chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
爺の模型趣味
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2017/06/04

1件〜100件

  • 1/72 Revell Spitfire Mk.Ⅱa 製作(5)完成

    1/72RevellSpitfireMk.Ⅱa完成です。デカールを貼り終え、光沢クリアーでコート、墨入れは、上面AKインタラクティブのPANELINERAK2071、下面タミヤ墨入れ塗料ダークグレイ。少し残る程度に拭き取り、ピグメントで機銃口と排気管廻りをそれらしくしただけで、いつものウォッシングや油彩による汚しはやりませんでした。アンテナ線を張り、主脚、尾輪、ピトー管を付けてつや消しクリアでコートして完了。マーキングは、RAF,Doxford,England,April1942飛行隊№はわかりません。前作のMk.Ⅰaと外見上何が違っているのかよくわかっていません。資料はそれなりに沢山あるのですが、最近面倒くさくなって作るの優先で、細かく調べていません。以上、1/72RevellSpitfireMk.Ⅱa...1/72RevellSpitfireMk.Ⅱa製作(5)完成

  • 1/72 Italeri Dakota Mk. Ⅲ 製作(2)

    1/72ItaleriDakotaMk.Ⅲ製作続き主翼が薄く、ペコペコしているので中に補強のための紙粘土を仕込みます。乾くと軽くなるので主翼が垂れ下がるようなことはありません。両主翼の着陸灯の部分も、穴だけ開いている状態なのでパテ埋めしておきます。機体内部を組み立てます。内部は機内色のジンクロメートかとも思ったのですが、オリーブドラブで塗ってみました。床板と隔壁は、FlatGunshipGrayなので、ファレホ71.052で塗ります。機内の一部は、FiatLightGrayの指定なので、ファレホ71.046、機器や装備品らしきものは、ブラックにしました。赤いのは消火器のつもり。1/72ItaleriDakotaMk.Ⅲ製作(2)

  • 1/72 Italeri Dakota Mk. Ⅲ 製作(1)

    1/72ItaleriDakotaMk.Ⅲ製作DDayの動画を見ていて急に思い立って始めました。英軍仕様のDakotaMk.Ⅲインベイジョンストライプ付きの機体です。ITALERIのキットを作るのは恐らく初めてだと思いますが、見たところパーツ数も多くなくそんなに苦労はしないだろうと、甘く見ていますが。機体が大きい割には少ないパーツ数です。デカールは大丈夫そうです。インベイジョンストライプは塗装で仕上げます。塗料の指示は、ITALERIアクリルペイントというのががあるらしく、その番号が記載されています。F.S.№と、MODELMASTERの色番号も記載されているので、近似色をタミヤアクリルとファレホから探します。GlossGullGray/F.S.№16440:ファレホ71.046FlatOliveDrab...1/72ItaleriDakotaMk.Ⅲ製作(1)

  • 1/72 Revell Spitfire Mk.Ⅱa 製作(4)

    1/72RevellSpitfireMk.Ⅱa製作続き迷彩パターンをこれまではコピーした塗装図を切りだして貼り付けていましたが、今回はB5版のマスキングシートを使ってみることにします。塗装図をマスキングシートにクラフトボンドで貼り付け、パターンに合わせて切り抜き、そのまま貼り付けます。71.097MediumGunshipGreyの上に直接貼り付けていきます。ただし側面と上面の境はやはりずれて合わないので、細い曲面追従マスキングテープで追加します。今回は境界のボカシは無し。DarkGreenとパープルでパネルラインが透けて見える程度に薄く塗り、全体の調子を整えながら仕上げます。DarkGreenにも、MISSIONMODELSのポリウレタン添加剤を使用してます。乾燥後、保護のために光沢クリアーでコート、デ...1/72RevellSpitfireMk.Ⅱa製作(4)

  • 1/72 TAMIYA Spitfire Mk.Ⅴb Trop. 製作(2)

    1/72TAMIYASpitfireMk.ⅤbTrop.製作続き「士」の字になりました。キャノピーのマスキングシートは市販のものを使います。いつもの探照堂の製品、キットに合わせて3種類ついてます。若干カーブの部分が合わないのですが、なんとかしてしまいます。防塵フィルターと増槽タンクを取り付けます。取り付けてみるとこんな感じスマートなスピットファイアが不格好になってしまいました。1/72TAMIYASpitfireMk.ⅤbTrop.製作(2)

  • 1/72 TAMIYA Spitfire Mk.Ⅴb Trop. 製作(1)

    RevellSpitfireMk.Ⅱa乾燥待ちの間に、Mk.ⅤbTrop.を始めますタミヤの定番、説明する必要が無いくらい詳しい説明書が付いてます。詳しすぎて逆によく判らない場合がありますが、これに慣れてしまうと、MPMやスペシャルホビーの説明書は罰ゲームかと思うくらい。マーキングは4種類、通常のMk.ⅤbとエアインテークにフィルターのついたMk.ⅤbTrop.と呼ばれるタイプを作ることができます。キャノピーもそれに合わせて3種類、フィルターは2種類も付いています。今回は、Mk.ⅤbTrop.にしたいと思います。フィルターは「ボークス防塵フィルター」例によってコックピットからシートの背もたれのクッション(?)はセミグロスブラックの指定だったのですが、忘れて機内色のままシートベルトのデカールを貼ってしまいま...1/72TAMIYASpitfireMk.ⅤbTrop.製作(1)

  • 1/72 Revell Spitfire Mk.Ⅱa 製作(3)

    1/72RevellSpitfireMk.Ⅱa製作続き胴体後部の帯は、ファレホ70.885PastelGreen、乾燥後マスキングデカールがあったのですが、経験上上手くいかないことが多いので塗装下面は、指定ではRevellカラーの№43MediumGreymatt、近似色のタミヤアクリルXF-19スカイグレイを使います。乾燥待ちの間、迷彩パターンを切りだしておきます。塗装図は1.12倍してコピー上面の2色迷彩は、№68DarkGreenMattに対しいつものファレホ71.324BSDarkGreen、№79Blue-greymattの近似色ファレホ71.097MediumGunshipGrey、パネルラインにはあらかじめガンダムマーカーでなぞってあります。塗り分け境界は、型紙に合わせて色鉛筆で薄く書いてお...1/72RevellSpitfireMk.Ⅱa製作(3)

  • 1/72 Revell Spitfire Mk.Ⅱa 製作(2)

    1/72RevellSpitfireMk.Ⅱa製作続き主翼と胴体を貼り合わせます。合わせ目は殆どパテ埋めの必要は無さそうです。主翼のフィレットに大きな隙間ができています。どこかで間違ったかと思いきや、こんな単純な構造で間違うはずもありません。設計ミスでしょうね。ということで、UVクリアジェルで埋めて削ることにしました。反対側もサフを吹く前にスジボリの復活です凹モールドですが、浅くて細いとても繊細なパネルラインなので、このまま塗装すると間違いなく埋まってしまいます。サフは、ファレホの73.615USNGhostGreyフィレットのあたりもだいぶ目立たなくなりました。1/72RevellSpitfireMk.Ⅱa製作(2)

  • 1/72 Airfix Spitfire Mk.Ⅰa 製作(6)完成

    1/72AirfixSpitfireMk.Ⅰa完成しました。マーキングは、RAF№92Sqaudron,France,1940上面ファレホ71.324BSDarkGreen、71.323BSDarkEarth下面タミヤアクリルXF-16シルバー、XF-1フラットブラック、XF-2フラットホワイト機内色は、VICカラーMA170ジンクロメートつや消しクリアーは、ファレホ28.702MATTVARNISH墨入れとウォッシング、今回は油彩は使いませんでした。アンテナ線はいつものファインリギング機銃口と排気管廻りはピグメント(スモーク)1/72AirfixSpitfireMk.Ⅰa製作(6)完成

  • 1/72 Airfix Spitfire Mk.Ⅰa 製作(5)

    1/72AirfixSpitfireMk.Ⅰa製作続きパネルラインへの墨入れは、AKインタラクティブのPANELINERを使います。下面はホワイトとブラックなので、タミヤ墨入れ塗料(ダークグレイ)今回は油彩を使わずに、ファレホのGAMEWASH73.200SepiaShadeでウォッシング後はプロペラ、車輪、アンテナ支柱、ピトー管、尾輪を付けて全体をつや消しクリアーでコートして終了です。機銃口や排気管周辺の汚し、車輪・主脚柱への墨入れも残っています。問題は、若干厚塗りになってしまったので、キャノピーのマスキングシートを剥がす時にいつものやらかしがなければOKなのですが。1/72AirfixSpitfireMk.Ⅰa製作(5)

  • 1/72 Revell Spitfire Mk.Ⅱa 製作(1)

    1/72RevellSpitfireMk.Ⅱa製作AirfixのMk.Ⅰaの乾燥待ちの間、RevellのMk.Ⅱaを始めます。箱は傷んでいますが、キットそのものはそれほど大昔のものではありませんン。マーキングは1種類、パーツ数も少なく楽できそうな感じですパーツをよく見ると結構バリがでているので、やはり手間がかかりそうな予感がします。コックピットから始めますが、説明書の機内色の指示が、Revellカラーの№45、LightOliveMatt、タミヤアクリルの近似色に、XF-65フィールドグレイがあったのでこれを使ってみました。ちょっとイメージが違うのですが、シートベルトと計器パネルはデカール、機内の機器や配管を適当に塗り分け、組み立てます。今回は、光沢クリアーの後に墨入れとウォッシングは省略しました。タミヤ...1/72RevellSpitfireMk.Ⅱa製作(1)

  • 1/72 Airfix Spitfire Mk.Ⅰa 製作(4)

    1/72AirfixSpitfireMk.Ⅰa製作続きデカールを貼ります。塗装図から寸法を測って、ガイドとなるテープを貼り、確認のためにラウンデルも同じ大きさに切り出したマスキングテープで様子を見ておきます。こんなことはめったにないのですが、主翼上面に貼るラウンデルの大きさが若干ですが小さいのです。塗装図は、直径約20mm、主翼前緑付近まである比較的大きなもの、実際のデカールは、直径約19mm、僅かですが小さくてしかも一番目立つところです。手持ちのデカールから、直径20mmのものを探し出して貼ることにしました。”UU”の下にあるのがそれです。左にある20mmのものと比べると僅か1mmですが、小さいのがわかります。主翼下面のラウンデルも若干小さいのですが、黄色の円が薄い「TypeC.1」というのは手持ちに適...1/72AirfixSpitfireMk.Ⅰa製作(4)

  • 1/72 Airfix Spitfire Mk.Ⅰa 製作(3)

