chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
熊を恐れるチキンハートな投資ノート https://afraid-of-bears.blogspot.com/

日本株と米国株の投資ノートです。ベアを恐れてブルに乗れない日々(こんなチキンハートはわたしだけ?)

chickenheart
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2018/09/17

1件〜100件

  • 今週のマーケット(2022.09.19-2022.09.23):△AAPL(-0.18%) - ●BA(-9.03%)

    各国中銀の利上げ合戦に為替が反応,緩和継続の日本も為替介入に踏み切る。原油と株式は大幅安です。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • ゼネラル・ミルズ(GIS)のQ1.2023決算発表:上方修正を好感して逆行高

    Sep.21 ゼネラル・ミルズがQ1.2023の決算を発表しました。売上,利益ともに通期ガイダンスを上方修正。FOMCに揺れたマーケットでS&P500トップパフォーマンスの逆行高。[ゼネラル・ミルズ(GIS):Q1.2023決算発表/過去1年の決算と株価の反応/業績と株主還元データ]

  • 今週のマーケット(2022.09.12-2022.09.16):○JNJ(+1.14%) - ●BA(-8.40%)

    強い米国経済指標を見てNYは先週の上昇分を帳消しする激しい大幅安。一方で通期ガイダンスを白紙に戻す企業が出るなど景気悪化材料が出てきた一週間。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週のの予定]

  • 今週のマーケット(2022.09.05-2022.09.09):○CRM(+5.90%) - ●MMM(-2.01%)

    米国債利回り上昇続け円安すすむ。OPEC+は小幅減産も原油は続落。株式はグローバルに反発と評価が難しい一週間でした。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 今週のマーケット(2022.08.29-2022.09.02):○WMT(+1.06%) - ●DOW(-9.46%)

    24年ぶりの円安($1=140円台)。NYはハイテク,製造業中心に大幅続落。日経も年足を割り込む。OPEC+が減産を匂わせたのに原油が不気味な下落。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 今週のマーケット(2022.08.22-2022.08.26):○CVX(+3.63%) - ●MMM(-11.06%)

    NYが週末に大きく崩れる。下落要因はJHESでのパウエルFRB議長タカ派発言とされていますが疑った方がいい展開。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 今週のマーケット(2022.08.15-2022.08.19):○CSCO(+4.48%) - ●WBA(-5.84%)

    ドル高に従順に動いた一週間。日経29000回復もドル建ては下落。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • バフェットさんの最新ポートフォリオ(Q2.2022):ほとんど動きなし

    バークシャー・ハサウェイの最新ポートフォリオ(Q2.2022)が発表されました。ほとんど目立った動きはありませんでした。[バークシャー・ハサウェイ(BRK):Q2.2022売買記録/コカコーラ(KO)とアメックス(AXP)は不動]

  • 今週のマーケット(2022.08.08-2022.08.12):○DIS(+14.01%) - ●JNJ(-3.40%)

    リスクオンで株式続伸。日経も週末大幅高。原油も上昇。半導体だけ元気なしの一週間。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 資生堂(4911)のQ2.2022-12決算発表:通期大幅下方修正

    Aug.10 資生堂がQ2.2022-12の決算を発表しました。国内と中国で苦戦,通期利益予測を大幅に下方修正しました。[資生堂(4911):Q2.2022-12決算発表/業績と株主還元データ:売上と営業利益,キャッシュフローと株主性向,配当実績]

  • 今週のマーケット(2022.08.01-2022.08.05):○PG(+4.18%) - ●CAT(-6.49%)

    ハイテク中心にNasdaqが続伸。週末発表の雇用統計が予想を上回る高水準維持で米債逆イールドが拡大する一方で在庫増の原油が急落。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 花王(4452)のQ2.2022-12決算発表:原材料高に勝てず減益

    Aug.03 花王がQ2.2022-12の決算を発表しました。増収も過去にない原材料高に見舞われ4四半期連続の減益。通期利益予測も下方修正。[花王(4452):Q2.2022-12決算発表/業績と株主還元データ:売上と営業利益,キャッシュフローと株主性向,配当実績]

  • 今週のマーケット(2022.07.25-2022.07.29):○CVX(+13.59%) - ●INTC(-7.37%)

    FOMC,GAFAM決算発表のあったNYは続伸、円高に振れた日経は28000にタッチしては圧し返される展開。週末日本の電力企業に悪決算が続出。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 電力株に激震:赤字&無配転落が続出

