プロフィールPROFILE

風に乗って♪さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
風に乗って♪
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/fuyu325
ブログ紹介文
いきもの大好き 特に昆虫ときのこが好きです 定点観察も趣味で いつも何かを観察しています
更新頻度(1年)

310回 / 365日(平均5.9回/週)

ブログ村参加:2018/11/18

風に乗って♪さんのプロフィール
読者になる

風に乗って♪さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(IN) 10,090位 9,130位 9,942位 10,351位 11,367位 11,315位 10,340位 980,071サイト
INポイント 0 50 30 40 20 30 20 190/週
OUTポイント 0 0 10 10 0 10 20 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 100位 90位 106位 124位 130位 127位 108位 11,945サイト
自然観察 5位 5位 5位 5位 6位 6位 5位 526サイト
散歩・散策 5位 5位 7位 7位 8位 8位 7位 206サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(OUT) 46,465位 45,522位 45,451位 48,347位 51,905位 48,652位 48,686位 980,071サイト
INポイント 0 50 30 40 20 30 20 190/週
OUTポイント 0 0 10 10 0 10 20 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 809位 795位 796位 852位 915位 853位 864位 11,945サイト
自然観察 24位 25位 23位 23位 25位 24位 24位 526サイト
散歩・散策 25位 24位 21位 24位 31位 28位 29位 206サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,071サイト
INポイント 0 50 30 40 20 30 20 190/週
OUTポイント 0 0 10 10 0 10 20 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,945サイト
自然観察 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 526サイト
散歩・散策 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 206サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、風に乗って♪さんの読者になりませんか?

ハンドル名
風に乗って♪さん
ブログタイトル
風に乗って♪
更新頻度
310回 / 365日(平均5.9回/週)
読者になる
風に乗って♪

風に乗って♪さんの新着記事

1件〜30件

  • 定点観察「ユリノキ」「モミジバフウ」終わり。

    この前、「ユリノキ」を見に行ってから、約半月が過ぎました。今日、歯医者さんに行った帰りに、また見に行ってきました。曇り空で、時々日が差すけど、風がとても冷たくて寒かったです。ユリノキは、すべての葉を落とし、スッと背筋を伸ばして立っていました。足もとには、風に飛ばされた種と、「ユリボックリ」の軸が落ちていました。種を拾い上げて空に投げると、ヘリコプターのプロペラのように、クルクル回って落ちてきます。翼の部分を折り曲げてみると、縦方向に細い繊維が入っていて、簡単には割れません。手の平に乗せても、重量を感じないほど軽いのに、とても丈夫な造りになっています。こんなにばら撒かれても、種の発芽率は3~5%だそうです。小さな苗を見ないわけですね(^^ゞ夏、葉が最盛期の頃の姿です!5月になると、花が咲くのが待ち遠しかったこと・...定点観察「ユリノキ」「モミジバフウ」終わり。

  • ガマの穂

    いろんなものが「爆ぜる」季節がやってきました(^-^)ゝグラウンドの1本桜を見にいったとき、農道を歩いていたら「パチ・・・、パチ・・・」という微かな音が、大豆畑のあちこちから聞こえてきました。不思議に思って、畑の中へ入って、しばらくしゃがんで耳を澄ましていたらすぐ近くで「パチン!」という音とともに、大豆が鞘から飛び出して土の上に落ちる瞬間を目撃しました!大豆の鞘も、フジの鞘と同じように音を立てて爆ぜるんだ!始めて知ったし、その音も初めて聞きました。パチパチという音は、ひっきりなしに聞こえてきます。早く収穫しないと、大豆が全部なくなっちゃうよね・・・そんな事を考えながら、畑を見ていたら用水路に生えているガマの穂を見つけました(^^♪いい具合に熟していて、下の方からは少しだけ綿が飛び出しています。今年もガマを爆発さ...ガマの穂

  • おやすみなさい

    あっという間に12月。今日は晴れて、風の強い一日でした(^^)仕事の帰りに、一本桜があるグランドに寄ってきました。十月桜というネームプレートがある木に桜が咲いていました。もうそろそろ花も終わりだなぁと思ってそういえばもう12月だと気が付いて、十月桜の長寿に感嘆しました。桜の木の下に、アジサイの返り咲きがありました。枯れた葉の銀色と対照的な、鮮やかな紅い肉厚の花びら・・・不思議でした。こっちにおいで~と、誘うような道。行きたいけど、今日は寄り道なので(笑)白蛇みたいな木。カクレミノ。桜の、花が咲いていない時の木を見に行くひとがどこかにいるかなと思うと楽しい(笑)おやすみなさい

