searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

万馬券ホースさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
万馬券ホース〜競馬予想のススメ
ブログURL
http://manbaken-horse.doorblog.jp/
ブログ紹介文
馬券の事なら万馬券ホース。調教・血統・レース展開・競馬予想など競馬に関する様々な情報を発信します。
更新頻度(1年)

54回 / 313日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2018/05/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、万馬券ホースさんの読者になりませんか?

ハンドル名
万馬券ホースさん
ブログタイトル
万馬券ホース〜競馬予想のススメ
更新頻度
54回 / 313日(平均1.2回/週)
読者になる
万馬券ホース〜競馬予想のススメ

万馬券ホースさんの新着記事

1件〜30件

  • 牡馬最後の一冠菊花賞は神戸新聞杯組が強い!注目は2人のベテラン騎手!

     まずは先週行われた秋華賞で、史上初の無敗牝馬三冠を達成したデアリングタクトにおめでとうと言いたい。オークスから直行のローテーションで少し不安視されていたが、終わってみれば完勝という内容だった。デアリングタクトの今後は未定とのことだが、もしジャパンカップ

  • 最後の一冠秋華賞は上位人気を信頼!軸になるのは3つのレース

     いよいよ今週末から3週続けて日本競馬の歴史的快挙が達成されるかもしれない。その内容だが、まず今週末には史上初の無敗牝馬三冠を狙うデアリングタクトが秋華賞に挑む。そして来週には同じく無敗牡馬三冠を狙うコントレイルが菊花賞に出走する(ちなみに牡馬の無敗三冠達

  • 4歳と5歳中心の京都大賞典は宝塚記念出走組が好調!

     先週行われた秋のGⅠ開幕戦スプリンターズステークスは、1番人気グランアレグリアが直線に向いてもほぼ最後方と言える位置からごぼう抜きで最後は2着に2馬身差をつける圧勝劇を演じた。春の安田記念ではアーモンドアイを下して優勝しているので、1600m以下なら実質的にグ

  • セントウルステークス組が強いスプリンターズステークスにはラッキー枠が存在!

     いよいよ競馬も秋本番を迎え先週は菊花賞トライアル神戸新聞杯が行われた。何と言ってもこのレースの注目は史上3頭目の無敗三冠を狙うコントレイルだ。単勝1.1倍の圧倒的な支持を受け、レースも2着のヴェルトライゼンデに2馬身差をつける完勝だった。よほどのことが無い限

  • 関東馬優勢のオールカマーはレース間隔が詰まった馬には要注意!

     シルバーウィークは外出する人が多く、どこの行楽地も久しぶりに活気づいていたみただ。競馬も変則的な月曜日を含む3日間開催をしていて、日曜日に行われた秋華賞トライアルのローズステークスではリアアメリアが久しぶりの勝利を挙げ、打倒デアリングタクトに名乗りを上げ

  • ローズステークスはオークス出走組とディープインパクト産駒を信頼!

     京都競馬場の大規模改修が11月から本格的に行われる。今回はかなり大規模な改修になるみたいだが、せっかく競馬場を改修するのだから1点だけお願いしたい点が個人的に有る。それは競馬場のスタンドのどこからでも実際に走る馬が見やすくなってほしいということだ。競馬場が

  • セントウルステークスは1番人気を信頼!3歳馬も侮れない!

     先週で夏競馬も終了し、いよいよ秋のGⅠ戦線が近づいてきた。今週はスプリンターズステークスと秋華賞に向けたトライアルレースがそれぞれ行われる。近年は秋も海外レースへ向かう強豪馬も増えてきていたが今年はコロナウイルスの影響も有り、秋以降も国内レースに強豪馬

  • GⅠにもつながる小倉2歳ステークスは上位人気とあの騎手を狙え!

     6月からスタートした2歳戦もついに先週の新潟2歳ステークスから重賞レースが始まった。まだキャリアが浅い馬同士の戦いになるが、ここから未来のGⅠ馬が出る可能性も有るので目が離せない戦いが続いていく。そんな中、今年はヨカヨカという2歳牝馬が注目を集めている。先

  • GⅠにつながるキーンランドカップは上位人気と牝馬を信頼!

     先週行われた真夏の祭典GⅡ札幌記念は結局、GⅠ馬3頭が上位3着までを占める結果となった。終わってみれば実績馬が強かったと一言でまとめることができるのだが、2着に入ったペルシアンナイトは2017年秋に3歳にしてマイルチャンピオンシップを勝って以来、勝ち星から遠ざ

  • 1番人気が11連敗中の北九州記念は牝馬中心で中穴を狙え!