    Jul.29に集中した電力各社のQ1決算発表で衝撃の悪決算が続出しました。燃料高に圧され減益はおろか半数以上が赤字に転落、東北電力(9506)と沖縄電力(9511)は年間無配を発表しました。[電力各社のQ1.2022決算発表 電力株に激震 株価回復と復配の可能性]

  • プロクター・アンド・ギャンブル(PG)のQ4.2022決算発表:異常な売られっぷり

    Jul.29 P&GがQ4.2022の決算を発表しました。多少先行き弱含みのガイダンスもここまで売られるかというマーケットの反応でした。[プロクター・アンド・ギャンブル(PG):Q4.2022決算発表/過去1年の決算と株価の反応/業績と株主還元データ]

  • 3M(MMM)のQ2.2022決算発表:ヘルスケア部門のスピンオフを好感?

    Jul.26 3MがQ2.2022の決算を発表しました。減収減益,通期下方修正の冴えない決算も"ヘルスケア部門のスピンオフ計画"を好感して株価は急騰[3M(MMM):Q2.2022決算発表/過去1年の決算と株価の反応/業績と株主還元データ]

  • キンバリー・クラーク(KMB)のQ2.2022決算発表:Q2単独は増収増益を確保

    Jul.26 キンバリー・クラークがQ2.2022の決算を発表しました。Q2単独は増収増益を確保。Q1に続き通勤本源売上予測を上方修正しました。[キンバリー・クラーク(KMB):Q2.2022決算発表/過去1年の決算と株価の反応/業績と株主還元データ]

  • コカコーラ(KO)のQ2.2022決算発表:通期売上予測を強気の上方修正

    Jul.26 コカコーラがQ2.2022の決算を発表しました。Q2営業利益減も売上はボリューム含めて成長。Q1時点で控えた通期売上予測を大幅に引き上げました。[コカコーラ(KO):Q2.2022決算発表/過去1年の決算と株価の反応/業績と株主還元データ]

  • ユニリーバ(UL)のQ2.2022決算発表:値上げ効果の売上増と上方修正

    Jul.26 ユニリーバがQ2.2022の決算を発表しました。値上げ効果の売上増と通期上方修正が好感され株価上昇。[ユニリーバ(UL):Q2.2022決算発表/過去1年の決算と株価の反応/業績と株主還元データ]

  • 今週のマーケット(2022.07.18-2022.07.22):○GS(+10.23%) - ●VZ(-12.88%)

    個別には悪材料,決算嫌気が見られるも景気敏感セクター中心に株価上昇。ECB10年ぶりの利上げに対し日銀は金融緩和継続も為替は反応しない。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)のQ2.2022決算発表:Q1に続くEPS下方修正で株価は下落

    Jul.19 ジョンソン・エンド・ジョンソンがQ2.2022の決算を発表しました。ほぼ予測どおりのQ2決算でしたが、為替影響を懸念して通期EPSを下方修正、株価は下落しました。[ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ):Q2.2022決算発表/過去1年の決算と株価の反応/業績と株主還元データ]

  • 今週のマーケット(2022.07.11-2022.07.15):○BA(+6.23%) - ●TRV(-7.59%)

    原油が急落。株価はアメリカのCPIを引き金に大きく動くも週ベースでは下ヒゲの小幅下落に落ち着く。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • ペプシコ(PEP)のQ2.2022決算発表:通期売上予測を上方修正

    Jul.12 ペプシコがQ2.2022の決算を発表しました。欧米以外が好調。Q1に続き今回も上方修正を提示しましたが株価は冴えない反応でした。 [ペプシコ(PEP):Q2.2022決算発表/過去1年の決算と株価の反応/業績と株主還元データ]

  • 今週のマーケット(2022.07.04-2022.07.08):○AAPL(+7.55%) - ●CVX(-1.39%)

    好調な雇用統計=利上げ継続濃厚もハイテク主導で株価は上昇するというちぐはぐなマーケット。参院選直前の日本は安倍元首相銃撃事件の衝撃が走る。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 今週のマーケット(2022.06.27-2022.07.01):○UNH(+4.39%) - ●NKE(-10.39%)

    上半期の最終週はそれなりの値動きするも結果は反落。上半期の大幅安は半世紀ぶりとのこと。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • ゼネラル・ミルズ(GIS)のQ4.2022決算発表:好決算&増配を発表

