chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
趣味のブログ、なんでもあります。 https://plaza.rakuten.co.jp/yoshiling/

私の好きなもの。お酒、ワイン、スキンケア、女子力、ファッション、恋愛なんでもあります。

nao
フォロー
住所
港区
出身
港区
ブログ村参加

2017/11/21

arrow_drop_down
  • アルコールと睡眠薬の眠り効果は

    夜、眠れないと辛いものです。 冬になると、夜が長くなります。 することがなくてヒマ、やっと寝る時間になったのにベッドに入る。 でも眠れない。 こんな状況になったらイヤですよね。 眠れないと、ネガティブなこ

  • 必要な睡眠時間とは

    人間は毎日、眠るものです。 眠らないでいることなんて、できません。 1日徹夜しただけで、体がドーンと疲れるものですよね。 では、1日にどれくらいの睡眠をとるのが良いのでしょうか。 これは年齢によって変わって

  • 健康には良い睡眠が欠かせない

    健康的に暮らすためには、睡眠はとても大切な要素。 でも、 「よく眠れない」「朝でも疲れが残っている」 というお悩みを抱える人が多いのも事実です。 日中に、メリハリのある生活をしていると、夜はよく眠れるもの

  • 抗酸化作用を高めるレシピ(副菜編)

    お肉やお魚といった、タンパク質が主体の主菜と違い、副菜はお野菜が中心です。 抗酸化物質をたっぷり含む食べ物を副菜にとりいれると、抗酸化予防に役立ちます。 抗酸化物質が体内で増殖すると、体が錆びつきやすく

  • 抗酸化作用を高めるレシピ(主菜編)

    体内で活性酸素が増殖するのを防ぐためには、抗酸化作用のある食材を取り入れた食事で抗酸化物質を摂取するのが有効です。 体内で活性酸素が増殖してしまうと、病気にかかりやすくなってしまいます。 がんや生活習慣

  • 白湯ダイエットと水飲み健康法の違い

    白湯ダイエットは、50度のお湯を飲むダイエット法です。 それとは別に、「毎日2リットルの水を飲む」という健康法があります。 こちらも、RICAKOさんをはじめ、芸能人が実践していることで有名ですよね。 お水を飲む

  • 活性酸素を消去させる食べ物

    活性酸素は、過剰に増えてしまうと、からだを錆びつかせてしまいます。 がんや生活習慣病になる原因の9割が、活性酸素によるものだと言われています。 活性酸素のはたらきを抑えるには、体内ではたらきを抑える酵素

  • 活性酸素はなぜ増える

    活性酸素本来、は白血球が作り出す、私たちの体を守ってくれるものです。 体外からウイルスや細菌などの外敵が侵入しようとすると、活性酸素がはたらいて、シャットアウトしてくれます。 しかし、この活性酸素、過剰

  • 活性酸素って

    アンチエイジング関連で、「活性酸素」という言葉をよく聞くかもしれません。 活性酸素のはたらきを抑えてくれる、抗酸化作用を取り入れよう! という流れで、よく出てきます。 活性酸素とは、体をサビさせてしまう

  • 太ももヤセダイエットの効果をキープする生活を

    ダイエットしても、太ももってなかなかヤセないものです。 他の部分は細くなるのに、太ももだけはどうしても、細くなりたい。 ほっそりとしたシルエットのパンツをはくと、太もも部分がどでーん! となってしまい、

  • 太ももヤセダイエットのいろいろなやり方

    美しくヤセるのは、ムリな食事制限ではなく、身体全体のバランスを考えたプロポーションを正すこと。 そのためには、健康的な方法でダイエットを行う必要があります。 下半身太りだと、プロポーションに悪影響を与え

  • 太ももヤセダイエットのやり方

    太ももヤセダイエットは、おうちでカンタンにできるダイエット法です。 場所を選ばないので、いつでもどこでもできます。 ジムに行って、特定の器具を使わないとできない・・・なんてことはないのです。 具体的には

  • 骨盤を矯正して太ももを細くする

    ダイエットをするためには、美しく健康的にヤセたいです。 そのためには、ムリな食事制限ではなく、健康に配慮した方法でヤセたいものです。 食べるのをガマンすれば、速攻で効果はあるかもしれませんが、体が栄養不

