searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

1件〜100件

  • もうすぐ本番 ブログを止めた犯人

    4年ぶりの演奏会まで1週間を切ったある日、練習に行くときバックの中にブログバトン発見!ひえ~ごめんなさ~いみなさん申し訳ございませんでした。ブログを止めた犯人は私です。取り敢えず罪悪感はわきに置いて演奏頑張ります。舞台で上がらないための私なりの秘策を披露します。客席の人物を冷静に観察します。たいていそれで落ち着きます。とは言え久しぶりの人前での演奏で不安ですが、皆さんに助けてもらえるので大丈夫です!さてバトンは誰に渡すのかな~?VcIもうすぐ本番ブログを止めた犯人

  • 練習日誌 4月

    春爛漫ベランダのフリージア、チューリップ、ライラックが満開となり、やっと春らしくなってきました。八千代から市川の練習会場に行く途中の桜・梨園も満開でやっと春が来た季節が実感できます。鎌ヶ谷カントリークラブから日本ハムファイターズ鎌ヶ谷球場近辺の梨の花は素晴らしく、練習に通う時の楽しみの一つです。4月上旬、カミさんとサンドウィッチを作って、近所の公園で桜の花見をしてきました。花見をやるのは東北アジアの人だけのようで、アフリカでも南米・東南アジアでも満開のジャガランダの下でも花見の風景に出合ったことはありません。エチオピアで伝統的な珈琲茶会をやってもらった時、満開のジャガランダの下でやって欲しいとお願いした時には不思議がられました。感性が違うなあと思った次第です。学生時代6年間北海道で過ごした私は、ライラック・アカ...練習日誌4月

  • happy birthday 野村先生

    ハッピーバースデイ野村先生の歌唱がピアノ伴奏ではじまった19日。本番の入場場面とクラシック4曲の前半をそのまま一気に演奏するという入り方です。1月の録音会から始まってほとんど「部活」モードで練習が続き、指揮者=部長の言われるまま(実は内容がよく理解できないことが多いんだけど)付いていくしかないなという感じです。若い頃こんな風にやっていたなと懐かしく思えたり、これでいいのかなとちょっと不安になったり、ともかく4曲は「緊張感があって、よかったです、ただちょっと細かいところなんですが・・・」とさりげないFDで終わりました。15分の休憩後は「後半のポピュラーをやります」と、LOVEの通しと最後のI、ワルのGと通し、夕陽のG,エデンの83小節からのRitとB,EのFa.Hornの音を聴きなさい、LaCumの通しと入りの4...happybirthday野村先生

  • 練習日誌(4月12日)

    バスや電車の車窓から見える桜の流れに息をのむ桜の季節も終わり、急に夏のような暑さになりました。体が暑さについていけないようで、調子が狂ってしまいます。それでも定演を間近にして団員の皆さんは元気に練習に励んでいます。今日の練習はクラシックの曲を丁寧に練習しました。○ラバーズコンチェルトいつも通りの音ならし○女学生出だしが大事。テンポを感じるためブレスして入る。休符の後も同様に。最後は指揮をよく見てテンポを少し遅くする。○ベートーベン第7前半はだんだん大きくするが、テンポはそのまま流れて速くならないように。後半は緊張感をもって演奏する。早く演奏が終わっても最後まで楽器をおろさず動かない。○威風堂々出だしに注意。最後を何回も練習した。終わりよければすべてよしですね。○こうもり指揮の振り方を変える。基本三角に振るが、2...練習日誌(4月12日)

  • 練習日記

    昨日は冬並みの気温で寒かったのですが、今日はポカポカと暖かい日になりました。今日は本番会場での通し演奏をする日です。天気とは裏腹に気分は冬並み!舞台のセッチングを30分位掛かって、さぁ~本番並みに。この会場はある日、ソロで舞台に立ったことがあります。今回は大勢と一緒なので"怖さは無し”。音出しがてら、ラバーズ・コンチェルト。反響具合を確認しながらもう一度。大分、気分的に楽になりました。続いて「女学生」、「ベートーベン」、「威風堂々」、「コウモリ」、「L-O-V-E」、「子猫ちゃん」、「夕陽に赤い帆」、「エデンの東」、「ラ・クンパルシータ」、「ふるさと」(場合によってはボツ)、「タラのテーマ」、「茶色の小瓶」、「蒼いノクターン」、「オリンピック・マーチ」、ここまで14曲”本番は練習の積もりで”とよく言われますが場...練習日記

  • 練習日誌(3月29日)

    9:30~12:30東部公民館にて練習。〇タラのテーマ「テンポを取るのが難しい曲です。歌ってください」〇SingSingSing11の後にドラムソロが入ることになりました。(え~?)〇女学生「勇気をもって流れに乗ってください」〇オリンピックマーチ「同じテンポで坦々と進めてください」〇夕陽に赤い帆「Fのところ、勇気をもって」〇蒼いノクターン「一番最後の音は残らないように。8分音符くらいで」〇茶色の小瓶「余裕を持ったテンポ/雰囲気で」そうか!私たちに足りないものは「勇気」か。真間川沿いの桜も満開です。そしていよいよ定演まであと1か月半となりました。来週4月5日は、新装なった市川市文化会館小ホールでのリハーサルです。13:00からひな壇などのセッティングがあり、13:30からは全曲を順番どおりに演奏するそうです。その...練習日誌(3月29日)

  • 練習日誌

    桜の開花宣言があったにもかかわらず雪交じりの冷たい雨が降り、その上電力需給逼迫宣言などと言うものが出され、本当に寒い一日でした。でも寒さにふるえながらも全日警ホールに多くのメンバーが集まりました。ラバーズコンチェルトこうもりエデンの東ラ・クンパルシータL-O-V-EベートーヴェンNo7タラのテーマ山の魔王今回も先生が演奏を録音して、いつものように配信して下さるそうです。皆の中で自分がどんな役目をしてるのかわかるので、とても参考になります。先生は曲ごとにイメージを作って下さいと言われました。あくまで楽譜はチラ見で曲ごとのイメージを湧かせる事、つかむ事が、この本番前には大事なんでしょうね。練習も二回目は大抵OKをもらえるのはその証かなと思います。演奏前には全体のイメージとポイントを思い出してエイッヤッと始めましょう...練習日誌

  • 練習日誌

    《練習メモ》3月15日日差しが増して初夏のような温かさとなり、30分に1度の換気で寒さに震えることがなくなりました。練習に集まったのは次の人達でした。Vl.:4、Mand.:1、Vc.:3、Gt.1、Fl.:4、Ob.:1、Cl.:1、Fg.:1、Sax.:3、Tr.1、Cor.:1、Pf.:1、Kb.:2、Bandneon:1、Drs.:1[本日の練習曲]○こうもり○山の魔王の宮殿○ベートーベン交響曲第7番○エデンの東○ラ・クンパルシータ○タラのテーマ「定期演奏会なんて、まだまだ先の話」と思っていたのが、残すところ9週間。練習できるのは8回だけとなりました。未だに上手く演奏できない箇所だらけなのに「どうしよう!困った」という思いです。《4,5月の練習会場と時間》楽団HPにも掲載しています。4月5日文化会館小ホ...練習日誌

  • 練習日誌(3月8日)

    少しずつ春めいてきて嬉しく思っていたのに、今日は最高気温が10度に届かない真冬並みの寒さでした。朝、冷たい雨の中、気持ちを奮い立たせて東部公民館に向かいました。何人くらい集まるかのかなと思っていましたが、23名の団員が集まりました。練習前に代表の方から、定演のご案内の返信が届き始めているとのお知らせがありました。今日現在の来場者数の報告もありました。定演に向けて身が引き締まる思いでした。音だしのラバーズコンチェルトから始まり、11時までこうもりセレクトをじっくり練習しました。リットのところの確認やさらに良くなるポイント(先生は欲を言わせていただくと……と話されます)を練習しました。丁寧に説明してくださるので、ありがたいです。なかなか思うように演奏できませんが、目指すところはよくわかります。練習して早くできるよう...練習日誌(3月8日)

  • 練習日誌(3月1日)

    3月になりました。今まで「早く演奏会を開きたい!」と思っていましたが、練習回数は残り10回余り。これは、不味い、何とかしなければ、・・・と考えているのは私だけでしょうか。この2年間、体力が衰えて来ているような気がします。それで、先日『お年寄りならだれでも知っておきたいからだのこと』という本を読み返してみました。読みたい方には回覧しますので、お声かけ下さい。一つくらいはためになることが書いてあるかもしれません。前置きが長くなりましたが、1日の練習は、ほとんどの時間を「こうもり」残りの時間を「タラのテーマ」に費やしました。まだまだ大変な曲ばかりですが、演奏会に向けて頑張りましょう!最後に、[次回の練習までに、ウクライナ戦争が停戦]を祈願しています。ムソグルスキーさんも悲しんでいますよ!Hr.S練習日誌(3月1日)

  • 練習日誌(2月22日)

    今日はコルトンプラザ近くのグリーンスタジオというところで練習しました。先日全日警ホールの時に録音しましたが、今日二度目の録音になります。グリーンスタジオはスタジオという名ですが、しっかりと客席もあり、広い舞台に平台を設置して、本格的に舞台を作りました。ラバーズコンチェルトいつも通り良いとのこと。自分の音がよく聴こえる。女学生全体1つ振りで。出だしの3小節は1つのフレーズで思いきりのって行こう。最後はスピード感をもって。テンポが不安になったら、打楽器を聴こう。威風堂々響きがまとまってきて、だいぶ良くなってきた。トリオの前とTのpocoallargandoを練習した。ワルツィングキャットGはスピード感をもって。夕陽に赤い帆Gは少しテンポをゆるめる。ふるさとけっこう久しぶりでした。⑤の間奏部分をはっきりと。茶色の小瓶...練習日誌(2月22日)

  • 練習日誌2022年2月15日

    しばらくお休みしていたM氏復帰のサプライズ、某氏開始時間間違えて若干遅刻(私も2週間前にやりました)で始まった昨日の練習。参加者多数でどの曲も迫力満点でした。★練習曲ラバーズコンチェル女学生茶色の小瓶威風堂々ワルティングキャット夕陽に赤い帆どの曲も定演に向けてテンポを上げて部分練習(エンディング等)しました。VcI来週、再来週お休みしますので会費8日にお願いします。練習日誌2022年2月15日

  • 定演はこの速さでいきます

    本日はそうそうから女学生を4拍子なら196!?という快速で始まった、先週のレッスンでやったという事になっている。けれども戸惑いもあるのか、厳しく指導された。「砂に書いた」は久しぶりにしてはいい感じで、「ジェラシー」「ひまわり」は「このまま定演でもいいですね」と20人弱のメンバーは調子を上げて「当分寝かします」。一息ついたところで「茶色」、これこそハーモニーが合わない。出だしの「fingersnap」からやりなおし。A、B、Cとしっかり確認してから、Eのパート部分を確認した。Fで見失ってもHに入る95小節で合わせるように2回ほど繰り返し演奏した。最後の「威風」は全体もとりあえず「いい感じです」。出だしの8分音符パート、低音、旋律とそれぞれを順にパート練習してから合奏して、本日はお開きとなった。鎌田さんから2月22...定演はこの速さでいきます

