住所
出身
ハンドル名
dedewataさん
ブログタイトル
SAPIXに通う平凡親子の中学受験記録
ブログURL
https://dedewata.hatenablog.com
ブログ紹介文
平凡なサラリーマンと専業主婦の子供に産まれたごく普通の娘がSAPIXに入塾して中学受験を目指す記録。
自由文
-
更新頻度(1年)

17回 / 39日(平均3.1回/週)

ブログ村参加:2019/03/16

dedewataさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 04/23 04/22 04/21 04/20 04/19 04/18 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 957,594サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 50 90 90 20 80 60 40 430/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
受験ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,910サイト
中学受験(サピックス) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 285サイト
中学受験 2023年度(本人・親) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 31サイト
今日 04/23 04/22 04/21 04/20 04/19 04/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 19,190位 20,005位 20,656位 21,373位 19,423位 19,378位 17,851位 957,594サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 50 90 90 20 80 60 40 430/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
受験ブログ 369位 382位 386位 404位 378位 377位 362位 7,910サイト
中学受験(サピックス) 72位 74位 75位 77位 74位 75位 75位 285サイト
中学受験 2023年度(本人・親) 8位 8位 8位 10位 10位 10位 9位 31サイト
今日 04/23 04/22 04/21 04/20 04/19 04/18 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 957,594サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 50 90 90 20 80 60 40 430/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
受験ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,910サイト
中学受験(サピックス) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 285サイト
中学受験 2023年度(本人・親) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 31サイト

dedewataさんのブログ記事

  • 繁忙期なのでブログは後回し

    毎年のことですが、新しい年度を迎えると同時に経理マンなら恒例の決算が始まっています。 ブログ更新も始めてから毎日出来てたのですが、さすがに仕事も残業残業でちょっとそれは厳しい。まぁペースは無理ない感じで更新していきたい。 問題は春休みという勉強するには絶好の期間なのに、平日は見てあげることができないこと。 仕方ないので今は家庭学習を妻に任せて、2年生の総復習的な感じで見てもらっている。 我が家は役割分担が出来ているので臨機応変に対応出来ているけど、共働き世帯は本当に大変だと思う。 下の子がもう少し大きくなったらそうなることもあるけど、自立学習が出来る子ならなぁ~ にほんブログ村ランキングに参加…

  • 1年間お世話になった担任

    現在春休み満喫中の娘。勉強もそこそこに歩き出した弟と毎日騒いでいる(らしい)。 そんな娘の字、特に漢字は俗に言うトメ、ハネ、ハライが良く出来ていて綺麗に書けていると思う。 私は字が汚いのでこれは妻の影響も多少あるかもしれないが、一番は小学校の担任の指導だろう。 4月から進級に伴い、担任は変わってしまうだろうが賛否両論の先生だった。 昔ながらの年配の先生で、些細なことでもすぐ怒るらしく娘はすっかり萎縮してしまい、担任のことが嫌いだったようだ。 2年生に上がってすぐの頃、宿題のノートを学校に忘れてしまい、忘れたら怒られるとオロオロするので妻が校門前まで一緒について行って取りに行かせると、廊下で担任…

  • 年収や貯金のアレコレ

    中学受験を考える平凡なサラリーマン家庭とはどれくらいの年収や貯金をしているのか。 気になる方も多いと思うので、私のプロフィールも兼ねて紹介する。 生々しいところは少しぼやかして表現させてもらうが、嘘は書かないので勘弁してほしい。。。 私の年齢は30代半ば。仕事は都内の会社の経理で役職は一応名ばかり管理職。 年収は約600万くらい。さらに借上社宅制度のおかげでかなり安い金額で住居を借りている。 体感としては700万くらい貰えているのと同じくらいなのかなぁと思う。 妻は1歳の長男を抱えている為専業主婦なので収入0。なので世帯年収600万~700万くらい。 共働きの夫婦の世帯年収と比較すればおそらく…

  • アルファベット下位クラスでも意味はあるのか

    SAPIXは1都3県あたりでは圧倒的な実績を残す進学塾。 その内容はaクラスにいてこそで、アルファベット下位クラスにいても無意味(お客様)とよく聞きます。 下位から抜け出せず実力が合わない場合は、転塾してでも子供に合った(合わせた)環境をつくってあげるべきと。 この説に私は少し違う感覚を持っていて、塾側はどうだか知らないが、親としては環境が実力を押し上げてくれるということを期待しても良いと思う。 私の経験になってしまうのだが、学生時代(高校~大学)の私は勉強が好きというわけではなく運動大好きだったので、あるスポーツに打ち込んでいた。 そのきっかけは部活動の体験入部でちょっとムカつく先輩がいたか…

