searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ダンさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

気の強さは世界一、といわれる中国人女性です。 同情が欲しいです。

ブログタイトル
中国人のお嫁さんをもらいたくなるブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/pekindatora
ブログ紹介文
中国人女性と一緒になった、日本人の日常を 綴ったブログです。
更新頻度(1年)

52回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2018/02/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ダンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ダンさん
ブログタイトル
中国人のお嫁さんをもらいたくなるブログ
更新頻度
52回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
中国人のお嫁さんをもらいたくなるブログ

ダンさんの新着記事

1件〜30件

  • わんちゃんがやってきた その110

    犬は、動いている車の下に潜り込もうとする習性みたいのがあるらしく、昔、近所のワンコがこれで亡くなったことがありました。やれやれ、油断も隙もあったもんじゃない。そう思ってアキオ君に目をやると、とんでもないことを発見しました。何と云うことでしょう。リードが切れかかっていたではないですか。うちのリードは、当初は合成樹脂の紐だったのですが、アキオ君が噛み切ってしまうので、ステンレスの鎖に変えたのです。耐荷重34㎏ですから、体重7㎏程度のアキオ君には十分耐えられるはずです。それがどうしたことか、ほとんど切れかかっており、お嫁さんが手を触れた途端、ポキン、と折れてしまいました。「アイヤー!!」お嫁さんは大慌てです。とっさに、アキオ君を抱きかかえ、そのままオウチに帰ることにしました。散歩は中止です。プーチャンの紐はワタシが引...わんちゃんがやってきたその110

  • わんちゃんがやってきた その109

    不思議なことに、散歩すると、ワンコチャン達は必ず、もようします。トイプーのプーチャンなどは、オウチを出た途端です。オウチでは我慢していたのかしら。だとすれば、かわいそうです。散歩中。プーチャンは、他の犬と出会うと、猛然と吠え立て、つっかかります。焦ってリードを引くお嫁さんです。そこへ行くと、ミックスのアキオ君は、他の犬には興味が無いようです。どんな犬が来ても無関心です。その代わり、オートバイや車には関心があるらしく、猛然と吠え立て飛びかかろうとします。特にピザ配達のオートバイには熱心です。ピザの匂いでもするのでしょう。これに対しプーチャンは、車やオートバイには全く興味を示しません。こうした違いは、犬種によるのかそれとも個性なのか、答えを知りたいところです。ある日の夕方の散歩のときでした。角をゆっくりと回る車に興...わんちゃんがやってきたその109

  • わんちゃんがやってきた その108

    わんちゃん達を迎え入れた我が家では、朝夕の散歩が日課になってしまいました。ワンコチャン達をいれて、合計4人。一日に二回、早朝と夕方、4人で散歩です。早朝の散歩は朝4時頃から約1時間で夕方はその時次第の時間帯で、約50分ぐらいです。朝の4時ともなると、人影はほとんどないし、車も滅多に通りません。だから、二人のわんちゃんを引き連れたお嫁さんは、正々堂々と道路の真ん中を威張って歩きます。その後を、とぼとぼとついていくのがワタシです。わんちゃんは二人とも、お嫁さんが引っ張らないと納得しません。ワタシではダメなのです。ワタシが片方を分担すると、お嫁さんを巡っての猛烈なバトルをやり始めます。ワタシが二人を分担すると、二人とも全力でお嫁さんを追いかけようとします。「あんた、人間には人気が無いけど犬には好かれるんだな」と、嫌味...わんちゃんがやってきたその108

  • わんちゃんがやってきた その107

    先日、120円の大根を、お嫁さんが強引に150円に値上げさせたという大事件がありました。その後日談ですが。その八百屋さんが、この前のお礼として、山ほどの葉っぱ(野菜)をくれました。納豆みたいなネバネバがあって、茎の中が空洞で、独特の味がします。日本語でヨウサイ(蕹菜)中国語では空心菜という野菜です。人間が一人、入れそうな、大きなビニール袋イッパイに頂いてきました。真夏のサンタクロースかよ、と思ったほどです。捨てるつもりのものだろう、だからくれたんだという推測は出来ますが、30円が化けた、ということになります。わらしべ長者みたいなお話でした。○わらしべ長者とは。ある一人の貧乏人が最初に持っていたワラを物々交換を経ていくにつれて、最後には大金持ちになる、というお話。わら→ミカン→反物→馬→屋敷残念なことに、ワタシ達...わんちゃんがやってきたその107

