住所
出身
ハンドル名
ちさとさん
ブログタイトル
予定は未定
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yoteimitei
ブログ紹介文
40で独身に戻りました。 小さな幸せと笑いを見逃さない日々が目標です。
自由文
-
更新頻度(1年)

31回 / 125日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2018/08/07

ちさとさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 04/21 04/20 04/19 04/18 04/17 04/16 全参加数
総合ランキング(IN) 6,965位 7,095位 7,256位 6,742位 7,087位 7,512位 8,551位 957,368サイト
INポイント 40 30 30 70 40 60 50 320/週
OUTポイント 150 160 150 150 80 250 160 1,100/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 372位 378位 391位 357位 373位 395位 447位 35,003サイト
アメリカ西部情報 4位 4位 3位 3位 3位 3位 4位 596サイト
ライフスタイルブログ 763位 767位 777位 725位 764位 797位 879位 66,695サイト
自分らしい暮らし 9位 9位 10位 9位 9位 9位 13位 483サイト
第二の人生・第三の人生 4位 4位 4位 4位 4位 4位 4位 190サイト
今日 04/21 04/20 04/19 04/18 04/17 04/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 10,106位 10,275位 10,021位 10,101位 9,761位 9,557位 10,267位 957,368サイト
INポイント 40 30 30 70 40 60 50 320/週
OUTポイント 150 160 150 150 80 250 160 1,100/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 657位 661位 641位 639位 613位 608位 648位 35,003サイト
アメリカ西部情報 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 596サイト
ライフスタイルブログ 1,115位 1,125位 1,110位 1,128位 1,100位 1,093位 1,147位 66,695サイト
自分らしい暮らし 7位 7位 6位 6位 8位 8位 9位 483サイト
第二の人生・第三の人生 6位 8位 8位 8位 8位 8位 8位 190サイト
今日 04/21 04/20 04/19 04/18 04/17 04/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 957,368サイト
INポイント 40 30 30 70 40 60 50 320/週
OUTポイント 150 160 150 150 80 250 160 1,100/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 35,003サイト
アメリカ西部情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 596サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,695サイト
自分らしい暮らし 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 483サイト
第二の人生・第三の人生 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 190サイト

ちさとさんのブログ記事

  • 脅しに屈するとき

    マット家で久々のフォッカッチャあとは焼くだけの段階で、二人ともまだそれほどお腹が空いていことが判明。よって、もうパジャマだったけど腹ごなしに海へ写真を撮りに行って来ました。三脚も持参のマット君私は岩の上から中古で安い機械を買ったことから自家製アイスクリームにハマっているマット君が、この日もデザートに作ってくれてたんだけどさ。毎回、味噌汁のお椀に入れて出してくれるのがどうしても嫌でね。今回は前もって言ったの。「お椀はやめてよ。味噌汁用なんだから。アイスじゃ用途が違うんだよ」って。「ならば器はオマエが選べ」と言うので食器棚の隅から隅まで探したけど、結局行き着いた先が私もお椀でさ。本当にないのよ、あの家にちょうど良い器が。「あなたにはオリエンタルな器でデザートなのかもしれないけど、日本人の私にしたらお椀でアイスは良い...脅しに屈するとき

  • 心の叫び 〜来世は弁護士がいい

    なぜ別れても尚このような仕打ちを受けるのだろう。一体私が何をしたというのだ。別居後一年も経つのにどうして未だ私はされるがままなのか。そう考えるとあまりの自分の非力具合に泣いたし落ち込んだけど、今日は引きこもらずに頑張って外に出て良かったわ。お陰様でお腹を抱えて笑ったし、愉快な仲間と食事を美味しく頂いたし、知らない人に優しくしてもらったし、本当に人生って一長一短だな。世間で言うように「無いものを欲しがるより、今あるものに目を向けてそれに感謝する」生活を送るのが正解なんだな。そんな風に自分の中で折り合いをつける努力をしているのだけど、やっぱり思うの。優秀な弁護士が雇えるお金が欲しいって。以前Uberで乗せた自称弁護士にチョロっと話したら$550/時間と言われて黙ったよね。私の担当者は300ドル心の叫び〜来世は弁護士がいい

