すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい
読者になる
住所
出身
ハンドル名
ありりさん
ブログタイトル
すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい
ブログURL
https://blog.ariri-simple.site/
ブログ紹介文
片付け、掃除、ごみ削減、本の感想などについて書いてます。 できるだけ毎日更新することを心がけています。
自由文
-
更新頻度(1年)

206回 / 206日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2019/03/22

ありりさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(IN) 17,077位 17,846位 17,975位 19,247位 18,094位 17,031位 18,131位 974,775サイト
INポイント 10 10 20 10 10 20 20 100/週
OUTポイント 20 20 50 40 50 30 30 240/週
PVポイント 140 190 210 200 140 180 250 1,310/週
本ブログ 119位 127位 125位 144位 129位 126位 133位 12,628サイト
読書日記 27位 29位 30位 33位 31位 31位 31位 2,873サイト
その他日記ブログ 415位 431位 430位 480位 446位 422位 452位 27,208サイト
雑感 11位 13位 13位 14位 12位 12位 12位 646サイト
ライフスタイルブログ 1,845位 1,883位 1,902位 2,006位 1,886位 1,822位 1,903位 66,104サイト
シンプルライフ 197位 199位 203位 222位 206位 198位 211位 5,687サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 24,704位 25,748位 26,452位 26,271位 26,997位 27,112位 27,929位 974,775サイト
INポイント 10 10 20 10 10 20 20 100/週
OUTポイント 20 20 50 40 50 30 30 240/週
PVポイント 140 190 210 200 140 180 250 1,310/週
本ブログ 95位 98位 91位 92位 99位 102位 109位 12,628サイト
読書日記 24位 26位 24位 24位 26位 25位 28位 2,873サイト
その他日記ブログ 412位 429位 482位 476位 493位 480位 502位 27,208サイト
雑感 10位 10位 10位 10位 8位 7位 7位 646サイト
ライフスタイルブログ 2,549位 2,599位 2,691位 2,652位 2,683位 2,701位 2,742位 66,104サイト
シンプルライフ 284位 286位 296位 292位 296位 292位 294位 5,687サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(PV) 8,467位 8,641位 8,604位 8,646位 8,803位 8,679位 8,877位 974,775サイト
INポイント 10 10 20 10 10 20 20 100/週
OUTポイント 20 20 50 40 50 30 30 240/週
PVポイント 140 190 210 200 140 180 250 1,310/週
本ブログ 61位 64位 64位 67位 67位 63位 64位 12,628サイト
読書日記 17位 16位 14位 14位 16位 14位 13位 2,873サイト
その他日記ブログ 143位 148位 139位 141位 149位 142位 146位 27,208サイト
雑感 6位 6位 6位 6位 6位 6位 6位 646サイト
ライフスタイルブログ 887位 899位 898位 893位 911位 909位 912位 66,104サイト
シンプルライフ 146位 148位 148位 146位 149位 147位 147位 5,687サイト

ありりさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ありりさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ありりさん
ブログタイトル
すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい
更新頻度
206回 / 206日(平均7.0回/週)
読者になる
すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい
  • 本棚:『行きたくない』

    6人の作家によるアンソロジーです。順に、加藤シゲアキさん、阿川せんりさん、渡辺優さん、小嶋陽太郎さん、奥田亜希子さん、住野よるさん。 行きたくない posted with ヨメレバ 加藤 シゲアキ/阿川 せんり KADOKAWA 2019年06月14日 楽天ブックス 楽天kobo Amazon Kindle 図書館 「行きたくない」ことは、結構あります。学校や会社が行きたくないときは、有島武郎の『一房の葡萄』を思い出して、とりあえず行くだけでいいからとハードルを下げて、重い腰をあげます。だから、「行きたくない」ってすごいネガティブな感情で、好ましくないものだというイメージがあります。この本に収…

  • 落ち着かなくて

    今週1週間は台風が心配で、なかなか落ち着きませんでした。もちろん、今日はそのピークで、さらに落ち着きません。いつもは予約投稿で20時に記事を更新していますが、今日は書いてそのまま投稿します。 先月の台風15号のときは、日中は天気がよくて暑いぐらいでしたので、本当に台風来るの?って感じでした。また、これまで台風で甚大な被害を受けた経験がなかったので、それほど大変なものだという認識がありませんでした。台風の怖さを認識したのは、夜中。風が猛烈に強くて、怖くて怖くて、ただただ早く通り過ぎてくれと願うばかりでした。 今回は前回の教訓を生かして、といきたいところですが、木曜の帰りに近所のドラッグストアに寄…

