searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

crecamさんのプロフィール

住所
北海道
出身
北海道

自由文未設定

ブログタイトル
CreCam blog
ブログURL
http://cre-cam.blog.jp
ブログ紹介文
私達夫婦が全国の混浴、秘湯、野湯、観光地等の各地へ行き その模様を掲載してます。
更新頻度(1年)

15回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2017/01/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、crecamさんの読者になりませんか?

ハンドル名
crecamさん
ブログタイトル
CreCam blog
更新頻度
15回 / 365日(平均0.3回/週)
読者になる
CreCam blog

crecamさんの新着記事

1件〜30件

  • 岩手 鉛温泉 『藤三旅館』 混浴

    今回も秋田・岩手湯巡りの旅、4日目で前回記事で紹介したホテルを出て、真っ先に向かった所は鉛温泉の『藤三旅館』です。この温泉は混浴風呂が有名で混浴ファンの方達は一度は入浴したい場所だと思います。私達も前からこの付近に来た際は絶対に立ち寄ろうと思っていた次第で

  • 岩手 『八幡平ハイツ』 客室露天風呂

    今回も秋田・岩手湯巡りの旅、3日目で宿泊したホテルの客室露天風呂をご紹介します。前回記事の松川温泉『松楓荘』を後にして、コンビニに立ち寄り15分ほどで今晩お世話になる『八幡平ハイツ』に到着しました。旅の3日目の宿泊場所をこのホテルに決めたのは、疲れをいや

  • 岩手 松川温泉 『松楓荘』混浴

    11月に入り全国的にコロナが猛威を振るって連日、過去最高と報道されている今日この頃ですが、ご観覧の皆様もくれぐれもお気をつけてご自愛なされてくださいね。私達も今年に入り道内から脱出して道外の温泉に行ってません(>_<)自宅から車で道内の温泉には休日を利用して自

  • 岩手 『奥藤七温泉』 野湯

    前回からの続きで秋田・岩手の温泉巡り3日目です(^^♪前回記事の八幡平最古の秘湯、蒸の湯温泉 『ふけの湯』を14:00前に出発して八幡平アスピーテラインを戻り八幡平樹海ラインに入り山々をぐんぐん上っていく、目的地近くになると標高が高いので霧と言うよりは雲の中を進ん

  • 秋田 蒸の湯温泉 『ふけの湯』混浴

    今回も全開からの続きで一昨年の秋に4泊5日で秋田・岩手に温泉巡りの旅、3日目の模様です。岩手県のお宿を遅めに出て本日最初に向かった先は、八幡平最古の秘湯、蒸の湯温泉 『ふけの湯』。岩手から八幡平を抜け秋田に入る八幡平アスピーテラインを景色を見ながら目的地に

  • 岩手 国道沿い某浴槽野湯

    今回も一昨年の秋に4泊5日で秋田・岩手に温泉巡りの旅で前回の続きからです。前回記事の観光地で『小安峡大噴湯』を17:00前に出て秋田から岩手に入り目的地に着いたのは18:30すぎ、辺りはすっかり真っ黒でした。今回のご紹介する場所は岩手県は国道沿いにある野湯で、国道

  • 秋田 『小安峡大噴湯』 観光

    今回のご紹介記事は前回からの続きで、次の目的地の岩手の野湯に向かう際の通り道に『小安峡大噴湯』と書いてある大きな看板を目にしたので湯と書いている以上見過ごすわけにもいかず、予定も遅れているものの少し立ち寄る事にしました。小安峡大噴湯の事を詳しく載せている

  • 秋田 大湯温泉 『阿部旅館』川の露天風呂

    今回の記事も前回の旅の続きで川原毛地獄大湯滝を後にした私達は予定が押してましたが大湯温泉 『阿部旅館』に向かい30分程で到着しました。この日だけで立ち寄った温泉は5か所、泊りの温泉を含めて6か所に湯浴みしたことになりますがこの温泉を含めて後、3か所残してま

  • 秋田 『川原毛地獄大湯滝』

    今回も一昨年の秋に4泊5日で秋田・岩手に温泉巡りの旅で前回の続きです。前回の記事で『奥山旅館』を後にして向かったのは『川原毛地獄大湯滝』!野湯好きの方には超有名な場所で川が温泉で滝があり滝つぼが天然温泉ですからそりゃあ、もう、悶絶的にたまらない、天然温泉

  • 秋田 泥湯温泉 『奥山旅館』混浴

    今回の記事は、一昨年の秋に秋田・岩手に温泉巡りの旅で前回の続きです。前回の素晴らしい『鷹の湯温泉』を後にした私達ですが、次に向かったのは秋田県は泥湯温泉 『奥山旅館』で混浴です。前回知り合った男性とはこの次に行く場所で待ち合わせをしていましてその前に立ち寄

  • 秋田 秋ノ宮温泉郷『鷹の湯温泉』混浴

    今回から一昨年前の秋に秋田・岩手を温泉巡りに行った模様を新章としてUPしていきたいと思います。情報的には古いと思いますが、この間まで更新を怠っていたので今に至りました事をお詫びしますm(__)mそして、全国と道内の湯巡りに行った情報、画像等も沢山ありますがなる