  • よりみち

    買い物の帰りに、ちょっとだけ寄り道をしてきました(^^)車を停めて、雨上がりの公園の中を一周歩いてきました。スーパーの帰りに公園の横の道を通るたびにイチョウの葉がだんだん少なくなってきて・・・今日見たらもう、木は丸坊主になっていました。スズカケノキも、葉が散っていました。大きな葉です。よく見ると葉脈が1本の木みたいな形をしていました。幹の表面が色んな形に剥がれ落ちていて、破片を拾って同じ形の跡をみつけるのがパズルみたいで面白いです。猫の形のピースがありました。半分剥がれているのをめくってみると、中は真っ白でした。なんだかかさぶたを剥がしてるみたいで・・・むず痒くなって、元に戻してそっと押さえておきました(笑)イチョウ並木の先頭の木は、葉がまだ散っていませんでした。ずんぐりした、可愛らしい樹形です(^^)この辺り...よりみち

  • ムクノキと、ナンジャモンジャ

    今日は晴れて暖かい一日でした。午前中は仕事で、午後から先日のお寺のイチョウを見に行ってきました。同じ木が、お天気でこんなにも印象が違うなんて(^^)雨に濡れていた落ち葉は、ふかふかの絨毯になっていました。イチョウの葉をよく見ると、葉脈がすべて縦方向に平行に走っています。複雑な編み目状の葉脈とは違う、これは原始的な葉脈なのだそうです。ふたり、何年一緒にいるのかな(^^)この前来たときは暗くて気が付かなかったけど、境内には他にも大木が何本もありました。近くまで行ってみたら、クスノキでした。デベソが可愛い。落葉樹の中で、力強く茂っています。もう一本、クスノキと同じくらいの大きさなんだけど、少し華奢で葉が散り始めている木がありました。何の木だろう?木の下へ行ってみると、黒い大きな実が地面を覆うように落ちていました。この...ムクノキと、ナンジャモンジャ

  • いちにち

    今朝はとても冷えていて、水草の鉢に氷が張っていました。カリカリの薄い氷で、摘まんだ所から指の熱で溶けていきます。洗濯物を干したついでに、いつものように庭を一周します(^-^)ゝ春に挿し木をした「ネコヤナギ」にポッチと小さな冬芽ができているのを見つけて、嬉しくなりました。これは何だろう?タマゴかな。葉が落ちたモミジの枝にくっついていました。カマキリの卵は、迷ったけど昨日サザンカの垣根に縛り付けました。日当たりが良くていい場所です。これから花が咲き出して賑やかになるしね(^^♪マルバノキの花は、そろそろ終わりです。今日はお天気がよくて、青空がきれいでした。朴の木の葉も散り始めました。太陽にかざしたら、葉脈が燃える熱線のように見えてフッと、子どもの頃うちでたこ焼きを作るときに使っていた、電気コンロを思い出しました!思...いちにち

  • イチョウの灯り

    日が短くなってきて、仕事の帰りにスーパーに寄ると帰り道はもう暗くなってしまいます。先日、冷たい雨が降る夕方買い物をして、大通りが渋滞していたので、住宅街の細い路地に入りました。知らない道でしたが、方向は合っているはず・・・少し心細くなりながら運転していると、目の端に黄色いものが映りました。思わず車を停めてバックしたら、そこはお寺でした(^^)薄暗い中で、ボウッと灯がともったような明るさです。急いで帰らなきゃいけなんだけど、ちょっとだけ・・・雨に濡れた葉がきれいです。反対側にまわってみました。葉が散り初めて、今日がいちばんいい感じなのかも。雨の日だけど、それはそれで良いものです。よく見ると、足もとにギンナンがたくさん落ちています。踏まないように気を付けて、つま先歩きで木の周りをぐるっとまわってきました。車に戻ると...イチョウの灯り