  • わんちゃんがやってきた その106

    電話が終わったお嫁さんの顔は晴れ晴れと輝いています。「誰からだ?」「老板娘(女主人)だヨ」「やはりね。辞めるな、という電話だろう」「ウン、明日から会社に行くヨ」「あれほどの決心はどうしたんだよ?」「小江、頭簡単ですから」「簡単過ぎます。脳細胞、一個しか無いんじゃねえの」ちなみに、頭の良し悪しは、大脳皮質のニューロン数で決まる、とする説があります。人間で160億~210億程度犬は5億3000万のニューロン、猫は2億5千万のニューロンだそうです。つまり、ワンコの方がにゃんこよりも頭が良い?お嫁さんは一個かな・・。「アナタは、会社にとって必要な人だから是非来てくださいって」「あ、そう」永年の誠実な頑張りが認められたのです。何しろ、休み時間まで利用して仕事をしてきた彼女ですから。人間、必要とされていることほど幸せなこと...わんちゃんがやってきたその106

  • わんちゃんがやってきた その105

    先日の出来事ですが、お嫁さんが大きな大根を買ってきました。値段は120円で、あまりに安くて申し訳ないので、交渉して150円に値上げさせたそうです。30円の損。こういう神経が理解できません。それはともかく、電話の話に戻ります。専務さんから電話があったのですが、その専務さんは、社長夫人で工場長をしています。従業員は千人もいるのですが、お嫁さんとも顔見知りです。外国人だから目立つのです。ワタシも、以前に電話で少し話したことはありますが、80歳にもなるのに相変わらずハキハキした口調です。キビキビした感じを出そうとして無理しているようにも思えます。肩肘張っている、という感じの女性ですね。本当は優しい女性なのかもしれません。そんなことを考えながら、ベソを掻いているお嫁さんと電話を替わります。お嫁さんは電話片手に。「ウンウン...わんちゃんがやってきたその105

  • わんちゃんがやってきた その104

    犬、って凄いなあ・・・・。アキオ君を、偉い偉いとべた褒めしながら、つくづくそう思います。中国の儒学者であった周敦頤が詠んだ愛蓮説という文があります。蓮は泥の中からキレイな花を咲かせるので花の君子である、というような意味の文です。見切り品の売れ残りで安く売られていたアキオ君はワンコの君子です。エライエライ。頭なでなで。頭をなでると、両の耳を横に倒して撫でやすくしてくれます。褒めているのが判るのかしら・・。そんなおり、電話が鳴りました。オウチは時代遅れで、未だに固定電話しかありません。携帯もスマホもありません。その電話ですが、お嫁さんは怖がって出ないことになっています。ワタシが出ると、お嫁さんの会社からです。どうやら専務さんのようです。ALA!中国わんちゃんがやってきたその104

  • わんちゃんがやってきた その103

    お嫁さんの従兄弟から、久々にメールが届きました。この従兄弟はドイツへ留学して、哲学を学んだ、というインテリです。しかし、インテリの弱いところと言いますか。お父さんに紹介された会社に、勤めたのですが、一日で嫌になり、雲南省に逃げました。そこで、少数民族の子連れお嫁さんをもらい、小さな洋服屋を営んでいた従兄弟です。義母さんの具合が悪く、入院したのですが、入院しただけで、日本円で10万ぐらいを取られました。更に、寝ているだけなのに、やはり日本円で一日4万。白衣を着た強盗だ、と罵っています。そんで別の病院に変えたそうです。中国では、医者が患者に殴られたり、刺されたりする事件が続発しています。ヒドいことをするなあ、と思っていたのですが、それにはこんな理由があったのかもしれません。写真はヘルメットを被った医者さんです。殴ら...わんちゃんがやってきたその103

