プロフィールPROFILE

ハルヒトさんのプロフィール

住所
八王子市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ハルヒト
ブログURL
http://haru5200.hatenablog.com/
ブログ紹介文
月に一回トレラン、トライアスロン、ロードレースの大会に出てます!
更新頻度(1年)

11回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2017/10/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ハルヒトさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ハルヒトさん
ブログタイトル
ハルヒト
更新頻度
11回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
ハルヒト

ハルヒトさんの新着記事

1件〜30件

  • 自転車の聖地!しまなみ海道76キロをランして思ったこと。旅全般の回想録

    しまなみ海道76キロを走った記録です。 5時15分スタート。パンを少しだけほうばる。 思ったよりも暗く、街灯が少ない。 1時間後にローソンに入り、ソーセージ3本で180円購入。 理由は1本70gで120カロリーという表記を見て衝動買い。 その後、日が出る前の向島をひたすら走る。 向島→因島に向かう橋の手前で地元のランナーと出会う。 なんとなく話をしていると、100キロサブ10、フル2時間47分となかなかのやり手の方。 チャンスと思い、因島の気になっていた場所をガイドしていただいた。 普通に山を2キロ位走る💨 朝の静寂の中、冬の冷たい風を感じる。この感じ🌬最高🍃 この時点でまだ20キロだが、下山…

  • 最近気になる3つの事‼️ ①相談者の心理。②人に対する期待値。③正義感という名の暴力。について考える。

    人はなぜ話すのか?→考えていることがいっぱいある。 カフェに行って本を読もうと思ったら、おばさまがたの会話が気になり集中できなくなった。 ※勉強してると思ったら上を向いて寝ていた。→勉強しろ!だそうです。 ※夫が暖房を使って、半袖.半ズボンでいる。→厚着しろ!だそうです。 話の内容をまとめると、『子どもたちや夫が自分の思い通りに行動しないことに対する憤りをぶつけ合う会』そんなことに徹していた気がした。 ①よく相談したがる人がいる。 人は実際のコストを払わずに済むと、無駄遣いしがちだ。 人に相談することは無料だ。 だが、相談に乗ってくれる人と、そうでないとひとがいる。 相談に乗りたくない人は、そ…

  • 身体に目を向けて!知らず知らずに身体は悲鳴をあげていく。

    この1年間走ることに向き合い続けていた。 5月の彩の国100マイルに出場する! となってからは、日々の練習が常に緊張感のあるものへと変わっていった。 迎えた本番では、脚は全然元気なのに内蔵が大ダメージ。気持ち悪くて補給出来ず、走れなくなった。 そんな悔しい思いを残し、大会が終わった後も、レース前の緊張感を持ち続けた。 一回作り上げてしまった、『プレッシャーの習慣』を取り除くことができなくなっている自分がいた。 7月の野沢4100Dという65キロのミドルレースでは途中垂れることもあったが、ラスト10キロにスパートをかけることができた。 (こんな力が出せるんだ。) そんな自分の未知なるパワーに希望…

  • 竹島に行って気づいた5つのこと。揺れて揺れて自分のポジションを見つけることは大切である。

    今回鹿児島県三島村の竹島と硫黄島に移住を考えるべく訪れた。 そんな中で、事件は起きた… そう。硫黄島には波の問題で、行くことができなくなってしまった。 それだからこそ、学びもたくさんあった。 そこで、今回は竹島に行って気づいた5つのことを書きます。 ①移住してから、補助金に頼った生活をしていると、将来がない。 3年間の補助金が出る間に自立できるようにしなければならない。 最初は補助金に頼っていても、補助でなく自立して食べていけるような、仕事の仕方を身につけてかなければならない。 そんな中、『牛飼い』になる。ということが最良の手であることを提案された。 牛の相場が現在高いらしい。 下がる可能性も…

  • 結婚式は大きくやるべきか?小さくやるべきか?

