chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
常敬寺副住職のブログ https://saikoinjyokyoji.livedoor.blog/

親鸞聖人の孫、唯善上人が開いたお寺”中戸山西光院常敬寺”です。副住職がお寺のことをつづります。

syaku yuishin
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2018/12/23

arrow_drop_down
  • 【研究】北信濃における当山、常敬寺の所在地のこと

    副住職の唯真です。今回は北信濃における当山の所在地について、改めて考えてみたく思います。当山の寺伝や高山村に伝わるおおよその資料では、「山田郷平塩」が、当山の寺基があった場所として挙げられています。(平塩の「御堂畑」が、信濃国での当山跡地とされる)その一

  • 【研究】当山の歴史について(後世のために記すこと)

    副住職の唯真です。今回は常敬寺寺族として、どうしても後世のためにも記しておかねばならないと感じていたことをまとめてみたく存じます。『真宗初期遺跡寺院資料の研究』同朋大学佛教文化研究所 1986の、403pに以下の文章があります。それは当山所蔵の大系図について紹介し

  • 【研究】親鸞聖人の「教え」を継承した唯善上人~覚如上人の「宿善開発」の目論見を指摘する

    副住職の唯真です。今回は哲学者の梅原猛氏の著書『『歎異抄』と本願寺教団』(1984)から、「親鸞聖人の教えの継承者としての唯善上人」という視点で言葉をまとめてみたく思います。まず、親鸞聖人の教え(法然上人から頂かれた、他力のお念仏の教え)を一言で申せば、「本

  • 厳善住職(当山第23世)の思い出~京都・藤田百八堂さまを訪ねて

    副住職の唯真です。2019年9月に京都市の「念珠仏具商藤田百八堂」さまを訪ねました。今回はその時のことを振り返ってみたく思います。(2023年1月記す)明治から昭和初期の当山第23世住職、厳善さんは本願寺でお鍵役を務めていた関係で京都に長く住まわれていました。百八堂

  • 2023年あけましておめでとうございます!

    副住職の唯真です。新年あけましておめでとうございます。今年も皆さまのお参りをお待ちしております。今日はなんと午前中はずっと晴れていました!日差しが眩しく、青空が広がる元日の風景がとても嬉しく感じられました。午後になり荒れてきましたが、(雨風、どしゃぶり)

  • 2022年もありがとうございました。

    副住職の唯真です。今年もお世話になりました。雪のない大晦日は2018年ぶり?でしょうか。また、今年も住職の判断によりコロナ禍において当山の除夜の鐘は中止いたしますが、点検を兼ねて先程突いてきました。その鐘の音(ね)をお届けいたします。 View this post on

  • 雪に佇む親鸞聖人の御本廟

    副住職の唯真です。雪の浄興寺・親鸞聖人御本廟。こちら(浄興寺)から聖人の御骨の一部が、西本願寺・東本願寺の大谷本廟ならびに大谷祖廟へ分骨されました。京都にあるものはここ、高田から贈られたものなのです。現在の親鸞聖人の廟堂の大元が上越市の高田寺町にあると、

  • 「ブックサンタ」に参加させて頂きました。

    副住職の唯真です。チャリティー企画の「ブックサンタ」に参加させて頂きました。公式サイト→ブックサンタ2022ブックサンタとは、「連帯している本屋さんで絵本や児童書、児童文学書などを”ブックサンタ”として購入すると、本屋さん経由でその本が子どもたち(希望するご

  • 2022年度の御朱印は12月21日(水)までです。

    副住職の唯真です。当山のある新潟県上越市は豪雪地域として知られ、お寺も雪に埋もれてしまいます。そのため、安全のこともあり冬季間は御朱印の対応を行っておりません。(毎年、天候の様子をみながら最終日を決めております)今年度の最終御朱印対応日は12月21日(水)で

  • 御朱印をリニューアル

    副住職の唯真です。御朱印の種類やデザインを新しくいたしました。(現在書置きのみ)楽しんで頂ければ幸いです。尚、当山は豪雪地域のため毎年冬季は御朱印対応はお休みとなります。雪の降り具合を見て決めていますが、大体12月20日前後を区切りとしています。休止する

