searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

akiraraさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
英国永住者の日常
ブログURL
https://akirara.hatenadiary.jp
ブログ紹介文
ごく平凡な英国永住者の日常の記録です。 イギリスでの仕事の事や、ビザの事、人間関係などの話です
更新頻度(1年)

42回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2018/11/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、akiraraさんの読者になりませんか?

ハンドル名
akiraraさん
ブログタイトル
英国永住者の日常
更新頻度
42回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
英国永住者の日常

akiraraさんの新着記事

1件〜30件

  • 同調圧力

    夫が大嫌いらしい私の友人なんですが、引越しするという事で先日うちに挨拶に来ました。 その友人は、特に何も悪いことをしたわけでもなく、とてもいい人で私は大好きなのですが、たぶん私が彼女を大好きなので、夫は彼女のことが嫌いなのだと思います。彼女の悪口を毎日何時間も言い続けられ、電話もできなくなり、会うこともほとんどなかったし、家には絶対に呼ぶなとしつこく言われていたので呼んでなかったのですが、引越し前にうちに会いに来てくれました。それで、夫はどういう反応をするのかなと思っていたら、大歓迎ムードで一人で空気も読まず話し続けていました。ほんとうに邪魔でした。 彼女が帰ってからも、「俺は別に彼女が嫌いだ…

  • サイキックからのお告げ

    先週は警察の捜査の手伝いもしたことがあると言う有名なサイキックの人に会ってアドバイスを聞きました。今回初対面で、申し込んだ時にも内容は何も説明していません。生年月日だけを言ったのですが、10分後には今私に起こっている問題について色々言われました。有名な方なのに、料金も日本で会ったサイキックの人たちよりも安いぐらいです。本当にどうしてわかるんでしょうか?私の父の病気についてや、祖父祖母が私を守っているそうで、彼らの言っていることも(なぜか英語で)聞こえるそうで、ほとんど正確に当てられてしまいました。というか当たっていない事が何もなかったです。 もう我慢するのはやめなさい。と何度も言われてしまいま…

  • 自己愛憤怒ラリー

    うちの主人が出張から帰って来たわけなんですが、夕ご飯食べたあと、私は疲れたと言って二階に閉じこもってしまいました。 実際前日の夜寝てないわけですから、本当に眠かったのです。 ドアの鍵を閉めて寝ていると、携帯にメッセージが何度も何度も入って、「今から話し合いをしよう」だとかなんとか言って来ていました。結局、寝ているのに、外で開けろ開けろとうるさいのでドアを開けると、やはりまた私への説教が始まりました。 「自分だけがストレスを感じてると思うのか?俺の方が大変なのに。何もしていないお前のストレスなんか俺のストレスに比べたら大したことない」 「友達にも動悸の話とかしてるみたいだけど、自分だけ被害者ぶる…

  • 恐怖のお説教

    昨日夜出張先の夫から電話がかかってきました。ちょっと「私もストレスかかるしねー。」と言った一言から長ーい説教が始まりました。 結局11時から始まり3時間、録音を聞き返すとほとんど相槌も返事もしていないのに一人で話し続けています。 離婚したいと言い出して、今日家に戻ったらその話をしようと言ってきました。 最初は穏やかに普通に話していましたが、途中からはやはり怒鳴って話しています。 もともと声が大きいから怒鳴っていないというのですが、どう聞いても怒鳴っています。疲れたので途中で電話を切りましたが、そのあとは長ーい長ーいメールが朝4時ごろまで何通かきました。今日も仕事だというのに、見境もなくメールを…

