ウェイクで行く車中泊の旅
読者になる
住所
出身
ハンドル名
ぴーすけちんさん
ブログタイトル
ウェイクで行く車中泊の旅
ブログURL
https://www.pisukechin.com/
ブログ紹介文
軽自動車のウェイクを車中泊仕様にして、 道の駅やキャンプ場などを中心に車中泊を楽しんでいます。 車中泊で便利なアイテム、グッズの紹介、レビューもしています。 観光地を訪れて、その良さとドライブコースも紹介
自由文
-
更新頻度(1年)

116回 / 245日(平均3.3回/週)

ブログ村参加:2019/02/17

ぴーすけちんさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 全参加数
総合ランキング(IN) 22,528位 25,287位 27,746位 30,302位 33,227位 36,815位 43,642位 975,307サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 0 50 30 60 40 0 80 260/週
PVポイント 10 1,700 1,970 1,450 1,520 150 100 6,900/週
旅行ブログ 691位 778位 881位 1,007位 1,174位 1,439位 1,856位 43,078サイト
車中泊の旅 67位 69位 72位 79位 81位 82位 85位 593サイト
車旅(国内ドライブ) 11位 12位 12位 12位 15位 18位 27位 307サイト
旅日記・旅の思い出 75位 77位 81位 87位 92位 100位 110位 1,151サイト
今日 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 22,518位 23,515位 24,160位 24,605位 26,925位 28,443位 28,561位 975,307サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 0 50 30 60 40 0 80 260/週
PVポイント 10 1,700 1,970 1,450 1,520 150 100 6,900/週
旅行ブログ 627位 657位 691位 714位 790位 850位 853位 43,078サイト
車中泊の旅 90位 90位 79位 74位 76位 74位 76位 593サイト
車旅(国内ドライブ) 9位 9位 11位 12位 13位 16位 16位 307サイト
旅日記・旅の思い出 48位 49位 46位 44位 44位 45位 49位 1,151サイト
今日 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 全参加数
総合ランキング(PV) 3,233位 3,576位 4,288位 5,650位 7,612位 14,779位 18,665位 975,307サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 0 50 30 60 40 0 80 260/週
PVポイント 10 1,700 1,970 1,450 1,520 150 100 6,900/週
旅行ブログ 125位 149位 183位 246位 358位 798位 980位 43,078サイト
車中泊の旅 38位 38位 43位 50位 54位 69位 75位 593サイト
車旅(国内ドライブ) 1位 1位 1位 2位 4位 10位 13位 307サイト
旅日記・旅の思い出 16位 18位 18位 22位 31位 48位 56位 1,151サイト

ぴーすけちんさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぴーすけちんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぴーすけちんさん
ブログタイトル
ウェイクで行く車中泊の旅
更新頻度
116回 / 245日(平均3.3回/週)
読者になる
ウェイクで行く車中泊の旅
  • 3年間続けたビジネス誌「プレジデント」の定期購読を継続するか悩む

    車中泊・旅ブログなのに、タイトルの「プレジデント!?」とみて驚かれた方も多いかと思います。「さてはブログネタに困っているなぁ~」と思われた方、正解です。今回も雑記ネタ炸裂でお届けしたいと思います。 今から3年前ですが、ビジネス誌「プレジデント」に出合い、記事の内容に興味を持ち、3年間の定期購読をはじめました。今月でちょうど購読期間が終了し、継続するか悩んでいます。 まだ決めていませんが、今までを振り返ってみて、ビジネス誌「プレジデント」で良かった点を中心にまとめてみたいと思います。 プレジデントってどんな雑誌? 定期購読のメリット・デメリット 購読して良かったと思うこと 特集記事は繰り返す!?…