  • めまいがする

    保有株価がなかなかの勢いで下がるなか、ガソリンは順調な値上がりを見せています。今日はとうとうグレードを落として一番安いのを入れたわ。もう耐えられないのよ!それから1月には合意していた財産分与額をあちら側が勝手に下げた書類を送って来たと言う連絡を弁護士から受けたのが2週間前。それも私が「どうなの?進んでるの?」とお尋ねしてやっとね。そして減額についてはあちら側に確認中とのことなのに、その後一切音沙汰がないので再び今朝、進捗状況を尋ねたところ、「さっきメールを送ったら送信できませんでしたって戻って来たから、電話をしてみたら彼の担当弁護士はもうそこでは働いていないみたい」って!!!え?私が今日、お伺いを立てなければメールすらしなかったってこと?そしてもちろん減った額面に関しての回答もない。まぁこの流れでいったらあるわ...めまいがする

  • 彼が助手席を選んだ理由

    <本日のUber>老若男女問わず、半数は後部座席に乗る人が殆どだけど「助手席に乗ってもいい?」と確認の上で前に乗る人、「どっちに座ればいい?」と聞く人、そして何の躊躇もなく助手席に乗る人がいるんだけどね。今日、空港で拾ったイリノイ州から出張でやって来たと言う中年白人男性は躊躇なく助手席タイプでさ。仕事では日本の農機メーカーとも関わりがあるうえ、子供の頃に近所に日本人留学生が住んでいたとかで「しあわせならてをたたこ」だけ未だ覚えてる(でも意味は分からない)等、空港からの30分弱の道のりを和気藹々とお喋りしてね。途中でその人が「今朝は早かったから眠いんだよね」と言うので、「どうぞ寝ててください。私は静かにしてますから」。そして暫く沈黙が続いたのだけど、寝てる様子がないから言ったの。あの〜、目を瞑っていられないほど(...彼が助手席を選んだ理由

  • 視力の問題ではない件

    英語を読むのも苦手なので、買い物なんかは無意識にパッケージの絵や雰囲気で判断をして失敗したこと数知れず。苦手が故に読むスピードも遅くてさ。高速道を運転中に見る看板とか電光掲示板とか理解する前に通過しちゃうっていうね。800m間隔くらいで同じのをいくつか出してくれないかな〜っていつも思うわ。先日寄った日系スーパーで「安いのがある!」と買ってみたチルドの3食入り焼きそば。塩焼きそばはパッケージの色が違うという認識があったので、手にしたのはソース焼きそばだと信じて疑わなかったんだけど!中身は麺だけでした。ほら、日本の製品のパッケージに嘘偽りってなかなかないじゃない?だから「やられた!」って一瞬思ったけど、よく見たらちゃんとパッケージにも「ソースなし」って書いてあったわ。それも日本語でな!とんかつソースとオイスターソー...視力の問題ではない件

  • 低所得者が超えられない壁を見る時

    本格的にUberを始めた2月と比べると、ガソリン代がガロン当たり60セントくらい値上がってるのだけど、どういうこと?ガソリン入れたいけど、その値段じゃ入れたくないと毎回ジレンマ。岩手もそうだけどさ、アメリカの大部分じゃ車が足なのよ。広い大地で行動の自由を奪うのか、この国は!そんな遠吠えを心の中でしながら向かったサーキット場で、50代くらいの男性をピックアップしました。会話の中で私が日本人だと知ると、富士スピードウェイも鈴鹿も行った事があるって教えてくれたわ。そして後部座席でふんぞり返りながら、僕はもう、公道は運転したくないんだよねぇいつか同じこと言ってみたい低所得者が超えられない壁を見る時

  • 41歳の嘆きと無駄な記憶

    今朝、玄関を出るや野生の七面鳥と遭遇しました。私の気配を感じたあちら様と4秒くらい緊迫した空気が流れたけど、その後はたいして焦る様子もなく、庭の景色を楽しむかのように優雅に去って行ったわ。大きな鳥が動く様を、しげしげと見ていたら子供の頃動、動物園でダチョウに人差し指を「パクッ」とされて酷く泣いたことを思い出しました。お肌がピチピチしてたからダチョウも寄って来てたんだろうなぁ。<おまけ>昨年クリスマスの七面鳥41歳の嘆きと無駄な記憶