  • ネズミモチ酒

    今年も、ネズミモチの実が色付く季節になりました。また冬がきますね(^^)11月の初めに見に行ったときは、実はまだほんのり色づくくらいでした。日当たりがいい所では、こんなに紫色になっていました。トウネズミモチ(唐鼠黐)は、モクセイ科の常緑高木です。果実は女貞子(じょていし)という生薬で、強壮作用があるそうです。11月の半ばに、また見に行ってみたら、熟してきた果実の色が濃くなっていました。これから年明けの2月頃まで、いろんな野鳥がこの実を食べてにやってきます。ネズミモチの実を始めて見たとき、まず「食べられるか?」を検索したのですが(笑)果実酒にすると、その効用が凄いとのこと!「中を補い、五臓を案じ、精神を養い、百病を除く。久しく服用せば、過去やかに肥え、身を軽くして老いず」「陰を強くし、腰、膝を健やかにし、白髪を変...ネズミモチ酒

  • こんなところに、カマキリの卵が・・・

    10月の終わりに、庭のカマキリたちが姿を消してミカンの木に産み付けられた、置き土産の卵をみつけました。お腹が大きいメスのカマキリが、庭に数匹いたのでまだどこかに卵があるはず・・とは思っていましたが・・・キャ~!まさか、こんなところに産んでいたなんて!ミラクルフルーツの木の、枯れた葉を取っている時に奥のほうの枝で発見しました。一般的に「カマキリの卵」と呼ばれるものは、「卵鞘」または「卵嚢」といい卵を包むスポンジ状の、お布団みたいなものです。中には数百個の卵が入っていて、産卵の1ヵ月後には、卵は卵鞘の中で孵化して「前幼虫」という状態で冬を越すそうです。なので暖かいと、12月でもカマキリが出てきてしまうのです(^^ゞミラクルフルーツは、暖かい居間に取り込んで、冬の間はここで暮らす木なのでカマキリの卵と共同生活はできま...こんなところに、カマキリの卵が・・・

  • 散策

    私がどこかに出掛けるのは、ほとんど何かのついでで行く場所も、その時々の思いつきなのですが今日は、自転車の修理に行ったついでに、ふと思いついて一畑山薬師寺に行ってきました。雨が降っていたけど、駐車場についた途端、晴れてきました。ふと思いついたのはたぶん、春に来たときに咲いていたこの花の実が見たかったからだと思います(^^)タイサンボクの花は、(凄いね!花の中心がこんなにクシュクシュとかたまって)実になっていました。種が落ちていないか、探してみたけど無かったです(^^ゞ境内の紅葉はとてもきれいでした。でも、なぜか足が向くあの森の入り口^^暗い森の中で、明かりが灯ったような黄葉です。よく見たら、虫こぶの葉がありました。クヌギハケタマフシ。葉の表側には、何もないのが凄いです。可愛いキノコ(^^)木を突く大きな音が聞こえ...散策

  • バナナの花の蜜

    美容院に行った帰りに、いつもは通らない道でうちに帰ろうと思い付いて田舎の細い道を走っていたら、背の低いバナナの木を見つけて、車を停めました。バナナの木は小さいのではなくて、道路の下にある畑に植えられていて普通は見上げるくらい高い位置に咲く花が、目の前で咲いていました。花に触るのは初めてです(#^.^#)花粉まみれになる指先に、ポロポロとこぼれる液体が・・ちょっと舐めてみたら、すごく甘い!バナナの花の蜜でした。写真の左上、袋状になっている所に、満タンに蜜が入っていて触るとあふれて、こぼれ出しました。バナナの蜜なんて、初めて知ったのですがバナナ味じゃないのが、当然だけど意外でした(笑)花の付いている茎?の根元に小さな実(バナナ)がなっていたので1つだけ、実を貰ってきました(^-^)ゝバナナの木を、市内の他の場所でも...バナナの花の蜜

  • 種蒔きと、落ち葉

    採ってきた彼岸花の種を、今日蒔きました(^_^)夕方、仕事の帰りにまた、彼岸花の葉を見に行って種ができていた株に、目印を付けてきました。来年の春に球根を掘ってみたいと思います。忘れなければ(笑)忘れそうです。来年の春にまた、このブログ記事を見るように自分に予約はできないでしょうか?^m^葉の根元を紐で縛っていたら、種をひとつぶ見つけました。ぜんぶで3粒^^種蒔きの時、鳥が食べた状態にして蒔くというのがあるけどよくよく考えたら、この種は果実から出てきたから、剥くところはなくて(^^ゞそのまま、園芸の土に蒔きました。芽が出るか、出ないかは、種の都合なので楽しみに待ちます(^-^)ゝ****************************シデコブシの葉が、音を立てて落ちています。庭の、小さな紅葉と落ち葉です。南天の赤...種蒔きと、落ち葉