  • 読解力はどうやってつけるのだろう・・・

    国語の長文の問題や算数のちょっとわかりづらい問題だと、そもそも問題の意味がわからないということが多い。 結局問題を言葉で説明すると、そういうことか!と解き始めるのだが、テストや塾、学校で通訳のように親が横についているわけもなく、かなり危機感を抱いている。 とりあえず当たり前のこと(ちゃんと問題文を読む、聞かれていることは線を引く等)を言っているが、これといって手ごたえは全くない。 読解力を上げる方法論は置いておいて、普段の生活で気を付けていることもある。 本はもともと好きな子なので、読んだり妻が寝る前に読み聞かせたりはしている。 どんなことでも気になることや質問があれば、子供の言葉で説明させて…

  • 早生まれのハンディキャップ

    娘は早生まれ(3月末)。私も早生まれ(3月中旬)。世間巷で言われる早生まれのハンディキャップについて実体験。 1.運動能力について 私は運動大好きだったけど、今思い返すと小学生くらいのころは相対的に普通か低かったかなと思う。 娘は運動は好きでもなく嫌いでもなくだけど、明確に低めな感じ。 体つきも小柄で親子そろって背の順は1番前が定位置だし、確かに1年という期間の子供達の中で比較するのはフェアではないのかもしれない。 2.学習能力について 私は勉強嫌いで、今思い返すと相対的に普通以下。 娘は勉強はどちらかというと好きらしく、少なくとも学校では普通以上らしい。 運動能力はそもそも骨格とか努力でどう…

  • 時間の足し算引き算

    時間は家にアナログの時計を置いて普段から慣れ親しんでおくのが一番だと思うが、我が家はデジタル時計中心だった為、痛恨の出遅れ。 今更ながらアナログの目覚まし時計などを買ってるけど、遠回りをしてしまった感。。。 それでも時計の絵から、何時何分かを読み解くことは出来ていたので、あとは足し算引き算だけ。 まず、午前午後だけでなく24時間表記のことも教えた。 午前はそのままでいいが、午後は+12をした時間で表す時もあるんだよと。。。 そうすることで何時の部分の足し算引き算がとたんに簡単になる。そりゃあ24までしかない簡単な計算だから当たり前。 問題文が午前午後で表記されていれば、答えもほぼ間違いなく午前…

  • 水のかさの足し算引き算

    前回の長さを克服したら続いて水のかさ。 これは長さと変換の位が変わることで混乱する子が多いと思うんだけど、長さで覚えた相関図のおかげで簡単に覚えることができた。 ○ ○○ L → dL → mL 長さの相関図と見比べながら〇の数が違うことに気付かせる。(〇=0) ただ、相関図を書く際に長さの〇の位置とこんがらがってしまう可能性もある。 通勤中になにか良い覚え方はないかなぁ~と考えてたら閃いた! ・・・この2つの相関図に対して ○ ○○ L → dL → mL ○○ ○ m → cm → mm 私『〇の数がわからなくなったら、水のかさの問題は、傘(かさ)を想像してごらん。傘は頭の上からさすから、…

  • 長さの足し算引き算

    まず最初に・・・ 私は基本的に学校や塾を信頼しているので、先取りして教えることは決してせず、学校や塾の教え方でどうしても理解できずつまづいた時にだけ、娘専用(オーダーメイド)の方法を考えて教えようと思います。 なので優先順位は、 学校or塾>>>私 は揺るぎません!! さて、最初に取り掛かって一番手こずったのは長さの問題。 まずそもそも単位の変換が自信がない状態で解いているようだった。 1mが100cm、1cmが10mmと当たり前のことを話しても当然響かない。学校でも教わっているはずなので、それで分かればとっくに理解しているよねって話。。。 そこでまずは下の相関図を書いた。 ○○ ○ m → …

  • 苦手な単元を克服しよう

    さて、決して優秀ではない成績ですが、新小3という比較的緩い入室基準点のおかげで、ギリギリSAPIXへの入塾が認められた娘。 親としては本当にSAPIXでいいのか、入塾が早いのではないかといったネガティブな話題がループしてしまうのですが、当の本人の気持ちは入塾したいということなのでもう腹を決めました!!早いけど全面サポートして家族で頑張ろう!! といったところで早速入室テストの内容を振り返る。(特に算数) 大問1の配点が大きく間違えて欲しくないところで間違いや不安点が目立つ。 ・長さの問題 ・水のかさの問題 ・虫食い算 ・時間の問題(これは合ってたけど自分で説明させるとちょっと不安) まぁ、典型…

  • 入室テストの結果

    消しゴム忘れがどう採点されるかをドキドキしながら結果を見ると、塗りつぶして正解を書き直したものも点数が貰えていました!! みなさん!消しゴム忘れてもウチのように可能性あるから諦めないで^^ さて、肝心のテストですが、2科目合計ギリギリ平均以下。国語は取れていたのですが算数が足を引っ張る典型的な女の子タイプの成績。 塗りつぶしの問題を取ってもらえた採点にホッとしていたのもあるかもしれないけど、第一印象としては悪くないんじゃない?という感じ。 家庭学習も全然力入れてなかったのもあるし、3月の組み分けテストという通塾生と同じテストで平均近くならむしろ頑張れてるとすら思った。 SAPIXに通わせる親の…

