searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

サモさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

過去は飛行機、戦車、戦艦、レーシングカーも作った雑食ですが、現在はガンプラをメインに80年代リアルロボ中心に作っています。

ブログタイトル
サモの模型帖
ブログURL
https://cityblues.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
歴はベテラン、技は素人の模型ブログ。製作記事を掲載しています。 昨今の時流を鑑みて、ハンドル名を一般名詞に変えました。
更新頻度(1年)

117回 / 365日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2016/11/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、サモさんの読者になりませんか?

ハンドル名
サモさん
ブログタイトル
サモの模型帖
更新頻度
117回 / 365日(平均2.2回/週)
読者になる
サモの模型帖

サモさんの新着記事

1件〜30件

  • 郷に入れば~海洋堂ソフビ1/8キカイダーその4~

    地道に塗り進めています。筆ムラにならないように心持ち薄め気味にしていますが、たまに「弾く」ときが。昔のクセでどっぷりべったり塗りたい気持ちを抑えつつ。隠ぺい力と濃度の加減が難しいです。また、筆は100均のものを使っていますが獣毛でコシが弱いのでどうも使いにくい。かと言ってナイロンは太いものしかない。キカイダーのようにはっきりした塗り分けラインをカッチリ塗り分けるには筆を変えるか、塗り方を工夫する必要...

  • 暑さとの戦い~旧キット1/144シャア専用ズゴックその12~

    エアブラシで塗装を進めています。サフしてもがっつりヤスってしまうと見逃す傷やら段差やらが気になってさらにヤスってしまう悪循環。何回も吹くことを躊躇しないと言い聞かせてはいますが、この暑さ。模型部屋は空調がない、同室のプラズマテレビからの排熱、今季から導入の防毒マスク、塗装ブースにアタマツッコミ一体何重苦なんだ。手足などは塗装しやすいように分割しましたが、ボディの塗り分けは通常通り苦手なマスキングで...

  • 迷いました~旧キット1/144シャア専用ズゴックその11~

    塗装開始しました。カラーを量産型にしようか最後まで迷いましたが、以前HGUCゲルググを作ったときにシャア専用のカラーを揃えていたのでシャア専用で落ち着きました。模型の国に復帰してからもかなり時間が経過していますが今更なから、防毒マスクを用意しました。匂いは気にならなくなりましたが、夏場はかなり暑いです。...

  • 最高にカッコいい~海洋堂ソフビ1/8キカイダーその3~

    黒が入ると一気にしまります。それにしてもこのポーズ最高にカッコいいです。造形見事です。...

  • さあ、塗装だ~旧キット1/144シャア専用ズゴックその10~

    せっかくの連休でしたが天候不順で塗装とまでは行きませんでした。ツメは、なんというか「ぶら下がって」いる状態で開いたまま、閉じたまま状態を維持するにはちょっと難があります。プロポーションは全くいじっていません。背部ジェット噴出口は最後のエポパテバージョンもうまくいかなかったので結局ポリパテバージョンを修正しつつ使うことにしました。噴出口内部に市販パーツを追加したまま複製したのですがモールドがつぶれて...

  • もっと早く取り入れればよかった

    先日購入したヘッドルーペ、重宝しています。メガネの「つる」部分をゴムバンドに替えてレンズは2.0で十分よく見えます。今まで見えなかった部分がよく見えるようになって細かい作業がとてもはかどります。バルバトスのヒザとフンドシ部分です。微妙な段差がしっかり作業できます。メカコレのスジボリもしっかり確認できます。おまけだと思っていたLEDライトも明るくてちょうどいいです。もっと早く手に入れればよかったです。長時...

  • 大失敗~旧キット1/144シャア専用ズゴックその9~

    前回、背面ジェットの噴出口パーツをおゆまるで複製しましたが・・・。大失敗です。どうやら、型の分割もまずかったようで、再度型取りし直し。1番右のポリパテのものが型取りし直したものですが微妙に欠けてしまっています。もう1回、この型でエポキシパテを使ってやってみます。...

  • やっぱり難しい~海洋堂1/8キカイダーその2~

    ちょっとずつ塗っています。確かにムラにはなりにくいですが水加減が難しいです。溶剤の臭いが少ないので時間を気にしなくてもいいのはいいですね。...

  • 出戻り筆塗り&初シタデル~海洋堂1/8キカイダー

    シタデルカラーの筆塗りに挑戦します。ガンダムが塗れそうな配色ですが塗ろうとしているのはこれです。海洋堂1/8ソフビ製キカイダーです。いつ手に入れたか、もうわからないくらい。一度、ラッカーの筆塗りで塗装したのですが出来栄えが気に入らなくてドボン。それからプライマー塗ったりサフ塗ったり、あちこち剥げたりで今日に至ります。先日の筆塗り実践イベント、CSでキカイダーの放送開始、今度こそ完成させるしかないでしょ...