  • 【寺院探訪】「宗恩寺」(新潟県上越市)

    副住職の唯真です。今回の寺院探訪は新潟県上越市寺町三丁目の曹洞宗のお寺、龍興山 宗恩寺さまです。 上杉謙信の菩提寺としても知られる春日山の林泉寺の第十四世住職が創建し、林泉寺ゆかりの隠居寺としての歴史を有する由緒あるお寺さまです。 禅寺の綺麗で落ち着いた

  • 【研究】続・当山跡地の研究

    メイン記事:「当山常敬寺跡地の研究」副住職の唯真です。今回は前回の当山跡地の研究の附録として新たに記事をまとめました。知切光歳 『親鸞の寺々』(1973)という本の中に、著者が当山の跡地に建った「福専寺」(江戸期に当山と同じ常敬寺に名前が改まりました)に直接赴

  • 檀家さまのお墓の清掃をいたしました!

    副住職の唯真です。今日は遠方に住む檀家さまのお墓を掃除するために山まで行ってまいりました。真宗ですが、作務のようなことですね。きれいになりました!合掌

  • 【御朱印探訪】越後の総社 陀羅尼八幡神社(新潟県上越市)

    副住職の唯真です。今回の御朱印探訪は新潟県上越市北本町鎮座、陀羅尼八幡神社です。季節ごとにお祭りやイベントが催され、 活気がありとても賑やかなお宮さま、そんなイメージを 持っています。合掌

  • 江戸時代の当山跡継ぎを襲った悲劇

    副住職の唯真です。今回は江戸時代の当山跡継ぎが近隣の方にされたことについて、郷土史としてお話してみました。真宗という宗派の特性にも触れて考察してみましたので、歴史に興味ある方はぜひお聴きくださいませ。合掌

  • AIに仏教を学ばせたら「仏陀」になるか?

    副住職の唯真です。今回は仏教、信仰とAIについて雑談してみました。BuddhAI!AIはこれから加速度的に進歩、進化し、社会にとって必要不可欠なインフラになっていくと思います。宗教にとってもAIは、私たち人間をサポートするため非常に役に立つと考えています。また、AIから

  • たそがれの常敬寺【動画】

    副住職の唯真です。夏の日の夕焼けが子供のころから好きで、そんなたそがれ時の境内の景色を撮影しました。合掌

  • 論評『真宗悪人伝』(井上見淳,法蔵館)-唯善の子孫が読む-”覚如と唯善の子孫が手を取り合い開く会見”

    (2021.12.03記/お寺にとって重要な記事のため定期的に上にあげます)副住職の唯真です。『#仮面ライダーBLACKSUN』◤プライムビデオで独占配信中◢悪とは、何だ。悪とは、誰だ。#白石和彌 監督が描くテーマも、変身も、戦闘も、何もかも大人向けの #仮面ライダー に注目せ

  • 江戸時代の常敬寺改派問題(お西→お東)について【研究メモ】

    副住職の唯真です。今回は江戸時代、延宝年間に起こった当山の改派問題について考えてみます。当山にも具体的な資料が見当たらず、また、当山が改派するきっかけの一つとなった上越市天野原の明善寺さまにも資料が残っていないことが分かり、中々、事実解明に向けて研究が進

  • 信じられないことがありました【記録として】

    副住職の唯真です。お盆の朝、9時30分ほど境内で怒鳴り声がしました。みると、タクシーの運転手の方に檀家さんと思しきおじさんが何かをいい、それをおじさんの家族がまあまあとなだめているようでした。そのタクシーは墓地(本堂横)に停めており、実は私の母を病院まで定期

  • 御朱印の対応について【第七波のため無人書置対応に変更】

    副住職の唯真です。現在、コロナ第七波のため御朱印の対応を「無人での書置対応」へと臨時的に変更させて頂きます。ご了承くださいませ。波が収束しましたら、今後どうするかまた様子を見ながら考えていきたいと思います。2022.7.22合掌

  • 【御朱印探訪】熱気あふれる祇園祭 八坂神社(新潟県上越市)