  • 練習日誌 令和4年1月25日

    寒いながらも陽の当る場所はポカポカと暖かい。コロナの「オミクロン株」が猛威を振るっているにも拘わらず、9時30分からの練習に大多数の方が参加されました。このオミクロン株の感染拡大は今後、どのように推移するかは・・・。感染しない工夫が重要なことではないかと思われます。皆様もご自愛下さい。今日も・ラバーズコンチェルトを皮切りに・女学生・ベ-トーベンOp92・威風堂々・オリンピックマーチ・ひまわり・ジェラシー・一晩中踊れたら”全体的には上がっていて良い”その後が問題なのですが微妙な曲想や曲想の変わり目の変化。細かい部分を大事に。私にとっては「テンポ」が難題事項です。徐々にテンポアップして頂けそうなのでついていけますかね~~??1月ももう終わります。5月まではまだ日にちが有りそうな感じですが、多分、アッと言う間に本番を...練習日誌令和4年1月25日

  • 練習日誌(1月18日)

    今日は久しぶりに市川市八幡市民会館(通称名:全日警ホール)での練習でした。25名の仲間が集まりました。そして先生は、以下の曲を録音する、という大胆不敵な行動に出ました。①威風堂々②蒼いノクターン③女学生④ベートーベンNo.7⑤オリンピックマーチ⑥SingSingSing現場ではオリンピックマーチだけを再生して聞きました。なかなかいい出来(?)でした。そしてこのブログを書いている途中で、先生から動画がアップされてきました(会員限定)。早速聞いてみました。個人的には思うところだらけでしたが、指揮者になったつもりで見られましたので、とても参考になりました。こんな風に聞こえているんだ、ふ~ん。みなさん楽しみにしてください。(えっ、聞きたくない?)コロナ禍で延期された第5回定期演奏会もいよいよ臨戦態勢です。日本でのオミク...練習日誌(1月18日)

  • 練習日誌 2022年1月11日

    明けましておめでとうございます。大寒の雨降りの中、寒い寒いと言いながら、今日も朝から20数名のツワモノが集まりました。休憩時間に今年の年間スケジュール予定表、定期演奏会の役割分担表が配られ、年始そうそう身が引き締まる思いです。定演のプログラムも発表されましたので、記しておきます。一部女学生ベートーヴェンNo7威風堂々こうもりセレクト二部L-O-V-Eワルツィングキャット夕陽に赤い帆エデンの東ラ・クンパルシータ歌伴タラのテーマ茶色の小瓶蒼いノクターンオリンピックマーチアンコール山の魔王SingSingSing今日の練習曲ラバーズコンチェルト、威風堂々、蒼いノクターン、女学生、ひまわり、ジェラシー、ベートーヴェンNo7それぞれの曲の曲想をつかまえて、流れに乗ることが大切と言われました。何回かやると出来るのに、何故初...練習日誌2022年1月11日

  • 練習日誌(2021年 12月28日)

    《練習メモ》12月28日光陰矢の如し。早くも今年最後の練習日となりました。何かと忙しい年の瀬ということで、練習に集まったのは普段より少ない18人でした。Vl.:2、Mand.:1、Vc.:2、Fl.:4、Ob.:1、Cl.:1、Fg.:1、Sax.:1、Tr.0、Cor.:1、Pf.:1、Kb.:1、Bandneon:1、Drs.:1[本日の練習曲]○ペールギュントから「朝」、「アニトラの踊り」○ジェラシー○ひまわり○ラ・クンパルシータ○SingSingSing○威風堂々少人数での演奏となって音に厚みがないので、個々の楽器(演奏者)の音が聴こえます。「ラ・クンパルシータ」のような短い音で速いテンポの曲は目立たないのですが、ゆったりとした「ひまわり」や「朝」は冷や汗モノ。日頃「いい加減に胡麻化している」のがスッポ...練習日誌(2021年12月28日)

  • 練習日誌(12月20日)

    先週の寒さがウソのような穏やかで暖かい一日でした。今日は、東京に向かう新幹線から真っ白な富士山がよく見えました。富士山が見えると何だか単純に嬉しくなるのが不思議です。Vn4人、Mn1人、Vc2人、Fl4人、Ob1人、Cl1人、Fg1人、Hr1人、Sax4人、Band1人、Kb1人、Dr1人、Pf1人と先生の総勢24人で練習開始です。まずは「ドナウ」、場面場面の表情を立体的にイメージしてみましょうと先生から注文がありました。3次元をイメージするような・・・わかるようなわからないような、けっこう高度な要求ですよね。先生は細かな演奏技術にはあまりこだわらずに曲を大きく全体的にとらえて作り上げようとされているのだなと感じました。次に「アニバーサリー」では「ドナウ」からの入り方を確認しました。そして13小節目と47小節目...練習日誌(12月20日)

  • 練習日誌(12月14日)

    今月から東部公民館の午前の練習が9時30分から12時30分になりました。30分とはいえ、慌ただしい朝の家事を少しでも片付けて出られるのはありがたいです。でも今日は寒かったです。練習の途中から雨が降り始め、換気で窓をあけるたびにヒヤッとしました。練習の前に団長さんからシニアアンサンブルの全国大会参加については正式にお断りし、定期演奏会にむけて全力で取り組むとのお話がありました。先生からは、23日に板橋で行うコンサートのライブ配信があるとのお話がありました。詳細については、先生の方から発信されるとのことでした。前回のライブ配信ではとても素晴らしい演奏がきけたので今回もとての楽しみです。そして、総勢21名での練習が始まりました。いつのもようにラバーズコンチェルトに始まり、ドナウ川のさざなみとアニバーサリーソングを練習...練習日誌(12月14日)

  • 練習日誌 12月7日

    先週のお芋の配給を逃してしまって残念⤵華麗にブログ投稿をスルーしてきていましたが遂にバトンが手の中にやってきました。今回は出席者多数。皆さんの音とN先生の美声?でクラリネットの不在は充分カバーされてました。練習曲ラバーズコンチェルトこうもりテンポの揺れ、止まってからの入り、全体で音を切るこの3点ですねLOVE8小節で大所帯になったVcの入り間に合うか?とふと心配になりました後半#4つはなかなか手ごわい砂に書いたラブレター入るタイミングがつかめなくておろおろしてしまいました(本人談)クンパルシータN先生マジックでキレッキレに変身茶色の小瓶♭5つはやっぱり#4つより手ごわかったドナウ川のさざなみ出だしワルツに入る前が大切ブログ書きながらYouTubeで色々なドナウ川のさざなみを聞いていてテンポも色々でそのうち何が何...練習日誌12月7日

  • 練習日誌など[11月30日]

    先週は、「勤労感謝の日」でしたので、勤労していない人も休みとなりました。今週から寒くなったことと、練習が朝練だったため、練習人数は少なめで、朝一は先生も含め16人、その後2名が加わり18人でした。今日は、Ob.T氏より、抽選でお芋の配給がありました。中山法華経寺恩寿院の修行僧に捧げる野菜の収穫のお手伝いで頂いたそうです。今日の練習に参加できなかった人には、申し訳ありません。先生には当たりましたが、私は外れました。というわけで、とても楽しい練習でした。内訳は、1.こうもりを部分ごとに、最後まで練習しました。練習時間の半分くらいをこうもりに費やしました。収穫有りです。他に、2.エデンの東3.ワルツィングキャット4.茶色の小瓶締めは、5.夕日に赤い帆でした。来週の配給は有りませんが、いよいよ12月です。午後の練習です...練習日誌など[11月30日]

  • 11月16日の練習

    「美しいものをつくる」体験はほとんどなかったし、「みんなで」作るという経験は皆無でした。練習のたびに野村先生が真心をこめて全身で団員に「波が揺れているように」「2拍目が聞こえればあとは適当でも・・・」「円を描くように音を続けて」といった指導をしてくださっているのを感動しながら「こういう世界もあったんだ」と楽しんでいます。楽しんでももちろんその通りできない私なんかはデキンボの哀しい気分にすぐ襲われるんですが、まあ「60の手習い」だったんだからと次の指揮についていくだけです。12月の火曜日の稽古は、7日1330‐1630、14日930-1230、21日1330‐1630,28日1330-1630、です、新年は11日930-1230、18日“全日警”1300‐1600、25日930-1230、と決定しました。また12...11月16日の練習

  • 練習日誌(11月9日)

    今日は朝から本格的な雨で午後まで降り続きました。そのせいでもないでしょうが、参加者は18名ほどでした。いつものように楽しく練習を行いました。ラヴァーズコンチェルトいつもの曲ですが今日は少し前のめりになっている。威風堂々全体的にはよい。大分仕上がってきた。マーチなのでテンポに乗るように。最後の部分を丁寧に何度もやり直した。野ばら③からの音の絡みに注意。一晩中踊れたら二拍子のような感じで。テンポの感じ方に慣れましょう。こうもり久しぶりの曲ですが、ほとんど良くできている。曲と曲とのつなぎ部分やテンポの変化に注意。ワルツィングキャットけっこう仕上がっている。H部分のテンポは出だしのテンポにもどし、あまり遅くならない。茶色の小瓶久しぶりの曲でした。のりはまあまあ良かった。最後の3小節できっちり合わせて。などなど、今日は久...練習日誌(11月9日)

  • 練習日誌 11月2日

    今日はフルメンバーに近い参加者でした。「コロナ」感染で静養されていたYさんの久し振りの参加で厚みが増し、先生からも「ゴージャス」の言葉が何回も出ましたね!サウンドはみんなで作り上げるものだと思っていますので先生指導の下、”市川サウンド”を目指したい。と思います。今日の練習は・ラバーズコンチェルト・女学生・野バラ・威風堂々・タラのテーマ私的にはもっと練習しないと・・・。ファゴットリードについて一寸書こうかなと思います。ファゴットリードはダブルリードと呼ばれて、2枚の板で成り立っています。同じ仲間にはオーボエ、イングリッシュ・ホルンが有り、オーボエは直接本体に差し込みますがファゴットやイングリッシュ・ホルンはボーカルと言うものの先にリードを付けて鳴らします。ファゴットリードは糸玉と呼ばれる独特な形の部分が有りまして...練習日誌11月2日

  • 練習日誌(10月26日)

    10月26日、朝6時の時点で市川市に大雨、雷、強風、波浪、洪水注意報が出されていましたが、練習の始まる9:00ごろにはすっかりおさまっていました。そんな中、20名の団員が集まり元気に練習が始まりました。8月31日のブログや先週のブログにもありましたが、先生は時々「欲を言えば・・・」ときます。多分これはジジババにものすごく気を使っている言い方なのでしょうね。でも、今回はそれが1回しかありませんでした。欲を捨てたのか、言ってもしょうがないと思ったのか・・・。ラバーズコンチェルト;安定感が出てきた。女学生;だんだん重たくなるので、軽快さを保つように。蒼いノクターン;最初のピアノは青空を思い浮かべてから入るとよい。テンポは気にせず、イメージ先行で。《欲を言えば》最後が気持ちはやい。冷静に、慌てず。タラのテーマ;Iはドラ...練習日誌(10月26日)

