searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

正浩さんのプロフィール

住所
兵庫県
出身
兵庫県

自由文未設定

ブログタイトル
7年半の介護生活「お母ちゃん、よう頑張ったなあ」
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/okachandaisuki/
ブログ紹介文
母親の介護を7年半、介護事故により最愛の母親を突然亡くし、一人になった息子の気持ちを綴ります。
更新頻度(1年)

117回 / 365日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2017/08/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、正浩さんの読者になりませんか?

ハンドル名
正浩さん
ブログタイトル
7年半の介護生活「お母ちゃん、よう頑張ったなあ」
更新頻度
117回 / 365日(平均2.2回/週)
読者になる
7年半の介護生活「お母ちゃん、よう頑張ったなあ」

正浩さんの新着記事

1件〜30件

  • せめて身体を温めて

    あっという間に12月に入った。寒くなってきたのもあるが、夜中に何度も目が覚める。トイレが近い、所謂、頻尿というやつだ。以前から2回程、夜中に起きることがあったが、ここ最近はひどく、夜中に3~4回目が覚める。さすがに3回目になるとそれからは眠れな

  • 疲れました。

    先週の三連休初日は、同じマンションに住む一回り以上下の人に誘われ、地元で夕方から飲みに行っていた。中日は、市内で有名な湖に行き湖の周りを一周歩いた。昨日は、職場の者を誘い、やはり飲んでいた。以前、引きこもっていた頃や、パチンコしか行っていなかった

  • 生かされている意味

    朝晩は肌寒く感じるこの時期になるとどことなくもの悲しさを感じる。夜の街のイルミネーションやスーパーでのクリスマスケーキやおせち料理のポスターは以前は、それらを見るだけで母親の事を思い出して苦しくなっていたが、今では、それも流せる様になった。

  • ちょっと休憩

    ちょうど1年前は、猫を飼おうかどうしようかと考えていた時期だと思う。そう思うと、この1年は特に早かった様に思う。年を取っていくのはあっという間なんだろうなあ・・。もう何ヵ月も定常で帰れる日が続いて夕食も自炊する事が多くなったけど仕度中も、

  • 1年7ケ月ぶりの再会

    昨年の4月に「思いの会」を実施してから実に1年7ケ月ぶりの再会だった。このブログを初めて半年位経った頃にある方から初めてコメントを頂いた。それは母親を喪い、僕と同じ様に苦しんでいる男性だった。最初のコメントは奥さんからだった。ご主人を気遣

  • 少しずつ受け容れていく・・

    夜中に目が覚めた。まだ2時過ぎだ。何だか目が冴えて、猫を見ていた。雄猫のひとしが近づいてきた。いつの間にか居なくなったかと思っていたら今度は雌猫のみっこがお腹の上に乗ってきた。ひとしの動きの音で、みっこが飛び降りて次は、ひとしが右の脇腹の

  • おいおい、何をしてくれるんや。

    仕事帰りに夕食の食材を買って自宅に戻り、二匹の猫をゲージから開放させて、鍋に食材を入れている時に、あるだろうと思っていた調味料がなかった。ガスの火を止めて、買い直しに行く事にした。自宅に戻り、雄猫が飛び出さない様に玄関のドアをゆっくり開けたが、

  • 世の中の理不尽さ

    母親を喪い、数年間一人で過ごしてきてわかった事がある。世の中は不公平であり、神様などいない。頑張ってきたからといって決して報われるものではない。何も悪い事をしていないのに、突然、悲しい別れが訪れる。そして他人をアテにしてはいけない。人を信用し

  • 世の中の理不尽さ

    母親を喪い、数年間一人で過ごしてきてわかった事がある。世の中は不公平であり、神様などいない。頑張ってきたからといって決して報われるものではない。何も悪い事をしていないのに、突然、悲しい別れが訪れる。そして他人をアテにしてはいけない。人を信用し

  • 何も考えずに、ただ無心に・・

    母親の夢を見た。あり得なかった話だが、一緒に温泉に入ろうとしていた。お湯が熱くて、熱いのが苦手な母親は先にあがるところで目が覚めた。昨夜も家の風呂が沸くのを待っている間に転んでいたらいつの間にか眠ってしまっていた。目が覚めると、まだ1時台だ

  • 地元の山登りに行って来ました。

    先週の休日に引き続きウォーキングを兼ねて数時間の外出をしてしまいました。今日は地元では有名な山へ登山です。・・といっても高さ300mですから登山というより山登りという方がしっくりしているかと思います。そうは言うもの僕が住んでいる市内では一番高いです

  • 歩いて父親の生まれ故郷へ

    昨日に引き続き良い秋晴れの天気だったから朝7時過ぎに猫が朝ご飯を食べているのを確認してからウォーキングに出かけた。昨日歩き過ぎたから、今日は軽くと思っていたが、ふと歩き始めている伐ちに父親のあの日の事を思い出した。5年前、留守番してくれている

  • 姫路城へ

    今日は朝から天気も良かったので頑張って歩こうと思った。1日の歩数の大台を目指して。まず朝一番は、朝食を摂りに駅前へ、一旦マンションに戻り9時半に予約していた歯医者へ。9月迄は自転車で行っていたが、歩いてみたら大した距離でもなかった。そして午

  • お利口な子達

    一昨日のブログで母親がよく答えてくれていた「お利口にしてました。」が自分の中では忘れられない会話だったので、今では仕事等で長時間留守にする時には、二匹の猫達にも言っている。「ひとっちゃん(みっこちゃん)元気でおりよ。お利口さんにしておくんやで。