  • 愛知に来たら食べずにはいられない!「ぼてこのお好み焼き」

    愛知県のグルメといえば、「味噌煮込みうどん」、「味噌カツ」、「ひつまぶし」など、どれも有名ですが、愛知県にはまだまだ美味しいグルメが沢山あります。 その中のひとつが、三河で生まれ、半世紀にわたり愛知で愛された味、「ぼてこのお好み焼き」というのがあります。愛知県内では有名で、誰もが一度は食べたことがある(であろう)、地元ソウルフードです。 今回は愛知に来たらぜひ味わってもらいたい、「ぼてこのお好み焼き」を紹介します。 「ぼてこ」について 虜にする「ぼてこ」の味の魅力 ふわとろを演出する生地 鉄板に敷いて焼き上げ ソースとマヨネーズを塗る 鰹節、海苔でトッピング 追いマヨネーズ投入! 完成! お好…

  • 三河湾「佐久島」 癒しを求めて、ぶらり散策の旅 【東側エリア 後編】 <愛知県・西尾市>

    前回に引き続き、佐久島 東側エリア 後編の旅をお届けします。 佐久島の南に位置する「大島」、大浦の海岸線を散策したのち、西港乗船場から船に乗り、一色港へ戻り、今回のぶらり佐久島の旅も終了となります。 一色港では新鮮な魚介類、加工品を取り揃えている「一色さかな広場」、隣に併設された「佐久島観光案内所」にも寄ってみたので紹介したいと思います。 佐久島のお庭 アート作品「イーストハウス」 佐久島のお庭 海岸を散歩 恵比寿社 大浦海水浴場 すわるとこプロジェクトの椅子? カモメの駐車場 佐久島の旅を終える 一色漁港をぶらり散策 一色さかな広場 佐久島観光案内所 まとめ 佐久島 東側エリア② 佐久島のお…

  • 三河湾「佐久島」 癒しを求めて、ぶらり散策の旅 【東側エリア 前編】 <愛知県・西尾市>

    佐久島 西側→北側エリアをぐるっと散策し、最後は東側エリアになります。 東エリアは、木々が生い茂る自然豊かな「富士山」、海に浮かぶ小島「筒島」、「大島」があります。このエリアには民宿・旅館や食事処も多くあり、釣りや海水浴客などのレジャーの拠点にもなっています。 今回は東側エリアを2回に分け、前編ということでお届けしたいと思います。 神社仏閣を巡る 佐久島の富士山・浅間神社 小石の美しい浜 紫の砂浜 佐久島の秘密基地を発見! 筒島・弁財天 東港乗船場 佐久島名物「大アサリ丼」を堪能 まとめ 佐久島 東側エリア① 神社仏閣を巡る 東エリアには神社やお寺が多くあります。佐久島の信仰の中心になっている…

  • 三河湾「佐久島」 癒しを求めて、ぶらり散策の旅 【北側エリア編】 <愛知県・西尾市>

    前回の佐久島 西側エリアに続いて、今回は北側エリアの紹介になります。 佐久島のマップや公式サイトなどでは北側エリアという括りはありませんが、ブログでの記事の都合上、北側エリアと勝手に分けてしまいました。 北側エリアは森(原生林)に覆われた小高い山がいくつかあります。「大山」、「遠田山」、「秋葉山」があり、少し東側には「富士山」があります。いずれも標高35m前後で、森の中にハイキングロードや神社などがあります。 森の中には弘法大師の祠がいくつも点在しており、「佐久島弘法巡り」が有名です。スタンプラリーも実施しており、東西乗船場や弁天サロンでシートを入手できます。スタンプを集めながら、祠を巡るのも…

  • 三河湾「佐久島」 癒しを求めて、ぶらり散策の旅 【西側エリア編】 <愛知県・西尾市>

    愛知県三河湾のほぼ中央に位置する「佐久島」は、近年、「アートの島」として多くの観光客が訪れるスポットになっています。 一色港から船で20分で到着し、海岸線の長さは10kmちょっとで、1日もあれば十分、島中を散策して楽しむことができます。豊かな自然、島の人々の暮らし、グルメ、アートなど、癒しを求めて訪れる観光客が後を絶ちません。 今回、1日かけて、佐久島をぶらり散策してきましたので紹介したいと思います。「初めて佐久島に行ってみる」という方に、少しでも参考になるように、観光スポットなどを紹介していきます。 <島の西、東、北側エリアと分けてお届けしたいと思います。> 佐久島へのアクセス(乗船)方法 …

  • 待望のBABY METAL 3rdアルバム「METAL GALAXY」 速攻入手で聴き倒す!

