searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

frozenroseさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kawashima134
ブログ紹介文
機織り、水彩画、読書に旅行。まだまだしたいこといっぱい
更新頻度(1年)

465回 / 365日(平均8.9回/週)

ブログ村参加:2018/08/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、frozenroseさんの読者になりませんか?

ハンドル名
frozenroseさん
ブログタイトル
ブログ
更新頻度
465回 / 365日(平均8.9回/週)
読者になる
ブログ

frozenroseさんの新着記事

31件〜60件

  • 不敬ですって・・・?

    昨日の動画の説明で、不敬の内容があるとの表現にびっくり。不敬罪は戦後の憲法ができたのに合わせて廃止されています。ただ、名誉棄損などがあった場合、ご本人たちは声を上げられないので総理大臣が変わって告訴することができるそうです。不敬という言葉を使うこと自体、この人たちの感覚が余りに古く、かつ危険と私は思います。何かを敬い、絶対にノーと言えない人間を作っていた時代に決して戻してはいけません。なんでそこまで敬うのか、私には意味が分かりません。敬われて、ご当人たちが本当に喜んでいるとは思えません。自分たちの時代錯誤の思い込みと空疎な信仰で、生身の人間に重荷を背負わさないように願いたいものです。少し前から、結婚延期に対して、ネット上で興味本位にあることないこと、無責任な言説が横行しています。市民の会の人たちは、こちらにこそ...不敬ですって・・・?

  • 快、不快はひとそれぞれ・続編

    今年秋、広島県で「広島トリエンナーレ」という美術展が開かれる。先般の「愛知トリエンナーレ」と同じ形式で、出品作家は全く同じではないのかもしれませんが、全容がまだわからない段階で、広島県内の一部の人たちが「多くの人が不愉快に思う作品は許せない」と県に抗議し、県では外部委員会を作って作品の是非を検討する方針を出しました。私はこの委員会設置には反対です。彼らは市民団体を標榜していますが、彼らの実態は例の教科書を作り、採択運動をするグループが中心。市民というのは便利な言葉。どんな考えの人も市民と名乗れば、それが隠れ蓑になります。彼らはプレイベントの作品が自分たちの価値観に合わないことから、反対運動をはじめたのです。https://youtu.be/_3P0UKE0LI0しかし、特定の人間が不快に感じたということだけで、...快、不快はひとそれぞれ・続編

  • 暖かい一日

    朝7時過ぎから散歩する。マンション、市営住宅、大学、歩いて寒くなく、もうすっかり春。暖かい一日

  • ひな祭りの頃

    今朝の朝日の中で。先日、孫が遊んで内裏雛の配置換え。先日の古民家カフェで見た雛人形の御殿飾り、私が小学生の頃は主流だった気がする。気がするというのは、近所には誰も人形なんて持ってなかったし、唯一、同級生のS竹さんの家に学校帰りに寄って、見せてもらった経験があるだけだから。その頃も今も同じように、嫁いだ娘に女の孫ができたら贈る習慣だったと思う。実母は20歳になるまでに両親を亡くし、兄一人が戦後1年くらいたって中国から復員してきたので、嫁入りしたとのこと。そうでなければ婿養子とって家に田畑、墓所まで受け継ぐ立場だったと話していた。多分ひな人形はまだ十分に出回ってない時代、あったとしても高価で、手に入らなかったのではと思うのです。母は自分で人形買って、実家へ帰った時に着物縫って着せ、「もらった」と舅、姑に見せたとのこ...ひな祭りの頃

  • 藍大島に一重の帯

    土曜日です。そろそろ機織りしたいのですが、今朝もちょっと寒いので、とりあえず着物出してみました。帯は松葉仕立てだったので、裏返して好きな方の柄、出してみました。ミロ風。古き良き昭和の香り。着物が普段着だった時代は、洋風の柄もたくさんあったようです。何の柄でしょうね。こちらも普段着のセット。おとなしい花柄の名古屋帯。帯締めは地元の展示会で100円で購入。15万円の白い帯勧められたので、すぐ逃げた。すみません。買い逃げで。京都から来た業者さんでした。いっぱい品物が売れて全体としてもうけが出たでしょうか。友達は「これも大島」と言ってたけど、リサイクル品なので詳細はわかりません。15年くらい前、よく着た。尾道へ行ったとき、つい長く着て裾が擦れたので、自分で直した。本当の普段着。で、結局藍大島を着ました。寒いので腕抜きに...藍大島に一重の帯

