searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

たむたむさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
たむたむの配当金生活への道
ブログURL
https://www.tamtam-dividend.xyz/
ブログ紹介文
草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。
更新頻度(1年)

267回 / 365日(平均5.1回/週)

ブログ村参加:2018/11/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、たむたむさんの読者になりませんか?

ハンドル名
たむたむさん
ブログタイトル
たむたむの配当金生活への道
更新頻度
267回 / 365日(平均5.1回/週)
読者になる
たむたむの配当金生活への道

たむたむさんの新着記事

1件〜30件

  • 現在の投資スタンス

    私がブログを始めた3年半前はインカムゲイン重視の高配当株投資がポートフォリオの100%を占めていました。それが3月のコロナショックを経て大きく変わってきていますので、私の頭の整理のために、現在の投資スタンスをまとめてみました。 現在のアセットアロケーション 9月25日現在のアセットアロケーションは次のようになっています。 これまでポートフォリオの中心だった高配当株は、REITを含めて現在ではポートフォリオの51.5%にまでシェアが低下しています。 一方、日本株でも米国株でも配当がほとんど期待できない成長株を取り入れています。 // コロナショック前までの考え方 コロナショック前までは高配当株投…

  • 今週のパフォーマンスとポートフォリオの状況(2020年9月25日)

    ポートフォリオ評価額とアセットアロケーション ポートフォリオ評価額 運用資産 89,706,777円 対先週末 +269,398円 うち入出金 ±0円 対前年末 ▲9,512,580円 うち入出金 +3,000,000円 実質増減 ▲12,512,580円 アセットアロケーション 【日本株株PF】 高配当株 20,602,850円 22.7% J-REIT 15,137,750円 16.6% 成長株 21,226,800円 23.3% 【米国株PF】 高配当 11,0,097,393円 14.0% ディフェンシブ 6,579,355円 7.2% 成長株 12,774,079円 14.0% 現金…

  • 四季報2020年秋号ピックアップ銘柄

    四季報2020年秋号からグロース株を中心に監視銘柄を44銘柄ピックアップしました。月足チャートが右肩上がりであること、売上高が成長していること、直近の日足チャートが崩れていないなどを条件に、感覚的に選んでいます。 実際に売買するのはこの中の一部になると思いますが、話題になっている銘柄も数多く含まれていますので、継続的にウォッチしていきたいと思います。 1.現在保有銘柄(6銘柄) 2127 日本M&Aセンター 2413 エムスリー 3064 MonotaRO 3697 SHIFT 6095 メドピア 7518 ネットワンシステムズ // 2.前号からの継続監視銘柄(19銘柄) 1407 ウエスト…

  • 今週のパフォーマンスとポートフォリオの状況(2020年9月18日)

    ポートフォリオ評価額とアセットアロケーション ポートフォリオ評価額 運用資産 89,437,379円 対先週末 +1,727,057円 うち入出金 ±0円 対前年末 ▲9,781,978円 うち入出金 +3,000,000円 実質増減 ▲12,781,978円 アセットアロケーション 【日本株株PF】 高配当株 22,554,150円 25.2% J-REIT 14,895,800円 16.7% 成長株 19,802,000円 22.1% 【米国株PF】 高配当 11,077,396円 13.9% ディフェンシブ 6,576,168円 7.4% 成長株 12,467,750円 13.9% 現金…

  • 【決算速報】エスコンジャパンリート投資法人(2971)2020年7月期決算

    エスコンジャパンリート投資法人(2971)の2020年7月期決算が本日(9/15)発表されました。 運用状況 当期の営業収益は前期比+23.2%、当期純利益は前期比+9.9%と増収増益でした。ただし、今年の2月に増資しているため、1口当たり当期純利益は減少しています。 出典:当法人決算短信 分配状況 1口当たり分配金は3,430円で、前期比▲298円でした。前期決算で発表された予想では3,279円でしたので、予想を上回る着地となりました。 出典:当法人決算短信 // 運用状況の予想 2021年1月期の営業収益は当期比+0.6%、当期純利益は当期比+1.7%と僅かに増収増益を見込んでおり、1口当…