    1/72AirfixSpitfireMk.Ⅰa製作続きパネルラインにGUNDAMMARKERのリアルタッチグレー3で墨入れしておきますダークグリーンとダークアースの2色迷彩、ファレホの71.324BSDarkGreenから、塗装図を拡大コピーした型紙を使って塗っていきます。シャドウを入れたパネルラインが透けて見えるよう薄く塗ったつもりでしたが、結局厚塗りになってしまいました。DarkEarthを塗って、マスキングを剥がしてみると、境界のぼやかし方が中途半端だったようで、ムラが出来ています。裏面は、はみ出しと剥がれた箇所をタッチアップして、光沢クリアーで保護しておきます。1/72AirfixSpitfireMk.Ⅰa製作(3)

  • 1/72 Airfix Spitfire Mk.Ⅰa 製作(2)

    1/72AirfixSpitfireMk.Ⅰa製作続きサフは、ファレホ73.615USNGhostGrey下面もここで重大なことに気が付きました。説明書では、左翼の主脚格納部内部の半分をブラックとホワイトで塗り分けるようになっていて、右翼の主脚格納部内部はブラックで塗るようになっています。しかし、塗装説明図では右翼下面がホワイト、左翼下面がブラックなのです。明らかに説明書が間違っていると思われます。№33がハンブロールのマットブラック、№34がホワイトですどの資料を見ても、左翼下面がブラックなので、内部をホワイトとブラックで塗り分けるのは間違いと思われます。本家Airfixでもこんなところを間違えるのですね。右翼下面をホワイトで塗って、マスキングします左翼下面もブラックで塗ってマスキングし、主翼以外の下面...1/72AirfixSpitfireMk.Ⅰa製作(2)

  • 1/72 Airfix Spitfire Mk.Ⅰa 製作(1)

    1/72AirfixSpitfireMk.Ⅰa製作(1)Oxfordの乾燥待ちの間、Spitfireを作り始めていました。1/72でいくつか違うタイプのキットが揃ってきたので、Spitfire量産開始したいと思います。ただし同時には作りません。どうしても同じような作業が続くと雑になってしまうので、時間差スタートとします。まずは本家AirfixのMk.Ⅰaから1940年までの主翼下面ホワイトとナイト塗り分け、主翼以外の下面シルバー、上面は”B"迷彩パターンです。胴体のラウンデルはタイプA1黄色の幅の広い一番派手な奴です。赤箱ですが、金型も説明書も若干古さを感じさせます。いつものようにコックピットから、シートベルトは省略機内色は、VICカラーのMA170ジンクロメートを使います。プロペラの軸になるパーツをここ...1/72AirfixSpitfireMk.Ⅰa製作(1)

  • 1/48 Special Hobby Airspeed Oxford Mk.Ⅰ製作(10)完成

    1/48SpecialHobbyAirspeedOxfordMk.Ⅰ完成戦後(1946-1947)の海軍航空隊の練習機、№778Squadron、WestSussex,England今頃きがつきましたが、主翼は木製なのです。道理でパネルラインが少ないなとは思ってました。いい加減なモールドではなかったのです。ファレホのMATTVARNISHを全体に吹いて、完成です。いつものようにキャノピーのマスキングシートを外す際に若干失敗してますが。これだけキャノピーが大きくて操縦席内部が良く見えると、もう少し手を入れておけばよかったなどと思ったりしますが、キリがないのでやっぱりこれぐらいが良いのでしょう。プロペラは差し込んであるだけです。東欧製のキットはプロペラ廻りの作りが雑ですね。初めから回るようにはなっていない、固...1/48SpecialHobbyAirspeedOxfordMk.Ⅰ製作(10)完成

  • 1/48 Special Hobby Airspeed Oxford Mk.Ⅰ製作(9)

    1/48SpecialHobbyAirspeedOxfordMk.Ⅰ製作続きデカールを貼りますラウンデルだけは位置を合わせるために寸法を測ってガイドテープを貼ります。塗装説明図の貼り付け位置を測って、約2.49倍の位置にテープを貼っておきます。塗装説明図も正確でない場合もあるので、デカールのラウンデルと同じ径のテープを丸く切り出して貼って確かめておきます。尾翼のフィンフラッシュやシリアルナンバーは大体の位置なのでテープは貼りません。スペシャルホビーのデカールは貼りやすくて作業が楽です。若干柔らかいので何度も位置合わせで動かしたりこすっていると破れてきます。細かいコーションデータがありますが省略しました。ロイヤルブルーに黒い文字を貼ってもほとんど見えません。貼ってあることすらわからないレベルなので、貼るのを...1/48SpecialHobbyAirspeedOxfordMk.Ⅰ製作(9)

  • 1/48 Special Hobby Airspeed Oxford Mk.Ⅰ製作(8)

    1/48SpecialHobbyAirspeedOxfordMk.Ⅰ製作続き機体の塗装です全面ロイヤルブルー、使うのはタミヤアクリルのX-3ロイヤルブルー一応パネルラインにブラックでシャドウを入れておきます。ホワイトを加えて明度を上げたロイヤルブルーでパネルラインを避けて全体に吹き、全体の調子を整えながら元々のロイヤルブルーで仕上げていきます。結構ムラになってしまいましたが後で全体をもう少し暗くしないといけないでしょう。イメージ的にはもう少し暗いブルーを想像していましたが意外に明るい色になっています。主脚の取付です。コックピットにあれだけこだわってエッチングパーツやレジンパーツを揃えている割にはこの辺随分さっぱりしています。例によって、それぞれどこに付けていいのかわからない説明書なので、苦労します。これで...1/48SpecialHobbyAirspeedOxfordMk.Ⅰ製作(8)

  • 1/48 Special Hobby Airspeed Oxford Mk.Ⅰ製作(7)

    1/48SpecialHobbyAirspeedOxfordMk.Ⅰ製作続きキャノピーを取り付け、胴体との段差を無くしフラットにしておきますエポキシ系接着剤で固定、UVジェルクリアSで隙間を埋めて、段差がなくなるまで削ってしまいます。マスキングシートの部分は再度マスキングして削れてしまわないよう保護していますこのあたり実際には相当削っています。部分的にへこんだり窪んだりしては困るので広い範囲をフラットになるよう削っています。再度機内色で塗って、全体にサフを吹いて、塗装面が荒れているところを整え、スジボリが消えかかっているところを掘りなおしたりして、塗装準備完了主翼上面のウォークウェイを塗ってしまいます。マスキングしておきます1/48SpecialHobbyAirspeedOxfordMk.Ⅰ製作(7)

  • 1/48 Special Hobby Airspeed Oxford Mk.Ⅰ製作(6)

    1/48SpecialHobbyAirspeedOxfordMk.Ⅰ製作続き排気管の一部が欠けています。レジンパーツを切り離した時にやってしまったのでしょうか、このままでは目立つところでもあり補修しなければなりません。外径1.8mmの真鍮パイプを取り付けます。少し肉厚があるので並べて比べてしまうと違和感がありますが、単独だとらしく見えます。このキットには、キャノピーのマスキングシートがついています。後部の銃座のシートまでありますが、このキットでは使いません。胴体の合わせ目を消し、水平尾翼も付けて「士」の字になりました。機首先端の窓は、エポキシ系接着剤で固定し、周りの溝とわずかにできる隙間を、いつものUVジェルクリアSで埋めて硬化させています。主翼の着陸灯も同様です。最後は、セラミックコンパウンドで磨いてい...1/48SpecialHobbyAirspeedOxfordMk.Ⅰ製作(6)

  • 1/48 Special Hobby Airspeed Oxford Mk.Ⅰ製作(5)

    1/48SpecialHobbyAirspeedOxfordMk.Ⅰ製作続きカウリング取り付け位置ですが、エンジンを取り付けないとカウリングも固定できません。エンジンは、シルバーで全体を塗って、ブラックで墨入れ、カウリング内部は機内色で塗っておきます。機体の合わせ目のパテ埋めいつものように、タミヤポリパテを使いましたが、今回なぜか硬化しません。古くなってきて化学変化を起こしたのでしょうか、一晩たってもしっとり感と軟らかいままです。Finisher’sLacquerPasteを使ってみましたが、ラッカーパテなので溶剤が抜ける時にやはり伸縮が大きくて結局やり直しでした。最終的に、タミヤポリパテの古いのは廃棄、新しい主剤と硬化剤でやっと硬化しました。1/48SpecialHobbyAirspeedOxfordMk.Ⅰ製作(5)

  • 1/48 Special Hobby Airspeed Oxford Mk.Ⅰ製作(4)

    1/48SpecialHobbyAirspeedOxfordMk.Ⅰ製作続き主翼を組み立てます。主脚格納部は内側から蓋をして塞ぐような形になるので、こんなに広い範囲を機内色で塗る必要は無かったようです。機体を貼り合わせます。若干の隙間ができるので、あとでパテ埋めしなければなりません。主翼も貼り合わせ。エンジンカウルの位置も確認しておきます。説明書には何の指示も図解もなく、取り付ける位置が全くわかりません。こういうところをもう少し気を使ってほしいですね。やたらと細かいエッチングパーツやレジンパーツを付けるのも結構ですが、大事なカウリングを取り付ける位置をはっきりさせてほしいものです。1/48SpecialHobbyAirspeedOxfordMk.Ⅰ製作(4)

  • 1/48 Special Hobby Airspeed Oxford Mk.Ⅰ製作(3)

    1/48SpecialHobbyAirspeedOxfordMk.Ⅰ製作続き出来上がったコックピット説明書にはあまり細かな塗り分け指示がありません。適当にブラック、ブラウン、レッド、シルバーでアクセントをつけて適当に塗り分けました。計器パネルは、つや消しブラックに、計器の丸い内側に色調を変えたグレーで塗り分け、シルバーとレッドでアクセントを付け、最後に光沢クリアーを点付けしてそれらしく。機体に取り付けてみると、開口部が広いので操縦席内部が良く見えそうです。と言っても手を加えるのはここまで、一応墨入れと仕上げに艶消しクリアーでコートして完成。これで厄介なエッチングパーツは9割が終了です。1/48SpecialHobbyAirspeedOxfordMk.Ⅰ製作(3)

  • 1/48 Special Hobby Airspeed Oxford Mk.Ⅰ製作(2)

    1/48SpecialHobbyAirspeedOxfordMk.Ⅰ製作続き厄介なコックピットのエッチングパーツから片付けていくことにします。操縦席のシート、シート下部のエッチングパーツ2つと、調整レバー(?)のレジンパーツを取り付けるのですが、例によってイモ付けです。最初に機内色、VICカラーのMA170ジンクロメートを塗っていましたが、後からシートベルトを引き出す穴を背もたれに開けて、その穴の枠にもエッチングパーツを付けます。シートベルトもエッチングパーツ、あらかじめメタルプライマーを塗り、説明書にはTANとなっていましたが、適当に変えて、ファレホの70.988KHAKIにしています。組立て、全体を機内色で塗りなおして、3席分完成他の細かいパーツも組み立てて、塗装まで終わらせておきます。1/48SpecialHobbyAirspeedOxfordMk.Ⅰ製作(2)

