とある大学教員の日常と雑感
読者になる
住所
出身
ハンドル名
msatowさん
ブログタイトル
とある大学教員の日常と雑感
ブログURL
http://msr2do.hatenablog.com/
ブログ紹介文
大学教員(30代、私立大特任教員)です。仕事、日常、世の中の様々な出来事についてつづっていきます
自由文
-
更新頻度(1年)

51回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2018/01/23

msatowさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 全参加数
総合ランキング(IN) 38,149位 38,001位 37,999位 31,227位 30,930位 33,852位 31,237位 975,377サイト
INポイント 0 0 0 0 10 10 0 20/週
OUTポイント 0 0 0 30 10 10 10 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 279位 286位 289位 212位 214位 232位 209位 9,281サイト
大学教育 14位 14位 15位 13位 12位 13位 13位 320サイト
教育者(大学) 3位 3位 3位 3位 2位 2位 2位 45サイト
ニュースブログ 248位 244位 243位 191位 190位 221位 189位 9,581サイト
ニュース批評 22位 22位 22位 18位 17位 21位 18位 938サイト
今日 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 47,980位 45,610位 45,801位 43,264位 45,589位 45,815位 45,932位 975,377サイト
INポイント 0 0 0 0 10 10 0 20/週
OUTポイント 0 0 0 30 10 10 10 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 276位 258位 257位 236位 256位 263位 265位 9,281サイト
大学教育 18位 17位 17位 16位 16位 19位 18位 320サイト
教育者(大学) 2位 2位 2位 2位 2位 2位 1位 45サイト
ニュースブログ 221位 192位 200位 193位 205位 209位 212位 9,581サイト
ニュース批評 19位 18位 19位 18位 17位 17位 15位 938サイト
今日 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,377サイト
INポイント 0 0 0 0 10 10 0 20/週
OUTポイント 0 0 0 30 10 10 10 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,281サイト
大学教育 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 320サイト
教育者(大学) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 45サイト
ニュースブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,581サイト
ニュース批評 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 938サイト

msatowさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、msatowさんの読者になりませんか?

ハンドル名
msatowさん
ブログタイトル
とある大学教員の日常と雑感
更新頻度
51回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
とある大学教員の日常と雑感
  • ひっそりと

    A大学の二次面接に行ってきます。 msr2do.hatenablog.com

  • 神戸市小学校教員いじめ問題

    www.asahi.com 連日報道されているこの事件、「信じられない」に尽きますね。 こういう人間性の教師には教壇に立ってもらいたくない。 世間ではしばしば「教師はろくな人間性じゃないのが多い」という都市伝説のような言説を見聞きすることがあります。 一教員としてはそうとは思いたくないですが、そうなる背景は正直なところあると思います。 以前にも少々近いことを記事にしたことがありますが、 msr2do.hatenablog.com msr2do.hatenablog.com 教員は生徒学生に対して、実際のところ大きな権力のようなものを持っています。 相手が幼い子供であれば一層でしょう。 それを勘…

  • 公募面接二発目!

    今年度二発目の、公募の面接通知が来ました! いやー、よかった。 一発目のこちらは、もう結構日が経ちましたが何の連絡もないので、恐らくダメだったかと。 msr2do.hatenablog.com そこへ別の面接通知が来て、ひとまず安心です。 仮に最初の方をA大学、今回の方をB大学とします。B大学の方も現在の所属先よりもかなり条件の良い大学です。偏差値水準は所謂MARCHレベル、大規模で志願者数は極めて好調、つまり経営状態は良好、給与水準は情報が得られず不明ですが、収支報告などを見るに、恐らく「大手私大レベル」、大学ウェブサイトや動画では教育とともに研究力もアピール、教育負担に関しては責任担当コマ…

  • 山梨学院大がものすごいことに・・・?

