プロフィールPROFILE

dalichokoさんのプロフィール

住所
中区
出身
江東区

自由文未設定

ブログタイトル
dalichoko livedoor
ブログURL
http://chokobostallions.livedoor.blog/
ブログ紹介文
しょーもない
更新頻度(1年)

348回 / 334日(平均7.3回/週)

ブログ村参加:2019/01/09

読者になる

dalichokoさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 全参加数
総合ランキング(IN) 4,002位 4,591位 4,684位 5,057位 6,179位 5,762位 6,223位 980,159サイト
INポイント 70 50 90 120 50 90 70 540/週
OUTポイント 30 20 10 30 40 20 30 180/週
PVポイント 250 250 420 390 230 300 250 2,090/週
旅行ブログ 482位 540位 550位 591位 684位 660位 687位 43,464サイト
映画ブログ 24位 29位 30位 34位 44位 40位 44位 10,676サイト
映画評論・レビュー 10位 13位 12位 15位 21位 18位 21位 3,691サイト
グルメブログ 128位 149位 151位 166位 214位 191位 216位 29,984サイト
日本全国食べ歩き 2位 3位 3位 3位 4位 4位 4位 1,522サイト
今日 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 全参加数
総合ランキング(OUT) 26,689位 28,810位 28,043位 27,989位 29,644位 32,910位 29,877位 980,159サイト
INポイント 70 50 90 120 50 90 70 540/週
OUTポイント 30 20 10 30 40 20 30 180/週
PVポイント 250 250 420 390 230 300 250 2,090/週
旅行ブログ 1,929位 2,064位 2,000位 2,006位 2,116位 2,335位 2,141位 43,464サイト
映画ブログ 123位 140位 129位 128位 138位 162位 139位 10,676サイト
映画評論・レビュー 48位 55位 52位 51位 52位 59位 52位 3,691サイト
グルメブログ 1,072位 1,160位 1,124位 1,129位 1,186位 1,295位 1,177位 29,984サイト
日本全国食べ歩き 27位 29位 30位 30位 31位 37位 31位 1,522サイト
今日 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 全参加数
総合ランキング(PV) 6,610位 7,071位 6,876位 6,967位 7,186位 7,147位 7,188位 980,159サイト
INポイント 70 50 90 120 50 90 70 540/週
OUTポイント 30 20 10 30 40 20 30 180/週
PVポイント 250 250 420 390 230 300 250 2,090/週
旅行ブログ 639位 669位 663位 664位 675位 674位 676位 43,464サイト
映画ブログ 59位 67位 65位 63位 65位 66位 68位 10,676サイト
映画評論・レビュー 26位 29位 29位 28位 29位 29位 28位 3,691サイト
グルメブログ 287位 302位 296位 300位 304位 304位 308位 29,984サイト
日本全国食べ歩き 13位 13位 13位 13位 13位 13位 13位 1,522サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、dalichokoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
dalichokoさん
ブログタイトル
dalichoko livedoor
更新頻度
348回 / 334日(平均7.3回/週)
読者になる
dalichoko livedoor

dalichokoさんの新着記事

1件〜30件

  • サウンド・オブ・ミュージック

    もうね、劇場の椅子に座って映画が始まった途端になぜか涙が出てくるので。なんでかな。もう涙ポロポロ・・止まらない。上空からザルツブルグの草原を移動して、草原の頂上にマリアがいる。ジュリー・アンドリュース。そしてオープニングタイトルを歌い始める。もうここから

  • 大黒

    久しぶりに大黒に寄る。立ち飲みの店。焼きとんである。まことに威勢の良い若い女性店員さんはみんなの人気者らしい。昔来たときはカウンターが逆サイドにあったはずだ。その若い女性店員さんに聞いたら1年にリフォームしたそうだ。てことはここに来たのも1年ぶりか。大き

  • クモくん

    我が家に小さなクモ🕷がいる。名前はまだない。今のところクモくんと呼んでいる。そのうちいなくなるだろうと放っておいたのだが、毎日どこかで見かけるようになる。気にもせずに仲良くしているつもりだが、本人(人じゃないな)も居心地がいいのだろうか。じっくりみると、

  • 四川菜館 夢のまた夢 Dream

    最近はもっぱらこのあたりの外食をほとんど四川菜館さんでお世話になっている。二人で入ると座る席はいつも窓際。仕事でも窓際族なので違和感がない。仕事場の席は確かに窓際で夏は暑かった。仕事も干されてて誰からも相手にされず、毎日自分の仕事だけしている。正真正銘の

  • ネパーリチュロ (Nepali Chulo)

    ある休み、机に向かって必死にノートを書いていた。ダーリンは休みなのに仕事。昼に戻ってくるので迎えに行くと、金山駅の反対側は大にぎわい。ミュージックフェスタのようなイベントをやっていた。にぎやかなのはとてもいい。しかしこのあたりは持続しない。何しろ旧ボスト