  • セクシーなチェロ奏者

    今週はうちの主人が出張でいないので色々なことをしたかったのですが、ほっとして気が緩んだのか、ボーッとして何もやる気が起きません。 仕方がないので、取り敢えず今後のために色々な書類のコピーなどをとっています。それにしても誰からも文句を言われないのはいいなあと思いますが、実は1日に何度も電話がかかってきて、その都度会議でムカついたこと、ホテルでムカついたこと、などの愚痴を暇を見つけては言ってきます。 ただ普通の声で言ってくれるならまだしも、大声で怒鳴るので、電話がかかってくるたびにうんざりします。次の仕事のことでも発狂して、パニックになって怒鳴りつけられたりと、遠くにいても怒鳴り声を聞かなければな…

  • 荒れた週末

    我が家は今日も荒れています。土曜日や日曜日は嫌ですね。一緒に行動しようと言い出しますから。夫が出張に持って行く資料が郵送で来たのですが、その時は留守にしており、署名がないと受け取れないレジスター・メールというので送られて来たため、ちょっと離れた郵便配達センターみたいなところに取りに行けなければならなかったのです。今日は土曜日だったので2時までしか開いていないので、12時ごろに「早く行った方がいいよ」と言ったら、夫は案の定「一緒に行こう」と言い出しました。 「今日は日本の食材店に買い出しに行くんだろ?それだったら今から一緒に行けばいいんじゃないか?」と何度も言って来ました。私は「まだお化粧もして…

  • サンクコスト効果

    サンクコストとは、既に投資したものの、回収不可能になった投資費用(コスト) のことだそうです。モラハラの被害者が共依存から抜け出せない理由の一つにこのサンクコスト効果ってのがあるそうです。サンクコスト・お金編 日本からの引っ越し費用 家を買うときに実家に立て替えてもらった頭金(まだ全然返せていません) その他諸々かなりのお金を使っていますし、これから帰るとなるとまた引っ越し費用がかさみます。 サンクコスト・時間編 過去20年以上あまり住みたくもないイギリスに住み 慣れない環境で子供を育て 日本の家族や友人とも離れて暮らし自分が選んだ人生とはいえ、完全アウェイ状態で20年以上もの間の義母からのモ…

  • GPシステム:総合診療医との会話

    イギリスでは体調が悪かったりすると総合診療医(ジェネラル・プラクティショナー)と呼ばれるGPに会いに行きます。 そして、大きな病院で診てもらわなければならない場合はGPから総合病院に連絡が行きそこから予約を入れてもらい、専門医に診てもらうことができます。 こういう過程を踏まえなければならないので、専門医に会うまでに何週間か、時には何ヶ月か時間がかかります。そういう点では、何も治療をしてくれないGPにいちいち会いに行くのは面倒だなと思うこともあります。 実際その総合診療医とよばれるGPに会うだけでも1〜2週間前に予約を入れないといけないわけで、大至急会いたいという時は、朝の9時以前に電話して、キ…

  • モラのいない生活

    今日は夫が独身の友達と飲みに行きました。 うちに戻ってくるとすぐに、「俺はまだまだ50代なんだよ。セックスもない、キスもない、ハグもない、そういう人生がこれから何十年も続くと思うとゾッとするよ。」と言ってきました。多分友達と飲みながらそう言う話をしてきたんでしょう。 日本人の感覚で言うと、ちょっとした挨拶みたいなキスとかハグとか毎日何回もしてるでしょって言いたくなるのですが、彼の言うハグはぎゅーっとしたハグで、キスもブチュ〜としたキスなんですよ。付き合ってる時のカップルがするような。 私はこれはしめしめと思いながら夫の愚痴を聞いていました。 こんなんだったら、夫婦とは呼べないよとかなんとか言っ…

  • ハネムーン期

    モラハラのサイクルにはハネムーン期という優しくなる時期があります。 実はうちの夫ここ最近ハネムーン期だったようで、やけに物分りが良く、快くドイツの友人のうちに送り出してくれたり、ヌークを作っても「なかなかいいね。」ぐらいの感想で、「無駄なお金を使いやがって」みたいな感想もなく平和な日々を過ごしていました。私は記憶力が弱いのか、ハネムーン期がくると、結構嫌なことを忘れて単純に機嫌が良くてよかったと思ってしまうのです。(だからこのブログに記録しているわけなんですが) 夫が言うには私がいろんなことに抵抗しなくなって、日本から戻ってからと言うもの「僕たちはうまくいっている」だそうです。私が文句を言わな…

