記憶のカケラとシャンパンと
読者になる
住所
東京都
出身
東京都
ハンドル名
hanayuki2017さん
ブログタイトル
記憶のカケラとシャンパンと
ブログURL
http://hanayuki2017.jp
ブログ紹介文
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない40代女性の世迷言
自由文
人生を振り返り、残された時間の使い道を模索中。 一部分でも共感してくれるといいなぁ。 特に同じ女性に見てほしいな、もちろん男性も。
更新頻度(1年)

248回 / 248日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2017/11/07

hanayuki2017さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(IN) 1,844位 1,846位 1,946位 2,000位 1,970位 1,957位 1,998位 974,830サイト
INポイント 10 200 200 160 210 220 180 1,180/週
OUTポイント 10 350 270 280 290 260 300 1,760/週
PVポイント 40 630 580 520 690 870 640 3,970/週
恋愛ブログ 14位 14位 14位 15位 15位 15位 16位 25,064サイト
秘密の恋愛 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 397サイト
疑似恋愛・恋人気分 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 5サイト
忘れられない恋愛 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 180サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 6,221位 6,399位 6,632位 6,581位 6,558位 6,774位 6,845位 974,830サイト
INポイント 10 200 200 160 210 220 180 1,180/週
OUTポイント 10 350 270 280 290 260 300 1,760/週
PVポイント 40 630 580 520 690 870 640 3,970/週
恋愛ブログ 84位 87位 89位 90位 87位 91位 91位 25,064サイト
秘密の恋愛 5位 5位 5位 5位 5位 5位 5位 397サイト
疑似恋愛・恋人気分 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 5サイト
忘れられない恋愛 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 180サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(PV) 4,580位 4,678位 4,700位 4,769位 4,699位 4,778位 5,050位 974,830サイト
INポイント 10 200 200 160 210 220 180 1,180/週
OUTポイント 10 350 270 280 290 260 300 1,760/週
PVポイント 40 630 580 520 690 870 640 3,970/週
恋愛ブログ 49位 50位 51位 52位 49位 50位 53位 25,064サイト
秘密の恋愛 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 397サイト
疑似恋愛・恋人気分 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 5サイト
忘れられない恋愛 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 180サイト

hanayuki2017さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hanayuki2017さんの読者になりませんか?

ハンドル名
hanayuki2017さん
ブログタイトル
記憶のカケラとシャンパンと
更新頻度
248回 / 248日(平均7.0回/週)
読者になる
記憶のカケラとシャンパンと
  • あの恋で得たもの

    あの恋はすでに終わっているあの彼とよりを戻したいとかではないただ あの恋の期間が良かったなんで良かったのか具体的な記憶のカケラを集めてみたそのカケラ達には『初めて』と言うキーワードが多いそのことだけでも印象深く残りやすいのかも捻くれた子供で外見にコンプレックスを持った取り扱いにくくて一生 私は一人で生きていかなきゃいけないそのためには…といつも考えていた私はその当時流行っていたキャリアウーマンにな...

  • 台風19号

    台風19号関東に上陸前からかなりの雨量をもたらした台風の規模がとても大きく広範囲上陸する朝外に出てみたとても生ぬるい空気思わず咳をしてしまったしっかりとした雨量この状態が1日続くのかと思うと不安だったまだ風も強くないから…台風の進路上に住んでいる海に近い家の友人とLINEで連絡停電もおきていた無事の確認が出来たので一安心したこれからが大変だと思う安心したけど…まだまだ 心配だ都内ではお昼には ほぼ交通機関...

  • 嵐の前

    大規模で経験したこともない台風が来る様々な情報網から警戒体制と備えを繰り返している交通機関も計画運休情報が次々と明確にあぁ 東京が止まる初めてだ…台風が東京に来る前に私自身に訪れた理不尽な言葉たち天候が荒ぶれる前に私の心が荒ぶれた落ち着かせないと…そうだ 落ち着きそうな映画を見よう嵐の前夜多くの人は帰宅のため駅に向かっているそれを眺めながら劇場へ雨が弱く降っていたせいだろうか劇場の中は人であふれかえ...

  • あの恋の始まり

    二十数年前の記憶のカケラあの恋の始まりどれだったのだろうか色々と拾い集めてみたバイト仲間で遊びに出かけた帰りの電車の中偶然隣になったそれまでも普通に話したりしていたはずなのに距離のせい?それとも疲れてうつらうつらしていたから?ただ この人の隣で笑っている自分が頭に浮かんだただ調子の良いお兄さんとしか思っていなかった見てくれ等ではないかっこいい男性たちはもっと周りにいたずば抜けてかっこいいわけでもな...