  • 【本の紹介】ひろちさや『「孤独」のすすめ』

    // リンク 「孤独」という言葉にはネガティブなイメージがあります。 そして「孤独」から逃れるために、SNSなどで繋がろうして、それが逆にストレスになっているという話を聞いたことがあります。 その一方で、世間の煩わしさから逃れたくて、「孤独」になりたいと思うことがあります。 都合の良い話ではありますが、自分が望む時に人と繋がることができて、自分が望むときに一人になれるというのが理想なのかもしれません。 この本の「はじめに」で著者は、 「孤独」から逃れるためには、あなたは世間に迎合せねばなりません と言っています。 // 特に同調圧力の強い日本社会においては、世間に迎合せず、独自の道を歩もうとす…

  • 今週のパフォーマンスとポートフォリオの状況(2020年9月11日)

    ポートフォリオ評価額とアセットアロケーション ポートフォリオ評価額 運用資産 87,710,322円 対先週末 ▲1,828,761円 うち入出金 ±0円 対前年末 ▲11,509,035円 うち入出金 +3,000,000円 実質増減 ▲14,509,035円 アセットアロケーション 【日本株株PF】 高配当株 22,589,400円 24.2% J-REIT 14,593,750円 15.6% 成長株 24,406,000円 26.1% 【米国株PF】 高配当 11,754,202円 12.6% ディフェンシブ 6,660,329円 7.1% 成長株 12,805,835円 13.7% 現…

  • 【決算速報】神戸物産(3038)2020年10月期第3四半期決算

    神戸物産(3038)の2020年10月期第3四半期決算が9月10日に発表されました。 損益の概要 第3四半期累計の売上高は前期比+17.7%、親会社株主に帰属する当期純利益は前期比+25.4%と大幅な増収増益となりました。 出典:当社決算短信 第3四半期の業績は、売上高が前年同期比+9.8%、四半期純利益が前年同期比+26.7%でした。当四半期は売上高の伸びが鈍化していることがわかります。 出典:株探 業績予想に対する進捗率は、売上高が83.2%、親会社株主に帰属する当期純利益が87.6%とかなり高い水準ですので、本決算は予想を大きく上回って着地することが期待できそうです。 出典:当社決算説明…

  • ソフトバンクグループの決算書のわかりにくさ

    最近私が注力しているソフトバンクグループは、投資会社であり直接またはSBVFなどを通じて数多くの会社に投資しています。当社の財務戦略は非常に複雑で、かつ開示されている資料のボリュームが多いので、全貌を理解することはなかなか難しいのですが、投資会社でありながら普通の会計基準を適用することでかえって実態が分かりにくくなっているのではないかと感じています。 当社の決算説明会では、投資成果として株主価値の増大を重視して説明している一方で、会計上の利益についてはあまり重視していないような発言が見られます。確かに投資会社である以上、投資対象の株式を時価評価した上で、株主価値がどれだけ増減したかが成果として…

  • 私の米国株投資に対するスタンス

    投資方針の変化 私は、日本株、米国株に限らず、このブログを始めた3年半くらい前からはもっぱら高配当株投資をしてきて、資産の時価評価額以上に配当収入の増加を目指してきました。 ところが、3月のコロナショックで株価が暴落した後、高配当株の株価の回復の遅さにうんざりしたことや、本業がコロナの影響をモロに受けて、給与収入が大幅に減ることになったため、当面証券口座に追加的な入金をすることができなくなったことを受けて、インカムゲイン重視からよりキャピタルゲイン重視へと少しずつシフトしてきました。 米国株については、市場全体が長期で見れば右肩上がりですし、低コストで良質なETFがたくさんあります。一方、個別…

  • 今週のパフォーマンスとポートフォリオの状況(2020年9月4日)

    ポートフォリオ評価額とアセットアロケーション ポートフォリオ評価額 運用資産 89,539,083円 対先週末 +515,737円 うち入出金 ±0円 対前年末 ▲9,680,274円 うち入出金 +3,000,000円 実質増減 ▲12,680,274円 アセットアロケーション 【日本株株PF】 高配当株 22,828,800円 25.5% J-REIT 14,815,700円 16.5% 成長株 19,837,200円 22.2% 【米国株PF】 高配当 11,376,604円 12.7% ディフェンシブ 5,897,701円 6.6% 成長株 12,615,705円 14.1% 現金 2…

  • 【決算速報】アイル(3854)2020年7月期決算

    アイル(3854)の2020年7月期決算が本日(9/7)発表されました。私は保有していませんし、これまで監視銘柄としてリストアップしていた訳でもありませんが、少し気になったのでまとめてみました。 決算の概要 当期の売上高は前期比+20.5%、親会社株主に帰属する当期純利益は前期比+91.5%と大幅な増収増益でした。業績予想では売上高12,342百万円、親会社株主に帰属する当期純利益1,008百万円でしたので、売上、利益とも業績予想を上回って着地しました。 出典:当社決算短信 当社は中小企業向けの基幹業務システムや受発注時ステム、ネットとリアル店舗の一元管理システム等を手掛けていますので、DXや…