  • 紙コップと古布で作る小物入れ

    紙コップと古い布で小物入れ作ります。浴衣地、紅絹(もみ)裏地を細く裂いて使います。夕方作ったのは補強に内側にコップ入れました。作り方は↓の毛糸使うのと同じ。できました。その間、約10分。こちらの方が楽でした。マスクしたり手袋するのが邪魔くさいので外出自粛。食料品、日用品の買い物を徒歩で。歩いて散歩も兼ねる。友達と会う約束もキャンセル。お金も使わず、時間も余る。なんか昔の人って、こんな生活していたのでしょうか。ゆめタウンの植え込みに、やわらかくておいしそうなヨモギの新芽が出ていた。ヨモギは雑草、少しだけいただき、ほかのものと一緒に天ぷらにしたらおいしかった。なんか昔の人って、こんな生活していたのでしょうか。いえいえ、気が付くといつの間にか私が昔人間。紙コップと古布で作る小物入れ

  • 紙コップと毛糸で作る小物入れ

    Pinterestからヒントいただき、小物入れ作りました。材料は紙コップと毛糸。毛糸、こんなに要らないけど(^ω^)・・・底から1.5センチくらい残して縦に切れ目を入れます。切れ目は7つ、奇数にします。毛糸の端を内側に出し、Youtube見ながら、好きな糸で巻いていきます。おやまあ、糸の上で誰か歌っている~♪出来上がり!!最後は内側に入れ、数本の糸の下を通してカット。内側。糸の端は切手も切らなくても。鉛筆立て、眼鏡入れ、キーケースなど使えそうです。今度孫が来たら作らせましょうか。巻くのは一時間くらいかかりました。皆様も、家にいるお子様、お孫様とぜひどうぞ。紙コップと毛糸で作る小物入れ

  • 古民家レストラン・郷のえき山城へ行く。

    午後から出かけたのは、東広島市高屋町にある古民家レストランです。https://yamashiro-sora.jimdofree.com/先月、夫が友達との山歩きの帰りに遭遇、本日再訪。車停めて、今から行きます。玄関座敷をつなげた大広間。広い。庭。待つ男。横も庭。御殿飾り。古民具。築250年の建物。古時計。アンクルン。インドネシアの竹の楽器。カツ定食やら・・・日替わり定食いただきました。デザートつきコーヒー。おまけのイチゴ。納屋改め離れは広い貸会場。食事すると無料でお借りできるそうです。唐箕。庭から見ます。近所を歩いてみます。先日の登山道へ。里山。黒毛和牛。山陽道と空港行きリムジンバス。土砂災害跡。帰ってきました。今から帰宅します。晴れたり、雨が降ったりと寒い一日でしたが、山里に癒されました。古民家レストラン・郷のえき山城へ行く。

  • 大島紬、2セット

    今朝は寒くて、また冬に逆戻りした気温。2月から4月いっぱいの花粉の時期には、変則で木曜日を午後を休み、土曜日午後を開けている。夫は午後から新幹線で福岡のコンサート行く予定だったけど、今朝、ホームページ見たら急遽中止になった。残念がっていたけど、このご時勢、主催者も用心してのことでしょう。いったい、いつまで続くのでしょうか。きょうは着物着るつもりだったけど、寒いので中止。なんちゃってコタツ(ホットカーペットの上に毛布+コタツ櫓)で先月分の仕事するつもりだけど、やっぱり寒い。泥大島に絞り染めの帯。帯締めは可愛らしく、梅柄の飛び絞り。こちらは折もついているので、割りと気合入れたとき着る。家では着ない。数年前、高松で恩師と友達♂に会った時、着ていった。長男の顔合わせも。あの場合、訪問着がよかったかも。帯結んでいたら、心...大島紬、2セット

  • 「芥川賞の偏差値」 古谷野 敦

    読む本が無くなって公民館で借りてきた。あまり期待してなかったけど、これがたいそう面白かった。1935年から2016年まで、芥川賞の歴代受賞作を簡潔に解説、併せて偏差値を付けようという試み。もちろん小説はいろいろな読み方していいけれど、あくまでも著者の物差しで測った偏差値ということである。芥川賞は直木賞と並んで日本で最も有名な文学賞、新人の書く短編に授けられる賞である。この時点で81年、今年で85年になる息の長い賞を通覧すると、私が思っていた以上に文学作品時代の影響を受けているということ。もう一つは審査委員の作家たちが、新しい書き手を見出し、よりよい文学がこの国に根付くよう、頑張ってきたのだなあと。著者は東大で比較文学の学位を取り、大阪大学の助教授ののち文筆業へと転じ、芥川賞の候補にもなったとこの本に中にはある。...「芥川賞の偏差値」古谷野敦