    gendai.ismedia.jp こんな記事を読みました。30代の世襲理事長兼学長が、非常勤講師の雇止め、ボーナス大幅カット、身内や「お友達」を要職に配置、妻経営の会社に次々事業発注、教育の質より収入と公言、就業規則を労基法に則らず変更等々、好き放題しているというのです。 ぜひリンク先の記事を読んでみてください。 記事の内容が全て本当だとしたら、他人事ながら許せないと思います。記事に引用されたある教員の言葉「理事長の話を聞いた時、涙が出るほど悔しい思いをしました」、胸に刺さります。 この古屋理事長という人物、習近平や金正恩を理想と語っていたなどと記事にはありますが、本当にそんな発言を堂々とす…

  • アカポス応募でやめたこと

    先日報告した採用の面接と模擬授業に行ってきました。 msr2do.hatenablog.com 特に失敗もしませんでしたが、手応えや感触がとりわけ良いとも感じず。 普通の厳しい雰囲気の面接でした。 ひとまず即日の連絡は来なかったので期待せずに忘れておこうと思います(笑) 今年は現時点で応募しているのは16件。昨年度よりは少な目です。 私の分野の公募の数自体がやや少ないような気もしなくはないのですが、それよりも、今年度は実はやめたことがあります。 それは、ややズレる分野の公募に出すこと。 数多の公募にアプライしてきましたが、面接に呼ばれたことも気づけば10件越え(採用と辞退が合わせて3件)。 そ…

  • レビュー(映画)「女王陛下のお気に入り」(少しだけネタバレあり注意)

    今年公開された映画です。 英国アン女王時代の宮廷が舞台で、女王の寵愛(レズビアン的な意味を含む)を巡って、女王の幼馴染の公爵夫人と、没落貴族で頭脳を駆使し召使からどんどんのし上がっていく女性の背筋が凍りそうなドロドロした争いの物語。主な要素は史実に基づいているようです。 公爵夫人は政治にも深く関与し、フランスとの戦争を続行させるためにも女王をそちらへ導こうとします。それに対し、公爵夫人の従妹であるものの没落し、メイドとして宮殿で働き始めたアビゲイルは、女王と公爵夫人の関係に気づき、それを利用しながら女王に近づいてく…。当然、互いに相手を蹴落とそうとしながら嘘と策略と女王への必死のアピールが交錯…

  • 今年度の面接一発目!

    テニュアポストを求めてもう何年も彷徨っている任期付教員の私。 今年度になってからは初めて面接の通知をもらいました!応募は既に15件ぐらいしています。 一発目といっても、果たして二発目があるのかは不明ですが(笑) 競争の激しい分野で、その中でもポストの需要が多いようなテーマを扱っていないため、正直、任期付ポストを得られただけでも幸運と思うべきだろうと考えています。 が、実は今年は任期が切れるので何としても次をどうにかしなければなりません。ブログでは落ち着きはらっているように見えるかもしれませんが、内心は結構焦っています。 去年は確か8月前半に最初の面接通知が来ていましたが今年もとりあえずまずは一…

  • 光陰矢の如しなアラフォー

    後期の新しい授業の準備もたっぷり残したまま、八月も終わりが見えてきた今日この頃。 いやはや、私はいつになったら、「来学期は新しい科目の準備をしなければ」という「授業準備に追われる長期休暇」から脱することができるのでしょうか。弱小私大あるあるかと思うのですが、教員の入れ替わりが激しく、またやたらと改組したりカリキュラムをいじってみたりするので、科目担当が安定しないのです…。もちろん、常に全部一から作るわけでもないのですが、この負担が結構重いんですよね。常勤職に就いて以来ずっとこの状態。 「来学期の授業準備は気づいた点の改善とアップデートだけ」「あ、少し新たな試みをやってみようかな」という、余裕の…