    妹の結婚式のためにいざ沖縄へ! 『わざわざ結婚式のために沖縄行かなきゃいけないのかー』とか思っていましたが、到着してしまえばこっちのもの! そりゃもう朝から海に行くしかない。 貝殻とったり、蟹を見つけたり、ただビーチにいるだけで気持ちがいい。 そんなことをしていたら式がはじまる。 とても良い雰囲気。 と思っていたら、娘が騒ぎ始める。カメラ+ビデオを回しながら、娘を抱っこする。 なな難易度が高い… そんなこんなで無事に式が終わった。 なんか、親族だけで小さくやった方がいいじゃんとか思ってしまった。 大きく盛大にやるのもいいけど、要するに『私たちは結婚します!』と周りに伝えることが一番の目的である…

  • 富士山 一周 101キロ 踏破!自分の位置確認の繰り返し。

    スタート前 温泉に入ったり、仮眠をしたり、多めに夜飯いれたり。 スタート かなりリラックスした状態で、良い雰囲気。イルミネーションのようにライトがきらめく。 17kmまで 第1エイドまではゆっくりといくつもりが、集団のペースに合わせるがごとくスピードが増していく。 35kmまで 第2エイドまでは傾斜のある登り坂があり、そこで集団からふるい落とされるのが悔しかったので、スズメバチエキスを注入。 この区間の道中では、女子1位のワラーチ選手と並走する。沖縄サバイバルレース(沖縄一周約400キロ)に出場するとのことで、モチベーションが非常に高い。元気をもらいつつ、ワラーチの魅力を知る。 なんとかもちこ…

  • 鹿児島林業研修!価値観が変化したことは間違いない!

    鹿児島に林業研修に来ている。 成田から鹿児島に向かう際に、桜島が噴火したことによる火山灰の影響で、飛行機が飛ばない🤯 みんなパニックになっている。なんか旅っぽくなってきたぞ笑 振替便で宮崎に向かう。電車で(約4時間)鹿児島に向かう時には、カラフルな電車と出会う。 なんとか宿に到着し、桜島フェリーを見ながら夜飯を食べる。 はじめての九州で緊張したのか、ぐっすりと眠ることができた。 朝は早く目が覚めたので、近くの山の展望台へ! なかなかのパワースポットで、早朝からお年寄りの方が大集合! 朝活で鹿児島の街を散策して、良いスタートをきる。 こんなにゆっくりとした時間を過ごすのは久しぶりだなぁ。ふと思う…

  • 富士登山!!集団行動で問われる個人の資質!

    毎年恒例のイベントが今年も開催された! 今年は富士登山! 黒須体調不良(黒)の呼びかけのもと、人が良いだけのメンバーが招集された。 23日19:00 島だんだだんだん(島)が相変わらずのヘアスタイルで、我が家に乗り込む。 富士登山に対する意識が高く、事前準備はバッチリ。 24日3:00 ワクワクして眠れなかった黒が我が家に到着。すぐに出発してこの旅で大波乱を巻き起こす体重100キロの大男(G)のもとへ。この連休のために仕事をこなし、睡眠時間は2時間という状況。 24日5:00 富士山の0合目の浅間神社にお参りをして出発! 長い遊歩道をひたすら歩く、途中で鹿のスカルを発見! 馬返しに着く頃にはG…

  • GWをどう過ごすかなんてことは...自由だー!!

    最近の畑はかなり盛り上がっている。ナス、トマト、きゅうり、ゴーヤ、モロヘイヤ、ズッキーニ、玉ねぎ、スナップエンドウ、にんにく、じゃがいも、かぼちゃ、サツマイモ。12種類の野菜を育てている。中でも、かぼちゃはタネから真心を込めて育て、今日植え付けを行なった。大事に縁側で育てた苗を畑に植える瞬間の、嬉しさはやみつきになる。約テニスコート一面分の畑だが、はじめて野菜で覆い尽くされた。内訳はじゃがいも80%、その他20%みたいな感じである。GWは走ったり、畑をいじったり、来週の100マイルレースの準備をしたり、家族との時間を過ごしたり、いつもと変わらない休日を10日連続で過ごしたという感じだ。外出すれ…

  • サブスリーはそんなに甘くない!無計画に突っ込む男の結末はいかに!

    2019 板橋Cityマラソン 『実力を過信して無計画にツッコミ、後半失速する。』そんないつも通りの展開となった。 サブ3を目標に1、2月と練習を調子よく積んでいた。 2月中旬に体調を崩し、今日までのここ1ヶ月は週に2回10km走るのがやっと…という走力不足の状態。 疲労感は全くないので、『1㌔4分15秒ペース(サブ3)で行けるところまでガンガン行こうぜ大作戦』と題してスタートラインに立つ。 案の定、21キロをジャスト1時間30分で折り返し、その時点で余力なし!!という非常事態に陥るのであった。 またやってしまったぁ… 30キロまではなんとか1㌔5分をきれるよう粘り。 30キロ以降はフィニッシ…

  • 卒業式!!!まだ戦いは終わらない!!!