  • 一応チップはあった

    今週末の海以前、乗車地から1時間半離れた空港に2時間後の飛行機に乗るって言う人を乗せた事があってね。結果、渋滞に嵌まって完全アウトだったんだけどさ。でもその人の落ち着きようといったら目を見張るものがあって「間に合わなかったら別のチケットを買えばいいだけのこと。ご心配なく」ってう感じ。あれはあれで妙だったけど、今回はその真逆だったわ。空港行きのバス乗り場まで送ってくれる筈の友人が、間際になって「車の鍵が見つからない」とドタキャンされたという女性が乗車。もう「遅刻よ〜!」と鼻っから大パニック。出発後もひたすらその人の悪口を私に聞かせ、その合間合間に「あっちの道を行け」「この車は抜かせ」って煩いの!既に制限速度の10マイルオーバーなのに、もっと早くって言われた時は無視してやったわ。それで少し落ち着いたかと思えば呼吸を...一応チップはあった

  • 嫌な初体験

    押しのけても近いのがお好きな甘えん坊マット家で夕飯だった日。到着するなり、駐車場で他人の車を擦ってしまいました。あの家の犬と同じで私も距離感がイマイチ掴めていないみたい。初めてのことなのでどうして良いか分からず、暫く車内で車の持ち主が現れるのを待っていたのだけど、人っ子一人通らないので「これは名前と連絡先を書いたメモを残すべきか?」と外へ。よく見ると、花粉をいっぱい被って暫く動かしていない車のようだったのでメモを残したところで見てもらえないかも?と思い、とりあえず家に入り缶ビールを空けて一呼吸。そこへマット君が帰宅したので見てもらったところ、下の階の人の車とのこと。下の階の住民といったら、マット家のリフォーム中にしょっちゅう苦情を言いに来て、外で会ってもまともに挨拶も返してくれない感じの悪い黒人の年配夫婦でさ。...嫌な初体験

  • 金欲と食欲の間

    近頃は飛行機が2機到着しても一回も呼ばれない事もあるほど暇なUber。今日も暇に違いないと踏んだ私は普段ジャンクフードやサンドイッチで済ますランチを、おにぎりと果物とお茶を携え更にはキンドルに新しい書籍を追加して、待機という名のピクニックのテイで出動しました。そしてそんな日に限って忙しかったっていうね。ありがたいんだけどさ!お客を下ろす都度、海辺の絶景待機場所へ向かうのだけど、途中で呼ばれて一向に着かない。アプリを切っちゃえば良いんだけど、悲しいかな。空腹よりも稼ぎたい気持ちの方が上回っちゃって秒で受けちゃうのよ。てへっ。結局、住宅街の木陰に路駐して10分で掻き込みました。金欲と食欲の間

  • 時々焦る

    「この人たちとだったら、この地での老後も悪くない」と思っていた、気心知れたいわゆる永住組の日本人のお友達。越してきた当初は「狭いコミュニティーだから最初から極力関わらないようにしよう」と過ごしていたのだけど、4−5年もすると嫌でも繋がっちゃうじゃない?ところが、奇跡的にも人の悪口も噂話も殆どない平和なひとたちでさ。強いて言えば私が元身内の悪口を言っていた程度かしら。そんな彼女らとお喋りがてら近所のワイナリーでピクニックをしてきました。もう行きの車内から熟女3人ずーーーっと下ネタ。解散までのおよそ5時間ほぼ下ネタ。実はその3日前にも集合していたのだけど、子供がいてね。他の部屋で遊んで来なさいと言っても「大人の話が聞きたいから嫌だ」ってずーっと真横にいたのよね。小・中学性の女子が4人。さすがに口を慎むじゃない?時々...時々焦る

