プロフィールPROFILE

にぼしさんのプロフィール

住所
埼玉県
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
いろんな魚とときどき猫
ブログURL
http://celious1122.blog.jp/
ブログ紹介文
飼っているおさかな達、そして猫との日々を綴るブログです。
更新頻度(1年)

125回 / 365日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2018/12/09

読者になる

にぼしさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,181サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
観賞魚ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,852サイト
メダカ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,096サイト
コリドラス 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 267サイト
レッドビーシュリンプ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 222サイト
今日 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,181サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
観賞魚ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,852サイト
メダカ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,096サイト
コリドラス 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 267サイト
レッドビーシュリンプ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 222サイト
今日 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,181サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
観賞魚ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,852サイト
メダカ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,096サイト
コリドラス 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 267サイト
レッドビーシュリンプ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 222サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、にぼしさんの読者になりませんか?

ハンドル名
にぼしさん
ブログタイトル
いろんな魚とときどき猫
更新頻度
125回 / 365日(平均2.4回/週)
読者になる
いろんな魚とときどき猫

にぼしさんの新着記事

1件〜30件

  • 錦鯉水槽飼育10日目 4匹まで減って安定致しました。それぞれの模様についてご紹介

    (現実より少し前のことを書いています)錦鯉を水槽飼育初めてようやっと10日。最初からポツポツと☆になる子が出ていましたが、4匹まで減ったところで5日間平穏継続。まあ、とりあえずこの状態でしばらく安定しそうだな、ということでここで4匹の模様を紹介してみようと思い

  • ラミレジィ飼育:自分の子供ではない稚魚も育てるのかどうかの実験

    我が家のラミレジィ達は相変わらずポンポン卵を産んでおります。二回失敗したF1の隔離ペアの産卵ですが、今回はそこそこ順調。ただ、メスがオスに追い払われ始めたのでメスも隔離し、オス1+稚魚+他の同居人(オトシンクルス・ヤマトヌマエビ)という状況の水槽です。 で

  • 水槽錦鯉飼育 4日目アクアライフの本 錦鯉飼育の本を読む

    水槽での錦鯉飼育4日目の状況。とりあえず合計で5匹が☆になりました。主人の見解だと眠り病っていうやつにかかっている子がいるのでは・・・?と。確かに死んじゃった子達は泳いでいる途中で急にピタっと泳ぎを止めてしまっている場合があったなあと。で、停止すると元気な

  • 水槽錦鯉飼育 2日目 我が家の水槽への導入と、それぞれの柄についてなど

    11匹買って来た錦鯉ですがとりあえず一匹は残念ながら☆になってしまいました。ちょっと身体が稚魚の中でも小さめでしたが、模様が気に入ったので連れて来た子です。ただ、やはり体格差は問題だったようで、朝の段階でかなり突かれまくっておりヒレがボロボロに。共食い・

  • 我が家に錦鯉が来ました

    この3連休はアクアリウムフェアにいったりなんだりここに書くべきことがいろいろあったのですが、とりあえず一番のご報告としまして。我が家に錦鯉がやってまいりました。サイズは3センチ程度。とても小さい子が11匹です。

  • 黒ビーシュリンプからレッドビーシュリンプが産まれる

    我が家では相変わらず黒ビーシュリンプの水槽は猛繁殖中。そして逆にレッドビーシュリンプは完全に停滞中です。 で、ある日黒ビーシュリンプ水槽を眺めていたところ、おかしなことが起きているのに気がつきました。

  • 【ラミレジィ】魚にも相性があるんだなあということが分かった話

    二ヶ月ほど飼育していたジャパンレッドラムのペアのメスが☆になってしまいました。アクアショップで一目ぼれし、ペアでお買い上げしてきたものです。購入する前からメスがとても鮮やかな色(おそらく繁殖色)が出ており、すぐにでも産卵するんじゃないかな~と期待していた

  • 猫のお引越しや災害時用のテントの様な飼育ケースを購入

    人間のお引越し近しで、魚・猫もお引越し近し。と、いうことで、それぞれの引越しについての必要な道具をボチボチ買い揃えています。 お魚に関しては先日の楽天のお買い物マラソンの際にマチのある魚のパッキング用のビニール袋を購入致しました。また、水槽等についての一

  • 新しい仲間が加わりました(通常のしましまタイプのラミレジー)

    いつものアクアショップの近くを車で通過しようとしていた際、その日ちょうどセールの開催日であるということを思い出しました。ある程度魚の数が多くて大変な状況ではありますが、やはりどのようなセールをしているかというのは大変気になるもの。 と、いうことで一応立ち

  • めだかピザという恐ろしい代物(?)

