searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

smiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
koguma
ブログURL
http://www.koguma31.net/
ブログ紹介文
複業フリーランスとして自由な生き方を目指しています。趣味の韓国旅行、韓国語についても書いています。
更新頻度(1年)

91回 / 365日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2017/04/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、smiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
smiさん
ブログタイトル
koguma
更新頻度
91回 / 365日(平均1.7回/週)
読者になる
koguma

smiさんの新着記事

1件〜30件

  • フリーランス歴4年目が、仕事で愛用している道具8選。仕事道具を選ぶ基準も紹介します。

    こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 フリーランスになって4年目。 現在、5つくらい(講師業、写真などなど)の仕事を同時にこなしているのですが、基本的に自宅で、電子機器を使用して仕事をすることがほとんどでして。 1日の大半を電子機器に触れているので、新しい道具選びのときは毎回かなり慎重になりますし、ある程度お金をかける方です。(場合によってはコスパを選びますが...) 一応ミニマリスト傾向にあるので、所有している物の数が少ない分、本当に良い物を少しだけ買うようにしていますね。 今回は、2020年時点で私が使用している仕事道具(主にガジェット系)を紹介し、仕事道具を選ぶときの私な…

  • 2020夏 日常の視線

    こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 今回はこの夏の記録をすこし。 2020-06 2020-07 2020-8 毎年、夏は旅行の季節だったけれど、今年は行動範囲がグッと狭くなってしまった。 ビルの間をマスクをつけて歩くのも疲れるし、自由に人に会うこともできないし。 だから毎日家にいるか図書館に行くか、自然の中を散歩するくらい。 たまに田舎の風景に飽きて市内をぶらぶらしたけど、熱気とコロナへの警戒心に疲れ、すぐに家に帰ってしまうことが多かった。 今年はカメラをぶらさげて人けのない自然の中を歩くことが多かった。 田舎のいいところはフラッと外に出たらすぐそこに自然があること。 梅雨…

  • 2020 春 日常の視線

    どうも、そみ(@somi_koguma) です。 今まで日常のことや日記はすべてインスタのストーリーに出していたんですけど、これからは定期的に、普段のどうでもいいこともブログに書いていこうと思います。 自分の記録のためでもあるけれど、私の何でもない日常が、誰かに安心感や癒しをもたらせたらいいなという思いも少しあったり。 まあ、インスタのストーリーにあげていた写真が中心になりますが、私の視線の先にあった風景とか、ものとか、食べ物とか、感じたこととか、時系列無視してごちゃまぜに書いていきます。 2020-04 2020-05 人生26回目の桜。 あ、でも5歳くらいまでは記憶がないから、21回目の桜…

  • 【韓国エッセイ】ハ・ワンさんの新作エッセイ『私は横顔がもう少しマシなんですが』を読んでみました。

    どうも、そみ(@somi_koguma) です。 韓国でも日本でもベストセラーになった『あやうく一生懸命生きるところだった 』 の著者ハ・ワンさんが、7月に新作エッセイを発売されました。 自分のペースでゆるく生きたい私にとって、前作は今でも定期的に読み返すバイブル的なエッセイでして、新刊のお知らせを聞いたときは嬉しくてすぐにポチっちゃいました。 新刊『저는 측면이 좀 더 낫습니다만 (意訳:私は横顔がもう少しマシなんですが)』も前作に続き、社会の決めた基準から距離を置き、自分に合った幸せの形を求める筆者の体験談が書かれていまして。 評価され、煽られ、否定される現代社会でガチガチになった肩をフ…

  • 運動は身体のバランス整えるチューニング。運動を始めてから不安や悩みが軽減したお話。

    どうも、そみ(@somi_koguma) です。 先日Twitterにも書いていたことなんですが、ここ数年、運動するようになって心の安定感が高まってきましてですね。 昔、軽い鬱だった私に、友人が「鍛えたら?」と言った。当時はその意味がわからなかったけど、運動するようになって不思議と心の安定感が高まった気がする。どん底までいかなくなったというか。脳に偏ってるエネルギーを身体に分散しバランスを整える。病みやすい人が見落としがちなことなのかも。— そみ🌿 (@somi_koguma) 2020年8月24日 26歳にして初めて運動の大切さに目覚めたって言うのはちょっと恥ずかしいのですが、今回はやっぱ運…