  • そんなに物欲しそうに見えるのか。

    昼夜を問わず最近は誘われれば積極的に集まりに参加して、ここ数年で一番社交的に過ごしているのだけどね。離婚して暫くはモテるって世間じゃ言うけどさ。私に限ってはロクなことないわ。どれもこれも「独り身だからすぐに靡くだろう」ってのが見え見えで気持ちが悪いったらないわけ。特に既婚者な!散々、奥さんとの出会い話しから如何に彼女が良い妻であるかを語っておいて口説いて来るって「若年性アルツハイマー?」好きな男性のタイプは「独身の人」って言ってんのに連絡先をよこそうとするその神経とかさ。「え?私の英語?それともあなたの耳?」なめんなよ。そんなに物欲しそうに見えるのか。

  • 記憶に残るのは雰囲気美人

    自分の車に初対面の他人を乗せると、それなりにその人の空気を感じるじゃない?感じると言うか、自己防衛本能で一生懸命感じているんだと思うわ。気が小さいのよ、あたし。そんな中、乗って来る前からハッピーオーラが全開の子がいてね。年の功は10代後半。アフロで黒人の女の子。礼儀正しい感じの良い子。彼女がとんでもなく急斜面の丘の上に住むことから、特に印象に残っていたのだけど偶然にも今日、再び彼女を乗せてさ。今回も変わらずスーパーハッピー。あちらも私を覚えていて数割り増しの笑顔で乗る前から「どうしてた?元気だった?」って。私的には「とりあえず乗れよ」みたいな。今日は暇すぎて30ドルにも満たなかったけど、なんだろう。悪くない1日だったわ。私もああなりたい記憶に残るのは雰囲気美人

  • 他人相手に賭けにでる

    <本日のUber>今日はLAからレンタカーで乗り付け、この地でメンテナンスに出していた自家用飛行機に乗って帰るという白人カップルを乗せてね。LAといったら、私の中では何時に通過しようと確実に渋滞に嵌る街なので「道路状況はどうでしたか?」と聞いたところ、クレイジーなドライバーが多くてキツいドライブだったよとのこと。例えばアジア人女性ドライバーとかですか?冗談が通じる人たちで楽しかったです。他人相手に賭けにでる

  • 春の中年一人旅

    混雑が避けられて宿も安目な平日2泊でジョシュアツリー国立公園に来ました。1人でな!目的はワイルドフラワー観賞。この冬はなかなかの雨量だったので、今年はスーパーブルームという情報を得たのね。ってか、まさか自分も中年になって野草に興味を示すとはな!最寄りの街までざっと8時間くらいのドライブ。丘の所々が花で黄色やピンクに染まっていて、日差しが眩しかったのだけどサングラスをしたら勿体無い気がして実際の色を最大限に楽しみました。翌日、いざジョシュアツリー国立公園へ!<おまけ>蓋が閉まるわけがない容器で渡された一人飯の持ち帰りメキシカンビニール袋の口をギュッと閉めて持ち運びました。春の中年一人旅

  • 窓を開けると気持ちいい季節

    先週の平日はアプリが壊れてるんじゃないかってくらいUberが暇で暇で、結構な読書量でした。ある日は「どうせ待機するなら景色のいい場所で」と海辺に停車して、最初は運転席にいたのだけど余りに呼ばれないので後ろの荷台に移って、家で淹れてきたお茶を啜りながらすっかり寛いで本を読んでたわ。ぜんぜんワルくない待機。週末に追い上げました。窓を開けると気持ちいい季節

  • とんだ挨拶

    年配のアジア人女性を乗せた時のこと。Uberアプリに出る下の名前は英語名なのだけど、乗ってくるなり「あなた日本人でしょ?私もよ。苗字は○○っていうの」と、あちらもアプリで私の名前を見て話しかけてくれてね。鹿児島に今でも親戚がいる日系4世って言ってたわ。しかも4世だけ日本語で。ひとしきり自分の話を済ませると今度はなぜ私がアメリカに住んでいるのか聞かれてさ。2008年にアメリカ人と結婚したんですよ。今は離婚の手続き中ですが。そう答えると、私はもう終わらせたわ。終わると爽快よ。そして降り際にこちらが「良い1日を!」と挨拶すると、お茶目な顔して良い離婚を!そう言ってカフェの中へ消えて行きました。とんだ挨拶

