searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

syaku yuishinさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
常敬寺副住職のブログ
ブログURL
http://saikoinjyokyoji.livedoor.blog/
ブログ紹介文
親鸞聖人の孫、唯善上人が開いたお寺”中戸山西光院常敬寺”です。副住職がお寺のことをつづります。
更新頻度(1年)

87回 / 365日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2018/12/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、syaku yuishinさんの読者になりませんか?

ハンドル名
syaku yuishinさん
ブログタイトル
常敬寺副住職のブログ
更新頻度
87回 / 365日(平均1.7回/週)
読者になる
常敬寺副住職のブログ

syaku yuishinさんの新着記事

1件〜30件

  • 仁王さまの「赤い前掛け」の謎【動画】

    日本海側にみられる仁王像に「赤い前掛け」(腹掛)をかける信仰について考えてみました。ブログでも記事にしましたが、実際に動画で善導寺さまの仁王さまを紹介していますのでぜひご覧くださいませ。合掌

  • デジタルお参り【動画】

    副住職の唯真です。お盆の帰省やお寺のお参りを自粛された方もいらっしゃるかと思います。そこでお寺の様子を撮影して動画にしてみました。ちょぅっとした旅気分を味わって頂ければ幸いです。合掌

  • お盆について

    副住職の唯真です。今年のお盆ですが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、本堂や正面玄関よりお入りくださいませ。・正面玄関(例年開放している庫裏-くり、寺族の居住棟-の玄関は今年は閉鎖いたします。ご了承ください)入り口にはアルコール消毒液を設置しておきま

  • 闡正住職の思い出話【動画】

    副住職の唯真です。以前ブログでも書かせて頂きました、当山先代の闡正(せんしょう)住職のことをyoutubeでもラジオとしてあげました。よろしければお聞きください!合掌

  • 頚城の浄土真宗は「外来生物」か?~土地の宗教生態系を破壊尽くす

    ・石田耕吾『頸城の祭りと民俗信仰』北越出版(1987)副住職の唯真です。最近古書でこちらの本を買いまして、とてもおもしろかったです。内容は、新潟県の頸城地方(上越地方)を中心にその信仰をみていかれます。木や石への原始の信仰からはじまり、土偶・土器の縄文文化、

  • 「赤い前掛け」を身に着けている仁王像の考察

    副住職の唯真です。当山からみて目の前にあります、浄土宗の善導寺さまの仁王像は「赤い前掛け」をしています。(参照過去記事:「高田寺町お寺散歩-『善導寺』」)これは新潟県や長野県、東北地方にみられる仁王像の特徴であるといい、この筋骨隆々の仁王さまに、赤ちゃんが

  • 常敬寺と太平洋戦争

    ・彰善さんと唯秀さんの追悼碑(二人のお名前が並ぶとお寺の開基である「唯善」上人の字になりますね……)副住職の唯真です。今回は、寺族としても書くことが辛いテーマなのですが、伝えていくことが大事であろうと考え、常敬寺と太平洋戦争についてお話させて頂きます。先

  • 唯善上人の娘さんは「太陽」!

    副住職の唯真です。当山開基の唯善上人(親鸞聖人の御孫さん)には一人娘がいらっしゃいました。彼女の名前は「照雲尼」といいます。当山の歴代住職の名前に度々”照”の字が含まれている方がいるのも、照雲尼公の存在があるからでしょう。私はこの「照雲」というお名前、と

  • 【研究】唯善末裔が語る「唯善事件」-覚信尼公による虐待とヒルコとしての唯善上人

    副住職の唯真です。当山は、親鸞聖人の末娘である覚信尼公と小野宮禅念さまとの間に生まれた【唯善上人】が開基です。唯善上人は親鸞聖人のお孫さんにあたります。お寺は下総国関宿村中戸(現在の千葉県野田市)にて弘安七年(1284)に創建されました。開創当初は「中戸山 

  • 了照(当山第十二世,戦国期)は”信濃井上氏”の猶子となったか?【越後国入りに関連して】

    副住職の唯真です。当山の第十二世了照は波乱の人生を送りました。得度のため滞在していた大坂の石山本願寺から下総国へと帰る途中、とある事件(ブログの固定記事の当山寺史を参照ください)により、父がその命を落としてしまいます。その際、残された了照は信濃国で「井上

  • 本当は身近な仏教語「堂々巡り」【動画】

    youtubeにて動画を投稿いたしました!是非ご覧ください。合掌

  • 浄土真宗の当山と「お稲荷さん」の関係~江戸期の小話

    副住職の唯真です。今回は当山、常敬寺にまつわる「お稲荷さん」のお話をさせて頂きたいと思います。当山は真宗大谷派(お東)のお寺ですので、ご本尊は弥陀一仏で、脇侍もお祀りいたしません。ですが、江戸期に実は「お稲荷さん」とのご縁があったのです。どういうことか、

  • 当山先代(第26世)闡正住職の思い出話~お鍵役・京都時代

    副住職の唯真です。今回は私の祖父、当山先代(第26世)の闡正(せんしょう)住職について、京都の本山にお鍵役として務めていたときのことを中心にお話したいと思います。(多少の聞き違い、記憶違いはあるかもしれません。ご了承ください)お鍵役とは本山に務め、全国の別