  • 韓国エッセイ 『말하기를 말하기 (話すことを話す)』から学ぶ、知性のある話し方。

    こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 私は昔から話すことにあまり自信がない人でして。 おそらく頭の中でぐるぐる考えた後、ぽつりぽつりと話始めるタイプなので、瞬発力が求められる会話では置いていかれることが多いんですよね。 だから学生時代は弁が立つ人に任せて、私はぼーっと聞いてるなんてことが多かった気がします。 まあ学生時代は話したいときに話したい人だけと話せばよかったのですが、仕事を初めてからは、毎日いろんな国、年代の人と話さなきゃいけないようになって、自分の話し方や声の出し方を意識することが増えてきました。 自分なりに練習した結果、相手への質問の仕方や相槌を打つタイミングも人並…

  • 【お知らせ】韓国風景のポストカード販売について。

    こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 今回は皆さんにお知らせをひとつ。 以前からTwitterで告知していたのですが、今回韓国で撮影した写真のポストカードを販売することにしました。 ありがたいことに、以前から数名のフォロワーさんからインスタの写真がほしいと言っていただいてまして。 私自身も韓国の写真を何かしらの形で届けたいという思いがあったので、いろいろ悩んだ結果写真の雰囲気が一番伝わりやすいポストカードを販売することにしました。 初の試みなので購入してくださる方がいるかどうか少し心配ですが、試しに20セットほど作ってみたのでもし興味がある方は是非ご購入いただければと思います。…

  • 韓国エッセイ『実は内向的な人間です ー 今日も社会性ボタンを押すあなたへ』は内向的な人のための癒し本です。

    皆さん、こんにちは。そみ(@somi_koguma) です。 フォロワーさん、読者さんはすでにお察しでしょうが、私は典型的な内向的な人でして。 家大好き(コロナの影響もあってかれこれ5ヶ月くらい引きこもり中)、対人エネルギー少なめ、不安と恐怖を抱えがち、ひとり大好き、刺激の強い遊びは苦手...などなど、極度の内向的人間です。 ま、だからSNSとかブログを中心に活動しているんですけどね。 これは生まれ持った気質だから、無理に克服しようなんて思ってないんですが(それさえもエネルギー不足で無理)、たまに「うわあああ、生きづらああ」と憂鬱な気持ちでいっぱいになって、根っから明るくてアクティブな人を羨む…

  • 毎日仕事をしていても、一生学ぶ姿勢を崩したくない、というお話。

    こんにちは、そみ(@somi_koguma)です。 学生の身分が終了して4年経ったんですけど、いつまで経っても自分は学生でいたいという気持ちが強くてですね。 毎日仕事をこなしていると、お金は稼げるし、”仕事”のスキルは磨かれるし、それはそれで「わあ、私、大人だわ」とちょっぴり自分に酔ったりもするんですが(笑)、同時に仕事で頭がいっぱいになることへの恐怖感もありまして。 今日はそういうお話をちょこっと。 社会人でも学生でもない間の人 友人と話す話題の変化 なぜ本を読むのか?への答え 仕事と学びのバランスは難しい

  • 【韓国語】ポッドキャストで語彙と話題の引き出しを増やす。最近お気に入りのNaver Audio Clipを紹介します!

    こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 最近はもっぱら本の話ばかりで、韓国語について全然書いていなかったなあと思ったので、今回は久しぶりに韓国語勉強法について書こうかなと思います。 数日前にTwitterにも書いていたのですが、先月くらいから韓国のポッドキャストにハマっていて、仕事の時間以外はずーっとパソコンかスマホで流しっぱなしにし、ひとりでぶつぶつシャドーイングしたり、使えそうな言い回しをメモしたりしています。 最近ポッドキャストずーっと聴いてる。友人と深く話したいジャンルの語彙や文法を強化する目的でもあるけど、単純に韓国語の音が好きだから仕事以外の時間は流しっぱなしに。耳が…

  • 韓国エッセイ『おかしくて自由なおばあさんになりたい』社会の隅っこで人生を完成させていく心構えについて。

    こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 以前からブログを読んでくださっている方はすでに知っておられるかと思いますが、私は子供のときからずっと、社会に馴染めたためしがなくてですね。 フリーランス、フェミニスト、HSP、リスロマンティック傾向、不安障害などなど、マジョリティーが作った社会からいつもちょっぴりはみ出てしまう特徴を抱えているので、生きづらさからの脱却は一生のテーマになっています。 そういうこともあって、世間からちょっと距離を置いて生きている人を見つけると「あ、ここにも仲間発見!」と嬉しくなり、その方のSNSやブログ、インタビュー、著書まで全て熟読しちゃいます。 で、最近も…