  • ひな祭りの集まり

    昨日は近所の方二人に来ていただいて、我が家でミニひな祭りを。こういうご時世なのでとお断りして、お茶、干菓子、コーヒーのみ。ても明るい陽の光が入る午前中に、ゆっくり話ができてよかった。手編みの袋入りキャンデー、春仕様のタルトは愛媛名物。餡にユズが入ってます。おいしかった。また来年、と言って解散。人形見ておしゃべりして心が和んで、安上がりの遊びでした。PCR検査をなるだけ受けられるよう努力するとか、なんかそんな答弁ですよね。日本の今の検査体制、絶対におかしい。どう考えても、国民に検査受けさせたくないと考えているとしか見えない。なぜならば、医師が検査相当と判断しても、保健所だったか、感染研究所の下部機関だったか、帰国者何とかセンターとかに申請して許可が下りないと検査できないなんて、これは医療への国家介入と違いますか。...ひな祭りの集まり

  • マスクを作る

    マスクが足りないそうで。キッチンペーパーで作ってみました。用意するもの。キッチンペーパー、細いゴム。はさみ、ホッチキスなど。蛇腹に折り、ホッチキスで止めます。ヘアピンでゴムを通します。内側にもう一枚を折って入れます。表側。ホッチキスは裏から止めて端が顔に当たらないようにしてみました。こちらは昨日作った輪ゴム仕様。形は横の広いこちらが使いやすい。輪ゴムは当たりがきくて耳が痛かったけど、急ぐときにはこちらでも。マスクは感染予防には不十分だそうで、私は人ごみに行かない、外食しない、外でトイレやエレベーター使わない、よく手を洗うなどを心がけたいと思います。マスクは素顔を隠して、感染予防していますよという最小限のアピールのため。今月は会合、お稽古も次々中止。休むの楽です。家でできることをのんびりと。トイレットペーパーはイ...マスクを作る

  • 明るい小紋と染帯・絞りの暖かい羽織

    本日はこちらです。ぼかしに、かすかに模様のある小紋、帯はリサイクル品。型押ししたような気軽な染帯。帯締めは少し派手に。着てみます。久しぶりに出したら変な折り皴が。。。。二枚の鏡は真正面ではなく、一つを斜めに置き、帯の形を確認する。形よくお太鼓作るのが難しい。普段用の名古屋帯はたとう紙から出している。その方が取り出しやすいので。緑の貼り絵は三男小学時代の作品。題はれいかい。霊界の意味?ここは元は三男の部屋。今も少しだけいろんなもの残している。絞りの羽織、タンスから出てきたので着てみる。暖かい。きょうはこの格好でスーパーとコンビニ、ホームセンター行った。当地ではマスクしている人は少ない。明るい小紋と染帯・絞りの暖かい羽織

  • ドット柄黒の小紋・博多風一重帯

    これ、外へ着て出たことないけど、京都きもの市場(ネット通販)で買う。標準サイズ、縫製はミシン。帯は京都でリサイクル品だったかな。まあ黒は無難。その分面白みもないけど。着たのは二、三日前だったかな。面白くない着物着たらそうときめかないけど。問題はいつも髪。短いのが苦手で、長くしてもまとめるのが下手で。だから着物着たら家に潜んでいる。ドット柄黒の小紋・博多風一重帯

  • コロナウィルスより無策な政府が怖い

    https://news.nifty.com/article/magazine/12193-579805/で、こんな記事読んで心を落ち着かせているわけです。体調悪くなってもすぐ検査してもらえるんでしょうか。感染が分かればすぐ入院治療してもらえるのでしょうか。今の日本人、みんな疑心暗鬼になってます。疑心暗鬼からパニックになってます。マスク、トイレットペーパー、など当地でも品薄です。マスクは見た目の言い訳。手洗い大切。マスクはなくなったら自作する予定。トイレットペーパーはそれなりに工夫して・・・以下略。食品は買い占めなくても。パスタとかホットケーキミクスとか。あとはこれから出てくる道端の野草。食べられるものたくさん。ワカメもとる。で何とか乗り切っていきましょう。検査したがらないのは、どこかの機関(私が名前失念)が検...コロナウィルスより無策な政府が怖い