  • プロポーションを決定づける太もも

    名前の通り、「太もも」という部分、ぷっくりして気になるものです。 膝上スカートをはくと、座ったときに太ももがペターっとつぶれて、太く見えてしまいますよね。 また、他の部分はダイエットでヤセられても、太も

  • たるみが二重あごになる

    二重あごになると、太って見えるし、イヤですよね。 二重あごの原因には、2つあります。 ①太ってしまったから②肌がたるんでしまったから ①ならまだいい、というかあきらめもつきますが、②だとあまりに悲しいです。  

  • パーツ別たるみ対策

    たるみができやすい部分には、それぞれのポイントに合った対策法をとることで、より効果を高められます。 たるみは放っておくと、やがてしわになってしまいます。 しわになると、消すのは至難の業。 なるべくたるみ

  • 表情筋の衰えがたるみを起こす

    たるみを放置しておくと、老け顔に一直線です。 たるみがシワになってしまうと、消すのはとても難しくなります。 なるべくたるみおn段階で改善したいです。 たるみが起こる原因には大きく分けて、表情筋の衰えと、

  • コラーゲン減少がたるみを起こす

    老け顔に見せてしまうたるみ。どうして起こるのでしょうか。 たるみができる原因には、コラーゲンの減少と表情筋の衰えがあります。 コラーゲンとは、肌のハリを保つための成分です。 コラーゲンをつくる力が弱まる

  • たるみはどこで起きる

    年齢肌の最初のサイン、たるみはすぐに発見して、改善したいですよね。 たるみを放置していると、それがいずれはしわへと変化していきます。 たるみの状態なら、まだ肌が下に下がっている状態です。 しかしそれがず

  • お風呂の中で、これだけは避けたい

    お風呂は一日のリラックスタイム。 一日の疲れが吹っ飛ぶ時間です。 半身浴をすれば、体をじっくり温められるので、より効果的になります。 血行が促進して、新陳代謝のはたらきが高まります。 だから、美肌効果が高

  • お風呂でダイエット

    寒い季節はお風呂が大好きになる季節でもあります。 湯船につかると、体を芯から温めることができます。 寝つきが良くなるし、不眠がちな人なら、お風呂に入るのを習慣化することで、改善できるかもしれません。 少

  • 半身浴のススメ

    お風呂は体の汚れを洗い流すだけではなく、いろいろな美容効果があります。 おすすめはシャワーではなく、湯船につかること。 湯船につかることで、リラックス効果が得られます。 好きなアロマオイルや入浴剤を使う

  • お風呂の基礎知識

    冬になって寒くなると、お風呂が楽しくなってきます。 夏の間はサッとシャワーで済ませていた人も、冬になるとお風呂をためて、ゆっくりつかりたくなります。 温泉に行く機会も増えるでしょう。 せっかくなので、お

  • お風呂に入るメリット

    寒くなってくると、入浴タイムは、ひとつのリラクゼーションタイムです。 寒くてかじかんでしまった体を、お湯があたためてくれます。 入浴にはシャワーとお風呂、2種類の方法がありますが、あなたはどちらのほうが

  • うるおい美人になる

    乾燥肌チェック法 冬はお肌が乾燥しがちです。 なぜかというと、冬になると、空気も乾燥してしまうためです。 夏にはみずみずしい緑の葉を茂らせていた木々が、秋冬になると、乾燥してカサカサした枯れ葉になります

  • うるおいを保つ生活をしよう

    冬になって体が冷えてくると、全身の血行やリンパの流れが滞ってきます。 そして、代謝が落ちてしまいます。 代謝が落ちると、免疫力が落ちてしまいます。 免疫力が落ちると、カゼが治りにくくなったりといったこと

  • 冷えがうるおいを奪う

    気温がどんどん下がってくると、それに合わせて私たちの体も冷えやすくなります。 冷え性の人は、夏でも冷えていたりしますが、冬場は本番、冷え対策は必死で行わないといけません。 体が冷えると、免疫力が落ちてて

  • うるおいを奪うドライブに注意

    お肌の乾燥が気になる季節になりました。 お肌がなんとなく、いつもカサカサしている。 クリームを塗っても、すぐに乾燥状態に戻っている。 スキンケアもあんまり意味がないみたい・・・というのなら、紫外線の影響