  • 道央 長沼町 『馬追丘陵 長官山』山登り

    今回は温泉記事を一休みしまして、空知の長沼町にある長官山に登った模様をお届けしま~す(*^。^*)季節は昨年の秋、カムと訪問してない温泉に行こうと言う話になり前から気になっていた長沼町にある馬追温泉に行く事にしたのですが近郊を調べているうちに温泉旅館から小登山

  • 道央 倶知安  ニセコプリンス『ひらふ亭』客室展望風呂

    今回の記事は前回の旅全編が長引いた結果(私の更新不足)2年前の夏に行った倶知安町は「ニセコプリンスひらふ亭」の客室展望風呂のご紹介をさせて貰います(^^♪本当は早く掲載を予定していたのですが私の都合で遅くなってしまい只、現在の客室展望風呂も変更がないので、今

  • 新潟 駒の湯温泉 駒の湯山荘 混浴

    長らく掲載してきました新潟・群馬・長野 の旅も最後の更新になります。更新が滞ってた期間を入れてお付き合い有難うございましたm(__)mさて、最後は新潟の 駒の湯温泉 「駒の湯山荘」です。ランプの宿として宿泊すればぬくもりがある秘湯として認識していました。そして、

  • 群馬 法師温泉 長寿館 混浴

    超ご無沙汰してました(^-^;もう、忘れ去られているとおもいますが更新させて頂きましたよ。又、心配をお掛けしてご連絡頂きました方々に深くお詫び申し上げますm(__)mさて、更新してない間に世間ではコロナ!!!私達も一応は世間ですが!皆様方も十二分に対策を取りお気を付

  • 群馬 宝川温泉 汪泉閣(おうせんかく)混浴 後編

    今回は宝川温泉 汪泉閣(おうせんかく)で前回の前半記事から後半になります。夜中、早朝の湯浴み風景をお伝えできればと思ってます。夕食を頂いて一休みしてから夜の湯浴みに(^^♪この温泉は24時間いつでも入れます(清掃時以外は)お部屋から露天風呂に行く入り口まで泊り

  • 群馬 宝川温泉 汪泉閣(おうせんかく)混浴 前編

    今回の記事も前回のつづきで、前回記事の「中生館」で湯浴みを終えその日のうちに向かった先が今回紹介します宝川温泉『汪泉閣』になります。そして、昼の部と夜の部と画像がどうしても多くなったので今回は前編、後編と2回に分けて掲載させて貰います。自称、「日本一広い混

  • 群馬 四万温泉 『中生館』& 周辺観光

    今回の記事は群馬県の温泉天国の中で四万温泉(*^。^*)この温泉地も全国的に有名な温泉ですよね!四万温泉と言えば「積善館」が有名で一度は湯浴みと考えていたのですが、今回私達が湯浴みしようと考えているのは、混浴がある『中生館』です。又、無料の温泉公衆浴場も魅力的

  • 群馬 草津温泉 『湯畑』昼夜の訪問(^^♪

    大変ご無沙汰しました(^-^;前回更新したのが1月!!ン~! 早、半年が過ぎ・・・・・・え~!半年!?・・・・(ー_ー)!!いや~時が経つのは早いものですね~(^^ゞてか! 当の本人が言っていてはいけませんよね~(>_<)もう、このブログ事態を忘れている方も多いと思いますが

  • 群馬 尻焼温泉 『川の露天風呂』(野湯)

    あけましておめでとうございます(^.^)旧年は当ブログへご訪問とご愛好頂きまして真に感謝申し上げますm(__)m今年もご愛好の程、宜しくお願い申し上げます。そして、皆様方、今年も出来うる限り温泉に行き楽しみましょう(^^♪旧年を振り返ると、道内は多大な震災もありそれに

  • 群馬 万座温泉『湯の花旅館』

    もう、12月の中ですね~!なんでこんなに一年が早いのでしょうか?下手をすればこの記事が今年最後の記事になってしまうような気も・・・・??次の記事の画像編集も済んでいるので、今年最後の記事にしないように頑張ります!前回記事の野猿公苑『後楽館』を後にして向か

  • 長野 地獄谷温泉 『後楽館』(野猿公苑隣接)

    北海道は雪が降り冬本番の兆しですが、また嫌な季節に突入しました(>_<)救いは雪降る寒く、しばれる道内で入る露天風呂は一番良いです(^^♪さて、前回は突然ですが季節柄の記事を急遽挿入させて頂きましたが今回から又、前々回の続きの更新になります。改めて、2017年5

  • 道北 天人峡「天女の滝」と紅葉&美瑛

    今回は前回の続きから一休みを頂きまして先月の初旬に急に思いつき道北は旭岳の温泉付きホテルに泊まり翌日は天人峡と美瑛に行った時の模様を旬の話題としてUPします(*^^)v急遽行く事を決め、前日に空いているホテルを探して予約を入れ前日予約は宿泊料も高かったのですが致

  • 新潟 燕温泉 『黄金の湯』『河原の湯』

    大変ご無沙汰の更新になり、皆様からもご心配の連絡を頂きました。なんぼマイペースで更新していると言ってきましたが・・・・自分で思うも酷いですよね!地震から仕事の方も色々ありまして、言い訳ですが(^^ゞ私の中ではブログを続けている以上はマイペースで更新と言えど、

カテゴリー一覧
商用