  • 快、不快はひとそれぞれ

    ああ、これですね。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-00472300-rccv-l34先月発足した会の代表は、地元で教科書の活動もしている人です。多くの人が不快に思う展示・・・って、ほとんどの人は無関心、関心あってもまあいいんじゃないのというスタンスと私は思います。今の時代になってもまだ強力な、言葉にできないタブーがある。こういう言説が浮かび上がってくるたびに、昭和生まれの私は禍々しく思い出すことがあるのです。子供の頃でしたが、気に入らない小説を出した出版社の社長宅に刃物を持って押し掛け、お手伝いさんを殺し、家族が負傷した事件がありました。その小説は絶版、作家も放浪生活に入ります。小さな出版社が特集の中で掲載したのをずっとのちになって読みましたが。同じころ、...快、不快はひとそれぞれ

  • ケンカした人と和解・・・したのかな

    10年前でしたね。前のブログで記事見つけました。私の着ているもの、身に着けているものにいちいち口出しする人がいて・・・どんな口出しかというと、「**さんは賢いから質素な服装している」とか、「私ならもう少し派手な着物着る」とか。何度も言われたので「なんで面と向かって人の着ているものにそんなこと言うの」と抗議したら、「悪気はない。思ったこと言っているだけ」と言われ「それで人がどう思うか考えたらどうですか」「いやアドバイスしているだけ」と全然謝らないので大喧嘩になって、それきり会わなくなった人がいました。他人と喧嘩するなんて・・・とわが身を反省し落ち込みましたが、ぬあんと昨日、道でばっりその人と会ってしまいました。知らんふりしててもよかったのだけど、「お久しぶり」とあいさつして10年前のこと、私から謝りました。「うう...ケンカした人と和解・・・したのかな

  • 休校より検査の拡充

    いきなりの全国一斉休校。特別支援学級を含めた小中高。いやあ、びっくり。そしてばあちゃんは怒り呆れる。今の時代、全日、大人が在宅している家庭は稀。子供だけで家にいて、子供だけで出かけて事故などある方が私は心配。それより、心配ある人を検査し、感染している人と医療をつなぐことに力を入れていただきたいもの。韓国では、全国何百か所も検査する場所を作っているそうですが、日本ではなぜしないのでしょう。無能、何もしないと言われて、やる気を見せたのでしょうか。いゃあ、何とも。教師をしていた経験から言います。頭のいい子はほんの一握り。成績が悪いのはそれ自体では本人の属性、良くも悪くもありません。しかし能力のないものが過大な責任ある立場につくのは一種の災害。いまするべきは何よりも検査の拡充と、医療体制の早急な準備。この国には中国や韓...休校より検査の拡充

  • まだまだ雛遊び

    以前、転写紙使って器に絵を付けました。今の季節、桜餅など盛って友達をもてなします。今年も肺炎が一段落したら楽しく遊びたいものです。楽天内ショップで風呂敷買いました。座敷のお雛様と猫。奥行きのあるのがいいですね。ぼんぼり。ぼんぼり。映って映ってまた映って。いっぱいあるようでとても華やか。子供のころ、家にこんな人形あったらとても嬉しかったはず。ばあちゃんの今でもこんなに嬉しいんだから。いえいえ、何事も遅すぎることはない。せいぜい楽しみましょう。メールの不思議。昨夜真夜中、スマホに連続してメールが。それはパソコンから送信してどこかにたまっていたメールのようでした。それと同時に、真っ黒でいかにも死んでる感じのアイコンがカラフルに。なんで?一週間近くあれこれしたのに、全然うまくいかず放置していたのに、なぜそのタイミングで...まだまだ雛遊び

  • 寝る前の嬉しい習慣。。。

    部屋の明かり全部消して、ひな人形のぼんぼりだけにします。やわらかな光に浮かびあがる私のひな人形たち。自分一人でたくさん持ってるのが嬉しい。黒い屏風に映りこむぼんぼりが、幾重にも反射して華やか。したかったこと、これからは一つずつしていくんだ。キッパリ。寝る前の嬉しい習慣。。。