    今日は人生初の卒業生の担任として、卒業式に出席した。 卒業式は感動して泣いちゃうのかな!? そんな思いを胸に式は始まった。 生徒は開始早々に泣いているが、もらい泣きはしない。 ☆あれ?おかしいな。 門出の言葉でも泣かない。 ☆このタイミングで毎年うるっとくるんだけどな。 『旅立ちの日に』でも泣かない。 ☆やばい…完全に空気に乗れてない。 卒業生退場。 ☆やはり、泣けない。逆に笑顔がこぼれる。 クラスでの懇談。わんわんみんな泣いてる。 ☆完全にスイッチが入らない。逆に懇談会を円滑にしようとする方に気が回る。 花道を通り、写真を撮って、さようなら〜。 ☆完全に心が冷めきっている。俺は感動すらできな…

  • 『内面と見た目』の変化を9つのジャンルで分けてみた。

    2009年(今から10年前の20才の写真) 2019年(現在) 今日は成人の日。あれから10年『内面と見た目』は良くなっている。悪くなっている。変わらない。 人それぞれの生き方の違いで、ジャンルが決まってくる。 成人してから10年。内面がどのように変化しているのか?見た目がどのように変化しているのか? ①内面も良く、見た目も良くなっているのは成長している証。 ②内面は良く、見た目が悪くなっているのは自分の世界に入っている証。 ③内面は良く、見た目が変わらないのは『私』。 ④内面は悪く、見た目が良くなっているのは周りが気になっている証。 ⑤内面は悪く、見た目が悪くなっているのは苦労されいる証。 …

  • 新年一発目はハイテクハーフ!ドーパミン、セロトニンの発生を求めて!

    ハイテクハーフマラソン! 赤羽の荒川沿いを走るレース。 今回は走る前に、終電まで前夜祭をやってしまう初の試みを仕掛けてみた。 お陰で、寝ている最中に肉を消化しようと身体が頑張ってしまったので、朝から疲労感(笑) そんなことはあまり考えず会場に向かった。 会場に着くとかなり盛り上がっている。 記録(1〜15㌔) 15㌔まではいつもと同様のペースで走ることができた。 10キロ通過は40分36秒と自己ベストを1秒更新! だいたいレースの時は自分よりも少し早いぐらいのペースの人を探して、その人を尾行するような作戦をとる。 今回は序盤に㌔4分ペースの集団が形成されて、その中に紛れ込み比較的楽に進むことが…

  • 『コーヒーうまい。』30歳になってやっとコーヒーの美味しさが理解できた。

    コーヒーの『豆』を買う。 いつからそんなことをするようになったのだろう。 相模湖の近くにある『ZEBRA coffee』でなんとなく豆を買ってみた。 コーヒーを豆から挽くことに興味をもったのは約2ヶ月前である。 豆の匂いに癒やされ… 豆を砕く… お湯を入れたときにの、粉になった豆たちが膨張する瞬間が見物だ。 お湯を少しづつ入れ、抽出していく作業に面白みを感じる。 飲んだことのないコーヒーを飲む瞬間の喜び。 コーヒーの味の感想を思い浮かべて、説明文を読み、自分の感想と照らし合わせる。 そんなゲームもしてみる。 以前は全くと言ってよいほど、コーヒーは飲んでいなかった。 しかし、コーヒーには『眠気を…

  • 箱根の昼と夜。旅先でも貪欲に走ろうとする姿勢が仇となる。

    箱根へ家族と旅行へ。 日中は博物館、お刺身、芦ノ湖と満喫。 宿ではおいしい焼き肉。 あとは寝るだけ。 寝るだけ。 は、もったいない! せっかく箱根に来たのにトレーニングしないでカエル🐸のはあり得ない。 子どもたちが眠りにつく20時30分。私は箱根外輪山への挑戦を始めた。 子どもたちも『パパどこ行くの?』 母は『パパは走ってくるんだって〜馬鹿だよね〜』 いつも通りこんな感じで。 こちらをする予定でした。 とりあえず、強羅駅まで降りて、明神ヶ岳を目指します。 箱根の宿がひしめくエリアは道が何本もあり、わくわくします。 宿街をぬけて、山道に入ると街灯がなくなり、不安になってくる。 今までトレランの大…

