searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

篠窪の四季写真さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
篠窪の四季写真
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/shinokubo_picture
ブログ紹介文
神奈川県大井町篠窪(しのくぼ)から見える冨士山は超きれいで感動します。 春夏秋冬それぞれ見所があり
更新頻度(1年)

143回 / 365日(平均2.7回/週)

ブログ村参加:2016/11/28

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、篠窪の四季写真さんをフォローしませんか?

ハンドル名
篠窪の四季写真さん
ブログタイトル
篠窪の四季写真
更新頻度
143回 / 365日(平均2.7回/週)
フォロー
篠窪の四季写真

篠窪の四季写真さんの新着記事

1件〜30件

  • 篠窪(しのくぼ)近辺から見える「太陽と空と雲」による絵が綺麗(2021/06/11)

    お早うございますずっと天気が悪く富士山がなかなか見えません。丹沢の麓では「青い空」が時々見えます。その時には、地球画伯が描く色んな絵を楽しめます。「青い空」をキャンバスにして「太陽と雲」が描く色んな形が浮かび上がります。撮りためておいた写真を季節ごと、日付順に並べてみました。【夏】↑06/05/2021↑06/07/2021↑06/10/2021↑07/15/2017↑08/09/2017【秋】↑09/10/2015↑09/11/2015↑09/30/2015↑10/04/2016↑10/11/2013↑10/11/2020↑10/11/2020↑10/15/2017早朝↑10/16/2017夕方↑11/07/2019↑11/07/2019↑11/22/2019↑11/30/2020↑11/30/2020【冬】...篠窪(しのくぼ)近辺から見える「太陽と空と雲」による絵が綺麗(2021/06/11)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町 渋沢駅の生け花 紫陽花を楽しむ (2021/06/08)

    こんばんは渋沢駅にある秦野市役所の支所にはお花が生けてあります。ボランティアの方々が1週間単位にお花を生けて下さいます。今週は「花芸安達流」の「北澤先生」の作品です。花は「紫陽花と蝋梅の実」でした。篠窪、渋沢近辺ではアジサイは雑草の様に色んな所で見ることができます。ことしは初めて見た紫陽花です。まるでパールの様な光輝く花びらのアジサイを見つけました。【支所の生け花】↑紫陽花と向かって右は蝋梅の実【挿し木で増やした紫陽花】↑御近所の友人から頂いた紫陽花(2020)↑御近所の友人から頂いた紫陽花(2021)↑2020年に頂いた花を挿し木で育てました↑2020年に頂いた花を挿し木で育てました【2021年の色んな紫陽花】↑花屋の店先↑ヤマアジサイ↑ツルアジサイ↑今年見つけたパールの様な紫陽花↑今年見つけたパールの様な紫...篠窪(しのくぼ)の隣町渋沢駅の生け花紫陽花を楽しむ(2021/06/08)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町 「水無川」から「風の吊り橋」まで紫陽花を見に行った(2021/06/03)

    こんばんは昨日は紫陽花の開花状況を見に行ってきました。皆さんのグログでは紫陽花が見ごろの様ですが、秦野市は盆地の為か気温が2~3度低いです。この為、アジサイは未だ一分~二分咲き程でした。これから徐々に咲き始めます。【水無川の紫陽花】↑温かい場所だけ少しだけ咲き始めました【風の吊り橋の紫陽花】↑まだ咲き始めの状態です秦野の平地よりさらに200メートル程昇りますので更に2~3度気温が低いです↑ハートの中にハート(三ノ塔と二ノ塔が❤)が見えます↑ビジターセンター側も未だ咲いていない【米倉一族墓に植えてある紫陽花】↑お地蔵様もコロナ対策のマスクをしています【第二東名の工事風景】↑上り方向の工事住居跡や古墳が出土した場所も跡かたもなく埋め尽くされました↑下り方向の工事約100メートル近い幅で削り取られて変貌していきます。篠窪(しのくぼ)の隣町「水無川」から「風の吊り橋」まで紫陽花を見に行った(2021/06/03)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町で見た 不思議な花達 (2021/06/04)