  • 『東京ららばい』

    たまに東京駅付近でお昼を食べる場合は、まぐろ丼のお店に行きます。何回か利用していますが、いつも店内で流れている曲は懐かしい曲が多いです。流行に関して、ファッションに疎いだけでなく、最近の歌も知らないので、逆に知ってる曲が流れているのは新鮮です。懐かしい曲と言っても、私が中学や高校のころの曲もあれば、さらに昔の曲もあります。 そして、先日流れていた曲の1つはタイトルに書いた『東京ららばい』。子供のころ、車の中で流れていました。調べてみたら、兄が生まれる前の曲だったので、子育てで忙しくて、新しい曲を聴く余裕がなかったのかな、なんて思いました。『東京ららばい』の歌詞にある「地下がある ビルがある」と…

  • 新幹線と飛行機

    先日、出張で新幹線に乗りました。新幹線自体は久々というわけではありませんでしたが、片道3時間超というのは久々です。飛行機で行ってもよかったのですが、ちょっと接続が悪かったのと、そういえば新幹線の方がCO2排出量が少なくてエコだよなぁということを思い出したためです。 飛行機に比べれば座席は広くて、トイレも行きやすいですし、本数が多くてすぐ乗れますし、そもそも出発も到着も駅ですから、便利だなぁとあらためて思いました。あと、恥ずかしながら、やはり地に足がついている方が落ち着きます。ただ、3時間超となると、やはり長くて、私より後から乗ったのに、先に降りる方も結構いました。でも、一時期、実家に帰省するの…

  • 来年は使うのをやめようと思っているもの

    今年も残り3か月を切りました。来年のことをいうのはまだ早いかもしれませんが、今までずっと使っていたけど、来年は使うのをやめようかなと思っているものが2つあります。 以前読んだ『すごい片づけ』の影響で、会社のデスクの上はすっきりして、パソコン、電話、カレンダーがあるぐらいの状態をキープしています。うちの会社はフリーアドレスではないのですが、フリーアドレスだとカレンダーを持たなくなると聞き、私もカレンダーをやめてみようかと思いました。スケジュールを確認するときなど、すぐ近くにカレンダーがあると便利なのは確かなのですが、予定の有無の確認は手帳やパソコンでしますし、絶対にカレンダーがないといけないとい…

  • 本棚:『99歳ちりつもばあちゃんの幸せになるふりかけ』

    著者は両親が共働きで(朝早く出かけて、夜遅く帰ってくるため、平日はほとんど会わない)、おばあちゃんに育てられたとのことで、おばあちゃんからもらったたくさんの素敵な言葉とエピソードが紹介されています。 99歳 ちりつも ばあちゃんの幸せになる ふりかけ -ぽっと明るく もっと楽しく 暮らしの知恵をお福分け- 作者: たなかとも 出版社/メーカー: じゃこめてい出版 発売日: 2013/09/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 著者と弟、そしておじいちゃんとおばあちゃんの四人で川の字になって寝ていたころのお話。寝る前にきまって今日うれしかったことをおばあちゃんに聞かれます。「大人…

  • 週に1日ぐらいはお弁当にしようかと思っています

    会社でのお昼は社員食堂で食べています。代金は給与天引きなので、金額については少々無頓着なのですが、毎月8千円から9千円ぐらいになっています。外のお店で食べるよりは安いと思いますが(残念ながら近くにお店がほとんどないですけど)、自分でお弁当を作るのに比べたら高いんだろうなと思います。毎日お弁当の方もいて、「すごいですね!」と言ったら、「前の晩の残りをつめるだけですよ」とのことでした。増税にともない、社員食堂も値上がりしましたので、この機会に私もお弁当にしようかなと思いました。ただ、毎日は辛いので、とりあえず週のはじめの1日だけ。無理のない範囲でやってみようと思います。 中学、高校と6年間お弁当で…

