住所
出身
ハンドル名
Rikaさん
ブログタイトル
Gluten free Lab. Nicolte にこると店主のひとり言
ブログURL
https://rika-nicolte.hatenablog.com
ブログ紹介文
自然。暮らし。ココロ。日々思うことをつらつらと書きとめています。
自由文
-
更新頻度(1年)

8回 / 30日(平均1.9回/週)

ブログ村参加:2019/03/20

Rikaさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 04/18 04/17 04/16 04/15 04/14 04/13 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 957,007サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
PVポイント 0 30 10 20 10 20 40 130/週
料理ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 33,458サイト
グルテンフリー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 57サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,650サイト
季節感のある暮らし 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 87サイト
地域生活(街) 関東ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,998サイト
秩父情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 53サイト
今日 04/18 04/17 04/16 04/15 04/14 04/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 87,891位 76,188位 76,415位 76,580位 76,499位 90,033位 89,394位 957,007サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
PVポイント 0 30 10 20 10 20 40 130/週
料理ブログ 2,601位 2,154位 2,155位 2,185位 2,180位 2,702位 2,712位 33,458サイト
グルテンフリー 7位 6位 6位 7位 9位 11位 12位 57サイト
ライフスタイルブログ 7,624位 6,921位 6,918位 6,925位 6,956位 7,761位 7,707位 66,650サイト
季節感のある暮らし 29位 25位 24位 23位 26位 32位 31位 87サイト
地域生活(街) 関東ブログ 1,645位 1,481位 1,505位 1,511位 1,510位 1,723位 1,716位 13,998サイト
秩父情報 12位 11位 11位 12位 12位 13位 12位 53サイト
今日 04/18 04/17 04/16 04/15 04/14 04/13 全参加数
総合ランキング(PV) 17,700位 17,113位 16,650位 16,688位 16,485位 16,488位 15,705位 957,007サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
PVポイント 0 30 10 20 10 20 40 130/週
料理ブログ 348位 337位 322位 323位 315位 315位 305位 33,458サイト
グルテンフリー 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 57サイト
ライフスタイルブログ 1,622位 1,580位 1,546位 1,546位 1,540位 1,533位 1,509位 66,650サイト
季節感のある暮らし 5位 5位 5位 5位 5位 5位 5位 87サイト
地域生活(街) 関東ブログ 224位 219位 213位 211位 210位 207位 202位 13,998サイト
秩父情報 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 53サイト

Rikaさんのブログ記事

  • 取材活動

    本日は、1年に2回発行の機関紙「花の森通信」の取材で秩父市吉田の「ゆいっこ」にいってきました! 多世代交流カフェ ゆいっこ なんとも渋い佇まいです! ここは地域の子育て支援、青少年支援、こども食堂、老年の方の見守りといった活動をしているところです。NPO法人 花の森こども園の事業の一環なのです。 建物の裏には川が流れています この階段を使って河原に降りることができる! ママのためのランチプレート ちゃぶ台を囲んでみんなでわいわいランチです! ベビーマッサージは第3火曜日にあります!これらの事業は、助成金の支援を受けて行っていますので、活動報告なども、ちゃんと作らねばなりません。それを責任者のお…

  • ふと降りてきたもの

    ヨガ、ワインのこと、マクロビオティック、発酵食、 自然農法の野菜作り、着物を着ること、 日本文化を学ぶこと、ホメオパシー、 瞑想、食育、 やりたいことがたくさんあるのだけど、 なかなか手をつけられないなーーと思っていた時に ふと、降りてきたものがありました。それは四半世紀ほど、心に残しながらも、拒否していたことです。向き合ってしまったら、自分の嫌な記憶が蘇ってしまうのではないか?と思ってしまうのですが、 でも、多分、一番大好きなことだと思います。それは絵を描くこと。物心ついた時から、絵を描いていてそれは、漫画やイラストでしたが、画家になりたいと思って、アカデミックな画法を学んだりもしました。1…