  • Nook 憧れのヌーク

    ヌーク:Nook ってあまり聞かない言葉なんですが、インテリアに興味のある人なら本などで見かけたことがあるかもしれません。 ヌークというのは、部屋の一角にある狭い場所にベッドが置かれていて、カーテンなどで仕切られた場所のことを言います。ちょっとした隠れ家みたいな感じです。図書室の一角にある本を読むためのヌークはリーディング・ヌーク、ベッドが入れてあるヌークはベッド・ヌークと呼びます。Nook 私はずいぶん昔から、狭い場所が好きで、子供の頃は押入れに寝たいな〜といつも思っていました。 うちの隣に住んでいた超イケメン兄弟が、押入れに寝ていると聞いたときはものすごく羨ましかったです。 うちの押入れに…

  • 旧友に会いに初ドイツ

    昔の友達に会いにドイツに行って来ました。 なんと飛行機代が往復47ポンド。今日の為替で6700円です。安いです。 このKちゃんと最後にあったのは25年ほど前なので、誘ってくれたのはものすごく嬉しかったのですが、いきなりのお泊まりは心配でした。 私は夜型人間なので、毎日6時ぐらいに起こされたらどうしようだとか、厳しい人になってたら色々きついだろうなとか考えて、何泊でもいいよといわれたのですが3泊だけすることに決めました。 結果は3泊では足りなかったです。楽しくて楽しくてずーっとおしゃべりしていました。 観光もしましたが、やっぱりメインはKちゃんと色々おしゃべりする事でした。 Kちゃんの本質は全然…

  • コスチューム・ドラマ

    イギリスでは昔のお屋敷、豪華な衣装を着た人たちの出てくる映画やドラマをコスチュームドラマと呼びます。 そして私はコスチュームドラマが大好きです。 何度か、中世やビクトリアン調の衣装を仕事で扱ったことがありますが、ちょっと年代が違うだけで襟の大きさや形が違ったり、靴の形が違ったり、髪の毛の大きさが変わったりと、そういうことにとても興味があり、ものすごく楽しかったです。 女性が体の形を整えるための下着やコルセットも時代によって形が違うのも興味深いです。 バッスルやペチコートの形や大きさも時代によって違います。ビクトリア&アルバートミュージアムに行くとペチコートが置いてあり、実際につけて見ることもで…

  • 秘密の受験

    実は先日とある試験を受けました。夫にはずっと内緒にしていて、結局言いませんでした。理由1:そんな試験受けても意味がないと勉強中に邪魔されるから。 理由2:試験代がもったいないと怒られるから。 理由3:落ちたらもっともっと激しくお金がもったいなかったと言われるから。家を出るときは、息子と待ち合わせしているからと言って、試験のことは言わず出ていきました。 試験の後は息子と待ち合わせしてご飯を食べにいきました。 息子は試験受けることを知っていたのですが、内緒にしていてくれました。この試験に向けて、結構一生懸命勉強したので、おそらく大丈夫だろうと思っていましたが、無事合格しました。本当にうれしかったで…

  • 日常のくだらない一コマ。

    何日か前からずっと落ち込み気味です。 この生活がいつまで続くのかなあと、辛い気持ちになっています。 記録のために書いておきますが、先日久しぶりに散歩に行こうと思い、 「今から散歩に行くけど、1時間ぐらい出てくる。家にいる?でかけるならば鍵持って行くから」と言ったら、 「俺は友達に会いに行くから鍵は持っててね。」と言われて、家の鍵を持って出ました。 10分ぐらい歩いたところで夫から電話がなんどもかかって来たので、3度目ぐらいに電話に出てみると 「今どこ?家の中に車と家の鍵忘れてどこにも行けなくて家の前に立ってるんだけど、今すぐ帰って来て」 とパニクって怒鳴られたので、めんどくさいな〜と思いながら…