  • 紫外線対策でうるおいを保つ

    季節はすっかり冬。 外を歩けばしっかりと厚着して、コートやダウンの中で首を縮めた人たちでいっぱいです。 正直、寒いのはイヤですが、夏に比べると、紫外線の心配がないので、心がゆるんでしまったりしますよね。

  • 冷え性を改善する

    冷え性は、手足が冷たくなってしまう状態を言います。 これからの季節、外気も冷たくなってきます。 それだけ冷えやすくなってしまいます。 だからこそ、冷え性対策は大切ですね。 冷え性は、体が冷たくなってイヤな

  • 冷え性で引き起こされる病気

    冷え性は、多くの女性の悩みです。 手足がいつも冷えてしまいます。 寒い夜は、手足の冷えで、なかなか寝付けなかったりします。 冷え性とは、病気ではありません。 状態を指す言葉です。 実際、西洋医学でも、冷え

  • 女性が冷えやすい理由

    冷え性に悩む女性は多いです。 「私、冷え性なんです~」と言う女性はわりと多いのに、男性で、「オレって冷え性で~」と言う人はあまり聞きません。 これはもちろん、偶然ではありません。 女性特有のメカニズムに

  • 冷え性の原因

    冷え性って、イヤなものですよね。 いつも手足が冷たくなってしまいます。 夜、寝るときは、手足の冷えが気になって、なかなか眠れなかったりして・・・。 夏でも冷えを感じたり、服を着て温めているつもりなのに冷

  • 冷え性とは

    寒くなってくると、冷え性に悩まされやすくなります。 スカートスーツを着ているときには、寒さもひとしお。 また、たとえパンツスーツをはいていたとしても、冷えからは逃れられないものです。 なんとかしたいです

  • 別府温泉の楽しみ方

    別府温泉といえば、まず思い出すのが「別府地獄めぐり」です。 1945年に地獄めぐり遊覧バスが始まって以来、長い歴史があります。 このときに、日本で初めての女性バスガイドが誕生したのは有名な話です。 日本初の

  • 草津温泉の楽しみ方

    草津温泉は、有馬温泉や下呂温泉と並ぶ、日本三名湯のひとつです。 温泉の自然湧出量も非常に多いです。 毎分32,300リットル以上の温泉がわき出しており、日本一の量があります。 この豊富な湯量を生かし、さまざま

  • 草津温泉について

    草津温泉は、日本で最も有名な温泉のひとつです。 関東に住んでいる方なら、すぐそばにあるので、気軽に行きやすいですよね。 日帰り温泉だって、可能です。  草津温泉の泉質は、基本的には酸性・含硫黄-アルミニウ

  • 自転車ダイエットを効果的にするコツ

    自転車ダイエットは、ヤセやすい姿勢で、自転車をこぐことで、全身の脂肪を落とせるダイエット法です。 あえて疲れない方法で自転車をこぐことにより、疲労感を避け、長時間の運動を可能にします。 激しい運動は、「

  • 自転車ダイエットスケジュール

    自転車ダイエットは、特別なスキルのいらない、お手軽ダイエットです。 疲れないので、長時間続けられるのメリットです。 長く続ければ続けるほど、ヤセ効果が高くなるためです。 下半身のふくらはぎや太もも、お尻

  • 自転車ダイエットのヤセ効果

    自転車ダイエットは、足やせに効くダイエット法です。 自転車をこぐと、お尻から下の筋肉をたくさん動かします。 この部分の筋肉は、筋肉全体の70%を占めるんだとか。 自転車をこいで、鍛えてあげると、脂肪がどん

  • 自転車ダイエットでヤセるフォーム

    自転車ダイエットは、ふだん運動をしていない人でも、長時間続けられるダイエットです。 ツラい思いをしないで、ずっと続けられるから、ヤセ効果も出しやすいんです。 おまけに自転車をこぐと、下半身の大きな筋肉を

  • 自転車ダイエットで美脚

    この時期、行楽シーズンということもあって、「外に出たいな~」と思うことも多くなります。 そんなときは、自転車ダイエットがおすすめ。 お買い物や駅に行くまでの道に使っている自転車で、ダイエットができるんで