     例年に無い静かなお盆も過ぎ去り、夏競馬もいよいよ終わりが見えてきた。夏場はGⅠこそ開催されていないが毎週荒れやすいレースが続いているので、競馬ファンにとってはGⅠレースとは違うドキドキの連続ではないだろうか。しかも今週はGⅠへの昇格も噂されているGⅡ札

  • 関屋記念は中京記念出走組が中心!あのラッキー枠に入った馬は絶対に狙い!?

    8月に入ってさらに暑くなりいよいよ夏本番を迎えた感じがするが、8月15日から予定されていた新潟競馬場での一般客の入場再開が取りやめになった。コロナウイルスがまだまだ収まっていない状態を考えれば仕方ないのだが、このままいけば春に続いて秋競馬も無観客での開催の可

  • 直近3年は人気薄が強いレパードステークス!ポイントは2つの3歳限定ダート重賞!

     7月半ばに亡くなった名馬ビワハヤヒデに続いてまたしても平成の名馬マチカネフクキタルが7月31日にこの世を去った。同期にはサイレンススズカ(宝塚記念優勝)やメジロブライト(天皇賞春優勝)、シルクジャスティス(有馬記念優勝)など個性派で知られる名馬が揃っていた

  • 1、2番人気が強いクイーンステークスは3歳馬を狙え!

     先週の競馬関連の出来事を2つ振り返っておこう。まずは菊花賞や天皇賞(春)などGⅠを3勝した名馬ビワハヤヒデが30歳で亡くなった。ビワハヤヒデ自体も名馬であることは間違いないが、弟に三冠馬ナリタブライアンがいることでもかなり有名だった。結局、兄弟対決は実現し

  • 1分足らずの電撃戦アイビスサマーダッシュは1番人気と牝馬を信頼!!

     先週行われた2つの重賞も夏競馬らしく大荒れの結果となった。阪神メイン中京記念では最低人気メイケイダイハードが勝利し、単勝の万馬券だけでもすごいが3連単は超高配当となった。もう一つの重賞函館記念も勝ったのは16頭中15番人気のアドマイヤジャスタで、こちらも3連単

  • 中穴の活躍が目立つ中京記念!上位3頭には面白い共通点が存在した!

     今年も北海道ノーザンホースパークで1歳馬のセリが行われ、1歳セリとしては史上最高額の5億1000万円が飛び出した(しかも税別)その1歳馬の父は多数の名馬を輩出しているディープインパクトで、昨年亡くなったディープインパクトの産駒は1歳と今年産まれた当歳のみとなって

  • 荒れやすい七夕賞は重いハンデ馬と短いレース間隔の馬を狙え!

     本格的な夏競馬が始まったが、早速先週の日曜メインは大荒れになった。阪神メインのCBC賞では16頭中最軽量ハンデの13番人気ラブカンプーが逃げ切り、2着にも11番人気アンヴァルが突っ込んで馬単29万超え、3連単は驚異の244万となった。一方、福島メインのラジオNIKK

  • 秋につながるラジオNIKKEI賞はサンデーサイレンス系が主役!!

     春競馬の締めくくりとなる宝塚記念はGⅠ馬8頭が揃った豪華なレースとなったが、クロノジェネシスの衝撃の圧勝劇で幕を閉じた。レース直前に降った雨が不良馬場を得意としているクロノジェネシスに味方したとはいえ、2着のキセキにつけた6馬身差は誰もが驚いたのではないだ

  • 春の締めくくり宝塚記念は牝馬と8枠を狙え!

    2歳の新馬戦もスタートして夏競馬が始まった感もある競馬だが、いよいよ春の締めくくりとなるグランプリ宝塚記念の開催がやってきた。コロナの影響もあってか、強豪馬が海外遠征するのではなく、国内GⅠに出走するケースが目立った今春のGⅠ。宝塚記念も例年より豪華なメン

  • 予想難解な函館スプリントステークスは牝馬と関西馬を狙え!

     毎年荒れると言われているGⅢマーメイドステークスは今年も7番人気サマーセントが勝利し、3連単は10万超えでやや波乱の結果となった。しかし、同日東京競馬場で行われたGⅢエプソムカップのほうがインパクトは遥かに強かった。勝ったのは9番人気ダイワキャグニーで、2着

  • 過去にGⅠ馬も輩出しているエプソムカップ!4歳馬が圧倒的有利!

