searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

akegarasu1953さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
akegarasu1953の日記
ブログURL
https://akegarasu1953.hatenadiary.jp/
ブログ紹介文
写真全般に思ったことを徒然に日記にして見ます。
更新頻度(1年)

14回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2019/03/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、akegarasu1953さんの読者になりませんか?

ハンドル名
akegarasu1953さん
ブログタイトル
akegarasu1953の日記
更新頻度
14回 / 365日(平均0.3回/週)
読者になる
akegarasu1953の日記

akegarasu1953さんの新着記事

1件〜30件

  • 都営新宿線曙橋駅ホームドア

    7月はフィルムを3本現像に出した テーブルの上には未現像のトライXが1本残っている これからCanon 7にフィルムを入れて撮る フィルムはポジに戻すかな。

  • ひとりぼっち

    明日の都知事選挙は行きます。 投票所は近いので楽です。 OLDlensの母艦はSony α7iiなんだが電池の持ち悪すぎる。 テストしなければならレンズはまだまだ結構あります。 その前に部屋の整理整頓を始めます。

  • この時期写真は紫陽花が多くなる

    fujifilm X-E3を使用して六義園の紫陽花を撮った中の一枚です。 10日以上前だからまだ紫陽花の花に勢いがあります。 この日のレンズはXF18-55mm f2.8-4.0とキットレンズとしてよく付いてくるやつです。 でも、このレンズ解像力もそこそこあるので良く使います。

  • セレン調の紫陽花

    東京のコロナ新規感染者が100名越えで一喜一憂しても仕方ない明日のワイドショーはこの話題で煽るだろうな、素人は黙ってろて感じです

  • ヨットハーバー

    「夢の島」 ロマンチックな名称を付けたものだ 昔はゴミの島だった 子供の頃ハエが大発生して地元住民だった私も大変だったという記憶だけ残っている 現在はヨットハーバーに陸上競技場、野球場などのスポーツ施設、それに清掃工場がある そう全く様変わりした場所になっている 若い人はそんな歴史は知らなくても良い そこで楽しめば良いと思う

  • ワニワニパニック

    ワニワニパニックは1989年にナムコが開発したゲームセンター用ゲームで大ヒットした その後新しいバージョンも開発されたが、部品枯渇で現在はほとんど稼働していない 古いフィルムカメラも部品など残っていない、去年Nikonが実施したNikon F、F2、F3などのフラグシップのメンテナンスサービスの部品はどこにあったのか不思議だ。 デジカメは出荷終了から7年間は部品を保持して修理に応じるのが原則で、部品が残っていれば修理に応じてくれることもある。また、部品枯渇で修理不能なこともある。

  • アサヒカメラを6月号、7月号最終刊と購入した。 老舗カメラ雑誌なので昔のスタイルを踏襲してる印象が強い。 まあ、冒険も出来ないか。 私はアサカメより日本カメラの方が馴染みが深い。 学生時代購入していたのはポンカメの方だった。 それにムックのような雑誌フォトアートが好きよく購入していた。 これで今は亡き毎日カメラとともにカメラ雑誌御三家の2つが消えた。 カメラ業界が斜陽になってどのように生き残っていくのか。 日本カメラの行く末を見つめながらカメラ業界を眺めて行こうと思う。

  • Leica病

    写真・カメラを趣味にすると何度か襲ってくるのがLeica病である。 私は基本連動距離計カメラはあまり好きではないのでLeica病の重症(Leica本体を購入する)になったことはない。 それでもLeicaのブランドのあるレンズは2本持っている。 本物のLeicaは連動距離計フィルムカメラだけだ、一眼レフはminoltaだっし、デジタルカメラはkodakとパナソニック両社におんぶにだっこで成立してきた。 フィルムLeicaでM型以前のものならレンズ込みで10万円を切る価格で手に入る。まあ、10年前なら5万円で手に入ったものだが。 フィルムLeicaで程度の良いものが市場でてくるのは往年のLeica…

  • ステージ

    木場公園の野外ステージいろいろなイベントで楽しい思い出を作ってくれる しかし今年は残念ながらコロナ禍の為に全ての予定がキャンセルされました 深川の富岡八幡の例大祭も来年に順延されました。 この写真は35mmで撮っている。 私は50mmより少し広角の35~45mmを標準レンズとしている。 これは学生時代にminoltaの45mmを多用していたことに起因する。 50mmはちょっと画角が狭いのです。

  • 紫陽花

    日曜の朝から雨である 梅雨だから仕方ないで済ませる方法もある でも、憂鬱な雨である プロ野球も淡々と時間を消費してゆく 別に贔屓のチームはは無い ただ、巨人は嫌いです 週末競馬中継を流しおく 馬券は買わないので一喜一憂はない 都知事選は選挙カーに会うことがない 6月も残り10日あっという間に半年が過ぎようとしている 大人になると年を重ねるごとに時間の単位が短くなる