  • 核となる人物の相手でありたい。自分の価値を提供する場はどこに隠れているかわからない。

    友人のレストランにご飯を食べに行った。 レストランに入るなり見覚えのある人達が『遊び場』を縦横無尽に駆け回る姿が見えた。 もうその時点で、今日は波乱の予感しかしなかった。 今回は3家族での合同お食事会で、我が家以外の2家族には『男の子』という存在がいた。 我が家の娘たちは大人しいことに定評があり、『空気をヨム』ことを得意としていた。 しかし、男の子は違う!ここぞとばかりに己のもてる力を思う存分に発揮し、全力で暴れまわる。 その姿は私が日頃走る姿と重なり、あまり声を大にして注意する自信はなかった。 食事をせずに『遊び場』で本領を発揮する子どもたちを見兼ねた友人の料理長が、 『食べようか!』 とい…

  • ボルダリングボードは4000円で設置できる。ちょっと高いかな。

    ボルダリングの壁を娘に登らせたい! 新たな欲求が芽生えた瞬間だった。 思い立ったら則行動!そんな思いを温めに温めた結果、昨日動き出してしまった。 ユーチューブで壁の作り方を予習はしていたが、専用のホールドを購入するにはまだ早い気がした。かつ高い…。 これはホールドを自分で作るしかない。 どうせ作るならお金はかけたくない。 じゃあ木材の切れ端でいいじゃないか(笑) そんな作戦を練りつつ、ホームセンターで売られている、道具を使用して柱を設置した。 これでクライミングボードを打ち付けられる。 ホールドを壁につける際は頑丈に取り付けたいので、長めのビスを使用した。 妻の友達が遊びに来ていたので、手伝っ…

  • トレランを始めて4年間で変わったこと。前を走る選手が変わる喜び。

    トレランには夢がある。 スポーツは、対人、対自分、対自然など様々なものと戦う。 一般的に個人(陸上)、集団(駅伝)個人球技(テニス)、集団球技野球等は、決められたルールの中、決められた規格のフィールドの中で戦う。 対人、対自分の戦いの要素が強いスポーツだ。 トレランは違う。 対人、対自分、対自然となるのだ。 +された対自然とは!? 山の上り、下り、雪、雨、岩、木、葉、気温、風、等の様々な環境変化と戦うことである。 この対自然が+されただけで、フルマラソン4時間45分の私が、2時間45分の選手と互角に戦うことができてしまう素晴らしいスポーツなのだ。 これは『中学生の野球少年が、甲子園球児にある条…

  • インド人に見習うべきこと!理不尽なことに対して→『客観的』であるべし。

    もう12月だというのにこの暑さは異常です。 野菜もどんどん育ち、野菜の値段が例年に比べて安いようです。 今たくさん採れた分、少しすると収穫量も減り、値段が高くなることが予想されます… わが金井農園も盛り上がっています! ラディッシュ1! ラディッシュ2! 一ヶ月でこんな成長してます。 11月7日 12月8日 暖冬です。 チンゲンサイ、ミズナ、しゃんぎくもガンガンです。 間引きしましょう! どこからか大根をとってきて、キメ顔をかましてきます。 今日はこれだけ採れました。 他にも玉ねぎ、ニンニクがすくすくと育っています。 1日1日を生きることに目一杯になってしまうと未来に対して、考えなくなってしま…

  • うんていが作りたい衝動が抑えきれない!500円で作れるのか!?