  • ツボ押しでほうれい線を防ぐ

    ほうれい線に効くツボ押しマッサージをご紹介します。 ほうれい線は、30代に入ったあたりから目立ちやすくなります。 そして、放置していれば、どんどん深く、くっきりしてしまいます。 ほうれい線ができてしまうの

  • 表情筋を鍛えてほうれい線予防

    ほうれい線ができるのは、表情筋が衰えてきてしまっているためです。 表情筋は、年齢と共に衰えていきます。 体の筋肉も、年齢と共に衰えていきますよね。 これと同じで、顔の筋肉である表情筋も、年齢が上がるにつ

  • ほうれい線を予防する

    ほうれい線は、見た目年齢を大きく上げてしまうものです。 また、ほうれい線は出来てしまったら、なかなか消しにくいものです。 だからこそ、できる前にケアする、予防が大切なのです。  ★乾燥から防ぐ ほうれい線は

  • ほうれい線はなぜできる

    ほうれい線ができると、とたんに老けて見えるものです。 ほうれい線とは、小鼻から口角にかけて走る、八の字型のしわのことです。 これがあるのとないのとでは、見た目の老け度が大違い。 若々しさを保つためには、

  • 見た目を変えるほうれい線

    ほうれい線ができると、見た目が変化してしまうと言われます。 良い方に変化するのではなく、良くないほうに変化します。 ほうれい線ができると、見た目年齢が、グンと上がってしまいます。 せっかくお肌を若々しく

  • 夜のスキンケア

    夜のスキンケアは、朝のスキンケア以上に大きな意味があります。 朝、忙しくてスキンケアできない、と言う人も、夜のスキンケアだけは欠かさないようにしましょう。 美肌は夜、寝ている間に作られます。 寝ている間

  • サーモンは、「アシタキサンチン」が効く

    あなたは、サーモンを食べますか?ピンク色でみずみずしくて・・・・ 特に秋のサーモンは、脂がたっぷりのっていて最高ですね!! 実はこのサーモンは、あなたの美容と健康に、すばらしい力を持っているのです。 サーモ

  • 寝る前頭皮マッサージでストレスフリーに

    頭皮マッサージを行うと、自分がどれだけ疲れていたかが分かるものです。 頭皮マッサージをすると、すごくスッキリします。 美肌は夜、寝る前に作られます。 でも、ストレスを溜めこんだままだと、美肌の再生能力も

  • 寝る前美容はストレッチで

    お肌にとって、寝る前はとても大切な時間です。 なぜなら、その後の寝ている間に、美肌をつくるための大切な作業が行われるからです。 私たちのお肌は、夜、寝ている間に再生されます。 私たちの細胞は、つねに新し

  • 肌ケアで寝る前美容

    夜、寝る前の美容は大切です。 スキンケアは朝と夜、2回行うものですが、より大切なのは、夜のほう。 朝、忙しくてスキンケアできなくても、夜は必ず、スキンケアを忘れないようにしましょう。 肌の細胞は、常に新し

  • 寝る前美容がキレイをつくる

    美肌って憧れます。 思わずさわりたくなるような、なめらかなお肌になりたいものです。 そのためにみんな、日々スキンケアに取り組んでいます。 しっかり洗顔したり、クリームや美容液を擦りこんだり。 でも、美肌を

  • 青汁の選び方

    青汁を選ぶとき、注意したい点は、栄養価、飲みやすさ、コストパフォーマンス の3つです。  ★栄養価 青汁にはいくつかの種類があります。 どの青汁にも食物繊維、ビタミン、ミネラルは豊富に含まれていますが、そ

  • ニキビ改善のための食事

    ニキビがいつもできてしまうのは、食生活に原因があるのかもしれません。 にきびのもとになる成分を含む食べ物を食べていると、ニキビは改善されません。 食事から、絶え間なくニキビの材料を補給されているようなも

  • ニキビ肌のためのクレンジングとは

    ニキビができてしまっているお肌はデリケートです。 少しの汚れ、刺激でも、新たなニキビを生んでしまいます。 だからこそ、クレンジング選びには慎重でありたいです。 適当にクレンジングを選んでしますと、かえっ

  • 外気の汚れから守ってニキビを防ぐ

    ニキビができにくい生活習慣を身に付けたいものです。 現代に住む私たちは、知らず知らずのうちに、外気によって肌を痛めつけられています。 空気の中には、ちりやほこりがたくさん混ざっています。 これがニキビの

