searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ちさとさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
予定は未定
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yoteimitei
ブログ紹介文
40で独身に戻りました。 小さな幸せと笑いを見逃さない日々が目標です。
更新頻度(1年)

28回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2018/08/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ちさとさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ちさとさん
ブログタイトル
予定は未定
更新頻度
28回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
予定は未定

ちさとさんの新着記事

1件〜30件

  • 結果、自分が御祓をしてもらったという話

    <前回の続き>本帰国後すぐ子供時代を過ごした静岡県に越すプランが上がって、それなりに通って物件探しに勤しんだのだけど色んな理由で難航してさ。ほら、無職とか。高いのに狭いとか。無職とか。あまりに決まらないのでこの春、検索範囲を広げたところ今の物件にとんとん拍子に引っ越しが決まってね。そして住まいもある程度落ち着いてきてPCを弄ってたわけ。「そういや、あの治療院は静岡県だったよな・・・」と何となく気になりググったら、ガッツリ生活圏内で既に目の前を何度も車で通過していたことが判明。それで思ったの。「あたしが行っても良くね?いや、むしろ行くべきじゃね?」って。だってもう何年も肩こりが半端ないんだもの。アメリカでも日本でもどんだけマッサージにお金を使ったことか。そして何よりも御縁を感じるじゃない?思い立ったが吉日、その場...結果、自分が御祓をしてもらったという話

  • 事の背景

    結婚生活を送っていた頃、彼は背中の痛みに苦しんでいてね。まぁ、脊髄を損傷して手術をしたのだからそりゃ痛かろうなんだけど、似たような怪我を負った人は一般的には年々痛みが引いていくらしいの。でも彼の場合、術後数年は痛み止めを飲みながらも積極的に身障者のスポーツイベントに参加して、それ以外にも夫婦でお出かけを頻繁にしていたのに、徐々に酷くなって汗を滲ませたり顔色が変わるほど痛みに苦しむ日も多くてね。当然、医者に頼ったし挙げ句は催眠療法にまで手を出したのだけど、効果はナシ。なんせ神経を失っている箇所が痛いのだから難解よ。おのずとアルコールや解禁になった大麻に頼り、中々強い痛み止めを出さない医者とトラブルまで起こしてね。色々ともううんざりだった私は「アメリカの医者がダメなら、もう日本の医者しかない!」と、日本の痛み専門医...事の背景

  • 母よ

    「自分らが食う分くらいのコメを作ったらいい」という農家をしている近所の知人の言葉に俄然やる気が出たわたし。派遣で仕事を探そうと、一応は面接用のスーツを作って明日引き取りなんだけど、このご時世そう簡単に仕事が決まるわけないじゃない?ましてや10年以上のブランクの上に40代。不況で真っ先に切られるであろう派遣にわたしみたいな条件のを相手にしてくれるとは思えないのよ。ならば年内は仕事は決まらないものとして、今年は作物でも育てようじゃないかと近所で貸してくれる畑を探したりしてたわけ。そんな中、母の実家へ草取りへ出向いたのだけど暑くて暑くて1時間ちょいでバテていたら言われちゃったわ。よくそんなんで田んぼやるだ、畑やるだ言うよね始める前から貶さないでくれ。母よ

  • 昔は私もそうだった

    早いものであれから1年。父の法要は家族だけで済ませました。広い会場に母と兄とお坊さんだけっていうね。離婚の件、無職の件、子供がいない件、余計なお世話な話題の槍玉に上らなくて今回ばかりはコロナ様様だったわ。父の墓地の一角に200段以上の階段があってね。母を駐車場に残して登ったみたの。頂上に到着した時は高山病か?と思ったほどに具合が悪くてさ。唯一あったベンチでヒーヒー言う呼吸をと向き合っていると、10歳くらいの女の子も息もゼーハーしながら登って来てね。「彼女も当然、座って休みたかろう」と、スペースを開けるべくやっとの思いで端に寄ったわけ。ところが、その子は中腰で10秒くらい肩で息をしていたかと思うと、「ヨシッ!」と気合を入れて踵を返したの。42歳は思わず言ったよね。え?マジで?その声に振り返って見せてくれた白い歯が...昔は私もそうだった

