searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

pawさんのプロフィール

住所
北杜市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ベルと高原の家
ブログURL
http://bell222garden.blog.jp/
ブログ紹介文
八ヶ岳の家での田舎暮らし。ガーデニングを中心にインテリアや高原の四季、猫のベルとの日常をつづります。
更新頻度(1年)

173回 / 365日(平均3.3回/週)

ブログ村参加:2017/05/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、pawさんの読者になりませんか?

ハンドル名
pawさん
ブログタイトル
ベルと高原の家
更新頻度
173回 / 365日(平均3.3回/週)
読者になる
ベルと高原の家

pawさんの新着記事

1件〜30件

  • ギボウシのある風景 パート1

    梅雨は開けましたが、なぜか雨は降ります。夜降って昼間は日が差したりします。それでも梅雨明け感はしっかりありますね。標高1100m越えの寒冷地でも炎天下の作業はきつくなります。今日は長雨で苦しんだ庭を縁の下で支えてくれた植物を紹介します。ギボウシです。ギボ

  • 花と蝶 コオニユリとアゲハ蝶

    梅雨が明けて二日目、夏の花が咲き始めて山の家の庭も華やかさを取り戻してきました。今一番元気なのは世界一青いムクゲ、ブルーサテンです。花壇の真ん中で全体を引き締めてくれています。百合の斜面ではコオニユリが一日に一輪毎咲き進んで、毎朝庭に出るのが本当に楽しみ

  • 世界一青いムクゲ:ブルーサテン2020 and 夏の青い花

    やっと梅雨が明けそうです。それにしても7月は記録的な月だったようですね。東京で雨が降らなかった日がたった一日だけ。今日の八ヶ岳地方、車の温度計の数字ですが30度近くまで気温が上がり、久しぶりに「暑さ」を感じました。標高1100mの清里でも本格的な夏の花が咲き

  • モナルダに可愛いお客様

    モナルダの花もそろそろ終わりですが、昆虫たちにとってはまだまだ終わってないようです。多いのはヒョウモンチョウですね。後は知らない虫や小さな蝶がいっぱい。昔なら気にもとめなかったような小さな蝶。キバネセセリという名の蝶。クリクリのおっきな目とプクンとした太

  • 咲き始めたオレンジのユリ and フシグロセンノウの開花

    昨日は日中雨が降らなくて、いよいよ梅雨明けも近いかなと思わせてくれましたが、今日にかけて夜はシトシトと雨が降り続いていました。明日で7月も終わり、この様子だと夏らしい暑さは一日もないまま8月を迎えそうです。数日前からオレンジのカノコユリが咲き始めました。

  • チビスケ特等席ゲット

    山の家は自然に囲まれてとても良いところですが、夏になると家の中も外も虫でいっぱいです。ところがこの虫が気になって仕方ない子がいます。チビスケです。夜中に枕もとで虫を追っかけるのはやめてほしいと心から思う毎日です(笑)。そんなチビスケの新たなターゲット。蝶で

  • 庭の様子 4年目のノリウツギ and 猫3兄弟の様子

    清里でこんなに雨の多い年は初めての経験ではないでしょうか。それでも昨日今日は八ヶ岳の稜線を見ることができました。さすがに山頂を見ることはできません。梅雨に咲くアジサイですが、ヤマアジサイはほぼ花が終わってしまいました。今咲いているアジサイはアナベルだけ。

  • 庭の様子、モナルダ、キキョウ、ヤマユリなど

    今日も一日雨。とうとうモナルダが傾いてしまいました。そのままにしておくと倒れた状態で頭だけが持ち上がって、取り返しがつかないことになります。がんばって午後から支柱を立てることにしました。直した後の写真です。「遠目の美人」?僅か半日倒れていただけでしたが、

  • 咲き始めた夏の花 パート3

    ホトトギスが咲き始めました。ホトトギスと言えば、秋を告げる花という印象ですが、この時季に咲き始めるホトトギスがあります。ヤマジノホトトギスです。ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草、学名:Tricyrtis affinis )はユリ科ホトトギス属の多年草八ヶ岳近辺で見られるホ