  • 日本リテールファンドとMCUBS MidCityの合併について思うこと

    8月28日は、14時過ぎに安倍総理の辞任が報じられ、マーケットは一時混乱しました。多くの人々の注目が17時からの安倍総理の会見に集まる中、日本リテールファンド(JRF)とMCUBS MidCity(MMI)の合併が発表されました。 JRFとMMIはいずれも三菱商事・ユービーエス・リアルティが運用するREITですが、JRFは商業施設、MMIはオフィスを主な投資対象としていましたので、全く異なる性格のREITが合併することになります。 規模の大きいJRFが存続法人となりますが、JRFの投資口を1:2に分割した上で、分割後の合併比率を1:1とすることが発表されました。 // プレスリリースでは、合併…

  • グローバルX社の成長テーマETFについて調べてみました

    米国株はその成長性が魅力の一つです。さらに、多様なETFがあるため、個別株の分析が難しい場合でも、市場やテーマに応じたETFを見付けることが比較的簡単です。 最近Twitter界隈ではARK社のアクティブファンドが話題になっていますが、残念ながら日本の証券会社で買うことができません(一部の証券会社ではARK社と提携した日興AMの商品を買うことはできますが、手数料は高いです)。 そこで、日本で購入できる商品で面白そうなETFを運用しているのがグローバルX社です。クラウド・コンピューティングに特化したCLOUやゲームやEスポーツに特化したHEROなどは日本でも比較的知られているではないでしょうか。…

  • 今週のパフォーマンスとポートフォリオの状況(2020年8月28日)

    ポートフォリオ評価額とアセットアロケーション ポートフォリオ評価額 運用資産 89,023,346円 対先週末 +465,806円 うち入出金 ±0円 対前年末 ▲10,196,011円 うち入出金 +3,000,000円 実質増減 ▲13,196,011円 アセットアロケーション 【高配当株PF】 日本株 21,888,650円 24.6% J-REIT 16,022,350円 18.0% 米国株 22,826,150円 25.6% 【成長株PF】 日本株 17,438,200円 19.6% 米国株 9,834,989円 11.0% 現金 1,013,007円 1.1% 合計 89,023,…

  • 【銘柄紹介】SHIFT(3697)

    私の成長株PFで保有している株式会社SHIFTについて、簡単に紹介します。 当社の概要 当社は2005年9月に設立され、現在はソフトウェアの品質保証やテスト業務を主たる事業としています。2014年11月にマザーズに上場し、2019年10月に東証一部に昇格しています。創業者で社長の丹下大氏はまだ四十代の若手経営者です。 ゲームソフトをはじめとするエンターテイメント分野でのデバック業務はポールトゥウィンやデジタルハーツなど先行する企業がありますが、当社はまだ競合の少ないエンタープライズ分野での圧倒的なポジションを占めている点に強みがあります。しかも、単にソフトウェアのテスト業務を請け負うだけでなく…

  • インヴィンシブル投資法人(8963)の2020年6月期決算速報

    インヴィンシブル投資法人(8963)の2020年6月期決算が本日(8/25)発表されました。当法人は以前REITの仕組みの根幹を揺るがすようなリリースを出したために、怒りに震えながら叩き売りましたが、その後も動向は気にしていました。 www.tamtam-dividend.xyz 緊急事態宣言が解除され、一時はホテルの業績が上向くかと思われましたが、その後7月に入って東京をはじめ、全国で感染者集が増えたことで、厳しい状況が続いているようです。 損益の概要 営業収益は前期比▲49.4%、当期純利益が前期比▲96.4%と大幅な減収減益となりました。酷い数字ではありますが、5月11日のリリースで発表…

  • 今週のパフォーマンスとポートフォリオの状況(2020年8月21日)

    ポートフォリオ評価額とアセットアロケーション ポートフォリオ評価額 運用資産 88,557,540円 対先週末 +518,518円 うち入出金 ±0円 対前年末 ▲10,661,817円 うち入出金 +3,000,000円 実質増減 ▲13,661,817円 アセットアロケーション 【高配当株PF】 日本株 23,260,350円 26.3% J-REIT 16,010,300円 18.1% 米国株 23,432,570円 26.5% 【成長株PF】 日本株 15,198,6000円 17.2% 米国株 8,378,218円 9.5% 現金 2,277,502円 2.6% 合計 88,557,…