    副住職の唯真です。今回の御朱印探訪は新潟県上越市西本町に鎮座する 八坂神社です。 諏訪社や日吉神社を合祀し、三柱神社とも称されていました。 祭礼である祇園祭は大変な盛り上がりで、その様子は歌にもうたわれ、人と街の活気が溢れ出します。合掌

  • 【2022年度】常敬寺の紫陽花

    副住職の唯真です。当山の紫陽花は、「常敬寺さんの紫陽花」として昔から高田寺町の花のお寺めぐりの隠れたスポットとなっており、あじさい寺として楽しみにしてくださる方も多い裏寺のフラワースポットです。今回は、そんな紫陽花の様子をまとめてみました。どうぞご覧くだ

  • 【御朱印探訪】「おたや参り」の本山掛所 高田別院(新潟県上越市)

    副住職の唯真です。 今回の御朱印探訪は新潟県上越市寺町の真宗大谷派 高田別院です。 正確には、参拝記念スタンプになります。 高田掛所として享保15年に建立されました。 高田御坊と敬われ、報恩講である「おたや」は多くの参拝者で賑わいました。 文政10年に建立された

  • 【寺院探訪】「義経記」ゆかりの観音寺(新潟県上越市)

    副住職の唯真です。今回の寺院探訪は新潟県上越市中央五丁目の曹洞宗のお寺である観音寺です。 「義経記」にも源義経が参拝し、一泊したことが書かれるなど、歴史あふれるお寺です。 境内には源義経伝説の「兜池」や、彫刻家の滝川美堂による 仁王像があります。合掌

  • 【お知らせ】御朱印のイメージカラーをピンクに

    副住職の唯真です。再開した御朱印のイメージカラーをピンクにして、デザインを練り直してみました。実はきっかけがあります。いわゆる地雷系をテーマにイラスト御朱印をするにあたり、ゆくゆくは地雷コーデ、地雷系ファッションの方にも来てもらえるようなお寺の御朱印にし

  • 親鸞直系のこのお寺の基盤(経営状態)を立て直す

    副住職の唯真です。私の家系図を遡っていけば親鸞聖人にたどり着き、また、親鸞聖人から家系図を伸ばしていけば私に繋がります。すごいっしょみたいなことを言いたいのでは勿論なく、むしろそういうお寺を埋もれさせることの責任や重圧があり色々やってみておる最中です。御

  • 【2022年度】御朱印再開のお知らせ【参拝前にお読みくださいませ】

    【追記:2022.06.22】ピンクをイメージカラーにデザインをまた練ってみました。------------------------------------------------------------------------副住職の唯真です。コロナ禍による社会情勢を鑑みて2020年より休止していた御朱印を、このたび再開いたしました。(

  • お寺の名刺をつくりました。【常敬寺歴史名刺】

    副住職の唯真です。名刺サイズで、お寺の縁起と略系図を載せたカードをつくりました。手軽にお寺の紹介をしたくて名刺がいいんじゃないかと考えました。合掌

  • 【御朱印探訪】湊町を見守る住吉神社(新潟県上越市)

    副住職の唯真です。今回の御朱印探訪は新潟県上越市住吉町の住吉神社です。 御朱印の頒布は不定期です。 天明8年(1788)に大坂の住吉大神宮を勧請し、建立されました。 海上の安全を守護する湊町の社として、広く信仰を集めています。 合掌

  • 本堂雨漏り、大破の現状【お寺運営】

    副住職の唯真です。本堂の雨漏りの現状です。(2022.06.06 16時頃)お金がなく、どうしようもありませんが……。非常にお寺の運営は厳しいです。現状の記録として残しておきます。合掌

  • 草刈りボランティアのお願い【お寺運営】

    副住職の唯真です。現在お寺の草刈りは私がやっております。草刈り機を使いたいのですが、ガソリン代等のこともあり、節約したい住職(住職が管理しております)の考えや、また、住職が自腹で買ったものなので、私が壊したら困るという心配もあるようで、貸してもらえず、鎌

  • 【御朱印探訪】高田最古の社 五ノ辻稲荷神社(新潟県上越市)