  • 長年放棄していた機能する体と能動的マインドを取り戻したいな、というお話。

    どうも、そみ(@somi_koguma) です。 フェミニズムに出会ってから、生活にいろいろな変化が出てきたっていう話は以前も書きましたが、それ以外にも自分がなりたい理想像が変わったことも大きいなと。 数年前まで私の目指す理想の自分ってすごく受動的だったんですよね。 常に控えめでサブ的な位置になることを無意識に望んでいたというか、最終的に誰かが選んでくれる、サポートしてくれるっていうのが常に頭の隅にあったわけです。 だから健康を害してまでお洒落をしていたし、意見をはっきり言うより相手に合わせるほうを選んでいました。 今も完全にその意識がなくなったわけではないんですが、フェミニズムを学んで以降、…

  • 【韓国エッセイ】キム・スヒョン作家の新作『애쓰지 않고 편안하게 (頑張らないで気楽に)』を読んでみました。

    こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 最近Twitterにも書いていたのですが、『私は私のままで生きることにした』で話題となったキム・スヒョン作家の新作エッセイ、『頑張らないで気楽に』を先月末に購入しまして。 毎日少しずつ読み進めようと思っていたのですが、めちゃくちゃ共感できる文章に夢中になり5日ほどで読み終えてしまいました。 著者、キム・スヒョンさんの前作『私は私のままで生きることにした(나는 나로 살기로 했다)』は、今まで何度読み返したかわからないくらい愛読しているエッセイでして。 3年前、大学を卒業しフリーランスの道を歩みはじめたときにこの本の中の言葉にかなり励まされま…

  • 2020年上半期に読んだベスト本を紹介します。(韓国関連、フェミニズム、社会学多め)

    こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 コロナで家にいる時間が長くなったこともあって、今年は今まで以上に読書量が増えておりまして。 1月~6月まで何冊くらい読んだかな~?と手帳を振り返ってみると、35冊読んでました。ここに韓国語で書かれた本を足すと、だいたい41冊ですね。 例年になく良い本にたくさん出会えたので、今回は35冊の本から「これは...!」と思ったものをピックアップして紹介したいなと思います。 あ、ちなみにここ数年好んで読んでるジャンルが、韓国、フェミニズム、社会学系なので、それらに偏ってますが...。 少しでも皆さんの本選びの参考になればと思います。 韓国映画の最前線…

  • 【韓国カフェ】弘大・延南洞のケーキが美味しいカフェ、Mirabeau Patisserie(ミラボ洋菓子店)に行ってきました。

    こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 数年前まで韓国のカフェのデザート(特にケーキ)はあんまり美味しくないイメージがあったんですが、最近のは美味しさはもちろんのこと、若い客層にうけるような可愛い見た目に仕上がっているものが増えている印象です。 で、昨年の冬に韓国に行ったときも、美味しくて可愛いデザートが味わえる弘大のカフェに行ってきまして。 毎月デザートメニューが変わる本格的なデザートカフェで、オープン時間前から並ぶ人も多い大人気カフェでした。 ※訪問した日からかなり時間が経ってしまいましたが、本日(2020.6.27)時点、お店が通常営業していることを確認しています。 #se…

  • 韓国エッセイ『怠けてるのではなく充電中です』の日本語版を読んでみました。

    こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 昨年の秋、韓国のエッセイ『韓国語版 怠けてるのではなく充電中です』 なまけてるんじゃなくて充電中です』 をブログで紹介したのですが、 ついに!先月末、日本語版が発売されました!!ぱちぱちぱち! 『怠けてるのではなく、充電中です。 昨日も今日も無気力なあなたのための心の充電法』 いやあ、次々と邦訳版が発売されていて、もうニヤニヤが止まらないですね。 翻訳家、出版社の方々に感謝感謝です。 早速日本語版も読んでみたので今回はその紹介を少し。 韓国語版を紹介したときに印象に残った部分は詳しく書いたので、今回は簡単な紹介に留めておきます。 怠けてるの…

  • 自分に向いていることを見つけるために、好きなことを100個書き出してみる。

    どうも、”自分に合ったことをして生きる”がモットーの、そみ(@somi_koguma) です。 たまにはですね、力を抜いた記事も書こうかなと思いまして。 梅雨だし、コロナだし。あんまり頑張らずにブログを書きます。 でですね、今回は私の好きなことを100個書き出してみるという、メモみたいな記事です。 心地いい生活を実現したり、向いている仕事を見つけたりするためには、日頃から好きなものをちゃんと意識しておくことが大切だと思っていまして。 私はボーっと生きていると、ついつい嫌いなことを無理に頑張ろうとしてしまう変な真面目さがあるので、定期的に好きなことリストを作成し、ぶれないように気を付けています。…