  • SAPIX入室テストの大失敗

    事前準備はほとんどない状態でSAPIXの入室テストを受ける。 外部のテストは小2秋に受けたお試しで受けた四谷大塚の全国統一小学生テストのみ。その偏差値は40台半ばでよその子は凄いんだなぁと思ったっけ。 その前に補足をすると娘の小学校はほぼ毎日宿題を課すので家でも少しは勉強している。 とはいえ宿題にプラスして妻が自宅でやらせているものもあるけど、詰め込み教育は全くしていない。 教育系の習い事は幼稚園時代に1年だけ英語(ECCジュニア)に通わせたけど挫折。 小1の2月からそろばんに週2で通わせているが、これは暗算力よりも集中力を磨いてほしいという気持ちからで、おかげで算数は苦手なんだけど集中力はそ…

  • SAPIXの説明会に参加して

    説明会参加後の妻に話を聞くと、とにかく高評価。教室はかなり狭いらしいけど。 いろいろと話を聞いたうえで結局娘がついていけるのか、勉強嫌いにならないかを聞くと、娘なら大丈夫という根拠のない自信が返ってくる。 まぁここに入って付いていけなくても他のところに転塾すればいいし、結局自分も最後は大は小を兼ねる気分でじゃあ小3の2月(新小4)からに向けて入室テストを合格できるように頑張ろうかと思っていた・・・。 しかしそのSAPIX校舎の説明会で不吉な一言が・・・。 昨今の中学受験ブームのおかげで生徒が増えすぎて教室が足らず、募集停止が早まっているらしい。 そんなの営業トークだろうと色々なサイトやブログで…

  • さて、塾はどこにしよう

    中学受験をするにあたって色々調べてみるとやはり受験に塾は外せないようだ。 我が家は妻が専業主婦なので家庭学習も視野に入れたものの、適当な私立中学の過去問を見てこれを親が参考書や通信教育で教えるのはちょっと難しいかと思った。 加えて現在1歳の息子もいる。年が離れているからこそこれからますますやんちゃ盛りの時期に、娘の勉強を邪魔しないかと言われると全く期待できない。(もうすでにかなりやんちゃで持て余している) そこでピックアップしたのは、まず現実的に通える範囲の集団塾ということで下記の7校。 ・SAPIX ・早稲田アカデミー ・四谷大塚 ・日能研 ・栄光ゼミナール ・市進学院 ・茗渓塾 徒歩圏から…

  • SAPIX入塾に至るまで(子供編)

    親の意識は受験に前向きになったところで肝心の子供はどうか? 本人が勉強嫌い、友人関係に恵まれ離れたくないといった気持ちであれば強要するつもりはなかった。 まず娘だが客観的に見てとても真面目で大人しい。そして自分ではなくクラスメイトが怒られているだけで委縮し学校に行きたくないと言い出す。 意地悪されても言い返せず泣いて帰ることもしばしばあった。良く言えば感受性豊か、悪く言えば少し繊細なのかもしれない。 勉強についてはごく平凡で良くもなく悪くもなく。以前何の準備もなくお試しで受けた四谷大塚の小2秋の全国統一小学生テスト(これが学校以外の初めてのテスト)は偏差値45前後だったかと思う。 子供に聞くと…

  • SAPIX入塾に至るまで(親編)

    まず最初に記録するのは親の心構えと行動について。 父親(私)は高校まで公立で育った為、公立の良いところも悪いところも経験した上で費用対効果を考え中学受験反対派だった。 対する母親(妻)は私立女子中学の中学受験を経験し、女子校の良いところを経験した上で娘にも同じ気持ちを経験させたい中学受験賛成派。 この話題は思い起こせば娘が幼稚園年中(5歳くらい)から討論したと思う。 正直私も私立中学の生活は想像の域を出ないし、それは妻も同じで公立中学のイメージで語るため、お互いの主張を否定しあうだけの水掛け論。 ただお互いの共通認識として 娘の人生について、求める希望をできる限りサポートしてあげたい。 という…

  • 中学受験の進学塾に通う

    娘小学3年生4月から中学受験の進学塾に通うことになった。 塾はNo1の呼び声高いSAPIX(サピックス)の小中規模校舎。 正直ここに至るまで2~3年は妻と議論を交わし、未だ結論が出ているわけではない。 ただ選択肢を狭めないという意味で行動だけは起こして、止めるとなったら潔く止める気持ちは忘れないでおきたい。 このブログはそんな娘の塾の学習、家庭学習、親の心構え、反省等を次に活かす為の記録帳です。 にほんブログ村ランキングに参加しています。 よろしかったらクリックをお願いします。 にほんブログ村