  • 節電グッズ

    節電が近頃のマイブームです。無駄な電気を使わないのはもちろんなのですが、貧乏性なので、そもそもそんなに電気を使っておらず、節電できるところは少ないです。となると、欲しいのは電気をつくるもの。ソーラー発電グッズです。一番欲しいのは、スマホの充電用のソーラーチャージャー。あると便利かなと思うのが、ソーラーライトとソーラー充電可能なラジオ。 そこで家電量販店に行ってみました。いずれの商品もあったのですが、ソーラーチャージャーは1つのみで、これでいいのかな、他にもっといいのあるかも、と迷って買う勇気がありませんでした。ラジオは2つぐらいあったのですが、これも迷います。ラジオは運転中に聴いてた程度なので…

  • 本棚:『ファースト・エンジン』

    岩見沢原動機は、発電プラント用タービン、ロケットのエンジンから自動車用のターボチャージャーまで、様々な製品を手掛ける総合メーカー。特に航空機用ジェットエンジンのシェアは、国内に限っては他社を大きく引き離し、ほぼ独占状態。長年にわたり、航空自衛隊の戦闘機に搭載される海外製エンジンのライセンス生産を行ってきたが、超音速飛行に不可欠のアフターバーナーを独自に開発することはなかった。そんな中、地道にアフターバーナー機構の研究を続けていたのが本庄をリーダーとする「超音速エンジンプロジェクト」。国産初のアフターバーナーの最終の燃焼試験において、試験終了直前に爆発が生じ、若手技術者が死亡。本庄は左遷され、プ…

  • 本棚:『暮らしの「もやもや」整理術』

    部屋が片づかない、家事が回らない、人間関係がうまくいかない、こんな「もやもや」を減らしていくために、著者の松尾たいこさんがやってきたことが紹介されています。はじめのところに、著者が友人から言われた「自分が幸せじゃないと、人を幸せにできないよ」という言葉が紹介されていますが、確かにそうだと思います。余裕がない状態で、周りに気を配るのはとても大変です。一方、心と時間に余裕があれば、ちょっとした親切もさっとできるかもしれません。 部屋が片づかない、家事が回らない、人間関係がうまくいかない 暮らしの「もやもや」整理術 posted with ヨメレバ 松尾 たいこ 扶桑社 2018年09月27日 楽天…

  • 今更ながらマイナンバーカード

    今更ながらではありますが、マイナンバーカードを作りました。いままで通知カードのままで、使ったのは確定申告の時ぐらいですが、通知カードですと薄い紙なので、どこかに紛れ込んで失くしてしまいそうだなと気になっていました。そこでカードにしようと思い立ちました。スマホで申請してから、マイナンバーカードの準備ができたというハガキが来るまで約1ヶ月。先日取りに行ってきました。これならどこかに紛れ込んで無くすという可能性は低くなるかなと思います。ただ、暗証番号を設定するというのは、考えてみれば当然なのですが、管理がちょっと大変だなあと思いました。 マイナンバーカードに限らず、以前に比べて便利な世の中になってい…

  • 本棚:『正しい電気のトリセツ集』

    本書は、著者が東日本大震災の直後に書き始めたブログがきっかけとなり生まれたそうです。震災後、節電に取り組まれた方も多いのではないでしょうか。しかし今も続いているでしょうか。節電は、ダイエットと同じで無理をすれば、必ずリバウンドし、長続きしないとのことです。そのため、節電では「手間対効果」を考えて行うことが大切だそうです。暮らしの節電の中で、手間対効果が高いのは順に 1.照明 2.エアコン 3.テレビなどのAV機器、OA機器類 4.待機電力、いらない家電や機能 5.家事家電 だそうです。家庭における年間消費電力量が大きいものとして冷蔵庫ありますが、これはずっとつけっぱなしであることが消費電力量を…

  • 本棚:『パンのペリカンのはなし』

    浅草にある「ペリカン」という名のパン屋さん。創業は昭和17年。はじめのうちは、惣菜パンなども売っていたようですが、現在売っているのは食パンとロールパンの2種類のみです。現在の店主は4代目ですが、1987年生まれとのことですから、まだまだお若いです。 パンのペリカンのはなし posted with ヨメレバ 渡辺陸 二見書房 2017年10月 楽天ブックス Amazon Kindle 図書館 2代目の「食べ物を捨てるのはよくない」という考えにのっとって、その日に作ったものはその日のうちになるべく全部売って、余らせるくらいだったら作らないというふうにしている、というのがいいなと思いました。お店に行…