  • ピア二ストに憧れて

    前日に続き、ピア二ストの話ですが、上手にピアノを弾いている人をみると、あんな風に弾けるっていいなあ〜。私も弾けたらよかったのに。 と思うのは私だけではないはずです。 幼少の時ちょっとだけピアノを習いましたが、一言でいえば苦痛でした。母からは練習しろと怒られ、ピアノ教室に行くのもめんどくさく。 だから、あんなに上手に弾けるなんて、どれだけ練習したんだろう?と思って、ただただ尊敬してしまうわけです。で、ピアノが弾ければいいなあーを実現してしまったおじさんがテレビに出ていました。 漁業をやっている方で52歳の時に、突然カンパネラを弾きたいと思ったそうなのです。 それから譜面も読めないのに、ビデオを見…

  • ストリートミュージック

    はじめに断っておきますが、私は音楽についてはあまり詳しくありません。うちの夫や息子は楽器を演奏していたので、大音量で音楽をかけたりしていますが、それがずっと苦痛で苦痛で仕方がありませんでした。 ロックとか、そう言う系で、音楽の好みが全く理解できないので、それならば何も音がしない方がマシだと思っていました。で、最近ストリートバンドの4重奏っていうんですか?あれを聞いて感動したのです。パラディオって言う曲で素敵だなと思って、ユーチューブであの人たちの動画がないかなーと思って探していたのですが、その時にユーチューブのおすすめに出て来たストリートピアノ系を聞いてみて、はまってしまいました。あのピアノ実…

  • 息子の成長

    今日はちょっとしたお祝い事があり、息子と夫と3人で食事に行きました。 ちょっと会わない間に、息子もどんどん成長しているようで、なんだか優しい雰囲気になって来ています。 たとえば、夫が10メートルとか20メートルとか先をどんどん歩いて言っても、息子は後ろを向いて私が追いつくまで待ってくれているので、夫だけが先に行ってひとりになってしまいます。 ほとんどの場合、息子は私と歩調を合わせて歩いてくれます。(これって普通の事なのかもしれませんが、私にとっては普通ではないのです。) 誰かがが何かぼそっと呟いた時、若者言葉だったりしてよくわからないことがあるのですが、その時「え?なんて言った?」と1回聞き返…

  • モラ夫観察

    今日は朝からいらいらする事をずーっと言われ続けていました。 それで、ふと思ったんですが、今日言われたような事過去にもしょっちゅう言われ続けていたのに、モラハラだって気がついていなかったことが多かったのです。 でも冷静に考えてみると、やっぱりモラハラで、以前は今より酷くなかったとはいえ、ずーっとやられてたんだなと思いました。たとえば私は朝からバナナをヨーグルトに入れて食べているのですが、バナナがあと2本になっていたので、今日買って来ました。 すると、まだ残ってるのに買ってくるなんて、食べずに物を捨てることになるのに、なんで必要じゃないものを買ってくるのか?と怒鳴りだす。 (バナナだけではなく、基…

  • お正月元旦からモラハラ発動

    あけましておめでとうございます。今年はいい年になるといいんですが、どうでしょうか? さてさて、イギリスのお正月ですが、日本とは全然違ってまして、若者は大晦日の後の二日酔いの日みたいな感じで、中年にとっては普通の日の延長ぐらいの感じで、さほど特別感はありません。 スーパーなどがお休みなので、一応多めに食料は買いますが、特にお正月の食事とかもなく、日本のお正月のスペシャルさが懐かしいです。 というわけで、ほとんどの職場は二日ぐらいから仕事が始まってしまいます。 そんなふうなので、1日の午後、友達からお茶に誘われて昼間ちょろっとお茶を飲みに行ったのですが、お茶を飲みに行ってくると言うと、「正月早々俺…