  • 最近話題にすることの減った高配当株投資について

    Twitterをやっていると、話のネタとしてどうしても短期的な値動きに言及することが多くなってしまいますが、一部を成長株に振り向けたとはいえ、私のPFの約7割は高配当株投資です。 私の高配当株投資のスタンスは、予定された配当が継続して支払われる限り株価がどうなるかにはあまり興味はなく、たまたま株価が上がって配当利回りが下がれば、他の銘柄との入れ替えを検討するというものです。 高配当株投資に対する批判としてよくあるのは、 ①いくら配当をもらってもそれ以上に株価が下がれば意味がない ②そもそも高配当銘柄の多くは衰退産業に属していて将来性がない ③配当金は源泉税が引かれるので、投資効率が悪い といっ…

  • 今週のパフォーマンスとポートフォリオの状況(2020年8月14日)

    ポートフォリオ評価額とアセットアロケーション ポートフォリオ評価額 運用資産 88,039,022円 対先週末 +1,659,572円 うち入出金 ±0円 対前年末 ▲11,180,335円 うち入出金 +3,000,000円 実質増減 ▲14,180,335円 アセットアロケーション 【高配当株PF】 日本株 24,372,600円 27.7% J-REIT 15,533,450円 17.6% 米国株 23,972,609円 24.5% 【成長株PF】 日本株 11,272,000円 12.8% 米国株 8,173,696円 9.3% 現金 4,714,667円 5.4% 合計 88,039…

  • 保有米国個別株の2020年2Q決算の概要

    決算発表からすでに時間が経過しているため、既に株価には反映されているはずですので、今更ではありますが、頭の整理のために私が現在保有している米国個別株の2020年2Q決算の概要をまとめました。 エイリスキャピタル(発表日8月4日) 調整後EPS 0.39ドル(前期0.49ドル、▲20.4%)>コンセンサス0.38ドル GAAP ESP 0.65ドル(前期0.47ドル、+38.3%) 出典:当社リリース資料 1Qはポートフォリオの評価損が大きく、GAAPベースでは大幅な赤字を計上しましたが、2Qは市場が落ち着いたことで評価益が発生し、黒字化しました。 調整後EPSは前期比大きく減少しましたが、コン…

  • 今週のパフォーマンスとポートフォリオの状況(2020年8月7日)

    ポートフォリオ評価額とアセットアロケーション ポートフォリオ評価額 運用資産 86,379,450円 対先週末 +3,184,938円 うち入出金 ±0円 対前年末 ▲12,839,907円 うち入出金 +3,000,000円 実質増減 ▲15,839,907円 アセットアロケーション 【高配当株PF】 日本株 23,360,800円 27.0% J-REIT 14,848,850円 17.2% 米国株 21,139,725円 24.5% 【成長株PF】 日本株 7,526,800円 8.7% 米国株 7,250,252円 8.4% 現金 12,253,023円 14.2% 合計 86,379…

  • 本日の取引と成長株PF(日本株)の現状

    6月30日から始めた日本株の成長株投資ですが、はじめは少額で分散して始めましたが、徐々に銘柄を絞り込み、入れ替えながら投資額を増やしていきました。 これまで株は安くなったら買うという感覚が染みついていたので、高値を更新している株を買い増していくということに心理的な抵抗があったのですが、順張りで買っていくと常に含み益の状態ですから、それはそれで気分はいいものです。 本日は先週金曜日の暴落の反動で、多くの銘柄が爆上げしましたが、その中で次の銘柄は売却しました。 3150 グリムス 3678 メディアドゥ 8771 イーギャランティ グリムスは7月31日に発表された決算で売上高が前期比+19.0%、…

  • 今週のパフォーマンスとポートフォリオの状況(2020年7月31日)

    ポートフォリオ評価額とアセットアロケーション ポートフォリオ評価額 運用資産 83,194,512円 対先週末 ▲1,968,215円 うち入出金 ±0円 対前年末 ▲16,024,845円 うち入出金 +3,000,000円 実質増減 ▲19,024,845円 アセットアロケーション 【高配当株PF】 日本株 23,691,050円 28.5% J-REIT 14,413,250円 17.3% 米国株 22,957,957円 27.6% 【成長株PF】 日本株 13,570,200円 16.3% 米国株 8,307,080円 10.0% 現金 254,975円 0.3% 合計 83,194,…