    Jun.29 ゼネラル・ミルズがQ4.2022の期末決算を発表しました。強気予想通りの増収増益を達成,来期ガイダンスもマーケット予測を上回る増収増益を提示して株価急騰。増配も発表。[ゼネラル・ミルズ(GIS):Q4.2022決算発表/過去1年の決算と株価の反応/業績と株主還元データ]

  • 今週のマーケット(2022.06.20-2022.06.24):○CRM(+16.31%) - ●CVX(-6.89%)

    NYは大幅反発。原油は続落。NYダウ,S&P500は来週25日線にトライの正念場。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 今週のマーケット(2022.06.13-2022.06.17):○BA(+7.72%) - ●CVX(-15.40%)

    各国政策金利の利上げが話題になった一週間。ついにスイスまで15年ぶりの利上げへ。株価大幅下落の背景にはアメリカのハード経済指標の悪化あり。そして原油が暴落。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 今週のマーケット(2022.06.06-2022.06.10):○VZ(+0.02%) - ●GS(-9.93%)

    NYは底入れ期待を裏切って大幅安。金(Gold)が上昇。日本は日銀総裁の発言に揺れましたが日経4週続伸という事実。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 今週のマーケット(2022.05.30-2022.06.03):○CRM(+13.82%) - ●UNH(3.31%)

    OPEC+増産拡大に動くも原油大幅高。NYは出来高伸びず続伸ならず。日経は月末に出来高上昇して続伸。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 今週のマーケット(2022.05.23-2022.05.27):○JPM(+11.87%) - ●MRK(-0.50%)

    NYが続落から脱出して大きく反発、ハイテク,金融,エネルギーセクターの上昇が目をひきました。日経は小幅ながら3週続伸。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 日経225採用銘柄の配当動向をチェック(2022.May):日本株は増配ラッシュ

    日経225採用銘柄の気になる配当動向をチェック ちょっとした増配ラッシュでした。[配当実績(2021-2022)/次期配当予測(2022-2023)/連続増配と減配していない銘柄/公益関連工事の建設セクター]

  • 今週のマーケット(2022.05.16-2022.05.20):○MRK(+3.47%) - ●WMT(-19.49%)

    NYは90年ぶりの8週続落。ウォルマート(WMT)ショックで生活必需品にも大量売りが回る。日経は意外にも上昇。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • バフェットさんの最新ポートフォリオ(Q1.2022):シェブロン(CVX)を大量購入

    バークシャー・ハサウェイの最新ポートフォリオ(Q1.2022)が発表されました。石油メジャーのシェブロンを大量購入、コカコーラを上回る保有比率まで買い進めました。[バークシャー・ハサウェイ(BRK):Q1.2022売買記録/シェブロン(CVX)を大量購入/ハイテクと通信コミュニケーション]

  • 今週のマーケット(2022.05.09-2022.05.13):○AMGN(+2.92%) - ●BA(-14.57%)

    NYは週明けから続落、木曜に出来高上昇が見られると翌金曜に反発して週を終える。GW明けの日本は決算発表前後に揺さぶられる銘柄が目立ちました。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • KDDI(9433)のQ4.2022-03決算発表:+8%の増配を発表

    May.13 KDDIがQ4.2022-03の決算を発表しました。過去最高益となる増収増益,そして来期+8%の増配を発表してくれました。素直に感謝です。[KDDI(9433):Q4.2022-03決算発表/業績と株主還元データ:売上と営業利益,キャッシュフローと株主性向,配当実績]

  • NTT(9432)のQ4.2022-03決算発表:安定の決算と増配を発表

    May.12(TYO) NTTがQ4.2022-03の決算を発表しました。増収増益,過去最高益で着地,来期ガイダンスも増収増益を提示,加えて増配と自社株買いを発表。[NTT(9432):Q4.2022-03決算発表/業績と株主還元データ:売上と営業利益,キャッシュフローと株主性向,配当実績]

  • 今週のマーケット(2022.05.02-2022.05.06):○CVX(+8.95%) - ●NKE(-8.19%)

    FOMCは大方の予想どおり・・・の割りに振り幅が大きかった一週間。欧州も大幅下落。GWで中抜けの日本は比較的穏やかでした。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 今週のマーケット(2022.04.25-2022.04.29):○MRK(+4.85%) - ●BA(-15.87%)