    こんにちは秦野市にあるJA秦野地場サンズまでお野菜を買いに行ってきました。園芸コーナーや建屋の中で見たこともない花を見つけました購入されていた花好きの方に花の名前を教えて貰い覚えました。【まるで海の生き物の様】サボテンも色んな花があるんですね。ポニュに出てくるイソギンチャクの様な花↑クジャクサボテン↑ウキペディアのイソギンチャクより↑クジャクサボテン↑クジャクサボテン【色んな紫陽花】↑ヤマアジサイ↑ツルアジサイ【見たことない花】↑オオイワギリ↑マツリカ(茉莉花)篠窪(しのくぼ)の隣町で見た不思議な花達(2021/06/04)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町 渋沢駅の生け花 ホタルブクロ(蛍袋)(2021/06/02)

    お早うございます渋沢駅にある秦野市役所の支所にはお花が生けてあります。ボランティアの方々が1週間単位にお花を生けて下さいます。今週は「花芸安達流」の「北澤先生」の作品です。花はホタルブクロ(蛍袋)が生けてありました。6/末頃になると篠窪大橋の下では蛍が飛び始めます。また、ホタルブクロ(蛍袋)に似た花も多く、民家やJA秦野地場サンズなどで見ることが出来ます。【支所の生け花】【民家の花ホタル袋に似た花達】↑カンパニュラ↑カンパニュラ花は上を向いて咲きます↑ジキタリス↑ジキタリス↑ブーゲンビリアの花が綺麗(何処で見たかな?沖縄か大島?)↑ブーゲンビリアの植え木↑タチアオイの花篠窪でもいっぱい見れます↑紫陽花の花御近所からお花を頂き、見終わったら挿し木にしておきました。アジサイは100%挿し木で育ちます6月末になると篠...篠窪(しのくぼ)の隣町渋沢駅の生け花ホタルブクロ(蛍袋)(2021/06/02)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町にて 50年ぶりに食べた(茱萸/グミ)は超美味しい (2021/05/31)

    こんにちは神奈川県秦野市の友人宅で満開のグミの実を発見。・・・二粒頂いて食べました。甘くて美味しい。涙が出るほど懐かしい味。実はピカピカではなく、写真の艶消しの様なひかりかたです。懐かしい、樹液が固まってできる琥珀(コハク)の様な美しさです。コンデジで撮影しましたが、少しピントがずれていました。後日、デジカメを2台もって撮影に行きました。なんと一粒も実が残っていません。奥さまに伺ったら頭の黒い動物が全部食べてしまったとの事でした。御夫婦とは田舎が近く、好きな食べ物の好みも同じです。御主人が「熟れて綺麗な時が一番に美味しい」と言って全部食べつくし、奥さまは一粒も食べさせて貰えなかったと言われていました。御主人の食べたかった気持ちがとても判ります。盆栽の様に小さく育てても実がいっぱいなるので、この方法も良いのかも。...篠窪(しのくぼ)の隣町にて50年ぶりに食べた(茱萸/グミ)は超美味しい(2021/05/31)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町で「真っ赤なユスラウメ」を食す (2021/05/29)

    こんばんは今年もお隣のうちで育ててある「ユスラウメ」を食べさせて頂きました。サクランボ程は甘くなく、感じられないほどの、ほんのりした甘さです。今は殆んど見れなくなってきましたが、昔の人たちは殆んどの方が子供の時に食べた記憶があり懐かしがります。季節を目で感じさせる果物です。(サクランボの様に美味しい訳ではありません)今の季節はユスラウメしか赤い実はなく、ヒヨドリたちの格好の餌となります。人間用にはオレンジ色の網をかけてあり、人間は少しだけ食べさせて貰います。・・・・網が無いと見事に全て食べつくしてしまいます。梅よりほんの少し遅く花が咲き、梅とほぼ同時期に赤い実をつけます。【2021/02/16~03/14】梅の花とユスラウメの花↑02/16/2021梅の花が咲き始める↑02/23/2021大きい梅の花が満開↑0...篠窪(しのくぼ)の隣町で「真っ赤なユスラウメ」を食す(2021/05/29)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町でみた 赤いソテツの実の不思議(2021/05/23)