  • わんちゃんがやってきた その102

    水飲みも同じです。アキオ君がごくごくやっているのをプーチャンが押しのけてごくごくします。アキオ君は、というと、つまらなそうにしてそれを眺めているだけです。横取りしようとか、やり返そうなんてことはしません。プーチャンが終わると、再びアキオ君がごくごくはじめます。アキオ君にアイスをあげました。アイスの一部ですね。お嫁さんが食い散らかした、小さな残りです。殻の部分だけです。お嫁さんはプーチャンにもあげるつもりだったのですが、止めるまもなくアキオ君が全部口の中に入れてしまいました。どうしましょう、と途方にくれたお嫁さんですが、なんということでしょう。アキオ君は、それを吐き出し、プーチャンにも分けて、仲良く一緒に食べ始めたではないですか。何度も言いますが、アキオ君の方が大きくて力も強いのです。だから、アキオ君がマジで怒る...わんちゃんがやってきたその102

  • わんちゃんがやってきた その101

    四人?で散歩をしていると、他のわんちゃんと遭遇することがよくあります。アキオ君は知らん顔していますが、プーチャンはワンワンキャンキャンします。お嫁さんが、紐を引っ張り、懸命にストップさせようとします。それを見とがめたアキオ君はプーチャンをたしなめて、首筋を咥え、押さえ込みます。「うるさい。恥ずかしい真似はやめてください」(お嫁さんによる犬語の翻訳)散歩から帰って、ワンコ達の脚を洗おうとしてお嫁さんがプーチャンを逮捕しようとしますが、ちょこまかと逃げ回ります。そのときです。お嫁さんの役に立ちたいのか、アキオ君はサッとプーチャンに飛びつき、逮捕し、お嫁さんのところにまで連行します。お嫁さんが感動します。(この、ごますりワンコが)脚を洗ったら、御飯です。どんぶりを二つ用意して、それぞれにワンコ達の御飯を入れます。プー...わんちゃんがやってきたその101

  • わんちゃんがやってきた その100

    アキオ君は偉いです。ワンコの人格者です。ワタシがワンコのおもちゃを買って与えたことがあります。プーチャンが真っ先に飛びつき、竹島や北方領土のように、占領独占して遊びます。アキオ君は、その脇で遊んでいるプーチャンをジッと見つめます。アキオ君の方がはるかに大きくて強いのですが横取りしようとはしません。物欲しそうに眺めているだけです。やがてプーチャンが飽きておもちゃから離れると、アキオ君がそれで遊び始めます。小さい犬を優先させているようです。嫁さんが、アキオ君にビスケットを与えます。すると、アキオ君がプーチャンを呼びに行きます。「おい、ビスケットをもらえるからこっちに来い」冬の寒い日でした。自作のワンコ用コタツのスイッチを入れます。それを察したアキオ君が、プーチャンを呼びにいきます。「おい、こっちが暖かいぞ」ALA!...わんちゃんがやってきたその100

  • わんちゃんがやってきた その99

    安倍さんの10万円が、ワタシの銀行口座に振り込まれました。お嫁さんと併せて20万円になりますが、全部、嫁さんに強奪されました。お金が入ったので、すこし贅沢をすることにしたようです。お嫁さんはナスと見切り品で1パック50円になった椎茸2パックを、ワタシのお金で購入しました。ここで嫌味です。「キャベツを買うんじゃなかったんかよ?」「キャベツはまだ高いのヨ」話を戻します。検索の結果ですが。ふむふむ、やはりワンコには、ご主人様を想う、そうした習性があるらしい・・。何でも、先祖が集団生活していたワンコには、仲間を庇う習性があるとか。犬は、人間の2~3歳の知能といいますがこんなこと、人間の幼児にはむりでしょ。そういえば、少し前、お嫁さんが体調を崩して横になったとき、やはりアキオ君が近寄ってきて、枕元でさも心配そうにク~ン、...わんちゃんがやってきたその99

  • わんちゃんがやってきた その98

    落ち込んでいるお嫁さんを見かねたのか、ミックス犬のアキオ君が、トコトコと近寄るや前足をお嫁さんの膝に乗せます。そして、お嫁さんの顔をジッと見上げます。その姿は、どうみても、元気の無いお嫁さんを励ましているようにしか見えません。「どうしたの?元気だしてくださいよ」アキオ君に遅れて、トイプードルのプーちゃんもやってきて心配顔をお嫁さんに向けます。お嫁さんも、二人?の意図を察したようです。エッ!?というような顔をして半べそ顔になりました。そして、遂に感極まったお嫁さんは、二人?を抱きしめて泣き出しました。へ~、犬って、こういう芸当が出来るんだ。泣きじゃくっているお嫁さんを横目に見やりながら沈着冷静なワタシは、ネットで検索です。ALA!中国わんちゃんがやってきたその98

