常敬寺副住職のブログ
読者になる
住所
出身
ハンドル名
syaku yuishinさん
ブログタイトル
常敬寺副住職のブログ
ブログURL
http://saikoinjyokyoji.livedoor.blog/
ブログ紹介文
親鸞聖人の孫、唯善上人が開いたお寺”中戸山西光院常敬寺”です。副住職がお寺のことをつづります。
自由文
-
更新頻度(1年)

86回 / 281日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2018/12/23

syaku yuishinさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(IN) 23,753位 22,725位 22,869位 22,985位 20,871位 20,867位 20,964位 974,923サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 10 30 10 10 10 20 20 110/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 360位 345位 352位 352位 322位 317位 321位 13,003サイト
浄土真宗 7位 7位 7位 7位 7位 7位 7位 52サイト
仏教 17位 16位 17位 18位 16位 17位 17位 348サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 35,568位 35,067位 35,131位 34,007位 30,962位 29,788位 30,793位 974,923サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 10 30 10 10 10 20 20 110/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 396位 385位 386位 371位 320位 302位 314位 13,003サイト
浄土真宗 5位 5位 5位 5位 5位 5位 5位 52サイト
仏教 14位 14位 13位 12位 12位 11位 12位 348サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,923サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 10 30 10 10 10 20 20 110/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,003サイト
浄土真宗 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 52サイト
仏教 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 348サイト

syaku yuishinさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、syaku yuishinさんの読者になりませんか?

ハンドル名
syaku yuishinさん
ブログタイトル
常敬寺副住職のブログ
更新頻度
86回 / 281日(平均2.1回/週)
読者になる
常敬寺副住職のブログ
  • 台風19号

    台風による致命的な損害はありませんでしたが、雨が吹き込んで本堂の畳が一部濡れていたり、昔から剥がれていた外壁がさらにまた剥がれてしまったようです。 決定的なダメージは免れましたが、改修しながらとはいえ、建築から約300年経過していることもあり災害の度に小さな

  • 西日の本堂

    台風が非常に心配ですが、昨日はきれいな夕焼けでした。寺町のお寺は宗派を問わず、その多くが東向きで建てられています。これは、江戸時代ですから高田城に背を向けないといった事情もあったかもしれませんが、夕方にご本尊を拝むと、西日が差し込み、「西方極楽浄土」を連

  • 「おまかせ」御朱印(参拝記念印)

    「おまかせ」のイラスト御朱印の一例です。よろしければ御参考にしてください。書き手の負担減のためお一人につき「一面」のみで対応させて頂いております。なお、見開き御朱印帳は1ページで二面とカウントさせて頂いており、ページの半分に描く感じになります。予め御了承く

  • 【お知らせ】「簾阿弥陀如来」参拝印頒布のお知らせ

    「簾阿弥陀如来(すだれのあみだにょらい)」の参拝記念印(御朱印)の頒布を開始しました。お持ちの御朱印帖に直接押印いたします。こちらの図案、元々は明治時代から昭和初期頃まで当山で配っていた「お札」でした。この度、朱印として復刻いたしました。また資料の整理中

  • 天文期に常敬寺は二分されたか~「西光院 浄蓮寺」を交えて

    副住職の唯真です。『天文日記』(『石山本願寺日記』や『證如上人日記』とも) の天文8年2月27日の記録にこうあります。【廿七日、坂東中戸常敬寺、子息兵部卿-信州ニ居住-、以前申下、此人兄 造添開山木像御頭持上られ、以外参差候、又一段古敷候由 申出乃處、彼兄死去後

  • 高田寺町お寺散歩 -「本誓寺」(表寺町三丁目)

    副住職の唯真です。今回の寺町散歩は、表寺町三丁目にある「笠原山 本誓寺」さまです。越後高田寺町を古くから代表する真宗大谷派のお寺さまです。真宗史においても非常に重要なお寺であります。特に上越地方でお東の寺院が多いのは、本誓寺が100を超える末寺を引き連れて教

  • 「中戸橋」について

    赤門前には「中戸橋」の欄干が移設保存されています。中戸橋は昭和40年前後に、赤門より南に40メートル程の場所にかかっていたと推測されます。橋の下を流れていた川は(中江用水とは別物)現在は暗渠になっています。親柱にはうっすらと文字が残っています。当山参拝の際は

  • 【研究】当山常敬寺の跡地のお寺「福泉寺」について

    以前まとめたレポートですが、年に数回はお西の野田常敬寺との関係を訪ねる方がいらっしゃいますので、再度この記事も上にあげておきます。【常敬寺のあゆみ】当山は下総国関宿(現在の千葉県野田市)で創建されました。しかし天正の合戦で堂宇を焼失、戦場となった関東から

  • 手描きカラフル御朱印を描きました

    手描きのイラスト御朱印を描きました。カラフルで楽しい感じにしてみました。こちらは書き置きのみとなります。合掌

  • とりシリーズ御朱印を描きました

    にわとりとインコの「とりシリーズ」御朱印を描きました。極楽には不思議な鳥がたくさんいるという描写にちなみ、鳥をモチーフに選んでみました。(書き置きとなります)合掌

  • 【書き置きのみ】にわとり御朱印

    にわとりをモチーフにイラスト御朱印(参拝記念)を描きました。書き置きのみとなります。合掌

  • 曽我先生から頂いた御本(当山や開基の唯善上人について)

    お西のお坊さまである曽我先生から頂いた御本を読んでいます。当山にも調査に来られ、当山のことや開基である唯善上人についてもまとめられています。御本、まことに有難うございます。合掌