  • 友達は選ぼう

    静岡県に引っ越してひと月が過ぎました。母も一緒です。車のナンバーもナスが外れて富士山よ。スーパーのお魚コーナーはどの店へ寄っても種類が豊富で都度、色めき立ってるわ。現在は売りに出している栃木の母のマンション近辺では、長身過ぎて着ている洋服が外国製の為か行く先々で見上げられ、時には片言の日本語で話しかけられ、あまり良い気はしなかったのだけど、現在の土地では誰もあたしのことを珍しい動物でもみているかのような顔で見上げられたりしないの。何よりも子供時代を過ごした土地だからか、窓から入ってくる香り、景色、空気感、人々の話し方、数十年どこかへ追いやられていた色んな記憶が蘇ったりと、今までに無かった類の幸せを感じています。そんなところへ、色々とぶっ込んでくるマットくん。住所を借りている彼宅に、スキャン画像ではどうにもならな...友達は選ぼう

  • アメリカンジョークが一層寒い件

    マットくんが言うには、アメリカでは大人一人当たり$1200の現金給付があるらしいのだけど、スッゴイ文句たれてるわけ。この辺りじゃ家賃にもならない一時的にどうにかなったとしても、その後どうすんだ店も開いてないから地元商店のサポートも出来ない失業保険の規約は既に崩壊している等々。あなたの不満もよくわかるけど、日本なんかマスク2枚だぜ。それも一人2枚じゃないからね!各家庭に2枚だから!!それに対し、日本政府は随分と親切だなアメリカンジョークが一層寒い件

  • はい、そうします。

    アメリカでご近所さんだった日本人の奥さん友達とビデオチャットをしていたのだけどね。あちらは罰金が生じるほどの厳しい外出禁止令が出ている為に、仕事に行けない、学校に行けない、子供の誕生日にお友達も呼べず、ヨシとするのは義母との接触が減ったくらいで、コストコのオンラインでお酒を買った際は配達の人が道路から玄関先に向かって生年月日を叫んで確認されて恥ずかしかった等々言う割には、ピアスまでして身なりがいいわけ。「どこにも行かない、誰も来ない環境の割に綺麗にしてるじゃん」と、感想を述べたところ見習ってねはい、そうします。

  • 久々に恥ずかしかった

    あたし冷凍用ジップロックバッグの大ファンで、2種類のサイズを常に活用してるわけ。あの程よい厚みがくれる安心感がたまんないのよ。使用用途は台所のみならず、お風呂に携帯を持ち込む際はもちろんのこと、例えば旅行荷物の液漏れしたくないモノたちとか、洗面用具とか靴下・下着入れ、日常でも細々したモノに常に使ってるわけ。この度、車両保険料の見直しのために某オフィスを訪れたのだけどさ。案の定ジップロックバッグに重要書類を入れていたあたしに、若いおねーちゃんが、「あの、、、よかったら、、、、こちらをお使いください」ってクリアファイルをくれた時、さすがに空気を読んだよね。これをきっかけに、長らく気に入った財布が見つからないのでジップロックで過ごそうと思っていた考えを改めました。久々に恥ずかしかった

  • 航空券のコロナセール

    あまりに安いのでマットくんから遊びに行ってもいいかと連絡が。しかし近々引越しプランがある私は、こちらの状況が確定するまでチケットの購入を少し待つように要請したのが吉と出たようです。昨日、あちらで外出禁止令が出たとのこと。ってかさ、仮にも政府職員。行動が軽率すぎやしないか?航空券のコロナセール

  • ごもっとも

    50歳になる頃、いわゆる終の住処となる中古住宅の購入を検討しているのだけどね。親戚のおじさんに予算を聞かれたので、正直にチンチロリンな額を伝えたところ、「そんなんじゃ、ロクな家は買えないだろう」と、これまた正直な感想が返ってきたので、「でもさ、私なんかにどこの銀行もお金なんか貸してくれないよ」と答えたらバカ、働けっ!ごもっとも

  • 調子よしこ

    御歳80を超える叔父夫婦宅で、朝から雑用と運転手役をこなした日の夕方。戻るなり我が物顔でよそ様の家の冷蔵庫を明け、よそ様が購入したビールのプルタブに指を掛けた時よ!遠くの部屋から叔父が叫んだの。ちさとー、ビール飲んでもいいぞ。イエーイ!言われる前からその気満々だったくせに、白々しくそう叫び返し、叔父さんにも1缶持って行った私は中々世渡り上手になったものだと思った42歳の春。調子よしこ