    GAFA決算を迎えたアメリカは大幅続落、とうとうNasdaqは2年線を割り込みました。為替は一気に円安が進むも日経は崩れず。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • ユニリーバ(UL)のQ1.2022決算発表:Q1の配当は据え置き

    Apr.28 ユニリーバがQ1.2022の決算を発表しました。価格効果で売上は増。€ベースの定期増配は見送り。[ユニリーバ(UL):Q1.2022決算発表/過去1年の決算と株価の反応/業績と株主還元データ,グラクソ・スミスクライン(GSK)のこと]

  • 3M(MMM)のQ1.2022決算発表:減収減益、株価も冴えず

    Apr.26 3MがQ1.2022の決算を発表しました。売上はまずまずでしたが、二桁の減益率がちょっと気になる決算でした。株価も冴えない反応。[3M(MMM):Q1.2022決算発表/過去1年の決算傾向と株価の動き/業績と株主還元データ]

  • ペプシコ(PEP)のQ1.2022決算発表:ロシア影響も増収増益を確保

    Apr.26 ペプシコがQ1.2022の決算を発表しました。海外売上の多くを占めるロシア関連の評価損を計上も増収増益,通期予測は売上上方修正,EPS下方修正。[ペプシコ(PEP):Q1.2022決算発表/過去1年の決算と株価の反応/業績と株主還元データ]

  • コカコーラ(KO)のQ1.2022決算発表:大幅な増収増益も通期ガイダンスは据え置き

    Apr.25 コカコーラがQ1.2022の決算を発表しました。マーケット予測を大きく上回る好決算も通期ガイダンスは据え置き。いつもどおり株価の反応は弱かったです。[コカコーラ(KO):Q1.2022決算発表/過去1年の決算と株価の反応/業績と株主還元データ]

  • 今週のマーケット(2022.04.18-2022.04.22):○IBM(+9.42%) - ●CRM(-9.49%)

    円安が$1=129円台まで進みましたが日経はほぼ変わらず。Nasdaqは大幅下落。中でもNFLXは決算嫌気で1日に最大40%落ちを記録しました。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • キンバリー・クラーク(KMB)のQ1.2022決算発表:売上回復を好感して逆行高の急騰

    Apr.22 キンバリークラークがQ1.2022の決算を発表しました。売上の回復から通期売上予測を上方修正。この日全面安のNYで逆行高急騰、S&P500のトップパフォーマンスを記録しました。[キンバリー・クラーク(KMB):Q1.2022決算発表/過去1年の決算と株価の反応/業績とと株主還元データ]

  • プロクター・アンド・ギャンブル(PG)のQ3.2022決算発表:堅調な業績維持を好感

    Apr.20 P&GがQ3.2022の決算を発表しました。先週66年連続となる増配(+5%/Q)を発表済み。Q3決算は増収増益の着地と通期上方修正で株価上昇です。[プロクター・アンド・ギャンブル(PG):Q1.2022決算発表/過去1年の決算と株価の反応/業績と株主還元データ]

  • ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)のQ1.2022決算発表:60年連続増配を発表

    Apr.19 ジョンソン・エンド・ジョンソンがQ1.2022の決算を発表しました。増収増益も通期ガイダンスのEPSは下方修正。注目の配当は60年連続増配となる+6.6%/Qと期待に応える内容でした。[JNJ:Q1.2022決算発表/過去1年の決算と株価の反応/業績と株主還元データ]

  • 今週のマーケット(2022.04.11-2022.04.15):○DOW(+6.92%) - ●MSFT(-7.15%)

    ハイテク大幅続落の展開。P&G(PG)の66年連続増配,NTT(9432)の2000年来の高値など個別には良いニュースもあった一週間。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 今週のマーケット(2022.04.04-2022.04.08):○UNH(+6.51%) - ●BA(-8.16%)

    米国債利回りの上昇止まらずNasadaqが大幅安。東証新市場区分開始の日経も下落。バフェットとEマスクがそれぞれハイテク株取得のニュースが出た一週間。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • チキンハート(CH)のポートフォリオを点検(2022.3)

    年度末を過ぎたということで、ポートフォリオこの一年の変動を点検[株式:セクター別のポートフォリオ/流動資産の比率と配当金変動/今後の投資方針:最近気になっている銘柄]

  • 今週のマーケット(2022.03.28-2022.04.01):○WMT(+5.27%) - ●INTC(-7.18%)