    女子の水泳で有名な池江さんは子どもの頃、家で『うんてい』をしていた!! そんなことをテレビで見て、すぐにでも娘にやらせなくてはという衝動に駆られた。 その後、色々と情報収集をしたが、購入するにも5万円以上、作るにしても1万円以上となかなか手強い感じがした。 どうしたらノーリスクハイリターンの『うんてい』を作ることができるか!? 『家にあるもので作ってみよう!』 そんな見切り発車で早速作ってみた。 まずは棒の溝を作ります。 等間隔に棒の幅22mmの大きさに切っていきます。 調子いいです。 木くずのアート。 ノミを活用します。 溝りました。 完成したので、棒を置いてみます。 ジャスト・サイズ!! …

  • 2週間前のレースの余韻が未だに残る。様々な山道との出会いも、面白みの一つ。

    第12回 斑尾トレイルレース 6位までが表彰台に立てる。おしくも今回は7位という結果だった。 この結果をプラスに捉えたい。 走っている最中に『順位』にここまでこだわった大会は初めてだ。 序盤5キロまでは1位。 しかし、距離が増えるごとにスピードも落ち、一人、二人…と抜かれていく。 半分を終えた時点で6位に下がってしまった。 このまま順位をキープすれば表彰台だ。 そんなことが頭に過った時には後から選手が来ていた。 あっさりと抜かれてしまい、 『7位か…』 ここは追い上げなくては! と、思ったがスピードが上がらない。 『後一人抜けばいいだけ。』 そんな言葉を唱えながら、一人粘りの走りを続けた。 そ…

  • エネルギーが湧き上がる!直感的に、自分自身の存在をつかみ、それをつきつめる。

    夏のレースでのエピソード今更紹介したい。 ○地域の方○途中水を求めて、地元の人に声をかけると、快く水をいただくことができた。おまけに冷や冷やのむぎ茶までいただくことができて感謝しかない。 ○川へのダイブ○火照りにほてった身体を冷まそうと、幅50センチほどの川にダイブ! 身体の前後を冷やすことで、ゴールに向かう気力を復活することができた。 ○補給食○補給食は一時間に一回のジェル。 9時間完走を目標にして8個のジェルを用意していた。 予想に反して、猛暑+高湿度でまともに走ることができない。 結果的には11時間30分のゴールだったので、後半は補給食がなく苦しんだ。 エネルギーがなくなるとまず頭がぼー…

  • 文明開化の音がする!耕運機買いました。

    コスモスがきれいな季節になりました! 『文明の力』に頼らず、『人力』にこだわっていた今まで。 遂に耕運機を買ってしまった!!!! 『混合ガソリン』を作るべく、このようなものを用意した。 このタンクは上手くできている。 秋が深まってきているとはいえ、『蚊』がわんさかいるので、完全防備で挑む! さーはじめよう! と、思ったが、草がすごい。 まずは草を抜いて、耕運機にできるだけからまらないようにする。 わずか2分程で耕せてしまった!! 手でやっていたら10分はかかるだろう。 今まで人力になぜこだわっていたのか!? 金井農園にとってこれは『大革命』だ! この夏お世話になったオクラさんありがとうございま…

  • 『達成感』という欲求の虜に!上州武尊スカイビュートレイル 75km

    今回は75キロ(約12時間42分49秒)とロングレースであった。 今までは10〜30キロ(1〜3時間)でゴールできるショートのレースをメインに出場していた。 短い距離を速く走ることも楽しいのだが、山を走っていると長いレースに出る人の話を聞くことが多く、挑戦してみたくなっていった。 ロングのレースは①ゆっくりとしたレース展開。 ②栄養補給が肝。 ③身体に負荷のかからない走り。 ④ナイトランの習得。 こんな感じのことが特徴としてある。 ①ゆっくりとしたレース展開。スタートからダッシュしたりするのでなく、心拍も高めることなく走れる。 歩みを止めずに、自分のペースを刻むことが鍵となる。 ②栄養補給が肝…

  • 連休は何をして過ごすのが正解なのか?NO.1

    ジュース!!! 連休初日は妻がランチをしたいというので、長女を連れて『ハグハグ』という子供がエキサイトできる場所へ! スタートからダッシュで木のたまごに突入しております。 ボールプールではピッチング練習で肩を鍛えます。 このアスレチックはヤバイです。娘が高所恐怖症で怯えてしまい、起動停止となりました。 そうなると、娘13キロを抱え大人がやっと通れるトンネルのようなスペースを果敢に攻めなければならない。 瞬間的にはトライアスロンのレース時よりも辛いと感じた。 イベントで謎のカードづくりを行っていたので、ママへのプレゼントを作成した。 シールを基本に『自力で作る』をテーマに芸術を爆発していただいた…

  • オクラって最強な気がする!