  • 産後の友人宅

    渡米前からシルビア家の次男から餃子のリクエストがあってね。まだアメリカに住んでれば材料を入れたクーラーボックスを車に積んで行ったのだろうけど、今回は完全な旅行者じゃない?しかも彼らの住まいはアリゾナの片田舎。材料が揃うとは思えなかったのね。だから「材料が揃ったらね」と確約はしなかったのだけど、彼ら宅に向かう前にお世話になっていたカリフォルニアの友人宅で近所で購入した餃子の皮を冷凍してもらい、それを新聞紙に包んで運んだの。あとはニラはなくとも現地のキャベツや豚挽肉やオイスターソースで何とかしようと。ところが!!そのお宅から10時間だった道のり。途中で宿泊したホテルの冷蔵庫にまんまと忘れてきました。その件をシルビアに「努力はした」とコソッと報告。男の子だし餃子のことなんか忘れちゃってると思ってたけど、結構期待してた...産後の友人宅

  • 最後の2泊はマット家

    帰国後はメールで弁護士とやり取りをしているのだけどね。口語と違って書面でだからそつなくこなしていると思うでしょ?とんでもない。昨年、裁判をやるやらないっていう事態が2度あって、その時なんて特に大変だったわ。何かと素早い決断を迫られる中、単語を自分で作っちゃうし、スペースもカンマも忘れたり、ネイティブだったから予測で解読できるのだろうけど、私にはサッパリでさ。ほぼ全部、毎回マット君に投げて英語から英語へ訳してもらってたっていうね。ひどい時なんて日に10通以上。自分の仕事もあるだろうに、間髪入れずに返信してくれて相談にも乗ってくれて本当に助かったわ。お陰で話が丸見えになったついでに、テレフォンカンファレンスも2度ほど代わりにやってくれて大感謝。2回目の時なんて弁護士の方から「マットの電話番号もう一回教えて」ってきて...最後の2泊はマット家

  • ナイトライダー

    いつの頃からか、シルビア家に滞在する度に皆で鑑賞しているナイトライダー。同年代の彼ら夫婦と私は国は違えど、ドイツアメリカ日本でそれぞれ好きで見ていた上に、彼らの子供たちも古いドラマなのに嫌いじゃないみたい。彼女の夫に至っては好き過ぎて、とうとうそれに似たものを購入したっていうね。本人が言うには同じ年の同じ車種らしいけど、私には分からないわ。バレンタインだったその日。「スーパーに花を買いに行くからお前も俺のキットに乗せてやる」とマークが言うので、せっかくだから乗ったところ家の敷地を出て2秒で首を痛めるかと思うほどのファンキーな運転に叫んだよね。にも関わらず「キットより俺のこの車の方が性能が良い」とか夢か現実か分からないことを言ってたっけ。久々に見たカセットテーププレーヤー。私はRAV4が一番良いと思う。ナイトライダー

  • 時代に乗っていないことを実感する時

    アメリカ滞在中のレンタカーはミッドサイズSUVを予約していてね。受付で「KIAとTOYOTAどっちがいい?」と聞かれ「そりゃ日本人ならTOYOTAでしょ」と即答して出てきたのがRAV4の新型。何も知らない分からない私はエンジンをかける前から用意してきた携帯ホルダーをエアコン吹き出し口に設置。もっと言うと、シガーソケットまで日本から持参したわ。結局USBケーブル以外は不要だったっていうね。空港の立体駐車場を出る際、ひたすら螺旋状の道路を降りたのだけど、ブレーキを踏まなくても良い感じの減速具合だし、高速に合流する際のも加速も申し分なし。ところが、クルーズコントロールを使い出して直ぐに「おや?タイヤ?ハンドル取られてない?」と若干パニックに。実はそれは自動運転装置だったということに気がつくに暫く掛かったわ。どうやら1...時代に乗っていないことを実感する時