  • 藍大島、紬の帯、縮緬の羽織

    先日、千田わっしょい祭で買った藍大島、着てみます。帯は、紬のパッチワーク、小さな柄の染帯、娘の頃の椿柄の紬と3本出して、今の気分で春を待つ派手な紬帯にしました。寸法が私にほぼ合うので、いい買い物でした。仕付けとってるけど、一度も着てないようです。前の持ち主の方、ありがとうございます。楽しんで着ていますよう~♪帯は3、母が勝手に買ったので昔はそうでもなかったけど、今は親の思いを感じてしみじみとうれしい。幸せに近い感覚かも。そう、ほぼほぼ幸せ~♪先日来た孫は「ほぼほぼ~だよねぇ」と連発するので、笑った。今の小学生、ほぼほぼ、若い女の子と同じ言葉使いするんだね。半襟はこちら。センリョウ柄の縮緬の古布。普段着なので襟芯入れない。適当に7、昔風に着る。縮緬は20年くらい前、商工センターの骨董市で。千円か二千円だった。高い...藍大島、紬の帯、縮緬の羽織

  • 夫と息子がネット検索して・・・

    その結果を時々教えてくれるんだけど、なんかこの国はとんでもなくやばいことになってませんか。危機管理が絶対おかしい。新型肺炎の検査キット、中国から大量に無償で届いたらしいけど、届いたと報道もないし、受診のハードル上げて、疑いのある人への検査を抑制しようとしているように見えます。私の思い過ごしならいいけど。検査キット、国産を開発するのにこだわって外国から買うのが遅くなっているって本当でしょうか。それは製薬会社を儲けさせて裏でマージン受け取るつもりだから?イタリアでは、病院に行かず救急車が家に出向いて検査すると聞きました。韓国では仕事を休む人には国が休業補償を出すそうですね。これは自国民だけではなく、外国籍の人も一律、この施策には私はちょっとしびれました。何十年も休戦状態の国は緊張感が違うのでしょうか。非常時にこそ、...夫と息子がネット検索して・・・

  • 確定申告に乳がん検診

    2月もあと少し。この間お正月だと思っていたのに、早いこと。午前中、ネットで確定申告。昨年の控え、パソコンに保存していたけど、パソコンが壊れて、データ探すのが面倒で、今日まで伸ばし伸ばしに。でも、いつかはしないといけないので今日やってみた。やってみたら、昨年のデータは不要。お国からもらったIDに自分で決めたPWさえあればサクサクと。あとは送信して無事完了。やれやれ。IDにPW、これが何よりも大切。鍵のようなもの。鍵がないと家に入れないし、車に乗れない。Outlookのメールは何度してもうまくいかず、いまだにアカウントが最新ではありませんと時々知らせてくる。web上で数百件は見られるので、それをスマホでも見られるようにして、もう設定するのも面倒。以前、サンダーバードというアプリで見ていたけど、それをダウンロードする...確定申告に乳がん検診

  • 孫と息子が来た

    朝、電話したら遊びに来るそうで。待つこと30分、外で声がするので玄関ドア開けたら、二人がランドセル背負ったまま駆け込んできました。下の子は四月から一年生ですが、待ちきれないのでしょうか。二階の明るい部屋で、早速勉強しています。ここは学校で、おばあちゃんは担任の先生だそうです。45分したら10分休憩、また45分勉強。次は大休憩ですがそのままずっと休憩。。。このあと二人と一緒にパン焼き機でお餅を作り、孫二人、息子、私たちの五人で食べます。餅つきは家庭科のお勉強だそうです。大人三人は餡餅、孫は砂糖やお醤油でおいしく食べました。パンはもう作らないので、今や餅つき機に特化されつつあります。おやつが終わって夕方から公園へ。恒例の木登り。木登り大好き。このあと夕食はパックに詰めて持たせる。きょうは暖かくていっぱい遊べていい日...孫と息子が来た

  • ひな人形、続き

    木曜日、水彩画から帰って出したのはこちら。うーん、やはり写真が悪い。前のパソコンはきれいだったのに。ヤフオク出身に貰い物。今年の追加は大きなぼんぼり。ヤフオクでわずかに1円。送料は千円くらいだったけど。下の段の巨大な花橘も1円。寝具は自分で縫う。掻い巻き布団が難しかった。大内人形。40年以上前の貰い物。こちらでパートの中の骨董市で。25年くらい前、骨董がブームだったころ。高い買い物だった。真摯に反省しております。あと、蚕のザルも抱えて帰ったことが。こちらも真摯に反省。あとは小さなものいろいろ。前ほどときめかなくなったのはひな人形、あるのが当たり前になったからでしょうか。しまう場所、出し入れの手間考えたらもう限界。今年は新型肺炎騒ぎでもうひな祭り会しない。そのかわり近所の人にちょっと見てもらった。いいねえという反...ひな人形、続き