     圧倒的人気に支持されたアーモンドアイがまさかの2着に敗れた先週のGⅠ安田記念。芝GⅠ史上初の8勝目の偉業がかかっていたが、スタート直後に出遅れたアーモンドアイは昨年のリベンジはならなかった。しかし、アーモンドアイにはまだ秋が残っているので残りレース数は限

  • リピーターが目立つ安田記念!勢いの4歳馬と実績の6歳馬が馬券の軸!

     先週の日本ダービーでは牝馬クラシック二冠のデアリングタクトに続き、牡馬クラシックでも無敗の二冠馬が誕生した。優勝したディープインパクト産駒のコントレイルは早くからディープインパクトの最高傑作とも言われているだけあって、ダービーでも危なげないレース運びで2

  • 皐月賞組が中心の日本ダービー!強い1枠と3番人気は必ずチェック!

     63年ぶりに無敗で牝馬二冠を達成したデアリングタクトに沸いたオークスに続いて、今週行われる競馬の祭典・日本ダービーでも無敗の二冠馬が誕生するのか注目を集めている馬が存在する。父に無敗でクラシック三冠馬に輝いたディープインパクトを持つコントレイルだ。ここま

  • 1、2番人気が強いオークスはたった2つのレースから勝ち馬が出る!!

     やっぱり強かった・・・。先週のGⅠヴィクトリアマイルを見て誰もがそう思ったのではないだろか。断然1番人気のアーモンドアイが2着サウンドキアラに4馬身差をつける圧勝劇を演じた。しかも直線に入っても馬なりのまま後続を突き放して勝ってしまうのだから、牝馬同士では

  • 狙いは4番人気以下!?波乱傾向のヴィクトリアマイルは昨年の3着以内馬に要注意!

     先週は3歳馬によるマイラー王決定戦であるNHKマイルカップが東京競馬場で行われた。結果はやはり今年も荒れてしまったの一言。2着に1番人気のレシステンシアが入ったが、優勝は9番人気の伏兵ラウダシオン、3着に6番人気のギルデッドミラーが突っ込み3連単は15万円超えと

  • ダイワメジャー産駒が好調のNHKマイルカップ!注目は前走で負けている馬!?

    世間がゴールデンウィークに突入している中、先週は天皇賞(春)が京都競馬場で行われ、フィエールマンが1番人気に応えて天皇賞(春)連覇を果たした。GⅠにしては少し寂しいメンバー構成だったが、フィエールマンがGⅠ馬としての貫録を示した格好だ。ところで最近、競馬を見

  • 天皇賞(春)と相性のよい種牡馬は4頭だけ!?上位人気は信頼して吉!

     先週は春のGⅠが中休みだったが、開幕週の京都競馬場ではあることで盛り上がっていた。4月25日の京都競馬場で何と1日に単勝万馬券が4回も飛び出したのだ。100円かけるだけでも1万円以上に変身してしまう夢のような話が、同じ日に同じ競馬場で4回も出たことに誰もが驚いたこ

  • オークストライアル・フローラステークスは3枠の馬に大注目!

     先日行われた皐月賞は一週前の桜花賞に続いて、ゴール前まで人気馬による一騎打ちとなった。優勝したコントレイルと2着に敗れたサリオスは共に皐月賞まで3戦無敗のGⅠ馬でどちらが強いのか注目を集めていた。2着に敗れたサリオスも久々の競馬でこれだけ走れるのは十分強い

  • アンタレスステークスは外枠に入った5歳馬が中心!名古屋大賞典組も要チェック!

     先週行われた牝馬クラシック第一弾桜花賞は、2番人気のデアリングタクトが衝撃の差し切り勝ちを見せ、あっという間にそれまでの3歳牝馬の勢力図を塗り替えてしまった。今年の桜花賞は明らかに前残りのレース展開になり、1番人気レシステンシアがこのまま押し切るかと誰もが

  • 意外と荒れにくい桜花賞はチューリップ賞出走組がとにかく熱い!

     先週行われた大阪杯はラッキーライラックが牡馬を蹴散らしGⅠ3勝目、2着に同じく牝馬のクロノジェネシスが入った。2週前の高松宮記念に続きまたまた牝馬のワンツーフィニッシュという結果になった。昨年の年度代表馬リスグラシュー、現役最強牝馬アーモンドアイといい本当

  • 伝統のマイル戦ダービー卿チャレンジトロフィーの展望

    ◎ レース分析中山芝1600mで行われる、GⅢの別定戦です。京都金杯、東京新聞杯から続くマイル戦線の一つです。春の古馬マイルGⅠは5月のヴィクトリアマイル(牝馬限定)と6月の安田記念ですので、有力馬はこのあたりから調子を上げていくことになります。ただし、賞

カテゴリー一覧
商用