    アクアリウム好き民である私は、勿論水族館も大好きです。で、夏が近づいてくるにあたり、各水族館が色々企画展だのイベントを繰り出してくるようになりました。 で、それらの情報を見ていたのですが、去年もお邪魔したなかがわ水遊園さんで今年はメダカの企画をやるそうで

  • コイ丹頂グッピーの稚魚が生まれました

    我が家にやってきたコイ丹頂グッピー。(おそらく正式名称でいうとレッドテールタキシード丹頂っていう感じだと思われ)最初に来たときは3ペアだったのですが、そのうちメス一匹が飛び出し事故で☆に。そしてオス一匹が突然死・・・ってな感じでジリジリと4匹まで減ってしま

  • ほったらかしでメダカは育つのか、という検証のその後。

    ほったらかしでめだかが育つのかの検証を続けているシリーズ。前回→2週間ほったらかしでメダカは育つのか、という検証の結果。一度目の失敗は日当たりの問題だろうということで、大きなケースに変更し、雨も日もある程度入る場所にメダカの稚魚の置き場を変更。そしてその

  • スモールアイメダカのF1に全然スモールアイの子が出てこない件について

    各種メダカ達が順調に増えている今日この頃。針子、ではなくもうある程度メダカと言っていいようなサイズの子もそれぞれぼちぼち出てきています。 で、その中でも私が一番気になるのはスモールアイメダカのF1の子達です。ちゃんと遺伝でスモールアイを受け継ぐかどうか、

  • ラミレジィ水槽のソイルに水カビが大量発生。沈降タイプの餌はしばらくやめたほうが良さそう

    我が家のラミレジィの初代ペアが住んでいる水槽はよくある30センチ水槽でそこそこ狭い水槽です。で、比較的水質が悪化しがちです。他の水槽にはエビやらコリドラスやらオトシンの仲間達がいるのですが、この初代ペアのラムはこれらの生態をつつきまわすので単独飼育なんです

  • 最近ポツポツと熱帯魚が☆になってしまう

    ここ数日熱帯魚で☆になってしまう子が続いています。我が家のドイツイエロータキシードファミリーの初代のメス&二世代目のオスメス、そしてボレリーオパールのオス・・・・等々。 どれもこれも突然体調が悪くなって、その日か翌日にはバターンって言う感じ。

  • アクアライフ2019年7月号を読んでの感想。パルダリウムも楽しそう&マウスブリーダーを飼ってみたい

    毎月10日前後は楽しみにしているアクアライフの発売日!ということで、通販で購入してアクアライフの最新号が無事発売日到着しました。それから数日間かけて読み終わりましたので、感想を綴りたいと思います。月刊 AQUA LIFE (アクアライフ) 2019年 07月号 [雑誌]価格:990円

  • 青水飼育をするケースの相棒としてはタニシは向かなかったのかもしれない

    親戚宅のほったらかし稚魚育成検証のほかに、実家にてメダカの若魚の飼育もおこなっております(ブログに今まで書いていましたっけ?)親戚宅はだいたい1週間に一度程度、実家は週に3~4回のペースで顔を出しているという感じですね。 で、実家のほうでは天女メダカとパン

  • ドイツラムの第二世代を里子に出す決意を固める

    ゴールデン・ドイツラムの最初のペアから産まれた子達を稚魚呼びしていましたが、もうすっかり大人(3センチ以上)になりましたので、これから二世代と呼ぼうと思います。 で、大きくなってしまったことで、現在かなり水槽が過密。 

  • ワグムーンプラティだったはずが色々な柄が出始めた件

    我が家では60センチ水槽に一度病気が蔓延、一度立ち上げなおしたという過去があります。で、その再度の立ち上げの際のパイロットフィッシュとして採用したのがワグムーンプラティ。赤地に各種のヒレだけが黒いというプラティです。パキッとしてどこか和風な色彩がかっこいい