  • 僕の好きな場所 チビスケの場合

    昔なべ猫が流行りましたね。多分猫の本能に訴えるところがあるんだろうと思います。我が家にも鍋が無い訳じゃないんですが、代わりに良いものを見つけました。洗面所のシンク。このシンク、ちょっと浅めで楕円形の鍋型。ここはミルクッチも大好きな場所です。最近はチビスケ

  • スジボソヤマキチョウに遊んでもらいました。

    梅雨明けが待ち遠しい!雨の降らない時間も少しだけ長くなり、日が差すこともあってもう少しの我慢かな、と感じています。昨日も降ってないときを狙って、雑草や無駄に増えてしまった草花を抜く作業をしました。今年の梅雨の長雨で、我が家の庭が混みあって蒸れて下葉が枯れ

  • ベルちゃん健康診断に行ってきました。and ヤマアジサイ「紅」の今

    昨日は日が沈むころから雷が鳴って短い時間でしたが強い雨が降りました。県内でも場所によっては一時間に100mm相当の降雨があったようです。ベル君、病院に行ってきました。病院の先生が交代したので、今回が初めての診察です。あまりにもご飯を食べないのと、水を飲む量が

  • 今咲いている夏の山野草 クガイソウ、オカトラノオなど and 3匹の猫日記

    夏の山野草が咲いてきました。クガイソウです。淡いブルーの繊細な穂状の花をつけます。クガイソウ(九蓋草、九階草、学名:Veronicastrum japonicum)はオオバコ科[1]クガイソウ属の多年草昔からクガイソウが大好きで、10年以上前から和のコーナーに植えてあります。少し

  • 庭の様子 テッセン、ナデシコ、ギボウシの花など

    久しぶりの晴天。八ヶ岳も山頂は見えませんでしたが、稜線はしっかり見ることができました。今日の庭仕事は、混みすぎた花壇ににゆとりを持たせるため、雑草や残さない花などを梳く作業の続きをしました。今日も、今咲いている花の紹介です。北西の花壇にあったヤマアジサイ

  • 庭の様子 咲き始めた夏の花 パート2

    今日も雨模様でしたが、降ってないときもあったのでカビなどの病気を予防するための薬剤散布をしました。雨が続くことで具合が悪い花があると書きましたが、よく見ると(気温はそれほど高くはないのですが)株元などが蒸れています。ゲラニウムなど切り戻しが可能なものは伸

  • 庭の様子 花に集まる蝶たち

    昔は空梅雨なんて言葉があったなぁ、なんて思いながら庭を眺めている毎日です。が、昨日は本当に久しぶりに雨を見ない一日でした。庭に出るとアスチルベやクガイソウ、クリーピングタイムの花などに蝶が集まっていました。雨の降らないわずかな時間を惜しむようにたくさんの

  • 庭の様子 咲き始めた夏の花たち

    梅雨が終わる気配がありません。天気予報はこれからの1週間も雨が続くといっています。雨が続いてガザニアやクレマチスなど土が乾かないせいか具合の悪い花がいくつかあります。それでも夏の花たちは咲き始めています。庭中に増えた自生のホタルブクロです。ヒメシャラの下

  • ヤマアジサイ 藍姫

    通院の為に数日山の家を留守にしていました。その間、雨が続いていくつかの花にダメージがありました。ムスクマロウ、ノコギリソウ、ナデシコなど一本一本に支柱を立てられない花が少し倒れてしまいました。庭のあちこちで自生のホタルブクロが開花して、本格的な夏の到来を

  • 我が家のトトロ:ミルクッチ and チビスケ、去勢手術を受けました。

    猫を飼っていて一番大変なこと。それは食事です。食べる子も、食べない子も、どちらでない子も皆大変です。食べない子の代表がベルッチ。4.85kgしかなかった子が、最近計ったら4.55kg。300gも減ってしまいました。一日カリカリ48gがノルマですが、昨日は17gも残っ