  • 1/48 Special Hobby Airspeed Oxford Mk.Ⅰ製作(1)

    1/48SpecialHobbyAirspeedOxfordMk.Ⅰ製作AirspeedOxfordMk.Ⅰの製作です。SpecialHobbyの1/48キット、"RoyalNavy"海軍型です。金型はかなり古いらしく、バリが多め、パーツの歪みも若干あるようです。レジン、エッチングパーツ付き、キャノピーのマスキングシートも付属しています。妙に細かいところにこだわるくせに、機体のパネルラインが出鱈目だったり、いつものSpecialHobbyらしいキットです。例によって、ランナーにパーツ番号はついていません。この説明書と照らし合わせてとなります。コックピット内部がなかなか細かく時間がかかりそうです。今回は、海軍型Mk.Ⅰ全面ロイヤルブルー塗装機を作ります。とりあえず、全体を仮組してみます。大きな歪みは無いよう...1/48SpecialHobbyAirspeedOxfordMk.Ⅰ製作(1)

  • 1/72 Airfix Fairey Battle 製作(7)完成

    1/72AirfixFaireyBattle完成です新パッケージのキット、№63Squadron,RAFBenson,SouthOxfordshire,England,Nov1939.垂直尾翼のフィンフラッシュは、塗装説明書にはありません。何もないと寂しいのでデカールのストックから適当に流用旧パッケージから作った、33MiraSquadron,RoyalHellenicAirForce,Oct1940.以上、1/72AirfixFaireyBattle完成です1/72AirfixFaireyBattle製作(7)完成

  • 1/72 Airfix Fairey Battle 製作(6)

    1/72AirfixFaireyBattle製作続きデカールを貼り終え、再度光沢クリアーでコートしておきます。翼下の爆弾吊下げ部の扉がとにかく厚くて1.2mmぐらいあります。スケール換算すると80mm以上の防弾板(?)かというくらいの代物です。削っていたらキリがないので、0.3mmのプラ板で作り直します。幅3mm、長さ24mmで16枚作ります取り付けてみると、なかなか良い感じです(これでもスケール換算すると21mmなので十分厚いんですが)車輪、機銃、ピトー管、アンテナ支柱を取り付け、組立は終了。凸モールドなので墨入れはしません。その代わり、油彩とファレホのGAMEWASHで何度かウォッシングして、いつもより汚めにしてみます。1/72AirfixFaireyBattle製作(6)

  • 1/72 Airfix Bristol Beaufighter TF.X 製作(8)完成

    1/72AirfixBristolBeaufighterTF.X完成全体に艶消しクリアーでコートして完成です。キャノピーのマスキングテープもきれいに剥がれてくれました。マーキングは、№144Squadron,RAFBanff,Aberdeenshire,Scotland,9Oct1944ウェザリングは、タミヤPanelLineAccentColorダークグレイで墨入れ、上面のみ油彩と、ファレホGAMEWASH73.200SepiaShade、73.201BlackWash途中の光沢クリアーは、ファレホMECHAVARNISH26.701GLOSSVARNISH最後のつや消しクリアーは、ファレホMECHAVARNISH26.702MATTVARNISHMr.HOBBYの水性トップコートは使いませんでした。フ...1/72AirfixBristolBeaufighterTF.X製作(8)完成

  • 1/72 Airfix Fairey Battle 製作(5)

    1/72AirfixFaireyBattle製作続き上面2色迷彩ですファレホ71.323BSDarkEarthと71.324BSDarkGreenを使います塗装説明図をコピーして型紙に、最初にDarkGreenをぬります。下地処理を全く行わないでいきなりDarkGreenを吹き付けたので、何度も重ね塗り、相当に厚塗りになってしまいました。キャノピーは殆どがDarkGreenなので一緒に塗ってしまいます。DarkGreenの反省から、DarkEarthはしっかり下地処理してから塗ることにしましたブラウンのプライマーが無いので、近い色の73.604GermanDarkyellowさすがにプライマーで下地を作ってからだと、3回くらいの吹き付けで済みます。はみ出しを修正し、下面のマスキングテープも剥がしてみます。...1/72AirfixFaireyBattle製作(5)

  • 1/48 タミヤ Bristol Beaufighter Mk.Ⅵ Nigth Fighter製作(6)

    1/48タミヤBristolBeaufighterMk.ⅥNigthFighter製作(完成)キャノピーの枠の補修です念のため周囲をマスキングテープで保護して、エアーブラシで薄く何回か吹き付け、充分乾燥後艶消しクリアーでコートして終了。という訳で、完成しました。BristolBeaufighterMk.ⅥNightFighter、英空軍第29飛行中隊1/48タミヤBristolBeaufighterMk.ⅥNigthFighter製作(6)

  • 1/72 Airfix Fairey Battle 製作(4)

    1/72AirfixFaireyBattle製作続き機体下面は、乾燥後光沢クリアーでコート、マスキングしておきます。今回珍しく爆弾を装備させます。新パッケージの説明書では、H.E.Bombsとなっている黄色の爆弾です先端を赤く塗って、幅1mm程度の細いマスキングテープで残し、全体を黄色で塗って仕上げます。キャノピーのマスキングです。無駄に長く窓の数がやたらに多いこのキャノピーが2機分、市販のマスキングシートなどありません。まさに苦行。この内側も、Beaufighterと同様ブラックグリーンで塗っています。1/72AirfixFaireyBattle製作(4)

  • 1/72 Airfix Bristol Beaufighter TF.X 製作(7)

    1/72AirfixBristolBeaufighterTF.X製作続き塗装剥がれの修復も終わり、キャノピー、プロペラ、排気管、アンテナ支柱、主脚を取り付け、デカールを貼ります。機体下面にはラウンデルはありませんが、小さなコーションデータが沢山用意されています。現用ジェット機並みとまではいきませんが、その数40数枚、たっぷり時間がかかりました。もちろんデカールを貼る前に、光沢クリアーでコートしてあります。マークフィット(スーパーハード)で柔らかくして密着させています。デカールを貼り終えたら、もう一度保護のために光沢クリアーでコートしておきます。魚雷搭載機なのです。魚雷後部の安定板(?)が巨大です。日本海軍の航空魚雷の框板と同じ目的でしょうか後部銃座のクリアパーツの銃口部分には、一応吹き込まないようマスキン...1/72AirfixBristolBeaufighterTF.X製作(7)

  • 1/72 Airfix Fairey Battle 製作(3)

    1/72AirfixFaireyBattle製作続きキャノピーは、透明度はあまり高くない昔ながらのパーツですが、機体に合わせてみると隙間も無く摺り合わせもほとんど不要です。縁の部分が分厚いので、多少削って誤魔化さないといけませんが、このまま後で接着できそうです。どこかの東欧製の氷砂糖のようなキャノピーらしきものと違って、古くなってもさすがにエアフィックスです。旧パッケージの機体は全閉、新パッケージの機体は後部銃座のみ開状態で作ります。凸モールドのため、合わせ目の処理はほどほどに、マスキングしておきます。今回の塗装は、2機とも下面ブラックです。下面のみ「黒立ち上げ」、塗装はファレホの以前調合したNight主脚格納部と爆弾取付部は機内色で塗ってマスキングしていましたが、無駄なことをしていたようです。説明書をよ...1/72AirfixFaireyBattle製作(3)

  • 1/72 Airfix Bristol Beaufighter TF.X 製作(6)

    1/72AirfixBristolBeaufighterTF.X製作続き上面を塗装するために下面をマスキングします。今回下面塗装にファレホを使ったので、光沢クリアーでコートして安心していたら、やはりマスキングテープ貼り直しの際に持っていかれてしまいました。乾燥が足りなかったのか、機首先端なのでクリアーが上手くかかっていなかったか、どちらにしても修復が必要です。パネルラインで区切って余計なところを削ったりしないようにしておきますこの部分は下地処理は省略して、PastelGreenを薄く何回かに分けて吹き目立たなくします。乾燥待ちの間、キャノピーの塗装窓枠内側は、機内色かと思いましたが、透明度が高くアラが目立ってしまうかもしれないので、試しにブラックグリーンで塗ってみました。殆どブラックにしか見えません。上面...1/72AirfixBristolBeaufighterTF.X製作(6)

  • 1/72 Airfix Bristol Beaufighter TF.X 製作(5)

    1/72AirfixBristolBeaufighterTF.X製作続き翼端灯を左右取り付けます接着は、いつものタミヤエポキシ接着剤若干の隙間ができていますがこのまま、UVクリアジェルは使いません。マスキングしておきます。下面の塗装は、ファレホ70.885PastelGreenパネルラインとパネル中央でグラデーションを付けて褪色を表現してます。保護のため光沢クリアーでコートして乾燥待ちです。1/72AirfixBristolBeaufighterTF.X製作(5)

  • 1/72 Airfix Fairey Battle 製作(2)

    1/72AirfixFaireyBattle製作続きいつもは爆弾やミサイル、増槽タンクなどは余りつけないのですが、どちらも翼下に爆弾を付けることにします。素材が違うだけで全く同じもの、8個です旧パッケージの塗装指示では、M6、Airfixカラーのブラックでしたが新パッケージでは、イエローにレッドのラインが入っているH.E.Bombsとなっています。H.E.Bombs?HighExplosiveBombの略でしょうか、高性能爆弾?それとも榴弾?よくわかりません。このキット、全体が凸モールドで、ほとんどでたらめなパネルラインと妙に細かいリベットラインが入っています。無駄に細かいリベットなど無くていいのでパネルラインをもう少し正しく入れてほしかったと思います。なので合わせ目も大胆に削ってしまうと見た目におかしく...1/72AirfixFaireyBattle製作(2)

  • 1/72 Airfix Fairey Battle 製作(1)

    1/72AirfixFaireyBattle製作Beaufighterの乾燥待ちの間に、FaireyBattleに手を付けてしまいました。元々Airfixの旧パッケージの製品があったのですが、赤箱のパッケージを発見して即ゲット、これで新旧作り比べができると喜んだのも束の間、パッケージとデカールだけ新しくなった旧金型の製品でした。パーツ構成も全く同じ、組み立て説明書も新しくなってはいますが、内容は旧パッケージと同じ。素材が今どきのAirfix特有の少し柔らかめのものに変わっているだけで、むしろ同じ金型を使いまわしているために旧製品のほうがバリが少ないという状況。という訳で全く同じ機体を2つ作ることになりました。旧パッケージ英空軍とベルギー空軍のデカールがついています新パッケージ英空軍とギリシャ空軍のデカール...1/72AirfixFaireyBattle製作(1)