  • アナと雪の女王2

    ミッドランドスクエアシネマ、映画の日の鑑賞。なんでまた前作があれほどヒットしたのか?をよく理解していないが、とにかくすごい映画であった。様々なことを連想させる。特に、もしかすると環境破壊などへの露骨な批判性が強調されている可能性がある。もしそうだとしたら

  • 中京競馬場 チャンピオンズC前日談

    競馬はすっかりかかわらなくなった。かつては毎週、いや、毎日競馬”頭”だった。競馬は奥が深く楽しい。土曜日は翌日に開催される国際G1(これでほんとに国際G1?)チャンピオンズカップの前日ということもあって、ほのかな盛り上がりがあった。メインは中山のステイヤ

  • 秋の愛岐トンネル群  山口茜選手準決勝

    5月に行った愛岐トンネル群に行った。春と秋の違いを感じようということである。旅行・観光ランキング春に来た時は初めてだった。そしてこのあたりの景色も美しかったが、紅葉のこのあたりの風景はまた見事だ。この時期になると普段は無人の駅に人が大勢降り立ち、駅員さん

  • Venti スタバのティーラテ

    はまる。スタバのティーラテ。これはアールグレイ。香りがとてもいい。甘いしね。昨日朝、前日のロースシチュー(ビーフではない)にハーフごはん。昼、家に一時帰宅してサラダとロースシチューの残り。ナッツも少し。夜は龍美で青椒肉絲定食に餃子。今朝64キロギリギリ。

  • 龍美でディナー

    いつもにこやかなおじさんに久しぶりに再会。この時間はにこやかなおじさんが一人で切り盛りしている。このおじさんの料理は間違いない。どれを食べても間違いない。麻婆豆腐と野菜炒めと餃子と青椒肉絲にセットのラーメンと天津風玉子焼き。最高だ。どれもこれもね。(=^・^=

  • どなんち (アスナル金山)

    朝から病院にでかけて、金山に戻ったのが昼近く。µプラットで梅蘭のやきそばを食べようとしら満席。それではたまにはアスナル2階にあるピザのビュッフェランチがいいかなぁと思ったら行列。一人で行列を待つのもいやだから、OXOを経由して久しぶりに”どなんち”に入る

  • Bronco Billy  ブロンコビリー

    三河安城のブロンコビリーに寄る。久しぶりのブロンコビリー。この日は炭焼きやわらかランチステーキ200㌘。サラダバーにジェラートのドリンク。コーヒーゼリーのクリームが絶品。2回もおかわりしたわ。若い方に仕事を手伝っていただいたお礼におごってしまった。(=^ェ^=)に

  • また今年もダメだった。

    日曜日の試験もダメだった。この2年の時間がまたムダになった。で、試験に落ちる人の特徴をネットで調べてみたら、、、1、精神的に不安定2、油断する3、試験問題を見なおさないor捨てるあるいは1、勉強量は確保しているが正しく知識として定着していない2、勉強の質が

  • とんかつ和幸 ユニモール nagoya

    和幸というとかつて新宿が勤務先だったころ、ランチに通ったものだ。いつも混んでいて並ぶことも多かった。和幸を経営する和幸商事は創業が1958年だそうだ。本社は川崎。どこのお店も間違いなくおいしい。デパートでも売っているが、この分野では最も安心できる店といえるだ

  • ハゲ天 (ミッドランド)

    めったに食事することのないミッドランド。映画は見るがほかに用はない。しかしハゲ天にはごくたまに寄る。2016年8月と2018年の6月。ねたがシーズンで違いがあって、いずれも品がある。松坂屋の天一も悪くないが、個人的にはこちらに馴染みがある。この日に食べた

  • 月と六ペンス モーム The Moon and Sixpence

    今回の長い旅行で、移動中楽しみにしていたのが読書。資格試験も近いので勉強も・・・と思ったが全く手つかず。月と六ペンス【電子書籍】[ モーム ]大昔に読んだはずだが、だいぶ印象が違った。読もうと思った理由はよく覚えていて、仕事で仲の良かった先輩の新婚旅行がタヒ

  • 電話の在り方 (龍美にて) Telephones 

    仕事のある日は朝昼と食事をセーブできるが、週末にタガが外れてしまうことがどうしても多くなる。デブになるのはつらい。逆に少しでも体重が減ると嬉しい。入らなかったズボンがはけるようになり、ベルトの穴の位置も変わる。若くして腹回りを揺らせあがら偉そうにしている

