searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ちゃろさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
不登校から自立へ〜復学支援から学んだ家庭教育
ブログURL
http://futoukoufukugakusien.com/
ブログ紹介文
中学生で不登校を経験し復学支援を体験。支援で培った家庭教育の大事さをお伝えします
更新頻度(1年)

37回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2017/07/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ちゃろさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ちゃろさん
ブログタイトル
不登校から自立へ〜復学支援から学んだ家庭教育
更新頻度
37回 / 365日(平均0.7回/週)
読者になる
不登校から自立へ〜復学支援から学んだ家庭教育

ちゃろさんの新着記事

1件〜30件

  • 小学生で不登校を経験した家庭のパソコン事情

    不登校の状況が各家庭によって違うように、パソコン・ゲームなども対応が家庭により違います。どの方法が良い悪いでなく、いろいろな体験があると思います。そこで、このブログを始めて、お知り合いになれたフルーツさんにお願いし手記を寄せてくださいました。ありがとうございます。ぜひ、たくさんの方に読んでいただければと願います。『フルーツさん』のcase我が家の娘は小3の6月から不登校になり、パソコン、オンラインゲームにはまりました。その後間もなく復学支援を受け、適切なご指導によりネットから切り離し、スケジュー

  • 不登校とパソコン!高校生の娘の場合の失敗

    今回は、当時高校生だった娘の場合です。息子の場合は、コミュニケーション面の問題でしたが、娘の場合は同じ家庭なのに?と思うくらい問題点は違いました。最初娘が中学生の頃パソコンでチャットをはじめました。タイピングの練習をしたり、操作方法を調べたりしていたため、特に禁止はしませんでした。このチャットからネットゲーム(MMO)へ誘われたようで、しだいにネットゲームにはまっていきます。この頃は高校生になっていました。ネットによる問題その1ネットゲームの世界では21時頃から夜中、2時3時までが一番にぎわって

  • 不登校とパソコン!ネットとの付き合い方息子の場合の失敗

    不登校中の問題として上がるのが、ネットゲームやパソコン・スマホとの付き合い方ではないでしょうか。まだまだネットの利用が一般的でない時代で、携帯も子供はまだもっていないという状況です。我が家は、子供に何も考えずにパソコンを与えてしまい、ネットも利用していました。そんな環境で不登校になった息子なので、問題点もありました。我が家は、当時子供は中学生・高校生でしたので、パソコンを使うこと自体はいけないとは思いません。しかし、不登校を経験した息子・五月雨登校から欠席が増え留年の一歩手前までいった娘の姿を見

  • 高校で何がしたい?高校受験への第一歩

    息子が中3になった4月末に書いた記事です。親は、そろそろ受験が気になるけど、本人にはその気配もないという毎日でした。そんな毎日に頼りになるのはやっぱり訪問の先生です。訪問の先生今日は、息子の訪問のM先生がこられました。息子の登校のことだけに関しては、ほぼ安定しているとみていただきました。親もほっとしました。ただし、「よかった。これで終わり」にならないのが、継続登校の難しさです。支援の藤本先生や訪問の先生方は、登校できた、その次の段階である受験のことまで視野にいれておられます。今回の訪問の目的は訪

  • 朝の登校時間に優先する物とは(中学3年4月)

    1年間の不登校の後、中2の夏に復学した息子が、中3になった4月末の頃です。夏休みや冬休み春休み以外の登校日がやっと半年たったくらいでしょうか。まだまだ、スムーズに朝登校していくという状況ではありません。それでも、親も朝の対応を毎日の失敗から学び、息子も学校で頑張っている日々でした。何を優先する?今日は朝から息子は大荒れでした。いつもの時間に起こします。いつもなら制服に着替えておりてくるのですが、今日はそのまま降りてきて、ソファで寝てしまいました。その姿を見て不登校中のいや〜な気持ちが思いだされま