  • 20アンペアに変更しました

    この前の土曜日に30A→20Aへと契約アンペアを変更しました。変更手続きの申し込みはインターネットでもできますが、工事不要でリモートでアンペアを変更できるタイプなので、電話で手続きしました。電話の場合、なかなか繋がらないというのはこれまで経験済みなので、辛抱強く待ち続けました。通話時間が14分弱で、実際にオペレーターの方と話した時間は5分もかかってないでしょうから、10分近く待ったということになるかと思います。その間は、タブレットでメールを確認したり、本を読んだりして待ちました。 エアコンを使う時期だけ増やすといった季節ごとの変更は受け付けていないことや、これから冬に向けてエアコンの使用量が増…

  • 貧血記念日

    もうだいぶ昔の話になります。あれは中学2年生だった9月29日の朝。校庭で全校生徒で体操と縄跳びを行っていました。週に2, 3回、そのような体力づくりがありました。 体操をしている間はなんともなかったのですが、縄跳びをしている間から、なんとなく様子がおかしくなりました。そして、縄跳びも終わって、解散し、校庭から昇降口まで戻る途中、どんどん視界が悪くなっていきます。まるでベールを何枚も被せられていくようです。無口だったからでしょうか、隣にいた友達に「大丈夫?」と聞かれ、「ううん。」と遠慮せず答える私。保健室に行こうということになりました。 一刻も早く保健室に行きたかった私は、昇降口で上履きに履き替…

  • 本棚:『女優A』

    戦後の銀幕スタア、淸宮朝子は「永遠の処女」と言われ、絶大な人気を誇っていました。しかし人気絶頂の中、突然、映画界から姿を消します。それから 五十余年、テレビCMに朝子のかつての映像が使われたことで、人気が復活します。朝子の姪である祥子、そして祥子の娘であり、女優の凛子。淸宮朝子のドキュメンタリードラマを制作することになり、凛子が朝子を演じることになります。番組を制作するにあたり、かつて朝子と交流のあった人々にインタビューを行っていきます。そこから分かる朝子の人物像とは。そして、なぜ、突然、映画界から姿を消したのか。物語は祥子の目線で進んでいきます。祥子自身もかつては女優でしたが、今は凛子の所属…

  • ついつい値段で選んでしまう

    ほぼ毎日食べる納豆。特にこだわりはなく、スーパーに行って、その日一番安いものを買うことが多いです。そして、安いのはたいてい発泡スチロールの容器に入った3個パックのもの。この発泡スチロールの容器のゴミが、ほぼ毎日出るわけですから、気になります。本当は手作りした方がいいのだろうと思ってはいるのですが、そもそも料理が苦手な私には、なかなかハードルが高いです。 発泡スチロールに対して、紙のカップに入った3個入りの納豆。こちらは種類が少ないのもあるでしょうが、お買い得品!みたいに安くなっていることは少なく、すごい高いわけではないけれど、百円ぐらいで価格が安定しています。ゴミを削減したいと言いつつ、ゴミよ…

  • 頑張ったご褒美は?

    先日、ボランティアの帰りに「お茶しよう」ということになり、久々にケーキを食べました。振り返ってみれば、最後にケーキを食べたのがいつか思い出せないぐらい。なにせ、今年の目標の1つが、「できるだけお菓子を食べない」なので、ケーキ以前に、お菓子自体、食べることがほとんどなくなりました。そして、ケーキとなると、もっと特別ですから、かなり遠のいていました。 ちょっと疲れたなぁ~っていう時や、頑張ったぞ!という時は、自分へのご褒美として、お菓子を買ったりすることも以前はありましたが、それもなくなりました。ご褒美スイーツ(というほど豪華ではない)がなくなって、どうしているかと言うと…。最近の私の楽しみは、週…

  • バスの運転手さん

    オシャレに疎い私は、服をめったに買いません。着ていく服がない!と困ることはあるのですが、服が欲しい!という気持ちになることがあまりないのです。先日、そろそろ服を買いに行こうかなと思い、すぐに行動に移さないと、またしばらく服を買おうという気にならないだろうなと思って、買い物に行ってきました。 車がないので、バスに乗って出かけたのですが、バスの運転手さんが女性で珍しいなと思いました。タクシーでも女性ドライバーは珍しいなと思うのですが、運転が苦手な私は、大きいバスを運転してすごいなと思います。そして、その運転手さんは、乗客がバスを降りる際、乗客の方に体を向けて、一人一人に「ありがとうございました」と…