  • 白黒

    モノクロ写真のことを昔は白黒写真と呼ぶ方が一般的だったと思う。 だからモノクロテレビでなく白黒テレビの方が通りは良かった。 私が学生の頃よく使用した白黒フィルムはコニパンSS、ネオパンSS、ネオパンSSS、ネオパンF、ミニコピーと国産フィルムばかりだった。 コダックのトライXは国産の2倍の価格の贅沢品だった。 現像は写真部の部室か自宅の自家現像だったから1本現像までならコストは250円位で済んだ。 朝刊で気になった記事は大学入試の要綱がコロコロ変わりすぎて受験生も大学側も大変です。 三ヶ月遅れのプロ野球開幕ですが無観客だとオープン戦のようです。 大塚家具77億円の赤字でよく潰れないものだと感心…

  • 夕刊で気になった記事は新型コロナの重症化が血液型によって違いA型がリスクが高くて私の血液型O型が低いらしい。東京の新規感染者35人となかなか減らないです。 東京この時間でも雨が降っています。1日中雨です。 フジサンケイグループの世論調査で孫請けの会社で不正があり、調査がまともに行われていなかった。まあ、新聞社の世論調査なんって世論誘導の道具なんで最初から信用していないけど。 プロ野球は今日開幕か、当分間無観客で行われるので声援とかないのは寂しいですね。 今日は雨なのでコンデジRX100を散歩の相棒にしてパチパチしてました。

  • 新コロナに伴う制限の一つ県境を越えての移動が今日から解除になりました。 まあ、以前から通勤で毎日県境越えている人沢山いるんですが。 東京は朝から雨です。 朝刊を見ても選挙違反問題と都知事選の話題ばかり、北のお嬢さんは強気一辺倒で大丈夫かいなと思ってしまう。 Nikon L35ADに入れたフィルムがなかなか撮りきれない、まだ半分残っている。 Zoom-Nikkor 80-200mm f4.5は解像力もよく二千円とはお買い得だったかもしれない。

  • 夾竹桃

    夕方から東京も雨になった。 雨は天気予報通り梅雨入りしているから気にならない。 新型コロナ騒ぎが終わりかけたら都知事選挙でまた騒がしくなる。 今回は投票したい人がいない。 小学校と高校が近くにあり児童や生徒を見かけると普通の有り難さが身にしみる。

  • 小名木川橋

    Lumix GX7 12-32mm f3.5-5.6

  • スナップはフジ、本格撮影はニコン、オールドレンズはソニー

    スナップ写真を撮るなら手持ちの機材だとフジのX100とX-E3がメインになる。 しかし、古い機種ながらX-M1の軽さとGRもどきの撮影スタイルも楽しい。 この記事の写真はX-M1にキットレンズのXF27mm f2.8で撮ったものです。 秋は都内の庭園回って紅葉の写真撮ったりするのはnikonのD610やD7000になる。 f1.8の単焦点やら小三元のズームとレンズはそれなりの揃っている。 オールドレンズ遊びの母艦はSonyのα7iiでいろいろとレンズを取っ替え引っ替えやっている。

  • Nikon D40x 1000万画素CCDセンサー搭載機

    Nikon D40x AF-S DX nikkor 18-55mm f3.5-5.6G II ED D200の1000万画素CCDセンサーを最初に搭載したエントリー機がD40xで、D60そしてD3000と受け継がれていく。 家にあるD40xは標準ズーム付きで購入したもので、10年以上経った老兵だが昼間ならまだまだ十分実用になる。 ここに載せた写真はサイズ縮小以外は撮って何も加工していない。 twitterをみているとCCDセンサーの写真が好きな人が意外と多いことに驚く今日この頃である。

  • お姿(浅草被官稲荷神社)

    fujifilm X100 XF23mm f2.0 お姿は今戸焼の狐ですが、我が家にも二体鎮座しております(w) 今戸神社で昔授かった二連招き猫も今戸焼だったが、人気になりすぎて生産が追いつかず、違うものに置き換えられている。

  • 新宿御苑のベンチ

    Nikn D500 Sigma 17-70mm f2.8-4.0

  • 白黒紫陽花

    Lumix G7 14-140mm f3.5-5.6 色の抜け欠けた紫陽花の花、白黒なら問題なし。 カラーより浮き上がって見える。 最近、散歩はカルガモ親子を撮る為、Lumix G7+14-140mmを多用しています。