  • ひさびさのおゆまる工作~旧キット1/144シャア専用ズゴックその8~

    ヒザ工作もなんとかうまく行きました。サフチェックが面倒だったので溶きパテ塗ったのですが、固すぎましたね。引っ越しのどさくさで完全にロストしたであろう背部エンジン(?)の噴射口をおゆまるで複製することにしました。最後に使ったのがいつか思い出せないくらいですが普通に使えました。ただし、量が多すぎましたね。真っ二つに割ると合わせるのが難しくなるので、ちょっと変化させます。ポリパテでもエポパテでもどちらで...

  • せなすけさんの実演を見に行ってきました

    ボークス大阪SRのリニューアルイベントにせなすけさんがお越しと知り行ってきました。以前はよく掘り出し物を探しに来た日本橋ですが、自粛とかなんやらもあってずっと来てなかったです。入り口で手の消毒、検温、密にならないよう間隔をあけての着席と配慮がなされていました。大型モニターがあって手元がよく見えます。動画だとずっと集中して見れなかったり、生配信だと細かいところまで見えにくかったりするのですが、はっきり...

  • 気になるところは直したい~旧キットシャア専用ズゴックその7~

    サフを吹く前にざっと全体をチェックしていると段落ち処理したスネの合わせ目が段差になっていて目立つことに気づきました。モモと足首を挟んでもズレが解消しないことから後ハメ工作が不味かった訳ではなさそうです。段差を削ってしまおうかと思ったのですが、ヒザ装甲を接着してしまったので逆にプラ板でかさ増しすることにしました。ヒザ装甲左下の白い部分を追加しました。面出しヤスリで整形しようとして、反対側に傷をつけて...

  • ~旧キットシャア専用ズゴックその6~

    いつぶりだろうと記事を見返していたら、去年の11月ぶりでした。1mmプラ角棒なんてとっくに入手していましたが遅々として進んでいません。最近また旧キットの再販があったり、プロペインターのせなすけさんが動画配信で旧キットを作ったりされているのを見て、またモチベーションが上がって来ました。切り込みを入れてプラ角棒を接着して整形しました。ランナー形成の過程で歪んでしまっていたサイドの枠も作り直しました。位置は...

  • ガンプラあるある~HGUC 1/144ロト~

    かなり前にパチ組みかけていたHGUC ロトの1体目ですがようやく終わりました。元が小さいので仕方ないところですがパーツが細かいのでゲート処理が結構大変です。その上、関節がABSなのですがこれが硬い、きつい。膝関節、壊しました。Cの字のところが割れました。変形機構のせいもありパーツ構成が微妙に難しくて向きを間違えて詰みそうになりました。残念ながらこいつは後でタンク形態に固定します。武装がいろいろ選べるのです...

  • 大尉、新兵器です!

    模型製作は大好きです。しかし、ずっと困っていたことがありました。老眼がどんどん進み、仕事にも差し支えるようになりました。元々近眼で、長らく中近両用眼鏡を使っていましたが、この何年かで急激に変わり、驚くことに今まで見えなかった遠くのものが少しずつ見えるようになり、逆に手元や近くがますます見えづらくなりました。特にノートパソコンの画面がワイド化・高解像度化により細かくなったこと、仕事が変わってほぼ1日...

  • あると

    買っちゃいますよね。...

  • デスラー砲のディテールを直しています〜メカコレ・デスラー戦闘空母その16〜

    何回もサフを吹いているので小さいパーツのディテールが埋もれてきました。そろそろ限界です。いよいよ甲板奥の縦フィンを接着しましたが、隙間が気になるのでパテを塗ってしまいました。おかげで今日は真ん中の1枚のみです。デスラー砲のディテールが成型の段階で落ちています。砲尾部の垂直尾翼(?)がひれのように不格好だったのでプラ片を接着して整形しました。また、砲をぐるっと回るように付いているだ円の突起がパーティ...

  • 文字通り唯一です

    先日、『ダンバイン』の話をしましたが、昔作ったオーラバトラー「ビアレス」の画像です。ベースはHGABビアレスです。撮影日は2013年ですね。相当前です。とあるネットコンペに参加するために作ったので結構手を入れてます。わりとあっさりした頭部だったので「マシンザウラー」のようなツノとキバを追加。胸部と肩部は厚みを増しています。挟み込み式だった腰部は細くしてアルミ線接続に変更。腕部のトマホークはネオジム磁石で固...