  • 練習日誌

    秋というより冬に近い寒さの中、大勢の仲間が集まりました。今日は多いですね・・という先生の嬉しい悲鳴が聞こえ、迫力のある演奏になりました。全員揃うとどんな演奏になるかと今から楽しみです。今、お休みされてる方、早く復帰して下さいね。待ってます。ラバーズコンチェルト・・問題なし威風堂々・・最後が難関ふるさと・・わりとお手の物になったでしょうか蒼いノクターン・・正確なテンポキープにこだわらず、流れのままにオリンピックマーチ・・スネアドラムに合わすことタラのテーマ・・細かく練習しました☆「欲を言うと」と先生はよく言われます。全体の音楽の流れや絶対欲しい音、それを重視した練習になってる気がします。ますます深みのある表現を追求してるみたいでとても楽しいです。また注意されたらすぐに出来ること、私達も素晴らしいですよね。忘れない...練習日誌

  • 練習日誌 (10月5日)

    《練習メモ》10月5日永きに亘った緊急事態が漸く解除され、台風も行ってしまい、本日は汗ばむ陽気となりました。それでも、窓から吹き込む風には「秋」が感じられました。全国的に疫病の感染者が急減しているためか、練習に集まったのは最近では最も多い次の24人でした。Vl.:3、Mand.:1、Vc.:1、Fl.:5、Ob.:1、Cl.:2、Fg.:1、Sax.:4、Tr.1、Cor.:1、Pf.:1、Kb.:2、Bandneon:1、Drs.:1[本日の練習曲]久しぶりに取り組んだ曲が多かったですが、個々の細部の演奏はさて置き、曲の流れの把握などは「ちゃんと出来ている」という先生の評価。出席人数が多かったので、音の厚みもありました。○ラバーズコンチェルト○威風堂々○女学生○みかんの花咲く丘○蒼いノクターン○タラのテーマ〇...練習日誌(10月5日)

  • 練習日誌(9月28日)

    今日は爽やかな秋日和でした。「暑さ寒さも彼岸まで」とよく言われますが、本当にそうだなぁと思いました。久しぶりの午前の練習でしたが、先生を含めて総勢20名が東部公民館に集まりました。練習の前に先生から重要なお知らせがありました。9月30日午後7時30分から先生のライブ発信されるとのことでした。通信に記載されているURLを開くとよいそうです。私は前回見逃してしまったので、今回は気合?をいれてパソコンを開こうと思っています。さて、今日の練習ですが、いつものようにラバーズコンチェルトから始まりました。快活はテンポですとお褒めの言葉をいただきました。次はペールギュント組曲を演奏しました。いつもは「朝」から練習していましたが、「山の魔王の宮殿にて」からはじまり、「ソルヴェイグの歌」「アニトラの踊り」「朝」と演奏しました。順...練習日誌(9月28日)

  • 練習日誌(9月21日)

    今日も先週に引き続き、東部公民館午後1時30分練習開始でした。練習人数も先週より一人多い23人でした。まず最初に、グリーグの「ペールギュント」に重点を置いて練習しました。1曲目「朝」では、最後から4小節目、Vnはクレッシェンドし、他の楽器はデミヌエンドして、Vnを浮かび上がらせる。2曲目「アニトラの踊り」は、1小説を1拍で、62小節目から遅くならないように、4小節が1フレーズ。3曲目「ソルベーグの歌」は、バックのハーモニーを練習。「ペールギュント」以外では、1.砂に書いたラブレター2.ジェラシー3.ひまわりなどを練習しました。今年は、演奏を聴いて貰う機会が無くなってしまいましたが、野村先生が皆を飽きさせないよう、色々工夫してくれています。感謝です。Cor.H.S.練習日誌(9月21日)

  • 練習日誌(9月14日)

    市川シニアの練習のある火曜日はさわやかな秋晴れを期待したいところですが、残念ながら梅雨のようなどんよりした一日でした。今日は久しぶりに「全日警ホール」での練習です。今日の参加者はFL5人、Ob1人、Cl2人、Fg1人、Hr1人、Sax3人、Dr1人、Pf1人、Kb1人、Bandneon1人、Vl3人、Md1人の21人と先生の合計22名でした。練習に先立ち、10月、11月の練習スケジュールがTさんより発表されました。10月5日(火)午後1時30分~4時30分11月2日(火)午後1時30分~4時30分10月19日(火)午後1時30~4時30分11月9日(火)午前9時~12時10月26日(火)午前9時~12時11月16日(火)午後1時30分~4時30分11月30日(火)午前9時~12時いずれも、場所は市川市東部公民館...練習日誌(9月14日)

  • 「今日は25人いるので響きというか音の厚みが好いですね」 210907 箕輪良行

    5日日曜、第418回市響「秋のコンサート」吹奏楽団でスーザ「美中の美」「星条旗よ永遠なれ」モーツアルト「魔笛序曲」を聴いた。市響はホームの文化会館が改装中なのでこの2年間行徳文化ホールで定演を続けている。初めてのジャンニーニ「交響曲第3番」(1958)は吹奏楽の為の作品でA.Saxが1楽章から主題の一つをカッコよく吹いていて感動した。市川市に住んで35年、音楽素人の私にとって市響に親しむことができたのは隔週で通う中央図書館とともに大きな幸せ。長く維持会員として年3-4回は定演を聴きつづけているお蔭で東葛(東葛飾地域南部)のベスト3と私が信じるアンサンブル市川、習志野ウインドオーケストラ、市吹に出会うことができた。そう、シニアにも。いつものようにラバーズコンツエルトで野村先生の一言に勇気づけられて3時間のレッスン...「今日は25人いるので響きというか音の厚みが好いですね」210907箕輪良行

  • ごあいさつ

    御挨拶8月10日付で、入団させていただくことになりましたアルトサックスの小林です。どうぞよろしくお願いいたします。中学高校と吹奏楽部でトランペットを吹いていましたが、顧問の先生が英語と国語で、生徒同士が勝手にというどちらもゆるゆる部活です。20年程前にグループレッスンでサックスを習い、その後職場に近い目黒区の市民吹奏楽団に在籍していましたが、通勤定期券が無くなったのを契機に退団しました。近年は、江東区のシニアアンサンブルで、VlのFさんとご一緒していたのですが、コロナで小学校の音楽室が使えなくなり、ほぼ活動停止で、アンサンブルの機会がなくなってしまっていました。こんな経緯で、この度、伝統ある市川シニアさんにお世話になる事になりました。あらためて今後ともよろしくお願いいたします。楽団HP「みんなの広場」から転送(...ごあいさつ

  • 練習日誌 (8月31日)

    夏の猛暑のピークが過ぎたのか、連日の晴天から一転今日は曇り空です。夕方から雨が降る予報なっています。相変わらず新型コロナの方はおさまる気配を見せず、今日の練習前の連絡で全シ連の全国大会が11月7日から来年の5月15日に延期になったという報告がありました。さらに来年5月17日の定期演奏会は会場もとれて開催が決定しました。その前にミニコンサートをしようという提案も出されました。今日の練習ラヴァーズコンチェルトドナウ川の漣、アニバーサリーソングつなぎの部分を練習しました。ドナウ川は良くなってきたということで、アニバーサリーソングを何度か練習しました。ベートーベン第7フレーズ感は良くなってきた。拍を感じて休符で息を吸いましょうとのこと。最初と最後の響きの練習をやりました。すごくいい感じでした。LOVE自信をもって出よう...練習日誌(8月31日)

  • 8月24日練習日記

    今日は9:00~12:00の練習でした。先だって、来年5月17日に市川文化会館で定期演奏会を行う事が決定致しました。その頃の「コロナ」の状態がどのように成っているかわ、現時想像に想像し難いですが開催に向けた準備は行なわれると思いますし、目標が出来ましたので頑張ります。今日の曲目は・ラバーズコンチェルト・茶色の小瓶・ラヴ・エデンの東・夕日に赤い帆・ラ・クンパルシータ・ドナウ川のさざ波~アニバーサリーソング・ベートーベンNo.7(一部改訂版が配布される)※ペールギュ後日に後日に繰り下げ私事で恐縮ですが楽器の保守点検を忘れずに・・。と言いますのは2週間前頃から何となく"何か違うな”と。リードの性なのか?解らないままでした。21日に何気なく裏側を見たら、ネジになった芯が飛び出しているじゃ有りませんか!連動しているし、ホ...8月24日練習日記

  • 練習日誌(8月17日)

    練習に先立って9月14日の練習場所についての案内がありました。その日は全日警ホールでの練習となります。時間は14:00~17:00です。お間違えなきよう。さて、今日も元気に練習が始まりました。23名+先生の参加です。ALover’sConcerto:今日は珍しく2回演奏しました。1回目は雑だったようです。WavesoftheDanube+AnniversarySong:『音量が大きくなるとハシル傾向がありますね。たっぷり演奏するとより大きく聞こえます。細かいところは後日指示します』いつも言われますが、『自信をもって!』RedSailsInTheSunset:『後半崩れましたね。テンポ感はよかったです。ドラムをよく聞くように』SymphonyNo.7inAmajorOp.92Ⅱ.Allegretto:『先週よりい...練習日誌(8月17日)

  • 練習日誌  8月10日

    焼けつく様な陽射しの中、皆汗をかきかき練習に集まってきました。私などは何度も顔を拭き化粧も剥げ、おまけに温帯低気圧?の影響かザンバラ髪で哀れな姿になっていたと思います。夏は嫌だなあ。練習内容ラバーズコンチェルト・・何も言うこと無し・・色々な原因で未だに私は暗譜出来ておりません。ドナウ川~アニバーサリー・・冒頭の部分、少し盛り上がる所等はどっしりした感じで急がない事。アニバーサリーは「決め」の直前の休符を意識して切れのある「決め」で。エデンの東・・思う以上にゆっくりなのでテンポキープが必要。espressivoに向かって行く2小節を意識。そして最後の音は柔らかい音で終わるように。ベートーベンNo7・・独特のリズムが全編を流れているのでこのリズムの担当になった時は軽い音ではなく中身の詰まった音を出す事。クンパルシー...練習日誌8月10日

  • 練習日誌 8月3日

    《練習メモ》8月3日またカレンダーが1枚捲れ、早くも8月になりました。緊急事態宣言で公民館の利用停止が懸念されましたが、これまで通りに利用できることになりました。別の練習場所を確保するのは大変ですし、朝からFl.-Hさんに並んでいただいた公民館の予約が無駄にならず、一安心です。「熱中症警戒アラート」が発出される炎天下、練習に集まったのは、Vl.:3、Vc.:1、Fl.:6、Ob.:1、Cl.:2、Fg.:1、Sax.:3、Tr.0、Cor.:1、Pf.:0、Kb.:2、Bandneon:1、Drs.:1の合計22人でした。[本日の練習曲]○ラバーズコンチェルト○ドナウ川の漣○ペールギュント「朝」○ワルツィング・キャット○エデンの東○ラ・クンパルシータ〇オリンピックマーチ《お知らせ》1.今後の活動方針K代表から、...練習日誌8月3日

  • 練習日誌(7月20日)