  • 秋支度

    10月になっても暑いなと思う時が続いてたでも太陽が落ちた途端ひんやりとした乾いた風が通り過ぎる1日の寒暖差が大きくなってきた昼間のままの服装では日没後は寒くなってきた若い頃はそのままでも大丈夫だったまぁ 多少の無茶ができたでも今は何か一枚纏わないと体が辛くなってきたまた荷物が増えてきたひんやりとした乾いた風から体を守るようなカーデガンやショール等上半身を守ってくれるようなものを持ち歩くようになった朝...

  • 嫌いの理由 1

    誰でも好きなものがあれば嫌いなものがある私の嫌いなものその中でも嫌いな人生理的にも思考的に相容れない人もう一つが自分自身の嫌いな部分が一緒の人その人自身には申し訳ないがまざまざと自分の嫌いな部分を見せつけられているようであえて避けてしまう特に嫌いな人の作品までも…そう気付くまで時間が多く過ぎた特に作家さんがそう学生時代の国語等で学んだ一部分だけとはいえ感覚的に避けてきた作家たちその代表が太宰治有名...

  • クラッシャー

    久々に見かけた女性大きな交差点の先にいた私とは全く違う方向へ進んでいた彼女は私には気づいていないほっと胸をなでおろす彼女は私の中ではクラッシャーと呼んでいる彼女は知り合いの状況を全て知っておきたいという感情にいつも捕らわれている知り合いの夫婦の揉め事などは大好き子供同士との揉め事も噂レベルでもいい彼女は独特の正義感を振りかざして仲介のつもりなんだろうけど全てことごとく壊していく当事者たちや周りの人...

  • 弱った朝

    冷んやりとした朝秋らしくなってきたでも私の体は弱っている大勢の人と会ったせいか体調が思わしくない倦怠感喉の腫れと痛み鼻腔の炎症と腫れからくる呼吸困難リンパ節の炎症からくる痛みいわゆる風邪症状週末はひたすら眠っていた起きたら直ぐに水分補給喉が腫れているため食事もスープばかり時々見るTLから流れてくるつぶやき楽しそう内容に目を細め悲しい内容には自然と涙がそしてまた眠り続ける弱っているから眠りが必要「予定...

  • 若い姿形

    若い人たちと仕事をしているといつも感じること内から出る活気体内の細胞サイクルが違うこと感じてしまうだからこそ肌つやがいいし回復も早いだからこそ生き生きしている私もそうだった時期があるそんな時は何も思わずただ過ごしていた普通のことと…普通でなくなってきていると感じた時もう無理ができないんだと悟るこういうこと言うと若い子を恨んでいるとか言われるのが嫌でリアルでは言わないでも生き生きしているのを見るのは...

  • 緊張と安心感

    仕事で心身共に疲れ果てたお昼も食べ損ねていた日没の中歩いていた家に帰って何もする気が起きない様々な定食が充実している居酒屋さんへ少しだけ早い夕食サワーと共に待っているとBGMが私の20代前半の曲が流れている懐かしさに浸っていた「あっ この曲」と思ったら古い記憶のカケラが出てきた今もそうだけどカラオケが苦手聞いているのは大好きでも歌うのはダメ音痴だから…元彼も苦手な人がいた大学を卒業して社会人になったら一...

  • 秋の時差

    日没が早くなり秋の虫の鳴き声も聞こえてしばらく経つが相変わらず日中はいつもより暑いまだ日中は半袖で過ごしている衣替え後の冬服の制服を着た学生を見ると可哀想と思える地球規模では変化があるが日の出や日没は暦通り太陽系レベルには変化が生じていないやっぱりスケールが違うなぁ太陽系規模で秋を感じている地球規模では秋の遅れを感じこのミスマッチに影響受けるなんて規模が小さいのだろうと改めて実感したまだ秋の香りが...

  • 取り巻く感情

    夜一人で過ごす時間ふと寂しさを感じた時毛布を手繰り寄せるかのように自分自身にかけられている感情を手繰り寄せた私を取り巻いているのは誰かの情けその中でも哀れみという感情お気の毒に…不憫だね…同情ともいうねそれは私を気遣ってのこと本心はどうかわからないが私の前ではそう接してくれる嫌味や悪気を含まないようにと…とてもありがたいことでもちょっと冷んやりとするの秋風のように寂しさという感情が入っているからかも…...