    お早うございます昨年の9月に赤いソテツの実を初めて見て記事をアップしました。今年は、家の近くにあるJA秦野(地場サンズ)の入口付近でまじかに観察することができました。囲いの上に登ると目の前にソテツの頭を見ることが出来ました。葉っぱや「沢山の赤い実の赤ちゃん」たちは連なってついています。神秘的な光景です。バタヤンが歌う「島育ち」の歌詞の意味が少しだけ判った気がします。【ソテツを真上から見る】↑赤い実の卵も連なっておりどんどん成長して独り立ちしていくようです。凄い数の赤ちゃんたちです【ソテツの木全体】↑横からだと不思議さは感じません【地場サンズの園芸コーナー】↑下の白い花は夏椿の特徴的な花ですが、同じ木の上側には柿に似た不思議なものがついています。何でしょうか【昨年の記事】ソテツの雌花、雌花の様子などが判ります。見...篠窪(しのくぼ)の隣町でみた赤いソテツの実の不思議(2021/05/23)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町 渋沢駅の生け花「ヒマワリ」が夏を知らせる (2021/05/25)

    こんにちは渋沢駅にある秦野市役所の支所にはお花が生けてあります。今週は小原流の平井先生の作品です。素人の私たちが知っているお花を使って生けて下さいます。今週は「ヒマワリ」です。まさに夏を知らせるお花だと思います。篠窪の過去写真の中にも沢山のヒマワリの写真がでてきます。コロナが早く治まって今年も見れたら嬉しいな【小原流平井先生の作品】↑05/25/2021小原流平井様↑05/25/2021小原流平井様【(御参考)渋沢駅の過去のヒマワリ作品】↑06/21/2018小原流平井様↑06/04/2019窓月古流奥谷様↑07/06/2017芳月流岡部様↑07/10/2019小原流平井様【篠窪の今】↑05/24/2021茶畑が綺麗↑05/24/2021不思議な雲↑05/24/2021不思議な雲【(御参考)篠窪で見れたヒマワリ...篠窪(しのくぼ)の隣町渋沢駅の生け花「ヒマワリ」が夏を知らせる(2021/05/25)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町 秦野市でみたハイジの様な女の子とサボテンの王冠(2021/05/24)

    こんばんは篠窪(しのくぼ)の隣町にある秦野市近辺はまだ原っぱが沢山にあるのでシロツメグサが咲き誇ります。女の子たちは、一生懸命に集めて王冠を作ります。ハイジの様な女の子たちが無邪気でとてもかわいいです。また、近所にはサボテンを好きな方がおられます。そのサボテンには頭に綺麗な王冠をかぶりったり、髪に花を一輪かざりますどちらも素敵でとても綺麗です。【ハイジの様な女の子】【王冠をかぶったサボテン】↑まだ王冠をつけない可愛い子供たち↑トゲが凄すぎますが、何故か可愛い花を咲かせます。篠窪(しのくぼ)の隣町秦野市でみたハイジの様な女の子とサボテンの王冠(2021/05/24)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町 渋沢駅の花が超綺麗 何の花? (2021/05/18)

    こんばんは渋沢駅にある秦野市役所の支所にはお花が生けてあります。今週は草月流の佐久山先生が生けて下さいました。いつも珍しい花を生けて下さいます。今日の花はバラか椿かと思って見ていました。そっとメモ書きを添えて下さいます。なんとバラではなく芍薬(シャクヤク)でした。初めて見た種類の芍薬(シャクヤク)でした。とても勉強になります。【駅の花】↑05/18/2021バラの様にも、椿の様にも見えますいったい何の花?↑ストロボ発光【民家の花】↑一般的によく見る芍薬(シャクヤク)です篠窪(しのくぼ)の隣町渋沢駅の花が超綺麗何の花?(2021/05/18)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町 渋沢駅の花が綺麗 (2021/05/13)