  • わんちゃんがやってきた その97

    元気しか取り柄のないお嫁さんですがその元気がどうして、無くなっちゃったのか。推測は容易です。それでも心配する演技は必要です。これが結婚して○十年の果てに得た極意です。「どうしての(どうしたの)?」「うるさいヨ・・・・」拒絶の言葉も元気がありません。「辞めたのを後悔しているんだろう?」「・・う・・ん・・」思った通りです。全く判りやすい女性です。「アホか。予行演習までして決めたのに」「心にコン(空)が出来たみたいな感じだヨ」「あんたは仕事人間だからな」「ふ~」お嫁さんが、大きなため息をつきます。「ため息を一つする都度、幸せが一つ逃げるんだって」「よ~ちゃん、どうしよう・・・」どうしようって言ったって、諦めるか、謝罪して元に戻るしか二つに一つしかありません。冷たく突き放します。「俺は知らん。プイ」お嫁さんは遂に椅子に...わんちゃんがやってきたその97

  • わんちゃんがやってきた その96

    なにしろ、あちこち転職を繰り返したあげくやっとたどり着いた会社です。お嫁さんは、マイペースの達人で、周りに合せるのが苦手なのです。苦手というか、周りに合せる気が全然ありません。それでトラブルになり、あちこち会社を辞める羽目になったのですが、いま勤めている会社は、お嫁さんの希望通り、マイペースで仕事をやらせてくれる貴重な存在なのです。勤めては辞めるを何度も繰り返している間に自信を失ったようです。「この会社に入って、私は自信とお金をもらうことことが出来ました」と、いうのはお嫁さんの口癖です。それでも結局辞めることにしたのですから、お嫁さんにとっては人生の一大事なわけです。人生、って結局、仕事と家族なんだろうと思います。さて、試用期間?の二週間が過ぎて、やはり辞めることにしました。お嫁さんは、ワタシが作成した退職届を...わんちゃんがやってきたその96

  • わんちゃんがやってきた その95

    痩せたため、お嫁さんの体型も変りました。今まで麻雀のパイみたいな身体でしたが、ちゃんとくびれが出てきました。この麻雀のパイ、というのはお嫁さんが自分で言いだした形容です。だから、ワタシには責任はありません。ワタシなら冷蔵庫に例えます。パイでは小さすぎます。お嫁さんに付き合った訳ではありませんがワタシもかなり痩せました。それはともかく、わんちゃん達のお世話が大変になったのでお嫁さんは会社を辞める決心をしました。「あんたみたいな仕事人間から仕事が無くなったらどうなるんです?」お嫁さんが仕事を辞めるのは賛成なのですが、何せ、仕事以外に趣味も時間つぶしも無い女性です。有り余った時間でワタシをいじめないか大いに心配になります。「そうだね・・」「よ~く考えてからにしましょう。辞めるのはいつでも出来るんだから」「そうだね・・...わんちゃんがやってきたその95

  • わんちゃんがやってきた その94

    お嫁さんの手抜きは、ワンコちゃん達のお世話にも及びます。結論からいいますと、わんちゃん達のお世話も一部、というか、かなりの部分をワタシに押しつけられることになりました。手は抜きたい。でも、わんちゃん達は、可愛いから手抜きは可哀想と考えたのでしょう。「わんちゃんのお世話は、百%小江がやる、って約束したはずです」そういう固い固い約束で、わんちゃん達を購入、いやお迎えしたのです。「約束したよ。でもよ~ちゃんがやるのです」「な、何それ?ひ、ひどくない?」「ひどくありません」昔は、そんな約束をした覚えは無い、証拠はあるか、でしたので、これは進化形態なんでしょう。彼女なりに反省しているのかしら?聞いた話なんですが、英国あたりで次のようなパターンもあったそうです。「約束はした。しかし、約束を守ると言った覚えは無い」約束する、...わんちゃんがやってきたその94