    BABY METAL(ベビーメタル)待望の3枚目のフルアルバムが、今年10月11日に発売されました。前作から約3年半、待ちに待ったアルバム発売です。 発売前から予約し、速攻でアルバムを入手し聴き倒しましたので、感想をまじえつつ紹介していきたいと思います。 ベビーメタルって何!? ベビーメタルのファンになった理由 待望の3rdアルバムってどんなの!? アルバム収録曲 DISK-1より Disk-2より まとめ ベビーメタルって何!? ベビーメタルは女性2人組のユニットで、2010年頃より活動しています。ボーカルの「SUMETAL(スゥメタル)」と主にダンスを担当する「MOAMETAL(モアメタル…

  • CASIO(カシオ) Baby-G 初めての電池交換にチャレンジ。

    日頃から愛用している腕時計「CASIO(カシオ)製 Baby-G(ベビーG)」ですが、購入して数年が経ち、電池が切れてしまいました。最初は液晶のデジタル時計が無表示になり、1か月後にアナログ時計も完全に止まってしまいました。 「時計の電池交換ぐらいなら自分でやってやる」 とBaby-Gの電池交換は初めてですが、チャレンジしてみることにしました。 Baby-Gについて 使用する電池 電池交換方法 カバー(裏面蓋)を外す ボタン電池の交換 リセット処理 時計合わせ アナログ針合わせ まとめ Baby-Gについて 電池交換する時計は、カシオから販売されている「Baby-G」と呼ばれる腕時計です。G-…

  • 容量問題もすっきり解決!高画質マナーカメラ「StageCameraHD」

    日頃の生活から旅行など、写真撮影では「iPhone8Plus」を愛用しています。綺麗な風景やおいしい料理、かわいい動物、時にはメモを残す感覚で、とにかく気になったものを撮影して楽しんでいます。 スマホで撮影していると気になるのが、「残りの容量(撮影枚数)」かと思います。スマホ機種代を節約するため、容量の少ないタイプを選択しましたが、気づくと容量不足の一歩手前です。容量を確保するため、パソコンへの写真の移動、他のアプリを削除しての容量確保など、できればもっとたくさんの写真を気にせず撮影したいというのが本音です。 写真1枚あたりの容量を落とせばよいのですが、所有のiPhoneの標準アプリは写真サイ…

  • 旅行情報はこれでバッチリ! 観光パンフレットお取り寄せサービス「みんたび」とは?

    過ごしやすい季節を迎え、行楽シーズンということで、観光地への旅行を計画されている方もいらっしゃるかと思います。旅行雑誌を見ながら計画を立てるのも、旅行の楽しみのひとつかと思います。 観光地の情報を得る方法としては、旅行雑誌、インターネットなどありますが、他にもお勧めの方法があります。 その方法とは、 「観光地で入手できるパンフレット」 です。 「えっ!?まだ観光地に行ってないのに、パンフレットなんて持ってないよ~」と思った方も多いかと思いますが、このパンフレットを自宅にいながら、取り寄せるサービスがあります。 観光パンフレットお取り寄せサービス「みんたび」 今回はみんたびの便利なサービスについ…

  • 岐阜県・中津川市をめぐる車中泊の旅 <付知峡「不動の滝」、夕森公園「龍神の滝」、そして車中泊 編>

    岐阜県中津川をめぐる旅も最終章、中津川の秘境ともいえる、付知峡「不動の滝」、夕森公園「龍神の滝」をお届けします。1日観光を終え、付知峡倉屋温泉「おんぽいの湯」でゆったり疲れを癒し、道の駅「五木のやかた・かわうえ」で車中泊し、今回の車中泊の旅も無事終了になります。 付知峡「不動の滝」、夕森公園「龍神の滝」、そして車中泊 編 今回の車中泊の旅の行程 付知峡「不動の滝」 夕森公園「龍神の滝」 付知峡倉屋温泉「おんぽいの湯」 道の駅「五木のやかた・かわうえ」 まとめ 合わせて読みたい ◆天空の山城「苗木城跡」編はこちら ◆中山道「馬籠宿」編はこちら 今回の車中泊の旅の行程 今回の岐阜県中津川市をめぐる…

