searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

yukkylucky13さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Oikawa Fly Fishing
ブログURL
https://lucky13.hatenablog.com
ブログ紹介文
オイカワのフライフィッシング、たまにBassのトップウォーターフィッシングも。
ブログ村参加
2019/03/04
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、yukkylucky13さんをフォローしませんか?

ハンドル名
yukkylucky13さん
ブログタイトル
Oikawa Fly Fishing
フォロー
Oikawa Fly Fishing

yukkylucky13さんの新着記事

1件〜30件

  • 釣行記 ‘21/9/20

    M川、9:15〜10:00、晴れて暑い。 まだ早朝フィッシングの方が良かったかも知れないけど、僕の感覚ではオイカワのドライフライフィッシングでは薄暗い時間帯より陽の光がしっかりある方が魚からの反応が良い。そりゃそうか⁉︎ フライはクイルボディパラシュート#18(ガマカツC12)昨日よりワンサイズ大きくして同じポイントを狙います。 モクズカニ?残念ながら死骸でした。 フライが大きめなので、なかなか乗らない。 左手のラインを素早く引く事で合わせが決まる。水中で銀色のナイフがキラリと光ったらそれも、僕の勝ちのシルシ。45分の釣行で20尾くらい。

  • 釣行記 ‘21/9/19

    M川、14:00〜15:00、晴れ。 大雨の後ですが、どうでしょうか?水位はまだ高く水の押しも強いので、最下流エリアの緩い流れの中、エスケープしているオイカワを狙います。 フライはクイルボディパラシュート#20(ガマカツC12)ブラウンのターキーバイオットにハックルはグリズリー。 手前のステージで最初のキャストから反応が有ります。乗りませんが… 少し沖の早いレーンに長くフライを漂わせると銀色の良型が釣れました。 この後ポイントを休めながら同じ場所でこれくらいのサイズのオイカワが連続しました。 そして待望の夏色(薄っすらです…) とても嬉しい一尾です。ナイスファイトでした。川底の形状を観察して風…

  • 雑記 11 【人それぞれ】

    私の主観です。 【人それぞれ】 随分と昔の話ですが某有名河川でバスフィッシングをしていた時の話。トップウォータープラッガーの僕は、トップウォータープラッガー見習いの友人に誘われ、嫌々だったが早春のフィールドを訪れていた。 偶然にもその川でバス釣り好きの知人とたまたま遭遇したのです。

  • 釣行記 ‘21/8/22

    M川、8:30〜10:30、曇り。蒸し暑い朝。 先週から断続的に降雨が続いてますが、今朝はようやく釣りが出来そうだったので、前夜にクイルボディパラシュートを4個も作ってしまいました。 ポイントは最下流エリアです。台風の直後や大雨からの回復中によく狙うポイント、流れが弱く浅い場所です。1投目からバイトがあるので、ポイント選びは正解のようです。 早速釣れました。小さなバイトに良型のオイカワ。 ポイントを休めながらほとんど移動せずに釣り続けると連続でこのくらいのサイズが釣れます。そして、 色が薄いけど夏色。 調子良い。 狙った場所にフライを届け、着水直後のバイトに対して左手に持ったラインを素早く引く…

  • 釣行記 ‘21/8/8

    M川、6:15〜8:15、晴れ、暑い朝。 橋の下エリアから上流へ。 フライはクイルボディパラシュート#18(マルトc46FW)ボディはグースバイオットの赤。 なんとかこんな夏色オイカワをキャッチしたいところです。 しかし台風の影響で朝から強風です。キャストをリズムよく繰り返したいけど、上流方向からの強烈な風で難しそう。キャストが決まらないイライラをいかにコントロールして結果に繋げるか。今朝のポイントです。 川に対してクロスにキャストしていきます。右側下流であればスムーズにキャスト出来るのですが、左側下流だとうまくいかない。バックハンド(バスフィッシングでやるようなロッドを持つ腕の反対側を使うキ…

  • おまけ釣行記 ‘21/8/1

    M川、16:00〜17:15、晴れ。 橋の下エリア。 減水著しい。 クイルボディパラシュート#16(マルトc46FW)逆光対策のポスト大きめ。 しかし、なかなか乗らないのでフライをチェンジ。クイルボディパラシュート#18(TMC100) 少し小さめだけど綺麗な色。