  • 1/72 Airfix Bristol Beaufighter TF.X 製作(4)

    1/72AirfixBristolBeaufighterTF.X製作続き胴体のインベイジョンストライプから塗装します。ファレホのSURFACEPRIMER73.600Whiteを軽く吹いて、タミヤアクリルXF-2フラットホワイトを塗ります。保護のため光沢クリアーでコートしてマスキング。タミヤアクリルはファレホに比べて乾燥が早いのでこういう塗り分けの時は便利です。ブラックもタミヤアクリルのXF-1フラットブラック若干はみ出しがありますが、まずまずの出来。乾燥後、ストライプ全体をマスキングしておきます。翼端灯はクリアパーツの裏から小さな穴を開けてブルーとレッドを流し込みます。多すぎても汚いし少なすぎると見えないし、流し込む加減が難しいです。1/72AirfixBristolBeaufighterTF.X製作(4)

  • 1/72 Airfix Bristol Beaufighter TF.X 製作(3)

    1/72AirfixBristolBeaufighterTF.X製作続きエンジンカウルは仮止め、塗装の順番を考えなければなりません。カウリング先端はカッパー、カウルフラップが開いた状態なので、中に吹き込まないようにマスキングもしなければならないし、上下面の塗り分けがあります。幸いキャノピーの合いも良くほとんど隙間が無いので後で接着するとして、主翼の着陸灯からやっつけてしまいます。今回マスキングシートが手に入ったので使ってみます。SCALEMASKという製品です。シートに番号がついていますが、何番をどこへといった説明は一切ありません。現物に合わせて貼っていけばいいだけですが。コックピットと後部銃座、下面の主脚格納部もマスク、いつもの紙粘土です。着陸灯は今回そのままキットのクリアパーツを使用、最近よく使うUV...1/72AirfixBristolBeaufighterTF.X製作(3)

  • 1/72 Airfix Bristol Beaufighter TF.X 製作(2)

    1/72AirfixBristolBeaufighterTF.X製作続き早くも「士」の字になったBeaufighter主翼、水平尾翼共に難なく上反角が出るようになっているのはさすがですただ尾輪を最初に付けてしまわなければならないのは何とかならんのでしょうか、途中で折ってしまいそうです。主脚も何でこんな分割にしたんだ、というくらい華奢な構造、しかもほぼイモ付け。。しょうがないので0.3mmの真鍮線で軸打ちです。もう少し太いもののほうが良かったかもしれませんが、これ以上大きな穴は開けられません。。これでも折れてしまわないか心配ですが。エンジンとカウリングもなかなかの難物です。3分割になっているので、エンジンに固定しながら貼り合わせていきます。3か所の合わせ目ができますが、排気管と吸気口で隠れてしまうので、表に...1/72AirfixBristolBeaufighterTF.X製作(2)

  • 1/72 Airfix Bristol Beaufighter TF.X 製作(1)

    1/72AirfixBristolBeaufighterTF.X製作(1)1/72のBeaufighterTF.X本家AIRFIX製です。新金型のパッケージです2種類のデカールが付属しているので、Aパターンの上面グレーにインベイジョンストライプ、魚雷を抱えた機体を作ろうと思います。組立はやはりコックピットから機内色は、VICカラーのMA170ジンクロメート、計器パネルはデカール、シートベルトは省略です。いつものように、光沢クリアーでコートし、墨入れとウォッシング、最後に艶消しクリアーでコート機体を貼り合わせて、胴体内部は後で剥がれないよう瞬間接着剤で合わせ目を補強しておきます下部に蓋を被せるような形で貼り合わせます魚雷取り付け用の1.0mmφの穴をあけておくのを忘れずに。1/72AirfixBristolBeaufighterTF.X製作(1)

  • /48 タミヤ Bristol Beaufighter Mk.Ⅵ Nigth Fighter製作(5)

    1/48タミヤBristolBeaufighterMk.ⅥNigthFighter製作続き塗装はほぼ終了、細かいパーツを付けてプロペラ、主脚、アンテナ、尾輪を取り付けて、全体を艶消しクリアーでコート、最後にマスキングテープを剥がして完成となるはずだったのですが、気を付けてはいたのですが、全体的に厚塗りになってしまったせいか、キャノピーのマスキングテープを剥がした時に膜のようになって枠の部分の塗装が剥がれてしまいました。マスキングテープと枠の境に軽く切れ目を入れておけばよかったと反省、生乾きの状態で剥がしてはいけなかったのにまたやってしまいました。前作Albemarleの時も同じような失敗をしていたような気がします。完全に乾いてから修復することにします/48タミヤBristolBeaufighterMk.ⅥNigthFighter製作(5)

  • 1/48 タミヤ Bristol Beaufighter Mk.Ⅵ Nigth Fighter製作(4)

    1/48タミヤBristolBeaufighterMk.ⅥNigthFighter製作続き主脚柱の汚し光沢クリアでコートした後、全体にLANDINGGEARWASHを塗りたくって、拭き取ります最後に艶消しクリアー機体の塗装です機体全面Nightのため、ファレホSURFACEPRIMER73.660GlossBlackを全体に吹きます以前作った「Night」を使います。ファレホの、71.057(100)+71.004(30)+71.050(5)の割合です塗装後光沢クリアーでコートし、デカールを貼ってしまいますこのあと再度デカールのところだけ光沢クリアーでコートし、乾燥待ちの間に残りのパーツを塗っておきます。エンジンカウルは、今回塗装指示通りカッパーを使ってみました。少し明るすぎるような気もしないではないです...1/48タミヤBristolBeaufighterMk.ⅥNigthFighter製作(4)

  • 1/48 タミヤ Bristol Beaufighter Mk.Ⅵ Nigth Fighter製作(3)

    1/48タミヤBristolBeaufighterMk.ⅥNigthFighter製作続き足回りを作ります機内色とスカイグレーで塗り分けます。車輪は、タミヤアクリルのXF-85ラバーブラック、乾燥すると見事なつや消しになります。ホイール部分をスカイグレーに塗って、ファレホの26.701MATTVARNISHでコートしておきますほぼ組み立て終わり、キャノピーを取り付け、塗装の準備キャノピーや後部銃座、主翼の着陸灯カバーは、透明なエポキシ系接着剤で固定した後、UVジェルクリアSで合わせ目を埋めて固めますマスキングテープの上に更にマスキングテープを貼って保護していましたが、やはり捲れたり擦り切れてしまったようで、マスキングテープを貼る前に接着して段差の無いよう削りこんでおけばよかったと反省スジボリの復活もやって...1/48タミヤBristolBeaufighterMk.ⅥNigthFighter製作(3)

  • 1/48 タミヤ Bristol Beaufighter Mk.Ⅵ Nigth Fighter製作(2)

    1/48タミヤBristolBeaufighterMk.ⅥNigthFighter製作続きコックピットからパーツ数も少なくシンプルな構造です。計器パネルは素材の色がブラックなのでそのまま塗装せずにデカールを貼って艶消しクリアーでトップコート機内色はファレホの71.010InteriorGreenシートベルトはデカール使用墨入れとドライブラシで適当に汚し片側取り付けてみるとこんな感じこの機内の太いパイプは何なのでしょう、サクッと調べた範囲ではわかりませんでした。胴体を貼り合わせて、合わせ目を消します若干段差ができてしまって、パテ盛しなければならなくなりました1/48タミヤBristolBeaufighterMk.ⅥNigthFighter製作(2)

  • 1/48 タミヤ Bristol Beaufighter Mk.Ⅵ Nigth Fighter製作(1)

    1/48タミヤBristolBeaufighterMk.ⅥNigthFighter製作久しぶりの1/48です。東欧のメーカーの難物が続いてストレスが溜まっていたので、タミヤ、ハセガワのパチピタに戻ってきました。キットの箱は随分傷んでいるのでかなり古いキットかと思いましたが、調べてみると1999年の発売。説明書は詳しすぎるくらいパーツはそれほど多くはありません。夜間戦闘機なのでパーツは全てブラックさっそく仮組してみると、想像以上に大きい。大きいけれど仮組ですら隙間なくピタっとはまります。完成が早そうです。1/48タミヤBristolBeaufighterMk.ⅥNigthFighter製作(1)

  • 1/72 TAMIYA Mosquito FB Mk.Ⅱ & AIRFIX Mosquito NF Mk.Ⅱ製作(4)完成

    1/72TAMIYAMosquitoFBMk.Ⅱ&AIRFIXMosquitoNFMk.Ⅱ完成です元々Albemarleの乾燥待ちの間に片手間で進めていた去年のお手付き2機でしたが、さすがにTAMIYAとAIRFIXの製品ですからストレスなく完成してしまいました。TAMIYAのMosquitoFBMk.Ⅱからマーキングは、英空軍第487飛行隊所属、FBMk.ⅥMM417/EG-T翼下に225kg爆弾を装備しています塗装は上面は、タミヤアクリルカラーXF-81ダークグリーン2、XF-82オーシャングレイ2の2色迷彩下面は、VICカラーのMA124RAFミディアムシーグレートップコートはファレホ26.702MATTVARNISHもう1機、AIRFIXのMosquitoNFMk.Ⅱマーキングは、英空軍第23飛行...1/72TAMIYAMosquitoFBMk.Ⅱ&AIRFIXMosquitoNFMk.Ⅱ製作(4)完成

  • 1/72 VALOM Albemarle B.Mk.Ⅰ製作(18)完成

    1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作完成窓枠の塗装があまりにも酷いことになっていたのでできる範囲で修正。不満が残る出来ですが、一応完成しました。近年稀にみる難物でした。ほぼ2か月かかっています機体の塗装は上下面共ファレホ、パネルラインシャドウはガンダムマーカーを使いましたが、結局エアブラシで入れなおしています。墨入れはAKインタラクティブのPaneliner、ウェザリングは油彩(油絵具)アンテナ線はファインリギング、ではなくストレッチリギング0.6号(0.13mm)デカールはキットの付属デカールを使用最後のトップコートは、ファレホ26.702MATTVARNISHいつものように褪色表現としてパネルラインシャドウと明度を変えた基本色とのグラデーション塗装でしたが、結果的に中途半端な仕上がりで...1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作(18)完成

  • 1/72 VALOM Albemarle B.Mk.Ⅰ製作(17)