  • わんちゃんがやってきた その93

    やたらケンカしまくりますので、会社でも、お嫁さんと仲が良い人は少ないのですが、会社の社長夫人である専務さんとは仲良しです。真面目に黙々とキレイな仕事をするお嫁さんを評価してくれているようです。その専務さんから、アナタは良く働くから特別にということで、中国製マスクを頂きました。使い捨てマスクで一箱50枚あります。これで当分安心だと、思ったのですが。非常事態だからマスクしろ、というお願いはどうやら近々解除されるらしいですね。残念、といったら怒られそうです。それはともかく。このように、ワンコを迎えてからの我が家はたいそう忙しくなりました。それでお嫁さんは家事の手を抜くことを考えました。まずは料理の手を抜きました。主食はお米からうどんに変りました。生のうどんですね。お湯でポッポすればそれでできあがるから簡単だ、というの...わんちゃんがやってきたその93

  • わんちゃんがやってきた その92

    空を飛ぶモノで食べられないモノは飛行機だけ。脚があって食べられないモノはテーブルだけ。こんな調子で何でも食べてきた中国人ですがコウモリを食ってコロナ、ということで今度、中国政府は「変なモノ食うな」というお触れを出したそうです。その中に「犬は食べちゃだめ」というのも入っているとか。日本も江戸時代は犬を食べていたそうですが生類憐れみの令により、食べなくなったというお話を聞いたことがあります。それはとにかく、体重減です。体重が減ったお陰?なのか、ワタシの高かった血圧は正常値に戻り、お嫁さんの、会社でやった健康診断はオールAになりました。オールAというのは結構珍しいらしくお医者さんも感心していたそうです。ストレスが原因で痩せる、というのはあまり良ろしくないと思うのですが、結果が良いのですから、問題無いのかな?ALA!中...わんちゃんがやってきたその92

  • わんちゃんがやってきた その91

    ○10万円給付について「10万円は、世帯主の口座に振り込まれるんだって」「セタイムシは、よ~ちゃんだ」「そうだ。だから俺の口座に20万入ることになる」「じゃあね、20万円、降ろして下さい」「20万、全部?」「そんでね、10万は私の銀行に入れて下さい」「まあ、それはイイけど、どうして20万降ろすの?俺は使う予定は無いんだけど」「残りの10万円は私のところに持ってくるのです」「え?・・・俺の分はないの?」「ウン、そうだヨ。ヨ~チャンは無いんだヨ」これは給付の目的に反します。なんでも、10万円は家計の足しにする、という意味で、個々人に給付するのではなく家族という単位に給付するのだそうで、それで世帯主なんだとか。だから、世帯主が全部ガメてもそれはそれで理屈は通る、という話らしいのですが、世帯主が全部取られる、というのは...わんちゃんがやってきたその91

  • わんちゃんがやってきた その90

    10万円給付について。「今度ね、安倍さんが10万円くれる、って」「どうしてくれるの?」「バイキン(ウイルス)で、みんなが可哀想だから、だって」「外国人にもくれるの?」「長期滞在の外国人はもらえるらしい。だからあんたももらえるよ」「日本政府、優しいね。中国だったら絶対にもらえないよ」「そうかもな。で、10万もらったら何に使う?」「貯金するヨ」「安倍さんはね、是非使って下さい、って」「・・・」「使わないと経済が悪くなるんですよ」「じゃあね、キャベツ買います」ワンコにもくれれば、オウチは40万円になるんですけどね。それはさておき、ワンコのお話です。朝起きると、嫁さんが散歩に連れ出しますが、その間にワタシが殺菌と洗剤を兼ねた薬でリビングの床とおトイレを掃除します。夕方は、ワタシと嫁さんにワンコ、合計4人で散歩です。夕方...わんちゃんがやってきたその90