  • 釣行記 ‘21/8/1

    M川、6:30〜7:00、曇り。 寝坊しました。 昨日と同じ場所から開始。実は増水していて少し濁りも残っている。草や枝が水面に浮かんで流れてくる状況。増水中の最高水位の痕跡はこんな所にも。ピンクの線より下が倒れてますね。昨日も斜めに傾いてましたが、これ程ではありませんでしたので、直前まで水位が高かったと推測出来ます。

  • 釣行記 ‘21/7/31

    M川、5:45〜7:45、晴れ。 到着時の川は増水、濁り有り。どうやら前夜に上流の堰から放水があったようです。川は定位に向け刻々と変化しています。ピンクの線を境界に砂利の色が違うのですが分かりますでしょうか?川の方が濡れているのが分かります。ここまで増水していたという事ですね。 下流エリアは全く反応がありませんでしたので、橋の下エリアに向かいました。エントリーする時に左足が長靴の喫水ギリギリだったのですが、エイッ!と強行したら浸水しちゃいました。次は気を付けたいと思います。 クイルボディパラシュート#18(TMC 100)で、少しレイアウトの変化したいつものポイントを攻めます。特に流れの速い場…

  • “続 釣れない” 釣行記 ‘21/7/25

    M川、6:15〜7:15、晴れ。 橋の下エリアに向かうと、川鵜が陣取っていた。僕には迷惑な話だが、彼等もただ生きていこうとしているだけで。 僕を見て川鵜は去りましたが、オイカワはまだブッシュの中に隠れていると思うので、30分ほどポイントを休ませておきます。 その間、150m程上流のポイントを狙ったのですが、ちびっ子オイカワが連続で釣れてしまったので切り上げます。 さて、本命のポイント。得意のクイルボディパラシュート#18(マルトc46FW)グースバイオットの赤色ボディで岸際の浅くて速いレーンを狙います。はい、サイズは小さいのですが夏色が釣れると嬉しい。下流方向に移動しながら、瀬の中で勾配が緩い…

  • “釣れない” 釣行記 ‘21/7/21

    M川、6:30〜8:00。 減水傾向が進んでます。久しぶりに上流の堰堤下エリアに行ってみましたが、何度も繰り返された降雨増水の影響で川のレイアウトが様変わり。この時期に狙いたい浅瀬がありません。少し流してちびっ子オイカワだけをキャッチして、いつもの下流エリアに向かいました。 結論を先に。 釣れたのはちびっ子達と少し良型のこのオイカワ。 どこに行っても夏色は釣れませんでした。次は日曜日に行けそうかなぁ。

  • 釣行記 ‘21/7/18

    M川 6:30〜8:00。橋の下エリア、晴れ、蒸し暑い。 クイルボディパラシュートが使いやすく、フライボックスの中には、いくつかの種類のフライがあるのですが、結局手が伸びる。 理由は簡単で、フライのシルエットと佇まいが格好良いから。勿論、ドライフライとしてしっかりと浮いている事も大事であり、更にはキャスト毎にオイカワがバイトする事もあり耐久性も兼ね備えている事も大事です。 僕のクイルボディパラシュートはテールが無く、ターキーバイオット7割、グースバイオット2割、その他1割といった感じ。細かくリプを表現したいので、巻き数が多いのが特徴です。 その巻き付けるフックはほぼ全てカーブドシャンクなんです…

  • 釣行記 ‘21/7/11

    M川、7:00〜9:30、雲多い晴れ。 蒸し暑い朝。 橋の下エリア。増水中、ポイントへのアプローチは慎重に。消波ブロックの際は周りより深い。 今朝はリーダーをユニスレッドで作成したファールドリーダーに交換して挑みました。ナイロンのリーダーに比べて巻き癖がなく、しなやか。ロッド先端などに絡みやすいのが難点だけど、ショートバイトを瞬間的に合わせる事が可能です。フライはいつものクイルボディパラシュート#18(マルトc46FW)。 浅い場所から久しぶりの夏色、小さめ。 続いて、深くて速い場所からグッドサイズが出たのですが、バレちゃいました。 気を取り直し… ポイントを休めながら行ったり来たり。 銀色の…