    1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作続き最後に機体全体を艶消しクリアーでトップコートキャノピーのマスキングテープを剥がして完成、のはずでしたが、案の定やらかしています。塗装の修正を繰り返し、その都度クリアーでコート、またその上に塗装のやり直し、と幾度となく繰り返したために塗膜が異常に厚くなってしまったのでしょう。カッターナイフで窓枠に沿って軽く切れ込みを入れていたのですが、充分ではなかったようで、拡大してみるとホントに酷いことになっています明らかに失敗作ですが、ここまで来て放棄はあり得ません。やり直すこともできないので、何とかリカバリーせねばなりません。面相筆で枠の上から塗りなおしていきます。内側に付いてしまったゴミや曇りはもうどうしようもないのでこのまま。1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作(17)

  • 1/72 VALOM Albemarle B.Mk.Ⅰ製作(16)

    1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作続きデカールを貼ります一発で正しい位置に収まるように、位置合わせのためのガイドテープを貼っておきます。一応光沢クリアーでコートしているのですが、デカールの糊の状態によっては貼った瞬間にもう動かせない、ずらすことも剥がすこともできなくなることがあり、慎重にならざるを得ません。逆さにして作業中に指が引っかかってしまい、とうとう主脚柱が折れてしまいました。錘を相当詰め込んだために機体前半にかなりの重量がかかっています。急遽、外径2mmの真鍮パイプ、1.8mm、0.8mmの真鍮線で作り替え、補強。ちょっと太いような気もしますが、言われなければ判らないと思います。今ここで折れなくとも、後できっと折れるでしょうから、早めに補強しておいてよかったかもしれません。デカー...1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作(16)

  • 1/72 VALOM Albemarle B.Mk.Ⅰ製作(15)

    1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作続き機体の塗装がほぼ終了したので、光沢クリアーでコートしておきます結局褪色表現は、DarkGreenではそれらしくできたものの、DarkEarthはパネルラインが深くてシャドウをいれたリアルタッチマーカーが残りすぎてパネルが目立ちすぎるために塗り直しをしたため、中途半端なものになってしまいました。1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作(15)

  • 1/72 TAMIYA Mosquito FB Mk.Ⅱ & AIRFIX Mosquito NF Mk.Ⅱ製作(3)

    1/72TAMIYAMosquitoFBMk.Ⅱ&AIRFIXMosquitoNFMk.Ⅱ製作続きAIRFIXのNFです塗装説明書では、ハンブロールの№33MattBlackですが、以前作った「Night」があったのでそれを塗ってみましたファレホの、71.057(100)+71.004(30)+71.050(5)の割合です乾燥後、光沢クリアーでコートデカールを貼って細かい部品を付ければ完成です。Albemarleの乾燥待ちの片手間に作っていたのにこちらのほうがもうすぐ完成しそうです。TAMIYAのFBです。こちらの機体は、上面をタミヤカラーのXF-82オーシャングレイ2(イギリス空軍)で全面を塗って、型紙を使って、境界のボカシ無しもう1色は、XF-81ダークグリーン2(イギリス空軍)を使いますファレホと違...1/72TAMIYAMosquitoFBMk.Ⅱ&AIRFIXMosquitoNFMk.Ⅱ製作(3)

  • 1/72 VALOM Albemarle B.Mk.Ⅰ製作(14)

    1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作続き機体上面の塗装は、ファレホの71.323BSDarkEarthと71.324BSDarkGreenBSDarkGreenから塗っていますが、乾燥後酷いひび割れ状態に。原因は、恐らくサフに使用したMr.Hobby水性サーフェイサー1000との相性が悪いのではないかと。塗料を薄め過ぎたわけでもなく流れるほど一度に吹き付けたわけでもありません微妙に化学変化を起こしているような、塗膜がこの部分だけ収縮しています。結局ひび割れした表面を削って再度薄く何度か吹き付け補修BSDarkEarthの塗装は、付属の塗装図のコピーを型紙に使って境界のボカシ無しで塗ります。BSDarkEarthも一応褪色表現とし、パネル中央に白を混ぜてグラデーション1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作(14)

  • 1/72 TAMIYA Mosquito FB Mk.Ⅱ & AIRFIX Mosquito NF Mk.Ⅱ製作(2)

    1/72TAMIYAMosquitoFBMk.Ⅱ&AIRFIXMosquitoNFMk.Ⅱ製作続きAIRFIXのキット、合わせ目を消してキャノピーを取り付け、塗装準備完了細かいところで結構パテ埋めして削っていますとんでもなく分厚い主脚格納部のカバーは、縁を削って薄くみえるように誤魔化していますこの機体は、夜戦型NFMk.Ⅱにするため全面つや消し黒としますサフは、ファレホのSURFACEPRIMER73.660GlossBlackTAMIYAのキットは、FBMk.Ⅱ2色迷彩の爆弾搭載型です合わせ目のパテ埋めは不要、ほとんど隙間なくストレスもありません。コックピットキャノピーを取り付け、UVクリアジェルで隙間を埋めておきますサフは、ファレホのSURFACEPRIMER73.615USN.GhostGreyパネ...1/72TAMIYAMosquitoFBMk.Ⅱ&AIRFIXMosquitoNFMk.Ⅱ製作(2)

  • 1/72 VALOM Albemarle B.Mk.Ⅰ製作(13)

    1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作続き下面の塗装から下面には、ファレホの70.885PastelGreen、パネルラインシャドウを入れて、褪色感を出します。パネルラインを完全に消さないよう調整して、最後に光沢クリアーでコートしておきます乾燥後、保護のためマスキング前輪です。錘を入れたために相当機体が重くなっているので、こんな華奢な脚柱で大丈夫かと思いますが、一応補強無しで付けてみます。車輪の泥除けは飛ばして無くしてしまったので、0.1mm厚のプラ板をヒートプレスで作っています0.3mmの真鍮線を取り付けてとりあえず完成上面にもパネルラインシャドウを入れますエアブラシでなく、ガンダムマーカーのREALTOUCHMARKERリアルタッチグレー3を使います1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作(13)

  • 1/72 TAMIYA Mosquito FB Mk.Ⅱ & AIRFIX Mosquito NF Mk.Ⅱ製作(1)

    1/72TAMIYAMosquitoFBMk.Ⅱ&AIRFIXMosquitoNFMk.Ⅱ製作AlbemarleB.Mk.Ⅰの乾燥待ちの間に、昨年お手付きで放置していたMosquitoを完成させようと思います。作り始めて直ぐに中断していたので、ほとんど進んでいません。TAMIYAのキャノピーのマスキングに失敗して、急にやる気が失せたような記憶があります。問題のキャノピー内側の枠にも塗るようになっていて、マスキングシートもそれなりに準備されていたのですが、なぜか上手くいかなかったのでした。いつものコックピットからでなく主翼から。主脚のディテールは妙に細かくできています。仮組してみると、AIRFIXのキットも並行して進めます赤箱ですが、旧金型のようです。新金型のキットと比べて説明書の書き方がえらく雑です。大体...1/72TAMIYAMosquitoFBMk.Ⅱ&AIRFIXMosquitoNFMk.Ⅱ製作(1)

  • 1/72 VALOM Albemarle B.Mk.Ⅰ製作(12)

    1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作続きラッカーパテで埋めて整形した胴体の合わせ目、時間が経つと溶剤が抜けて縮んで凹んできますFinisher'sのLacquerPasteを使いましたが、やはり溶剤が抜けきらないうちに整形したためにダメでした。もう一度パテ埋めと整形のやり直しです。今度はタミヤのポリエステルパテを使いますキャノピー廻りは、透明のエポキシ系接着剤で固定、接着面をUVジェルクリアSで隙間を埋めて胴体とフラットになるよう削っていきます今回のような機体の場合は、マスキングと機内色の塗装は後でもよかったような。マスキングテープはボロボロになるし、塗装も半分くらいは剥げてしまってます。やっと塗装の準備完了、マスキングテープを確認して剥がれや浮きが無いかチェックしておきます主脚格納部には...1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作(12)

  • 1/72 VALOM Albemarle B.Mk.Ⅰ製作(11)

    1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作続き胴体の合わせ目もいつまでもキリがないのでこの辺で妥協。荒れてしまったコックピットの中の塗装を補修、いよいよキャノピーを取り付けていきます仮止めしながら具合を見ていきますが、大きな隙間は無いようです機首まわりの、機体とクリアパーツの幅が若干違います機首下面もおおきな狂いはありませんカウリング上部のエアーインテーク(?)を取り付ける前に、これではあんまりなのでとりあえず開口します。一応貫通させて、縁だけ薄くしてごまかしていますこれらの小物の取り付け位置が説明書を見ただけではよくわからないので、写真や海外のモデラーさんの作例を参考に、下面にも果たしてこの位置で正しいのかどうか判りませんが。多分大きくは間違っていないと思います。排気管も位置を合わせて、消炎器...1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作(11)

  • 1/72 VALOM Albemarle B.Mk.Ⅰ製作(10)

    1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作続きカウリングの外側に排気管を取り付けますが、その位置が問題です。色々な資料を見ると左右外側に付いているのが正解のようですが、パーツを見ると同じ方向にラインがあります。ということで急遽反対側に彫り直し。胴体貼り合わせとパテ盛後に整形したところが時間を置くとやはり窪んでいます。表面的に固まったように見えて、実は溶剤が抜けきっていないうちにパテ盛して削ってしまうとこうなります。ボンドとラッカーパテの溶剤が完全に抜けて固まるまで待てないのですね。という訳で、もう一度パテを盛って整形。乾燥待ちの間、カウリング前部を塗ってしまいます。塗装図ではBRASSとなっていましたが、ファレホの70.998BRONZEにしてみました。キャノピーは機内色、プロペラはブラック、車輪はタ...1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作(10)

  • 1/72 VALOM Albemarle B.Mk.Ⅰ製作(9)

    1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作続き主翼の着陸灯を加工しますキットにはクリアパーツが付いていますが、個々はやはりUVクリアジェルで埋めて整形することにします穴が2つ開いているだけなので、ブラックで内部を塗ってからメタルックを貼った薄いプラ板を丸く切り抜いて貼り、UVクリアジェルを流し込んで盛り上げて硬化させます。溢れてはみ出すくらいに盛って、硬化後削ってフラットにします。主翼、水平尾翼を取り付け、隙間を埋めて、やっと「士」の字になりました。もううんざりするくらい大変手間のかかる機体です。キャノピーのマスキング市販のマスキングシートなど存在していないので、現物に合わせてカットしていきます。結局これだけで日曜日の半日かかってしまいました。1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作(9)

  • 1/72 VALOM Albemarle B.Mk.Ⅰ製作(8)

