住所
-
出身
-
ハンドル名
萬連の「悠々去来に生きる」さん
ブログタイトル
萬連の「悠々去来に生きる」
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/manren0406
ブログ紹介文
四国八十八か所お遍路や全国の神社仏閣参拝など、趣味の写真とともに、日本人のこころを考える。両親の介護
自由文
更新頻度(1年)

53回 / 104日(平均3.6回/週)

ブログ村参加:2016/11/14

萬連の「悠々去来に生きる」さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/22 02/21 02/20 02/19 02/18 02/17 全参加数
総合ランキング(IN) 0 0 0 0 0 0 0 949782サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 20 10 10 0 10 10 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 0 0 0 0 0 0 0 41529サイト
女一人旅 0 0 0 0 0 0 0 1038サイト
遍路(・巡礼) 0 0 0 0 0 0 0 323サイト
歴史ブログ 0 0 0 0 0 0 0 4110サイト
史跡・神社仏閣 0 0 0 0 0 0 0 671サイト
今日 02/22 02/21 02/20 02/19 02/18 02/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 51983 55692 52490 42800 33494 27085 24365 949782サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 20 10 10 0 10 10 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 1736 1892 1741 1373 974 768 667 41529サイト
女一人旅 56 65 62 48 31 25 24 1038サイト
遍路(・巡礼) 52 53 52 45 44 32 29 323サイト
歴史ブログ 386 404 379 289 240 198 166 4110サイト
史跡・神社仏閣 80 85 82 68 50 42 33 671サイト
今日 02/22 02/21 02/20 02/19 02/18 02/17 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949782サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 20 10 10 0 10 10 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 0 0 0 0 0 0 0 41529サイト
女一人旅 0 0 0 0 0 0 0 1038サイト
遍路(・巡礼) 0 0 0 0 0 0 0 323サイト
歴史ブログ 0 0 0 0 0 0 0 4110サイト
史跡・神社仏閣 0 0 0 0 0 0 0 671サイト

萬連の「悠々去来に生きる」さんのブログ記事

?
  • 防府天満宮

    今週は防府に仕事で来ています。昨日は少し早めに仕事が終わったので、梅祭開催中の防府天満宮にお参りにいきました。日本最初の天神さまと言われる防府天満宮は大変立派な神社です。御祭神は菅原道真公天穂日命(あめのほひのみこと)(天照大御神の御子)武夷鳥命(たけひなどりのみこと)(天穂日命の御子)野見宿禰(のみのすくね)(天穂日命より十四代・土師氏の祖)ちょうど梅祭の最中でした。道真公の御霊魂お慰めするために植えられた梅の木は境内に約1100本あるそうです。仕事疲れの心と身体が優しく優しく癒されました!!!防府天満宮

  • 讃岐國一宮 田村神社

    2019年2月7日(木)この日は第83番札所一宮寺参拝の後、讃岐國一宮の田村神社に参拝しました。真っ白な大鳥居に目を奪われましたさすが一宮で、大変立派な神社でした。↑隋神門田村神社のご祭神は倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)五十狭芹彦命(いさせりひこのみこと)(吉備津彦命)猿田彦大神天隠山命(あめのかぐやまのみこと)(高倉下命たかくらじのみこと)天五田根命(あめのいたねのみこと)(天村雲命)以上の五柱を総称して田村大神です。↑本殿↑白い鳥居が左右に並びます。左が田村神社の大鳥居右が末社の一つ、宇都伎社(うつきしゃ)の鳥居です。鳥居の向こうにある龍神様が圧巻です。盛りだくさんの讃岐國一宮でした。お遍路二巡目では、これで阿波〜土佐〜伊予〜讃岐全ての一宮にお参りができたことになります。田村神社を後にし...讃岐國一宮田村神社

