searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

あおはるさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
6年制薬剤師の生きる道
ブログURL
https://6yaku.com/
ブログ紹介文
薬学部卒業後に調剤薬局で働く薬剤師の業務日誌や資格取得、転職、趣味の雑記ブログです。
更新頻度(1年)

66回 / 365日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2018/12/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、あおはるさんの読者になりませんか?

ハンドル名
あおはるさん
ブログタイトル
6年制薬剤師の生きる道
更新頻度
66回 / 365日(平均1.3回/週)
読者になる
6年制薬剤師の生きる道

あおはるさんの新着記事

1件〜30件

  • 在宅施設のスリッパから水虫(白癬菌にアルコール消毒は有効か?)

    在宅訪問に行った女性薬剤師さんが訪問先のスリッパを履いたことでストッキング越しに水虫になった事があるとの事で、それ以来訪問先の共用スリッパを履く事が恐くなり自分専用のスリッパを毎回持って行くようになったそうです。しかし、たまにスリッパを持参

  • 献血でグリコアルブミン(GA)が高値なんだけど糖尿病ですか?

    献血の習慣がある患者さんから「献血の検査値でグリコアルブミン(GA)が基準より高いんだけど、この数値以上だと糖尿病になるんですか?」と質問がありました。グリコアルブミンとは?グリコアルブミンとは、タンパク質であるアルブミンにブドウ糖がくっつ

  • ホラー映画を見た後の睡眠薬と一過性前向性健忘について

    先週から妻が所用にて1週間家を空けているので誰も注意する人がいないのを良いことに、子供と一緒に毎日寝る前にAmazonプライムで映画を見ています。ここ最近はホラー映画やサスペンスなどの映画を見るのが日課のようになっていました。私はゾンビや宇

  • 餃子の満州にもコロナショックの影響

    餃子が食べたいときには餃子の満州に行く、それが私のライフスタイルです。餃子の満州を知ってからは、餃子の王将や大阪王将に行く事はめっきりなくなりました。そのくらい美味しくてお得なお店です、さらにおばちゃんの感じが元気で気持ちが良いのです。「そ

  • ドボネックス軟膏処方は、乾癬(かんせん)疥癬(かいせん)?

    患者さんに皮膚科よりドボネックス軟膏の処方がありました。患者さんは「かんせん?かいせん??とか何とか言ってました」との事。語感が似たような名称ですが、どちらも皮膚科で見られることのある皮膚病になります。癬(せん) 意味:たむし、ひぜんなど皮

  • アマルエット配合錠の名称がわかりにくい問題を解決しました

    高血圧や糖尿病の配合錠が先発医薬品だけでなくジェネリック医薬品でも増えてきたので、名称から配合成分を即座に把握する事が私の能力ではかなり難しくなってきています。配合剤の名称を先発品もジェネリック医薬品もルールを作成しなければブランド名が乱立

  • リクシアナ(エドキサバン)とマクロライド系の併用

    耳鼻咽喉科の門前では面の処方箋やお薬手帳から、経口FXa阻害剤のリクシアナ錠を服用している患者さんを見かける事がよくあります。耳鼻科の先生はクラリスロマイシンをかなりの頻度で使用するので併用薬に注意していますが、併用禁忌ではありませんがリク

  • お盆休みステイホームはamazonプライムビデオのおススメ映画

    お盆休みですが外は暑さとコロナウイルスの騒動で相変わらず自粛生活が続いています。そこで先般購入したamazonの「Fire TV Stick」ですが使い勝手が良く大変重宝しております。TSUTAYAとの違いに感動して職場で事務さんに「ama

  • 心房粗動(AFL)と言われたけれど心房細動(AF)と何が違うの?