    1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作続きカウリングを貼り合わせますが、合わせ目を消すと周囲に帯のようになっている凸モールドが消えてしまいます。ここは思い切って削り取ってしまい、綺麗に成形してから復元することに。マスキングテープの厚手のものを貼って誤魔化してみましたがどうでしょうか。先日仮組した際に見事に尻もちをついてしまったので、錘を追加します。機首には大量に追加する場所はありません。なので、カウリングのエンジンの後ろのスペースに丸く切って押し込んでみました。機首には先端に少しだけ隙間があります。ここに上手く形を合わせて、少量ですが追加します結局カウリングの後ろには少し多めに、内部にも板錘を追加して、もうこれぐらいで良いでしょう。主翼を貼り合わせ、隙間をパテで埋めてしまいます。機首先端に追加した...1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作(8)

  • 1/72 VALOM Albemarle B.Mk.Ⅰ製作(7)

    1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作続き再度仮組して確認。主脚も取り付けてみて確認しますこの状態で、尻もちをついてしまいました。36gではやはり足りなかったのでしょうか、もう少し足さなければなりません。そのまま取り付けてみると、主脚が外側に開き気味なのが判ります。角度を調節するために、差し込む部分のピンを切り離して片方の長さを調節し、中に真鍮線で軸打ちをしますこれで上反角の付いた主翼に対し、真っすぐな主脚柱となるはずです。主翼の中が空洞でスカスカなので、紙粘土を詰めて補強材の代わりにします。この紙粘土、乾燥すると若干縮むので意味が無いかもしれませんが。プロペラの取り付け部分、シャフトが異常に短いので固定になってしまいます。真鍮棒を貫通させて裏で固定して、何とか回転だけは確保しました。息を吹きかけ...1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作(7)

  • 1/72 VALOM Albemarle B.Mk.Ⅰ製作(6)

    1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作続き胴体を貼り合わせます歪んでいるのでどう合わせてもパチピタという訳にはいきません。大量のパテ盛と削り、何とか形になってくれました。今回使ったパテは、Finisher'sLacquerPasteフィニッシャーズのラッカーパテです。乾燥が早く塗って1時間もしないうちに削ることができます。尾部のクリアパーツは、接着面にUVクリアジェルを盛って、削って、磨いて、フラットになるまでしつこく。最後にセラミックコンパウンドで磨いて仕上げます。マスキングテープは後で貼りなおさないとボロボロになっているところがあります。機首付近です。微妙に歪んでいます。1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作(6)

  • 1/72 VALOM Albemarle B.Mk.Ⅰ製作(5)

    1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作続き機体の加工が続きます尾部はクリアパーツが付くので切り離さなければならないのです。このクリアパーツ、透明度は高いのですが微妙に表面が歪んでいて中は良く見えません。胴体後部の回転銃座です。ソ連機(BMk.Ⅰ)の場合はカバーのようなもので覆ってしまうので銃座は付けないのですが、英軍機仕様のSTMk.Ⅰは銃座を付ける必要があります。説明書を見ると固定のようです。回る仕組みにはなっていません。カバーを被せてみると中の架台が高すぎ結局銃取付用架台と銃の取付部の丸いところを削って頭を低くして、真鍮線で軸を低い位置に通してやっとまともにセットできるようになりました。塗装時に埃・ゴミが回り込まないように、胴体内部に隔壁を作っておきます。反対側にも同じように、貼り合わせた時に...1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作(5)

  • 1/72 VALOM Albemarle B.Mk.Ⅰ製作(4)

    1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作続き手を付けやすいところ、水平尾翼を貼り合わせてしまいます。隙間をパテで埋めて、スジボリ復活胴体と合わせると大きな隙間ができています。後で修正が必要ですここで仮組してみると、大きいです。各パーツの厚みが気になります。微妙に歪んでいるのも嫌な感じです。英空軍機としては珍しい脚が3輪式なので、機首に錘を入れます。説明書には、何と120g!入れるように書かれていますが、そんなに入れたら首脚が曲がってしまいます。仮組した状態で重心の位置を調べながら釣り用の鉛の錘を加えていきます。最終的に、36gで主脚の付近で重心が釣り合いました。これで尻もちをつかずに済みそうです。1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作(4)

  • 1/72 VALOM Albemarle B.Mk.Ⅰ製作(3)

    1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作続き機体内部とコックピットの製作操縦席に内側に何やらそれらしい機器のついたパネルを貼り付けます。厚ぼったかったので半分くらいの薄さに削っています。塗りわけは適当、ブラウンとブラック、シルバーでアクセントをつけて機内色はファレホの71.010InteriorGreenコックピットは細かいエッチングパーツがあって、しかもそれがどこへ付けたら良いのか判らない、といういつものアレです。外国のモデラーさんの作例を参考に何とかでっち上げ、それらしくなったでしょうか。シートベルトはエッチングパーツ、ちょっと寸足らずですね、付け方が何か違ってますか?ウェザリングはいつものようにクリアコートしてから墨入れとウォッシング、いくらか残すように拭き取り艶消しクリアーでトップコートエン...1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作(3)

  • 1/72 VALOM Albemarle B.Mk.Ⅰ製作(2)

    1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作続き胴体側面の窓には、UVジェルクリアSを使います。裏面から透明アクリル板をエポキシ系接着剤でがっちり固めます。固まったところで表にUVジェルクリアSを流し込みます後で削るため盛り上がるくらいにします削って磨いて、機体表面とフラットになるように盛り上がるように多めに流し込むと隙間ができずに綺麗に仕上がります。1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作(2)

  • 1/72 VALOM Albemarle B.Mk.Ⅰ製作(1)

    1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作ArmstrongWhitworthAlbemarleB.Mk.Ⅰチェコのメーカー、VALOMのキットです。双発機ですが意外に大きな機体です。爆撃機として期待されながら性能不足によりグライダー曳航機兼輸送機として使われた、どちらかというと残念な飛行機のようです。VALOMのキット、細かくモールドされているしこだわりが感じられて良いキットだと思いますが、難点は説明書の指示が中途半端、このパーツどうやって取り付けるのか、どこへ取り付けるのか、判らないのが非常に多い。説明書の図には大体この辺、としか書いていないので結局Netで調べたり、資料を集めて想像するしかないのです。塗装の指示はHumbrolの番号で示されているので対比表を見れば済みます。英軍機とソ連に供与され...1/72VALOMAlbemarleB.Mk.Ⅰ製作(1)

  • 1/72 Martin Baltimore & Maryland 製作(完成)

    1/72MartinBaltimore&Maryland完成最後にプロペラを仕上げて、先端の黄色の警戒帯は、塗装ではなくハセガワトライツールの「曲面追従半艶シート」の橙黄色フィニッシュを貼ってみました。非常に薄いので後からクリアコートすれば全く分かりません。この「橙黄色」とうこうしょくと読むらしい・・・PCの辞書にはありません。英語名は「ORANGEYELLOW」なのでそのままオレンジイエローにしてもらったほうが判りやすいのに。並行して進めてきたので、2機同時に完成です。MartinBaltimoreMk.Ⅴ"B"Flight№500Sqn.RAFItaly,1944-45,FlownbyLt.PallettS.A.A.F,Martin167maryland,24Sqn.,No.3Wing,SouthAfric...1/72MartinBaltimore&Maryland製作(完成)

  • 1/72 Martin Baltimore & Maryland 製作(5)

    1/72MartinBaltimore&Maryland製作続き機体の塗装です下面は、塗装指示図ではMattAzureBlue、上面がMattDarkEarthとMattMiddleStoneの2色迷彩使用したのは、・MattAzureBlue→VICカラーMA126RAFアズールブルー(MA126:5に対しMA002:1ホワイトを加え)・MattMiddleStone→VICカラーMA127RAFミドルストーン・MattDarkEarth→ファレホ71.323BSDarkEarth下面を塗りクリアコートしてマスキング、上面RAFミドルストーンを前面に塗って乾燥後、塗装説明図を拡大コピーした型紙を貼り付け、BSDarkEarthを塗装。今回は、パネルラインシャドウは入れず、後からスモークでパネルラインや凹部にシ...1/72MartinBaltimore&Maryland製作(5)

  • 1/72 Martin Baltimore & Maryland 製作(4)

    1/72MartinBaltimore&Maryland製作続き塗装前に全体にサフを吹きます。今回は、VICカラーのPA001水性プライマー(灰色)を使用。若干段差が消しきれていないようですが、Marylandも同様に、1/72MartinBaltimore&Maryland製作(4)

  • 1/72 Martin Baltimore & Maryland 製作(3)

    1/72MartinBaltimore&Maryland製作続きMarylandも組み立てていきますこのキットも機首の中がスカスカ、このシートも大きさと位置は多分いい加減だと思います。社脚格納部も何もモールドなし、穴が一つ空いているだけです。合わせ目は意外にも隙間がほとんど無く、若干パテ埋めしたくらい。操縦席の巨大なシートが目立ちます。主翼の着陸灯をUVジェルクリアで作ります。内部をブラック、ライトをシルバーで塗り、クリアパーツを使わずUVジェルクリアを盛って硬化させます。薄く少しずつ盛っては硬化させて、何回か繰り返して最後に余った部分を削って研磨して完成。着陸灯は主翼両側にあるので同じ方法で。若干隙間ができてしまったようですが結構良い感じでできてます。Marylandの着陸灯も同じ方法で作りますこちらも少し隙...1/72MartinBaltimore&Maryland製作(3)

  • 1/72 Martin Baltimore & Maryland 製作(2)

    1/72MartinBaltimore&Maryland製作続きBaltimoreとMaryland仮組で並べてみると、BaltimoreはMarylandの発展型として開発されたということですが、ずいぶん形が違います。発展型というよりも全く別設計のように見えます。Baltimoreには、7.7mm機銃が11丁ついていたはずですが、キットには何もそれらしいものがありません。主翼なんでしょうか、それとも機首に集中していたのでしょうか。Marylandには主翼にそれらしい機銃口らしき穴がいくつか開いているので、やはり主翼かもしれません。機首は寸法的にはピッタリしていますが、窓枠のモールドが怪しいですね。尾翼は可動式ではなく貼り合わせる時に挟み込む形、隙間だらけでグラグラするし意外に厄介。後部銃座は回転するようにはな...1/72MartinBaltimore&Maryland製作(2)

  • 1/72 Martin Baltimore & Maryland 製作(1)

    1/72MartinBaltimore&Maryland製作NOVOAircraftKits1/72MartinBaltimoreMediumBomber/madeinUSSRFrog1/72MartinMaryland167ReconnaissanceBomber/madeinEnglandbyROVEXModelsandHobbiesこの2機を作りますどちらも相当に古いキットで、箱の痛みとパーツのバリ・歪みが酷い代物です。MartinBaltimoreからデカールは使用できるかどうか不明塗装説明図は箱の裏面に小さく(一応カラーですが)書かれています。NOVOはイギリスのメーカーですが、箱にはMADEINUSSRとなっているので、旧ソ連で成形、イギリスで説明書とデカールを付けてパッケージングされたキットのよう...1/72MartinBaltimore&Maryland製作(1)