  • 食事でニキビを改善

    すぐにニキビができてしまう。 せっかくいろいろケアして、治しても、またできてしまう。 そんな悩みを抱えている人は多いです。 「自分はにきびができやすい体質だから」なんて、諦めないで。 それはあなたの、生活

  • 生活習慣からニキビを治す

    ニキビってイヤなものですよね。 顔にできたニキビは最悪です。 鏡を見ても、目立ってしまうので、ついそればかり気になってしまいます。 ヒリヒリ痛いし、「早く治らないかな~」と思ってしまいます。 治った後も、

  • ローヤルゼリーの副作用

    ローヤルゼリーは、はちみつと混同されることが多いのですが、まったく違うものです。 はちみつは、その大部分が糖分と水分です。 ローヤルゼリーに含まれる糖分、水分はごくわずかで、そのほとんどがアミノ酸やビタ

  • ローヤルゼリーとホルモンバランス

    ローヤルゼリーには、ホルモンバランスを整える作用があります。 月経前や月経中に、体調を崩しやすい方は、ローヤルゼリーを試すことにより、体調が良くなるかもしれませんね。  ローヤルゼリーにはその成分のほと

  • ローヤルゼリーの精神安定効果

    ローヤルゼリーは、女王蜂の食べるもので、はちみつとは違うものです。 見た目も違うし、成分も違います。 はちみつは透明で、とろりとしていますよね。 ローヤルゼリーは乳白色をしていて、ゼリーみたいにプルプル

  • ローヤルゼリーの美容効果

    美容液などの化粧品にもよく配合されている、ローヤルゼリー。 名前からして、なんとなくゴージャスでリッチなイメージがありますよね。 「ローヤルゼリー配合」とパッケージに書かれてあると、なんとなく、「キレイ

  • ローヤルゼリーの効能

    ローヤルゼリーにはさまざまな効能があるとして、注目されています。 化粧品や健康食品でも、ローヤルゼリーを配合したものをよく見かけますよね。 ローヤルゼリーは、女王蜂の食糧です。 働き蜂が花粉などを食べて

  • 運動で血液サラサラになる

    血液サラサラになると、生活習慣病予防となり、健康的な生活を送る助けとなります。 日本人の生活習慣病罹患者は増え続けています。 偏った食事、不規則な生活習慣、運動不足、ストレスなどにより、血液ドロドロとな

  • 血液サラサラの成分

    血液サラサラにするには、食事で改善するのが一番の近道です。 偏った食生活、運動不足、ストレス過多の生活をしていると、ドロドロ血液になってしまいます。 ドロドロ血液は血圧を上げて高血圧のもとになるほか、血

  • 血液サラサラになる食べ物

    健康のためには、血液サラサラになるよう、心がけたいものです。 正常な血液は、サラサラと体中を巡っています。 しかし、偏った食事、運動不足、ストレスなどの要因により、血液の粘度は増し、ドロドロ血液になって

  • サラサラ血液になる秘訣

    サラサラ血液な状態は、身体にとって、とても良い状態です。 サラサラ血液とは、血液がサラサラとスムーズに流れている状態です。 私たちの体内で、血液が流れているからこそ、栄養がすみずみにまで届けられます。 

  • サラサラ血液になろう

    サラサラ血液、ドロドロ血液という言葉があります。 前者は良い意味で、後者は悪い意味でつかわれます。 サラサラ血液とは、サラサラとスムーズに流れる血液のことを言います。 ドロドロ血液になってくると、この流

  • ヘルシーでローカロリーな夜ごはんレシピ

    低炭水化物ダイエットは、炭水化物を控えめにするダイエットです。 基本は、炭水化物の量を、ごはんなら100gにおさえること。 パンなら6枚切り食パンの、1枚がマックスの量です。 それ以上は、食べないようにしまし

  • 低炭水化物ダイエットの晩ごはん

    炭水化物ダイエットでは、朝、昼、夜で決められたメニューがあります。 ダイエット中は、この決まりを選ぶようにしましょう。 低炭水化物ダイエットの決まりは3つあります。 ①メニューを守って3食食べる②主食の炭水