  • お利口にしてました。

    昨日は父親の事を書かせてもらえましたが、社交的で、すぐに人と仲良くなれる父親とは違い母親は大人しくて自分を出せる人ではなかった。ただ母親と長い期間接してくれた入院中の看護士さんや自宅に来てくれていたヘルパーさんなど多くの方によく言ってもらえたのが

  • 父親

    実はこの記事を昨日書こうかと思っていたが書けなかった。昨日は父親の58回目の月命日だった。もうあと2ヶ月で5年になる。元気者だった父親が母親を置いて先に逝ってしまうとは当時は全く考えもしていなかった。父親こそ間違いなく90歳迄は生きるだろうと思っ

  • 久しぶりの外一人飲み

    昨日は仕事で電車で移動して営業に出た。外出先は勤務先からは3つ離れた市だった。以前、もう13-4年位前だろうか、この地で仕事をしていた。そしてこの地には父親と母親と車に乗って百貨店に買い物に何度か訪れた。晩年の母親とはJRを利用して車椅子で行った。

  • あの時の風景③~母親の定位置~

    マンションに親子三人で入居してから食事する時の三人の定位置というのがあった。父親は外の景色が見える席、母親は窓側、僕は二人の間でキッチンを見る方向だった。それが母親の入浴介助をして風呂あがりの休憩が僕は同じ場所だが、母親は外の景色が見える席だった

  • 病院

    今日は1年ぶりの人間ドック受診の為に病院に来ている。最後の胃カメラでの待合室で待つ席がなくて外で立って待っている。昨年もそうだったが、病院で車椅子の高齢者を見ると父親や母親のあの時の事を思い出す。普段、仕事をしていると、病院というのは現実世

  • 40回目

    今日は早いもので母親の40回目の月命日の日だ。仕事帰りに仏花とモンブランのクリームがのったプリンを買った。仏前に供えた。母親の魂は日々穏やかに過ごしているだろうか・・あの世で苦しい思いをしていないだろうか・・もうこの世では、夢でしか会う事が出来な

  • ちょっとした気持ち

    今日は台風の影響で天気も悪いだろうと思っていたが、予想に反していい天気になった。先週の休日に続いて、11月まで会社て実施のウォーキングイベントにエントリーしているので今日も午前中から頑張って歩いてみようと思った。一日の目標は10,000歩だ。今迄な

  • 真逆の生き方

    今週の出勤もようやく終わった。5日間いろいろとあったが、特に今日は残念な連絡が取引先からあった。コロナ禍の中で、5年間続いていた仕事が今年度限りで終了するとの知らせの電話だった。どこも経費削減される中での厳しい状況だったが、年間で二千万円近

  • きっと大丈夫

    ここに来てコメントしてくれる方は優しい方が多い。きっとそれは親を大事にしてきた方だからに違いない。友達の様に、我が子の様にお父さんを、お母さんを愛されてきたんですよね。それなのにちょっとした後悔から僕と同じ様に自分を責めている。何ヵ月経って

  • 歩く

    右足の怠さがこのところまた出てきた。仕事が忙しくなってきたり、疲れが出ると出てくる。2年前の今頃は困った。ずっと立っている時や歩く時が辛かった。職場の最寄駅から職場まで歩いて3分のところ20分かかった時もあった。右足が怠くて前屈みになって休憩

  • 母親からのご褒美

    昨夜は職場の同僚を誘い、僕の地元で一杯飲んでいた。コロナ渦の中、そんな機会も無くなっていたので本当に久し振りの事だった。母親亡くなった直後、家族のいる連中と居るのが辛かった時期も長かったが、老舗の食事処の個室を予約して静かな空間の中で同僚の

  • 残された人生

    10月に入った。今年は特に早く感じる。今日は「中秋の名月」の日だ。営業先に何軒か和菓子店で月見団子🎑を購入して持って行った。帰り際に最寄り駅に下りて同じ店で買おうと覗いたら既に売り切れてしまっていた。仏壇に供えようと思ったが・・満月は明

  • ブログにも書けなかったこと②~あんたの事は一生忘れへん~

    心の中にずっと残っている事がある。言ってしまった事について後悔はしていないが、きっと忘れることは無いと思う。母親がショートステイ先の施設で窒息事故で突然亡くなり現実を受け容られないまま、慌ただしく葬儀が終わり、その日の内に寺で初七日も済ませ

  • みっこも1歳になりました。

    君を迎え入れたのは、ひとしより4日早い昨年の12月29日の事だった。2年半一人だった僕に久しぶりに家族が出来た。お店から連れて帰ってきた君にとってはきっと初めての世界だったと思う。なかなかキャリーから出てきてくれなかったね。僕は何だか少し嬉

  • ブログにも書けなかったこと①~あの時の職員と電話で話した~

    今日はブログにも恐らく書いていなかったことを残したい。僕は母親のショートステイ先での窒息事故による突然の別れが受けいれられなかった。警察官からの施設での事故の一方的な事情聴取報告もそこには母親の思いは当然なく、何を信じたらいいのかわからなか

  • 何をしてもうまくいかない時

    そんな日が続く事もあるだろうが、8月に入って、仕事で新規の年間契約の競合見積りに負けてから何もかもが上手くいかなくなってしまった様に思う。さらにコロナの関係で、数年間続いていた年間契約の仕事も次年度の更新が出来るか雲行きが怪しくなってきた。連休

カテゴリー一覧
商用