  • 見透かされている件

    慣れって怖いわね。いつ頃からかマット家で夕食の際は、帰宅後に歯を磨いて寝るだけでいいようにお風呂を済ませてすっぴん&パジャマで行くようになってね。ほら、車社会でドアtoドアだからさ。でもさすがに外食だったり外に買いに出たりする予定の時は、お化粧もそのままに普段着で行くわけ。まだ若干の羞恥心が残ってるのよ、私にも。昨夜、行ったことはないけどテイクアウトも受け付けている評判の良いレストランを試してみる予定でね。ケータイのメッセージでマット君に聞いたみたの。本心は「私はパジャマだろうから、あなたがテイクアウトしてきてくれる?」だったけど、「今夜は店内で食べますか?それとも持ち帰りますか?」と遠回しにジャブを入れてみたわけ。すると、お持ち帰りにしてうちで食べたらいいと思ってたけど?続いて、君がパジャマで店まで取りに行く...見透かされている件

  • 先入観が恥ずかしかったとき

    今日Uberでゲート付の閑静な住宅街まで、男性名で呼ばれてね。時間は午前10時半。現れたのはピチピチのパンツを履いて、寒いのに薄手のヒョウ柄シャツからこぼれんばかりのお胸がコンニチハしてる女性でさ。髪の毛は地毛かカツラか判断が付かない黒のストレートロング。メークはこれでもかと言わんばかりの黒い太眉に真っ赤な口紅。私に言わせや舞台仕様よ。こりゃ「昨夜から金持ち宅で一仕事終えたプロ」だわ。雇った男がUberを呼んで帰すところだわ、と判断した私は真っ先に彼女の香水を心配したの。だって車内に残るじゃない?そして乗ってくるなり、あなたどこか寄ってたの?時間かかったわねおっとー。手強いのを乗せちゃったな〜・・・と一気にブルーになるも、とりあえず私も仕事を終わらすことに集中しようと「Uberアプリの到着予定時刻通りですが、お...先入観が恥ずかしかったとき

  • 日本で柔道をやっていた人

    言い訳をするとね。本日最後のUberのお客さんを降ろしてちょっと気が抜けてたの。ホッとしたっていうの?他人を乗せるってやっぱり気が張るじゃない?特に今日は目的地に着く前から次の依頼が入るほどの忙しさでさ。アプリを切ってホッとして帰宅前にガソリンスタンドに寄ったわけ。暫く走った後だったから、停車ついでに携帯で数件用を済ませてバッグの中を弄ったりしてから「さてっ」とドアに手をかけて飛び上がるほど驚いたわ。あまりに驚いて実際に少し飛んだと思うわ。なぜなら、真横に相当ワルそうな顔したお巡りさんがいたから。ここでようやくサイドミラーに映ったパトカーに気がついたっていうね。どうやら私は一時停止を怠った罪で真後ろからパトカーがピカピカして停車命令のサインを出しているにも関わらず走行を続け、更には次の一時停止も怠り、パトカー完...日本で柔道をやっていた人

  • 老化現象を明確に見る。

    ワインテイスティング旅でのこと。子供の学校の駐車場で何の障害物もなかったにも関わらず派手に転んで作ったという大層な膝の擦り傷を見せてくれたシルビア。擦り傷っていうか、摩擦傷?痛々しいことこの上なかったわけ。でも、スニーカー履いて平らな場所でシラフで転んだ傷かと思うと可笑しくってさ。あの時は爆笑してたけど、その2日後に自分も家の中で転びました。ええ。平らな場所で。まぁ、サイズの合わないスリッパ履いて若干の飲酒はあったけどさ。両手でラップトップを持っていたので、それを守るべく犠牲にしたのが膝小僧でした。この話は彼女にはしないでおこうと思います。老化現象を明確に見る。