  • 釣行記 ‘21/6/26,27

    M川、26日 6:45〜7:45 雨の降りそうな土曜日の朝も川の様子がおかしい。護岸された場所を見ると草が倒れ、ゴミが散乱している。平常の水面から1m程は高い。川のレイアウトも大きく変化している。 この河川区域で何かしらの意図があって夜間のうちに短時間で一気に放水し、戻したのだと考えられます。 おかげさまで、ツ レ マ セ ン。 ま、ゴミ拾いだけでも来た意味があるか。 しかし、なんとか一尾。 27日 13:30〜15:30、曇り。 釣れる気がしませんが、家でタイイングしてたら釣りに行きたくなりました。 まずは、さっき巻いたフライを使用。ハックルが暴れてます。 で、釣りの方は粘りに粘り… 橋の下…

  • 釣行記 ‘21/6/25

    M川、6:15〜7:45、曇り。

  • 釣行記 ‘21/6/24

    M川、6:02〜7:38、晴れ、橋の下エリア。 結果を先に。久しぶりに夏色が釣れました。 いつも通り、クイルボディパラシュート#16(マルトc46FW)今日もグースバイオットの赤色ボディ。6:45までは下流エリアを狙ったのですが、銀色の小さなオイカワしか釣れません。そこで期待せずに様子見に橋の下エリアへ向かいました。 水量、透明度、川底の状態も良く、条件は揃ってるのですが30mほどのポイントを釣り上がっても銀色の小さなオイカワのみ。 折り返してエントリー地点まで戻ってきたところ、浅いステージでようやく夏色。 次のキャストで、色鮮やかな良型がヒットしたのですが残念バラしました。 さらに連続で、 …

  • 釣行記 ‘21/6/21

    M川、6:00〜8:00、晴れ、下流エリア。 フライはクイルボディパラシュート#16(マルトc46FW)グースバイオットの赤色ボディ。 砂底と砂利底の境界ポイントで久しぶりの良型。 この後、少し粘りましたが銀色の小さなオイカワを数尾キャッチして終了しました。 日曜日にこんな事がありました。 先週の金曜日深夜から土曜日にかけての降雨でM川は増水中。あまり期待せず一応の道具を持って日曜日の午前中に川の様子を見に行ったのですが、なんと大減水!中洲をうまく利用すれば良さそうなポイントに行けるのだけど、これは川の様子が明らかにおかしい。 高い位置から川を少し観察しているとオイカワのグループがいくつかあり…

  • 釣行したけど釣れない記録。’21/6/11,12,13

    M川、S川、良型のオイカワは何処? ちびっ子オイカワは果敢にバイトしてくれるけど、狙っているサイズのオイカワは見当たりません。 この3日間でそれなりのオイカワは1尾のみ。 11日、6:41にM川、橋の下エリアにて。 土曜日にはフロータントとして使用しているミューシリンが無くなっていたのを忘れてしまい、何かないかとカバンの中を探して、【ニベアクリーム】と【メンソレータム リップスティック】を発見。 【ニベアクリーム】はミネラルオイル、ワセリン含有、【メンソレータム リップスティック】はワセリン含有。 ん〜、少し悩んでから【メンソレータム リップスティック】をクイルボディパラシュートのハックル部分…

  • 釣行記 ‘21/6/9 ROCKの日

    M川、6:30〜8:00、晴れ。暑い朝。 橋の下エリア、減水著しい。 クイルボディパラシュート#18(マルトc46FW)と同#18(ガマカツC12)をローテーションしながら。 今日はその日付けからROCKの日です。昨年からスタジオセッションや一人スタジオも行ってないのです。そして、時間はあるのにあまり練習しないギター。 最近の練習曲はジョー サトリアーニさんの「サッチ ブギー」という曲です。(30年くらい前?の大阪公演が懐かしい。)僕のギターはアームアップしても半音程度なので完コピは目指してませんが、アイバニーズが欲しくなります。 脱線しました。 遠くの良さげなポイントよりも、僕の足元の浅く緩…

  • 釣行記 ‘21/6/8

    M川、6:30〜8:00、晴れ。 実は日曜日の午前中も小雨だったけど釣りしてました。銀色が3尾だけの釣果で、寂しくゴミ拾いして帰ったのです。最近このパターンが多い。 今朝はかわいいサイズの夏色が2尾と、銀色5尾の釣果でした。 川鵜が多いので、夏のシーズンは厳しいかも。