  • 第八十三番札所 一宮寺

    2019年2月7日(木)今回のお遍路の旅第4日目の三番目の札所は、第83番札所一宮寺です。81番と82番は明日に回して、80番の最寄り駅国分駅からJRと琴電を乗り継いで、一宮駅に向かいました。9:47国分駅発JR予讃線高松(香川県)行10:06高松駅着10:15高松築港駅発ことでん琴平線琴電琴平方面一宮行10:37一宮駅着↑第八十八番札所神毫山大宝院一宮寺仁王門↑西門お寺の歴史は奈良時代まで遡ります。その後、讃岐一宮として田村神社が建立された際に、行基が堂塔を修築し別当寺となったそうです。明治の神仏分離令で独立した寺院となったそうです。↑本堂本尊聖観世音菩薩↑大師堂↑↓薬師如来縁起一宮寺の隣には讃岐一宮田村神社があり、お参りしました。田村神社の記事は別の記事をご覧ください!(つづく)第八十三番札所一宮寺

  • 第八十番札所 國分寺

    2019年2月7日(木)お遍路4日目の二番目の札所は、第80番國分寺でした。一番目の札所(第79番天皇寺)の最寄り駅、八十場駅を8:42に出発し、JR予讃線高松行きで約10分で国分駅に到着しました。国分寺駅から約5分で第80番の國分寺に到着です。駅を出たところで、地元の初老の男性の方がこの道を通っていくといいよと國分寺への行き方を教えてくださいました。その方も何度か歩きへんろをなさったようですが、何が良いかというと、途中で出会う方々との一期一会だと言われていました。ものすごく共感できました♬↑仁王門と松の組み合わせが最高素敵です。第80番札所白牛山千手院國分寺↑本堂本尊十一面千手観世音菩薩大師堂は多宝塔形式のもので、中門をくぐった納経所のある拝殿からお参りします。残念ながら写真が撮れていません。↑國分寺の七福神...第八十番札所國分寺

  • 第七十九番 天皇寺・白峰宮

    2019年2月7日(木)今回のお遍路も4日目となりました。今日は電車移動が多いお遍路です。第79番天皇寺からですが、第80番国分寺の後は、第81番白峯寺と第82番根来寺をスキップして、第83番一宮寺、第84番屋島寺を予定しました。第81と第82は山を歩くので、この2札所だけで1日必要ですので、翌日8日に予定しました。7:28宇多津駅発JR予讃線高松行き7:36八十場駅着八十場駅からは、第79番天皇寺まで徒歩7ー8分です。なだらかな坂を上って突き当たりを右手に向かいますが、遠くからも真っ赤な鳥居が目を引きます。↑白峰宮と天王寺がある境内への鳥居です。大きな鳥居の左右に小さな脇鳥居がついているのを「三輪鳥居」というそうです。正面に見えるのが白峰宮です。境内には春の兆しがいっぱいです!さて、第79番天皇寺は鳥居をくぐ...第七十九番天皇寺・白峰宮

  • 第七十八番札所 郷照寺

    2019年2月6日(水)この日最後の札所は第七十八番札所仏光山広徳院郷照寺でした。宇多津駅から徒歩20分程度です。↑山門手前のところで、開運大吉地蔵さまが迎えてくださいました。↑↓山門↑本殿本尊阿弥陀如来725年、行基が阿弥陀如来像を彫造して開創したと言われています。↑本堂の美しい色彩画大師堂にもあります。↑大師堂大師像は、厄除け大師として広く信仰されているそうです。↑淡島明神淡島様は多くの女性たちの守護神です。↑常盤明神常盤明神さまはタヌキで、郷照寺の守り神の一つだそうです。↑遠くに瀬戸大橋が見えます!↑本坊裏には池泉回遊式の庭園があります。↑広い境内で見所が多いです。この日は午後天気が回復したので、3札所の参拝を行うことができました。第七十八番札所郷照寺

  • 第七十七番札所 道隆寺

    2019年2月6日(水)お遍路の旅三日目の二番目の札所です。雨もすっかり上がって綺麗に晴れたので、第76番金倉寺から歩きました。約1時間弱歩いて、13:45頃到着。第77番札所桑多山明王院道隆寺↑境内には全国ゆかりの観音像がずらっと勢揃いしておられます。正面のお堂が本堂です。本尊薬師如来↑大師堂の前には、弘法大師に謝罪する衛門三郎の像があります。この衛門三郎は小さな子供に見えます。。。弘法大師と衛門三郎の像は、第12番焼山寺近くや第51番石手寺にもありますが、どれも雰囲気が全く異なります。なおここは、「眼なおし薬師さま」としても慕われています。14:30頃、道隆寺を後にして、JR多度津駅に向かいました。次の札所まで約7キロはずっと車道なので、この区間は電車を使いました。15:02多度津駅発サンポート南風リレー号...第七十七番札所道隆寺