  • 囁草

    季節はずいぶん前のことですが夏の終わり頃、ずっと念願だった「囁き」を聞く機会がありました。目を閉じて、果実に顔を寄せ、耳の横で茎を静かに揺らすと・・・シャラシャラ、シャララと、ひそひそ声のような囁きが本当に聴こえました(^^)中はどうなっているのかな?実を割ってみよと、少し力を入れて果実を押したらオレンジ色の液体がにじみ出て、指先が染まってしまいました(^^ゞ********************************囁草は、高さが2メートルにもなる、ケシ科の多年草です。ササヤキグサという名は、「タケニグサ」という植物の別名で風に揺れた果実がお互いに触れあって出す音が何かを囁いているように聞こえことが名前の由来です。花、葉、茎、根などの、全ての部分にアルカロイド系の猛毒をもっていてその成分は、トリカブトなど...囁草

  • 彼岸花の種を見つけました

    今日も仕事の帰りに、昨日と同じ場所へ行ってみました。風も強くないし、蜘蛛の糸がみられるかなと思って。今日、午前中に耕運機が入ったみたいで、田んぼが耕されていました。ここに麦が蒔かれて「麦の季節」がやってきます(^^)背の高い草の穂も、しゃがんでみた草の上もみんな留守で蜘蛛も、他の虫も、人っ子一人いません・・・昨日のあの光景は夢だったの?と思うほど、今日はひっそりとした曇り空でした。でも、彼岸花の葉の中に黒いものが見えたので、虫かなと思って近寄ってみたら種でした(^^)生まれて初めて見ました!黒い瞳のような、ピカピカしたきれいな種です。うちに帰ってから調べたら、彼岸花の種はとても珍しいそうです。蜘蛛はいなかったけど、しゃがんだおかげで、また新しい出会いがありました。運よく発芽しても、花が咲くまでに7年くらいかかる...彼岸花の種を見つけました

  • 蜘蛛のバルーニング

    昨日のことです。仕事の帰りに農道を車で走っていたら、虹色に輝く幾筋もの細い光が、なびくように流れているのが見えました。キラキラ、サラサラ・・・太陽の陽を浴びて、それはもう非現実的にきれいで・・・思わず車を止めて、外へ出てしばらくじっと眺めていました。虹色の光は、蜘蛛の糸でした。「バルーニング」と呼ばれる、蜘蛛の空中飛行が行われているところでした。写らないとは思いましたが、カメラで撮ってみました。肉眼ではここ、キラキラなんです(^^ゞ昨日は暖かくて、風も弱かったのですが、そよ風に乗って左側の川の土手から、右側の田んぼの方向へ、数メートル先まで何本も糸が流れていました。振り向いて、反対側も・・・ひび割れた道路と、のどかな田園風景が撮れました(笑)蜘蛛が見たいなぁ・・そうだ!と思いついて、空中で糸を1本捕まえて、たぐ...蜘蛛のバルーニング

  • 見えない世界

    きのう降った雨が上がって、今朝は濃い霧が出ていました。霧の朝は、毎度ドキドキします。いいものあるかな(#^.^#)素敵な日に開いたね。霧はすべてを隠してしまうけどその代りに、普段は隠れているものを見せてくれます。枯れた花柄が、こんなことになっているの、知っていた?土手に生えているネコジャラシの先っぽは、ほとんどぜんぶ真綿で包むように、大切に優しく梱包されていました。こんなふうになっているの、気付かなかった!知らなかったでしょ^m^小さな小さな蜘蛛の巣が、あちらにも、こちらにも。みんなそれぞれ、一国一城の主で、頑張って生きているんだなぁ・・・蜘蛛の糸は、ひっつき虫をも捕まえて逃がさない^m^こんなに美しいものがあることを、なんで普段は忘れてしまうんだろう?いつも足もとにある、見えない世界です^m^ハシボソの夫婦が...見えない世界