  • お陰様で無事帰宅

    今月頭から7−8ヶ月ぶりにアメリカに行っていました。15泊17日。目的は身辺整理が半分片付いたので、お世話になった各所へお礼参りと到着空港の入国審査でのグリーンカードの放棄、そして四十半ばでまさかの第3子出産と相成ったシルビア家のヘルプ。何かと強行スケジュールだったけど、皆さんの微調整と偶然とで何かに守られてるとしか思えぬ見事なまでにスムーズな日々でした。シルビアに関しては新生児とコロナウイルスの影響を考えて見送ろうとしたのだけど、彼らの強い要望により決行。当然、空港や機内でもマスク着用と手洗いを徹底したけど、満席と思われる行きの機内では乗務員を含むほぼ全員がマスクで誰一人と咳をしていませんでした。因みに帰りは空港も飛行機もガラガラで、中国人のいない公共施設の秩序のあり方は嫌いじゃないと再確認した次第ですわ。お陰様で無事帰宅

  • ぐいぐい攻めてくる

    アメリカ在住中、あまりに雑で攻撃的な運転をする現地の人々に辟易していたのだけど、茨城出身の友人は「わたしの地元のが酷い」と全く意に介していなかったのね。本帰国後、海なし県の栃木にいる魚好きの私は那珂湊や日立お魚センターへよく出向くのだけど、今更ながらその友人の言葉を噛み締めています。でも煽られたことは一度もありません。ぐいぐい攻めてくる

  • 夜が明ける

    お陰様でこの度、正式に独身に戻る手続き終了の兆しが見えてきました。厳密には現状で3分の1ほどの解決です。別居開始以降、肉眼では見えない大きな荷物を背負って、崖っぷちギリギリのところをフラフラ歩く私を、あの手この手で主に愛とユーモアでマシな足場へ誘導してくれた人たちには感謝してもしきれません。近々、各所へお礼参りに渡米する予定です。それにしても日本の夏は暑かった!年間を通して長袖な土地に長く居たせいか完全に夏バテで、ただでさえストレスフルな日々だったのに別の意味でも食べられない眠れないで滅茶苦茶しんどかったわ。秋以降は失った分を取り戻すべく、ここ数年で一番寝るわ食べるわであっという間に3.5キロ増。いやー、日本は旨い!今は鯖に夢中です。夜が明ける

  • 生まれ故郷に帰るかも知れない件

    先日訪れた静岡県でどエライ旨い回転すし屋に連れて行ってもらった為に、海なし県栃木の回転すし及びスーパーのパック寿司が食べられなくなってしまいました。無職にはダメージが大き過ぎるとんだ後遺症です。以前より富士登山をしたいとマット君が言っていたので「富士山ってのはな、遠くで見て楽しむもので登るもんじゃない」と都度、説明していたのだけどね。この度、箱根から撮った雄大な写真を送ったところ「行って見てから決める」とのこと。やっと理解した模様です。来週また母と静岡県に行って来ます。物件探しです。にほんブログ村生まれ故郷に帰るかも知れない件

  • 帰国後の近況報告

    今まで一か八かで納豆に生卵の黄身を加えていた類なので、日本での食生活はサイコーに幸せなのだけど、黄身のオレンジ具合には未だギョッとするわ。まぁ世間一般的にはアメリカで生卵を食べていた私の方が何倍もギョッとされるのだろうけどね、わはははー。一語一句ミスなく聞き取れる日本語なので、11年ぶりの日本生活を色々と大きく構えていたのだけど中々のおっちょこちょい具合で昨日は役所と自宅を3往復しました。具体的に言うと、印鑑証明を貰いに行ったのに印鑑を忘れる的な?海外からの転入届けなのにパスポートを持参してないとか。ママチャリの前カゴに設置した携帯をナビに、馴染みのない栃木の街を元気に疾走しています。<おまけ>先週訪れた静岡県のぶっしゃりとうからの富士山にほんブログ村帰国後の近況報告

  • ぐうの音も出ない

    昨年春から私の弁護士代を立て替えてくれているマット君。この度、車を売って少し纏まったお金が出来たので、国を離れる前にスッキリ返してしまおうと思ってね。借入当初は「返済は全てが済んでから」という条件だったんだけど、誰もが「遅くとも年内には片付く」ものと信じていた頃の話だから、ちょっと事情が変わったじゃない?マット君はお金に困ってる人じゃないけど、私なんかに無利子で貸しているより資産運用に回したいってのが本音だろう、、と思って返金を申し出たらあっさり断られました。オレは政府職員だ。昇給もした。そしてオマエは車ない、仕事ない、家もなく母親と同居予定。今カネが必要なのは誰かっていったら「明らかに」オマエだ。他に言い方はないのか。ぐうの音も出ない