    ドル円が大きく動いた一週間。米国債利回りが急騰。原油は米英備蓄放出で$100割れに落ち着く。日経は配当落ち週で下落。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 今週のマーケット(2022.03.21-2022.03.25):○INTC(+9.23%) - ●HD(-8.82%)

    日経が9連騰の大幅高。FRBメンバーのタカ発言で米債利回りは一気に上昇、円安進む。原油も再び上昇しています。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • ゼネラル・ミルズ(GIS)のQ3.2022決算発表:コスト増懸念を撥ねのける好決算

    Mar.23 ゼネラル・ミルズがQ3.2022の決算を発表しました。急激なインフレによるコスト増が懸念された中でマーケット予測を上回るEPS増を確保。通期ガイダンスを上方修正して逆行高。[ゼネラル・ミルズ(GIS):Q3.2022決算発表/過去1年の決算と株価の反応/業績と株主還元データ]

  • 今週のマーケット(2022.03.14-2022.03.18):○AXP(+13.59%) - ●CVX(-5.37%)

    FOMCは予定どおりの+0.25%もタカ色強まる。アメリカシェール増産で原油は続落。株価はグローバルに大幅反発した一週間。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 今週のマーケット(2022.03.07-2022.03.11):○CAT(+9.80%) - ●PG(-7.68%)

    ウクライナ戦況は出口見えず。急激な原油高と生活必需品セクターの下落が目立った一週間。為替はドル高&円安へ。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 今週のマーケット(2022.02.28-2022.03.04):○CVX(+5.07%) - ●AXP(-10.72%)

    ウクライナ情勢の悪化で欧州株が大幅下落。金融セクターの急落と原油の爆騰でマーケットは悲観モードに突入?[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 今週のマーケット(2022.02.21-2022.02.25):○CVX(+5.07%) - ●HD(-8.99%)

    露のウクライナ侵攻にマーケットが揺れた一週間も週ベースでは「行って来い」 原油が2014年以来の$100突破。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 今週のマーケット(2022.02.14-2022.02.18):○CSCO(+6.14%) - ●MMM(-7.47%)

    原油がWTI=$95まで上昇後に反落して9週ぶりの週下落。株式は上海を除き下落。ウクライナ情勢が揺れる中で円高に振れました。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • バフェットさんの最新ポートフォリオ(Q4.2021):動かなかったこの一年

    バークシャー・ハサウェイの最新ポートフォリオ(Q4.2021)が発表されました。大きな動きなし。結局、2021年はほとんど動かなかったですね。[バークシャー・ハサウェイ(BRK):Q4.2021売買記録/あえて取り上げるならシェブロン(CVX)/コカコーラ(KO)とアメックス(AXP)は不動]

  • 今週のマーケット(2022.02.07-2022.02.11):○DIS(+5.25%) - ●CRM(-5.17%)

    週前半の安直な底入れムードも消費者物価指数の急上昇とウクライナ情勢が絡み一転連日の大幅安で終えた一週間。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • コカコーラ(KO)のQ4.2021決算発表:会社目標を上回る通期増収増益の着地

    Feb.10 コカコーラがQ4.2021の決算を発表しました。通期売上,EPSともに二桁の増収増益。来期ガイダンスもマーケット予測を上回り株価はしっかり。[コカコーラ(KO):Q4.2021決算発表/過去1年の決算と株価の反応/業績と株主還元データ]

  • ペプシコ(PEP)のQ4.2021決算発表:増配(+7%/Q:予定)を発表

    Feb.10 ペプシコがQ4.2021の決算を発表しました。来期+7%/Qの増配(予定)を発表。控え目な来期ガイダンスで株価は軟調な反応。[ペプシコ(PEP):Q4.2021決算発表/過去1年の決算と株価の反応/業績と株主還元データ]

  • ユニリーバ(UL)のQ4.2021決算発表:大規模買収は当面なし

    Feb.10 ユニリーバがQ4.2021の決算を発表しました。ほぼ会社予測どおりの着地。配当は€ベース据え置き。グラクソ・スミスクラインのコンシューマー事業買収は正式に断念。[ユニリーバ(UL):Q4.2021決算発表/過去1年の決算と株価の反応/業績と株主還元データ]

  • 資生堂(4911)のQ4.2021-12決算発表:来期記念配当に株価反応?