  • 第七十六番札所 金倉寺

    2019年2月6日(水)今回のお遍路の旅も3日目に。この日はもともと終日雨の予報だったので、お遍路はお休みして、瀬戸大橋渡って岡山にプチ帰郷しようと考えていました。ところが、昼前からお天気が回復してきたので、引き続きお遍路することにしました。11:28宇多津駅発JR予讃線観音寺行きで多度津下車。今度はJR土讃線の阿波池田行に乗り換えて、金蔵寺駅に11:42着。駅から歩いて7ー8分のところにあります。第七十六番札所鷄足山宝幢院金倉寺↑仁王門雨がよく降ったのでしょう。しっとり濡れていますが、すでに雨は上がっています。ここは弘法大師空海の甥で天台寺門宗の開祖である智証大師円珍が生まれた寺だと言われています。↑本堂本尊薬師如来↑大師堂↑頭をなでながら、ぐちを言うと良いそうです!境内にはユニークな七福神が点在しています。...第七十六番札所金倉寺

  • 第七十五番札所 善通寺

    2019年2月5日(火)今日は私の誕生日、しかも新月(↑しつこいですが〜(笑))今回のお遍路二日目の最期の札所は、第75番善通寺です。高野山金剛峯寺・京都東寺と並ぶ弘法大師空海ゆかりの三大霊跡の一つです。そして、お大師さまの誕生の地。この日の最後に善通寺にたどり着けたのもなにかご縁があるようで嬉しいです。第74番甲山寺から約1キロ半、約20分の距離です。15:30頃到着しました。第七十五番札所五岳山誕生院善通寺善通寺は東西、東院と西院に分かれており、甲山寺からの遍路道をあるいてきた場合は、東西の真ん中の道に着きます。左側(東院)に行くと金堂(本堂)があり、大きな五重塔があります。右側(西院)にいくと御影堂(大師堂)があり、納経所も西院にあります。弘法大師空海の父佐伯善通(よしみち)が土地の一部を寄進し、そこに弘...第七十五番札所善通寺

  • 第七十四番札所 甲山寺

    2019年2月5日(火)今回のお遍路の旅二日目の四番目の札所は、第74番札所医王山多宝院甲山寺です。第73番出釈迦寺からは50分を想定していましたが、14:30に到着。30分少しで歩けました。↑遍路みちからはこの門に最初にたどり着きますが、↑左側に回り込むと、駐車場側に山門があります。↑本堂本尊薬師如来↑大師堂↑毘沙門窟嵯峨天皇より満濃池修築の別当に任命された弘法大師空海が、工事を指揮しわずか3ヶ月で工事を完成させたのは有名な話です。その際、朝廷からもらった報奨金の一部を使って堂宇を建立し薬師如来像を安置したと言われています。15:10頃、甲山寺を後にして、この日最後の札所の第75番善通寺に向かいました。(つづく)第七十四番札所甲山寺

  • 第七十三番札所出釈迦寺

    2019年2月5日(火)今回のお遍路の旅2日目の三番目の札所です。第72番曼荼羅寺から歩いてわずか7ー8分のところにあります。坂を上ったところに鐘楼門がありますが、その途中で市街地を見つめる修行大師さんが迎えてくださいます。第73番札所我拝師山求聞持院出釈迦寺↑左側が本堂で右側が大師堂です。本尊釈迦如来ここは、弘法大師空海の幼少時の伝説が残る場所です。↓捨身ヶ嶽遥拝所にて拝ませていただきました。↑この山をアップにすると。。。谷のところにお堂が立っています。捨身ヶ嶽の崖の部分はここからは見えず反対側なのだそうです。14:00頃、出釈迦寺を後にしました。ここから約3キロ、50分程度で次の札所第74番甲山寺です。(つづく)第七十三番札所出釈迦寺