  • 着々と。

    先週、日本に船便で送る荷物を出してきて、今週は車を売ってきました。もういい加減に本帰国です。Dさん関係の手続きに未だ終わりは見えないのだけど、いつまでもキリがないし。ここの家賃だって1750で私には大金。あとは弁護士に任せて日本で待つことにしたわ。車を売ったら帰りは足がなくなるのでマット君と車2台で出かけ、帰りに日系スーパーでラーメンを食べてから帰路へ。暫くもう見ることのない景色を堪能するために途中で高速を降りてドライブしてくれました。その後、最終日までレンタカーで過ごすつもりだったけど「うちの畑に置いてある車で良かったら使って」とのお友達のオファーに甘えて、今はそれに乗ってるんだけどさ。これがまたスーパー・ファンキーな車なのよ、奥さん。一応、日本車のピックアップトラックでエンジンも一発で掛かるんだけど!屋根に...着々と。

  • ワインとビールがぽこぽこ空いた夜

    私の両親とも交流があったシルビア夫婦。いつだかはコロラドで彼らの友人に日本の田舎では見たことがないHummerに乗せてもらい、ロッキー山脈の山間でオフロードトリップをした時なんて、父は相当喜んでたわ。人数の関係で私は同乗しなかったのだけど、全く意に介せずって感じで楽しんでいたっけ。それからスポーツ観戦が大好きだった父はシルビア家に滞在中、自分の家じゃコードレス電話とテレビのリモコンを間違えるくらい色んな意味で致命的だったにも関わらず、旨い具合に有料のバスケとかブラジルのサッカーチャンネルを勝手に見てたりしてね。帰る日にリモコンの下に置いてあった1万円札が父の反省具合を表してたよね。$100札じゃなくて敢えて日本円を置いてくるところが父らしいっていうか。彼ら夫婦とウェスタンバーに行った事もあったわ。「日本でもこう...ワインとビールがぽこぽこ空いた夜

  • 私は今年42

    3泊でアリゾナのシルビアのところへ行っていました。到着翌日、あの家の次男と4時間ほど留守番だったので、水着かパジャマでまったりする予定だったのだけど、たまたまその日はシルビア夫婦の結婚記念日でさ。いい機会なので彼に「この日がなければあなたは存在すらしない大事な日なんだよ」と教え、リビングを飾りつけることに決定。そして二人で買い物に出かけて家の中をデコレーションしていたんだけど、そのうち飾る場所がなくなって来てさ。こういう時こそ役立つ長身。よそ様の家のソファーとコーヒーテーブルを踏み台に、天井のくるくる回るやつに付けたの。付けたらモチロン回したくなるじゃない?「本当にやるの?いいの?僕らそんなことしたことないよ?」と次男は及び腰だったけど「オフコース」とリモコンを剥奪するママの友達。送風レベルは3段階あって1から...私は今年42

  • 父がいない父の日を迎えて 〜先月の話

    父が亡くなった連絡を受けた日。飛行機まで時間があったので、日本で直ぐに必要となるであろう黒のパンプスを買いに行ったのね。ちゃんと試着して買ったのだけど、あの時は相当足がむくんでいたらしく数日後のお葬式があった日には歩きづらいほどに靴がカッパカパでさ。今日こそ歩き回らなければならないってのに、こりゃ困った。そう思って、葬儀屋さんに何か靴に詰められるモノがないか聞いてみたわけ。サイアク新聞紙でもあればいいな、、なんて考えていたら「脱脂綿ならありますよ」とのこと。それを受け取りながら思わず聞いたよね。「コレ父が使ってるのと同じのかしら、あはははー」って。脱脂綿をくれた葬儀屋のおばちゃんも笑いながら、未使用なんで〜悲しみの中のユーモアに見る光は大きいなって思った瞬間でした。父がいない父の日を迎えて〜先月の話