  • 岐阜県・中津川市をめぐる車中泊の旅 <中山道「馬籠宿」編>

    岐阜県中津川をめぐる旅の第2弾は、中山道「馬籠宿」です。 中山道は江戸日本橋を起点とし、馬籠宿は332kmの距離に位置し、69宿のうち43番目になります。馬籠は「島崎藤村」の生まれ故郷として知られ、観光客の増加に伴い、現在のような観光地として発展した背景があります。 古き町並み、宿場町の雰囲気を残すため電柱の撤去など、地元の方の努力のおかげで、今では外国からの観光客でも賑わう観光スポットになっています。 古き良き日本の風景が今も残っている、中山道「馬籠宿」をぶらり散策してみましたので紹介したいと思います。 中山道「馬籠宿」編 アクセス方法 ぶらり散策の旅 食べ歩きスイーツを楽しみ散策の疲れを癒…

  • 岐阜県・中津川市をめぐる車中泊の旅 <天空の山城「苗木城跡」編>

    岐阜県の南東部、東濃に位置する中津川市は、古くから中山道の宿場町として栄え、馬籠宿や中津川宿など、現在も観光地として賑わいをみせています。また、近年の天空のお城ブームもあり、鎌倉時代から当地を治めていた遠山家の山城「苗木城跡」も注目すべき観光スポットになっています。自然豊かな地域でもあり、付知峡(つけちきょう)の不動の滝など、その迫力に圧倒されてしまいます。 今回は、歴史、自然豊かな中津川市を、車中泊の旅で巡ってみましたので紹介したいと思います。 天空の山城「苗木城跡」編 苗木城跡について アクセス方法 天守展望台に向け、いざ出発! 写真撮影スポットに到着 風吹門から三の丸へ 大門から二の丸へ…

  • 大鍾乳洞「竜ヶ岩洞」で洞窟探検を楽しもう <静岡県・浜松市>

    浜名湖の北に位置する竜ヶ石山の南麓に、「竜ヶ岩洞(りゅうがしどう)」と呼ばれる大鍾乳洞があります。 比較的最近に発見された洞窟で、一般公開されたのは1983年になります。昔より地元では鍾乳洞の存在は知られており、本格的に調査を進めたところ、1981年に新洞が発見され、現在に至っています。全長は1kmにも及ぶ大鍾乳洞で、そのうちの400mが一般公開れています。 年間通じ18℃と涼しい竜ヶ岩洞を探検し、自然が織りなす神秘の鍾乳石の美しさや洞窟内のワクワク感をお伝えしていこうと思います。また、敷地内施設についても紹介していきます。 竜ヶ岩洞 入口 施設情報 アクセス 竜ヶ岩洞の探検開始 竜ヶ岩洞内マ…

  • 世界遺産 熊野古道でおすすめ「馬越峠」を行く! <三重県・紀北町>

    紀伊半島には熊野三山への参詣道として多くの古道が残っています。それぞれの古道の総称を熊野古道と呼び、2004年にはユネスコの世界遺産に登録されています。近年では紀勢道などの交通網も年々整備され、車でのアクセスも便利になっています。 2007年には尾鷲市に熊野古道センターが完成し、古道の歴史や自然、文化が紹介されており、熊野古道を訪れる際の立ち寄りスポットになっています。 合わせて読みたい www.pisukechin.com 熊野古道と言っても多くの古道があり、その中でもおすすめの古道が「馬越峠(まごせとうげ)」です。三重県の紀北町から尾鷲市までの 約5.2kmほどの行程になります。道の駅「海…