  • 成長する姿

    短い時間だけど若い人たちと仕事をすることがある社会に出たばかりだからこそ今までの過ごし方が色濃く出る素直マイペース大人の顔色を伺う必要以上に成果を欲しがる人を陥れる自分だけをアピールetc…学生時代までは許されてきただからそのままに見ていて飽きない私には関わりのないことそんな距離だから…育ってきた環境が想像出来る変に甘やかされてきたんだねそうやって周りの大人を騙してきたんだでもそう思っているのは自分だ...

  • 視線の方程式

    夢から突如目覚めた苦しい…内容は覚えていないでもあの目覚えている…今まで 何人かの男性に感じたあの目きっと個人的なものではないだろうきっと男性だけではなく女性もしているのだろう意識していないからなお…記憶のカケラが出てきた私を見て話をしてくれているその距離を近づけてみるはっきりしてきた目は私の方向を見ているが視線の先は…まるで私をX線で透過したかのように別の何かを見ているいや物理的には見てはいない他の...

  • 嘘や偽り

    とある説明会担当の方から説明を受けていたとても長い時間だった貰った資料と違うことがいくつかあったその部分にチェックを入れた説明が終わり気になったところを質問さっきまで流暢に話していた担当者急にしどろもどろ質問の説明になっていないあぁ 全くわかって話していなかったんだ…「上のものに聞いてきます」と言って席を立ったしばらくして戻ってきた答えは全く辻褄が合わない誤魔化したい部分?偽り?嘘?と思えるものだ...

  • さびしい空 

    様々なことで上手くいかなかったりするよくあることなんだけれど今の時期の赤い夕日に照らされたグレーの混じった薄暗い青の空にあるピンクの雲を見るとネガティブ思想が加速する「私 何しているんだろう」とつい口から出てしまう日々追われるように仕事をこなすけれど虚しさだけが残った感じになる楽しいという感覚も既に無くなっているから朝の青空と対照的この間の私は精神的に無駄に過ごしてしまったそんな罪悪感も訪れる『ま...

  • モテたいという人

    まだ異性にモテるためのhow-toやknow-how的なものあるんだね誰でもそうだけど好意がある人からなら効果あるけど…私が若い頃は雑誌がほとんどこのような内容ばかりのものもあった懐かしいような笑ってしまうような今でも昔も 異性にモテたいということ同じなんだね私は幼い頃に容姿の悪いことを指摘され自覚した時異性にモテることがないとその時からモテようとする悪足掻きを捨てた一般的に自分を良く見せるといえばお化粧肌が弱...

  • 悩まなくてもいいこと

    TwitterのTLなどで様々な活動をしている若い人たちが多い気になりその人たちの意見を見たりする今まで平和だと思っていた日本でもダイバーシティという観点はまだまだ遅れていたこの多くの部分に問題定義や提言活動している若い人たち見ていて羨ましくも誇らしくも感じた頑張ってその一言に尽きる私の若い頃は完璧なルッキズムこのことで私自身もだいぶ苦しんだ社会全体がそうだったからずっとそんな状況を抜け出すためには開き直...

  • 知らなくてもいいこと

    今は仕事やプライベートでパソコンを使わないことはないスマートフォンもそう何かと調べたりするのに便利便利すぎて…ふとした時間でも気になったことを調べたりしている気になるワードを打ち込むそして詮索あることで知らなかった部分がヒットしたその知らなかった部分を知ることとなった特に今まで知っていた部分が裏切られたわけでもない騙されているわけでもないでも…なんだか知らなかったこと自体について悔しい? これは違う...

  • 終活活動 18

    思い残しがないように…そう始まった私の終活活動何かを整理したり何かを終わらせるようなことほとんどのことはスムーズにできているでも新たに初めての挑戦今までにない環境へとなると様々な障害が現れる何を今更そんなことしなくていいでしょういくつだと思っているのリスクを考えたらもう若くはないのよ現実を見なさい現実を受け入れなさいそういった反応を受けてきたし今もそうずっと指をくわえていた自分が嫌で思い残したくな...

  • ネガティブの種

    ネガティブ発想が過ぎるとよく言われるはい 自覚していますなかなか止められません決して 生まれ持ったものではない覚えている限りの一番古い記憶のカケラ探してみた幼稚園時代新興住宅地に住んでいた周りには同じような世代の若い家族が多かったその子供たちの私同い年が多かった集団生活の中で初めて自分の背丈が小さいということを知る背の順で並んだ時に…同級生に背が小さいと色々言われたこの頃の子供は思ったことをそのま...