  • 【お知らせ】当山開基・唯善上人イラスト御朱印

    服住職の唯真です。当山開基の唯善上人(ゆいぜん しょうにん)の御命日が2月2日(旧暦)でして、今月から上人を偲ぶという意味合いで月命日の毎月2日に限定御朱印を頒布致します。(手描きのため数に限りがあります)こちらのはさみ紙も併せてどうぞ。【親鸞聖人のお孫さん

  • 高田公園の蓮

    夏の高田を彩る高田公園の蓮まつりも終わってしまいましたね。8月の上旬に撮ったものですが、夕日に照らされた蓮がとてもきれいでした。泥の中から美しい花を咲かせる蓮は、仏教のシンボルフラワーでもあります。煩悩の中からさとりが花開くという修行僧の姿に重ねられている

  • 【お知らせ】手描きのイラスト御朱印(参拝記念)を描きました

    イラスト御朱印のストックを描きました。合掌

  • 【お知らせ】手描きイラスト御朱印(参拝印)を追加しました

    新しくイラスト御朱印のストックを描きました。書き置きのみとなります。よろしければお手に取ってください。合掌

  • 【お知らせ】お盆期間中の御朱印対応について

    8月のお盆のうち、13・14・15日の三日間は法務のため御朱印はお休みさせて頂きます。書き置き含め対応できません。よろしくお願い致します。合掌

  • 【研究】かつての常敬寺の末寺について

    副住職の唯真です。今回はかつて当山常敬寺の末寺であった寺院郡をテーマに取り上げ、お寺の歴史の研究を進めさせて頂きたく存じます。当然のことながら、現在は末寺関係というものはなく、それぞれのお寺がみな独立宗教法人として運営されております。あくまで、”かつて”

  • 「暑中お見舞い印」を用意しました

    本日よりこちらの【暑中お見舞い印】を書置きで用意いたします。手書きなので、数はそんなにありませんがよろしければ!合掌

  • 漫画「赤門のアカモ」-お昼寝

    赤門とうさぎ(教えを聞く大きい耳)をモチーフにしたマスコットキャラ、「アカモ」の漫画を描いてみました!ちなみにアンゴラうさぎです。合掌

  • 「本当本気」に生きる

    半年ほど前に「ナムみが深い私の本尊ソング。」というテーマで仏教コラムを書かせて頂いたのですが、どうもそれから企画が立ち消えになったようで、このまま没にするのもさびしいことなのでブログに載せておこうと思います!【BiSH / 「本当本気」】今回紹介するBiSHの『本

  • 親鸞坐像の札を作りました。

    【研究】常敬寺親鸞聖人坐像 - 「常盤替御真影」についてでも触れました当山の親鸞聖人坐像。今回、この坐像の「札」を作りました。100均で買ってきた木製ボードを…こうして、こうです!DIY!(節約!)実際に置くとこのような感じです。「忘れられていた」坐像ですので、(

  • 【お知らせ】「海」の参拝印の配布(7月15日から)

    【唯説弥陀本願海】以前の記事、『海と親鸞聖人』でも触れましたように、「海」は親鸞聖人の思想を捉えるにあたってとても大切なメタファーといえます。そこで、こういったことに触れて頂く機会になればと、今月15日の「海の日」から海の手書きイラスト参拝印を配布致します

  • 【お知らせ】イラスト御朱印(参拝印)

    手書きイラスト御朱印(参拝印)を用意しました。ストックの関係で、お一人さまにつき一枚までどさせて頂いております。こんな感じで描いています!【御朱印(参拝印)のお知らせ】合掌

  • 上越(頸城地方)にお東寺院が多いのはなぜか

    副住職の唯真です。本願寺教団は約400年前に分裂し、”お西”(本願寺派)と”お東”(大谷派)に分かれました。全国的に見ると、数字の上でお西の寺院の方が多いのですが、しかし当山 常敬寺もあります上越地方(頸城地方)では、はるかにお東の寺院数が多いのです。当山も

  • 当山第22世厳善(ごんぜん)住職と京都のご縁

    当山第二十二世住職の厳善(ごんぜん)さんは誠に達筆であったと伝わっています。(明治~昭和を生きられた方です)本堂には厳善さんが14歳の時の書という、「中戸山」の額が現在も掲げられています。長らく京都の東本願寺にも務め、葬儀も本願寺で執り行われる等、とても京

  • 【お知らせ】「新潟親鸞学会」さまの紀要

    副住職の唯真です。先日発行された新潟親鸞学会さま(新潟県内のお寺さんやご門徒さんが中心となって、親鸞聖人の学びを確かめるため結成されたグループです)の紀要集にて、当山常敬寺のことも触れて頂いております。お手に取る機会がありましたら、ぜひ!合掌

  • 【お知らせ】御朱印の種類追加

    副住職の唯真です。今月1日からリニューアルした御朱印(参拝記念印)ですが、注文していた新しい判子が届きまして、明日からそちらのデザインの御朱印も追加で用意させて頂きます。ののさま(阿弥陀如来)をあしらった朱印となります。また、手書きイラストのものも書き置き

  • 【お知らせ】御朱印について(限定印あり)

    副住職の唯真です。【御朱印】についてのお知らせです。当山は真宗大谷派なので墨書きの御朱印はありませんが、「参拝記念印」はございます。 真宗の御朱印のルーツは、江戸期における親鸞聖人の旧跡巡拝の参拝印といわれています。『親鸞聖人御直弟散在記』(一六九四)や

  • 【研究】常敬寺親鸞聖人坐像 - 「常盤替御真影」について

    副住職の唯真です。当山の親鸞聖人坐像について幾つか気になる点をまとめてみました。大正~昭和初期頃に撮られたと思われる「常盤替御真影木像」の写真が一枚現存しているのですが、どうもそれと現在お寺に安置されている親鸞聖人坐像では、雰囲気が違ってみえます。この違

カテゴリー一覧
商用