  • FHEオンライン親の会ご報告~参加者からのコメント

    初めてのオンライン(zoom)での親の会を行いました。皆様のご協力もあり無事終わることができました。ありがとうございます。オンライン親の会詳細日時5月31日(日)14時~17時参加人数FHEで支援を受けた親御さん25名藤本先生・S先生・A先生前半先生方との個別のお話後半グループに分かれてお話前半のお話今回は、藤本先生にお時間をいただくことができたので、参加の皆様と今の状況などをお話しくださいました。人数と時間の都合でゆっくりと・・・とはいきませんでしたが、今渦中の方はコロナの影響も心配の一つだっ

  • FHEオンライン親の会開催!お知らせ

    復学支援機関であるFHE(ファーストフォームエデュケーション)は関西・関東に親の会があり、支援を受けた親が主催しています。いつもは、春と夏の年2回それぞれの地域で開催しているのですが、今年は外出自粛などもあり春の親の会は見送りになりました。自宅でのお子さんとのストレスもマックスの状況が想像されますが、いかがでしょうか。今回は、オンラインでの親の会に挑戦してみることになりました。オンライン親の会詳細日時2020年5月31日(日曜日)時間午後2時前後~(時間の決定は、後日になります。途中入室・退出は

  • 中学3年生の新学期はアレルギーとの戦い!

    不登校経験があると、新学期といった環境の変化にはどうしても敏感になります。中1の7月から完全不登校だった息子が、唯一自力でチャレンジした中2の新学期は見事に失敗(-_-;)4月は新学期という環境の変化ももちろんですが、アレルギーがひどくなる時期でもあり大変です。中3の新学期には、息子の成長した姿もチラホラみかけることができました。中学3年生4月新学期スタート新学期が始まりました。息子は、朝早くから準備をし、元気に登校しました。1年前の息子とは別人のようです。これも、支援の先生方のおかげです。あり

  • 不登校と肥満の関係!傾向と対策を知って親が出来る事

    不登校と肥満は密接なつながりがあるといえます。もともと、運動が苦手で学校でうまくいかずに不登校になって肥満が進むという場合もあれば、とてもスポーツが好きだったのに、不登校になって家から出られずに肥満になったという場合もあるかと思います。大人と違って子供の肥満は環境に左右されることが多いです。その環境に不登校という問題があればさらに大きく影響されます。我が家の不登校を経験した息子も見事な肥満体型となりました。その経験をふまえて書いてみました。我が家の経緯不登校を経験した息子は小学5年生の頃はそんな

  • 子供との距離の取り方!過干渉と放任

    不登校を経験して、子供との距離の取り方を考えることが多くなりました。近すぎると過干渉となりますが、離れすぎもいけません。そんなことも、不登校を経験してわかることの一つでした。子供との距離の取り方以前に、京都の大原に1泊で友人と行った時のことです。私が新卒で入った仕事場の同期の4人で、○十年以上ぶりの再会です。それぞれ辞めた時期は3年目・5年目・6年目と違います。子供がいる人・いない人、色々です。でもみんな今も仕事はしています。その中で、中2の女の子のお母さん(A子)がいます。A子は実の母と同居で

  • 中2の3学期~春休み  

    息子が中1の3月14日に初めてファーストホームエデュケーションに相談の電話をいれました。その時は相談専門の係りの方がいるのだろうと思っており、最後にお名前を伺うと藤本先生でした。今思えばよくその場にいらっしゃったものだと。以前何かのお話のおりに、相談の電話には自分で出るようにしていると言っておられ、先生の相談一つ一つに対する姿勢がうかがえるようです。不登校を経験された親御さんは、皆さんきっかけの時期になると過去の記憶がよみがえるようです。不登校から復学への岐路支援をお願いするまでに本当にたくさん

  • 不登校の情報!方法は一つじゃない

    この記事は、2009年当時1年間の不登校から中2の7月に復学した息子のことを綴った記事を再編集したものです。復学後の中2の3学期に藤本先生と中学校へご挨拶に行った日に、色々とお話させてもらいました。まだまだ、学校で色々起こる毎日で、親の方も生活の中で起こる問題になんとか対応には慣れてきたころでした。それでも、まだ子供からの問題行動があっても、それをどういった方向へすすめていけばいいのかわからない状況で、藤本先生にメールで支援してもらう毎日でした。いくら問題があっても息子が今学校へ通っていることが

  • 学校休まないから!