  • 今朝の中国新聞によると

    新しい教科書をつくる会の中学社会科の教科書が検定不合格になり、不採用になったそうです。不採用になったのは3月まで明かしてはいけないのに、会の方ではすでに明かしており、文部省がどういういきさつか調査するとか。確かそんな記事です。http://celebokusama.blog17.fc2.com/以前は誤字脱字か多かったって…そちらの方にびっくりです。教科書を作るレベルにまで達していないと思うしかありません。この会の小学校の教科書見たことがありますが、古代の神話を初めに取り上げるところがいけないと思います。古事記にある神話は、日本が古代統一政権としてのアイデンティティーが必要になった時代の中で生まれてきたものと私は理解しています。それは歴史の必然ではあるでしょうが、科学的な歴史学の方法にはそぐわないもの。いざなみ...今朝の中国新聞によると

  • ビルとマンションを見て歩く日々

    35年くらい前かな。ある集まりに三男連れていく。長男、次男は言い含めて留守番させる。そうやってでも外の世界に触れたかった私。パーマ当てる暇がないので、いつもこんな髪型。三男だけ連れてカットだけ。あの時代に戻りたいかと聞かれたら、戻りたくないと答えるでしょう。今は自分の心配だけしていればいいので楽。最近の私、人ごみに行かないように、毎日、近所を一万歩目指して歩く日々。最近、いいまで全く関心のなかったビルやマンションを眺めて歩く。住んだことないので関心なかったけど、もし住むならどこがいいかなと、考えるのがゲームみたいで楽しい。南に高い建物のない、将来も建ちそうにないマンションの4階くらいまでがいいかな。あまり高いと停電のとき困りそうだから。マンション暮らしのいいところは全部が一つのフロアーで済むところ。一軒家みたい...ビルとマンションを見て歩く日々

  • 「時の肖像 小説・中上健次」 辻章

    2014年3月、海辺のイベントに行く珍しい車のオーナーといろいろ話した。感動した。30年くらい前の日本文学の状況を思い出して懐かしかった。時あたかも昭和から平成に移るころ、講談社の担当編集者として作家、中上健次にかかわった日々を回想した、小説としての作家像であると同時に、著者は知的に障がいのある子供を抱えて、家庭的にも追い詰められ、小説の中では妻は離婚して一人で家を出ていく、もう一つの話も展開される。作家に寄り添い、交流を深め、作品を書いてもらう日々は、伴走者と呼ぶにふさわしい。けれども家庭は妻に丸投げ、妻は心を閉ざし、最後は家を出ていく。編集者は働く時間が都合のつけられる仕事なので、一日一時間でも妻を家庭から解放してあげればこんなことにはならなかったのでは。姿勢の問題です。昭和の男だなあという感じ。しかし、中...「時の肖像小説・中上健次」辻章

  • 新型コロナ、じわじわと恐怖が・・・

    昨日の新型コロナウィルスの検査は全国で9件、そのうち7件が陽性だとか。検査は本人が申告して、医師が必要と認めて初めてするのでしょうか。今日まで中四国、東北などは感染者がいないことになっていますが、いないのではなく、検査していないでは・・・とつい思ってしまう。持病なければ大丈夫、免疫力つけて家でじっとしていればって、それができれば誰も苦労しないわけで。今月3日に金毘羅さん行ったら、中国の個人観光客もちらほら。中国人が悪いのではなく、人ごみに行ったので、月半ばまでは熱でないかと心配だった。来月、クルーズの予定が。豪華客船の外国への旅と言いたいところだけど、そうではなくて、瀬戸内を観光船で一時間。でも行きたくないなあ。しばらくこのニュースから目が離せません。早く収まってくれることを、ありきたりだけど、願っています。新型コロナ、じわじわと恐怖が・・・

  • ひな人形出した

    人形は二階の押し入れ天袋に入れてある。昨日は箱全部を下ろして終了。本日、朝から箱を下に運んで飾りつけ。久しぶりのデジカメ写真。このパソコンと相性悪いのか画像が・・・泣こんなのやらこんなのとか。午後から水彩画のお稽古。これは先月。きょうはチューリップとガーベラ描いた。帰宅してから続きをやって終了。結局親王のセットを6つ飾った。疲れた。疲れたので早めに入浴したら疲れが取れたので良かった。きょうは水彩の行き帰り、車の中で情報交換。またゆっくり話したいものです。ひな人形出した

カテゴリー一覧
商用