  • 第七十二番札所 曼陀羅寺

    2019年2月5日(火))自分の誕生日にお大師さまの誕生の地の歩くという偶然に心踊らせています。この日最初の札所、第71番弥谷寺を後に、第72番曼荼羅寺へ。約1時間で到着。正午頃でした。第72番札所我拝師山延命院曼荼羅寺↑本堂本尊大日如来讃岐領主佐伯家の氏寺として創建された世坂寺が起源と言われます。のちに弘法大師空海が亡き母、玉依御前の冥福を祈り、中国の青龍寺を模した伽藍を建て、両部曼荼羅(胎蔵界・金剛界)をこの寺に奉納し寺名を曼荼羅寺に改めたと言われています。本堂内部には曼荼羅空間が広がっているらしく、また御本尊は毎年お彼岸入りの日に開帳されるとガイドブックには書かれています。いつか是非ともそのタイミングを狙って参拝できたらよいなと思っています。↑大師堂↑松食い虫のために枯死した樹齢1200年の松(通称:笠松...第七十二番札所曼陀羅寺

  • 第七十一番札所弥谷寺

    2019年2月5日今回のお遍路旅2日目今日は私の誕生日です。それも新月の日!また偶然にも、この日にお大師さまの誕生の地を歩くことになるなんて!!!偶然は必然何かの始まりを示唆されているのかもしれません。心穏やかに、感謝のこころをもって、遍路道を踏みしめてゆっくり歩いていこうと思いました。7:20宇多津駅発JR予讃線観音寺行で高瀬駅下車。(8時着、乗車時間40分)前回は70番本山寺から71番弥谷寺までの約13キロを同日に歩きました。長かったので、確か途中でスーパーのトイレをお借りしたのを覚えています。弥谷寺はやっと到着したと思ったら、そこから過酷な長い階段が待っています。今回はこの距離を2日に分けて歩く形になりました。↑ここからの階段がしんどいバスで途中まで連れて行ってくれるサービス(有料)もありますが、前回同様...第七十一番札所弥谷寺

  • 第七十番札所本山寺

    立春の日2019年2月4日お遍路1日目の三番目でこの日最後の札所は本山寺でした。68番神恵院、69番観音寺を後に、財田川沿いをずっと歩くこと1時間少々。小春日和に恵まれてとても気持ちがよかったです。川沿を歩き、近づいくると遠くに立派な五重塔が見えてきますが、本山寺の五重塔です。第70番札所七宝院持宝院本山寺平城天皇の勅願で弘法大師空海が建立。幸運にも戦国時代の戦禍からも免れ、貴重な建造物が多く残って札所です。↑本堂本尊馬頭観世音菩薩馬頭観音を本尊としているのは、八十八ヶ所では唯一だそうです。本堂は鎌倉時代建立のもので、国宝に指定されています。↑大師堂この日のお遍路はこれで終わりです。翌日は第71番弥谷寺からですが、JR高瀬駅から歩いていくので、高瀬駅まで歩いてから、電車で宇多津に戻りました。本山寺〜高瀬駅は約6...第七十番札所本山寺

  • 第68番札所 神恵院&第69番札所観音寺

    2019年2月4日(月)〜8日(金)の間四国遍路の旅に出ました。もともと6日の天気予報が終日雨だったので、この日はお遍路はやめて岡山に帰郷の予定でしたが、午後から天気が回復したので、結局全日程お遍路巡拝することができました。今回は全日程の4泊宇多津駅近くのホテルに滞在して、そこからの通い遍路でした。2月4日(月)大学院の科目最終レポート3本を完成したのが前日3日の夜。それから荷造りを始めて就寝は深夜の午前2時。朝6時まで寝るつもりでしたが、アドレナリンが出すぎたのか(笑)、眠れない!!!結局ほとんど眠れないままのお遍路初日となりました。体調に影響したらと少し心配でしたが、気がつくと睡眠不足で四国入りしたことはいつのまにか忘れていました。この日は立春。春が始まるこの日にお遍路を再開できる喜び。とてもさわやかな遍路...第68番札所神恵院&第69番札所観音寺