    冬休み中から中2の三学期の頃です。実力テストから、学校での友達とのいざこざまで、訪問の先生の力を借りてのりきります。冬休み中の訪問今日息子の訪問カウンセラーの先生がこられました。昼前に藤本先生からメールがあり、「何事!?」と思ったのですが、冬休みの宿題の確認でした。年末にも訪問の先生に宿題を見ていただきました。その後、正月に祖母の家へ行った時には、「ちゃんと学校行ってるよ。宿題も全部終わったし」と誇らしそうに言っていました。去年の息子はため息ばかり。少しは前進しているようです。宿題ができないこと

  • 登校しているからこその悩みと親の対応

    中2の2学期が始まり、普通に授業を受ける中で色々な問題が起こります。息子自身も、つらい時期だったのかもしれません。そして、親も今までのよくない習慣を矯正する意味での勉強の毎日でした。体調不良の原因朝になると、息子が気分が悪い・吐きそうと言ってきました。本人からは、昨日学校にいる時からだといいますが熱はありません。しかし、昨日のおやつにカレーを食べていました。考えられることは3つ宿題を忘れないようにと言われている娘とケンカした食べすぎで胸焼けしている色々なことが頭の中でグルグルとしてしまいます。ど

  • 登校しているからこその悩みと親の対応

    中2の2学期が始まり、普通に授業を受ける中で色々な問題が起こります。息子自身も、つらい時期だったのかもしれません。そして、親も今までのよくない習慣を矯正する意味での勉強の毎日でした。体調不良の原因朝になると、息子が気分が悪い・吐きそうと言ってきました。本人からは、昨日学校にいる時からだといいますが熱はありません。しかし、昨日のおやつにカレーを食べていました。考えられることは3つ宿題を忘れないようにと言われている娘とケンカした食べすぎで胸焼けしている色々なことが頭の中でグルグルとしてしまいます。ど

  • 中2の2学期すぐの忌引きから又欠席~コーチングへ

    中2の夏休み前に復学した息子の、初めての2学期の始業式です。はたして、問題なく登校することができるのでしょうか。まだまだ親も子も経験値がたりません。中22学期開始中2の2学期の開始です。息子はちゃんと登校するのか・・・?まだまだ不安の方が大きい状態です。朝、起こしますがやはり起きてきません。7時・15分・30分と起こしに行きますが起きません。8時近くになってやっとおきてきました。息子も、ヤバイと思ったのでしょうか。こんな一言を・・・本来なら、ダメですよね。でも、このときは、少しでも行ってほしくて

  • 中2の2学期すぐの忌引きから又欠席~コーチングへ

    中2の夏休み前に復学した息子の、初めての2学期の始業式です。はたして、問題なく登校することができるのでしょうか。まだまだ親も子も経験値がたりません。中22学期開始中2の2学期の開始です。息子はちゃんと登校するのか・・・?まだまだ不安の方が大きい状態です。朝、起こしますがやはり起きてきません。7時・15分・30分と起こしに行きますが起きません。8時近くになってやっとおきてきました。息子も、ヤバイと思ったのでしょうか。こんな一言を・・・本来なら、ダメですよね。でも、このときは、少しでも行ってほしくて

  • 復学直後の夏休みは姉弟ケンカがいっぱい!