  • アムステルダムでの置き去り

    まだアムステルダムなんですが、美味しいものを見つけました。ドーナツは本当に美味しかったです。名物みたいで、いろんなところに売ってあります。 そして、フーフーラーメンというラーメン屋さん、ちょっとあやしげな中華風の名前ですが、太麺でシコシコしていて、スープも美味しくて大満足でした。子供の頃から行ってみたかったアンネフランクの家も見に行き、国立美術館でベラスケスもレンブラントも見て、本当に満足しました。 特にベラスケスに関しては、ちょっとした思い入れがあったので、本当にタイミングよく特別展を見ることができてラッキーでした。今日は一日中1人でぶらぶらしていたのですが、それは夫に置き去りにされたからで…

  • アムステルダムの食事

    現在、アムステルダムに来ています。 長崎のハウステンボスみたいなもんだろうと思っていましたが、本物のアムステルダムはあの20倍ぐらい可愛くてお洒落で素敵です。 というか、やっぱり比べ物にはならないかもしれないですね。 建物も、インテリアも、景色も素敵です。人も親切っぽいし、なかなかテンション上がります。 ホテルもものすごくゴージャスで、まるで宮殿のようです。ホテルの部屋もとてつもなく可愛くてずーっと部屋にこもっていたいぐらい素敵です。 デルフト焼きも可愛いし、花のマーケットやクリスマスの飾りもいたるところにあり、本当に綺麗な街です。 ですが、食事。期待してなかったのですが、予想を上回る美味しく…

  • 人生はやり直せる ケイトリン・ジェンナー

    久しぶりに、約4ヶ月半ぶりにイギリスに戻ってきました。 戻ってきた理由はずばりビザの問題です。これ以上日本にいるといろいろと面倒なことになるので戻ってきました。海外に住んでいるとビザの問題は避けて通れません。それにしても、イギリスはやっぱり寒くて寒くて、まだ体温調節がよくできていません。 そして日が暮れるのが早く、やっぱりその点は辛いです。久々にあった夫は、1人が寂しかったようで、私の帰りをかなり喜んでいて、いつもこう言う感じならば、一緒にいてもいいんだけどね。と思いながら話していました。 だけど、この穏やかな感じもいつまで続くのかは疑問です。 というわけで、イギリスに戻ってから「アイムセレブ…

  • 日本でとあるバイトに行って思ったこと:肥満問題

    どうしてもどうしても日本で働きたくて、今週何日間かだけの短期バイトに行ってきました。 いやー楽しかったです。この、誰とでも難なく言葉が通じる安心感!こんなに大勢の日本人と言葉を交わしたのは何十年ぶりなんでしょうか。 アジア人一人ぼっち状態じゃない職場!楽しかったです。 短期だったにもかかわらず、仲良くなれた方も何人かいて、きっと今後も連絡取り合ったりすると思います。 しかし、大勢の日本人がいる場所で思ったことなんですが、予想以上にみんな細い!ということなんですよ。 イギリスにいるときは結構「スリムね」だとか、「ちょうどいい」だとかいわれてたので、自分が平均体重よりも重いことは重々自覚していまし…

  • 織田信成さんの記者会見@モラハラ問題

    先ほどテレビをつけると織田さんの顔が超アップで映っていました。涙をこらえて記者会見をする姿が痛々しくて、つい見入ってしまったのですが、モラハラで体調を崩していたとのこと。 それで、どっかの記者が、「正直それぐらいでって思ってしまうんですが」と発言していて、でた、2時被害!と思いました。 そう言うことを言う人がいるから、被害を言い出せないんですよ。私も夫のことを何度説明しても「男ってそう言うもんだから」「どこの男だって同じようなものよ」とかまるで大したことないのに私が大げさに言っているように言われたものでした。まあこれは現在進行形でもあるんですが。 で、気づいたのですが、そう言うことを言う人って…