  • 低炭水化物ダイエットの昼ごはん

    低炭水化物ダイエットは、炭水化物の量をコントロールすることで、ヤセを手に入れるダイエット法です。 「炭水化物ダイエット」と聞くと、炭水化物ダイエットをまったく食べてはいけないような気がします。 でも、こ

  • 低炭水化物ダイエットの朝ごはん

    低炭水化物ダイエットは、炭水化物をとってはいけないダイエットではありません。 栄養バランスを考えたら、炭水化物を抜いてしまうのは良くありません。 なので、量を控えて、食べることが大切なのです。 低炭水化

  • 低炭水化物ダイエット

    「ヤセる」とうわさの低炭水化物ダイエット、気になっている方も多いかと思います。 低炭水化物ダイエットっていうと、「お米やパンを食べたらダメなダイエット」というイメージがあります。 それで、「お腹が減って

  • にきび跡に美容液

    にきび跡って、気になるものです。 ヒリヒリする炎症の時期は過ぎたけれど、お肌の上にぽつんと残る、赤い跡。 30歳を過ぎてからできてしまうニキビは、ニキビそのものよりも、ニキビ跡のほうが気になってしまうもの

  • 美容液の選び方

    美容液というと、高価そうなイメージがあります。 実際に値段を見ても、安いものではないと思います。 美容液というのは、希少な原料を使ってつくられています。 精製する技術も、高度です。 なので、つくるためにお

  • 美容液の使い方

    美容液、というと、高級そうなイメージがあります。 お肌のためには、美容液を使ったほうが良いような気もします。 でも、美容液を、あまり早いうちから使うべきではない、という人もいます。 化粧水はともかくとし

  • 食事で肌疲労を防ぐ

    夏の間に疲れが溜まってしまうと、その疲れが肌疲労となり、秋に持ち越されてしまいます。 そして、しわやたるみなどのお悩みを引き起こしてしまうのです。 夏の間の疲れは、早めにリセットしておきましょう。 夏の

  • 汗を拭き取って肌疲労を防ぐ

    夏の間、肌は疲労しています。 強い紫外線や過剰な汗、皮脂。空調設備の効いた部屋の中にずっといたこと。 これらが、積もり積もって肌疲労となり、秋になってから、あなたの肌の上に現れてくるかもしれません。 肌

  • 質の良い睡眠のとり方

    肌疲労を防ぐためには、質の良い睡眠をとることが大切です。 夏の過酷な環境にさらされて、お肌は弱ってしまいます。 これを放置しておくと、秋からの季節、シミやシワなど、年齢肌に悩まされてしまうことになります

  • 睡眠が肌疲労を防ぐ

    暑い夏の間、私たちのお肌は、とことん痛めつけられています。 強力な紫外線、皮脂、汗。屋内にいるときの、空調の効いた部屋もそうです。 空調の効いた部屋は乾燥していて、お肌の負担になってしまいます。 夏の間

  • 秋口の肌疲労を防ぐ

    暑い暑い夏も終わり、やっと涼しくなる・・・と、ホッとしたのもつかの間、なんだか肌荒れが気になりだしたり、していませんか? もしかするとそれは、「肌疲労」かもしれません。 夏は過酷な季節です。夏バテしてし

  • 水素水とアンチエイジング

    水素水には、アンチエイジング効果があります。 水素には、活性酸素を除去し、無害化する力があるためです。 お肌の老化は、活性酸素によるものです。 若々しさを保つためには、活性酸素を増殖させないような環境を

  • 過酸化脂質と水素水

    活性酸素は、私たちの体の老化を促進してしまうものです。 活性酸素は、それだけでは安定しません。 とにかく、なんでもいいから結合して、安定しようとします。 だから、全身の細胞に影響を及ぼします。 細胞がエネ

  • 水素で酸化を防ぐ

    活性酸素は、私たちの老化をはやめてしまう存在です。 活性酸素が体内で増殖することにより、体は傷つき、老化していってしまいます。 私たちが若々しさを保つためには、活性酸素のはたらきを抑える必要があります。

  • 水素水って

    水素水が注目されています。 水素水には、美容効果があるというのです。 その中でも、アンチエイジング効果は絶大。 いつまでも若く美しくありたい、と思うのが女性の願いです。 水素水は、私たちの願いを叶えてくれ