  • ぐんまちゃんカレー

    ぐんまちゃんカレーをいただきました♬群馬県高崎市のホテルメトロポリタンのレストランです。ランチセットにはデザートがつきますが、400円プラスで濃厚ソフトのミニパフェにすることもできます。↑すごくデカく見えますが(笑)ミニパフェです。ランチデザートにちょうど良いサイズです。先月1月に週をまたいだ出張で滞在。日曜日のランチでいただきました!ぐんまちゃんカレー

  • 武蔵一宮 氷川神社

    2019年1月19日(土)週をまたいでの出張(群馬県)でした。この日は、午前中大宮駅の近くにある、武蔵一宮氷川神社へお参りに行きました。とても立派な神社で参拝客で混み合っていました。武蔵一宮氷川神社

  • 第六十四番札所前神寺

    2019年1月11日(金)今回のお遍路の最終日で最後の札所です。第64番札所石鉄山金色院前神寺ここは石鎚山修験の総本山でもあります。修験道の祖である役行者が、石鎚山で修行中に石鉄蔵王権現を感得し、その尊像を安置したのが始まりとされています。また桓武天皇が病気平癒を祈願して成就し、金色院前神寺となって以来皇室との縁も深いお寺だそうです。↑本堂本尊阿弥陀如来青い銅板屋根が美しい本堂です↑大師堂↑御滝不動尊1円玉を投げて岩肌に張り付けばご利益があると言われています。前神寺を後にして、JR石鎚山駅へ。無人の小さな駅です。ここから伊予西条に戻り、ホテルに預けていた荷物をピックアップして帰路につきました。この3泊4日の旅、お遍路は正味3日間でしたが、全部で10札所打つことがきました。第六十四番札所前神寺

  • 第六十三番札所吉祥寺&石鎚神社

    2019年1月11日(金)この日の三番目の札所は第63番札所吉祥寺です。第61番札所香園寺・第62番札所礼拝所から歩くこと約40分で到着。第63番札所密教山胎蔵院吉祥寺↑本堂本尊毘沙門天四国霊場では毘沙門天が御本尊なのはここだけだそうです。↑大師堂↑成就石本堂前にありますが、説明の看板が大師堂前にあります。眼を閉じて本堂の前から歩いてこの石の穴に金剛杖が入ったら、何事も成就するそうですが。。。無理〜無理〜眼を閉じて歩いて転んでは歩き遍路ができなくなるので、挑戦しませんでした(笑)地道に頑張って成就するようにします!↑八角堂御本尊の毘沙門天以外が祀られています。吉祥寺を11:40頃出発して、今回最後の札所の第64番札所前神寺を目指しました。前神寺に行く途中、石鎚神社にも参拝しました。前回も気になっていたのですが時...第六十三番札所吉祥寺&石鎚神社

  • 第六十一番札所 香園寺 及び第六十二番礼拝所

    2019年1月11日(金)今回のお遍路最終日。前の日は、お遍路はお休みで、大三島の大山祇神社参拝と今治城観光でした。その後、今治駅からJRで伊予西条へ移動し、駅近くのホテルに宿泊しました。8:01伊予西条発JR予讃線松山行きに乗り、約10分で、伊予小松駅着。電車の中で女性の歩き遍路さんに出会いました。群馬からのかたで三巡目だとか。60番の横峰寺登ってお参りされたそうです。しばし車内でお話ししました。私は横峰寺は山頂バスを利用して参拝するので、今回は残念ですが、スキップすることになりました。3月以降に参拝します。バスは12月末〜2月末まで運休なのです。前回も横峰寺は結願直前の最後の方で参拝せざるを得ませんでしたが、二巡目の今回も同じことになりそうです。↑伊予小松駅下車徒歩15分程度で、第61番札所香園寺に到着しま...第六十一番札所香園寺及び第六十二番礼拝所

  • 今治城(No.79)

    2019年1月10日(木)四国遍路の中日、大三島の大山祇神社参拝の後、訪れました。このお城の特徴の一つは海水を取り入れた水堀がある点です。お堀の水に海水が入っているので、海の魚が入ってくるそうです。釣り好きの人にはたまらないでしょうが、禁止されています。この城は関ヶ原合戦後に藤堂高虎が海城として築いたそうです。築城開始は1602年で約5年かけて完成させたと考えられています。その後、高虎の養子の高吉が在城し、そして1635年に徳川家康の甥にあたる松平定房が今治城主となって明治維新まで続いたそうです。天守閣からは今治の街の様子が一望に見渡せました。今治城の石垣には白いつやのある石が混じっていますが、大理石だそうです。石垣に使われるのは珍しいそうです。今治城(No.79)