    Feb.09 資生堂がQ4.2021-12の決算を発表しました。業績は先週同社発表済みの修正どおり。株価上昇は来期記念配当に反応?[資生堂(4911):Q4.2021-12/業績と株主還元:売上と営業利益,キャッシュフローと配当性向,配当実績]

  • NTT(9432)のQ3.2022-03決算発表:売上,利益とも過去最高に追加増配を発表

    Feb.07 NTTがQ3.2022-03の決算を発表しました。事前(Feb.02)に報道されていた通りの過去最高収益で上方修正、さらに追加増配の好内容。[NTT(9432):Q3.2022-03/業績と株主還元:売上と営業利益,キャッシュフローと配当性向,配当実績]

  • S&P500採用銘柄の配当動向をチェック(Dec.2021)

    S&P500採用銘柄の2021年配当動向をチェックしてみました。[S&P500採用銘柄の配当データ(Dec.2021)/全体の配当動向/個別銘柄:100%復配した銘柄,今年も減配した銘柄]

  • 今週のマーケット(2022.01.31-2022.02.04):○BA(+8.33%) - ●HON(-5.19%)

    原油(WTI)は$90突破の7週続伸、米債利回り急上昇。それでもアメリカ三指数は続伸。日経も反発。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 花王(4452)のQ4.2021-12決算発表:目標未達の減益で株価急落

    Feb.03 花王がQ4.2021-12の決算を発表しました。競争激化とコスト高に対応できず減益。来期増配は死守。[花王(4452):Q4.2021-12決算発表/業績と株主還元:売上と営業利益,キャッシュフローと配当性向,配当実績/資生堂(4911)は利益の上方修正]

  • 今週のマーケット(2022.01.24-2022.01.28):○AXP(+11.54%) - ●INTC(-8.28%)

    場中の乱高下が目立ったけど終わってみればNYは上昇。春節前の上海が大幅下落。ウクライナ情勢が緊迫した原油は6週続伸。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • KDDI(9433)のQ3.2022-03決算発表:増収増益=進捗順調,自社株買いの拡大を発表

    Jan.28 KDDIがQ3.2022-03の決算を発表しました。Q2減益からQ3増益。通期目標へ順調な進捗をアピール。自社株買いを2000億に拡大。[KDDI(9433):Q3.2022-03/業績と株主還元:売上と営業利益,キャッシュフローと配当性向,配当実績]

  • キヤノン(7751)のQ4.2021-12決算発表:一転好決算で高まる株主還元の回復

    Jan.27 キヤノンがQ4.2021-12の決算を発表しました。事前の報道どおり営業利益の大幅改善での増収増益。利確と地合いで株価は軟調な反応。[キヤノン(7751):Q4.2021-12決算発表/業績と株主還元:売上と営業利益,キャッシュフローと配当性向,,配当実績]

  • キンバリー・クラーク(KMB)のQ4.2021決算発表:コスト高の苦戦続く,増配幅も縮小

    Jan.26 キンバリー・クラークがQ4.2021の決算を発表しました。コスト高の利益圧迫。来期も影響を受けるとガイダンスも冴えない。増配幅は+1.75%にとどまる。[KMB:Q4.2021決算発表/過去1年の決算と株価の反応/業績と株主還元データ]

  • 3M(MMM)のQ4.2021決算発表:来期ガイダンス先送りも株価は保つ

    Jan.25 3MがQ4.2021の決算を発表しました。通期売上,EPSともに目標をクリア。来期ガイダンスの提示はFeb.14に先送り。[3M(MMM):Q4.2021決算発表/過去1年の決算傾向と株価の動き/業績と株主還元データ]

  • ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)のQ4.2021決算発表:安定の決算で逆行高

    Jan.25 ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)がQ4.2021の決算を発表しました。通期は二桁の増収増益の着地、来期ガイダンスもしっかり。この日も乱高下のマーケットを尻目に逆行高。[JNJ:Q4.2021決算発表/過去1年の決算と株価の反応/業績と株主還元データ]

  • 今週のマーケット(2022.01.17-2022.01.21):○PG(+2.74%) - ●JPM(-13.76%)

    アメリカが連日の大幅安。アナリストたちが毎日無理やりの犯人探しを繰り返した一週間。原油,米債は週前半上昇も週ベースでは騒ぐほど動いていないという現実。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • プロクター・アンド・ギャンブル(PG)のQ2.2022決算発表:コスト対策万全の好決算で逆行高