  • 昔と変わらず好きなもの

    子供の頃、日本語で見ていた80年代アメリカのテレビドラマ「ナイトライダー」。何chかまでは覚えてないけど、平日の夕方だった記憶があるわ。これのことね↓去年の春くらいにシルビア家に行った際になぜかそのナイトライダーの話になって、偶然にも同じ時の頃に彼女はドイツ語で、彼女の夫マークは英語でそれぞれの国で見ていた事が発覚。って事で、70年代生まれの大人3人と車大好きの彼らの子供達二人も交え、一気に5話くらい観たことがあってね。それを機にマイコーとキットの活躍に再びハマってしまった私は、携帯の着信音をそのテーマ曲に変えたのが今年の初め。シルビーと私、さすが付き合いが長いだけあるわ。彼女の着信音も全く同じな類友現象が起こって、この度施行された「2泊3日女ふたりワインテイスティングの旅」は電話が鳴るたびに「誰だ?どっちだ?...昔と変わらず好きなもの

  • 中年に芽生えた向上心

    そもそも「運転は好きだけど無駄に走りたくない、ならば!」と年始から始めたUber。パートを辞めた今では、すっかりそれが本業となっていてね。酔っ払いや怪しい人は乗せたくないので、専ら日中の空港と街中の往復をしているのだけど、今のところ楽しんでやっています。今まで仕事というと、言われた通りの時間に出勤して言われた事をやるだけの雇われしか経験がなかったから結構新鮮なの。そりゃ失敗もあるけど、そこから学んで実践して効果が見られるとやる気に繋がって、それが自信にもなってるっていうの?今までがヘタレ過ぎたっていうのも大きいんだけどね。てへっ。それから、スーパーで働いている時から何となく気づいてたんだけど、どうやら私は人が好きみたいでさ。あれだけ他者との関わりを恐れて避けていた時期が嘘のよう。良くも悪くも人って変わるものね。...中年に芽生えた向上心

  • 暗くて寒いと特に寂しい

    ここ数年、他人軸で生きていたせいか別居後も尚いまだに自分の価値観というか、意思決定に歪みがある自覚症状があってね。それを元に戻すため、少しでも興味を持ったことに果敢に挑もうって年明けに決めたの。「休肝日週2日」以外にも新年の誓いがあったのよ。それで今更スケボーを始めてみたり。Uberのドライバーをやってみたり。その最たるものが、他州での住宅購入。今後も人口増加が見込まれている上、私の予算でもまだまだ購入可能なテキサス州の某都市部に投資を兼ねて単身で引っ越そうと暫くリサーチにリサーチを重ねていたんだけど!ざっくり言うと、最初の半年から1年は賃貸で住みながら土地を把握して、住宅を購入したらルームメイトを入れてその家賃で維持費と光熱費を賄って・・・ていう感じ?ところが知人はおろか誰一人として頼れる人がいない新しい土地...暗くて寒いと特に寂しい

  • 今後のことを考える日々

    寒いし雨だしパートの辞め方も最悪だったので先週は2日ほど家に籠って鬱々としていたけど、週末にはマット家で盛大に飲み食いして毒吐いて今週は結構スッキリしてます。酔っ払ってちょっとソファーに横になったら、まるで母親のように枕を頭の下に入れてくれ、毛布を掛けてもらった所までは覚えてるんだけど!案の定、夜中に目覚めた時は家の中が寝静まっていてさ。こっそり帰ろうとしたら玄関先の自分の荷物に置手紙があって「冷蔵庫にコレとアレが入ってます」ってタッパーに詰められた残り物もセットされてました。二日酔い防止のスポーツドリンクまで!この辺りは不動産バブルに踊っていてベラボーにお高いので、低収入で賃貸の私は全てが済んだら撤退するのだけど、この人とお別れするのは寂しいなぁ。今後のことを考える日々