  • 信濃井上氏について

    副住職の唯真です。「信濃井上氏」について細かく学びたくなりこちらの書籍を購入いたしました。信濃井上氏は二十四輩(親鸞聖人の門弟から24人を選定)の善性、西念を輩出する等、初期真宗に多大な影響を与えた信濃国高井群井上を本拠とする氏族で、その源流は信濃源氏とい

  • 「親鸞聖人と越後の阿弥陀信仰」【動画】

    副住職の唯真です。親鸞聖人と越後についてラジオ風にお話ししました。(音声動画)BGM…になるかは分かりませんが、流して聴いて頂ければ幸いです!合掌

  • 親鸞聖人のモフモフ!【動画】

    副住職の唯真です。親鸞聖人のお召し物についてお話させて頂いた動画をyoutubeに投稿いたしました。ぜひご覧ください。合掌

  • 本当は身近な仏教語「愛嬌」

    副住職の唯真です。youtubeに新しい動画を投稿しました!ぜひご覧ください。合掌

  • 本当は身近な仏教語「ウケる」【動画】

    副住職の唯真です。Youtubeに動画を投稿しました。仏教語についておしゃべりしています。ぜひご覧ください!合掌

  • お寺のマスコット!【動画】

    以前描いた漫画をyoutube用に編集して公開いたしました。合掌

  • お寺のプロモーションクリップを作りました【動画】

    副住職の唯真です。「常敬寺の四季」をテーマにお寺のプロモーションクリップを作りました。是非ご覧くださいませ。合掌

  • 大乗経典が「物語的」なのはどうしてか

    副住職の唯真です。世界の仏教教団には現在大きく分けて二つの流れ・派があります。ひとつはお釈迦さま在世の頃よりの伝統的な修行や戒律を以って(研究によると、まったく同じではなく、伝統により”近い”といった感じらしいです)仏道を実践する「上座部仏教」。タイやス

  • お寺のグッズを作りました【通販】

    副住職の唯真です。このたびお寺のオリジナルグッズを作りました。(Tシャツ、パーカ、帽子、トートバッグ等)↓のサイトから通販可能です。【赤門ワークス】https://suzuri.jp/yuishinアイテムは随時更新いたします。合掌

  • 【稲田の草庵】浄興寺と西念寺の関係について- 個人的推察

    副住職の唯真です。寺町にあります「浄興寺」さまは、親鸞聖人が教行信証を書き上げた稲田の草庵がルーツにあるお寺さまです。その歴史は本願寺よりも古く、長らく大谷派(お東)の有力寺院でしたが、現在は別派独立し、真宗浄興寺派の本山です。関連記事:【高田寺町お寺散

  • 『天文日記』- 天文十年八月三日

    副住職の唯真です。『天文日記』の天文十年八月三日条に、下間蓮秀の葬儀における御斎にて当山 常敬寺(西光院 弥陀本願寺)が”一家衆”の並びで参列していることが確認できます。このことから本願寺教団に帰順した当山は、帰順の証として弥陀本願寺から「常に覚如本願寺を

  • 【お知らせ】参拝記念印(御朱印)の再開時期は未定です

    現在の社会情勢を受けまして、参拝記念印の対応はただ今中止しております。再開時期は未定です。個人的には、これから一年間ほど休止として様子をみたほうがいいかなとも思っております。合掌

  • ”山”を降りた唯善上人 -「自力」の山から「他力」の海へ

    副住職の唯真です。当山の開基、唯善上人は初めから真宗の教えに身を置いたのではなく、元々は修験道を収める修験者でした。唯善上人は仁和寺相応坊守助僧正の弟子となって、「弘雅阿闍梨」と名のりました。そののち、歎異抄の作者である唯円さまのもとで他力の念仏の教えを

  • "上杉家によって命を落とした"、当山第11世住職の事件を考える

    副住職の唯真です。戦国時代、当時の常敬寺第11世の顕照住職は、武田信玄の頼みにより、上杉謙信(上杉輝虎)との和睦交渉に赴き、その交渉の最中に命を落としたと私たち寺族に伝わります。丁度読んでいた本に、とても興味深いことが書かれていました。【輝虎は元亀元年(157

  • 寺町お寺散歩 -「大厳寺」(裏寺町3丁目)

    副住職の唯真です。今回ご紹介する寺町のお寺は浄土宗の「五台山 常往院 大厳寺」(だいごんじ)さまです。大厳寺さまは正長元年(1428)に永受上人により、下野国の足利にて「永徳寺」として開かれました。そののちに幾多の火災にみまわれ、中興の祖、王誉台山が慶長16年(1

  • ■『常敬寺のあゆみ-補完版』-寺史編

    当山の歴史をまとめた冊子『常敬寺のあゆみ-補完版』の寺史編をブログでもアップいたします。どうぞお読みください。合掌

  • 高田寺町紹介マンガ「テラ&マッチー」

    副住職の唯真です。先月大手町小学校さまにて寺町についてお話させて頂きました。その時に生徒のみなさんに資料として僕が描いた漫画「テラ&マッチー」をブログにも上げさせてもらおうと思います。寺町散歩のお供にどうぞ!合掌

カテゴリー一覧
商用