    副住職の唯真です。今回の御朱印探訪は新潟県上越市大町の五ノ辻稲荷神社です。高田の城下町が造られる以前から高田の地にあり、境内に大榎があったことから榎稲荷と呼ばれていました。そののち、享保年間に京都の伏見稲荷を勧請し、五ノ辻稲荷となりました。秋の祭礼は「か

  • 【御朱印探訪】信仰登山をいまに受け継ぐ春日神社(新潟県上越市)

    副住職の唯真です。御朱印から寺社の歴史を学ぶ御朱印探訪。今回の御朱印探訪は新潟県上越市本町の春日神社です。 春日神社は歴代の城主の崇敬を受け、総鎮守として城の移動とともに遷座し、現在上越市には三つの春日神社があります。 本町の春日神社には、「なんぼいさん

  • 常敬寺イラスト御朱印LOOK BOOK【2019年】

    副住職の唯真です。過去のイラスト御朱印のルックブックを作りました。楽しみながら眺めて頂ければ嬉しいです。合掌

  • お寺にゴミを捨てることはご遠慮ください【お知らせ】

    副住職の唯真です。境内敷地内にて複数のゴミ袋やゴミが散乱しております。こうした行為は何年も前、もしかすると何十年も前からあるのですが、お寺の境内はゴミ箱ではないので不法投棄はご遠慮ください。合掌

  • 冬の高田城址公園【動画】

    副住職の唯真です。冬の高田城址公園の様子を撮影いたしました。冬の日は憂鬱になりがちですが、晴れた日は散歩日和といいますか、雪の白と空の青さのコントラストが綺麗でいいものですね。合掌

  • 「自分以外はみんな仏さま」【法話】

    副住職の唯真です。ポップでゆるい感じの「法話」のかたちを模索中で、色々な切り口で仏教をお話させて頂いています。 (泡沫(ポップ)の世を生きる仏教の話をポップに楽しんで貰いたいということで、ポップ法話と名付けました)今回は「自分以外はみんな仏さま」というテ

  • 深雪の常敬寺【2021年度の雪の記録】

    副住職の唯真です。2021年度の境内積雪の様子を動画にまとめました。季節と共に変化していくお寺の風景をご覧ください。(撮影期間: 2021年12月~2022年4月) 合掌

  • 花々の常敬寺【動画】

    副住職の唯真です。境内のお花も奇麗に咲いてくれました。白と黒で構成される真冬の時期の境内の様子とは打って変わり、鮮やかな色彩が映え、心が楽しくなります!合掌

  • ”原子浄土真宗”の本尊は「聖徳太子」だった!?【伝承を追う】

    副住職の唯真です。今回は動画にて雑談をしております。当山のお隣にある稲田の草庵を伝承する浄興寺さまの太子像の謂れが興味深いです。稲田の草庵時代から親鸞聖人が拝み、本尊としたといいます。草庵が直弟子の善性に相続され、浄興寺となって以降も(阿弥陀仏ではなく聖

  • 高田寺町お花見散歩2022【動画】

    副住職の唯真です。高田寺町を散歩しました。 大正時代頃まで高田の桜の名所といえば寺町だったそうです。(他には金谷山の薬師堂等)今は暗渠ですが、水路沿いに桜並木があり、人々の癒しとなっていたようです。戦後に開発が進み、当時の風景は消えてしまったそうですが、現

  • 桜も満開!2022年春の常敬寺【動画】

    副住職の唯真です。今日の高田は気温も27.2度を観測し、汗ばむ陽気となりました。境内の桜も満開になり、春爛漫のお寺の様子を撮影しました。ぜひご覧くださいませ。合掌

  • 常敬寺から眺めるブルーインパルス【動画】

    副住職の唯真です。高田城址公園のお花見併せのブルーインパルス飛行イベントの様子がお寺からも見れました。その様子を撮影しましたのでよろしければご覧ください。合掌

  • 桜も開花した常敬寺【動画】

    副住職の唯真です。いよいよ境内の桜も開花し、春本番を感じさせる景色が広がり始めています。高田城址公園の桜も開花宣言がなされ、喜ばしいことです。儀明川沿いのコヒガンザクラも花が咲き誇りとても綺麗です。雪国の人にとって、越冬の証である桜は本当に思い入れのある