  • 研究不正に怒る

    研究者の皆様は、毎年「研究倫理をちゃんと理解しているか」という講座(eラーニングなど)を受けさせられますよね。 毎年内容が変わるわけでも別になく、大部分の人にはちょっと面倒な確認作業にすぎません。 しかし、やはりこういう取り組みをやってもやっても不正をする人は出てくるようです。真面目にやっているこっち(大部分の普通の真っ当な研究者)は腹が立ちますよ。 研究費はもちろん大学のお金の場合も、企業や財団が出しているものもありますが、最大の研究費は科研費、血税なわけですし、横領などの類の不正に怒るのももちろんですが、不正には色々あります。 最近、こんなニュースがありました。 mainichi.jp ま…

  • 動物倫理を考える(2)

    msr2do.hatenablog.com こちらの前の記事の続きです。 畜産動物を含め、動物を(なるべく)殺すべきではないという根拠を、動物倫理学の研究者久保田氏は「動物の苦痛や喜びがもつ倫理的な重み」であると主張します。 しかし、私は個人的にこれには違和感を覚えます。動物の感情などの内面を人間が人間的な尺度で測って、そこに命の重みをもとめるなど、率直に言っておこがましく感じるのです。 また、欧米人、更に言えば人間を神の似姿とするキリスト教のバックグラウンドを持つ人々は、知性の高い動物を食べることに強い抵抗感を覚えるようです。クジラ、イルカ問題もそれが大きな要因となっています。犬や馬もしかり…

  • 動物倫理を考える(1)

    synodos.jp 私が時々読んでいる、シノドスという若手研究者などが自分の分野を一般向けに説明するwebコラムサイトで、「動物にたいする倫理的配慮と動物理解」という記事がアップされていました。筆者はやはり若い研究者のようです。 動物倫理というか、動物愛護のロジックについては色々思うところがあり、以前から書きたいと思っていたんですよね。下書きを書いて消したりそのまま放置というものも、実はあります。難しい問題ですが、「どのように理屈付けるのか」という観点から見ると大変興味深いテーマだと思います。 久保田さゆり氏によるこの記事の概要は、次のようなものです。 近年、犬や猫の殺処分を失くしていこうと…

  • 英語学習アプリその後

    ようやく全国で梅雨明けしましたね。梅雨明けしてからようやく夏本番とよく表現される印象ですが、そこから立秋まで、なんと10日ほどしかない。立秋はあくまで暦上の区切りに過ぎないかもしれませんが、それでも海水浴はクラゲが出る時期になって来るため立秋頃までがピークかと思われ…。日本の夏って、実はかなり短い。 それはそうと、一年間約一万円で契約していた英語学習アプリ、スタディサプリEnglishが一年経過しました。 msr2do.hatenablog.com msr2do.hatenablog.com こんな記事にしていましたが、一年経ってどうしたかというと…実は、解約しました。一年前には「かなり良い」…

  • なぜ、生徒/学生を贔屓したり、アンフェアな扱いをする教員が発生するのか(2)

    昨日の続きです。こちらの記事を先にご覧ください。 msr2do.hatenablog.com 教員が「フェアな姿勢」を貫くには、通常以上に大きな努力と(時間や手間という)コストがかかる、と昨日は述べました。 それには2つのポイントがあります。 ひとつは、学内(あるいはクラス内)ミニ・インフルエンサー学生の扱いの難しさ。 もう一つは、多発する、許容されがちな不正へのフェアな態度を貫くコストの大きさ。 例えば10名程度のゼミならいうまでもなく、20-30名の授業などでも、目立つ学生の影響力は教員側から見ても非常に大きなものです。これを仮にミニ・インフルエンサー学生と呼びます。 ものすごくざっくり言…

  • なぜ、生徒/学生を贔屓したり、アンフェアな扱いをする教員が発生するのか(1)

    narusawabashiko.hatenablog.com とある元小学校教員のブログを目にしました。一度辞めて色々やってみて、また戻ってこようという若い方のようです。 偶然目にした記事だったのですが、非常に印象に残りました。この記事を読んで表題のテーマについて少し私見を述べてみたいと思います。 印象に残った部分だけを要約すると、このなるさわばしこさんは、ご本人曰く「自分は子供の頃不適応児童で、公教育になじめず、ずっとずっと苦しんでいた経験を胸に、自分のような環境の子どもに寄り添うため、先生になった」そうです。 ところが、教員2年目、 「先生という立場が生むポジションパワーに慄きました。学校…