  • 1/48 Avia BH-9 "Boska"単座型 製作(6)

    1/48AviaBH-9"Boska"単座型製作チェコの国籍マーク貼付け失敗の補修、胴体側面を除いた機体の塗装やり直しが終わり、これからデカールを、という段階でまた間違いを見つけてしまいました。チェコの国籍マーク、左右で違うのですね。左右で赤と白が入れ替わっていなければならないのです。国籍マークのみ塗装のやり直しこれで後はデカールだけ、のはずでした。デカールの文字の寸法を測り、位置合わせのガイドをマスキングテープで貼って、一発勝負の貼ったらもう動かせない、緊張しながら主翼からデカールを貼っていきました。珍しく失敗せず主翼上面右側の「ONG」、左側の「L」「ー」から[B」まで貼ったところで気が付いてしまいました。・・・・主翼上面は白フチなのです。上面に貼ってしまったのは下面用。「B」を貼るまで全く気が付きませんで...1/48AviaBH-9"Boska"単座型製作(6)

  • 1/48 Avia BH-9 "Boska"単座型 製作(5)

    1/48AviaBH-9"Boska"単座型製作続きデカールを貼り、もうすぐ完成というところで、やはりというかいつもの失敗です。主翼のチェコの国籍マークが曲がってしまったのを、剥がしてやり直しているうちにバラバラに砕けてしまいました。他のマークも、縦方向の寸法が大きく、主翼からはみ出た部分が上手く巻き込むことができず、結局下の塗装とともに剥がすことに。ペイントリムーバーで剥がしてやり直し、胴体側面のQRコードのような四角いデカールはそのままに、主翼上下面、尾翼、胴体後部を再塗装です。国籍マークは砕け散ってしまいましたので、塗装します国籍マークをマスキング、YellowOchreを塗って、下面もクリアコートしてマスキングYellowOchreの部分をマスキング、次に、BSDarkGreenを塗って1/48AviaBH-9"Boska"単座型製作(5)

  • 1/48 Avia BH-9 "Boska"単座型 製作(4)

    1/48AviaBH-9"Boska"単座型製作続きサフは、ライトグレイ下面はシルバーなので、ファレホの71.062Aluminum上面の3色迷彩は、70.913YellowOchre、71.324BSDarkGreen、71.040BurntUmberマスキングが上手くできていませんでした。ファレホを厚塗りするとひび割れが出ることがあります。発色があまりよくないため、何度も重ねて塗ったことで塗膜が厚くなってしまったかもしれません。下面のシルバーもマスキングシートを剥がしたところが持っていかれています。クリアコートしたんですが、乾燥しきっていなかったのでしょうか。あちこちタッチアップが必要です1/48AviaBH-9"Boska"単座型製作(4)

  • 1/48 Avia BH-9 "Boska"単座型 製作(3)

    1/48AviaBH-9"Boska"単座型製作続き主翼の取り付けが、所謂イモ付けに近い形です。このまま取り付ければ簡単に折れてしまうため、真鍮線を使って軸打ちです。これで少しは違うでしょう説明書も結構いい加減で、番号も絵も全く違います。実際のパーツは22~25、説明書には30~34、取り付けの説明は一切なし、22番は尾翼とダブっているし、細かいパーツの番号や取り付け場所がはっきりしないと結構悩みます。それでも何とか「士」の字に。下面の合わせ目も消して、機首の細かいパーツも取り付けてしまいます。1/48AviaBH-9"Boska"単座型製作(3)

  • 1/48 Avia BH-9 "Boska"単座型 製作(2)

    1/48AviaBH-9"Boska"単座型製作続きコックピットの色指定は、”woodcolor”、要するに木質感があれば、ということでファレホの70.874TANEARTHを使ってみました。操縦桿はブラック、フットペダルはシルバー、シートベルトはデカールです。計器パネルはデカールになっていますが、どこへ付けるか説明は一切ありません。自分で調べろということでしょうか、シートベルトもこの取り付け方で良いのかどうか怪しいものですが。前席は埋めてしまうのでこれ以上手をかけません。エンジンはバリが酷いので細かく削って落とします。適当なモールドは削り落として、細い銅線と真鍮線を使ってデッチアップです。銅線をコイルのように巻き、0.3mmの真鍮線を取り付ければそれらしく。この排気管の取り付けも詳しいことなど書いてないので、...1/48AviaBH-9"Boska"単座型製作(2)

  • 1/48 Avia BH-9 "Boska"単座型 製作(1)

    1/48AviaBH-9"Boska"単座型製作KPMODELS(KPモデル)のAviaBH-9"Boska"Single-Seater(単座型)を作りますチェコスロバキア空軍の練習機です何となく買ってしまったもので、特にこの機体の何が気に入ったとかではありません。デカールは3種類、一番派手なこの機体を作りますこのキット、元々は複座型のBH-11のキットに単座型のパーツを加えただけのようで、不要なパーツがいくつかついています。機体とシート、車輪(上の説明図で赤く着色しているパーツ)が不要。で使うパーツは、単座型と言いながら、機体は複座です。結局取説を見ると、単座にするのはオプションのようです。パッケージにはしっかり単座(Single-Seater)と書かれているのですけれど。1/48AviaBH-9"Boska"単座型製作(1)

  • 1/72 AML 九七式艦上偵察機製作(完成)

    1/72AML九七式艦上偵察機完成です第十二航空隊、Shanghai-Hankow、1937-40どうもオモチャっぽく見えるのは、バキュームフォームのキャノピーを直線状に切り離してしまったせいです。キャノピーと主翼の形状がどうもしっくりきませんが、手持ち資料が何もなく、ネットで検索しても図面らしきものは殆ど無いので何とも言えません。1/72AML九七式艦上偵察機製作(完成)

  • 1/72 AML 九七式二号艦上攻撃機製作(完成)

    1/72AML九七式二号艦上攻撃機完成です塗装は、第三三航空隊、南支・インドシナ、1942年ジャワ島方面で哨戒・偵察を行っていた部隊ということですから、魚雷を装備したことがあるのかないのか、判りません。写真で見るとカウリングは黒っぽく見えますが塗装指示どおりにしてみました。1/72AML九七式二号艦上攻撃機製作(完成)

  • 1/72 AML 九七式二号艦上攻撃機製作(6)

    1/72AML九七式二号艦上攻撃機製作続きエンジンは、アップで見ると何だか訳のわからない代物に見えます機首の排気管、横着して開口しないまま付けてしまいました着艦フックがこの場所に付いているから判りますが、そうでなかったら何物か判らないような酷いモールド尾輪は箱をひっくり返した時にどこかに飛んで行ってしまったようで紛失。そのためジャンクパーツからそれらしいのを選んで付けてあります。全体を艶消しクリアーでトップコート、マスキングを外してみると、いつも失敗の多いキャノピーの塗りわけも意外に上手くできているではないですか翼端灯もエナメル塗料で塗って主翼のボッテリ感が酷いプロペラを付けて魚雷を抱いて、ほとんどこれで完成です日の丸のデカールは、手持ちの中から適当に選んだので大きすぎる感じがしますが、今更どうにもなりません。1/72AML九七式二号艦上攻撃機製作(6)

  • 1/72 AML 九七式艦上偵察機製作(4)

    1/72AML九七式艦上偵察機製作続きプロペラは、VICカラーの茶色(プロペラ)を使います。機体のシルバーは、ファレホの71.062Aluminum光沢クリアーで塗装面を保護してデカールを貼ります。胴体後部の帯が少し曲がってしまいましたピトー管は真鍮線とパイプで作り直しアンテナ線を張ってしまいますキャノピーへ支柱を立てるのではなく、胴体側面と主翼からアンテナ線を引き出します。この絵を参考に、主翼上面と胴体側面は0.4mmの穴を貫通させてます。水平尾翼前縁は前方から0.4mmの穴を開けて、ファインリギングを差し込んで瞬間接着剤で固定張りすぎず、弛ませないように左右同じようなテンションにするのがちょっと面倒でした1/72AML九七式艦上偵察機製作(4)

  • 1/72 AML 九七式艦上偵察機製作(3)

    1/72AML九七式艦上偵察機製作続き合わせ目を消して、スジボリを復活させ、エンジンを取り付け、下面もスジボリを掘り直しておきます。カウリングも成形、プロペラは若干ですが薄く削って形を整えて、キャノピーのマスキング後、位置を合わせて接着しておきます。九七式二号艦攻と同じように、エポキシ接着剤で固定した後、UVジェルクリアSで隙間の無いよう埋めて硬化させます。この機体は保安塗装にするので、やはり黒立ち上げにします。はみ出しも無く、なかなか綺麗にできてます。保安塗装のため、尾翼の赤を塗っておきます。ファレホのMECHACOLOR69.008REDを使ってみました。鮮やかな赤です本当はもう少し暗い赤にしたかったのですが。塗装後は尾翼をマスキングして、機首は同じ黒ですが一応サフではないブラックを塗っておきます。1/72AML九七式艦上偵察機製作(3)

  • 1/72 AML 九七式二号艦上攻撃機製作(5)

    1/72AML九七式二号艦上攻撃機製作続き機体下面は明灰白色、パネルラインにシャドウをいれて褪色表現この後、全体の調子を見ながらうっすら見えるくらいに明灰白色を重ねていきます。下面の塗装が終わったら、クリアーコートしてマスキング上面は傷になっているところやゴミをおとして表面をきれいにしておきますカウリング内、固定脚をマスキングして、下地のブラックを残して、パネルラインのシャドウの代わりに、と思ったのですが、結局ライトグレーのサフを吹いてしまったので全く意味のないことになってしまいました。パネルラインは以前から使っている紫このパネルラインそのものもこれで正しいのか全く自信がありません。手元に資料も無く(集める気にもなりませんが)ネットで漁ってみても出てこない、諦めてキットのスジボリ通り活かすことにします。プロペラ...1/72AML九七式二号艦上攻撃機製作(5)

  • 1/72 AML 九七式二号艦上攻撃機製作(4)