    Jan.19 P&GがQ2.2022の決算を発表しました。増収増益。値上げ効果でコスト増をクリア。通期上方修正と自社株買い規模の引き上げで逆行高。[プロクター・アンド・ギャンブル(PG):Q1.2022決算発表/過去1年の決算傾向と株価の反応/業績と株主還元]

  • 今週のマーケット(2022.01.10-2022.01.14):○BA(+8.44%) - ●NKE(-5.60%)

    米国債利回りの上昇,原油続伸の流れは変わらず。株式は軟調気味もバリューには物色入る。「日銀が利上げ」の噂走り円高に振れる。 [主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 今週のマーケット(2022.01.03-2022.01.07):○CAT(+8.44%) - ●CRM(-10.16%)

    米債利回り上昇で金融セクター上昇,ハイテク下落と素直な相場。日本はアメリカに付き合いすぎ。個別にはアップル(AAPL),トヨタ(7203)が上場来高値を更新。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 今週のマーケット(2021.12.27-2021.12.31):○HD(+4.52%) - ●BA(-1.42%)

    2021年最終週:原油続伸。株価は薄商いも堅調、NYは高値を更新しました。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 今週のマーケット(2021.12.20-12.24):○BA(+7.04%) - ●TRV(-4.55%)

    原油は週明けの急落から一気に反発。クリスマスウイークの株式は出来高縮小ではっきりしない動きも一応上昇。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • ゼネラル・ミルズ(GIS)のQ2.2022決算発表:アナリスト予測を下回る減益で株価は急落

    Dec.21 ゼネラル・ミルズがQ2.2022の決算を発表しました。通期の売上予測を増収転換となる上方修正も目の前のQ2利益圧迫で株価は急落。[ゼネラル・ミルズ(GIS):Q2.2022決算発表/過去1年の決算傾向と株価の動き/業績と株主還元データ:売上と営業利益,CFと配当性向,配当実績]

  • 今週のマーケット(2021.12.13-12.17):○VZ(+5.94%) - ●HD(-6.60%)

    FRB,BOEのタカ寄り政策に翻弄されて株価は乱高下。アナリストたちの苦し紛れの見解が目立った一週間。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 今週のマーケット(2021.12.06-12.10):○AAPL(+10.88%) - ●VZ(-2.39%)

    アップル(AAPL)がマーケットを牽引。原油が7週ぶりに反発。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 今週のマーケット(2021.11.29-12.03):○AAPL(+3.21%) - ●CRM(-9.11%)

    "オミクロン"と"パウエルのタカ化"を材料に株式は中間の大幅安に圧されて下落。原油は6週続落。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 今週のマーケット(2021.11.22-11.26):○CSCO(+1.94%) - ●BA(-12.34%)

    南アフリカの新型コロナ変異種がマーケットを襲う。週末に原油,株式ともに暴落。為替は円高に動く。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • JMスマッカー(SJM)のQ2.2022決算発表:上方修正で久々の好感

    JMスマッカーがQ2.2022の決算を発表しました。本源の売上回復。通期売上見通しを増収も見込む上方修正とし、久々の好感となりました。[JMスマッカー(SJM):Q2.2022決算発表/過去1年の決算傾向と株価の動き/業績と株主還元]

  • 今週のマーケット(2021.11.15-11.19):○HD(+9.68%) - ●CSCO(-6.28%)

    OPEC要人発言からマーケットの動きが変わる。原油は急落、金融株が売られハイテク買い強まる。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 東京海上(8766)とMS&AD(8725)のQ2.2022-03決算発表:揃って増配を発表

    Nov.19 東京海上とMS&ADがQ2.2022-03の決算を発表しました。揃って増配を発表。東京海上(8766)は前回提示から大幅上方修正。[東京海上(8766):Q2.2022-03決算発表/MS&AD(8725):Q2.2022-03決算発表:配当実績]

  • バフェットさんの最新ポートフォリオ(Q3.2021):依然として沈黙のレベル

    Q1,Q2に続きほとんど大きな動きはありません。ビザ(V)の売りからアメックス(AXP)の今後がちょっと気になりました。。。[バークシャー・ハサウェイ(BRK):Q3.2021売買記録/コカコーラ(KO)とアメックス(AXP)は不動だけど・・・]

  • 今週のマーケット(2021.11.08-11.12):○DOW(+3.00%) - ●DIS(-9.11%)