    こんばんは渋沢駅にある秦野市役所の支所にはお花が生けてあります。ボランティアの方々が1週間単位にお花を生けて下さいます。今週は「花芸安達流」の「北澤先生」の作品です。花は「ハコネウツギ」が生けてありました。花器は大きな石ころで作ってあります。今の時期は秦野市の「くず葉の家」のハコネウツギが満開を迎えています。外に出歩けない方の為に「季節の出前」と言える「生け花」は人々を喜ばせてくれます。【支所の生け花】↑支所の傍から見る曇りの丹沢↑素敵な生け花です花器も変わっていますね【くず葉の家のハコネウツギ】生け花も自然の花も、どちらも心を和ませてくれます篠窪(しのくぼ)の隣町渋沢駅の花が綺麗(2021/05/13)

  • 篠窪(しのくぼ)から遠く離れた都会「駒場野公園の緑」を楽しむ (2021/5/13)

    お早うございます先日は東京渋谷区にある病院に久しぶりに診察に行きました。コロナの影響を避けるために3回だけは電話による薬だけの処方をやって頂いていました。さすがに電話だけでは尿検査、血液検査がなされないので、仕方なく電車で診察を受けに行きました。以前と比較して小田急線は2倍ほど混んでいました。(肩が触れ合う程度)下北沢から井の頭線へ乗り換えると、電車はすいており少しは安心しました。緊急事態宣言下での危険をおかして電車で「往復4時間」はちょっと危険な感じがしました。話は変わりますが、田舎と違う洗練された東京にある公園の景色は好きです。自然の大切さを知っているので、公園などはできるかぎり土を残してあります。それに比べ、田舎の公園は「出来るだけ土を無くして」コンクリートで固めます公園を提供する市側の維持費を減らしたく...篠窪(しのくぼ)から遠く離れた都会「駒場野公園の緑」を楽しむ(2021/5/13)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町 秦野市運動公園までの花を楽しむ(2021/05/15)

    お早うございますコロナ対応の為に出来る限り外出を控えています。健康維持のために、唯一家の周りを経由して運動公園まで散歩に出かけています。田舎ですので道端には少しだけ土が残っています。そこには雑草と言われている花達が元気に花を咲かせています。ちゃんとした花の名前がある花も綺麗ですが、小鳥と風が運んだ草花達の花はたくましくて綺麗です。【散歩途中の花】↑05/06/2021赤花夕化粧(アカバナユウゲショウ)↑05/06/2021アエオニューム_レッドサラダボール↑05/06/2021クレマティス↑巨峰の実がついています【運動公園の花】↑マツバギクがビッシリ↑柿の木の緑↑秦野市出身の俳人前田夕暮↑ヤマモモの実です↑ハナミズキの新緑↑カリンの木は特徴があります↑カリンの新緑↑イチョウの新緑↑百日紅(サルスベリ)の木↑オニ...篠窪(しのくぼ)の隣町秦野市運動公園までの花を楽しむ(2021/05/15)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町 くず葉の家で「トキワサンザシの花」を初めて見た(2021/05/12)

    こんばんは先日ははくず葉の家まで「サンザシ(山査子)の花」の観察に行ってきました。花はこれから実に変化している途中でした。すぐそばには「トキワサンザシの花」が咲いていました。秋には真っ赤な実が鈴なりにつきます。どんな花が咲くのだろうと思っていました。実と同様に白い花がビッシリと咲いていました。初めて見た凄い花の状態に感動でした。その他、ハコネウツギやタニウツギなどの花を楽しんで帰りました。久しぶりの投稿となりました。【くず葉の家の様子】【トキワサンザシの花】北原白州の「この道」で歌われている「サンザシ」かもと思っています。↑05/12/2021ビッシリの花↑05/12/2021ビッシリの花↑(御参考)10/23/2020トキワサンザシの実↑(御参考)10/24/2017トキワサンザシの実↑(御参考)10/24/...篠窪(しのくぼ)の隣町くず葉の家で「トキワサンザシの花」を初めて見た(2021/05/12)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町 渋沢駅の花を二倍楽しむ (2021/05/04)