  • 山紫陽花:七段花

    言わずと知れたヤマアジサイの名花です。我が家で一番の古株。今年も咲いてくれました。七段花はシーボルトの「日本植物誌」にも記載があるヤマアジサイの古い品種。いつしか栽培されなくなって幻の花となっていたものが、1959年神戸六甲山に自生しているのが発見された

  • 修景バラ:リモンチェッロ

    山の家の庭にリモンチェッロというバラがあります。四季咲きで小ぶりの黄色いバラが株全体を覆うように咲きます。咲き始めは濃い黄色で花弁が開くと次第に淡いイエローに変わります。花持ちはあまり良くありませんが次から次へと追いかけるように開花します。分類はシュラブ

  • 西洋クガイソウとマツモトセンノウの開花

    ここ数年梅雨時に限らず豪雨被害のニュースを聞かない年はありません。コロナも底知れぬ恐怖を感じますが、気候の変化も私たちの想像を超えるペースで進んでいるように感じます。日照時間が長いといわれている八ヶ岳地方ですが、一昨年には驚くほどの雨が降り農道にあふれる

  • 初夏の庭を彩るアスチルベ and 可愛いマツバユリ

    アスチルベは魅力がいっぱい、無くてはならない存在です。アスチルベは梅雨の真っ最中に咲き始めます。雨にぬれても倒れたり、花が傷むことがありません。サーモンという品種で、今年植えたばかりの株。綿菓子のような大きな花は花壇の主役になりうる存在感があります。日当

  • 庭の様子、クレマチス・エンテルなど

    クレマチスをまとめて8種を植えて8年経ちます。消えてなくなったり、樹勢が弱くなったり、逆に元気になった品種もありますが、概して良くない状態になっています。クレマチスは植え替えてはダメ、と聞いてはいたのですがやむを得ずダイアナを移植しました。案の定、具合が

  • カンパニュラの季節がやってきました

    一年を通して降雨量が少ない八ヶ岳南麓地方ですが、前線が停滞する今はぐずついた日が続いています。背が高くて倒れやすい花たちに支柱を立てる作業を、雨に追われるようにやりました。安心できる状態には程遠いのですが、少し雨が強くなると庭に出るのをためらってしまいま

  • ササユリが咲きました

    高原の夏を代表する花と言えば、やはりユリです。清里高原でも夏になれば大輪のヤマユリが咲いているのを林道沿いなどに見ることができます。我が家のヤマユリはまだ小さな蕾ですが、一輪の特別なユリが咲きました。ササユリです。ササユリはwikipediaによると、日本特産で日

  • クレマチス、ロウグチ(篭口)とジャン ホプマ and チビとミルク

    クレマチスが好きで少しづつ増やしてきました。中でも壺型の品種には特別な魅力を感じます。なのに、壺型クレマチスが我が家の庭にやってきたのはごく最近の事。昨年素敵な花を見せてくれたロウグチが今年も咲いています。ロウグチ(篭口)はインテグリフォリア系となってい

  • ヤマアジサイ、甘茶と伊予の十字星 and more

    ヤマアジサイが好きで何種類かの園芸種を和のコーナーに植えてあります。昨日一昨日と降り続いた梅雨も今日はひと休み。庭仕事も少しすることができました。白のつるバラ・ランブリングレクターの花房の切り落とし。アズレアのピンチ。まだ梅雨で倒れそうな花の支柱立ても少

  • クレマチス、満開のビオラとしぶといニオベ

    今日は一日雨で全く庭に出られず、ステイホームを強いられました。シトシトと降り続く雨で花たちに影響がないことを願うばかりです。しばらく前から遅咲きのクレマチスが咲き始めています。今日紹介するクレマチスはビオラ。道の駅「白州」の花苗コーナーで一昨年購入しまし

  • 庭の様子 夏の白い花アレコレ

    庭造りをするうえで白い花は欠かせないアイテムです。意図して増やしているわけではないのですが、花壇にはいつの間にか白い花がアチコチで咲いています。清里は初夏を迎えたばかりですが、白いシュウメイギク「ワイルドスワン」が咲き始めました。シュウメイギクと原種ルピ

カテゴリー一覧
商用