  • JR両国駅

    fujifilm X100 XF23mm f2.0

  • Twitterのトレンド

    fujifilm X100 XF23mm f2.0 twitterのTLに6月になって急にminoltaの1960年代のフイルム一眼レフの話題が流れるようになった。 Minolta SR-T101は私が学生時代にメインで使用した機種がロックだぜと語られたり、SR-7前期など無骨ながらこれぞ昭和のカメラと絶賛されている。 結構、祖父の愛したカメラと引き継ぐ人もどんどん出てきて、minoltaが熱いぜ。 Olympus pen eeシリーズとkonika C35はここ数年若い人に人気だ、人気になる前なら五百円ワンコインで入手出来たものが数千円から一万円を越すものもあるのは異常だ。 ペトリは昔からコ…

  • 脇道(文京区白山)

    fujifilm X-T10 XF18-55mm f2.8-4.0 文京白山神社に紫陽花を撮りにゆく、文京あじさい祭りの最終日だった。 境内の様子は例年と同じ舞台があり飾りがあった、唯一違っていたのは神輿が準備されていたことである。 あじさい祭りの最終日のアトラクションの一つらしい、湯島天神の梅祭りでも神輿のアトラクションがあったな。東京で冬の神輿は珍しい。

  • OLYMPUS E-300

    OLYMPUS E-300 ZUIKO-DIGITAL 14-45mm f3.5-5.6 フォーサイズマウントのOLYMPUS E-300をキットレンズ付きで入手した。 2004年発売のデジタルカメラで廃れてしまったフォーサイズマウント機を今更の感があるが、E-300に搭載されているCCDセンサーはKodak製で青空を撮った時、フイルムの発色に近いKodaブルーという独特の発色をするらしい。 また、E-300のホワイトバランスの暴れ方も楽しんでみたかったので手に入れたみました。

  • Old Nikon System

    Nikon D70+AF Nikkor 35-135mm f3.5-4.5Dの組み合わせで撮ってみた。 D70が発売された頃なら広角側はないが高倍率ズームでそれなりに使えただろう。 ただし、このレンズは3年ほど前に手に入れたもので、私はD70とAF Nikkor 35-80mm f4.0-5.6でスタートした。 D70は600万画素のCCDセンサーだが、WEBに載せる写真なら十分満足できる。

  • ライカ病

    Lumix GX7MK2 Leica 15mm f1.7 写真を趣味にしてカメラを買い始めると最終的にライカが欲しくなる病気がある。 Lマウントの古いフイルムライカなら安い標準と広角で10万円もあれば数年前ならどうにかなったが、ここにきて結構値上がりして10万円では無理である。 デジタルに至っては一番古いM8でも本体だけで30万円を超えるので、それなりのレンズを揃えるには恐ろしい値段になりそうである。 私はレンジファインダに魅力を感じないのでライカ病にはならないが、AFピントのコンデジLeica-Q2ならあってもいいなと思っている。

  • 古くても現役

    Nikon D70 AF Nikkor 35-135mm f3.5-4.5 D 古いデジイチにフイルムカメラ時代のAFズームレンズでも普通に写真は撮れる。 Nikon D70は発売されて15年経つデジタル一眼レフだが、まだまだ、問題なく使える。 今回組み合わせたAF Nikkor 35-135mm f3.5-4.5 Dは30年前のレンズだが、これも十分に使用に耐えられるレンズです。

  • GXRのトラブル

    ricoh GXR A16 もう話題にもならないが、ricoh GXR システムは良い。 しかし、GXRはいくつかの問題を抱えている。 まず、一つ目はグリップのゴムを貼り付けている接着剤が悪いのが、グリップのゴムが浮いて剥がれてくる。 これは3年くらい使っているとどの個体にも出てくる、我が家には2台のGXRがあるがどちらも同じ現象が出ている。 二番目はバッテリを止める爪が折れる、これも我が家の2台で発生している。 そして去年、新しい方のGXRのSDカードがホールドされないというトラブルが発生した。 バッテリの爪の件はバッテリ室の蓋をすれば、バッテリは固定されるので対策は不要だが、SDカードは蓋…

  • スナップ

    fujifilm X100 XF23mm f2.0 近所の商店街にX100を持って買い物に行く。 夕方の買い物客で溢れはしないちょっと寂れた通りだ。 この街に来た頃は五十日に縁日が立つ賑やかさがあったが、周辺に大型店が出来て人通りが減った。 おもちゃ屋が一番先に消えて、八百屋に小型スーパー、本屋と消えて、老人介護の施設が複数出来た。 鰻屋は不思議と元気で、今日もう特売で人が並んでいた。 スナップは白黒がいい、カラーだと余計な情報が多すぎる。

カテゴリー一覧
商用