    患者さんより「心電図検査で循環器内科の先生に不整脈の心房粗動(AFL:atrial flutter)と言われたけれど心房細動(AF:atrial fibrillation)と何が違うんですか?」と聞かれました。心房細動は最も有名な不整脈の一

  • 実家を売却するまでの記録⑥最終回 大団円

    すっかり忘れていましたが「実家の売却記録」の最終回になります。最終回は小説風に書いてみたいと思います。前回までのあらすじ…実家の買主さんから無事に売却代金を受け取った我々は銀行口座の代金を確認しました。間違いなく振り込みがされていました。し

  • サインバルタ(デュロキセチン)の夕食後を疑義照会したら…

    初めての病院(整形外科)と患者さんでサインバルタが「夕食後」処方されていたので、初回確認のために疑義照会をしました。患者さんは新患だったこともあり、問診とお薬手帳の作成などをやっている間に疑義照会の電話をかける事にしました。〈線維筋痛症に伴

  • イリボー(ラモセトロン塩酸塩)は下痢止めですか?

    「イリボー(ラモセトロン塩酸塩)は下痢止めですか?」と患者さんより問い合わせがありました。イリボーは下痢型過敏性腸症候群の薬になります。イリボーは下痢症状を和らげる目的で使用される薬ではありますが、通常の下痢止め(止瀉薬)とは作用機序が異な

  • ビクトーザ皮下注18mgのダイヤル変更を説明する事

    2019年5月22日に、ビクトーザ皮下注(一般名:リラグルチド)の最高投与量が1.8mg/日となったことでデバイスのダイヤルにも変更がありました。以前のビクトーザ皮下注は2型糖尿病の治療に対して最高投与量が0.9mg/日でしたが、今回の変更

  • 一般名処方加算(処方箋料加算)について

    医療機関においても後発医薬品の使用を促進するために、後発医薬品使用体制加算や外来後発医薬品使用体制加算などがあります。そして医療機関が処方箋を発行する場合であっても処方箋の医薬品を一般名処方で記載する事で加算が行われています。令和2年の改訂

  • ツタヤが閉店してAmazon Fire TV Stickを購入した話

    ここ数年の間で、家の近所にあったレンタルDVDショップのツタヤさんが次々と閉店してしまいました。一昔前であれば、週末のツタヤには大勢の家族連れやカップルで賑わい、新作DVDがたくさん並んだ棚を見て回るのが楽しくもありました。しかしここ最近の

  • 調剤後薬剤管理指導加算(令和2年新設)

    早いもので今年も半年が過ぎてしまい7月になりました、コロナの影響で実習生さんも入れ代わり立ち代わりでかなり大変そうです。実習生さんも新しい環境に慣れるまでは大変だと思いますが、朗らかで一生懸命な様子が伝わってきてこちらも元気になります。調剤

  • 台湾屋台の胡椒餅(フージャオピン)を作ってみました

    コロナウイルスの影響で自宅時間が増えた事に比例して家族の時間が増加し、一緒に料理をするようになった事は我が家にとって良い傾向かと思います。しかし今年はコロナで台湾に行く事は出来そうにないので、それならば余暇時間を使って食べたかった胡椒餅を自

  • 【ニュース】「かばんが汚れた。誠意を見せろ」と金を要求

    レストラン従業員:女性の方がこの椅子にかばんを置かれて、私が向こうで準備をしている間に、すみませんと男性の方から呼ばれた。そして「女性のカバンが汚れたんだけど」と突然怒鳴られました。店員によると、男性の見た目は50代で、女性は40代。2人は

  • キサラタン(ラタノプロスト)点眼液 色素沈着の機序は?