  • 大山祇神社

    四国八十八ヶ所お遍路の旅の中日の2019年1月10日(木)は大三島の大山祇神社へ行ってきました。今治駅から高速バスで1時間ちょっとです。↑大山祇神社パンフレットより天照大神の兄神さまの大山積神を祭神としており、全国の大山祇神社、三島神社の総本社です。↑総門天然記念物の大楠が見事です境内いたるところになる楠は本当に大きくて見事です。↑神門この中に拝殿があります国宝館にも行きました。↑パンフレットによると、全国の国宝・重要文化財の指定を受けた武具類の8割がこの大三島に保管されているそうです。鶴姫着用の日本唯一の女性用鎧も展示されていて見事でした。国宝館を後にして、奥の院・生樹(いきき)の御門へ歩いて7ー8分のところにあります。まさしく大楠の木が御門となっており、大楠の中を通っていくのです。大楠から素晴らしい氣をいた...大山祇神社

  • 第五十九番札所国分寺

    2019年1月9日(水)のお遍路この日最後の三番目の札所は第59番札所国分寺でした。第58番札所仙遊寺で奇跡的な再会があって、温かい気持ちに満ち溢れていました。仙遊寺からの道中でも美味しいお蕎麦屋さんでお腹も暖かく満たされました。14:50頃、国分寺に到着しました。第59番札所金光山最勝院国分寺↑本堂本尊薬師如来↑大師堂↑握手修行大師お大師さまの右手と握手ができるようになっています!↑立て看板に思わず笑ってしまいました。たしかにお大師さまは大変お忙しい!あれもこれもはいけませんよね♬↑境内の七福神さま前回はなかったのですが、今回はしっかり防寒グッズ?(笑)をお召しになっておいでで、暖かそうでした!国分寺を15:25過ぎに後にしました。国分寺はJR伊予富田駅と伊予桜井駅のちょうど真ん中にあります。(伊予富田駅の方...第五十九番札所国分寺

  • 第五十八番札所 仙遊寺

    お遍路二日目の2019年1月9日(水)の2番目の札所は、第58番の仙遊寺でした。第57番の栄福寺から約4キロ、約1時間を想定しました。午前10時過ぎに栄福寺を出発。午前11時すぎに仙遊寺の仁王門に到着しました。第58番札所作礼山千光院仙遊寺本尊の千手観世音菩薩は海から川を上ってきた竜女が一刀三礼して彫ったとも、あるいは竜宮から届けられたとも言われているそうです。↑仁王門に行く上り坂の手前にある龍女宮の鳥居さて、大変立派な仁王門ですが、実はここからの階段が結構辛いのです!久しぶりの長い階段。。。息が切れて休むこと数回やっと境内にたどり着きました!↑本堂本尊千手観世音菩薩↑修行大師像と周囲を取り巻く四国八十八ヶ所の本尊の石像。ここで八十八ヶ所のお砂踏みができます。大師堂の写真を今回撮り忘れたようなので、前回の写真を...第五十八番札所仙遊寺

  • 第五十七番札所栄福寺

    2019年1月9日(水)二日目の最初の札所は、第57番の栄福寺からです。この日も、最初は今治駅前のせとうちバスに乗ります。バス乗り場の近くに、「猿飛佐助」の銅像があります。不思議に思ったところ、猿飛佐助の小説の原作者が今治出身の一族だったため、このような銅像が建てられているようです。8:12発の神子森方面行きに乗り、昨日確認した小泉というバス停で下車。(わずか8分の乗車ですから、軽く歩ける距離ではあります)途中、例の蒼社川を渡って行きます。この川が氾濫して、弘法大師空海が土砂加持の秘法をされたんだなぁ。。。と感慨深く橋を渡りました。↑絶妙な場所にある遍路の道しるべ感謝です!↑そうそう、この風景覚えている!一巡目の記憶が蘇ります。道はコンクリートで舗装されているものの、この風景大好きです。↑約40分ほどあるいて、...第五十七番札所栄福寺