  • マ・メゾンのとんかつ

    ある土曜日、午前中だけ仕事して、昼にダーリンと待ち合わせする。ダーリンは前日、会社の飲み会に参加してはじけたらしく爆睡していた。昼はどうしてもとんかつが食べたいというので、しぶしぶマ・メゾンに入る。本当は”オムカツカレー”が食べたかったが平日限定メニュー

  • マヌカハニー

    言わずと知れたニュージーランド産のはちみつである。最近マイブームで、カンロから出されていてコンビニでも売っているマヌカハニーののど飴がなかなか秀逸である。かなり甘さを感じるが脂質はゼロ。炭水化物も3.21gと低い。一応ニセモノと誤解を受けないよう「MGO」の

  • 扇屋 焼き鳥

    振替休日の夕方、ダーリンと扇屋で待ち合わせる。この店が混雑する少し前の6時代ぐらいまでが落ち着く。7時以降だと予約のお客さんも多くてかなり混んでくる。混んでくると居酒屋はまだまだ喫煙率が高くて、嫌煙家には不愉快な空間となる。そうなる前に味わうのがいい。い

  • ひものや Sakae Nagoya

    映画を見て、次の目的地に向かう前にひものやに寄る。名古屋駅から柳橋を経由して伏見を過ぎて、科学技術館の先を南へ大須方面に向かったあたりに列ができている。ここ時々寄らせてもらうが、いつも列ができている。たまたまだが、以前同じ会社にいた若い方が女性を連れて入

  • 餃子の王将

    映画を見てから美術館へ向かう前にランチにしようとなる。栄のあたりで食事する機会もそれほどあるわけではない。立ち寄る店もそれほどない。そんな中でここ「餃子の王将」は比較的よく寄るほうの店である。ダーリンはダイエットで炭水化物がどうとか気にしている。麻婆豆腐

  • 表現は自由なほうがいい

    あいちトリエンナーレ2019は、ある意味で日本の社会情勢を見事にあぶりだした効果があったと言えるだろう。個人的にこのトリエンナーレに並べられた現代美術の全てに価値があるとは思っていない。共感できるものもあればそうでない作品もある。特にインスタレーションで

  • PER ADESSO (名古屋KTTE) Nagoya

    娘と孫が夏にやってきて、狭いアパートに4人でごろ寝した3日間。孫は未熟児で生まれてきたときはどうなることやら心配していたが、おかげさまで立派な暴れん坊に進化している。まだよちよち歩きだが、よく食べるし元気だ。何より表情が豊かになって遊び甲斐がある。湯布院

  • コメダで映画談義(甘党)

    甘党の会というのがあって、1回目は星が丘の「ihana cafe」で行われ、雑談に雑談を重ねる会となる。またやろうということになって、月一ペースで甘いものを食べたいなぁ、と同じカフェに向かったら、10月から営業時間が18時まで。ショックがあまりにも大きくて落ち込み

  • 太白胡麻油  柳橋  Nagoya

    出張帰りに待ち合わせして名古屋でなにか食べようということになる。娘が来るそうで、あの大飯食らいとよちよち歩きの孫を連れてどこへ行こうか悩む。この日はかねてから食べたかったテンプーラを探して彷徨うのだが、ハゲ天や天一は敷居が高いし、これ以上の高級店に入るつ

  • 鳴海球場 Narumi Nagoya

    かつてここに野球場があったようだ。その名も鳴海球場。今は自動車学校になっているが、その名残りがあって客席を一部残したようだ。大正から昭和にかけて広まっていく野球がアマチュアから職業野球になる時代だ。どうも戦後までドラゴンズは名鉄も資本参加していたらしい。S

  • ターミネーター:ニュー・フェイト Dark Fate

    オリジナルタイトルは Dark Fate 宿命(FATE)を背負うさまざまな人物が交差する人間ドラマであった。そもそもこのシリーズはB級映画だった。しかし続編の大ヒットでシリーズ化が進み、原案のキャメロン色がぼやけてゆく中、今回はシュワルツネッガーやリンダ・ハミルトン

  • 元祖ぎょうざの店  珉珉  神戸  KOBE

    珉珉に1年ぶりに来た。あの時も甲子園の帰りに寄ったのだ。その時食べた塩ラーメンがとても美味しかった。あれから一年、台風の中、京都に行き、津のドーミーインに泊まり、朝食を食べて甲子園に向かう。甲子園には津から近鉄で鶴橋まで出る。ここから大阪に出て阪神電車で

  • クロイツェル・ソナタ  トルストイ  Крейцерова соната

     1889年に書かれたこの作品は、翌1990年に発禁処分となっている。トルストイ61歳。晩年の傑作である。 ロシア象徴主義的なこの作品の切り口は鋭く深い。 列車で乗り合わせた乗客が、世間話で一般論を重ねていると、それを否定的に語る老人ポズヌィシェフが現れ

カテゴリー一覧
商用