    中学2年生で再登校後、初めての夏休み。家にいる時間が増えると、どうしても姉弟ケンカが増えてしまいます。まだ、親がその対応方法がわからずに、右往左往している状況でした。わからないことは、すべて藤本先生に確認です。姉弟ケンカ娘がパソコンをしていました。息子はソファでテレビをみています。父・母も同じ部屋にいました。息子が娘に腹をたてて、パンチ。それが、娘の手に当りました。娘は怒って、息子にクッションを投げてきました。息子もやり返そうとします。まだ続けています。父に注意してもらおうと声をかけました。娘ソ

  • 息子が部屋を掃除!片付けない息子がやる気を出した理由とは

    息子の部屋の大掃除をしました。現在息子は25才・社会人です。もう大人なんだからと、手を出さなくてもいいのかもしれませんが、とうてい1人で片付けられない惨状のスゴイ部屋だったんです。机とベットと本棚だけの5畳ほどの部屋ですが、足の踏み場もないくらいの状態でした。ある理由があって、息子の口から片付けを手伝ってほしいと言ってきました。不登校中の部屋の片付け子どもが不登校になると、部屋の片付けなど一切しなくなります。子どもは、学校へ行けない心の状態であることから、部屋の掃除などの些末なことは考えられなく

  • 再登校からの夏休みと補習

    再登校をして、終わりとならないのが現実です。その後も、安心とは言えず、なかなか連続して登校することが難しかったです。じっと座っていることが難しいという状況でした。夏休みになっても、もちろん補習が必要でした。1週間の始まり1週間の始まりです。息子は、はたして起きるのか?まだまだ不安でいっぱいです。息子を起こしにいきますが、起きる様子がありません。耳元で手をたたきますがダメ。目覚ましを鳴らして耳元においておきました。とりあえず、息子はそのままにして様子をみました母親が部屋からでようとすると、息子が動

  • 再登校からの欠席~支援の底力で登校!

    金曜日に再登校をし、土日をはさんで月曜日は登校しました。しかし、その翌日の火曜日徐々に怪しい空気が流れだしました。そうすぐには、不登校をなかったことにはできないということでしょうか。親も対応がわからずオロオロとしている状況でした。再登校3日目今日は、再登校後初めて親だけの対応です息子への母の対応の結果を藤本先生にメールし、対応を指示していただきました。6:45息子に声をかけるが起きません一気に不安になり藤本先生にメールをしました藤本先生メール○○!7時になった!と強めに声をかけてください7:00

  • 家庭教育相談士養成講座2019 ご報告

    家庭教育相談士養成講座に参加してきました。「家庭教育相談士」の資格試験のための講座ですが、資格を習得した後も参加させてもらうことで、毎回新しい発見があります。家庭教育推進協会からは、上野先生・藤本先生・坂下先生が参加されていました。講座は2部構成になっていて、午前はテキストにそっての内容・午後はロールプレイとなります。家庭教育相談士養成講座【講座概要】日時:2019年11月23日(土)時間:10時~16時半場所:大阪上本町たかつガーデン講師:上野先生・藤本先生午前の部こちらのテキスト沿って、上野

  • 不登校からの再登校の日!

    とうとう再登校日です。本当に登校できるのか、まだまだ不安で一杯ですが、先生方を信じてこの日がスタートしました。再登校の日7月4日登校前5:00母起床6:00朝食準備6:15藤本先生からメールが入りました。『朝は不安が出やすいので、あまり触らずご飯だけおいて家事をするなど距離をとってくださいね』とメールで指示をいただきました。この時には、どこか近所で待機していただいていたのでしょうか。6:30訪問のM先生・N先生が到着始発電車で来ていただきました。息子はまだ起きていません。N先生が部屋まで起こしに

  • 再登校前のコーチング!直前の不安の対応

    再登校の日の1週間前の状態です。さすがに1年近くの不登校期間があり、息子も親も不安でいっぱいの時期でした。その不安にも、しっかりと対応していただきました。コーチング6月26日コーチングのため、先生方にお越し願いました。この日は、他機関でコーチングスキルをお持ちで、カウンセリングの資格をお持ちのU先生に援助に入っていただきました。藤本先生・U先生・訪問のM先生・そして娘対応の訪問のS先生、本当に我が家は、たくさんの先生方に助けていただいています。事前に、父・母に今日の打ち合わせをかねて説明をしてく