    梅雨があけ、夏本番。本当に暑い。換気のたびにムッとする生暖かい空気が入ってきて、冷房がきいている部屋で練習できる幸せを感じました。今日は最初に高崎さんから8月9月の練習会場がすべて確保できたとの報告がありました。朝並んでくださった星野さん、その後の交渉にあたってくださった柴田さん、ありがとうございました。皆さん大きな拍手で感謝の気持ちを伝えました。場所、時間等の詳細はホームページに載るとのことでした。今日は総勢25名で、いつもようにラバーズコンチェルトから練習が始まりました。〇威風堂々裏拍を意識すること、躊躇することなく出ることとのご指導がありました。〇SingSingSing音の切れがポイントとのこと。〇ふるさとpのところは、音を小さくするのではなく、優しいイメージで演奏するとのご指導がありました。〇オリンピ...練習日誌(7月20日)

  • 練習日誌[7月13日]

    今日の練習は、市川市男女参画センター(午後1時より4時)でした。待ちに待った11月7日取手市民会館での全国大会をイメージして練習しました。編成は、サックス無し、打楽器無しで、寂しかったですが、クラリネットは2本もありました。リハーサルをすればよくなることが分かりましたが、全国大会ではリハーサルが出来るのでしょうか?広い舞台で広がって演奏することにも慣れる必要がありますね。本番まで、未だ3か月以上有りますので、イメージトレーニングをすれば、大谷君のように活躍出来るようになれるでしょう!頑張りましょう❕練習日誌[7月13日]

  • 練習日誌

    練習日誌(7月6日)どんよりとした曇り空で、湿度も温度も高い梅雨真っ只中、練習に多くの団員が集まりました。たちあおいの花がてっぺんまで咲いているのに、梅雨明けはまだでしょうか?今日の練習ラヴァーズコンチェルト先週は全日警ホールだったので、ホールの響き東部台の響きの違いがでたのか、いつもの「ラヴァーズコンチェルト」という感じでした。女学生通して練習をしました。けっこう疲れる曲です。次に振り方を変えて、曲の流れをよくすることを目指しました。一拍目に注意してあとは適当?に。だいぶ慣れてきましたねという先生の弁です。タラのテーマこの曲も冒頭8つ振りにしていたのを4つ振りにして、曲の流れをよくすることに注意しました。野ばら通して演奏し気になったところを細かく練習しました。威風堂々通して演奏し、ずいぶん良くなったとの先生の...練習日誌

  • 練習日記 6月29日

    久々に全日警ホールでの練習でした。・ラバーズ・コンチェルト・威風堂々・女学生・ひまわり・ジェラシー・タラのテーマ久々の広い会場なので私自身困ったことがあって、以前は今日のような感覚は無かったように思いますが後ろからの音は聞こえるのですが、前の音が聞き取りにくく、どうしたものか・・・?指揮棒を見るか!何時もは司会の片隅にはタクトが入っているのですが・・・。「蹴り返しの良かった」と言う事になってしまった。いよいよ、私も補聴器のお世話にならなきゃ・・と真剣に思った次第です。梅雨も半ば。10分位前にザーッと一雨来ました。たまたま、あるチラシに載ってた梅雨から夏にかけての雨の降り方で日本的な情緒あふれる表現の仕方が載ってましたのでご紹介します。翠雨(すいう)夏の初めに降る雨白雨(はくう)夏の午後、短時間で激しく降る雨喜雨...練習日記6月29日

  • 練習日誌(6月22日)

    東部公民館9:00~12:0019名参加◎代表に“返り咲いた”K氏の挨拶から始まりました。9月位からは安定して練習に参加できるそうです。◎規約の一部の改正案が示されました。HP上にて賛否を問うそうです。そして今日も元気に練習が始まりました。ラバーズコンチェルト女学生【今日のポイント】記号の前に行ったら「切り」「切りかえ」を意識する。フレーズの終わりをそろえる。ひまわり【今日のポイント】1拍目を深く感じること。指揮の振り方をかえるので注意。威風堂々【今日のポイント】Iのトリオ、最初からあまり盛り上がらず、穏やかに。終わりの3小節そろえて。ジェラシー【今日のポイント】クレッシェンドで早くなりがち。テンポ、前に行かないように。表情のかわる曲です。※それにしても、バンドネオンいいですね。⑥タラのテーマ【今日のポイント】...練習日誌(6月22日)

  • 練習日誌

    梅雨に入った最初の火曜日東部公民館で練習しました。天気は晴れ、暑い、何だかだるい・・Mさんの別宅で採れたビワがみんなにふるまわれ少し元気が出た気がします。Mさん、ご馳走様でした。ラバーズコンチェルト・・バッチリ女学生・・場所により表情が変わることに留意。少し速くして通しましたがスピード感を保つ事、大事との指摘です。L-O-V-E・・一回の通しで終わりました。またいつの日か・・。野ばら・・楽譜上は8分の6ですが、テンポは微妙に揺らすという事でした。メロディ以外がカギを握ってるとか。威風堂々・・カッコイイ!市川の代表曲になりそうと誉められました。でも最後に少しコケたのが惜しい。ひまわり・・整理しての2回目の演奏は良かったと言われました。砂に書いたラブレター・・手慣れた感じで良いと。みかんの花咲く丘・・もう少し流れる...練習日誌

  • 練習日誌 (6月1日)

    《練習メモ》6月1日六月一日は「衣替え」の日。折しも、わが楽団も本日から新旧役員が入れ替わり、新しい体制となりました(とは言え、団の運営方針が大きく変わることもないですが)。練習に集まったのは、Vl.:5、Vc.:1、Fl.:6、Ob.:1、Fg.:1、Sax.:3、Cor.:1、Pf.:1、Kb.:2、Bandneon:1、Drs.:1の合計23人でした。[本日の練習曲]○ラバーズコンチェルト○ワルツ「女学生」○ベートーベン交響曲第7番○LOVE○みかんの花咲く丘○砂に書いたラブレター〇ドナウ川の漣いつもは1回演奏してお仕舞いのラバーズコンチェルトですが、珍しくダメ出しが入りました。「前半部分の音の頭が不揃い」とのこと。慣れすぎて、雑な演奏になっていたようです。そう言えば、練習会の最初の「音出し曲」は1曲だけ...練習日誌(6月1日)

  • 練習日誌【5月25日】

    今日は、市川市東部公民館で朝9時30分からの練習ということで、電車で通楽している人は、8時台、9時台のバスに乗るので大変!参画人数は少し少な目。気温は高め。今日お休みの人のために、Tさんが、ホームページの「団員掲示板」に「練習スケジュール」を掲載してくれましたので、下記内容と共に、次回の参考にして下さい。バスが遅れたため、先生も遅れて到着。直ぐに練習を開始するも、窓の換気となる。1.まずは、新しい曲で「音知の部屋」に記載のある『女学生』(この名称は日本のみ)終わり良ければということで、コーダ(244小節目cresc.から)を重点的に練習。2.夕陽に赤い帆[F]の重なりの多いところを練習。3.交響曲7番第2楽章、ベートーベン作曲「流れない、階段を上るように。」との指摘有り。4.L-O-V-E久し振り。最後の調号の...練習日誌【5月25日】

  • 5月25日の練習スケジュールの追加

    ☆お知らせ練習スケジュール曲の追加がありました。ベートーヴェンNo7LーOーVーEの追加です。目を通して?いえ、練習しておいて下さい。練習スケジュール表係N・K5月25日の練習スケジュールの追加

  • 練習日記(5月18日)

    梅雨入りしてもおかしくない蒸し暑い午後。久しぶりにおなじみの練習場所に戻ってきました。音の響きも何となくしっくりきます。練習曲1.ラバーズコンチェルト私の入り4小節休符で演奏を聴きます。えっ!この迫力先週と違う。まずい、私の低音一生懸命弾かないとかき消されてしまう。今週は出席率高め。2.女学生(新譜2回目)曲想の変化の細かい解説、指導、練習。私のパート休符カウントもなく♪もすっきり、わりに楽勝かも??次回からはテンポアップの予感⤵3.夕陽に赤い帆ゆっくり、ゆったりの曲は何度弾いてもテンポ維持が難しい。そしてテンポの変化も。4.オリンピックマーチ好きな曲です。できれば回避したいパートもあるらしいが、、、予定通りオリンピックが開催されて、その前の定演のアンコールで演奏したかったなー(´;ω;`)ウゥゥ。大うけ間違い...練習日記(5月18日)

  • 3回目の船橋パックスは18人だった 210427

    あらたに開拓した練習場の船橋スタジオパックスに集まったのは今回18人。ClとPiなし、弦は3本のみ。けれども元気なクダ10本を中心に指揮者の声楽器が支えるアンサンブルは予定した10曲をかるーく流した、凄いですね、みんな巣籠りで自宅レッスンしているんでしょうか。配られた「ひびきあい」に柴田代表のタイムテーブルが載っていました。ナント早朝7時から吹いているんですよ、立派ですね。うちだったら私は袋叩きです。遠慮して近所に迷惑が少ない午後か夕方に大きな音を出さないようにして(ひそかに)やっています。でも、たまに来る娘や男どもはブーイングですからね、「ひどい、全くリズムになっていない」、本人が分っているだけにズシンと響きます。ともあれ17人のレッスンは「いい感じですね」といつものように煽てられて滞りなく?終わりました。G...3回目の船橋パックスは18人だった210427

  • 練習日誌 (4月20日)

    今日は良い天気で少し動くと汗ばむくらいです。もう少しで夏日となるところだそうです。皆さん元気に東部公民館に集まりました。定期総会資料と練習スケジュール表が配られて、コロナ禍のため、総会はメールで行う旨の説明がありました。今日はちょっとしたサプライズを行いました。実は、明日、指導して下さるN先生の誕生日なのです。そこで、通常のチューニングをして、挨拶をした後ピアノの先導で、皆で「ハッピーバースデー」を歌いました。先生はビックリしたような様子でしたが、嬉しそうでした。先生はなかなか団員に愛されていますね。今日の練習はラバーズコンチェルト威風堂々ワルツィングキャットペールギュントの朝ソルヴェイグの歌茶色の小瓶タラのテーマ以上です。「威風堂々」はだいぶ慣れてきたという評価をいただきました。65小節目の初めのメロディに戻...練習日誌(4月20日)

  • 練習日誌 4月6日(火)

    本日の練習曲・ラバーズコンチェルト・威風堂々・ペールギュント組曲「朝」・”「山の魔王の宮殿にて・ワルツイングキャット・ラクンパルシータ・シングシングシング私が加入させて頂いて1年余り。この間、「新型コロナ」の影響で本拠地の公民館が使えない状態が半年あまり。この間を有効活動すべきな所なのですが自分も休んでしまいました。もったいない!!オケは難しいと思って居たのですが、知人の紹介もあり、参加させて頂きました。先生の丁寧な解説、団員の皆様の暖まる気遣い等々によって出来ない所は飛ばして?(音は小さく)、出来るところはバンバン!今後は自宅練習もしっかりやらなくちゃ・・と思って居る次第です。ご存じの方もおいでかと思いますが、千葉市のイメージソングをご存じでしょうか?先日、知り合いからリモートで合唱会を開いたそうです。見て下...練習日誌4月6日(火)

  • 練習日誌(3月30日)