  • わんちゃんがやってきた その89

    話は飛びますが、先日、ワタシのお昼の御飯、量が少ないのに気がつきました。前々から、少し違和感を感じていたのですがその日は特別に少なかったのです。で、お嫁さんに問いただしたところ『テヘ』という顔をして、頭を掻きました。それで悪事がバレました。何と言うことでしょう。お嫁さんは、自分の分を多くするためにワタシの飯を削ったのです。油断も隙もあったものではありません。それで元通りになったのですが、最近、少し少ない感じがしてきました。気のせいかなあ・・。と、いうことで我が家のワンコ。しばらくワタシとお嫁さんの二人で頑張ったのですがやはり大変です。粗相の後始末や、トイレや刑務所、いやゲージの清掃、それにリビングの床清掃も入って来ます。わんちゃん達は、時々トイレ以外でも粗相をします。トイレでしても、命中しないこともあります。だ...わんちゃんがやってきたその89

  • わんちゃんがやってきた その88

    獣医さんの説明によると、腸内には、善い細菌と悪い細菌があり下痢は、悪い細菌が増えているのが原因だそうで悪い細菌が増えているのはストレスかもしれない、ということでした。しかし、ストレスと言われても、思い当たる節がありません。医衣食住は保障されているし手を上げたことなど一度も無いし、御飯も、一日三回ちゃんと食べさせているし、散歩だって、一日2時間もやらせているし、四人とも仲良しだし・・・。ワタシのストレスならお嫁さんから沢山もらっているのですが。ここではたと思い当たりました。お嫁さんが原因じゃないのか。お嫁さんは、時々無理難題をワンコ達に強要します。先日も、ミックスアキオ君に向かって。「ハイ、と言いなさい」と、命令していました。アキオ君は目をぱちくりさせて・・犬はマバタキをするんかしら?で、調べてみると、するそうで...わんちゃんがやってきたその88

  • わんちゃんがやってきた その87

    今度はエビオスやビオフェルミンも、お医者さんからもらった下痢止めも効果がありません。それで、アキオ君が催した物を袋にいれて獣医さんのところに突撃です。獣医さんが顕微鏡で調べた結果、悪い腸内細菌が繁殖しているのが原因と判明しました。それで抗生物質と漢方をいただき、服用させます。ワンコに効く漢方があるんだ・・。さすが、専門家です。たいしたものです。アキオ君の下痢は、ピタリと治り、今日まで異常はありません。やれやれ、これで平和になる、と安心したのもつかの間でした。こんどはトイプードルのプーチャンが下痢です。プーチャンの胃腸は丈夫で、何を食べても山羊やウサギみたいな、玉玉した物しか出さなかったのです。この、プーチャンの下痢にはビオフェルミンもエビオスも、下痢止めも効き目ありません。しかたなく、今度もワタシがブツを抱えて...わんちゃんがやってきたその87

  • わんちゃんがやってきた その86

    化け猫は踊る、という話を聞いたことがありますが、シルエットはワンコです。手を伸ばし、抱きとめてみると、その毛触りからミックスのアキオ君だ、ということが判りました。トイプードルのプーチャンは小さいのでワタシのベッドに乗ることが出来ない、ということも思い出します。化け猫ならぬ化け犬か?抱っこされジタバタ暴れるアキオ君に問いかけます。「おい、どうした?」ここで疑問が浮かびます。ワンコ達、夜は、刑務所ならぬケージの中にいるはずです。どうやって脱走したんだろう。寝ぼけた頭脳でボヤ~と考えます。そうこうしている間に、お嫁さんが来襲して、ワタシの手を離れ再び転がり暴れ踊っているアキオ君を逮捕します。暗闇の中でお嫁さんに問いただします。「なんだ、なんだ。どうしたんだ?」「下痢だよ」またもや下痢が発生し、それでお嫁さんが掃除をし...わんちゃんがやってきたその86

  • わんちゃんがやってきた その85

    わんちゃんの身体が冷えたので下痢なのかなあ。それで、電気毛布と、デスクヒーターという電気ついたてみたいなやつ(写真参照)で、刑務所、いやケージの周りを囲んで暖を取るようにしました。これが効きました。以降、下痢は治まり、お嫁さんも安眠です。その後ビオフェルミンに代えてエビオスを飲ませています。エビオスの方が安価だからです。ついで、といっては何ですが、トイプーのプーチャンにもエビオスを与えます。お陰で食が細かったプーチャンの食も旺盛になりました。これ効くね。ネットの噂によると、人間のHにも効き目があるとか。精力増進剤かよ。それはともかく、下痢が治まってやれ安心と一息ついたのですがそれも永続きしませんでした。ある夜のことでした。泥のように眠っていたワタシの上に小さな何かが飛び乗って来ました。蒲団の上で、何かが暴れてい...わんちゃんがやってきたその85