  • 『聖戦士ダンバイン』のおはなし

    模型製作の時には作っているものの原作を映像で流すことが多いです。製作途中のものにオーラバトラーがあるわけではないのですが、SNSで賑わっていたこともあり改めて『聖戦士ダンバイン』を1話から通しで完走しました。ながら見で、細かいところまでじっくり見たわけではないのですが、昔見たときは序盤がたらたらしていてつまらないと思ったのですが、地上人がオーラバトラーに慣れていく感じ、今ならよく分かる「素材集め」のく...

  • じゃあ得意なものがあるのか〜HGガンダムバルバトスその4〜

    各所を尖らせるべく面出しをやっています。見事に歪みましたね。使っている面出しヤスリは凄まじい威力なのですが使いこなせていません。つい力を入れすぎてしまいます。このへんはなんとかできましたね。面出しが本当に苦手です。じゃあ何か得意なものがあるのかと言えばこれと言ってないのです。なのになぜ苦労して作るのか。いつか超満足できる最高のヤツを作りたいからですね。...

  • 妖怪の仕業ではなかった~ガンダムバルバトス第4形態その3~

    塗装欲を満たすためにバルバトスの内部フレームをガイアのガンメタルで塗装しました。ガイアのガンメタは、文字通り金属光沢がぎらっとする感じで元の成型色とも近く、いい感じです。HGなんですが、元の機体の性質もあってRGのような姿になります。足首だけは装甲パーツがポリキャップ押さえになっているので、テープで仮止めしています。この足首のポリキャップ。塗装しているときから見当たらず、「出たな、妖怪!」と思っていま...

  • 使用感・絶望感

    塗装をしようと思ったらあいにくの雨。塗装気分を少しでも消化しようと先日購入したアズワンのPPボトルを使ってみました。とりあえず1目盛り。半透明ですが液量は見やすいですね。エアブラシ用に1.5倍強になるよううすめ液を注ぎます。目盛り通りに入れるだけなので希釈は簡単です。キャップは中栓一体でキャップをしっかり締めればそのまま振っても大丈夫です。ダイソーのお名前シールに手書きでキャップと胴体に名前を貼ります。...

  • 本編を見ていないと~ガンダムバルバトス第4形態その2~

    そろそろ玄関のナナハチを交代させたいです。古い年代から順番にとも思ったのですが、それはそれで面倒なので、思い付きでバルバトスにしようかと。トゲトゲ化と言っていたのですが、パーツが肉厚で全体的に丸みを帯びています。C面処理をしても下手さと相まってちっともシャープになりません。目立つ箇所を可能な限り尖らせようと、丸い鋭角を一旦落としてプラ棒を継ぎ足し、製面します。スラスターカバーはうまくいきました。ひ...

  • あと10年戦える?

    SNSで紹介されていて、飛びつきました。アズワン株式会社のアイボーイという広口ポリ容器。容量違いで種類があるのですが、自分は50mlを買いました。些細なようで案外重要なスペアボトル対策です。空になった塗料ビンを洗って使ったり、時々公式のスペアボトルを買ったりしましたが、手入れが面倒だったり、ちょっとした調色をするには圧倒的に数が足りない。思いきって調達しました。1ケース100個入り、単価は40円程です。目盛り...

  • メカコレ・ウルトラホーク3号完成

    もっとシルバー寄りでも良かったですね。特徴的な3段の窓。設定では一つはセンサーなんだとか。機首のクチバシはかなり削りました。水転写デカールが課題ですね。でも、やっぱりカッコいい。...

  • 完成しました〜メカコレ・ウルトラホーク3号その9〜

    連休最終日に出来ました。ちゃんとした撮影は後日ゆっくり。...

  • なんとかここまで

    『ガンダム三昧Z』を聞きながらここまでこぎつけました。デカール乾燥を待ってトップコート、そして航行灯をツヤ有りで塗装して完成となります。...

  • お手軽じゃなかった〜メカコレ・ウルトラホーク3号その7〜

    組み立て前にデカール貼りが必要だということで貼ったのですが・・・水転写は難しいです。面積が大きいデカールをことごとく切ってしまいました。本体のサイズが小さいからでしょうかデカールの余白なんてほとんどないのですが貼り位置が微妙にずれると干渉してしまうほど位置決めがシビアです。左のデカール位置がほんの少し低かったせいで

  • こ、これは・・・

    いったいどういうことだ?...

  • 避けた先でつまづく~メカコレ・ウルトラホーク3号その7~

    毎度のことながら思わぬところで苦戦です。ゾルでマスキングしたナゾのランチャーはとても上手くいきました。大抵うまくいかないゾル。長い模型歴の中で初めて威力を実感したかもしれません。なのにそれなのにエンジン部で思わぬ苦戦。どうということはない垂直尾翼下部のエンジンにかかる部分。わざわざエアブラシ塗装したのにシルバーの塗分けが不満だったので再度マスキングして塗り直したのですが黒をマスキングしたゾルをはが...

カテゴリー一覧
商用