    3月22日、一都三県の緊急事態宣言は解除されましたが、私の困窮事態はいまだ解除の目処が立っていません。トホホ。それはともかく、東部公民館が使えるのは4月から、ということで今日も船橋のスタジオパック4Fでの練習となりました。個人的には、もうここは勘弁してほしいです。何しろ4階まで自動階段も昇降機もなく、両手に器財を持って3~4往復・・・。因果な楽器だ、ドラムなんて・・・。やっとこさセッティングしたら、へとへとで、練習に力が入りません。幸い、4月6日と13日は「東部公民館」が使えるという案内が代表よりありました。時間は13:30~16:30です。4月はこの2回だけになるかもしれないとのことです。皆さんICHISEページの練習日程を確認しておいてください。でも、なんか嫌な予感が・・・。第4波がじわじわと迫っているよう...練習日誌(3月30日)

  • 練習日誌

    あぁ、ブログ今日になってしまいました。言い訳は後ほど述べることにして・・・。3月16日、船橋の練習会場に16人が集まりました。前回と違いうららかな暖かい陽射しの中賑やかな船橋駅界隈は、誘惑が一杯で振り切るには努力がいります。速くコロナが落ち着けば楽しめるのにね、残念です。さて、今回の練習。まずはいつものラバーズコンチェルト。これはもうお手のもの。すんなりパスしました。☆エデンの東八分音符を急がずゆったりと演奏すること☆威風堂々大編成の楽譜を参考にしてるので威風堂々と演奏し、あの有名なメロディの所は焦らない。そして刻みパートもメロディックに奏でること☆アニトラの踊り☆SingSingSing演奏よりも手拍子が気になるそうです。☆ラ・クンパルシータ切れのある演奏をする為にフレーズの終りは、譜面上の音符より短く切るこ...練習日誌

  • 練習日誌(2021年3月2日)

    《練習メモ》3月2日松の内だった1月5日に今年最初の練習会をして以来、2か月ぶりの練習「再開」と「再会」でした。ところが、何日も南関東には雨が降っていなかったのに、この日に限って大雨と強風!筋金入りの「雨男・雨女」が団員にいるらしいことが判りました。その悪天候にもめげずに、久しぶりの練習に集まったのは、Vl.:3、Vc.:1、Fl.:6、Ob.:1、Cl.:2、Fg.:1、Sax.:3、Tr.1、Cor.:1、Pf.:1、Kb.:1、Bandneon:1、Drs.:1の合計23人でした。さて今回、公民館などが利用できない場合でも練習できるようにする為の試みとして、民間の施設を利用しました。また、市川市外での練習も初めてのことでした。会場は、日頃はバレエやダンス、ヨガのために使われているスタジオで、音の反響が強く...練習日誌(2021年3月2日)

  • 勝手にブログ-10

    せっかく元団長が不死鳥のごとく復活したというのに、また緊急事態宣言で公民館が使用できなくなりました。そこでまた「勝手にブログ」をしたためます。私事ですが最近、気力が失せてきたというのか、意識を失いつつあるというのか、どうも元気がでません。こんなことではイカンと思い、老体に鞭打って「コントラバス」を習いに行くことにしました。えっ、なんでコントラバスなのかって?事のいきさつはこうです。昨年の9月だったか、市川交響楽団の関係者から市川市文化会館の改修が終わるまでコントラバスを預かってほしいと頼まれて、2台も受け入れてしまいました。そして「自由に使っていい」との言葉をいいことに、youtubeでウッドベースの弾き方を見て練習してみました。でも、やはりだめですね。そこで、自転車で10分くらいの音楽教室に通うことにし、今ま...勝手にブログ-10

  • 練習日誌 (1月5日)

    謹賀新年🎍コロナ禍で、去年は皆さん我慢、我慢の一年でしたね。2021年、年の瀬には、みんなで乗り越えられたね。と笑顔に、なれるように今は、耐えましょう!1.威風堂々初見2.蒼いノクターン動いている所におもむきをおく。最後は、しっかり止める。3.ジェラシー音をためて、少し速くなるので、我慢する。4.オリンピックマーチ休符を意識する。5.野ばらメロディ以外の裏メロを意識する。6.砂に書いたラブレター💌合いの手の音は、自信を持って7.LOVEメロディ以外も、もっと音を出す。8.ソルヴェイグの歌9.山の魔王の宮殿にて来週からの練習は、お休みになってしまいました。期間は、分からないですが、また練習が再開される日には、皆さん是非元気で、お会いできるように、一人一人気をつけましょう。Sax.k練習日誌(1月5日)

  • 練習日誌(12月22日)

    今年も、本日の練習が最後となりました。新型コロナの影響で、「出前演奏」と「演奏会」は出来ませんでしたが、練習をすることが出来たのは、良かったと思います。私はと言えば、ここのところ、年末(11月或いは12月)は病院に入院です。そのような年齢に達したということでしょうか。身体年齢は、80才位ですかね。精神年齢でカバーするしかないですね。最近は、体力が落ちて、肩に力が入らず、その分、高い音が出やすくなった気がします。吹き方も変わったので、それに合わせた練習が必要になりましたが、まだまだ思うようには、行きませんね。来年も皆さんと一緒に頑張りますので、市川シニアの団員でない人も応援をお願いします。新型コロナに負けないように、おまじない。¡FelizAñoNuevo!Bonneannée!練習日誌(12月22日)

  • 練習日誌(12月15日)

    中国の音楽世界よりTpTOK巣籠で時間ができたので、10数年前に買って書棚に置いたままの中国の春秋時代の歴史書等を取り出して読みふけっていました。紀元前4~500年の時代で、この当時から中国には音・律という仕組みがあり、12音階も確立されていましたことに驚き、別途、孫玄齢著「中国の音楽世界」を書棚から見つけて読みふけりました。NHKの時報「ピ・ピ・ピ・ピー」の最後の「ピー」はAの音と聞いていましたが、春秋時代の基音は笛で行っていたとは書かれていますが、何の音だったのでしょうか?現在のオーケストラでは440~442ヘルツで季節や会場の広さ等に応じて鍵盤楽器やオーボエでチューニングを行いますが、当時は気温・湿度に影響されにくい竹笛だったのでしょうか?ピタゴラスもこの時代の人ですが、数学的に音律を解明したことは知って...練習日誌(12月15日)

  • 練習日誌(12月8日)

    きょうも朝早くからコロナにも負けずたくさんの方が参加。練習がいかに楽しいかってことですね。練習曲ラバーズコンチェルトドナウ川~アニバーサリーひまわりジェラシータラのテーマ30分ごとに5分間の通気による温度変化で弦は伸びたり縮んだり。音程が狂います。VcI練習日誌(12月8日)

  • 練習日誌

    ReturnofLeader!帰ってきたkさん20201201(SaxM)本年初めに一身上の都合で退団された団長さんが本日帰還された。耳、眼ともに不都合な状態でアンサンブル市川の妙なる響きも実は聞こえていなかったし、ご自身譜面も怪しかったという告白を聞いて驚いたのは私一人ではないと思う。ともかく今日のレッスンは「素晴らしい響きであった」とご感想を述べられていた。心機一転ということで新団員として活動されるというご挨拶は裏腹に存在感があった。幸い本日は27名の参加でほとんど市川シニアフルメンバーに近い練習であり、10月以来のタラ、ジェラシー、ドナウたちを見事にClari3人と充実したパートで演奏していた。5月の定演も中止となり残念な1年ではあったが団長の復帰といい最後に嬉しいギフトを頂けた子年であった。来る丑年はじ...練習日誌

  • 勝手にブログ

    特集「指揮棒3(ノンタクト)」Tp.TOKこれまでガーシュウィン時代の長尺指揮棒(タクト)等書いてきましたが、最近の若手の指揮者では、指揮棒を使わないフリーハンド(non-tact)が多く見受けられるようになってきました。彼らに共通することは、指が細長く綺麗な指です。中学生の頃、最初に買ったレコードはブルノ・ワルター指揮のモーツアルトの交響曲とセレナーデでした。ワルターも長尺指揮棒を使っており、彼の演奏スタイルが好きで、大学を出るまで楽しんでいました。私の指は太くて短いのでとてもノンタクトという考えはありませんでした。指揮棒は行進の際使われる指揮杖から発展したもので、指揮杖は道路を杖で鳴らしながらリズムを取っていたので、後方の奏者にもはっきり指示ができたと思われます。翻って我がアンサンブルから見てみますと、指揮...勝手にブログ

  • 練習日誌(11月24日)

    今まで11月とは思えないほど暖かかったのが、一転して今日は寒いくらいの気温になりました。新型コロナの感染者がじわじわ増えるなか、いつも通りの練習がありました。30分ごとの換気とマスクをしたままで演奏できるパートはマスクをして、細心の注意をはらって練習しました。今日の練習はラヴァーズコンチェルトドナウ川~アニバーサリーひまわりジェラシー茶色の小瓶ふるさとです。「ドナウ川」はフレーズによって明るくとか、かわいらしくとか、ゴージャスにとか、細かいニュアンスを指示されました。「ドナウ川」から「アニバーサリー」へ移る練習もしました。ページめくりもあるし急にスイングに雰囲気を変えるのは難しいです。「ひまわり」はメロディを八分音符で感じるようにと指示されました。やってみるとなるほどという感じでした。先日YouTubeで「ひま...練習日誌(11月24日)

  • 練習日誌(11月17日)

    秋晴れの今日、東部公民館に22名が集いました。ラバーズ・コンチェルト“師”曰く;「楽譜Cのところの四分音符部分のアンサンブル、注意。テンポ感をそろえて。」ドナウ川のさざなみ“師”曰く;「2/4拍子で数えにくいところがあるが、1小節に1.2.3.4.と書いておくとわかりやすい。11番の11小節目からアニバーサリーに入るので注意。切れがあってよかった。」ジェラシー“師”曰く;「1拍目をはっきり出す。3連符はゆったりと。」ひまわり“師”曰く;「単純だがテンポが難しい。ずれやすいから注意。伴奏は“舞台装置”。主役を引き立たせるように。4からの絡みも難しい。」一晩中踊りあかそう“師”曰く;「感じるままに、押さえずに演奏を。4/4拍子だが、テンポの感じ方は2/2拍子のように。踏みしめないで流れを大事に。今日の演奏は完璧です...練習日誌(11月17日)

  • 練習日誌

    爽やかな秋晴れの中、9時から練習という主婦にとってはとんでもない時間にも関わらず、三々五々集まり始め、練習しました。まずはいつもの「ラバーズコンチェルト」、これはもうバッチリです。次に「アニバーサリーソング」の前半の「ドナウ川の漣」の初見大会。古く在籍している団員には懐かしい曲です。つなぎの部分・・217小節からアニバーサリーに飛びます。アニバーサリーの1小節目はドナウの218小節の4分音符が来て4分休符、それから2分音符が来てそれはメインメロディの始めの音。めでたく無事に事故なく飛ぶには音符を各自書いておき、楽譜自体をつなげるのが良いと思います。「ひまわり」これも私などは懐かしい曲です。♪あの頃はぁ若かったぁ♪いやいや映画を見た時ではなく市川シニアは人数が少なかった。個人的には草原を覆い尽くすひまわりの花びら...練習日誌

