本ありこれは爺様が手入れしていたもので100年くらいかな?といってました。上の写真つつじの写真横になってしまい縦に出来ないし削除もできませんやり方が分かりません趣味の話題になり写真より釣りが趣味だというと旦那様は鯉釣りが趣味だったと言われ私も鯉釣りに熱中した時があり檜原湖田子倉ダムなどに夜釣りまでして通ったことなど話が弾みました。またおじゃまさせてくださいと言葉...農家の庭内を撮らせてもらいました

  • 花かつみを訪ねて

    今日の散策ドライブ田植えもほとんど終わり、日ごとに田圃の緑が増してきました。花かつみが気になって、ドライブコースの農家の庭先の紫色のアヤメをよく観察して見ると大小・形・模様の違いが何種類もあるのが判りました。ネットで調べると、これが花かつみだと特定されているものはないそうです。2014/04/25の写真釣り仲間から貰ったものです。これと同じものが見つかりません。高さが20㎝位で花が大きい鉢植えで水をやらなくても枯れなかったので乾燥に強い。野山でよく見かける模様が強い部類。高さ50㎝くらい。花かつみを訪ねて

  • 介護終了者の情報交換の場があったらと思ってます

    5月16日にアップした我が家の因縁の一鉢のサツキ。今日水遣りの時赤っぽいたくさんの蕾が付いているのに気付いた。町内のサツキは花は大半は落ちてしまったがわが家の一鉢のサツキはこれから開花。前回の最後の開花の写真を調べてみると2016/05/28だった。今年花が終わった時十分手入れするつもりです。私の介護ブログ平成18年6月5日妻の永眠によって終了しました。3回忌までは寺の関係や諸々の事務的な仕事があったが、3年経った今ようやく気持ちが落ち着くと急に虚無感に襲われたような何もやる意欲が激減し、他者によく言われていた「空の巣症候群」のような症状に注意とのアドバイスを受けていた。妻のアルツハイマー型認知症発症から永眠まで約15年間第2の人生の大半の時間妻の介護に費やした。今後の私の人生設計を考える心のゆとりがない。ただ...介護終了者の情報交換の場があったらと思ってます

  • 今日は異常に暑い

    当地はPM17:0029℃快晴微風最高に暑いです。今年最高気温のようだ。えんどう豆は実をつけ、リンゴも実をつけ山間の田圃も田植えが終わり本当の夏を迎えました。今の時期あちこちの道端や畑の片隅で色とりどりのアヤメが咲き誇っています。私のところに4~5年前から花克己が一鉢あり紫色のアヤメと区別できなく特別気に留めなかったが、ここ3年花が咲かなかった。今年なぜか気になってあちこちの紫のアヤメを観察したが、家にあったのとどこか違うような気がする。2014/04/25/に撮った一枚があります。高さは20㎝位です。この鉢のハナカツミ水遣りをしたことがなかったが、本体は枯れずに成長しないで生きていた。土植えに戻し手入れをしてみます。来年が楽しみです。写真を見た限りでは私にはアヤメと区別がつきません。本物かどうかも分かりません...今日は異常に暑い

  • わが家の因縁の一鉢のサツキ

    団地内の公園道路はサツキが色鮮やかに独り占めしています。サツキ一色です。わが家には鉢植えが一鉢だけあります。1,970年頃亡妻が20鉢位差し芽で育て施設入所までは水遣りは欠かさなかった。それ以来水遣りをしなかったので気が付くと全て枯れてしまったのです。そのままにしていたが翌年一鉢だけ生き返ったのです。それから毎年水遣りは続けていたので花はつけていたが今年は花芽がありません。50年も生きてきた一鉢だけ残った因縁のサツキ枯らすわけにはいかない!!わが家の因縁の一鉢のサツキ

  • 田圃も畑も活き活きとしてきました

    昨日に続いて好天に誘われいつもの散策コースをドライブ。釣り池の桜の葉は昨日よりも青々と力が増して日陰を作ってきた。藤のつるも高々と花房を付け雑木林のカーテン役に。田植えの最盛期田も畑も伊吹を感じる。えんどう豆はネットで囲われているトマト?田圃も畑も活き活きとしてきました

  • 腰椎骨折1年4か月になるが100m歩くのが限界です

    今日は風はなく穏やかな行楽日和です。連休に関係ないがどこにも行かないで何もしないで連休は終わります。何しろ昨年の1月に腰椎骨折していまだに治りません。50m位歩くと腰がだるく成り前屈みになってしまうのです。週1回リハビリに通ってます。今日もカメラ持参で午後からいつものコースを左に磐梯山正面に安達太良山右に宇津峰山背後に那須連峰を望む郊外をのんびりと車を走らせます。樹齢500年のエドヒガン桜のある公園に行って車を降りてその桜の20m近くまで60m位歩いたが腰が急激に怠くなり小休止する状態に。カメラのおかげでリハビリになります。今まで無関心だった草花を観察するようにもなった。明日も同じコースを散策予定腰椎骨折1年4か月になるが100m歩くのが限界です