    患者さんに緑内障・高眼圧症治療剤のキサラタン点眼液(ラタノプロスト:プロスタグランジンF2α誘導体)が処方されたときに、「この目薬の色素沈着ってなんで起きるの?」と聞かれました。おそらく患者さんはこの副作用の作用機序的なものを聞きたかったか

  • 父の日に父を想う

    今日は父の日でした。母の日に比べるとあまり意識することが少ないかとも思います。実際にwikipediaによると母の日にならって白いバラを贈ったのが始まりなのだそうです。父の日(ちちのひ)は、父に感謝を表す日。アメリカのドッド夫人が『母の日』

  • 必ず10錠ヒートで出すように注文する患者さん

    患者さんで必ず10錠のヒートがつながった状態で出すように希望する患者さんがいました。レセコンのポップアップ画面には「ヒートバラ禁止」である旨が登録されています。例えば28日分の処方だと、10錠ヒート×2つと、8錠ヒート×1つといった感じです

  • 内服薬の調剤料(異なる医薬品を連続服用する場合)の算定

    今年に入ってからベテランの事務員さんが退職されて、未経験の事務員さんが入職されました。保険調剤に関して聞かれることが多くなったのと、実際にレセコンを入力しないと忘れてしまうので自分自身もこの機会に復習しておこうと思います。処方箋通りに入力し

  • ミドリンMとミドリンPの違いとミオピンについて

    ミドリンは眼底検査の散瞳薬として使用したり、仮性近視の治療目的で処方されますが、ミドリンMとミドリンP、そして一緒に処方されることあるミオピンも調べてみました。一般的なイメージとしては、ミドリンMが仮性近視の治療、ミドリンPが眼底検査前の散

  • めまい耳鳴り症状で耳鼻咽喉科のSSRI処方について問い合わせ

    耳鳴りの症状で耳鼻咽喉科を受診した患者さんにSSRIのジェイゾロフト(塩酸セルトラリン)が処方さていた患者さんから電話で問い合わせがありました。服用後に吐き気症状により気分が悪くなり自分でインターネットで薬について調べたところ「うつ・パニッ

  • メインテート(ビソプロロール)のハイリスク加算が減点

    病院との突合点検によりメインテート(ビソプロロールフマル酸塩)の特定薬剤管理指導加算1(ハイリスク加算10点)が減点されました。メインテートの名称の由来β-antagonist のMain state(中心的な位置)を占めるという事から由来

  • ノボラピッド注フレックスタッチでなくフレックスペンを使う理由

    糖尿病の患者さんで、超速効型インスリンアナログ注射としてノボラピッド注フレックスタッチでなくフレックスペンを使い続けている患者さんがいます。持効型はトレシーバ注フレックスタッチなので、同じフレックスタッチにした方が簡便では?と思っていたので

  • 在宅患者調剤加算(15点)の算定を忘れないようにして下さい

    臨時薬を在宅患者さんへ届けた時のレセコンの入力をチェックしていた事務長さんから「この患者さん在宅患者調剤加算取り忘れてますよ」と、ご指摘をいただきました。「今回は臨時薬で薬剤服用歴管理指導料なので、在宅患者訪問薬剤管理指導料が無くても算定し

  • 【ニュース】10倍量の抗けいれん薬を服用した男子が意識障害

    兵庫県は28日、県立尼崎総合医療センター(尼崎市)の男性医師が今年2月、未就学男児(同市在住)に、誤って適正量の10倍の抗けいれん薬を処方したと発表した。男児は一時軽度の意識障害を起こし救急搬送されたが、その後回復したという。県によると、男

  • コロナショックによる影響が調剤薬局にもやってきた

    コロナショックの影響があらゆる所で見られるようになってきています。マスクや消毒液の枯渇から始まり、緊急事態宣言による外出が控えられるようになり近隣の飲食店も営業休止となりお昼ご飯の選択肢が減ってしまいました。調剤薬局は基本的に営業休止される

  • 便秘解消にコーヒーに含まれる成分はカフェインが効いているのか?

    患者さんから「最近コーヒーを買ってよく飲むようになったのですが、それから便秘が解消しました。カフェインが便秘にいいのでしょうか?」と質問されました。この患者さんはエンシュアもコーヒー味を希望されるのですが、エンシュアはあまり飲まず豆を買って

カテゴリー一覧
商用