    こんばんは渋沢駅にある秦野市役所の支所にはお花が生けてあります。今週は草月流の佐久山先生が生けて下さいました。いつも珍しい花を生けて下さいます。そっとメモ書きを添えてありました。生けられた花の名前が記載してあります。見たことある花は二つのみ他の二つの花は見たことも無い花でした。【渋沢駅の生け花】【何種類の生け花ですか?】↑①の花は?↑②の花は?↑③の花は?↑④の花は?↑④の花【これが正解です】↑これが正解です①リョウブ②いたやかえで③オクラレルカ沖縄特産薄紫の菖蒲のような外見に黄色のアクセントが美しい花だそうです④スカビオサマツムシソウとも言われるようです先生が書いて下さったメモを頼りにインターネットで検索します。さらに色んなネタを知ることが出来ます。篠窪(しのくぼ)の隣町渋沢駅の花を二倍楽しむ(2021/05/04)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町 2021年「水無川の子供の日」の様子 (2021/5/5)

    お早うございます昨日2021年の子供の日は新型コロナによりイベントは中止となりました。ただし、「水無川河川敷での鯉のぼり掲揚」だけは実施されました。2020年は鯉のぼり含め何もありませんでした。2021年は「マスクの着用及び社会的距離(ソーシャルディスタンス)の確保などの感染症対策を行い、鯉のぼりだけ鑑賞」となりました。いつも当然と思っていたことが無くなると不安になりますね。2021年は鯉のぼりが見れただけで元気がでました。【2021年の様子】5月3日と5月4日に撮影しました。5月5日は天気が悪く空は真っ黒で強風が吹いていました。出かけられませんでした。↑05/03/2021水無川の様子を見る(今年は鯉のぼりが揚がるかな?今年は揚がったよ)↑05/04/2021↑05/04/2021さすがに人出は少ないです【2...篠窪(しのくぼ)の隣町2021年「水無川の子供の日」の様子(2021/5/5)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町 渋沢駅の春の花達 (2021/04/30)

    こんにちは渋沢駅にある秦野市役所の支所にはお花が生けてあります。ボランティアの方々が1週間単位にお花を生けて下さいます。春が始まる3月~4月の作品を投稿致します。それぞれの花の特徴を生かし作品とした生け花はとても綺麗です。また、花の名前を大分覚えてきたので、個々の花そのものを単独で観察するのも大好きです。【3月の生け花】【4月の生け花】篠窪(しのくぼ)の隣町渋沢駅の春の花達(2021/04/30)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町 秦野市で気候を知らせるサクラフウロ温度計(2021/04/30)

    こんばんは篠窪(しのくぼ)の隣町にある秦野市渋沢の自宅では気候を知るためにサクラフウロの山野草を利用しています。不思議と正確に気候を読みとり花や葉っぱの色で知らせてくれます。↑mm/dd04/13↑04/13↑04/17↑04/18↑04/21↑04/21↑04/25↑04/26↑04/27↑04/27↑04/30↑05/13↑05/27↑05/28↑06/27↑07/16↑07/20ポンとはじけて種を遠くに飛ばします↑07/20お神輿を担いでいるように見えます↑08/01↑08/04徐々に枯れて行きます↑08/04↑08/04徐々に冬の近付きを知らせます↑10/07/20192019年は異常気象で花が咲きています↑11/09/20202020年も異常気象で花が咲きています↑11/09/2020↑11/30/2...篠窪(しのくぼ)の隣町秦野市で気候を知らせるサクラフウロ温度計(2021/04/30)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町 くず葉の家で「サンザシの花」を初めて見た(2021/04/27)