  • 特別寄稿

    信頼と協調Tp.TOK学生時代のオーケストラでは、協奏曲や序曲等の後、交響曲を演奏していたが、チャイコフスキーの曲が多い時は体力があったが、スラブ行進曲~ピアノ協奏曲~交響曲第5番と続くと、アシスタントがいても大変であった。モーツアルトが主体の場合は十分な休みが取れて安心して演奏が可能であった。丸まる1楽章が休みの時もあり、仲間の演奏や顔を見て楽しむことができた。アンサンブルは仲間の信頼関係で成果がでる。特に管楽器はほとんどがソロで、各管の音だし1発に成否がかかっている。また、担当の小節は数小節前からヴァイオリンのピチカート、オーボエやクラリネット・ホルン・Sax等の出所を楽譜に書き込んでおり、彼らを絶対信頼して演奏している。それにしても現在のシニアアンサンブルでは、金管楽器は、ホルン・トランペットは各1本。金...特別寄稿

  • 練習日誌(10月27日)

    《練習メモ》10月27日早くも10月最後の週になりました。コロナ禍で行動が抑えられる傾向にあり、何もしない内に時間が経っていくような気がします。公民館の利用に未だ制限があるため、かつてよりも予約が取りづらく、練習時間も不規則に。本日は、午前中が練習時間となる日の第1回目で、9時から10時までは自主練習、10時から全体練習が行われました。9時に来ていたのは7~8人。それから三々五々人が集まり、結局、本日の参加者は、Vl.:3、Vc.:1、Mand.:1、Fl.:6、Ob.:1、Cl.:2、Fg.:1、Sax.:2、Tr.1、Cor.:1、Pf.:1、Kb.:2、Bandneon:1、Drs.:1の合計24人でした。[本日の練習曲]○ラバーズコンチェルト○タラのテーマ前奏の部分以外は、テンポの取り方なども上手くなり...練習日誌(10月27日)

  • 練習日誌 10月20日

    久しぶりのお天気に、とても気持ち良い日でした。1ALover'sConcerto2.タラのテーマ最初は、ファンファーレのようにはっきりとそして、テンポが、とりにくいので、これからの課題!でも壮大な感じがでていて良くなってきたそうです。3.AnniversarySong終わり2章節が合えば、Good!音量を意識して、メロディ重視4.蒼いノクターンテンポが良くなっている。変調を意識して!5.SingSingSingラストの曲、ジャズっぽく、練習日誌10月20日

  • 練習日誌 10月13日

    良いニュースです。先日、「楽譜が見えないので一度対談」した方が、術後回復したそうで、復帰したい、とのこと。うれしいですね。我々は健康第一ですから。会うのが楽しみです!今日の練習は、全日警で11時からでしたが、間違える人もいました。それほど、新型コロナウィルスの影響で、練習場所の確保が難しくなっています。練習以外のことも、頑張ってくる人たちに感謝します!練習は、新曲「ジェラシー」が配られ、譜読み。出だしは、バンドネオンから、7連符、8連符、ちょっと所見では・・先が楽しみです。ペール=ギュント第1組曲、全曲通しました。来週は、久々に、東部公民館、1時30分からです。これを見てから来てくれると良いのですが・・・只野Hr練習日誌10月13日

  • 練習日誌

    10月6日今日の練習は久しぶりに全日警ホールでした。26名が参加、久しぶりの方もおられ、徐々に元のフルメンバーに戻りつつあると感じました。練習は、まずいつものようにラバーズコンチェルトから始まりました。〘今日の練習曲〙〇タラのテーマメロディーたっぷり目に、各小節の休符が大切〇アニバーサリーソング決め所をしっかり合わせること〇野ばら8分音符早くなりがち〇ペールギュントの4曲朝、アニトラの踊り、ソルヴェイグの歌、山の魔王の宮殿にて〇LOVE〇ラ-クンパルシータ〇オリンピックマーチ皆さんよく練習していると思います。私も頑張らなくてはと反省します。コロナとインフルエンザに注意しましょう。(CL.Ⅰ)練習日誌

  • 練習日誌(9月29日)

    うれしい新入会1名、残念ですが退会1名、取材見学1名のゲストを迎えての練習日。★upfeelとdownfeelまずはラバーズコンチェルトからそこで指揮者から拍の取り方の提案。手の指を使って拍をとるとき指を折り曲げるのではなく折った指を上に開放していくとり方です。しっかり1拍を感じる方法、upfeel。(折り曲げる方法はdownfeel)この日の練習曲のテーマです。★タラのテーマ3週目に入ってテーマを盛り上げていく感じの練習。個人的にはイントロがやっぱり難しいです。★ワルテイングキャットラスト2小節の決めをきっちり。★アニバーサリーソングこちらも3週目。先週練習した決め所の確認、練習からはいりました。★野ばらメロディーの八分音符が早くなりがちなので微妙なテンポの揺れを感じつつメロディーはゆったりと。★オリンピック...練習日誌(9月29日)

  • 練習日誌(9月22日)

    練習日誌(9月22日)暑さ寒さも彼岸までとはよくいったもので、朝晩めっきり涼しくなりました。新型コロナウイルスの流行や、異常な暑さ、日本のすぐ近海で台風が発生するなど異常気象が続いています。私にとって、そのような毎日の中、唯一と言っていい楽しみがアンサンブルです。今日の練習は市川文化会館の練習室で行われました。団員は21名ほど集まり、30分ごとに5分間の換気をしながら、練習を進めました。いつものように「ラヴァーズコンチェルト」から始めました。新曲の「タラのテーマ」は今日で二回目ですが、いろいろと細かい注意を受けました。「ワルツィングキャット」はけっこう久しぶりの曲でしたが、テンポだったり、特長的な根こそぎの鳴き声の部分だったり、注意を受けました。この曲はとても楽しい曲なので、演奏するのも楽しいです。「Anniv...練習日誌(9月22日)

  • 練習日誌(9月15日)

    今日の練習は久しぶりの市川文化会館にて、1時から4時まででした。市川文化会館は10月から改修工事に入るため長期間の閉館になるので、いつもならたくさん貼ってあるコンサートなどのポスターもほとんどなく、人の出入りも少なく寂しい感じでした。第一練習室のある4階はロビーが広く照明も落ち着いていて、椅子やテーブルの感じも公民館よりはグレードの高さを感じ、私は好きな練習会場でした。コロナでいろいろな事に自粛を要求される生活が続いていますが、こうして楽器を持ち寄ってみんなで練習ができることは、幸せというよりほかないですね!今日は新譜が2曲、配布されました。「タラのテーマ」と「AnniversarySong」です。さっそく、初見大会です!「タラのテーマ」は各楽器が次々と主役になり展開していく、壮大なイメージの曲になっているよう...練習日誌(9月15日)

  • 練習日誌(9月1日)

    今日は曇り&雨の予報が、帰宅迄は降られず良かったです!(先生と団員の心がけが良かったのでしょうか?)あっという間に9月です!コロナ禍の中、30分毎に5分の休憩等いろいろ大変ですが、仲間と演奏できて嬉しいです!!!<練習場所>東部公民館<時間>13:40~16:30<出席者>弦楽器=3管楽器=12その他=5計20名<練習曲>1.ラバーズコンチェルト2.ペールギュント組曲「朝」3.ペールギュント組曲「アニトラの踊り」4.砂に書いたラブレター5.茶色の小瓶6.エデンの東7.ラ・クンパルシータ<連絡事項>1.次回9/8(火)は、お休みです!2.次々回9/15(火)は、場所:市川文化会館第1練習室(4階)時間:13時~16時☆場所がいつもと違いますのでお間違えのないように!!3.以後の練習日程は、ホームページを参照して下...練習日誌(9月1日)

  • 練習日誌(8月25日)

    信篤公民館にて13:30~16:30団員17名と先生で練習が始まりました。①ラバーズコンチェルト「場所のせいか、いい音の響き」とのこと②ペールギュントアニトラの踊り「テンポ感よかった。メロディのフレーズが細かくなりすぎている。4小節で一つの塊、の感じで。伴奏者は4~8小節で1つのメロディーの感覚で」③ペールギュント朝「流れはとても良い。Fの3小節目からテンポを遅くするので注意」④L-O-V-E「メロディーの頭、そろえて。最後の2小節しっかり切る」⑤ベートーベンNo.7「流れはよくなった。Cの盛り上げるところが前のめりになるのでガマンして」(影の声:私たちシニアはガマンができないんだよな)⑥SingSingSing「とても良い。音がなくなった時の切れを意識して。フレーズの終わりの音の処理に注意。“切れ”が大事」(...練習日誌(8月25日)

  • 練習日誌

    今日も暑い中、18名の団員が集まりましたが、日頃元気印のN先生は体調を崩されて、初めてお休みされました。他にも体調を崩し休んだ方もいるようです。そしてN先生がお休みと聞いて休んだ方もいるようないないような。練習はKの厳しくしつこい指摘で始まり、あまりに張り切りすぎて調弦やお辞儀、お決まりのラバーズコンチェルトを忘れる始末。リクエスト曲を練習しました。朝・・ベートーベン・・SingSingSing・・砂に書いたラブレター・・夕日に赤い帆・・蒼いノクターン・・野ばら・・クンパルシータ・・そして少し速くした茶色の小瓶で気持ちよく終われました。結構何度も練習したり人前でも演奏してるので、みんなの気持ちを合わせるだけできれいな演奏が出来た気がします。新曲の「タラのテーマ」楽しみです。その他の新曲のつなぎとして、笹森先生の...練習日誌

  • 練習日誌 8月4日

    《練習メモ》8月4日2月25日以来、5カ月余(実に23週間)ぶりとなる本拠地での練習でした。30分毎に館内放送が流れ「窓を開けて室内の空気の入れ替え、5分の休憩」が求められます。その度に練習は中断。落ち着かないし、練習の時間配分は難しくなるしで、指揮者先生もご苦労されている様子でした。それでも、久しぶりの東部公民館の視聴覚室で聴く音の響きは、全日警ホールとは異なり、懐かしさも感じました。参加者は、Vl.:2、Vc.:1、Fl.:6、Ob.:1、Fag.:1、Sax.:2、Cor.:1、Pf.:1、Kb.:2、Bandneon:1、Drs.:1の合計19人でした。[本日の練習曲]・ラバーズコンチェルト・東京オリンピックマーチ・エデンの東・砂に書いたラブレター・茶色の小瓶・ワルツィングキャット・野ばら・一晩中踊れた...練習日誌8月4日

  • 練習日誌(7月21日)

    相変わらずの梅雨空・・・でも、時々は薄日がさして、梅雨明けがもう少しかなと感じられる一日でした。今日も、全日警ホールで1時から4時までの練習。参加者は弦楽器4人、管楽器12人、鍵盤楽器他5人、合計21人でした。練習に入る前に、T副代表から以下の連絡事項がありました。①8,9月は東部公民館が第1,3週の火曜日、1:30~4:30まで取れる見込み。第2、4週については、全日警ホールまたは信篤公民館を取る努力をしてみるとのことです。確定したら連絡網で連絡があります。②総会については、全員出席での開催が無理な状況が続いていますので、オンラインでの開催にしたいとのことです。すでに総会資料は配布されていますので、それについての賛否をメールで受けつける方法です。これもくわしくは連絡網で連絡があるとのことです。そして、練習がス...練習日誌(7月21日)