  • 名湯 草津温泉でゆったりまったり温泉旅行 <群馬県・草津町>

    「くさつ~よいとこ~いちどはおいでぇ~」で始まる草津節で有名な草津温泉。 日本屈指の名湯として有名で、近年では外国からの観光客でも賑わっています。湯畑周辺は整備され、夜はライトアップするなど、インスタ映えスポットとしても人気があります。 草津温泉に久しぶりに来ましたが、観光客の多さにびっくりしてしまいました。特に外国からの観光客が多く、日本の良さが世界に伝わっていることを実感します。20年近く来ていないため、色々と変わって当たり前ですね。 久しぶりの草津温泉。ゆったり温泉で日々の疲れを癒し、幻想的な湯畑の雰囲気を楽しんできましたので紹介したいと思います。 <今回訪れた時期は19年7月中旬になり…

  • 道の駅「熊野・板屋九郎兵衛の里」と紀州鉱山の歴史に触れる旅 <三重県・熊野市>

    三重県 熊野市紀和町は古くから鉱山のまちとして栄え、紀州随一の鉱山といわれた「紀州鉱山」がありました。今は閉山され、地域の観光施設や資料館などでその歴史を知ることができます。 平成30年4月には、道の駅「熊野・板屋九郎兵衛の里」がグランドオープンし、地域観光の拠点として多くの観光客、ツーリングやドライブ客でにぎわっています。道の駅から歩いて数分の所に「紀和町鉱山資料館」があり、鉱山の歴史や働く人々の様子、地域の文化などが紹介されています。 道の駅から鉱山資料館に行ってみたので、紹介したいと思います。 道の駅「熊野・板屋九郎兵衛の里」 平成30年4月7日にオープンし、まだできたばかりの新しい施設…

  • うなぎ生産日本一の町、一色町「みかわ三水亭」で庭園を眺めながら絶品うなぎ料理を堪能する。 <愛知県・西尾市>

    全国的にもうなぎの養殖・生産量で有名な所といえば、愛知県一色町(現西尾市)が挙げられます。三河湾に面しており、古くから養鰻業が盛んな町です。 一色町内にはいくつかのうなぎ専門店があります。その中でも一番古いうなぎ料理専門店として知られている、「みかわ三水亭」さんのうなぎ料理を堪能してきましたので紹介したいと思います。 「いやぁ~、本当に美味しかったぁ~」 一色町のうなぎの歴史 みかわ三水亭について アクセス・お店HP 庭園 はなれ(予約客用) 絶品!うなぎ料理 1杯目はそのままいただく 2杯目は薬味でいただく 3杯目はだし汁でいただく 最後は自由にいただく 特丼 食後のデザート まとめ 一色町…

  • 軽自動車での車中泊で高まるリスク。エコノミー症候群にならないために実施すべきこと。

    車中泊の魅力は、好きな場所へ行き、好きな時に寝られるといった、自由気ままに時間を気にせず旅ができることかと思います。狭い車内でも工夫をすれば快適に過ごせるスペースになります。 そんな快適車中泊ですが、やはり車内の広さには限界があります。特に軽自動車になると、寝るスペースを確保するだけでも大変です。特に夫婦で車中泊すると、寝返りするのも一苦労の状態になります。 そのような環境で長い時間を過ごしていると、あるリスクが襲いかかってきます。 「エコノミー症候群」です。 ニュースなどで一度は聞いたことがあるかと思います。今回は車中泊でのエコノミー症候群のリスクと予防法について考えていきたいと思います。 …

  • 夏の車中泊必須アイテム「小型ファン」で快適に過ごそう!