    こんにちは昨日はくず葉の家まで「サンザシ(山査子)の花」の観察に行ってきました。北原白州の「この道」で歌われているサンザシを観察するのが目的です。もう何年も通っていましたが、なかなか花咲くころに遭遇しませんでした。新芽を見つけたのでくず葉の家には事あるごとに通い、やっと花に遭遇できました。くず葉の家の木々は観察しやすいように意識的に木を低く抑えてあります。春の新芽の頃も、色々な木々が変身するので観察が楽しめます。長年の夢であった「サンザシ(山査子)の花」が見れて今年は幸運でした。【サンザシの花】↑04/15/2021↑04/15/2021古い種が残ったままです↑04/26/2021↑04/27/2021【(御参考)サンザシの実の変化】↑05/22/2018↑08/24/2018↑09/25/2017↑10/24...篠窪(しのくぼ)の隣町くず葉の家で「サンザシの花」を初めて見た(2021/04/27)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町 秦野市運動公園のイチョウの不思議(2021/04/18)

    こんばんは篠窪(しのくぼ)の三嶋神社の境内には大きなイチョウの木が二本あり、ギンナンを拾いに行きます。隣町の秦野市運動公園の周りにも大きなイチョウの木があります。いつも見慣れているイチョウの木の下に不思議なものが沢山に落ちていました。公園の清掃前の時間帯でしたので見れたのだと思います。栗の花とイチョウの花は似ていますね。【不思議な落し物】↑もうビッシリと落ちています↑イチョウの新緑も綺麗です【これはクルミの木だった】↑クルミの木のも同じようなものが下がっています【色んな木々が新緑に包まれる】↑楠(クスノキ)の大木↑下記の木の新緑↑ヒヨドリが食べまくった後の柿の実のヘタだけがが残っています↑ドウダンツツジ↑モミジの新緑↑カリンの花↑薄紅色のハナミズキ【イチョウの花】Webの画像検索にて花の構造が判りやすいです。下...篠窪(しのくぼ)の隣町秦野市運動公園のイチョウの不思議(2021/04/18)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町 四季の里付近で「富士山より高い鯉のぼり」が泳いでいた (2021/04/22)

    こんばんは本日(2021/04/22)は四季の里までお野菜を買いに行ってきました。富士山を見たあと、帰りは「富士見塚ハイキングコース」に沿って「御殿場線上大井駅」方向まで行ってみました。さすがに広い場所です。都会では見ることが無い大型サイズの鯉のぼりが民家に泳いでいました。鯉のぼりの向こうには富士山が見えます。普段見たことが無い光景が見れて感動しました。篠窪では小さい子供さんがいなくて鯉のぼりが泳いでいません。同じ大井町でも上大井駅付近まで足を延ばすと子供さんがいるようです。【上大井駅に向かう途中】↑富士山より高く鯉のぼりが泳いでいました♪富士より高いこいのぼり・・・・♪↑♪富士より高いこいのぼり・・・・♪↑矢倉岳と富士山の位置関係を見れば撮影場所が推測できますいつもとは雰囲気が違います。【四季の里から見る富士...篠窪(しのくぼ)の隣町四季の里付近で「富士山より高い鯉のぼり」が泳いでいた(2021/04/22)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町 風の吊り橋まで翁草(おきなぐさ)に会いに行った(2021/04/21)

    こんばんは2021/04/21は篠窪の隣町にある「風の吊り橋」まで翁草に会いに行きました。秦野市内のあちこちで翁草を見ていました。「風の吊り橋」には約2000株の翁草が植えてあります。久々に見れて心が落ち着きました。【風の吊り橋の遠景】水無川の奥の道を昇った諏訪丸(すわまる)から吊り橋へ進みます【翁草を見る】【御参考くず葉の家にて】【御参考家の近くにて】↑ついでにアスパラの写真【御参考昨年の観察】↑○の順番で変化していきます↑そのままだと遠くへ飛んで行ってしまいます。近くに種を落とすには髭をハサミで切って丸坊主にすると種は下へ落ちます【御参考西洋翁草】花好きの方で翁草は下を向くので嫌いと言う方がいらっしゃいます。西洋翁草は上を向いて咲きます。・・・日本翁草を好きな方は翁草に来ているけれど・・・と違和感を覚えます篠窪(しのくぼ)の隣町風の吊り橋まで翁草(おきなぐさ)に会いに行った(2021/04/21)