  • パートを辞めた日

    昨年9月から始めたスーパーのお惣菜コーナーに入ってる寿司屋のパート。そのスーパーとは別会社っていう環境ね。そこのパナマ人上司(在米11年、還暦前の女性)の英語に最初こそ戸惑ってイライラしたけど、時期にそれにも慣れてきてここ数ヶ月は和気藹々とやっていてね。他の部門の人が「君たち仲良く仕事できて良いよね〜」って、ちょいちょい言いに来たくらい。彼女のモノの言い方とか語録が少ないせいか無駄に高圧的なんだけど、基本良い人でさ。にしても、酷い時は指示が出されてるってのは流れで分かるんだけど、何を言ってるのか分からない。文法だって過去も現在もクソもないから、ヒントがない限りいつの話をしてるのか時系列も分からない。加えてスペイン語圏特有の発音で、Yの音がJで、JはHだし。でも二人体制で一緒に仕事をしている以上、都度イライラする...パートを辞めた日

  • 自分の呼称が虐待者だった

    ようやく相手側から応答があったと弁護士から書類添付で連絡があり、まだもう数ヶ月かかるだろうけど、お陰様で終わりが見えてきました。家の権利書も預貯金も一切合切持って出て行った元夫の弁護士に言わせると、私は彼を虐待しており彼らの提示するチンチロリンな額の扶養手当で手を打たなければ裁判を起こし、恐らく月々の生活費を向こう数年払うのは私の方になるだろうという脅し付き。もう言葉もないわ。本当にあの10年、特に最後の6年は何だったのかしらね。夫婦だから何とか力になりたくて時には砂を噛む思いで自分を押し殺してきたのに虐待者呼ばわり。これを受け近しい人たちと協議した結果、今いちばん私が欲しているのはこの一件からの解放と、新たな自分の人生へのフォーカス。精神状態が彼のような人とまともに向き合っても無駄なのは十分経験しているではな...自分の呼称が虐待者だった

  • 誓約書も書き直した

    半ばマット君に巻き込まれる形で「家で一人呑みをしない」と立てた新年の誓い。おととい夕飯をつつきながら言ったの。「今度の土曜に新年の誓いを破りますよ。もっと現実的なものにするべきでしたよね」って。パートなのに8時間労働+残業な怒涛の5連勤が土曜で終わるの。そんな日は一刻も早く帰宅してシャワーしてパジャマで「お疲れ、自分!」って缶ビールを開けたいじゃない?それが出来ないとは一体なんの罰ゲームなんだっていう話よ。そこで、私だけ急遽変更しました。休肝日週2日。頑張ります。誓約書も書き直した

  • 朝日で目が眩む

    11月頃から運転席側のサンバイザーが頼んでないのに中途半端に下がるようになっちゃってね。ガムテで留めておいて必要な時だけ剥がして使おうと思っている件をマット君に話したら、直せって言うのよ。調べてみるとディーラーに持っていくと300ドルくらい掛かるところを、パーツを自分でオーダーすれば100ドルちょいでイケる事が判明。早速その場でマット君がオーダーしてくれたのだけど、届いたのが助手席側っていうオチでさ。しかも出荷ミスじゃなくて、発注ミスな!クリスマス前の郵便局が一番混む時期に返品のために並んだわよ!なんてったって、取り付ける気満々でいたからもう外しちゃってたし。でも無きゃ無いでサングラスもしてるし1週間もするとすっかり忘れちゃってね。あっ、そういやサンバイザーが無かった!と焦ったのはおよそ900K離れたアリゾナの...朝日で目が眩む

  • 新年3日目の近況報告

    初日の入り@マット家人手不足のためパートなのに週4−5で出勤する日々でした。大晦日も元旦もフツーに朝6時からスーパーで寿司を巻いてたわ。どんなに遅くとも年内には片付くと思っていた離婚及に財産分与。結論から言うと殆ど進んでいません。全財産を持って行かれちゃっているので、全部を済まさないと日本に帰ったところで新生活も立ち上げられないっていうね。あまりに長く掛かってるから、このままアメリカで生きていく事を考慮し始めたくらい。9月にようやく見つけた住まいは年末までの契約だったので、再度引っ越しました。お陰様で今回は無職じゃなかった事が幸いして、前回ほど物件探しに苦労しなかったわ。通勤が10分ほど伸びたけど、緑が濃くて静かで居心地も大分いいです。前の家は海から近すぎて、オットセイだかアザラシか分かんないけど、一晩中ウォッ...新年3日目の近況報告