  • 【重要】お寺のハクビシン被害のまとめ【動画・写真付き】

    副住職の唯真です。数年前からお寺にハクビシンが住み着き、本堂と庫裏(本堂と連結)に住み着いています。もう毎日キュウキュウという鳴き声が天井(屋根裏)から聞こえており、また、移動したり駆け回っているのか、震度2くらいの地震が起こったような衝撃音で建物が揺れ、

  • 雪囲いも外れた常敬寺【動画】

     副住職の唯真です。昨日(4月4日)本堂の雪囲いを外して頂きました。雪囲いがなくなると本堂や庫裏に日が入ってくるようになり、春が来たなあと感じます。合掌

  • 小春の常敬寺【動画】

    副住職の唯真です。今日は気温も高く春を感じる一日となりました。合掌

  • 先日の強風による被害の追伸

    副住職の唯真です。先日の強風にて本堂のシートが破れてしまったのは確認していましたが、格子も外れかかっていました。また、壁の崩落にも若干の影響があったかもしれません。修繕費の工面のあてもなく、今後も厳しい寺院運営が続きそうです…。本堂、庫裏ともに天井も崩れ

  • 昨日の強風により防雪シートが被害

    View this post on Instagram A post shared by 中戸山 西光院 常敬寺 (初期寺号:弥陀本願寺/副住職投稿) (@saikoinjyokyoji)副住職の唯真です。昨日の強風で本堂の防雪シートが破れてしまいました。もっとも、それくらいの被害で済んだことに安心す

  • お寺を揺さぶる春の大嵐【動画】

    副住職の唯真です。昨日は春の陽気を感じる一日でしたが、今日は南よりの強風が朝から晩(22時くらい)まで吹き荒れる恐ろしい一日でした。お寺のある上越市高田地区では最大瞬間風速29.6m(15時53分、南南東の強風)を観測し、市内のあちこちで倒木や、トタン屋根等が吹き

  • 鳥歌う常敬寺【動画】

    副住職の唯真です。花も咲きはじめ、鳥たちも賑やかになり、だんだんとお寺の境内も春めいてきました。ただ、今日は晴れて温かかったですが、今年はどちらかというと寒く、そのせいか例年より雪が残っている印象があります。桜も蕾で、開花にはまだかかりそうです。儀明川沿

  • 薄曇りの常敬寺【動画】

    副住職の唯真です。今日は薄曇りのお天気でした。気温も昨日今日とまた下がり、三寒四温といいますか、上がって下がってを繰り返して少しづつ春の気温になっていくのでしょう。合掌

  • 2022年雪解けが進む常敬寺

    副住職の唯真です。ここ数日気温も上がって雪ではなく雨が続き、境内も雪解けが進みました。もう二週間ほどで高田城址公園のお花見も始まります。雪の下からは土が顔を出し、動物たちの気配も増え、雪が落ちた木々の枝には蕾がふくらみ、全身で春の鼓動を感じる日々が続いて

  • 小鳥さえずる常敬寺【動画】

    副住職の唯真です。鳥が鳴きだし、境内もどことなく春めいてきました。ようやく高田寺町も季節が動き出しそうです。合掌

  • Luv(suc)pt.2

    副住職の唯真です。僕がこの曲(Nujabes / Luv(sic)pt.2 feat.Shing02)を初めて聴いた時の衝撃は今でも覚えています。確か大学一年生の時で、18か19才。元ネタを存分に活かしたビートと詩的なリリック。音も言葉も聴く人の心を温かく照らし、包みます。太陽のような、灯火

  • JCVさまの動画にて当山も紹介して頂きました!