  • 自分もそろそろ年のせいもある

    今日は燃えるゴミの日で金曜日だと起きてまず新聞で曜日を確かめゴミカレンダーで確認するのが長年の習慣になっている。が、今日に限って曜日もゴミの日の自覚がなかった。息子がゴミ袋を出すのを見て気が付いた。単なる歳のせいだと気にしないことにする。私は運が良いのか54年間無事故です。最近高齢者の重大事故がニュースで頻繁に取り上げられてますがほとんどが年のせいの過失だと思う。自分も身体機能も頭の回転も全てが衰えてきたと自覚してます。夜間の運転だけでも自分のために止めることにしました。しかし事故はすべて日中ですね・・・。もしかしてこの人たちも夜間は控えていたのかも。わが家のモミジです花の実が木の下一面に敷き詰めたように落ちてます実はけし粒くらいの大きさです自分もそろそろ年のせいもある

  • リンゴの花が満開です

    昨日午後から小雨が降り続きリンゴの花の撮影が出来なかった今日の午後は晴れが続いたがかなりの強風だった今山桜が満開です花を至近距離で撮りたいが低いところでも2m以上です。この様な高所の花などをクローズアップで撮るのは私には不可能なことです。ですが、撮りたいです。リンゴの花が満開です

  • 令和元年元日(5月1日) 

    リハビリを兼ねて午後からいつものコースをカメラ持参で車で出かけました。小雨がパラついていたがやむ気配はないので車窓から撮ることにした。リンゴの花を至近距離で撮るのは次回にします。運転席から助手席側から萌黄色が小雨で霞んでいます令和元年元日(5月1日)

  • 腰痛治療その後

    平成30年1月に腰椎骨折痛みは治まっているが、腰に力が入らず30mも歩くと腰が曲がってしまう。今年3月から週1回のリハビリに通ってますが、一向に改善しません。もしかして、これ以上回復しない予感がしてきた。毎日カメラをもって腰が治ったら再開予定の野池のヘラブナ釣り場に様子見に通ってます。今は山桜が満開です。山桜はよく見ると種類が多いのに気が付きました。以前だったら待ちにまった山菜採りりシーズン突入です。近くでタラの芽ワラビウドフキタケノコが採れますが、今年は歩かないで採れるワラビくらいかな。腰痛が治らないと趣味の風景写真を撮りに歩けない。少しでも早く回復したくて家で機能訓練や家の近くを歩いてみるとかえって回復が遅れるようだ。通所リハビリに通っているがこれ以上改善しないような気がする。腰痛骨折以前は歩くのに何の不自...腰痛治療その後

  • 腰椎圧迫骨折1年2か月経過した今は

    腰痛はつらい(経過報告)1月24日夕方から腰痛が始まり、もう2か月以上経ったが一向に改善されません市販の痛み止め薬ロキソニン錠・ロキソニンテープで対応していたが痛みに我慢できず13日後に整形......>続きを読む昨年の1月24日から腰痛が始まり、1年2か月になります。痛みは多少ありますがスーパーの店内を歩くのも困難です。現在週1回のリハビリに通ってますが一向に改善しません。今日、腰痛が始まって以来初めて灯油を買いに行き2缶同時に持って歩いてみるとふらついて10mも歩けなかった。深刻な事態ですそろそろヘラブナ釣りを始めようとリハビリに励んでいたところだった。これではバッグも竿ケースも持って歩けない。釣り場は車を横付け出来るのだが。何か対策を練ってみよう思う。腰椎圧迫骨折1年2か月経過した今は

  • あてもなく近隣をドライブ

    いつもの日課、ヘラブナ池に様子を見に行ったが釣り人は一人もいなかった。ので、散策コースにある枝垂れ状の柿の木を撮りに向かった。この近辺でも数ある柿の木で、この一本だけ枝垂れ状で高さも一番です。写真を撮っていると、ここの畑の持ち主がカブの収穫にきました。今年は柿が当たり年ですね…。などと会話を交わし、帰りに「白菜持っていかねいかい!!」と言われたので、せっかくなので頂きますというと、小松菜も頂きました。帰ってから早速小松菜を茹でてみると一時間もたっていないせいか甘みを感じました。白菜で13年前を思い出します。この頃は亡妻はまだ調理は出来ていたが、白菜を大量に刻んで鍋に山盛りに入れたことが鮮明に記憶にあります。まるで、かき氷を盛ったのと同じようだった。懐かしい思い出です。今年三回忌だったです。あてもなく近隣をドライブ

カテゴリー一覧
商用