  • 韓国フェミニズム本『私は男性で、フェミニストです』を読んでみた。

    こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 以前韓国の本屋をぶらぶらしていたとき、タイトルを見て即買いした本がありまして。 それが今回紹介する『私は男で、フェミニストです』という本。 タイトルを見たとき、果たして男性が本当のフェミニストになれるのか?何ができるのか?という以前からうっすらと抱いていた疑問がむくむくと湧き上がってきたんですよね。 そして非当事者がどのような過程でフェミニズムに興味を持つようになったのか、フェミニストになった理由が何なのかすごく気になり、迷わず購入しました。 ということで今回は、 ・男性フェミニストの本を読んだことがない ・子育てをしている、教育に携わって…

  • 海外旅行に行って必ずする10のこと

    皆さん どうも。 毎日旅行に行きたくて狂いそうになっている、そみ(@somi_koguma) です。 わたしは大学生のときに海外旅行にドハマりして以降、東アジア、東南アジア、北米、ヨーロッパと、いろんな国を旅してきたわけですが、旅を振り返っていると、どの国へ行っても必ずしていることがあるなーと思いまして。 今回はですね、いかにも旅行雑誌に載ってそうな内容ですが、私が海外旅行に行ったら必ずしている10のことを紹介したいと思います。 #travellog_somi 現地の美味しいものを食べまくる 路地や住宅街を歩く スーパー、市場に行く その国の言葉で挨拶する 高いところから街を眺める ローカルバ…

  • 読書を最大限に楽しむ!私の最近の読書法、こだわりについてお話します。

    こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 今回はですね、軽い活字中毒の私の読書法、こだわりなどを紹介したいと思います。 そんなに役立つ記事ではないですが、「へー。この人はこんな感じで本を読んでいるんだ」 程度に思ってもらえれば幸いです。 数冊の本を並行して読む 時間帯や気分、場所でジャンルを分ける 好きなところから読む、面白くなかったら読むのをやめる 本に書き込みはしない派 メモやポストイットは必須 電子書籍よりも紙の本が好き 自由に、好きなように読むのが一番 スポンサーリンク

  • 日常の些細な発見がつまった韓国エッセイ『無理のない線で』

    こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 突然ですが私は他の人の日常を覗くのが結構好きでして。 普段からYoutubeなどでvlogを見るのも好きですし、フォローしている方のインスタのストーリーを見るのも好きですし、日常を綴ったブログを読むのも好きです。 そういえば私は昔から、人が何を食べて、何を読んで、何を使っているのか、そういったことに興味があり、子どものときは雑誌の中によく掲載されていた、〇〇さんの1日!〇〇さんの持ち物!みたいなコーナーをワクワクしながら読んでいた記憶があります。 それが平凡なものであればあるほどよくて、「ああ、みんなも平凡な毎日を平凡に、自分なりのペースで…

  • 自粛・コロナ禍で情緒不安定モードだから頑張らずに生きている、というお話。

    どうも、そみ(@somi_koguma) です。 ここ数ヶ月、コロナ禍で暮らしの自由がかなり制限されていますね。 私もいくつかの仕事がストップになって収入が減ったり、生きがいである旅行の機会を奪われたりして、少なからずダメージを受けていまして。 何とか立ち直っても、また政治のニュースでダメージを受けたり、ルーティン生活に嫌気がさしたりして、一日中心ここにあらず状態で仕事をすることが増えちゃいました。 自粛生活1ヶ月目までは、「こんな状態でも頑張らなきゃ」「何とか元気を出さなきゃ!」と自分を奮い立たせる方法ばかりを考えていたんですが、それにも疲れてしまい、最近は「ま、Lazyなまま生きてもいいか…

  • 孔徳・麻浦で長年愛されているお店、クルタリ食堂でキムチチゲと卵焼きを堪能してきました。

    どうも、そみ(@somi_koguma) です。 今回は私が軽く20回は行った大好きなキムチチゲ専門店を紹介したいなと。 すでにソウルでは有名なお店なので、知っている方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、こんなマッチプ知らなかった!という人を一人でも無くすために(謎の使命感)全力で紹介したいなと。 クルタリ食堂 クルタリ食堂のアクセス クルタリ食堂の店内・メニュー

  • 韓国フェミニズム漫画エッセイ『クソ女の美学』の日本語版を読んでみたのでレビューします!

    こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 先日 『クソ女の美学 』というフェミニズム本がワニブックスから発売されました。 韓国の本屋で立ち読みした程度だったので改めてちゃんと読もうと思っていたんですが、そんなときに邦訳版発売の知らせが飛び込んできまして。 知らせを聞いてすぐさま予約し、発売日の数日後に手元にやってきました。 クソ女の美学は、漫画とエッセイからなっているので、活字ぎっしりが苦手!フェミニズムに興味はあるけど難しすぎるのは嫌!なんて方にもおすすめできそうな1冊でした。 逆にすでにある程度フェミニズムの知識がある方や、いろんな本を読んだ方にとっては新鮮味が少なめかな?とい…

  • フリーランス生活4年目の最近のルーティン、家で仕事に集中するために工夫していることを紹介!

    どうも、そみ(@somi_koguma) です。 先日Twitterのフォロワーさんから、1日のルーティンを紹介してほしいとのリクエストをいただきまして。 映えない生活ではありますが、在宅ワークやフリーランスに興味がある方に参考になればと思い、最近のルーティンを書いてみました。 地味な生活のルーティンを書くだけじゃつまらないので、仕事に集中するための工夫点なんかも書いてみました。 お仕事DAYの1日の流れ ①仕事スイッチONはコーヒーと白湯 ②迷う時間を減らす工夫を ③仕事が終わったらすぐに席を立つ ④仕事部屋は常に綺麗に、自分の好きな雰囲気にしておく ⑤要らないものを最大限減らす ⑥意識的に…

  • 【韓国カフェ】延南洞にある期好食品は、和風+韓式カフェでした。

    こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 前回ソウルに行った際、延南洞で和風+韓式なカフェを見つけまして。 雰囲気も良くてドリンクも美味しかったので、今回は少し紹介したいなと。 期好食品へのアクセス 期好食品の店内、メニュー アインシュペナー

  • 韓国本『二度とその前に戻らないだろう - 進化するフェミニズム』で昨今の韓国フェミニズム歴史を振り返る。

    こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 先月、韓国でn番部屋事件という惨い出来事がありましたね。 内容が衝撃的すぎて、しばらく身体が使い物にならない状態になってしまったのですが、最近は無気力感が怒りに変わり、フェミニストとして声をあげていく決意がさらに確固たるものになりました。(とはいえ無気力と怒りを何度も行ったりきたりするのは、かなりの気力を消耗します....) 日本国内でもn番部屋事件と同様の出来事が日々起こっていて、女性を取り巻く環境は依然として不安と恐怖に包まれた状態。 私たちにできることは、ひとりでも多くの人がフェミニズムを学び、日々の小さい事柄にも問題意識を持つこと。…

  • 中毒性のあるユッケジャンが味わえる!望遠洞のユッケジャン専門店、肉醤に行ってきました。

    こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 実は昨年の春頃からユッケジャンブームが自分の中で続いてまして。 久しぶりに支庁辺りのお店でユッケジャンを食べ、「え、ユッケジャンってこんなに美味しい料理だったっけ?」と美味しさ再発見をしてしまい、そこからは狂ったようにユッケジャンのお店に足を運んでいます。 で、いろんな店に足を運んでいる過程で見つけたのが、望遠洞にあるユッケジャン専門店なんですが、個人的にここのユッケジャンが一番美味しくてですね。 昨日食べたばかりなのにまた食べたくなる。そんななんとも中毒性のあるユッケジャンでした。 ・ユッケンジャンが好き ・望遠洞で美味しいお店を探してい…

  • 自分の感覚や感情を認めてはじめて、周りを思いやれるようになるのではないかというお話。

    どうも、そみ(@somi_koguma) です。 先日、このようなツイートをしました。 心の痛みを誰かに打ち明けると「そのくらいみんな乗り越えてることだ」だの「もっと辛い人はいる」だの、個人が感じてる痛みが"みんな"という基準で否定される場面はけっこうある。目の前の人と自分が同じ感覚、同じ身体を持っていると勘違いしているのは本当に厚かましいなと毎度思ってしまう。— そみ🌿 (@somi_koguma) 2020年3月30日 日本は物質的には豊かな社会ですが、心が豊かでない人が多い社会だなーと思うことがありまして。 身の回りやネット上を見渡すと、他人が感じている感覚を真っ向から否定し、ないものと…

  • フリーランスはメンタルが命。安定した気持ちで仕事に取り組む秘訣を紹介します。

    こんにちは、そみ(@somi_koguma) です。 前回の記事でフリーランスの健康管理法について書きましたが、今回は私が日頃実践しているメンタル管理法を紹介したいと思います。 読書をする 食べる、寝るだけの日をつくる 節約&ミニマムライフコストを把握しておく 日記に気持ちを書きまくる 定期的に今の環境を離れる 1日の中で好きなことに没頭する時間を確保する

カテゴリー一覧
商用