    副住職の唯真です。地元のメディアであるJCVさま(上越ケーブルビジョン)の動画にて当山も紹介して頂きました。親鸞直系の子孫の寺でありながら、地元でもほぼ無名だった当山ですが、ここ最近ようやく見つけてもらえるようになりました。有難うございます!取材等、対応いた

  • しだれ雪の常敬寺(赤門)

    副住職の唯真です。この数日で雪が大分積もりました。今日は朝方も晴れ間が見えましたが、それでも降ったりやんだりで、ようやく午後から眩しい日差しもでて、やっと今回の寒波は落ち着いたかなという印象です。さすがにこの寒波で今シーズンは終わりにして欲しいですね。朝

  • 雪に埋もれる常敬寺【動画】

    副住職の唯真です。昨日に引き続き今日も大荒れです。明日のお昼頃まで続く予報のようで、どうにかこれで今シーズン最後の寒波となって欲しいですね。道を掘っても数時間で何もしていないような状態になってしまうのは難儀ですね。合掌

  • 2022年猫の日の常敬寺【動画】

    副住職の唯真です。二月ももう後半、あと十日足らずで三月だというのに大荒れです。去年は短期間で大量に降る雪、今年はいつまでも降り続ける雪といったところでしょうか。消えては降るので、境内の景色が全然変わりません。春の足音が聞こえてきたと思ったら離れていく、そ

  • 風が強い常敬寺【動画】

    副住職の唯真です。今日は大荒れの予報もありましたが、午前中は青空もみえたり、一時落ち着いた天候でした。(お昼過ぎくらいから荒れ始めました)しかし風が強く、まだまだ冬との格闘は続きそうですね。春に届きそうで届かない、そんな日々の空模様です。合掌

  • 「山と親鸞聖人」~雪かきをする聖人の姿

    副住職の唯真です。「雪かきをする親鸞聖人の像を建てたい」という気持ちがあります。どういうことかと言うと、これこそ聖人のあるがままの一所懸命の姿を、もっともそのまま映し取った造形ではないかと考えるからです。雪国の越後で暮らしたことは、都の貴族階級出身である

  • 春が待ち遠しい常敬寺

    副住職の唯真です。春が待ち遠しいですね。そのようなことを考えざるを得ない、そんな赤門前の景色でありました。合掌

  • 2022年2月6日の常敬寺【動画】

    副住職の唯真です。昨晩から大雪の警報がだされていただけに朝起きると随分と雪が積もっていました。明日以降はそこまで荒れないようなので、これくらいで済んでくれると有難いです。それにしても、太平洋側の、たとえば東京は今日も晴れだと思うといまいち実感が沸かないも

  • 2022年立春の常敬寺【動画】

    副住職の唯真です。立春を迎えましたがそれを踏み潰すように降る雪の大群です。あと一週間ほどの辛抱でしょうか…!春が来ると有難いですね。花粉も来ますが……。合掌

  • 永井晋先生へ

    副住職の唯真です。昨年夏に学者の永井晋先生からお手紙を頂き、お寺に参りたい旨が書かれていました。お返事をお出ししましたが、大学等のオンライン化の関係で郵便物のチェックが数か月くらい受け取るのが遅くなることもあると他の先生も申しておりまして、それと関係ある

  • 【お知らせ】『寺町だより』にコラムを寄稿させて頂きました

    副住職の唯真です。『寺町だより』最新号に常敬寺の赤門についてのコラムを寄稿させて頂きました。寺町地区を中心に先日頒布された上越市の広報に入っているようなので、チェックできる方はぜひ読んで頂けると嬉しいです。(一部写植にミスがあります。私の原稿を編集して文

  • 2022年1月29日の常敬寺【動画】

    副住職の唯真です。本日のお寺の様子です。夕方から少しお天気崩れましたが、このまま立春まで落ち着いてくれればありがたいです。合掌

  • 【研究】『親鸞聖人門侶交名牒』にみる唯善上人の跡継について~「マコ」は「ムコ」ではないか

    副住職の唯真です。『親鸞聖人門侶交名牒』という、親鸞聖人の門弟を系図のようにまとめた史料があります。当山とはまったく関係のないものですが、唯善や常敬寺(当時は西光院)に関する記述がみえます。その中で、寺族としてずっと違和感を覚えていた、「これは違う」とい