  • クリーニング店でもエコバッグ

    近所にクリーニング屋さんができたので、利用してみました。お得な割引を受けるためには会員登録が必要でした。会員になるのに入会金はかからないのですが、年会費が500円かかります。しかし、年会費を払うと500円分の割引券(有効期限3か月)がもらえました。そして、入会特典として、クリーニングで出したものを持ち帰る際の袋は有料になるので、エコバッグをくれました。以前利用していた同じ系列のお店でも、引き取りの際の袋はなかったので 、クリーニングを受け取る際は紙袋を持っていくようにしていました。そして、他のクリーニング屋さんでも、紙袋を持参するようにしています。クリーニングの引き取りの際に使っている紙袋です…

  • 本棚:『本気で5アンペア』

    この本は、以前から図書館で見かけて知っていたのですが、結構ストイックだなぁと思ってパラパラとめくった程度でした。しかし、停電を味わったことで、この本を読んでみたいと思いました。著者(朝日新聞記者)は、東日本大震災を福島で経験した被災者です。東京へ転勤後、できるだけ電気に頼らない暮らしをしてみようと、5Aの生活を実践してみます。本書を読んで、ガスコンロがあれば炊飯器がなくても鍋でお米が炊けることや、電子レンジは蒸し器で代用できることを知り、停電中でもガスと水道が使えれば、ご飯が炊けたのかぁと思いました。また、ネットでソーラーパネルの自作キットが売っていると知り、かなり惹かれました。そして、家の立…

  • 本棚:『トモシビ』

    千葉は私にとって、地元に次いで2番目に長く住んでいる場所になります。今回の本も図書館で借りた本ですが、背表紙に小さく「銚子電鉄の小さな奇蹟」と書いてあるのが気になって、手に取りました。銚子電鉄に乗ったことはまだないのですが、千葉に住んで何年も経ちますので、もちろん名前は知っていて、ぬれ煎餅も好きです。背表紙だけだとわからないですが、手に取ってみたら、表紙の絵がとてもいいなと思いました。 トモシビ posted with ヨメレバ 吉野翠 TOブックス 2015年03月 楽天ブックス 楽天kobo Amazon Kindle 図書館 銚子電鉄を舞台に3つの物語が収録されているのですが、それぞれの…

  • 空想というより妄想

    先日読んだ『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』を返す時に、再びパラパラとめくってみて、読んでいる間はパラレルワールドのようなそういう世界もあるかもしれないなと思うのですが、いったん本から離れると、すぐに現実に戻ります。でも、昔からそうだったわけではなく、子供のころはもちろん、少し前までは、本を読んだ後もしばらくは、そんな世界もあるのかもしれないなと考えていたように思います。 いつ頃から、そういう余韻に浸らなくなったのかなと振り返ってみると…。恥ずかしながら、子供の頃、家族などの身内以外は、実は人間ではなく宇宙人で、人間を滅ぼすチャンスをうかがっているのではないかと考えていたことを思い出しまし…

  • いちばん出したくないゴミは食品のゴミ

    このブログのタイトルにもしているように、あまりゴミを出さずに暮らしたいと思っています。家から出るゴミの中で、資源ごみになる紙のゴミは、「チラシ投函お断り」のテプラを郵便受けに貼って以来、だいぶ減ったように思います。一方、なかなかゴミが減らせていないのが、食品の容器や包装です。納豆が好きでほぼ毎日食べるのですが、その納豆の容器のゴミが気になります。ほぼ毎日食べるぐらいだから、本当は手作りした方がいいんだろうなぁと思うのですが、なかなか実行に移せていません。 家から出るゴミではないのですが、外食した場合の食べ残しも、あまりしたくありません。体調が悪くて食欲がないときや、思ったより量が多かったときな…