  • ソクラテスになりたい

    バカの壁という本を以前読んだことがあるので家のどこかにあるだろうと思い探してみたが見当たりません。もう一度読みたかったのになあ。 www.amazon.co.jpなぜ、そう思ったかというと、最近、私はつくづく「バカ」だなあと思う節が多々ありまして、それは、知ったかぶりをしてこどもの言うことをちゃんときこうとせずに決めつけてしまうところがあるからなのです。「バカの壁」を検索しているうちにソクラテスの「産婆術」なる言葉が出てきました。うわ!初めて知った言葉。「産婆術」は簡単に言うと、無知なもの同士が語り合う中で新しい知を産み出す技術のことで、ソクラテスが得意だと自認していたことだそうです。ソクラテ…

  • 出逢いは奇跡

    初めてのオーダーワンピース 1週間前に参加した、ワークショップで展示受注販売していた、 ワンピースをオーダーすることにしました。オーダーワンピースって、実は初めての体験です。子育てが終わったらプチプラを卒業しようと思いつつ、いっぺんには変えられないので、少しづつ、良いもので心のこもったものと一緒にいようと思っていたのです。 フランスの最高級レースを使用したブラウス 秩父の絹織物の「秩父太織」を袖と襟に使用した、ワンピース このワンピースやブラウス、コート達は丁寧な手仕事によって仕立てられた逸品です。私自身のボキャブラリーが乏しすぎて、その素晴らしさを文章で表現できないのですが、作家さんの作品に…

  • 蟹食い猿 フーガ

    「人生のうちで重要なことはほとんどないに等しいんだ」 「何が起こったって、別にオタつくことはねえや」 この名台詞は「蟹食い猿 フーガ」という船戸与一の小説の中に出てくる主人公だったかな? あまり記憶はないのだけど、とにかく詐欺師の物語なのだが、 当時20代で、いろんなことを真面目に小難しく考えてしまう私に、 会社の社長がこの本でも読んでおけ!的な感じで セリフとセリフの意味とともに渡された。本は読んだけど、物語は思い出せない。けど、このセリフはずっと残っている。重要なことってないことはないけど、深刻になりすぎて四方八方塞がってしまって、どこをどう打開していいかわからなくなる時がある。 そんな時…

  • 日々思ふこと

    最近読み始めた本は「縄文」と「政治」について あーなんか、もーですねぇー 50歳近くなってくると、 それまでは、何かを成し遂げてやる! とか、 成功者の仲間入りに! とか、考えてて とにかく社会的に承認されたくて、 空回りしていたんですがね。 まかないパンのフォカッチャを食べながら つい最近、衝撃的な出会いがありまして。 出会いというか、ふつーに生活してたら 出会えない方の講演会を聞く機会がありまして、 その方が言うにはね。 日本の変え方。教えますっていうの。 へ? 日本? そりゃぁ〜ね。 教育のこと、税金のこと、高齢化社会のこと、 医療費負担のこと、原発反対!って運動しても 一向にやめないし…

  • 季節は巡る

    本日は春分の日。 特に何をするわけではないのですが、昔は実家でよくぼた餅をつくってましたね(≧∇≦)福島では秋分の日のおはぎは豆ずりもちと言って、新鮮なオクテの枝豆を茹でて潰して砂糖を入れたずんだ餅も作ってました。春は当然、新鮮な枝豆はないので、つぶあんだけだったのですが、冷凍技術が発達しちゃって、夏に取れた枝豆を冷凍しておいて、春のぼた餅に使うなんてこともしてました。 昔はフープロなんてなかったので、すりこぎですってました。途中で味見しながらが、とっても楽しかったですね。そんな季節の美味しいものを祖母はよく作ってました。 福島では豆ずり餅と言ってます ここT市に引っ越しても、「おひまち」と言…

  • 100年先を見据えた壮大なグランドデザイン

    渋谷の河津桜 明日は3月21日春分の日ですね!宇宙元年 満月。今日からブログを始めようと思います。と言っても、何を書いたら良いか迷ってしまいます(^_^;)出来るだけ飾らずに、等身大の自分で発信していこうと思います。よろしくお願いいたします!今日は、都内で米粉パン教室でした💓 教室のある渋谷から帰り足、電車の窓から、鬱蒼とした森の塊が目の前に現れました。 その塊は電車がすすんでもしばらく続きます。 「あっそうか!明治神宮の鎮守の杜だ!」 数日前に夫が何やらブツブツ言ってたことを思い出しました。 100年先を見据えて考えられたデザインとは、明治神宮の鎮守の杜のことです。 まるで何千年も前からそこ…