searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

もみさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
遠距離介護 不定期日記 ~私は私、親は親~
ブログURL
https://oyanokaigo.blogspot.com/
ブログ紹介文
独り暮らしの父が認知症に。 2018年より遠距離介護スタート。 利己的な娘の遠距離介護日記。
更新頻度(1年)

40回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2018/12/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、もみさんの読者になりませんか?

ハンドル名
もみさん
ブログタイトル
遠距離介護 不定期日記 ~私は私、親は親~
更新頻度
40回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
遠距離介護 不定期日記 ~私は私、親は親~

もみさんの新着記事

1件〜30件

  • 薬を追加

    先日、グループホームを訪問した際に、暴れる父に薬の追加や変更を検討してもらう、という話をしてきた。

  • 退職話の正体

    また父から電話があり、今回の話題も退職の話だ。

  • 退職金

    父の様子を見に行ってから落ち着いたのか、しばらく電話がなかった。 久々に電話が。

  • 様子見

    父に夏物のズボンや下着が無いと電話で言われていたので(あるはずなのだが)、6月に入って実家に残っているか見に行って、あったものをグループホームに届けた。

  • コロナによるひずみ

    久々のブログ。 今まで何をしていたかというと、2月下旬くらいからコロナ流行の兆しが見えてきたため、グループホームは面会禁止となり、そのうちに県外に出かけるのもはばかられるような雰囲気になってしまい、身動き取れず早数か月。 実家の地域は田舎なのでコロナの流行も大したことなく、私の方...

  • 父の確定申告

    2月に入り、確定申告の時期が近付いてきた。 収入が年金だけの場合、申告不要制度というのがあり、所得税や住民税は源泉徴収されていて、確定申告はしなくても罰せられないのだが、実は結構税金の還付があったりするので、所得税をとられるくらい納税されている場合は一度計算をおすすめする。 ...

  • 早速退所騒ぎ

    夕方暗くなってから珍しく施設から電話が。

  • 電話と携帯の解約

    グループホーム入所に伴い、固定電話は解約した。 解約と休止で迷ったが、電話をかけても留守電で、留守電を把握して聞くのもできなくなってきていたので、解約を選んだ。

  • NHKの免除申請

    NHKの受信料は身障者や経済的に厳しい場合などは免除が認められる。 グループホームも社会福祉施設として規定されているので、申請すると全額免除される。

  • グループホームの暮らし

    グループホームに入所して2週間ほどして様子を見に行った。

  • 1ページだけの日記

    サ高住退去の片づけをしていてノートを1冊見つけた。 帰宅して中身を見ると2ページだけ使われていた。

  • 認知症研究の第一人者が認知症に

    先日見たドキュメンタリー。 認知症にかかわった方なら一度は聞いたことがあるであろう、「長谷川式簡易知能評価スケール」を考案された精神科医の長谷川和夫先生が認知症を発症し、それを1年くらい追いかけたというもの。

  • 時空のゆがみ

    早速、グループホームから電話が。

  • グループホームへの転居(2)

    グループホームの段取りが終わると、残るはサ高住の片づけ。 先日の転居騒ぎのおかげで、荷物が少し減っていたのはありがたかったが、難題はいくつかある。

  • グループホームへの転居(1)

    結局、グループホームに引っ越すことについて、父には事前に知らせず、当日になってちょっと見学に行こうか、と促すことにした。

  • グループホーム転居までにやること

    グループホームに入居の意思をしっかりと伝えるために電話した。 入所の際に必要なものなどを教えてもらい、この年末年始で準備。

  • グループホームに空きが出た!

    実家と同じ市外局番の見慣れない番号から電話が。 ん?と思いながら電話に出ると、申し込みをしていたグループホームからだった。 過去記事: グループホームの見学

  • 謎の無言電話

    最近父から電話が良くかかってくる。 しかし、電話に出ると、その先ではTVの音が漏れ聞こえてくるだけ。 それが数分おきに何度も何度もかかってくる。

  • 警察沙汰⁉

    施設から久々に電話があった。 警察から電話が来るかもしれない、、、とのこと。

  • キャラ変?

    引っ越し騒動後、結局は自分だけで生活するのは難しい(自宅の生活家電類は廃棄してしまっているので)と思ったらしく、自分からまた施設に住みたいと言って、舞い戻った。

  • 住所変更問題その後

    引っ越し騒動の際、ご丁寧に住民票を施設から自宅に戻した父。 以前の記事に書いた通り、その住所が間違っていて、役所から送った書類がすべて差し戻されていた。

  • 引っ越し騒動で分かった「出来ないこと」

    先々月末の退去騒動の後、後日談がある。 前にブログに書いた通り、住民登録の住所を間違って、役所からの書類が返送されていたり、携帯がどこかに行ってしまったり。

  • 認知症は物忘れの延長線上には無い?

    私もアラフィフになり、人や物の名前が思い出せないこともよくある。

  • 謎の保険

    前回実家に行った際、ここ何年かの古い通帳を持ってきた。 お金の流れを見るためだ。 ずっと追ってみていくと、一つ、毎年1回引落になっているものがある。 通帳の表記は簡略化されていて何なのかさっぱり分からないし、思い当たるような契約書も見つからない。

  • 携帯紛失

    お金がないコールを封じ込めるべく、ノンアルビールを宅配便で送ってみた。 届いたところで、施設から電話が。

  • 住所変更問題

    施設から電話があった。 役場から何やら手紙が届いていて、住所にかかわることのようだということだったので、開封してもらった。

  • 警察へ

    帰路に就く前に、警察に立ち寄る。

  • 月末の恐怖が現実に(5・完)

    実家の生活家電類はほとんど廃棄したので、父が施設に入所してからはがらんとしていた。

  • 月末の恐怖が現実に(4)

    苛立ちのまま実家を離れ、施設に父は家に帰っていて、その日は家で寝ると伝え、妹にはこの状況をメールして宿へ。

  • 月末の恐怖が現実に(3)

    施設に到着すると、父はロビーのソファーでじっと座っていた。 ずっとそうやって郵便が来るのを待っているのだそうだ。

カテゴリー一覧
商用