  • 数年前、アメリカにて。

    数年前に出張でアメリカに行きました。英語は苦手だし、社交的でも活動的でもありませんので、できるだけ一人にならないようにしていました。しかし、最終日の午後、空き時間ができ、それぞれ別行動をすることになりました。私は美術館に行くことにし、タクシーを途中で降ろしてもらいました。美術館に着くまでの間にUberの登録の仕方を教わったのですが、レンタルのスマホだったからか、登録できないまま、美術館に到着。その時は、まぁなんとかなるだろうと思っていました。 しかし、美術館の閉館時間も近づいてきて、そろそろ帰ろうかと思って、建物を出たところ、タクシー乗り場らしき場所はありません。タクシーを拾うのは難しいだろう…

  • 子供の頃から体が硬いんです

    体育が苦手だった私は、子供の頃から体が硬かったです。柔軟体操ももちろん苦手で、その中でもブリッジはなかなか出来なかったように思います。それにもかかわらず、なぜだか分かりませんが、数年おきに突然、「そうだ!ブリッジをしてみよう」と思い立つのです。日頃からストレッチをしているわけでもないので、思い立っていきなりやってみたところでできません。こりゃいかんと思いながら、できないなりにも1週間ぐらい続けていると、なんとなくではありますが、できるようになります。それで安心して、やらなくなり、また、数年後にふと思い立って、やってみる、ということの繰り返しです。 そして、一昨年ぐらいに数年ぶりの「そうだ!ブリ…

  • 本棚:『人生を考えるのに遅すぎるということはない』

    本書は「15歳の寺子屋シリーズ」の中から、10人の賢者の10作を選び、その真髄をまとめたものだそうです。「15歳の寺子屋」とはいえ、タイトルにあるように、いくつになっても、遅すぎるということはないと思います。そして、私の場合は、15歳のあのころに読むよりも、きっと今のほうが身に染みてるのではないかと思います。なかなか人生を考える機会というのはないですが、人生とまではいかないものの、自分の考えをしっかり持てるようになりたいと思いました。どの文章も、心に響く部分があり、涙が流れるところもありましたが、その中でも心に残った 瀬戸内寂聴さんの文章を紹介したいと思います。 終戦の翌年、夫と娘とともに日本…

  • モノは少ないほうがいいけれど

    ミニマリストが理想で、いらないものはどんどん手放していって、部屋の中のモノは少なくなってきたのですが、停電を体験して、ただモノが少なければいいというものでもないなと思いました。さすがにこれは必要だなと思ったのは、電池と非常食のストックです。 ①乾電池:懐中電灯には電池が入っていたので、すぐに困ることはなかったのですが、電池のストックを持っていなかったので、電池が切れたらどうしようと不安でした。電池式のもので日頃よく使うのが、電動歯ブラシなのですが、電池のゴミが出るのが嫌で、充電式のものを持っていましたが、停電の場合はダメですよね。電池切れになる前に電気が復旧したので問題はなかったのですが、早速…

  • 本棚:『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

    本は図書館で借りて読むことが多いので、世間で話題の本をその時に読むことはあまりありません。また、映画化やドラマ化されても、その映画やドラマを見ることも少ないです。そのため、世間とずれていて、数年前に話題となった作品を、全く予備知識なく読むということがあります。東野圭吾さんの『白夜行』も、ドラマや映画も見ずに、世間よりだいぶ遅れて読んで、どんなストーリーかという予備知識がなかった分、インパクトが強かったです。この作品もタイトルは知っていましたが、ストーリーはよくわかっていませんでした。読んでいくうちに、表紙のイラストをよくよく見れば、そういうことかと分かってきて、時間の流れが違って…と、ちょっと…

  • 本棚:『パパとセイラの177日間』

    月野耕生は、学生の時に起業した会社がリーマンショックの影響を受けて倒産。一方、妻は会社が傾いたころから、就職活動を始め、大手コーヒー専門店の営業部に再就職。そして、離婚届を残して、出ていきました。一方の耕生は、ウェブの作成やパソコントラブルのサポートを出張で行うサービスのアルバイト。かつては大金を動かしていたものの、今や娘の保育料を支払うのもままならない状況となります。そんな中、当面の生計を立てるために見つけた職業は託児所付きの生命保険会社の保険外交員。東大中退のベンチャー企業の元社長が、保険外交員となったのです。職場は、ほとんどが中高年の女性。彼女たちに比べて、なかなか仕事が取れません。それ…

カテゴリー一覧
商用