  • 定点観察「アシナガバチ1」2019年

    2018年の春、庭に作られたアシナガバチの巣を約半年間観察しました。定点観察「アシナガバチ1」そこから巣立った女王蜂の1匹が、今年の春に庭へ帰ってきて、また巣作りをはじめました。前回、長女誕生の6月までを書きましたがあらためて、女王蜂が庭に来たところから、先日見た最後の姿までをまとめてみました(^-^)ゝ2年目の定点観察「アシナガバチ1」です。今年、庭にはアシナガバチの巣が5個作られました。そのすべてが空になったので、先日取り外してきました。この中のひつつの巣を作った女王蜂が庭に姿を見せたのは4月の中旬、あちこちで桜の花が満開の頃でした。私はこの頃どんな事してたかなと、振り返ってみたら、好きな神社の桜を見に行ってました。ああ、春だったなぁ・・(^^)下見に来てから5日後、この場所を気に入ったようです。カゴの下に...定点観察「アシナガバチ1」2019年

  • ごそごそと庭仕事

    今日は天気が良くて、風もなく絶好の庭仕事日和でした。陽だまりにしゃがんで、土をいじっているととても気持ちが穏やかになります(´ー`)今年の春に咲いて、保存してあった水仙の球根を新しい土に植えました。ちょっと窮屈かな?どんな花が咲いたか、すっかり忘れちゃったけどまた咲いてくれますように!祈りながら、土の布団をかけました(^^)こちらも、何かの球根の芽がでてきた鉢です。そういえば春に、ラッキョウくらいの大きさの、花が咲かなかった球根を庭から拾い集めて鉢の中へ埋めておいた覚えがあるけど・・・どんな花が咲くかな?また葉だけかな(^^ゞ春まで楽しみに育ててみます。発芽したミラクルフルーツも、植え替えました。根を切らないように、土を崩して掘り出しました。地上に出ている部分と同じくらい、長い根が真っ直ぐに伸びていました。この...ごそごそと庭仕事

  • サネカズラの実

    地味なんだけど、ヒノキの落葉があちこちで見られるようになりました。ヒノキは、常緑針葉樹で、葉の寿命は約2年だそうです。「常緑」なので、一年中緑色だと思っていますが、10月から11月にかけて古くなった葉がいっせいに黄色くなって、地面に落ちます。杉も同じように落葉して、木から枝ごと葉を落としていました。杉の落ち葉は良く燃えるので、炊きつけの材料に売られていた頃もあるそうです。こんなにたくさん落ちているなら・・・焼き芋ができそうなのに。いまは自由に焚火ができなくなって、寂しいことです。タカサゴユリも、返り咲きなのかな?北風に揺れる花に、蜂が必死でつかまっていました。クマバチでした。顔が白いのは、「タイワンタケクマバチ」のオスだそうです。オスが越冬するのか分りませんが、とても寒そうで気の毒に思いました。前に見に行ってか...サネカズラの実

  • 定点観察「ユリノキ」「モミジバフウ」

    この前、ユリノキを見に行ってから、2週間が経ちました。今日は朝から冷たい風がビュービュー吹き荒れて仕事が終わった夕方には、冬の夕暮れのように寒かったです。ユリノキは、ほとんど葉が無くなっていました。葉が茂っている時も好きだけど、こうして枝だけの姿になるとこの木の樹形が、とても美しいのが分ります。今日の風で散ったのかな。黄昏とは違う、何とも言えない夕方の光です。モミジバフウも、だいぶ葉が落ちていて、驚きました。グラウンドの奥に「落ち葉たまり」ができていて、いまにも階段を登っていきそうです^m^靴が埋もれるほど深くて、カサカサといい音がしました。宿り木は辺りが開けてきて、目を覚ましたように元気そうでした(^^)歩いているうちにも、どんどん日が暮れていきます。遊具のところの木は、もう影が消えてしまいました。寒いし、暗...定点観察「ユリノキ」「モミジバフウ」

  • おやすみなさい

    今日は衣替えをしました(^^)冬の服を出して、夏を仕舞う。こうして毎年、季節は過ぎていきますね^^洗濯物を干した後の庭でみつけました。春に、この辺りの木々に絡み付いていて栄華を極めたツル植物の葉の・・・夢の後です。捕えられて・・・離れられない天道生えの「ノイバラ」には今年初めて花が咲きました!ひとつぶだけ、赤い実がなっていました。きれいな棘。おやすみなさい。またあした(^^)おやすみなさい