  • JT(2914)の2020年12月期第2四半期決算速報

    JT(2914)の2020年12月期第2四半期決算が本日(7/31)に発表されました。 損益の概要 セグメント別業績 国内たばこ事業 海外たばこ事業 業績予想と配当の状況 株価の状況 むすび 損益の概要 第2四半期累計の売上収益は前期比▲2.7%、親会社の所有者に帰属する四半期利益は前期比▲23.8%と、減収減益となりました。 出典:当社決算短信 一方、当社が開示している為替一定ベースの調整後営業利益は前期比+7.5%と増益となっています。ここから、為替変動の影響は特殊項目を除けば実質的には増益と言えそうです。 出典:当社決算短信 // セグメント別業績 国内たばこ事業 国内たばこ事業の売上収…

  • 三井住友FG(8316)の2021年3月期第1四半期決算速報

    三井住友FG(8316)の2021年3月期第1四半期決算が7月29日に発表されました。 損益の概要 通期業績予想及び配当予想 株価の状況 むすび 損益の概要 2021年3月期第1四半期は、経常収益が前期比▲16.2%、親会社株主に帰属する四半期純利益が前期比▲60.1%で、減収減益となりました。 出典:当社決算短信 損益の状況を別の切り口から見てみると、連結業務純益は前期比▲2.9%と微減だったのに対して、与信関係費用や株式等損益等の悪化で経常利益は前期比▲54.8%と大幅な減益となりました。 出典:当社開示資料「2020年度1Q実績」 このうち与信関係費用の内訳は次のようになっています。年間…

  • キヤノン(7751)の2020年12月期第2四半期決算速報

    キヤノン(7751)の2020年12月期第2四半期決算が7月28日に発表されました。 損益の概要 セグメント別状況 通期業績予想 配当金の状況 株価の状況 むすび 損益の概要 2020年12月期第2四半期累計は、売上高が前期比▲17.8%、当社株主に帰属する四半期純利益は前期比▲80.1%と大幅な減収減益となりました。 出典:当社決算短信 この数字はあくまで第2四半期累計で、第2四半期単独での数字は営業利益以下が赤字でした。 出典:株探 今まで四半期での赤字はありませんでしたので、これは相当深刻な状況と言えるでしょう。 // セグメント別状況 セグメント別の業績を見ると、メディカルシステム事業…

  • 投資方針を少し変更しました

    この4連休で頭を整理して、当面の投資方針を少し修正しました。その骨子は次の通りです。 ・PF全体に占める成長株の割合を当面は25%なで引き上げ、最終的には30%まで高める。 ・インフラファンドは全て売却する ・成長株のうち日本株について、銘柄数を減らして、1銘柄当たりの投資額を増やす(1銘柄100万円程度) この方針を踏まえて本日取引をした結果、私の日本株PFは次のようになりました。 【高配当株PF】 2914 日本たばこ産業 3,900株 (▲300株) 2971 エスコンジャパンリート 15口 3290 Oneリート 8口 3453 ケネディクス商業リート 11口 3476 投資法人みらい…

  • 今週のパフォーマンスとポートフォリオの状況(2020年7月24日)

    ポートフォリオ評価額とアセットアロケーション ポートフォリオ評価額 運用資産 85,162,727円 対先週末 ▲1,190,186円 うち入出金 ±0円 対前年末 ▲14,056,630円 うち入出金 +3,000,000円 実質増減 ▲17,056,630円 アセットアロケーション 【高配当株PF】 日本株 28,129,600円 33.0% J-REIT・インフラF 17,956,250円 21.1% 米国株 23,067,573円 27.1% 【成長株PF】 日本株 7,797,700円 9.2% 米国株 7,908,526円 9.3% 現金 303,078円 0.4% 合計 85,1…

  • IBMの2020年度第2四半期決算速報

    IBMの2020年度第2四半期決算が7月20日に発表されました。 決算の概要 非GAAPベースEPSが2.18ドルと、コンセンサスを上回り、まずまずの結果と言えるでしょう。とは言え、前年同期比では▲31%なので、手放しに喜べる数字ではありません。なお、Yahoo! financeによれば予想EPSのコンセンサスは2.07ドルでした。 出典:Yahoo! finance 売上高は181億ドルで▲5.4%(為替等の影響除けば▲1.9%、以下同じ)、うちクラウド&コグニティブソフトウェア部が+3%(+5%)、特にクラウド部門が+30%(+34%)と大きく売上を伸ばしました。なお、このうちRed Ha…

カテゴリー一覧
商用