    オクラが最盛期!! キャベツ、ハクサイ、ブロッコリー、玉ねぎの苗もガシガシ育っています。 オクラはこんな風になってます。 根本から『ポキっ!』 下から順に収穫し、葉もとっていきます。 花がキレイです。 カボチャのツルが天まで届きそう。 カボチャ最後の収穫は8個。この夏は全部で30個とれました。 ①除草前 ②除草後 ③マルチを敷く。 帰宅後はオクラを茹でる。 冷やす。 オクラ+キムチ+納豆=うまい。 オクラ+レバー=健康。 オクラがあると夕飯が豪華! 少しでも時間があると畑にいます。 やることが尽きません。 『身体を動かしたい!』 だが、トレーニングをやりすぎて足首が痛い。膝が痛い。 そんな時は…

  • 現在13種類の野菜を管理中。呼吸するが如く、野菜管理できるようになりたい。

    この夏は畑の管理をすることが多かった。 トマト、オクラ、ナス、キュウリ、カボチャをほどよくとることができた。 ジャガイモをとってから放置していた畑は、雑草で生い茂る。 草を手で抜き、クワで耕す。 草刈り機、耕運機を買おうとおもっていたが、購入する決心をつけることができなかった。 ここで買ってしまったら、色んなことを損してしまう気がした。 ただ単に『ケチな性格』ということではない。 機械を使えば、『時間、体力、気力』を消耗せずに農作業が行える。 果たして趣味で自分がやりたくてやっていることに効率化を求めて良いのか? そんな疑問が過った。 だったら、昔ながらの道具でやれることはやろうという気持ちに…

  • 家族旅の大変なことベスト5!休暇というよりお客様をもてなす視点で動き続ける。

    この夏は家族を引き連れて長野県に3ヶ所行った。 ①長野県小谷村8月9〜10日 ②長野県飯島町8月12〜14日 ③長野県清里8月18〜19日 家族(30歳+2歳+3ヶ月)女子を連れて旅をすることが、どれだけ大変なことか思い知らされた。 大変なことベスト5! 1位 『車の乗り降り。』 車降りるためには…ベビーカーをおろし→娘①をベビーシートからはずし→ベビーカーにのせ→娘②をだっこする。 乗るためにはこの逆を行う。 大変だ。 2位 『全てが娘のために行動。』 遊ぶ場所は全て子供が楽しめる所に行く。公園、河原等。大人が全力で楽しむことはできない。 それでいて娘に何かアクシデントが起これば、場所を変え…

  • 家族に全てを捧げる。ここで旅を嫌いになったらまずい、目標をたてることにした。

    家族旅をしてみて今後の目標を考えた。 ①山近くにキャンプへ行くべし。 ②水に慣れるべし。 ③車中泊旅を身につけるべし。 ④ごどもにはアウトドアスポーツ好きになってもらうべし。 ⑤妻にはフリーの時間を与えるべし。 ※トランスジャパンアルプスレースに出るべし。 ①山近くにキャンプへ行くべし。 山近くに行くことで、家族の睡眠中は… 『私のフリータイム』 なので、キャンプに来て夜〜朝まで山を走ることができる。 なかなか休日に山に入ることはできない。しかし、キャンプで山の近くに行けば、家族が寝ている間に山でトレーニングすることができる。これは名案だ。 ②水に慣れるべし。 我が娘はまだ水に顔をつけることが…

  • 死を告知された人間がたどる心の動きを自分と重ねて見る。

    私が生きる原動力は『家族』なのか? キュブラー=ロスの『死ぬ瞬間』という本の中で、死を告知された人間がたどる心の動きを、5つの段階に分けて整理している。 ①『否認』死ぬなんて、そんなわけがない。 ②『怒り』なんで死ななきゃいけないんだ。 ③『取り引き』正しい人生を送るからそのかわり死期を伸ばしてほしい。 ④『抑鬱』ショックによる反応鬱と殻にこもる準備抑鬱。 ⑤『受容』怒りや悲しみなどの感情も薄れ、全てをありのままに受け止める。 全てがこの5段階のとおりに進んで、最後には死を受容するとは限らない。 □最後に、もう一つの心の状態として『希望』がある。 何かの形でこの世界とかかわりを保っていたい。 …

カテゴリー一覧
商用