  • コンビニ熱とミスタードーナツ愛

    まだまだ日本滞在中です。 日本に戻りはや4ヶ月経とうとしていますが、私のコンビニ熱はまだまだ続いています。 あまりにも毎日近所のコンビニへいくので、最近では店員さんとも仲良くなって来ています。コンビニスイーツへの熱は落ち着いて来ていて、見たら買わずにはいられないと言う時期を過ぎました。 そして今はおでん熱へと移行しています。 コンビニおでんがなくなるかもしれないとニュースで見ましたが、辞めないでほしいです。 コンビニのおでんが不衛生だとか言われていますが、やっぱり大根とこんにゃくを見るとどうしても食べたくなってしまいます。実はイギリスにいる時、コンビニがときどき夢に出て来ていました。 夢の中の…

  • 自己愛憤怒

    ここ何日間かものすごい数のメッセージを受け取っています。 その数は1日に90とか70とか尋常ではない数です。 そしてその一つ一つがかなり長くて、暴言だらけです。 いったいいつ仕事しているんだろうと、不思議です。心配するという気持ちももうあまりなくなって来ています。 もう動悸がして読む気も起きなくて何日か放置していましたが、先ほどようやくざっと目を通してみました。 いったい何が書かれているんだろうと思いましたが、普段口で言ってる暴言が書かれているだけですね。 目新しいのは お前の経済的な貢献は2%ぐらいで、俺の稼ぎが98%ぐらいだ。だから家を売ったら半分もらえるなんて思うなよ。 今週の週末お前の…

  • ユーチューブのタロットリーディング

    昨日は台風が近づく中、航空券の変更をしました。 結局また2ヶ月伸ばしたのですが、寒くなってくると洋服が全然ありません。 でもイギリスから送ることを考えると、ユニクロとかで買ったほうが安いのかなぁとも思います。 うちの夫からはガンガン電話があり、いったいいつ帰ってくるんだというメッセージが山ほど残っています。 機嫌のいい時は「早く会いたい」で、機嫌が悪い時は「ずっと日本に居ろ。帰ってくるな。」の攻撃ですが、どっちのメールを受け取っても動悸がして胃が痛くなるので、なかなか開くことができません。 今後どうしていいのか本当にくよくよ悩んでいます。 今までは今後のことを考える余裕もなかったので、少し前進…

  • 欲しいのは「疲れない家族」〜日本女性はかわいそうと英国人がいう理由

    日本女性はかわいそうと英国人がいう理由 という記事を朝から読みました。 元々は欲しいのは「疲れない家族」というまんがに描いてある日英カップルの家事分担についての話を記事にしたものですが、なんだかこの記事を読んで、朝からイライラしてしまいました。 というのは、少ないサンプル数で申し訳ないのですが、こんな家族私の知ってる日英カップルにはいないよ。と思ったからです。 シッターさんやクリーナーさんをうまく活用して、家事を分担して、男女平等!みたいなカップル。どこに生息しているんだろう? なんで男女平等といいながら奥さん仕事してないんだろう? 旦那さんの転勤に付き添って、奥さんが仕事できない状態なのは男…

  • Think Positive 前向きに考える

    今晩はとても涼しかったので、ちょっとだけ長めのお散歩に行きました。 ちょうど3000歩ぐらいの場所に大きめの本屋があるので、そこまで散歩に行きました。 そこでいろいろ本を見て回ったのですが、小さくThink Positiveとだけ書かれた可愛いピンクの本が目について、その本を買って帰って来ました。香水や猫やマカロンや女性が好きそうな可愛い表紙に惹かれたのですが、白紙部分が多い自己啓発本みたいなもので、通常は私が手に取らない感じの本です。 うちに帰って来て、パラパラとめくっていたのですが、その中に「基本的な権利を主張する」という項目がありました。 人には基本的な権利というものがあり、それを侵害さ…

カテゴリー一覧
商用