  • わんちゃんがやってきた その84

    そう言えば、ペットショップで明雄クンを引き取るとき、下痢だったので引き取りが遅れたことを思い出しました。アキオ君は、胃腸が産まれつき弱かったみたいです。お嫁さんは夜に弱いのです。寝ているのを邪魔すると、天地が裂けるほどの勢いで激怒します。しかし、わんちゃんたちは可愛いからなのでしょう。眠い目をこすりながら、文句も言わずに掃除をします。しかし、下痢は困ります。それでビオフェルミンを飲ませてみました。これが効きましたね。しばらくはそれでOKだったのですが、再度真夜中の下痢が発生してたたき起こされました。今度はビオフェルミンも効きません。それで、ワタシが獣医さんのところに飛んで行き、下痢止めの薬をもらって来ました。1千円もしました。その折り、お医者さんに色々問い合わせたところ、お腹が冷えた可能性がある、とのことでした...わんちゃんがやってきたその84

  • わんちゃんがやってきた その83

    夜、ワンコ達はお嫁さんが刑務所、と呼んでいるケージに入れて、睡眠を取らせます。「あのね、ケージの中は天国のような環境にしましょう、てネットには書いてあったよ。刑務所じゃ可哀想だ」と、アドバイスをしたのですが、お嫁さんは聞く耳を持ちません。刑務所、いやケージに入った二人のワンコは静かになります。通常は、そのまま朝まで静かのままです。しかしです。ある日の真夜中のことでした。ミックスのアキオ君が、ガリガリとケージをひっかいたりして騒ぎだしました。その音で熟睡していたお嫁さんが起こされます。何かと思えば、大きなトイレでした。アキオ君のおトイレは、決まった場所でやることになっていましたのでケージの中では出来ません。それで、「トイレしたいから表に出して~!」と騒いだのです。普通は、小さいトイレも大きいトイレも朝まで我慢出来...わんちゃんがやってきたその83

  • わんちゃんがやってきた その82

    派手に転倒したお嫁さんですが、右手を眼にしたワタシはたいしたモノだ、と感心もしました。なぜなら。お嫁さんの右手には、2本のリード紐がしっかりと握られていたからです。あれだけ見事な転倒をみせてくれたお嫁さんは、アキオ君とプーチャンのリードを、離さなかったのです。だから、二人のワンコちゃんたちも逃走出来ませんでした。思わず感嘆の声をあげます。「キグチコヘイみたいだ・・」起き上がったお嫁さんが訪ねます。「その人は誰ですか?」「日清戦争の英雄でね、死んでもラッパを離さなかったんだ」木口小平(きぐちこへい、明治5年8月8日(1872年9月10日)-1894年(明治27年)7月29日)は、日清戦争で戦死した日本陸軍兵士。ラッパ手として、死しても口からラッパを離さなかったとされた。その逸話は明治35年から昭和20年まで小学校...わんちゃんがやってきたその82

  • わんちゃんがやってきた その81

    話は少しずれますが、あのコロナの伝染病。お嫁さんも、心配になったのか、上海の友人宅へ電話です。「電話なら大丈夫でしょう?」「大丈夫だよ。感染しないよ」それで、友達は皆無事だったそうです。「退屈なので、麻雀しているんだって」なんともまあ、ノンキな話です。さすが中国人。「3月訪日予定の習近平さんは予定通りに来日するんかな」「病気を謝りにくるの?」「ん、な訳ない」で、歩き方に話を戻します。お嫁さんが、アキオ君とプーチャンの二人を連れて横断歩道を渡るときでした。車道から、一段高い歩道に移動する際に、お嫁さん、足を踏みはずして、派手にうつ伏せに転倒したのです。慌てて抱き起こしますが、大丈夫なようです。顔にも傷はありません。こんな時に、それみたことか、だから摺り足にしているんだ、なんてことをやると猛烈に逆ギレします。だから...わんちゃんがやってきたその81

カテゴリー一覧
商用