    米国消費者物価指数(CPI)の急上昇から早期利上げを意識した株価は頭打ち、Nasdaqの続伸もストップしました。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 資生堂(4911)のQ3.2021-12の決算発表:見た目の下方修正で株価は急落

    Nov.10 資生堂がQ3.2021-12の決算を発表しました。Q2までののれん代特損、Q3での事業譲渡の影響で非常にわかりづらい決算が嫌気され株価は急落しました。[資生堂(4911)のQ3-2021-12決算発表/業績と株主還元データ:売上と営業利益,キャッシュフローと配当性向,配当実績]

  • NTT(9432)のQ2.2022-03決算発表:ドコモ減益も過去最高益を更新

    Nov.10 NTTがQ2.2022-03の決算を発表しました。過去最高益もガイダンスどおりの決算で反応薄。[NTT(9432)のQ2-2022-03決算発表/業績と株主還元データ:売上と営業利益,キャッシュフローと配当性向,配当実績]

  • 今週のマーケット(2021.11.01-11.05):○BA(+8.42%) - ●MRK(-7.31%)

    衆院選の結果をマーケットは好感。FOMCの結果でNYは史上最高値。政官材料がマーケットを支えた一週間でした。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • 総合商社のQ2.2022-03決算発表:好決算&増配も売られる

    Nov.02-05 大手総合商社の中間決算が出揃いました。いずれも増収増益&上方修正さらに増配という好決算も、三強に待っていたのは"材料出尽くしの売り"でした。[Q2.2022-03決算発表,配当実績:三井物産(8031)/住友商事(8053)/伊藤忠商事(8001)/三菱商事(8058)]

  • 花王(4452)のQ3.2021-12決算発表:通期目標達成に不安感漂う

    Nov.02 花王がQ3.2021-12の決算を発表しました。トイレタリー部門減収減益で進捗後退。通期目標達成に不安感漂う。[花王がQ3.2021-12決算発表/業績と株主還元:売上と営業利益,キャッシュフローと配当性向,,配当実績]

  • 今週のマーケット(2021.10.25-10.29):○MRK(+8.50%) - ●V(-8.42%)

    原油はWTI=$85を超えたところで10週ぶりに下落。株式はGAFAの決算まちまちもアメリカは3指数揃って史上最高値を更新しました。[主要株式指数 ダウ S&P 日経225 FTSE 為替 債券 原油 金 米国株と日本株とセクター別の動き 決算傾向 注目株 来週の予定]

  • JT(2914)のQ3.2021-12決算発表:予定配当を増額!

    Oct.29 JTがQ3.2021-12の決算を発表しました。Q1,Q2に続きQ3も増収増益,上方修正で予定配当も増額。「もしかしたら期末で減配なしも・・・」と期待してしまう決算でした。[JT(2914):Q3.2021-12決算発表/業績と株主還元:売上と営業利益,CFと配当性向,配当実績]

  • KDDI(9433)のQ2.2022-03決算発表:減益は想定内?

    Oct.29 KDDIがQ2.2022-03の決算を発表しました。増収も減益。市場から料金値下げの影響を懸念されるも想定内を強調。[KDDI(9433):Q2.2022-03決算発表/業績と株主還元:売上と営業利益,キャッシュフローと配当性向,配当実績]

  • 東京ガス(9531)がびっくりの増配(+8.33%)/エクソン・モービル(XOM)も増配

    Oct.28 東京ガスがQ2.2022-03の決算を発表しました。株主還元縮小宣言も4期ぶりの増配(予定)を発表。通期ガイダンスも上方修正。エクソン・モービルも増配のようです。 [東京ガス:Q2.2022-03決算発表/業績と株主還元データ:配当性向,配当実績/エクソン・モービルも増配のようです。

  • コカコーラ(KO)のQ3.2021決算発表:好調維持&上方修正

    Oct.27 コカコーラがQ3.2021の決算を発表しました。Q2サプライズ後のQ3も好調を維持。売上,利益予測ともに上方修正しました。[コカコーラ(KO):Q3.2021決算発表/過去1年の決算傾向と株価の動き/業績と株主還元データ:売上と営業利益,キャッシュフローと配当性向,配当実績]

ブログリーダー」を活用して、chickenheartさんをフォローしませんか?

ハンドル名
chickenheartさん
ブログタイトル
熊を恐れるチキンハートな投資ノート
フォロー
熊を恐れるチキンハートな投資ノート

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用