  • 2週間ほったらかしでメダカは育つのか、という検証の結果。

    ちょっと前にメダカがほったからしで育つのかどうかを実践してみるという記事を書きました。ほったらかしでもメダカが育つかどうかの実践記事に書いたとおり、親戚宅に鳳凰メダカの針子20匹を入れた青水の10リットルバケツを設置。場所は日が1日のうちに多少は当たる南向き

  • スモールアイメダカは稚魚を隔離しないでも無事に育っている模様。

    皆がんがん産卵してくれているので、メダカの針子入れるケースが順調に増えていっている今日この頃。さすがに増えるペースに容器を増やすスピードが追いつかず、一部卵が産みつけられている水草であっても隔離せずに放置したりという状況になってきています。 勿論そういう

  • 2019年6月 愛知めだか愛好会展示会を見てきた感想。単純に楽しそうだな、と思った。

    アクアリウム好き夫婦による名古屋旅の感想記事の3日目ですね。東山動植物園の世界のメダカ館にいった翌日向かったのは愛知めだか愛好会の展示会です。 名古屋旅行を企画したときには存在を知らなかったので行程に入れていなかったのですが、アクアライフを読んでいたらち

  • 東山動植物園 世界のメダカ館を見てきた感想その2。熱帯の卵生メダカ達もいつかは飼育したい。

    はい、というわけで東山動植物園の世界のメダカ館についての感想記事のその2です。おそらく普通の人よりも相当長く見学していたという自信があります(笑) また、せっかくメダカ館があるのでメダカのグッズ販売があるかと期待したのですが、それは無かったのは残念でした

  • 東山動植物園 世界のメダカ館を見てきた感想。日本のメダカより、熱帯の卵生メダカ達が豊富。

    先週末は休暇を利用して名古屋に旅行にいってきました。美味しいグルメも旅の目的の一つでしたが今回の大きな目的は、東山動植物園にある世界のメダカ館を見てくるということ。そしてもう一つ、愛知めだか愛好会さんの展示会(?)を見てくるということです。 めでたくその

  • 増えるメダカの針子たち。ラミレジィの稚魚達等飼っている魚達の近況。

    最近は世話に取られる時間が長く、あんまり写真等も撮れていませんが、自分の飼育の記録のためにつらつらと状況だけ書いておきます。

  • ほったらかしでもメダカが育つかどうかの実践

    ある程度メダカの針子の数が増えてきた今日この頃。庭やベランダがあるとはいえ、賃貸住まいの我が家では飼育ケースやバケツを置くスペースが少なくなって参りました。 と、いうことで、スペースに余裕がある私が管理している実家や親戚の家等のスペースを使うことにしまし

  • 【雑談】飼っている魚は家族と言えるのかどうか

    先日、旦那さんとの会話のときに『ペットは家族なのか』という話題になりました。個人的にこの問いかけに対する答えはYESです。我が家の猫二匹は大切な家族です。ぶっちゃけ他人とうちの猫の両方が溺れていたら私は確実にうちの猫を助けます。 で、その話の流れで次に出てき

  • ビーシュリンプ水槽の水温が高いので、GEX アクアクールファンを購入して設置しました。

    まだ梅雨入りもしていないというのに夏日が続出。特に今週末からはついに30度越えが連発するようです。 今現在の時点で我が家の水槽の水温はもう軒並み28度前後。現状涼しい日もありますからヒーターをつけっぱなしというのもあります。ただ、それを切ったとしても今後気温

  • 100均・ダイソーにてメダカ飼育に使うための商品を色々購入してきました。

    メダカの種類も増え、そして産卵数も増えてきている今日この頃、卵や稚魚を管理しておくスペースを増やすことにしました。(というか増やさざるを得なくなってきました)こんなときまあちゃんとしたアクアのメーカーの製品を使うのも良いのですが、やっぱりコストは控えめに

  • ラミレジィの稚魚達・・・と思っていたらもう産卵をし始めていた件。他の仲間達を分ける水槽の必要性。

    ラミレジィの稚魚達は相変わらず元気。餌を欲しがり、人間が接近するだけで近くに寄ってきて可愛らしい限りです。で、日に日に大きく成長していくのでそろそろまた水槽を分けるか、もしくは熱帯魚の買取りをやってお店に連れて行くか・・・なんてのんきに考えていたんですけ

カテゴリー一覧
商用