  • 復学準備!家庭訪問・友達訪問・物品確認すべて母は口出し禁止

    再登校に向けての準備が進んでいきます。訪問の先生も何回も自宅にきてくださいました。家庭訪問や、友達に家に来てもらったり、物品を準備したりと、何かと慌ただしい時期です。訪問の先生その56月16日訪問のM先生・N先生がこられました。この日、母親は仕事だったため息子と先生方がどのように過ごしていたのかわかりません。夕方に皮膚科受診を予定していたので、帰られる先生方と一緒に、家を出ました。帰りがけにM先生が、息子に何か約束をしておられました。息子も素直に返事をしています。この時期、まだまだ息子との会話は

  • 復学1ヶ月前!学校対応と訪問の先生による息子の準備

    再登校にむけて、中学校へ説明をしに行く日がやってきました。ここから、学校関係者者への連絡はもちろん、息子自身にも準備をすすめて行く必要があります。学校対応6月5日この日は、復学のためのお願いに支援の藤本先生・訪問のM先生・母親で息子の中学校へいきました。学校側は校長先生・教頭先生・担任のT先生・特別支援担当の先生です。まず、息子に話しをしなくてはいけません訪問のM先生が、息子に学校へ行ってくることを伝えます。藤本先生も息子に話をしてくださいました。いざ、学校に説明へその後、学校へ。校長室でお話し

  • 登校刺激後の家庭対応!ささいな会話にも表れる過干渉

    登校刺激が終わり、復学に向けて対応が始まりました。親は、今までの息子への対応に自信がなくなり、なかなか過干渉なクセがぬけません。疑問に対しては、その都度藤本先生へ聞いて、自分の中での答あわせをしていた時期でもあります。今までの経緯はコチラ→我が家の不登校の軌跡(中学生の息子)母の干渉その25月28日息子は朝からパソコンをしていました。そんな息子の姿を見て、ついつい口がすべります。母「昼間、何してるん?」―①息子「えーっ、別に」母「朝起きてない時は、昼まで寝てるの?」息子「そうやなぁ」この会話で、

  • 不登校からの登校刺激!プロの技術で息子が動いた

    親の力では、もうどうすることもできないことがわかり、復学支援に依頼することを決めました。そしてとうとう登校刺激の日がやってきました。登校刺激5月22日この日、支援の藤本先生に登校刺激をかけていただきました。前日に学校から連絡のあった機関に、両親が呼び出されたから行ってくると息子に説明しました。そして、初めて、訪問のM先生とN先生にお会いしました。夕方、父親と藤本先生が先に家に入ります。訪問の先生方は近所で待機していただき、息子の登校の意思が確認できれば、入ってもらうことになります。突然知らない人

  • 初回カウンセリングから支援決断へ

    中2の新学期に自力登校にチャレンジし、失敗してしまいました。もう親にできることはないと考え、復学支援に依頼する決心をしました。まずは、夫婦そろってのカウンセリングからです。初回カウンセリング不登校自立支援センター(ファーストホームエデュケーション)に初回カウンセリングをお願いしました。両親そろってということで、今まで行ったことのあるところは母親だけだったので、主人との都合をあわせるのが大変でしたが、息子の大事ですので主人も了解してくれました。息子の不登校の経緯は今までいろんな所でさんざん説明して

  • 中2始業式へ自力復学の結果は

    中1の6月から不登校だった息子が、中2の始業式に向けて準備をし、始業式を迎えました。準備の様子はコチラの記事中2の始業式から、翌週までの間の様子です。中学2年始業式(再登校初日)中学2年の始業式の日です。朝7時に起こしますが起きません。8時までに家を出ないと間に合いません。7時半にもう一度おこします。やっと起きて着替えはじめます7時55分に息子が家をでました。10か月ぶりの登校です。あれだけの準備でやっとという感じでした。この時は、「再登校できたんだ」という喜びよりも、本当に大丈夫なのかという心

カテゴリー一覧
商用