  • 今年度のますます通知一発目

    さて、今年度も恒例のますます通知の一発目が届きました。 ますます通知とは何かって? 大学教員公募の不採用を告げると共に、不採用者のますますの発展や活躍を祈ってくれるという通知です。 私ぐらいの公募ベテランになると、もう書類落ちの一件や二件では動じはしません。もはや機械的に出している感じなので。 割と入り込むタイプなので、抱負を書いている瞬間は「心からこの大学で働きたい!私こそこの学部に必要な人材だ!」なんて(一瞬だけ)思いながら書くんですけどね(笑) 例年、7月末と8月末が締め切りのピークなのに、私の分野の公募は、今年度はやはりやや少なめですね。 とはいえ、今年度は絶対にどこかにひっかからなけ…

  • 奨学金の返済を終えた

    ふと気づいたらまた随分とブログを放置してしまいました。 書きたいことはあるのに時間がないんですよね。フルタイムで働きながら毎日更新している人は本当にすごいと思います。 通勤時間などにスマホで少しずつ書いたりすれば良いのかもしれませんが、どうも、スマホで長文は書きづらい。 ところで、大変個人的なことですが、日本学生支援機構(旧育英会)の奨学金を、ついに全て返し終えました。 自分で思っていた以上に、感慨深いものがありました。学部生の頃から借りていたので、トータルでは確か一千万円近く。 しかし、幸いにも博士課程の分は「特に優れた業績による返還免除」で全額免除していただけました。(ちなみにこれは大学院…

  • 今年のアカポス就活始動(済)

    さて、年度が改まって三か月近くが経ちましたが、実は私は今年度で任期切れなので、次を見つけなければなりません。任期付きといっても、テニュアトラックなどではないのです。 次こそ任期なしのポストを得たいところですが、切羽詰まっているので任期付きもどんどん応募していかねばなりません。 昨年度よりやや減といったところですが、私が出せる公募は、既に締め切りが過ぎたものもこれからのものも併せて、現在のところ15件ほど。早いものはすでに5月に応募しました。分野がドンピシャではなく、「一応出すだけ出そうか」というものも含んでの数です。 まあこれが一々手間がかかるんですよね・・・。 任期付きも射程に入れればなんと…

  • オリンピックのチケット当落

    msr2do.hatenablog.com あちこちのブログやSNSを賑わせているオリンピックのチケット当落発表ですが、やはりかなりの高倍率だったようですね! 最近の大会の度に空席多数と報道されていたのは何だったのでしょう。 あるいは、スポンサー企業などが押さえているチケットが実際に来場に繋がらなかったりするのでしょうか? 私はというと、上限の30セッション及び第二希望30、全て申し込んで、1つだけ、2枚当選しました。失礼ながら、注目度も低い、人気の低そうな競技です。(・・・と書いておいて競技名を書くのは憚られるので伏せますが) 合計約2万円。上限まで申し込んでたくさん当たり過ぎ、高額になった…

  • 男の友情、女の友情

    面白い記事を目にしました。こちらです。 twinavi.jp とある女性がTwitterで「なぜ男同士の友情は『一緒にバカやる仲間』になりがちで、致命的な欠点を正しあう仲になりにくいの?」と尋ね、たくさんの人がそれに返信しているというもの。 う~む、大変興味深い! 特に、みかん氏のこのレス。 「原因の1つの見込みとして、本能的に仲間意識ではなく戦いのライバルでしかないからなのかな、と思っています。つまり、男の「仲間意識」というのは主に戦略的互恵関係としてしか機能しておらず、状況によってすぐ敵にもなるからかな、と。」 個人的には、非常に首肯できる解釈かと。 これに私見を足すと、 男同士の友情のよ…

  • カネはどこへ行った?