  • 練習日誌(7月14日)

    7月14日(火)全日警ホール13:00~16:001週空いての練習でした。団員21名の参加があり、久しぶりにいろいろな音が聞こえました。また、ピアノが復活して始まりと終わりの挨拶がスムースにいきました。先ずは連絡事項から。8月、9月は東部公民館で練習を行う予定ですが、抽選等の結果は来週にはっきりするそうです。因みに8月の全日警ホールは他の団体の予約が入っていて、火曜日は使えないようです。とりあえず9月に延期した定演は、その是非を今月中に決めるそうです。いろいろと取り沙汰されている中で、どのようにするのか選択が難しいです。そして練習・・・①いつものようにラバーズコンチェルト:譜面を見なくても演奏できるように、とのことで2回演奏。②久しぶりのオリンピックマーチ:「思い出せればいい。ポイントを押さえてあるので全体とし...練習日誌(7月14日)

  • 練習日誌(6月30日)

    久しぶりにブログバトンが回ってきてしまいました!今日は行きは☁、帰りは豪雨、皆様お疲れ様でした!お風邪など召されませんでしたか?今日で、大変な半年も終了です。7月からも、コロナに気をつけて、皆で楽しく練習したいですし、無理は禁物ですが、全員での演奏が待ち遠しいですね!!!<本日の出席者>1、弦楽器=22、管楽器=113、その他=4計17名<本日の練習曲>1.ラバーズコンチェルト・・・お手の物になっていて問題はないが、慣れすぎで、8分音符が前に出がち、たっぷりめに演奏しましょう!2.アニトラの踊り・・・メロディーが大部少ないので、先生の歌で!トライアングルを聴きながら演奏しましょう!3.山の魔王の宮殿にて・・・パートが少ないので先生の歌で!流れは良く、人数が揃えば大丈夫!4.SingSingSing・・・久し振り...練習日誌(6月30日)

  • 練習日誌(6月23日)

    練習再開6月16日は、私は欠席したので3か月ぶりほどで皆さんに再会した。みんな元気ですね。今回も全日警ホールで13:00~16:00までの練習でした。まだ参加者が少ない中(欠席約1/3)で、元気に、和やかな練習であった。メロディのバイオリン・ピアノが全員欠席のため、野村先生のくち三味線ならぬくちバイオリンがほとんどの曲で活躍した。練習曲;ラバースコンチェルトソルヴェイグの歌ベートーヴェン交響曲NO7夕日に赤い帆エデンの東ワルツイングキャット茶色の小瓶予定通り進められたが、バイオリン・ピアノのいない演奏は意外とカウントしにくく、大変さを痛感しました。皆さん早く揃って演奏したいですね。配布資料;令和2年度定期総会資料次回練習6/30も全日警13:00~16:00の予定ですが連絡網情報をご確認ください。以上練習日誌(6月23日)

  • 練習日誌(6月16日)

    東京都の緊急事態宣言解除を受けて、何か月ぶりか分かりませんが、用心しながら、練習を再開しました。練習場所は、市川市の全日警ホールの舞台、隣の人との距離は、2m以上で行いました。出席者は、指揮者1、1stVn1、2ndVn1、Vc1、BN(バンドネオン)1、Fl5、Sax3、Hr1、Tp1、KB(キーボード)1、ドラムセット1、でした。いつも通り、音慣らしに、「ラバーズコンチェルト」から始め、次に「野ばら」を演奏しました。人数も少なかったので、「野ばら」では、interの部分をしっかり練習しました。3曲目は、「一晩中踊れたら」。フレーズの終わりをドラムに合わせて切ること。『休憩』4曲目は、「ペールギュント、朝」。初めから、Aまで行けば後はOK。5曲目は、「茶色のこびん」。soliは、先生の歌に合わせた。『休憩』6...練習日誌(6月16日)

  • 勝手にブログ  (その9)

    チャップリンとライムライトブログのバトンを練習が無いためずっと私が預かっており、やむを得ずまた投稿いたします。数十年ぶりにチャップリンの「ライムライト」を見た。彼の芸術に対する才能は時間が経過しても今なお新鮮であるので感銘した。映画であるので吹き替え等で処理されていると思うが、バイオリンの奏法にしてもやはり「プロ」であり、心血が注がれている。彼の娘もそのDNAが受け継がれており、映画「ドクトルジバゴ」の最後のシーンでバラライカを背負って去っていく姿は素晴らしかった。ライムライトでは主演のバレリーナテリーの主題歌「エターナリー」もわが青春時代に聞いた素晴らしい楽曲の一つである。弦楽器バイオリンの上に乗っかかるオーボエとクラリネットの響きが素晴らしく、いつか我が市川シニアアンサンブルでも演奏したい曲の一つである。C...勝手にブログ(その9)

  • 勝手にブログ その8

    自粛中の無駄話を一席このところ関東でも30度を超す所があって、もう夏に突入したかのようです。かと思うと今日のようにちょっと寒い日があって、調整がききません。団員の皆さんにおかれましては、この長い自粛生活で身体に転調、移調いや変調を来している方もいらっしゃるかと思います。くれぐれもご自愛ください。ところで今日5月19日は、本来ですと「ISE第5回定期演奏会」の日です。やりたかったですね。あんなにポスターやプログラムに精力を注いだのに・・・。新型コロナウイルスめッ!晩年になってこんな試練が待ち受けているとは思いもよりませんでしたね。さて話変わって、いつだったか、ラジオで認知症予防について話していました。それによると、まず「食べ物」。ノビレチンを多く含む柑橘類、特にポンカン、シークワサーがいいそうです。でもそれは皮の...勝手にブログその8

  • 勝手にブログ (その7)

    テンションの落ちたときは「マーチ」久しぶりに夜中に目が覚めた。ラジオの深夜放送をつけると「アイーダの凱旋行進曲」のトランペットが響いてきた。コロナで落ち込んでいる気分がすっかり晴れてきました。エジプトのアレキサンドリアに赴任している時、裏のマンションにトランペット奏者が住んでおり、毎日ロングトーンとスケールの練習が聞こえてきた。彼とはルネッサンスホテルの宴会等で顔を合わすこともあり、野外の現存のローマ劇場でのアイーダの演奏会に誘われていたが、仕事の都合で行かれなかった。残念!プトレマイオス朝最後の女王クレオパトラが生活していた王宮は現在の海岸線から数百メートル沖にあったらしく、フランスの水中考古学者とエジプトの考古学者で水中の発掘(探査)が始まった時でもあった。そういうことも思い出しながら、凱旋行進曲を聞きほれ...勝手にブログ(その7)

  • 勝手にブログ(その6)

    【毎週火曜日は練習の日】なかなか収束しそうにない新型ウイルスの感染拡大。外出自粛で鬱陶しい生活が続きます。そのような中、先週、指揮者先生から団員全員に、「アンサンブル基礎講座」の動画配信と練習曲の「音源」の送付がされました。「アンサンブル基礎講座」はわかり易く編集されていて、見ながら「フムフムなるほど」。「音源」の方は、電子音の音源なので違和感がありますし、実際に他の団員と合奏ができるわけではありません。しかし、自宅で自分のパート譜だけを見て練習するのとは異なり、曲全体の流れを聴きながら演奏ができるのは素晴らしい。ウイルス騒ぎの異常な事態での孤独さも薄らぎます。これのメリットは他にもあります。①演奏(合奏)中、音やリズムを間違えても誰にも気づかれず、迷惑も掛からない。②曲の途中でも「一時停止」を押して、トイレに...勝手にブログ(その6)

  • 勝手にブログ(その5)

    ISE団員の皆さん、元気ですか。7都府県に「緊急事態宣言」が出た4月7日、私は何を思ったのかアマゾンで「タブレット」を注文してしまいました。10.1インチの一番安いヤツで、カバーがついて15,000円ほどです。スマホもロクに扱えない人間が、「緊急事態宣言」期間中のオモチャにでもしようと思ったのでしょうか、自分でもよくわかりません。仕事もなくなっちゃったし、家に閉じこもっていると、物理的な何かを手に入れることで心のバランスを取ろうとしているのか、悩ましいところです。さて、翌日8日には「もの」が届きました。早いですね。早速開けて対面しました。最近のこの手のものには印刷物の「取扱説明書」がないので、あっちこっち弄り回してなんとか立ち上げには成功しました。さて、何をしようか。私には映画を見る趣味もないし、映画に限らずダ...勝手にブログ(その5)

  • 勝手にブログ (その4) 4月13日

    音痴のウグイス練習が休みで、ブログ用バトンを預かりっぱなしで、書く方もいらっしゃらないので、一筆計上いたします。家に閉じ籠り、時々買い物に行く。時には市内の暇なシニアとゴルフに行く。家にいると桜満開の近所の公園の藪や小学校からいろんな音が聞こえてきます。最近、若いウグイスの鳴き声が目立ちます。「ホーホケキョ」が上手く唄えず、人間が聞いても音程は外れているし聴いていると自然と笑みがこぼれます。「これでは彼女が出来そうにないな」とーーーーーー。友人は品川の街中に住んでおり、近所に藪があるようです。この中学生からの親友に以前ウグイスの鳴き声が出せるトロンボーン式の笛を送ったところ、「ピー・ピー」とヒヨドリの音しか出ないと連絡が入りました。管楽器経験者や小学校で縦笛やリコーダーを習った年代の人は、舌突き「タンギング:T...勝手にブログ(その4)4月13日

  • 勝手にブログ(その3)  4月12日

    〇楽団ホームページの開設〇ブログ投稿の輪番制導入〇楽団エンブレム作り〇公開リハーサル&ミニ演奏会〇「楽団規約」の全面改正〇「ルール・マナー集」の制定〇指揮者・野村先生の招聘〇「指揮者委任契約書」の改訂〇連絡網の整備思いつくまま列挙してみました。これら全てが、K代表が提唱・主導して成された事績です(この他にもあるかもしれませんが)。氏は、市川シニアアンサンブルの量と質(団員数と音の厚み)の拡大に熱心に取り組んでこられました。特に、氏の発案で実施された「公開リハーサル&ミニ演奏会」の効果は絶大で、これを機に多く方が入団され、団員数は飛躍的に増えました。それに伴って音のボリュームが増し且つ多彩になり、選曲の間口も広がったように思います。また、団員数が多くなっても和気藹々とした雰囲気が変わらないのも氏のお人柄のお陰でし...勝手にブログ(その3)4月12日

  • 勝手にブログその2-市川駅紀行

    皆さんお元気ですか。この1ヵ月あまりの閉じこもり、いかがお過ごしでしょうか。私は部屋の整理整頓、掃除、たまった楽譜の整理、張り切ってやろうと思っていました。しかし、一部屋きれいになったところで挫折。今はもっぱらテレビのお守役です。コロナよりエコノミー症候群が身近に感じられるこの頃です。しかし、今日は久しぶりに市川駅に出てみました。大したことはありませんがその紀行文を書こうと思います。皆さんも何か書いてくださいね。この退屈で気分が落ち込む日々、少しでも気を紛らわそうではありませんか。不要不急の外出は・・・の「耳だこセリフ」を背に1ヵ月ぶりに市川駅近辺に出てみた。かねてより予約してあった美容院に行く為だ。まず驚いたのがバス。いつだったか間に合わなくて、向こうから来るバスに手をあげても止まってはくれなかった。ところが...勝手にブログその2-市川駅紀行