  • 篠窪(しのくぼ)より 遠いスエズ運河でタンカー座礁解決をお月さまが手伝う (2021/04/19)

    こんにちは2021/03/23にスエズ運河で巨大タンカー座礁により航路がふさがれてしまいました。スエズ運河で座礁して1週間近く運河をふさいでいた巨大なコンテナ船。同船を再浮上させることができたのは、満月という幸運が重なったことも一因だったようです。米航空宇宙局(NASA)によると、28日はいわゆる「ワームムーン」の満月による大潮の日に当たっており、29日の水面は普段より約46センチ高かったそうです。このおかげでコンテナ船を離礁させる作業がやりやすくなったとの事です。さすが海の男達だと思います。お月さまに手伝って貰おうと考えたとは感激です。現在、私は海から遠い、丹沢のふもとの秦野市に住んでいます。このため、潮の満ち引きの事を忘れていました。遠い故郷、長崎の実家は海抜0メートルの干拓地です。この為、普段使用するカレ...篠窪(しのくぼ)より遠いスエズ運河でタンカー座礁解決をお月さまが手伝う(2021/04/19)

  • 篠窪(しのくぼ)は大雨の後に「萌黄色の景色」に復活しました(速報 2021/04/15)

    お早うございます先日(4/10)は「篠窪(しのくぼ)の八重桜の様子」をアップしました。このとき、・・・山の木々が春の緑ではなく「秋の紅葉」を思わせるようで気になりました。台風による塩害の様な景色です。降り積もった黄砂+?の影響かも喉がカラカラに乾燥しているような景色です。と記載しました。この為、気になって大雨の後に篠窪まで様子を確認に行きました。大雨の後(4/15)は子供の風呂上がりの様にピカピカした「萌黄色の景色」に復活しました。・・・やっと安心しました今年の黄砂はひどく、隣町では1ミリほど積もり車は泥だらけの様に見えました。木々の葉っぱにもきっと降り積もったと思われます。写真は光の芸術ですので、新緑の様に反射できず薄暗い葉っぱに映った様です。【篠窪大橋の上から見る景色】↑了全山の緑↑南側を見ると相模湾が見え...篠窪(しのくぼ)は大雨の後に「萌黄色の景色」に復活しました(速報2021/04/15)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町 渋沢駅の生け花 DNAの様な不思議な花の名前は (2021/04/16)

    こんばんは渋沢駅にある秦野市役所の支所にはお花が生けてあります。ボランティアの方々が1週間単位にお花を生けて下さいます。今週は草月流の佐久山晴香先生の活け花です。春らしいとても爽やかな生け花でした。その中で初めて見る花(?)が生けてあります。佐久山晴香先生はそっと生け花の花の名前を書いたメモを添えて下さいます。聞いたことも無い花の名前が書かれていました。「シースター」きっとこれだと思いWebで調べてみました。ピンポンです。海の星(ヒトデ)に似ていることから「シースター」と呼ばれているのだそうです。シースターとは、実は通称名で、学名はグレイケニアだそうです。【DNAの様な花は】↑まるでDNAの二重らせんの様に見えます【佐久山先生の活け花】↑春に輝く花達がとても綺麗です【シースターはシダの仲間】↑これもシダらしいの...篠窪(しのくぼ)の隣町渋沢駅の生け花DNAの様な不思議な花の名前は(2021/04/16)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町にて 遠い伊賀の国から「松尾芭蕉の俳聖殿の桜」お届け物 (2021/04/15)