  • 今週は4泊5日で68番〜84番打ってきました

    先月のお遍路記事を少しずつ更新中です。今週は17札所打つことができました。あと8札所で二巡目結願です。伊予の60番、65番と讃岐の66番と67番が抜けています。おそらく残りの札所は仕事の都合もあるので、日帰り遍路中心で巡拝することになりそうです。今週の記事は順次あげていきたいと思います。今週は4泊5日で68番〜84番打ってきました

  • 第五十六番札所 泰山寺

    2019年1月8日(火)お遍路三番目でこの日最後の札所です。南光坊から約3キロ。15:40頃到着しました。高台にあって低い石垣に囲まれた開放的な雰囲気の札所です。第56番札所金輪山勅王院泰山寺↑本堂御本尊は地蔵菩薩です。弘法大師空海がこの地を訪れたところ近くの蒼社川の氾濫に村人が苦しんでいたそうです。地元の人は「人取川」と呼び氾濫は悪霊の祟りによるものと恐れていたそうです。そこで大師は堤防を築いて土砂加持の修法をされて祈願が成就したという話がのこっています。満濃池の話は有名ですが、ここのように他にも多くのよく似た話が残っているようです。大学院の修学でもこのようなエピソードはもっと広範囲に調べてみたいと思っています。↑大師堂↑本堂の向かいにある地蔵車。これを回すと六道輪廻の絆を断つことができると言われています。↑...第五十六番札所泰山寺

  • 第五十五番札所南光坊

    2019年1月8日(火)延命寺を後に、この日二番目の札所の南光坊へ。延命寺から約4キロ約1時間です。13:00頃延命寺をスタートして南光坊へ向かいました。↑このような遍路道の矢印ステッカーが貼ってあるのでとてもありがたいです!想定より少し早めの13:50頃到着第55番札所別宮山金剛院南光坊に到着。↑大戦時に大師堂と金比羅堂以外は消失したそうです。(今治空襲)↑とても立派な鐘楼門です。↑この鐘楼門で鐘を突かせていただきます。威風堂々とした四天王像がおられます!↑境内からみた鐘楼門↑本堂ご本尊は大通智勝如来です。南光坊は、もともと瀬戸内海大三島にある大山祇神社の別当寺として建立されました。南光坊のお隣に、大山祇神社の別宮があります。(写真は後ほどに)↑大師堂と鐘楼門南光坊巡拝ののち、お隣の別宮大山祇神社へ。↑近くの...第五十五番札所南光坊

  • 第五十四番札所 延命寺

    2019年1月8日〜11日四国遍路の旅を振り返って記事をアップします。1月8日(火)一年ぶりのお遍路です。今日は巡拝札所も少ないのでゆっくりめのスタートです。↑瀬戸大橋を渡る電車から眺める瀬戸内海。今までのお遍路を思い出しつつ、また再開できるよろこびを噛み締めました。↑今学んでいる高野山大学大学院(通信課程)では「遍路学」という科目があります。まだ修学できていませんが、来期は是非とも単位を取りたいと思っています。ちなみに大学院の履修単位には「遍路実習」というのもありますが、私はすでに二巡目なのでこの単位は取得するつもりはありません。10:41JR今治駅着荷物をホテルに預けてスタートです。以前にも書きましたが、私の場合は駅近の宿を拠点にした通い遍路です。(今回は今治駅近で2泊、伊予西条駅近に1泊しました。)↑駅前...第五十四番札所延命寺

  • 科目最終試験レポート無事提出

    科目最終試験レポート3本無事!?完成\(^-^)/メールで提出完了。今週の仕事が急遽キャンセルとなったので急遽四国お遍路に出発することにしました。そういえば前回の遍路記事何も書けていませんね。(ごめんなさい)今期最後のレポートも書けたので、少しずつブログもキャッチアップの予定です。立春の日にお遍路に旅立てる喜び♬明日は誕生日でしかも新月このタイミングで、お大師様の故郷を歩けるなんて!「無我の大我」の境地は遥か遥か彼方ですが、全ての生きとしいけるもののために一杯一杯祈りを捧げてきます❤️感謝〜合掌〜科目最終試験レポート無事提出