  • 釣行記 ‘21/6/5

    M川、13:30〜16:30。 晴れ、前日の降雨の影響で増水。水はキレイ。 橋の下エリアのポイントへは僕の長靴でギリギリ。 本日使用したメインのフライはクイルボディパラシュート#18(ガマカツC12) ピーコックとターキーバイオットで真面目に巻いたフライ。もうボロボロになってる。 最初に結んだクイルボディパラシュート#16(マルトc46FW)で、小さなオイカワが釣れてしまう。しかも次のキャストでフライだけ無くなる。ティペット解けてるし。 下流方向へ。 移動しながら流していたフライに。 ムコウアワセ デ ツレチャッタ、ノーカウント。 10分後。 どうせオイカワはいないだろうとキャストを避けていた…

  • 釣行記 ‘21/5/30

    M川、7:30〜9:30。晴れ。 昨日の釣行で高ポイントの好ポイントを見つけていたので、車から降りて一目散。橋の下エリアです。 ポイントに到着、道具を準備します。昨夜巻いたフライを早速結びます。ピンぼけです。↓ フライはマイドオナジミ イツモノヤツ#16(マルトc45FW) 昨日のブッシュ絡みの浅瀬で1尾目。 とても小さな夏色。 今日は撮影できました。それにしても小さいなぁ。 ここから釣り上がります。上流に移動するほど、流れが速くなり、水深も深くなってくるのである程度のところで見切り、スタート地点から再度釣り上がりを繰り返します。 これを続けて10尾程の銀色をキャッチしたのですが、狙っている魚…

  • 釣行記 ‘21/5/29

    M川。晴れ。7:30〜9:30 増水から回復中だけどまだ水位が高い。水はキレイ。 川のレイアウトも刻々と変わる。下流エリアではちびっ子オイカワが多く良型は釣れない。気がつくと川鵜が一羽さっきまで僕がドライフライを打ち込んでいた場所に佇んでいる。頭良いな。 橋の下エリアに行ってみる。 いつものクイルボディパラシュート#18(マルトc46FW)小さめなオイカワ。 ブッシュ絡みの浅瀬で川底が石のポイントでこれまた小さめの夏色オイカワが出てくれたけど撮影前に逃げてしまいました。 このエリアでは水深、流速、川底の状態などの好条件を確認できたので明日の釣りに繋がる収穫として終了。ナンダカンダで10尾ほど。

  • 雑記 10 【予感】

    私の主観です。 【予感】 ある程度の経験を積まれた釣り人であれば少なからずある事でしょう。 「今日は良さそう」とか 「今日はダメかも」など。 僕の場合、釣りで目標としているものがあるとすれば、バスのトップウォーターフィッシングでは、狙ったポイントにお気に入りのプラグを最初のキャストで届けポーズの後のワンアクションでスプラッシュバイト!で釣る事。背景が夕焼け空なんかだと最高です。もしジャンプしたバスをバラしたとしても、オレンジの空にエラの鮮やかな赤が映えていればそれで満足です。 オイカワのドライフライフィッシングでは婚姻色の鮮やかな魚を狙った場所への最初のキャストで静かにキャッチする事です。両方…

  • 釣行記 ‘21/5/9

    M川、下流エリアと橋の下エリア、7:30〜9:30。 結果として前半戦となった下流エリアでは不発。ここで1時間を使い、帰宅しようかと考えたのですが、帰っても10:00からMLB観戦するくらいしかやる事がないので、橋の下エリアに移動してもう少し粘る事にしました。 フライはクイルボディパラシュート#16(マルトc46FW)ですが、最近オイカワが釣れない事もあって今日はハードシェルアントやマシュマロスパイダーも持ち込んでいます。ま、使わないと思いますが… 橋の下エリアでは風が強くなってきて、釣りにくくなってきました。右側上流のポイントですから余計にやりにくいのです。深い所で膝くらいの水深で、流れが速…

  • 釣行記 ‘21/5/4

    M川、下流、橋の下エリア。 7:30〜9:30、晴天。ほぼ無風。 釣れませんでした。平均的なサイズのオイカワは2尾。それも久しぶりに釣れたのです。 ちびっ子オイカワが5、6尾釣れてしまいました。 実は先月から釣りには出掛けていたのですが、ちびっ子オイカワ以外、全く釣れなくてゴミ拾いがメインになっていました。 雨の後はゴミが多い。 そこでM川、S川、U川など思い付く河川に出かけてみましたが、やはり、ちびっ子オイカワが挨拶してくれるだけで良型のオイカワは僕のドライフライにヒットしてくれませんでした。 毎年、田んぼに水が入るこの時期は川が濁って難しい事もあるのですが、こんなに釣れないのは初めてです。…