  • 「マルバノキ」の紅葉と花

    今年もマルバノキの紅葉が始まりました。木の下には、赤や黄色、橙色の色取り取りの落ち葉がたまってきてその中から、きれいなのを選んで集めていたら・・・花が咲いていることに気付きました(^^)うちでは「アキマンサク」と呼んでいるけど、別名は「ベニマンサク」だそうです。ヒトデと言うより、触手を伸ばしたアメーバみたいな奇妙な形の花が背中合わせに咲きます。このマルバノキの花を撮った写真で、ちゃんとピントが合ったものが8年間ものあいだ、一枚も無くて(^^ゞ今年は咲いている期間中に、一枚くらい、バッチリ中心が写ったものを撮りたいと思います(^_^)/つぼみも、こんなにヘンテコな形です。イトトンボの顔にそっくり(笑)芽吹きは4月の初め頃で春から夏にかけて、青々としたハート型の葉を茂らせます。葉脈がとてもきれいです。暖かい色。落ち...「マルバノキ」の紅葉と花

  • センダンの種蒔き、その後。春~秋

    「これ、なんだろう?」ある日、土の中から顔を出した謎の芽が「センダン」だと分かって1本ずつポットに植え替えてから、今日までの成長記録です。6月、ここからスタートです(^O^)センダンは成長が早い樹木だそうです。7月に入って、気温が上がってくると、どんどん新しい葉が展開して見るたびに、昨日より大きくなっている!そんな感じがしました。8月、茎もしっかりしてきて、背がだいぶ伸びました。そうだ・・「観察記録」なら、定規で茎の長さとかを測らなきゃいけなかったかも・・・いま、ブログを書いていて、初めて気づきました(笑)うちに帰ったら測ってみます。8月の下旬、樹皮を見ると、センダン特有の模様が出てきています。見上げるほどの高木の、ミニチュアみたいで可愛らしいです。足もとに、どこからか飛んできた種から、ユウゲショウが生えてきま...センダンの種蒔き、その後。春~秋

  • ガガイモの実を見つけました!

    今日は午前中に仕事が終わって、天気も良いし、絶好の寄り道日和でした(笑)どこへ行こうかなぁ~と、色々思いを巡らしていると頭の中にフッと、好きな神社が浮かんで来たので、そこへ行ってみる事にしました。ヒシの池がある所・・・いつ行っても誰もいない(笑)とってもいい所です。鳥居の脇で、ひとつ目小僧が出迎えてくれました^m^第一の鳥居をくぐって、上り坂をゆっくり歩いていきます。第ニの鳥居の両脇は、神社だと普通はヒノキとか杉なんですが、ここは山桜です。満開になる春、それから、桜吹雪が舞う頃はすごく素敵な眺めです。拝殿でお参りして、神社の周辺を散策しました。こういうのも、好きです(^^♪山茶花が咲いていると思ったらツバキでツバキだと思ったら、山茶花でした。植物を、ひとつひとつ確かめながら歩いていたらツルが絡み付いた、こんもり...ガガイモの実を見つけました!

  • カマキリと過ごした日々

    今年の春に生まれたカマキリたち。庭に洗濯物を干しに行ったり、他の昆虫を観察したりしている時ひょっこり顔を出したチビカマキリに出会いました。そのたびに成長が嬉しくて(^^)「大きくなったね~」と、写真を撮っていました。物陰に隠れて獲物を捕るカマキリなので、めったに姿を見ないのだけどあら、こんな所に!と目が合う時があって、大きくなるスピードに驚きます。体が大きくなるにつれて、脅威になる天敵は減っているけれど一番の天敵、庭の猫には気を付けてね(^^ゞ夏になると、散歩中にカマキリの抜け殻をよく見るようになりました。脱皮が終わったばかりのカマキリを見つけた・・・と思ったけど体のサイズと抜け殻がらの大きさが、違い過ぎるかな?こんな抜け殻も見つけました。カマのトゲトゲや、脚の細かい突起、触覚まできれいに脱いであります。内側の...カマキリと過ごした日々

  • チェッカーベリーと、ヒヤシンス

    秋植えの球根を見に、ホームセンターへ行ってきました(^^)チューリップも植えたいけど、品種が色々ありすぎて、どれにしようか迷ってしまいます。今日はヒヤシンスと、アリウムを選んでレジに行く途中真っ赤な実を付けた、小さなポット苗を見つけました。「チェッカーベリー」?どんな植物なんだろう?園芸コーナーの隅っこで、とりあえず、食べられる実なのかを調べてみたら・・・チェッカーベリーの実は「湿布の味がする」とのこと!欲しい!(笑)ということで、球根と一緒につれて帰ってきました(^^)チェッカーベリーは、ツツジ科の常緑低木です。こんもりと葉が茂り、クリスマスやお正月の飾りに利用され、3月頃まで赤い実が楽しめるそうですが・・・それはたぶん、実が湿布味なので、誰も食べに来ないからだと思いました(笑)ポットから抜くと細根が入り組ん...チェッカーベリーと、ヒヤシンス