    1/72AML九七式二号艦上攻撃機製作続き機体下面はスジボリを掘りなおして、固定脚カバーまで付けてしまいます。キャノピーのマスキングは当然市販品はないので、一枚ずつ切り出しては形を合わせて修正して、窓の数が多いのでうんざりします。コックピットのキャノピー内部は、一応黒で塗っておきます。今回キャノピーの取り付けはいつもとと違って綺麗に、とこだわってみました。白濁を防ぐため、エポキシの2液混合タイプの接着剤を使います。タミヤのエポキシ接着剤です。今まで使っていたクリヤー系ボンドは、接着力が不十分で、色々触っているうちに必ず取れてしまうのでした。固着まで少々時間がかかりますが、強い接着力を期待しての使用です。仕上げに隙間を埋めるために、紫外線硬化のクリアー樹脂「UVジェルクリアS」でキャノピーと胴体の間に摺り込んで硬...1/72AML九七式二号艦上攻撃機製作(4)

  • 1/72 AML 九七式二号艦上攻撃機製作(3)

    1/72AML九七式二号艦上攻撃機製作続きかなり削ったにもかかわらずまだこんなに分厚い主翼主翼と胴体の接着でまたしても床が干渉してうまくハマりません。キャノピーは慎重に切りだして何とか成功こちらも「士」の字になりました。主翼の大きさと厚さが目立ちますここまで来て気が付いたのが、カウリングが丸くないのです。横に潰れたような見てすぐにわかるような形なので、パテで盛って成形します。ここではエポキシパテを使っています。主脚もイモ付けなので、真鍮線で軸打ちこれでなんとか、塗装に進めるようになりました1/72AML九七式二号艦上攻撃機製作(3)

  • 1/72 AML 九七式艦上偵察機製作(2)

    1/72AML九七式艦上偵察機製作続き固定脚の車輪は、あとで挿入できるように車輪に溝を掘っておきますこうすれば一番最後に車輪を塗装して中に差し込むだけで済みます。マスキングの手間が省けるわけです。差し込んだ後に車輪が中で回転しないよう伸ばしたランナーでガイドを作っておきます。プロペラはブレードが分かれている「バラペラ」です。センター部へはほぼイモ付けなので真鍮線で軸を作って補強しました。「士」の字になりました合わせ目を消して、スジボリも掘りなおして、1/72AML九七式艦上偵察機製作(2)

  • 1/72 AML 九七式艦上偵察機製作(1)

    1/72AML九七式艦上偵察機製作AMLの九七式艦上偵察機も入手できたので並行して作ることにします。正式採用となりながら、試作2機で終わってしまった艦上偵察機です。中国大陸の第十二航空隊にて偵察及び爆撃に使用されたという記録が残っているようです。これも現状手に入る唯一のキットではないでしょうか。AMLからパッケージを替えたキットが出ているようですが、塗装とデカールを変えただけで内容は同じものと思われます。九七式二号艦攻と比べるとバリも少なく見た感じは良いです。キャノピーはやはりバキュームフォームですが、変な色付きで透明度は悪い代物です。デカールは使えそう。相変わらず大雑把な説明書、だいたいこの辺に付ける、程度のことしかわかりません。エンジンは中島製光二型貼り合わせる部分に押し出しピン痕が残っていて削る必要があり...1/72AML九七式艦上偵察機製作(1)

  • 1/72 AML 九七式二号艦上攻撃機製作(2)

    1/72AML九七式二号艦上攻撃機製作続き三菱製金星四三型エンジン、それらしい形をしていますが、バリだらけです。ここでやっとコックピットに手を付けますヒケが凄いのでパテ埋めが必要です最初にも書いた通り、計器パネルはデカールを貼るのかと思ったら、印刷した紙でした。こんなものどうやって貼るんだ?結局ブラックで塗って、水性色鉛筆のシルバーで計器の輪郭をなぞってそれらしくしておきました。シンプルなコックピット、機内色はVICカラーのコックピット色(三菱系)を使用少し赤が入ると感じが違いますエンジンも組み込んで仮止めしてみますエンジンはこの後ブラックで墨入れして汚しも少々施しています機体を仮組してみると、機体が歪んでいるので、こんなに大胆に隙間が、何とか押し込んでみると、胴体と主翼の間はそれほど隙間はありません。何とかな...1/72AML九七式二号艦上攻撃機製作(2)

  • 1/72 AML 九七式二号艦上攻撃機製作(1)

    1/72AML九七式二号艦上攻撃機製作チェコのメーカーAMLの九七式二号艦上攻撃機を作ります現状手に入る唯一のキットではないでしょうか、ハセガワからも出ているようですがどうも内容はAMLのキットと同じと思われます。何とも酷い箱絵ですが、これを頼りに作るしかないのです機体は第三十三航空隊所属ジャワ島スラバヤ1942年、後の第九三二海軍航空隊です写真を見るとカウリングは黒のようにも見えるのですが、箱絵の通りに作ってみようと思います。パーツはそれほど多くはありません。爆弾2種類と魚雷、コックピットはそれなりにパーツがあります。キャノピーがバキュームフォームなのです。これは注意して切り取らないと台無しになってしまいます。予備?なんでしょうか、2つあるので幾らか気が楽です。塗装図は大雑把すぎて全く参考になりません。デカー...1/72AML九七式二号艦上攻撃機製作(1)

  • 1/72 ハセガワ/マニア 九七式三号艦上攻撃機製作(完成4)

    1/72ハセガワ/マニア九七式三号艦上攻撃機完成その4空母「赤城」淵田中佐搭乗機(偵)真珠湾攻撃第一次攻撃隊総指揮官第一中隊第四十小隊一番機機体全体に艶消しクリアーでトップコート(水性)アンテナ支柱、ピトー管は真鍮線で作り直し、アンテナ線はファインリギング、0.082mm黒塗料はファレホ、タミヤアクリル、VIC、一部タミヤエナメルキャノピーはAirfixのキットから流用以上で1/72ハセガワ/マニア九七式三号艦上攻撃機4機完成です1/72ハセガワ/マニア九七式三号艦上攻撃機製作(完成4)

  • 1/72 ハセガワ/マニア 九七式三号艦上攻撃機製作(完成3)

    1/72ハセガワ/マニア九七式三号艦上攻撃機完成その3第553海軍航空隊昭和19年築城(※胴体側面の白枠は勝手に追加したものです)機体全体に艶消しクリアーでトップコート(水性)アンテナ支柱、ピトー管は真鍮線で作り直し、アンテナ線はファインリギング、0.082mm黒塗料はファレホ、タミヤアクリル、VIC、一部タミヤエナメルキャノピーはAirfixのキットから流用1/72ハセガワ/マニア九七式三号艦上攻撃機製作(完成3)

  • 1/72 ハセガワ/マニア 九七式三号艦上攻撃機製作(完成2)

    1/72ハセガワ/マニア九七式三号艦上攻撃機完成その2空母「飛龍」搭載機機体全体に艶消しクリアーでトップコート(水性)アンテナ支柱、ピトー管は真鍮線で作り直し、アンテナ線はファインリギング、0.082mm黒塗料はファレホ、タミヤアクリル、VIC、一部タミヤエナメル1/72ハセガワ/マニア九七式三号艦上攻撃機製作(完成2)

  • 1/72 ハセガワ/マニア 九七式三号艦上攻撃機製作(完成1)

    1/72ハセガワ/マニア九七式三号艦上攻撃機完成ですその1第12海軍航空隊昭和16年中国大陸機体全体に半艶消しクリアーでトップコート(水性)アンテナ線はファインリギング、0.082mm黒塗料はファレホ、タミヤアクリル、VIC、一部タミヤエナメル1/72ハセガワ/マニア九七式三号艦上攻撃機製作(完成1)

  • 1/72 Airfix 九七式三号艦上攻撃機製作(完成)

    1/72Airfix九七式三号艦上攻撃機完成です折り畳み主翼を取り付け、車輪・プロペラを取り付け、つや消しクリアーでトップコート、すべてのマスキングテープを剥がして完成です。1/72Airfix九七式三号艦上攻撃機製作(完成)

  • 1/72 Airfix 九七式三号艦上攻撃機製作(4)

    1/72Airfix九七式三号艦上攻撃機製作続きAirfixの機体も仕上げていきますフリーハンドでの細吹き迷彩、結果はこれも微妙これ以上の細吹きが出来ず、怪しい迷彩となってしまいました。0.2mmのPS-270を使っているのですが、使いこなせていません。不満が残りますが、これで良しとしましょうデカールを貼り、機銃、アンテナ支柱、アンテナ線を取り付け、翼折り畳み内部も青竹色で塗って、塗装終了ですピトー管はハセガワ/マニア製4機と同様真鍮パイプと真鍮線で作り直し、アンテナ支柱も真鍮棒削って作り直しています。パネルラインが深くて幅も若干広いのでしょうか、ずいぶん目立ちます。ダークグレーで墨入れしたのですが、もう少し明るいグレーを使ったほうが良かったかもしれません。1/72Airfix九七式三号艦上攻撃機製作(4)

  • 1/72 ハセガワ/マニア 九七式三号艦上攻撃機製作(8)

    1/72ハセガワ/マニア九七式三号艦上攻撃機製作続き4機目、空母飛龍搭載機を仕上げます他と同様に、主翼・胴体の日の丸を赤で塗っておいて、マスキングします胴体後部の青色の帯も忘れずにライトグレーのサフを吹いていますが、この機体下地がシルバーなので本当はグロスブラックで塗っておかないといけなかったのですが忘れてました。問題はこの後の迷彩塗装ですシルバーの下地に濃緑色でパターンを描き込んでいくのですが、塗装図に従いとりあえず主翼だけでもパターンに忠実に塗ってみることにしました。機体の寸法に合わせて拡大コピーし、型紙として切り抜いていきます。左の主翼から主翼以外にマスキングして結果は、微妙な出来上がり、浮かす必要が無かったので密着させたつもりでしたが所々浮いて境界がぼやけています。右の主翼はこれだけ細かいとすべて密着さ...1/72ハセガワ/マニア九七式三号艦上攻撃機製作(8)

  • 1/72 ハセガワ/マニア 九七式三号艦上攻撃機製作(7)

    1/72ハセガワ/マニア九七式三号艦上攻撃機製作続き赤城搭載淵田中佐機を仕上げます主翼、胴体の日の丸、垂直尾翼・水平尾翼の赤を塗り、マスキングします水平尾翼の偏流測定線は省略しましたガイドテープを貼って位置を合わせてマスキングします尾翼もマスキングして主翼下面の燃料タンク赤枠もマスキングマスキングを剥がして、はみ出し・剥がれたところをタッチアップで修正光沢クリアーでコーティングしてデカールを貼ります。この機体も同様に褪色表現を施しています下面も同様に、目立たないですが褪色表現1/72ハセガワ/マニア九七式三号艦上攻撃機製作(7)

ブログリーダー」を活用して、爺の模型趣味さんをフォローしませんか?

ハンドル名
爺の模型趣味さん
ブログタイトル
爺の模型趣味
フォロー
爺の模型趣味

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用