    老後2千万円不足問題(年金以外に、老後の生活には2千万円の貯蓄が必要だと金融庁がサラッと発表した件)が世間を賑わせる中、阪急電鉄の中づり広告に、 「毎月50万円もらって毎日生き甲斐(がい)のない生活を送るか、30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか。」 だとか、 「私たちの目的は、お金を集めることじゃない。地球上で、いちばんたくさんのありがとうを集めることだ。」 というキャッチコピーを出して批判が集中しているようです。 www.asahi.com 朝日新聞は「月収の基準がずれている」とタイトルをつけていますが、それより私は、これぞ「やりがい搾取」ではないかとい…

  • 教員相互の授業見学

    近年、どこの大学でもやっていると思いますが、大学教員がお互いに授業を見学し、得られたことをレポートするという仕事があります。互いに授業の工夫や良い点を学び、教員たちの授業の質改善につなげようというもの。 私も数年間この授業見学をやってみて、得られたことは多々あるので基本的にやる価値はあるかなと思います。 しかし、自分の授業がない空きゴマで、週1回ある非出校日(研究をするための日として設定される)にわざわざ来るのもな・・・と思うと、「この教員のこの科目をぜひ見てみたい」と思っても必ずしも時間が合わず、それほど見たいわけでもないが日時の都合が良い授業を見ることが多いです(笑) 何年か、教育困難大学…

  • 査読結果

    春休み中に注力していた論文の査読結果が出て、修正の結果、掲載していただけることになりました。 修正といっても誤字脱字のような些細なものではなく、major revision(内容にまで突っ込んだ修正)が求められたのですが、無事通ってホッとしています。 ご存じない方のために説明すると、査読という審査付きの学術雑誌と、実質投稿された論文をほぼ全て通す大学発行の雑誌(紀要)などがありまして、前者に載る方が当然望ましいことになります。 今回しみじみ思ったのですが、アラフォーの良い年の大人ともなると、他人様から厳しいことを言われる機会というのは、顕著に減りますよね。 叱られたり、ダメ出しされたり、説教さ…

  • 丸山穂高議員問題

    丸山穂高議員の件、2週間ぐらい経つのに未だに連日報道されていますね。 説明は特に不要かと思いますが、北方領土をビザなし交流の訪問団として訪れた際、元島民に対して「戦争しないとどうしようもないですか(島を取り戻せないとの意)」と発言して、「戦争なんて言葉は使いたくない」などと元島民の方に否定されてもなおしつこく絡んだという出来事。 以前、酔っぱらった挙句に他人に噛み付き、断酒を宣言、飲酒したら議員辞職するなどと言っていたことや、上記の戦争発言の際には「女を買いに行く」などと発言して必死に止められるといったこともあったことが報道されています。 即座に維新の会を除名処分になっているものの、これに対し…

  • オリンピックのチケット申し込み

    普段の話題と全然違うただの雑談ですが、いよいよ、東京オリンピックのチケット申し込みが始まっていますね。皆さん、申し込みましたか? 私は実のところ普段スポーツ観戦なんてほとんどしないくせに、せっかく日本開催なのであればと張り切って、上限まで申し込みました。ご存じない人のために簡単に説明すると、専用サイトでアカウントを作り、種目ごとに日付や時間も選んだ上で30枚まで申し込めます。その30枚にそれぞれ第二希望まで申し込むこともできるので、実質60枚まで申し込めて、当選上限は30枚となるようです。 価格なんかも、全然違うんですね。 一番高額なのは開会式の最高額の席で、なんと30万円。私も開会式か閉会式…

  • 100記事目! 学生とのやり取りについて

    令和最初の記事は、たまたまですが、このブログ100記事目でした。 一年半近く経ってやっと100か。ブログとしては少ない方ですね。 1記事書くのに結構時間がかかってしまうので、あまりしょっちゅう書けずにいました。 というわけで、やや今さらな内容ではありますが「新時代、新世代」的なテーマで。 同業者の皆さん、特にゼミ生という名の「クラス」のような担当学生を大量に抱える、教育困難系大学の教員の皆さんは、学生とのやり取りにどんなツールを使っていますか? 私は、鉄板のLINEを使っています。 LINEはセキュリティに問題があるので使いたくないという意見をしばしば(大人側から)聞きますが、ざっくり調べてみ…