  • 帰ってきた「ミノウスバ」

    今年の春に、庭のマサキを食い散らして旅立ったミノウスバの幼虫たちが、無事に大人になって(笑)産卵のために、庭のサマキ(実家)へ里帰りしてきました。女王蜂は、自分が生まれた場所へ帰って、巣を作ると言われていますが蛾や蝶も、卵を産むために同じ木に戻ってくるのだと思います。羽化したてかな?体毛も翅も新品!という感じ。綺麗なオスです。去年の秋、初めてこの蛾を庭で見つけた時「ミノウスバ」という名前を知りうちのマサキを毎年、丸坊主にしていたのがこの蛾の幼虫だった事を知りました。去年のブログ記事を探してみたら、見つけたのが偶然同じ日付でした(^^)葉をめくると、交尾中のペアがいました。手前がオスで、くし型の触覚が立派です。飛んでいる姿を見ると、一瞬「蜂」かな?と思うような鮮やかなオレンジ色と黒の配色は警戒色?これも擬態なのか...帰ってきた「ミノウスバ」

  • 「モミジバフウ」の実の観察

    10月に公園で採ってきた、モミジバフウの実。車のダッシュボードの上に置いて、毎日観察していました。実はよく知っているけど、不思議な事に、その種は一度も見た事がなくて・・・他の樹木のように、パラパラと木の下に落ちていてもよさそうなのに。どんな形をしているんだろう?フウの種を見てみたくて、実の口?が開くのを待つことにしました。3日後、カニの爪みたいな突起の間に、種が出てくる穴が開いてきました。ばら撒かないように、プラスチックの容器に入れます。2日後の様子。実を振ると、塩コショウみたいに、たくさんの粒々が出きて、容器に溜まりました。穴からは、サラサラした砂粒のようなものと、翼のついた黒い種が出てきました。種の大きさは8ミリほどで、砂粒状のものは、2ミリ。予想していたより、小さな種でした。地面に落ちていても、これは気付...「モミジバフウ」の実の観察

  • ナツハゼ酒

    熟した木の実を分けて貰って今年も少しだけ、果実酒を作りました。どこの木かは、秘密ですが(笑)ヒヨドリたちが食べる分は、じゅうぶん残してきました。果実酒を作る一番の楽しみは、じつは味よりも「色」なんです。浸け込んで数日後、瓶を静かに振ると、氷砂糖がモヤモヤと溶け出して瓶の中の液体に、蜃気楼のような不思議な模様が広がります。光に透かして見る、美しい世界。ナツハゼの隣りにある小瓶は、初体験の「コブシの実のお酒」です^m^コブシの実は、自然に糸を引いて落ちるのか?実験していましたが、一向に落ちる気配がないので、果実酒にしてしまいました(^_^)ハーブのような爽やかな香りがするたぶん、複雑な味のお酒になると思います。散歩で採ってきた、自然薯のムカゴと田んぼから摘んできた(笑)ひこばえの稲穂を素揚げしてみました。ムカゴは、...ナツハゼ酒

  • 雨の風景

    先月事故に遭って、修理に出していた車を今日、取に行ってきました。その帰り道に「あの木、どうしてるかな」と、またまた、ふと思い出して(笑)国道の大きな交差点を、ギュッと曲がって寄り道してきました。公園の駐車場の入り口に立っている、大きなユリノキ。この木は一年前、偶然通り掛かって見つけて、好きになった木です(^^)私が毎年定点観察している、ユリノキとは違って秋に葉が枝についたまま、しっかり黄葉するタイプみたいです。同じ木でも、それぞれ違う個性があるのですね。お昼休みの時間帯で、駐車している車があったので少し公園の周りを歩いてきました。藤棚です。フジの鞘がたくさんぶら下がっていました。冬の、乾いた風が強く吹く日に藤棚の下のベンチに寝そべって、目を閉じて、この鞘が破裂する音を聞けたら・・・忘れないように、カレンダーに書...雨の風景

カテゴリー一覧
商用