  • 雑記 9【雨男】

    私の主観です。 【雨男】 僕は雨男だ。 記憶にある様々な人生の節目で雨が降っていたし、これからも降るのだろう。 過去においては、会社から10年勤続の際に1週間の連続した長期休暇をいただいた事があったが、初日から最終日まで雨が降っていた。梅雨時期でもなく自分で選んだ期間だったので雨男に相応しい結果だと今でも思う。 休暇後に会社の上司は気の毒だったねと慰めてくれたのだが、僕としては日本屈指のバスフィールドで3日間のトップウォーターゲームを満喫した後だった。 どの日も薄暗く、真昼間からバスの反応が良くて様々なトップウォータープラグで終日楽しめた。そんな日が3日も続いたのだから気の毒は当てはまらない。…

  • 釣行記 ‘21/4/11

    M川、9:30〜11:30。 橋の下エリア、東からの風、気温15℃、上昇中。 はい、調子に乗ってやって来ました。フライを一個だけ巻いて。 何枚か撮影したのですが、全てピンぼけ。 クイルボディパラシュート#16(マルトc46FW)クイルはターキーバイオット。 昨日、良型が釣れた場所からスタートするのですが、期待に反して無反応。楽に釣れると考えていましたが、そう甘くない。ただ我慢と粘り強さは僕の武器です。焦らずジリジリと釣り上がります。 30分後、釣りの教科書に出てくるような狙うべきポイントへの1投目、水面に落ちたフライがスッと水中に消え、反射的に合わせると大きなオイカワ。 嬉しくて計測してしまい…

  • 釣行記 ‘21/4/10

    M川、13:15〜16:00。 晴れ。東からの風。気温17℃。 下流エリアからスタート。 結果を先に。 良型2尾を含み10尾。最後の1時間程を過ごした橋の下エリアで好調でした。 では、最初から。 フライはクイルボディパラシュート#16(マルトc46FW)そろそろ次のフライを巻かないとフライボックスの中には使い倒して、くたびれた物しか残っていない。ターキーバイオットは2週間前からコップの中で水に浸けているのだけど、なかなか気持ちが整わないのです。 下流エリアの上空では川鵜が僕を邪魔そうに横目で見ながら飛んでいく。お互い様だよ。 200m下流の河川工事の影響か、オイカワの反応は薄いのです。 オイカ…

  • 釣行記 ‘21/3/27

    M川、9:00〜12:00、晴れ。 下流エリア、増水してます。 久々の釣りでしたが、川に嫌な物を見てしまいました。 これは河川工事の前触れですね。 僕にとっては嫌なイベントですが、近年の豪雨災害などの報道を見ていると河川改修工事は洪水から近隣の方の生活を守る為に必要な事です。川の生物には申し訳ないのですが。 ゴメンな、亀。 釣りの方はさっぱりでした。 クイルボディパラシュート#16(マルトc46FW)マルトのフックは同じ番手では、がまかつより小さいので#16でも大丈夫。 で、増水で流れが強い場所よりも浅くて流れの緩い場所を狙っていくと ちびっ子オイカワを釣ってしまいました。ゴメンよ〜。 で、連…

  • 釣行記 ‘21/3/7

    M川、10:30〜15:30。 真っ白な曇り空、無風、11℃。 2日前にまとまった降雨あり、増水。 上流エリアは川鵜が沢山いたので、いつもの下流エリアへ。 川に着いて準備をしていると、さっきまで一段高い河川敷の芝生でボール遊びをしていたお母さんとお子さん達が、川縁まで来ていて下流側の僕の方にやってくる。 「?」 川がカーブしていて分からなかったけど、きっとボールを川へ落としたに違いない。僕は準備を中断して、川の中へ。するとサッカーボールが流れてきた。 「ボール取りますね!」 「ありがとうございます」 無事キャッチしたボールを親子へ。 さて、先週の30mポイントへ。 水位が10cm程上がっている…

カテゴリー一覧
商用