  • 勝手にブログ(3月29日)

    《勝手に日誌》「生活のリズム」なんてことをよく申しますな。日々の生活を送るうえで、リズムが必要だと。例えば、できるだけ同じような時刻に三食食べなさいとか、夜更かしをするなとか、朝は早く起きなさいとか・・・ねぇ。ある程度決まったリズムで生活していれば、気持ちも落ち着くし、身体にもいいのでしょう。それが今回のウイルス騒動で一変しちまいましたな。毎週火曜日の練習日がなくなっちまった。しかも大事な定期演奏会を前にして。えらいこっちゃです。「1週間の生活のリズム」が崩れてしまったわけです。そればかりでなく、オリンピック・パラリンピックのリズムも狂いましたな。1年の延期。せっかく練習した“あの曲”はどうするの?演奏会はとりあえず9月に延期、ということになりましたが、さて練習はいつから再開できるのやら・・・。市川市の公民館は...勝手にブログ(3月29日)

  • 練習日誌(2月25日)

    ペールギュント「朝」Tp.TOKアレキサンドリアで生活していると毎朝、4時過ぎに近所のモスクのスピーカーから大音量の「アザーン」が聞こえてくる。我々異教徒にとってはクレームをつけるのではなく、目覚ましと自覚することが大事であった。イスラム教徒は1日5回の礼拝(サラート)をしなければならない。この「アザーン」は、イスラム教国においては全国アザーン大会で優勝した歌手?のカセットテープやCDが使われていることが多い。ペールギュントは、婚約者を残して北欧から北アフリカ(エジプト~モロッコ)のモロッコへ出稼ぎに行った身勝手な男の話である。決して北欧の早朝の朝の曲ではない。この曲は、北アフリカの乾いた早朝の空気を震わすフルート1本(笛)で演奏する曲でもある。フルート1笛でも十分会場に響き渡るように作曲されており、北アフリカ...練習日誌(2月25日)

  • 練習日誌(2月18日)

    5月19日の定期演奏会まで3ヶ月となりました。開き直るにはまだ早い。今日もラバーズコンチェルトからスタートしました。1.先週の初見に引き続き「野ばら」パート毎に全く異なる旋律であることが分かり、響きの素晴らしさを体感しました。2.改訂「茶色の小瓶」先生の遊び心を入れ込んだ改訂版になりました。ノリノリで演奏しましょう。3.「SingSingSing」テンポに乗る。パート毎に異なるリズムなので、ドラムだけを聴きながら、自分の演奏に徹するように。今日も手拍子でリズムに乗る練習をしました。何回も...自分の弱点が見えてきました。4.「こうもり」1~12小節は、正確性より華やかに演奏。小節の中でどの拍を強調するかを明確に。速いテンポから遅いテンポに変わるところは「色を変えるイメージで」来週の練習会も新しい発見、驚きがある...練習日誌(2月18日)

  • 練習日誌

    先週の初富病院での訪問演奏が終わり今日から定期演奏会に向けての本格的な練習が始まりました。暖冬とは言え寒い時期ですが、今日も東部公民館にたくさんのメンバーが元気に集まって熱心に練習しました。練習曲は久しぶりやる曲3曲と新曲1曲でした。・ラバーズコンチェルト・こうもり‣・・・・細かく区切って最後まで練習・SingSingSing・・速さ感覚を養うためにドラムの演奏に合わせて手拍子をとる練習をしました・野ばら‣・・・・・初見・茶色の小瓶次回は2月18日東部公民館です。また元気にお会いしましょう。(cl.I)・練習日誌

  • 初富保険病院訪問演奏(1月28日)

    1月28日1週間前の天気予報は「雪」!幸運にも雨予報に変わってどうにか30名集まって演奏することができました。演奏者の人数が増えてのセッティングも難なくあっという間に済んでリハーサル。かなり危ない箇所が・・・・その為のリハーサルなのできっちり修正。本番は問題なくアンコールまで演奏できました??演奏した曲目ですオープニング砂に書いたラブレークラシックペールギュント組曲から朝の情景アニトラの踊りソルベイぐの歌歌唱みかんの花咲く丘ふるさと演奏ワルテイングキャットアンコールラ・クンパルシータ次回の練習東武公民館11時から練習予定曲こうもり、SingSingSing、茶色の小瓶野ばら(初見です)定演までリハを含め後11回の練習日を残すのみ。皆さん頑張って練習していきましょう!VcI初富保険病院訪問演奏(1月28日)

  • 練習日誌(1月21日)

    「うわーもう回って来たんだ」「休んだ人がいると跳ばすことになっているのよ」「10週間前に書いたはずだけど」「今日の練習のこととか簡単に書いておいて」「・・・・」忙しくてすっかり忘れているうちに役員会で「次のブログは?」と言われて思い出した。バトンは袋の中にある。このところ練習は1月28日の初富準備、役員会は5月の定演と何か浮き足立っているように感じる。一生懸命取り組むのはいいことだ。学生時代、働いている60年間ずうっと必死にやって来たことだからよくわかっているつもり。野村先生が「いいですね、特にありません」と褒められると嬉しい、これも哀しかな、習い性か。先生は初学者の弱点をよくご存じのようだ。14,21日の二日間、初富の8曲を詰めている。美しい作品を作る経験が66年の人生でゼロの私としては「なるほど」の連発であ...練習日誌(1月21日)

  • 練習日誌(1月7日)

    明けましておめでとうございます。今年は定期演奏会の年です。皆さま心を一つにしてがんばっていきましょう。2020年、最初の練習は全日警ホールにて、13時からスタートしました。まず、K代表より年頭の挨拶と以下の連絡事項がありました。①2か月ほどお休みしていた、Sさんが元気に復帰されました。②朝日新聞に市川シニアアンサンブルの紹介記事が掲載されました。掲載された12月31日の朝日新聞をTさんが支局のご厚意で持ってきて下さいました。③12月に市川交響楽団など3団体のコンサート会場で、定期演奏会のチラシの挟み込みを行うことができました。そして、練習開始です。まずはラバーズコンチェルトからです。会場も広いので気持ちよく音が出せました♬次は今月末の初富保険病院での演奏曲目を順に練習していきました。ペールギュント組曲の3曲はま...練習日誌(1月7日)

  • 練習日誌(12月24日)

    一年が経つのは早いですね。野村先生に指揮をとっていただいてから、2回目の年末を迎えました。公開リハーサルなどを行ったこともあり団員の数がぐんと増え、練習場も狭く感じる今日この頃。先日の女子会も頼もしい新人さんが増え、とても楽しかったです。本日の練習はお休みの方が幾分多かったので、先生のご指摘を覚えているだけですが、書いてみました。・ラヴァーズ・コンチェルトこの曲は、特に注意はなく、できるだけ暗譜で。・ペールギュント「朝」練習番号Dの4、5小節のつなぎをスムーズに出来たら。・アニトラの踊り3拍子が少し重いので、4小節を基準に縦ノリより、横ノリで合わせると良いとのこと。Dのところからは、追っかけの絡みを覚えるのが大事。・ソルヴェイグの歌7小節目から長い音符で出ているパートは、揺らして出るので、様子をうかがいながら弾...練習日誌(12月24日)

  • 練習日誌(12月17日)

    12月17日(火)、いつもどおり練習が始まりました。今日の欠席者は3名、出席率は30/33で90.9%。いい方でしょう。ラヴァーズコンチェルトで態勢を整えて、ペールギュントの「朝」「アニトラの踊り」「ソルヴェイグの歌」をやりました。3歩進んで2歩さがる、と言った感じでしょうか。でも着実に1歩ずつは進んでいるようです。「エデンの東」「砂に書いたラブレター」の後、今日は「犬役」が来ていたので、久しぶりに「ワルツィング・キャット」を通しました。そしてこれも久しぶりに「こうもり」を通しました。先生曰く「忘れていないようでよいです。迫力がありました」と。次に「L・O・V・E」と「一晩中踊りあかそう」の練習。なんとなく定演の曲の全体像ができてきたように感じます。定演まであと半年、頑張りましょう。話は変わりますが、ラグビーワ...練習日誌(12月17日)

  • 練習日誌(12月10日)

    師走なのに、季節外れの暖かさでした!12月7日の教養講座出演も無事終え、今日から1月末の初富保険病院訪問演奏曲の練習開始です❣≪本日の練習曲≫・・・(*)初富訪問の演奏曲1、「ラバーズコンチェルト」*2、ペールギュント組曲「朝」。。。和音のハモり方の練習をしました(1番目の音を延ばす)*3、ペールギュント組曲「アニトラの踊り」*4、ペールギュント組曲「ソルウ”ェィグの歌」5、「L-O-V-E」*6、「砂に書いたラブレター」7、「一晩中踊れたら」<先生から初富に向けてのアドバイス>本番では演奏する場所が違ったり、色々なことが有るが、楽譜にしがみつくのではなく、曲の流れに身を任せ、周りに合わせるとスムーズに演奏出来るようになるので、やってみましょう❣≪連絡事項≫◎1月・2月の練習日程表が配布されました!◎次回は12...練習日誌(12月10日)

  • 教養講座出演

    12月7日、土曜日でしたが団の一員であるTさんの教養講座の一画として出演させていただきました。演奏曲目は、お客様に唄っていただく「ふるさと」、そして「オリンピックマーチ」、アンコールには今や得意のレパートリーの一つになっている「ラ・クンパルシータ」。拍手が鳴りやまず本当に気持ち良く演奏出来ました。施設の訪問演奏も良いのですが、こんな演奏の形も良いなと思った次第ですしかし教養講座での文部省唱歌の言われ、尋常小学校では年端のいかない子供への教育だったんですね。同じ方向を向く様に、世相を反映しての歌での教育、尋常小学校を懐かしむ人はもうあまりいないと思いますが、少し怖い気がします。10日の練習は通常通り、東部公民館11時です。初富保険病院の訪問演奏曲を中心に練習します。pfN・K教養講座出演

  • 練習日誌12月3日

    《練習メモ》12月3日つい先日まで暑い夏だったように思うのに、いつの間にか師走に入り、今年も残り少なくなりました。本日は、今週末の「教養講座」での演奏の総仕上げ。その前に、指揮者先生への「お歳暮」の贈呈式が華やかに?挙行されました。お歳暮贈呈式は「ただ銀行振り込みするだけでは我々の『今年もお世話になりました!』という気持ちが伝わらないから」という理由で行われたもの。確かに一理あると思われ、今後も続けていきたいと思います。一方、本日は月初めの会費徴収日だったのですが、会計係さんが集金袋を忘れてしまったため、来週に。「今月は会費なし!」というわけではないので、来週も千円札3枚を用意しておきましょう。[本日の練習曲]・ふるさと・東京オリンピックマーチ・ラ・クンパルシータ・ペールギュント組曲から朝、アニトラの踊り、ソル...練習日誌12月3日

ブログリーダー」を活用して、市川シニアアンサンブルさんをフォローしませんか?

ハンドル名
市川シニアアンサンブルさん
ブログタイトル
市川シニアアンサンブル
フォロー
市川シニアアンサンブル

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用