    夏も終わりに近づき、涼しくなってきたこともあり、本格的に車中泊の旅を始めることにしました。車は普通の軽自動車(ウェイク)のため、暑さが弱まったといっても、エンジンを切った室内はまだまだ暑いです。 こんな室内でも少しでも快適にすごせないかと「小型ファン」を導入してみました。気休め程度かと思っていましたが、これが実に快適でした。 今回、購入した小型ファン「Teknos製フレキシブル マグネットファン」を紹介したいと思います。 製品仕様 風量チェック ファン直前の風量 風が届く範囲 静粛性 車中泊での使用について まとめ 製品仕様 小型卓上タイプで、電源はAC100Vになります。大風量で遠くまで涼し…

  • 長野県・下條村の観光地を巡る車中泊の旅

    下條村は長野県の南部に位置する人口4,000人余りの小さな村です。下條村からはアルプスの名峰を一望することができるビューポイントが至る所にあります。また、標高777mにある入登山神社では、その数字の語呂の良さから、勝負運アップの「勝守り」と呼ばれるお守りを頂くことができます。 また、下條村は俳優の「峰竜太」さんの故郷としても有名で、地元の神社で結婚式を挙げられており、その記念樹もあります。また、至る所に看板やサインなどを見ることができ、地元愛と、また多くの地元の方に慕われていることがうかがえます。 自然豊かな長野県・下條村を車中泊で巡ってみましたので紹介したいと思います。 観光ルート 道の駅 …

  • 歓喜!愛読書の「カーネル(CarNeru)」 が復刊!

    本日、大変うれしい出来事がありました。 以前に愛読書の「カーネル(CarNeru)」が発行元の地球丸の倒産により休刊したことを記事で紹介しました。新たな譲渡先がみつかり復刊することを切望し待っていましたが、先日、メールにて復刊の連絡が届きました。 「おお!願いが届いた!やったー!」 あまりの歓喜に自分でもびっくりです。 今回の出来事であるカーネルの休刊から復刊までの経緯を紹介したいと思います。 カーネル(CarNeru)ってなに? 休刊の経緯 復刊の連絡が届く 最後に 合わせて読みたい www.pisukechin.com カーネル(CarNeru)ってなに? カーネルは年4回発刊される「車中…

  • はてなフォトへの写真アップは慎重に!自分だけ公開でも見えちゃう事実

    「はてなフォトライフ」ってご存じでしょうか? ブログで写真を投稿する際は、この「フォトライフ」内に保存され、ブログで公開されています。何も設定しなければ、「Hatena Blog」というフォルダに写真がたまっているはずです。 多くの方がフォルダの公開設定を「自分のみ」にして公開を制限しているかと思いますが、これって本当に他の人はみることができないのでしょうか? 疑問に思ったので、実際に確かめてみました。 はてなフォトライフとは? フォトライフの使い方 アップした画像のアドレス じぶんだけ設定でも見えちゃうんです はてなフォトへの写真アップは慎重に アップした写真の削除方法 まとめ はてなフォト…

  • 車中泊マットを敷布団に変えてシンプル快適化へ

    車中泊を始めて1年が経ち、車中泊マットを思い切って変えてみました。 今まではオンリースタイル製の車中泊専用マットを使っていましたが、普通の敷布団へチェンジしました。 なぜ専用マットからシンプルな敷布団に変更したのか、理由も説明しながら紹介したいと思います。 車中泊専用マットを変えた経緯 マットを変えた経緯ですが、今まで使っていた車中泊マット自体に不満があって変えたわけではありません。自分なりのシートアレンジや軽自動車特有の室内の狭さで快適さを求める中で、専用マットが方向性と合わなくなってきたためです。 使っていた専用マットですが、また方向性が変われば復活することもあります。快眠性に関しては文句…

  • 100記事書いて継続の大切さをデータから振り返る!

    車中泊ネタから普段の何気ない事、ブログの事などを継続して書き続け、本記事で100記事を達成できました! 約7か月弱で、週に3記事ぐらいのペースで100記事になりました。ブログを始めて6か月間のきせきは前回書きましたので、今回は継続の大切さをデータから振り返ってみたいと思います。 100記事達成したことでみえたものとは!? 100記事達成!楽しい山登りはまだまだ続く! www.pisukechin.com 記事公開ペース 記事の公開は不定期で、毎日1記事書く時もあれば、1週間ぐらい書かない時もあります。ただし、月単位では帳尻を合わせて、15記事前後は書くように決めています。 あまりインターバルを…