  • 製麺所でもやればいい

    2週間くらい前から「ラザニア作ります」宣言をしていたあの男がとうとう行動に出ました。生地から手作り使い込まれたマーサスチュワート半ば酔っ払ってパルメザンチーズを下ろしていた私は自分の指もやっちゃって半泣き。ほぼ泣いていたのに作業強行を強いられる焼き上がり思わずハイタッチするほどの美味しさに「アメリカ人でも美味しいイタリアンが作れるんだね」って言ったらフランス人のレシピですって。製麺所でもやればいい

  • よく笑った

    日本人の奥さん友達3人とサンフランシスコで1泊2日で遊んできました。前日、夕飯に来たマット君の帰りがけに「そうそう。明日ね、」とガールズナイトinサンフランの旨を伝えると、参加者と現地での予定を聞かれてさ。そして「明日の晩、保釈金持って迎えに行くはのオレか・・・」とため息ついて去って行ったからちょっとウケたんだけど、何をどう想定して拘置所に迎えに行くことになったのか聞くべきだったわね。当日、例のケーブルカーに乗って坂道を行き来するお上りさんをしてからの1軒目。美しい元男性たちのショーを観ながらのコース料理でした。遠目ではどの人も美しかったです。2軒目はあまりにエゲツなくて若干のトラウマが残りました。サンフランシスコは恐ろしい街じゃぁ。中年ガールズ、11時にはホテル真横のデニーズでナチョス食べてたわ。しょーもない...よく笑った

  • 過去最大級の時差ボケと悲しみと感謝

    20代半ば頃のこと。お母さんを亡くして間もないシルビアに、Eメールかチャットか覚えてないけど文書で言われたの。親が生きていないと親孝行は出来ない。自分はもう母親とは何も出来ない。今更気づいても遅いけど。そんな感じの内容だったわ。そして1年以上先だったけど、アメリカでやる自分の結婚式に私の両親を連れてくるよう提案してきたの。「ちーちゃんのお母さんはグランドキャニオンの上をヘリコプターで飛びたいって言ってたでしょ?」って。自分の親を亡くしてまだ悲しみの最中にいる人が、他人の親の思いを記憶してそれを叶えてあげるよう促すってことは、よっぽどこの人は私に真実を伝えようとしているのだなって、衝撃を受けたのね。正にその時から自分が出来る範囲の精一杯の親孝行をしてきたから、この度父を亡くして悲しいし寂しいし今も泣くけど、後悔が...過去最大級の時差ボケと悲しみと感謝

  • 微妙なお年頃同士

    我が家で豚汁とチャーハンでビールを煽った昨日。マット君が深刻そうに言ったの。最近気付いたんだけどさ自分の持ち物が臭いんだ特に仕事用のバッグが死んだ爺さんも同じ匂いがしたそしていまだかつてマット家の匂いが気になったことがあるか、前の家の時はどうだったか等々を尋ねられながら「加齢臭だろ」と思ってはいたけど!そもそも加齢臭って英語でなんていうのかが分からない。まんま言えば「年寄りの匂い」なんだろうけど、そりゃあまりにも可哀想じゃない?同い年なだけに色々と察するわよ、私だって。「疲れてる時の旦那の枕は特に臭い」って話を奥さん友達から聞くよ。あなたも最近ストレス抱えてるんじゃないの?私はその匂いに気がつかないけど、もしそうならホルモンの関係で出るヤツじゃない?英語で何ていうか分かんないけどさ。きっと正式な医療用語があるだ...微妙なお年頃同士

  • いま考えると探し物をしていたのだと思う

    上着が必要だった日の夕方。海辺を散歩していると、短パン1丁に水中眼鏡を着用した若いアジア人男性が一人、太ももの辺りまで海に浸かりながら奇怪な動きをしていてね。水が冷たいからだと思うわ。前屈みになって水に両腕を数秒浸けては身悶えるという動きを繰り返し、合間合間にやってくる高めの波にも及び腰で決して楽しんでるようには見えないわけ。腕もまともに入れられないのに、あのゴーグルは何の役割を果たすのか。そんなことを考えながら遠巻きにその同胞男性を暫く眺めていたら、隣で一緒に見ていたマット君が、イエローピーポーのイエローブレインは一体どうしちゃったっていうんだと暴言を吐きながら先を進み出したので最後まで見届けられなかったけど「あなた方の白い脳みそよりは大分マシだ」って言っておいたわ。他にも見物人がいましたいま考えると探し物をしていたのだと思う

カテゴリー一覧
商用