  • 2022年大寒の常敬寺【動画】

    副住職の唯真です。今日は大寒の通り、荒れ模様でした。昨日の青空から一転で今日は鉛色の空(冬の新潟の空模様を指す言葉)でした。合掌

  • 2022年1月19日の常敬寺【動画】

    副住職の唯真です。今日は夕方くらいまでよく晴れました。久しぶりに太陽らしい太陽の光を見た気がします。夕方、夜からはまた崩れてきて、明日以降再び雪の予報です。合掌

  • ぼた雪の常敬寺【動画】

    副住職の唯真です。今日は特に大粒な雪が吹雪く一日となりました。ぼた雪というものですね。まだまだ明日も荒れそうですのでご注意くださいませ。合掌

  • 2022年読書初め『神棚と仏壇に祈る』

    副住職の唯真です。記事にするのが遅れましたが、今年2022年の読書初めの御本について感想を記録したいと思います。上越市大町に鎮座しております五ノ辻稲荷神社の宮司さま、中島大住氏の著書、『神棚と仏壇に祈る-明浄正直に見られる日本人の信仰-』(2014)を1月3日に読まさ

  • 常敬寺 本堂屋根からの落雪の様子【動画】

    副住職の唯真です。昨日今日と荒れた天気が続いております。天候の大まかな記録になればと映像を撮っていますが、たまたま本堂の屋根から雪が落ちる様子を撮影できました。冬になるとドスンドスンと建物が揺れるくらいの衝撃で雪が屋根から落ちていきますが、前触れがなく突

  • 2022年冬晴れの常敬寺【動画】

    副住職の唯真です。今日は気持ちのいい青空で、空もとても綺麗でした。(新潟の不断の冬の空は俗に”鉛色の空”と称されます)心が洗われるような清々しさでちょっとお散歩いたしました。冬場の太陽は本当に有難いです。合掌

  • 【研究者に向けて】論文・論考・コラム等の当山開基「唯善」の呼称について

    関連記事:「唯善末裔が語る唯善事件」副住職の唯真です。今回は私が学生の頃から抱いていた疑問を書き綴ってみたく存じます。たとえば、真宗史の授業や研究で「唯善事件」について触れる時です。そこで取り上げられる、論文をはじめとする様々な文章において私が思っていた

  • 正月の親鸞聖人御本廟【動画】

    副住職の唯真です。親鸞聖人が暮らした稲田の草庵を今に伝える浄興寺さまの親鸞聖人御本廟にお参りいたしました。雪囲いの御本廟も新鮮でした。合掌

  • 2022年元日の常敬寺【動画】

    副住職の唯真です。本日のお寺の様子です。気象が穏やかな冬となることを祈っております。合掌

  • 2021年あけましておめでとうございます!

    副住職の唯真です。あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします。(常敬寺タイガーです)合掌

  • 2021年もありがとうございました!

    副住職の唯真です。今年は当山常敬寺をひろく知って頂けた年になったと思います。ご門徒さまはもちろん、歴史に関心を持ってくれた方、御朱印をきっかけにしてお参りくださった方、たくさんの方々に常敬寺のことを認識して頂けた一年となりました。本当に有難うございます。

  • 2021年大晦日の常敬寺【動画】

    副住職の唯真です。大晦日のお寺の様子を撮影しました。中々荒れておりますが、雪がどうなるか注意してみていきたいと思います。また、除夜の鐘は住職判断で今年も中止といたします。(大雪とコロナ禍のため)合掌

  • 常敬寺のお稲荷さんの伝承【動画】

    副住職の唯真です。以前のブログでもお伝えいたしましたが、浄土真宗ですが、当山にはお稲荷さんの伝承があります。今回はそのことを動画にまとめました。当山常敬寺のお稲荷さんを祀った祠が、善導寺さまの癒石庭園の中に現存することを知り、先月にお参りさせて頂きました

  • 2021年12月27日の常敬寺【動画】

    副住職の唯真です。本日も朝9時頃お寺の風景を撮影しまとめました。遠方の方にも雪道等の参考になればと思います。(なんとなく連日動画をまとめていますが、特に毎日やるということではありません)合掌

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、syaku yuishinさんをフォローしませんか?

ハンドル名
syaku yuishinさん
ブログタイトル
常敬寺副住職のブログ
フォロー
常敬寺副住職のブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用