  • ブログタイトル下にボタンを設置してカテゴリページへのリンクを作る方法

    はてなブログで、ブログタイトル(画像)下にメッセージを書いたり、リンクを貼ったりなど、HTMLを記述していろいろなことができる機能があります。 タイトル画像と同じく、トップページや記事のページに常に表示されるため、必ず目にする場所になります。 そのスペースには、多くの方がカテゴリーページへのリンクを設置しており、シンプルなものから凝ったデザインまでいろいろと工夫されています。 「どうやってカテゴリーのページへのリンクボタンを作るの?」と悩んでいる方に、作り方を説明していきたいと思います。シンプルなデザインをベースに説明しますので、興味のある方は、ぜひ試してみてください。 作成イメージ リンク用…

  • Chrome(クローム)で読み込みが終わらない!ときの簡単解決法

    普段からブラウザは「Google Chrome(グーグル クローム)」を使用していますが、最近、ある症状に悩んでいました。 いつまでたっても読み込みが完了しない! 読み込みを示す「ぐるぐる渦巻」が終わらないんです。 延々と渦巻が回り続け、止まりません。 読み込み中渦巻 ↓ 「googleads.g.doubleclick.netを待機しています」、、、 グーグルアドセンスの読み込みから、まったく進みません。 しかし、ある方法で一発解決しました。 しかも簡単な方法です。 いつ終わるかわからない、ぐるぐる渦巻地獄から解放されました。 症状 普段と変わらずブラウザ「Chrome」を使って自分のブログ…

  • 魅力満載の熊野古道センターに行ってみよらい <三重県・尾鷲市>

    世界遺産 熊野古道のひとつで有名な馬越峠のある尾鷲市に、古道の歴史や地域の文化に触れることができる、「熊野古道センター」があります。2007年に開館し今年で12年目を迎える、まだまだ新しい施設です。 熊野古道センターの近くに、「夢古道おわせ」があり、地元の旬の食材を使ったランチバイキング、日帰りの湯「夢古道の湯」を楽しむ施設もあります。 熊野古道センターでの特別展示会(~8/18)では、絵本作家の山本真嗣(しんじ)さんの原画展が開催されていました。山本真嗣さんは三重県紀宝町出身で、CMや子供番組などで作品を見ることできます。 熊野古道センターってどんなところ? これから行ってみようと思っている…

  • 南紀へ奇岩群(古座川弧状岩脈)を見に行こう! <和歌山県・古座川町>

    波に浸食された岸壁や変わった形の岩など、全国的に奇岩が観光スポットになっている場所が多く存在します。その神秘的なかたちから、古来より信仰の対象にもなっています。 三重から和歌山をドライブしていると奇岩スポットがたくさんあります。鬼が城、花の窟(はなのいわや)、三段壁など、思いつくだけもたくさんあります。そんな奇岩の宝庫のこの地域ですが、今回、内陸の方に目を向けて、「古座川弧状岩脈」とよばれるエリアの奇岩を紹介したいと思います。 閲覧時の注意点 岩石特有の表面のデコボコ形状が苦手な方は写真の閲覧を控えてください。 古座川弧状岩脈の奇岩 和歌山県の南部に位置する古座川町は「南紀熊野ジオパーク」と呼…

  • 熊野本宮大社から大斎原の巨大すぎる大鳥居を拝む <和歌山県・田辺市>

    和歌山県の南部に「熊野三山」と呼ばれる神社があります。その中の一つが熊野本宮大社です。168号線で山中をしばらく走ると熊野本宮大社へ到着します。 熊野本宮大社とともに有名なのが、大斎原(おおゆのはら)の大鳥居です。その桁違いのスケールの大きさに圧倒されます。 熊野本宮大社から大斎原の大鳥居を参拝しましたので紹介したいと思います。 アクセス方法 和歌山県の田辺市に位置し、車で国道168号線を走っていくと、熊野本宮大社へ到着します。 駐車場 一番近いところで瑞鳳殿の駐車場がありますが、20台程度のスペースしかないため、満車の可能性があります。夕方ぐらいに訪問した際でも10台ぐらいは駐車していました…

カテゴリー一覧
商用