    こんにちは神奈川県では桜の時期は過ぎ、すっかり葉っぱになりかけています。国道246号線を走っていたら、三重県「伊賀の国」にある「俳聖殿の桜」をペイントしたトラックが走っていました。思わず嬉しくなるような満開の桜が描いてあり、とても綺麗です。トラックの持ち主も「松尾芭蕉」の気持ちでいろんな場所へと荷物を運搬しているかも。粋なトラック野郎(もしかして女性だったかも)ですね。【俳聖殿とは】伊東忠太の奇想建築モチーフは松尾芭蕉設計したのは、「築地本願寺」などの作品で知られる建築家・伊東忠太ですhttps://serai.jp/hobby/206373【松尾芭蕉の俳句】【松尾芭蕉の有名俳句29選】知っておきたい!!俳句の特徴や人物像・代表作など徹底解説!『古池や蛙飛び込む水の音』などなどhttps://haiku-tex...篠窪(しのくぼ)の隣町にて遠い伊賀の国から「松尾芭蕉の俳聖殿の桜」お届け物(2021/04/15)

  • 篠窪(しのくぼ)は八重桜が満開で花摘みが始まりました(速報 2021/04/10)

    こんにちは先日(4/10)は篠窪(しのくぼ)に用事があり行ってきました。帰りに八重桜の様子を見て帰りました。全ての八重桜が咲き終わっており、花摘みが始まっていました。今年もコロナの影響か大々的な花摘みは行われていませんでした。コロナ以前は家族、親戚が総出で花摘みをやっていました。・・・今年は寂しい花摘みとなっています。篠窪大橋から見える篠窪は全体が桜のピンクに包まれておりとても素敵です。なお、山の木々が春の緑ではなく「秋の紅葉」を思わせるようで気になりました。台風による塩害の様な景色です。降り積もった黄砂+?の影響かも・・・新緑を思わせる若葉の緑がみつかりません。明らかに今年は変です。喉がカラカラに乾燥しているような景色です。今年は気候がとても変です。【富士見塚付近の景色】↑矢倉沢往還道にある道祖神付近↑八重桜...篠窪(しのくぼ)は八重桜が満開で花摘みが始まりました(速報2021/04/10)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町 「最明寺史跡公園」の変化を楽しむ (2021/04/11)

    お早うございます先日(4/9)は篠窪から見える隣の山「最明寺史跡公園」まで桜を見に行ってきました。何度も出かける穴場です。いつも静かなのでゆっくりと寛げます。見る時期により咲く花も異なり「色んな表情」を見せてくれます。これまで、時期をずらして6回散策に行っています。MM/DD/YYYY順に写真をピックアップして表示しています。ご参考までに見て頂ければ幸いです。【参考写真】MM/DD/YYYY順に並べています↑桜吹雪が綺麗です↑レンギョの花の道が広場っています↑色んな桃の花が咲いています↑シャガの群生があります↑普段は写真が飾ってあります↑山の山頂では眼下には山北の村が見えます。更にその奥には富士山が見えます公園は相当の花好きの方が手入れをされているようです。いつも草むしりなどの手入れをされており、ゴミひとつあり...篠窪(しのくぼ)の隣町「最明寺史跡公園」の変化を楽しむ(2021/04/11)

  • 篠窪(しのくぼ)の隣町 「最明寺史跡公園」の桜を見に行きました (2021/04/09)

    こんばんは昨日(4/9)は篠窪から見える隣の山まで桜を見に行ってきました。246号線を挟んですぐ隣の山である「最明寺史跡公園」まで桜を見に行ってきました。八重桜は満開。山桜が満開を過ぎ散りかけていました。篠窪より少し標高が高い日陰の場所ですので桜が残っていました。人出は少なく一人だけが静けさを楽しまれていました。【最明寺史跡公園】↑枝垂れ桜が綺麗↑色んな種類の桜を楽しめます↑シャガの群生が綺麗です↑山吹も綺麗です【帰る途中山頂からの景色】↑眼下にブルックス(旧第一生命ビル)が見えます【帰る途中篠窪を斜め上から見る】↑篠窪山頂の巨大なソータパネルが見えます。向かって右が篠窪大橋です↑篠窪大橋から丹沢側を見ると山頂に見える部分(赤線内)が隣の山です篠窪(しのくぼ)の隣町「最明寺史跡公園」の桜を見に行きました(2021/04/09)

カテゴリー一覧
商用