  • 壊れそう

    壊れそうそう言われたその通りあぁ 壊れて粉々になって消えて去ってしまいたいいつも心の中にある 願望の一ついや もう壊れているのだけれど粉々になれていないまだ繋ぎとめるものがあるから…困ったものだいい意味でも悪い意味でも生物としては私は大半の役目を果たしたもう十分だよね人という厄介なしがらみに翻弄して疲れ人という繋がりに今は引き止められている良かったら下記のボタンどれか押してくれると嬉しいですにほん...

  • 生業

    私の生業は個人ベースのプロジェクトの部分的にフォローすることが多いでも一番の優先は部署内の仕事いい表現では便利屋悪い表現では小間使いいくつもの掛け持ちをしているので相手の思う通りにいかない時もあるだからスケジュールを伝えるのだが切羽詰まった状態の変に学歴やプライドの高い人ほど感情的に無茶苦茶なことを言ってくる(私のいる環境だけかもしれない…)また始まった…こういう状態になるとくどくどと話が長くなる自...

  • 第一優先

    友人から近況報告メールが届いたそこには懐かしい名前が離婚したと説明付きで…その名前の彼女は昔からなんでも自分が第一優先にされないと拗ねてしまう子扱いにくけど決して悪い子ではない素直すぎるだけちょっと度が過ぎるだけのこと見た目も可愛いので周りの男性たちは彼女の言う通り第一優先的に対応していてくれた同性には反感を持たれやすかった私は今までの記憶のカケラの中に誰かに第一優先的に考えてもらえたりしたことが...

  • バスローブ

    夜になると空気がひんやりとしてきた私にとっての特別な夜季節に関わりなく体がさっぱりした後に身に纏うバスローブ夏までは素早く肌に残っていた水分を素早く取り去ってくれたひんやりした今は温まった体と部屋の温度差を緩和してくれている素肌に触れる柔らかいタオルの繊維が心地良いもう一つのバスローブに顔を埋めるやんわりとした暖かさが伝わって来る嬉しくて…弱りすぎた涙腺から溢れてくるでもバスローブは何もなかったよ...

  • 反省の先

    私はつまらない人だこんな私に喜ばそうとしてくれたにもかかわらず素直に喜ぶだけでいいのにそれだけで止まればいいものを…その努力に申し訳なく思うこんな私ごときにと…本当の優しい人ならしっかりと汲みとることができて楽しく過ごすのだろうでも私は優しくないので自分のことしか考えられていない申し訳ないと思うことで自分の殻な閉じこもっているだけふとした時間が自分の弱さを攻めてくるわかっているのに出来ないことを芯が...

  • 留まる理由

    人生 長く生きていると思った通りなんかほとんどない上手くいかない状態の中でもなんとか選択したりそれさえも上手くいかなかったりそんなことが多い好きなことだったり好きな場所だったり好きな人だったり自分にとって好きなことが少しでもないと辛くて生きていけない今危機的な状況かもしれない好きな場所ただ好きなだけなんだけど…明確な理由や意義を求められているできないのなら…唯一の秘密な場所いるだけで様々なしがらみか...

  • 私のセックスレス

    ずっと心の中にあった腑に落ちないことの一つセックスレス自分自身でもどう表現すればいいのかも…私が別居状態に入った時の記憶のカケラ周りの野次馬たちはどうするの?セックスは?旦那さん浮気しちゃうよ?『うるさいなぁ』今 思うとこんな感情に近かったもうすでに旦那は好きな対象から外れていただから旦那とセックスしたいとも思わなかった実際のところ 私自身は全く困らなかった子育てと仕事でいっぱいただ紙切れの呪縛は...

  • しあわせと満足

    終活活動で様々なことを体験してきた体験できたり知り得たことを嬉しいと感じていたしばらくすると嬉しいと感じていたことがさらに違った表情をするよくわからずにモヤっとしていたでも決して悪いものではないのでそのままにしていたある人生の先輩の言葉しあわせと満足最終的にどう感じたいのかということ私はそう捉えたよくよく考えると似て非なるものなんだと…モヤっとしなかったこと思い起こすと嬉しいから満足と思えたことだ...

  • 普通の尺度

    何気なく表現している「普通だと…」似たものだと「一般的には」「常識的には」ちゃんと尺度があるわけでないけどこんなものだよねと暗黙の了解的な雰囲気があるけど個人差がありすぎて行き違いの原因なことが多い世代や環境でもこの価値観も変わっている面白いのだけれどあまりにも違うと面くらう私の思っている「普通」の尺度って?だから色々な人を知ることで自分の価値観等を位置を知ろうと思う私の範囲が狭いと痛感させられる...

カテゴリー一覧
商用