  • 紫外線で角質ケア

    紫外線は、角質肥厚を引き起こす大きな要因です。 本来、角質は私たちの体を守るために機能しています。 新陳代謝が通常通り行われていると、角質は剥がれおちて、新しい皮膚と生まれ変わります。 けれども、なんら

  • 保湿で角質をオフ

    スキンケアでは、保湿がとても大切です。 お肌がうるおっていると、新しい細胞が生まれやすくなります。 また、古い角質も剥がれおちやすくなります。 しっとりとなめらかな肌なら、硬くて古い角質も、剥がれおちや

  • 角質ケアで角質をオフ

    きちんとしたターンオーバーのサイクルが続いていれば、古い皮膚は上に押し出され、やがて剥がれおちます。 しかし、新陳代謝の力が弱ってくると、古い細胞が、肌表面にずっと残ってしまいます。 肌表面に固い角質が

  • 角質ができる内的要因

    もともと、角質には、体を外部から守るはたらきがあります。 しかし、厚くなりすぎてしまうと、またやっかいな事態になります。 不要な古い角質が、肌表面に残ってしまうと、ごわつきやくすみ、ニキビなどの肌トラブ

  • 角質ができる外的原因

    お肌は新陳代謝によって定期的に新しく生まれ変わっています。 細胞が常に入れ替わって、新しい肌をつくっているのです。 肌の奥の基底層という部分で、新しい細胞が生まれます。 分裂しつつ、はたらきや形を変えて

  • 食事で皮脂量をコントロールする

    私たちの体は、食べたものからつくられています。 皮脂分泌が多いのは、皮脂の多い食べ物を食べているからだったりします。 食生活を変えることで、体が内側から健康になります。 お肌のテカりが気になる場合は、出

  • 皮脂ケアのための洗顔

    気温が高いと、皮脂が増えてしまいがちです。 そもそも、皮脂は肌のうるおいを果たすために、なくてはならないもの。 毛穴から分泌される毛穴のベールにより、私たちのお肌は、潤いが保たれています。 けれども、皮

  • 皮脂を抑えるスキンケア

    気温が上がると、皮脂が過剰に分泌されやすくなります。 皮脂が多いと、テカリの原因になります。 メイク崩れも起きやすくなります。 さらには、汗と皮脂と、メイク分が混ざり合って、くすみの原因になることも。 朝

  • 皮脂が増える理由とは

    皮脂が増えると、テカリがひどくなるので、気になってしまいますよね. あぶらとり紙を使っても、なかなか改善されなかったりします。 鏡を見るたび、テカリの多さに、愕然としてしまいます。 皮脂が多いと、化粧崩れ

  • 日焼け後の対処法

    美白のためには、なるべく紫外線を浴びてしまわないこと。 外出するときには、日焼け止めをしっかり塗って、お肌をガードしましょう。 肌の奥の真皮まで入り込んで、しわやたるみのもととなるUVAは、曇りの日でも降

  • 日焼け止めを上手に塗るコツ

    紫外線の強いこの時期は、紫外線対策をきちんと行いたいです。 紫外線にはUVAとUVBがあります。 このうち、肌の奥に入り込んで、たるみやしわ、くすみなど、肌老化をもたらすのはUVAのほうです。 UVAは、曇りの日で

  • 紫外線による光老化

    誰でも気になってしまう、しみやくすみ。 これは、加齢によるところもありますが、紫外線も大きな要因となります。 紫外線を浴びると、光老化が進んで、しみやくすみが引き起こされます。  光老化と自然な肌老化は、

  • 糖尿病予防メニュー

    糖尿病を防ぐには、ふだんの食事から気を付けることが大切です。 糖尿病予防で、食事療法は、大きな意味を持ちます。 糖尿病は、一度発症してしまうと、治すことができません。 だからこそ、予防が大切なのです。 糖

  • 糖尿病予防のための食事

    糖尿病は、一度発症してしまったら、治ることはありません。 糖尿病のための治療では、完治ではなく、それ以上症状を進行させないための治療が行われます。 平成9年の厚生労働省の糖尿病実態調査により、おそるべき

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、naoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
naoさん
ブログタイトル
趣味のブログ、なんでもあります。
フォロー
趣味のブログ、なんでもあります。

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用