  • 日々の徒然

    皆さんはGWいかがお過ごしでしょうか。今日は平成最後の日ですね。 個人的には、物心ついて以降ほとんどの期間が平成だったので、自分にとってどういう時代だったかというのは表現しづらいところですが、後から考えた時に、平成は「人生の暗中模索期間」で、令和は「成果が出た安定の期間」と言えるようになるといいなあと願うばかりです(笑) このGWは差し迫った研究上の(論文提出など)締め切りもなく、手間のかかる学内業務もあたっておらず、春~初夏の学会の発表も申し込んでおらずコメンテーター等も当たっていないので、割とゆったりな休みを過ごしています。 後半で一泊旅行に行く予定の他は、買い物をしたり、ベランダに植物を…

  • 橘学苑の教員大量退職問題

    少し前に報道されていた橘学苑の教員大量離職問題ですが、今朝方テレビで学苑が行った保護者会での様子が報道され、保護者やコメンテーターも、当然ではありますがその背後にある事情をあまり認識されていないのだなと感じたので、ちょっと書いてみようと思います。 www.tokyo-np.co.jp この問題、この学校法人の中学校、高校の教員が大量に退職していて、それに対して、「雇い止めであり、非正規教員の使い捨てである」との批判が起こり、神奈川県が調査に入るまでに至ったという顛末です。 これに関して「何も問題ないんですよ」という趣旨の保護者説明会を実施したものの、納得しない保護者が多く、議論は紛糾し予定時間…

  • 便利!電子書籍を聞く

    通勤時、私は以前からよくスマホで何か聴いておりました。 文庫本や新書を読むのもいいのですが、電車だと満員の時に開けないし、バスだと大概、日が落ちると薄暗くて本は読むのに不自由です。 聴くのであれば、満員電車もバスも問題なし。疲れていても目を閉じてちょっと休みながら聴けますしね。 長めの新聞記事、論考をアプリの読み上げ機能を使って聴いたり、ニュースのラジオなどが多いです。 これに加えて、最近気づいたのですがkindle(amazonの電子書籍)の読み上げが非常に便利ですね。 読むのでも聴くのでも大差ないと思っているそこのあなた、聴く方が断然、楽です。いや、人に拠るかもしれませんが、少なくとも母語…

  • 力尽きてしまった女性研究者

    年度末年度始でバタバタと忙しく、ブログを書きたいと思いながら全然書けていない今日この頃。 しかし、やはりこの記事はスルーできません。昨日の朝日新聞の記事ですが、朝日のアクセスランキング上位になっていました。 digital.asahi.com 人文系の女性研究者が将来と現状を悲観して(3年前に)自死されたという記事です。九大の件も記憶に新しい中でまたも…。またも、というか、人知れず研究者が道半ばたおれているのは、メディアに取り上げられるケースだけではないのかもしれません。 msr2do.hatenablog.com 記事を読むと、非常に優秀で熱意ある素晴らしい研究者だったようです。しかし、40…

  • NHKワンセグ裁判、最高裁で確定

    早くも今年度も今日で最後。四月一週は毎日出勤です。2か月の長期休暇中は、年末から手を付けていた論文を仕上げたぐらいですが、まあそれなりに充実していたでしょうか。 結構日が経ってしまいましたが、最高裁でワンセグにNHK受信契約の義務があるとする判決がでましたね。 digital.asahi.com ちょっとため息ですが、最近は、iPhone以外にも結構ワンセグ非対応のスマホがあるようです。興味のある人は探してみてください。正直、スマホでテレビの視聴機能がぜひ欲しい人はそれほどたくさんいるのでしょうか?(いや、それほどいないに違いない) 私が「なんだかなぁ」と思うのは、何よりもまず、多くの人々の意…

カテゴリー一覧
商用