プロフィールPROFILE

萬連の「悠々去来に生きる」さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
萬連の「悠々去来に生きる」
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/manren0406
ブログ紹介文
四国八十八か所お遍路や全国の神社仏閣参拝など、趣味の写真とともに、日本人のこころを考える。両親の介護
更新頻度(1年)

98回 / 365日(平均1.9回/週)

ブログ村参加:2016/11/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、萬連の「悠々去来に生きる」さんの読者になりませんか?

ハンドル名
萬連の「悠々去来に生きる」さん
ブログタイトル
萬連の「悠々去来に生きる」
更新頻度
98回 / 365日(平均1.9回/週)
読者になる
萬連の「悠々去来に生きる」

萬連の「悠々去来に生きる」さんの新着記事

1件〜30件

  • 今年初めてのお山へ(高野山教学講座)

    2020年2月15日(土)〜16日(日)は、高野山教学講座〜おとなの寺子屋〜(中級編)に参加してきました。お山(高野山)は今年初です。修正会や常楽会など、年初からのお山での行事に参加したかったのですが、今年は年初から仕事が沢山入ってしまい、行くことができませんでした。常楽会は、参加のため14日夜から二泊を計画していたのですが、結局日程を変更せざるを得ずで、残念でした。来年は是非とも参加できますように。16日(日)は終日激しい雨が降っていました。教学講座は大師教会で行われました。昨年4月末に開催された、教学講座(初級)に参加しました。その時には「仏前勤行次第」をいただき、唱え方や心構えを習いました。お蔭様で、毎朝、出張時も「ほぼ」毎日お勤めができるようになりました。↑出張先の宿でも、朝のお勤めをしています。大変簡...今年初めてのお山へ(高野山教学講座)

  • 2020年2月14日 第三候 魚氷にのぼる(立春末候)

    記事アップが遅れてすみません。遅ればせながら、2月14日は、バレンタインデー🎶ではありましたが(笑)七十二候では第三候「魚氷にのぼる」(立春末候)でした。川や湖の水がぬるんで、氷が割れて魚が跳ね上がる頃だそうです。今年は特に暖冬ですから、西日本では、川や湖どころか、水たまりにも氷が張った光景を見ることはなくなりましたね。。。二月から順次各地で渓流釣りが解禁になるそうです。岩魚(いわな)や山女魚(やまめ)、天魚(あまご)など、川釣りが好きな方は解禁が待ちきれない頃なのでしょうか?私は食べるの専門ですから、(笑)塩焼き〜唐揚げ〜いいですね🎶🎶岩魚などは特にえさの多い夏が美味しいそうです。旬の野鳥は、「めじろ」です。目の周りに白いふちどりの「めじろ」は可愛いですね。さて...2020年2月14日第三候魚氷にのぼる(立春末候)

  • 科目最終試験レポート提出間近

    今期の科目最終試験レポートの提出期限は、2月28日。『密教史概説』『弘法大師伝』『高野山学』『般若心経秘鍵』4科目。現在、出張の合間に頑張って作成しています。提出目標は2月19日としており、約8割完成しました。あとひと息です。スクーリング以外の科目(自宅で修学し、レポートを提出する科目)では、一年目の昨年は、『密教学概論』(4単位)、『密教入門』(2単位)、『即身成仏義』(2単位)の計8単位を取りました。レポートの書き方もほとんどわからない状態で、手探りの一年でした。引用文を集めて、組み合わせていきましたが、自分自身の言葉になり得ていなかったり、そのテーマの理解や考察が浅いままで終わったような気がします。今年は、『密教史概説』(4単位)、『弘法大師伝』(2単位)、『高野山学』(2単位)、『般若心経秘鍵』(2単位...科目最終試験レポート提出間近

  • 柳井(山口)散策

    今週は出張で山口県内に滞在中。今日は祝日で仕事もお休みなので、柳井を散策しました。JR柳井駅に到着後、まずは観光案内所で情報収集。今日の旅程を決めました。<旅程計画>・般若姫伝説で知られる「般若寺」公共交通機関はないので、タクシー(片道約2000円)・柳井駅近辺に戻って、ランチ(お寿司が食べたい!)・柳井駅近辺の「白壁の町並み」散策町並み周辺にある、瑞相寺、普慶寺、国木田独歩旧宅等も・やまぐちフラワーランド公共交通機関はないので、タクシー(片道定額900円)お天気も良く、とても気持ちのよい一日でした🎶⭐️般若寺⭐️神峰山用名院般若寺真言宗御室派で、「中国観音霊場特別霊場」「山陽花の寺霊場第三番札所」「周防国観音霊場第六番札所」このお寺は般若姫伝説で知られています。約1400年前のことです。橘豊日...柳井(山口)散策

  • 第二候 鶯、鳴く &獅子座の満月

    今日は立春次候黄鶯睍睆く(うぐいすなく;鶯、鳴く)梅に鶯〜ですね🎶早春に鳴くので「春告鳥(はるつげどり)」とも呼ばれます。昔は山際の一軒家の住んでいたので、鶯の鳴き声はよく聞いていました。街中のマンション暮らしになってからは鳴き声を聞かなくなって、ちょっと残念です。花の七十二候では、「馬酔木壷」(あせびつぼとなる)小さな壺型の花が多く咲いて可愛いです。花は可愛いのですが、枝葉に「アセボチン」という有毒成分を含んでいるそうです。アセビ(馬酔木)-庭木図鑑植木ペディア【画像】万葉集にもその名が登場するほど古くから日本の庭に使われてきた・・・アセビの落ち葉には他の植物の成長を抑制する物質が含まれており、アセビの下では他の植物が育ち・・・アセビ(馬酔木)-庭木図鑑植木ペディア花言葉は「犠牲心」「私の身と...第二候鶯、鳴く&獅子座の満月

  • 立春

    二十四節気も一巡し、旧暦の新たな一年の始まりです。第一候立春初候東風凍を解く(とうふうこおりをとく)東風は「こち」とも読みます。東風とは、春風のことです。であれば南風でもよさそうなのですが、中国の陰陽五行説で、春は東を司ることから「東風」と呼ぶのだそうです。また、「冬至」と「春分」の中間点でもあります。これからどんどん日が長くなっていきますね。🔼写真:日和佐海岸(2017年冬)花の七十二候では立春初候「梅花馥郁」(ばいかふくいくたり)一連の梅の花の写真は、今年のものではなく恐縮ですが、昨年の防府天満宮での梅の花です。梅の花は種類によって咲く時期が異なるので、これから長い期間楽しむことができますね。梅といえば、やはり新元号「令和」の典拠の『万葉集』の梅花の歌ですね。初春の令月にして気淑(き...立春

  • 2020年1月30日 大寒末候 「鶏、始めて乳す」

    また後日の記事アップで失礼します。1月30日はいよいよ七十二候も最後の候を迎えました。第七十二候「鶏始めて乳す」鶏が卵をうみはじめるころ。鶏は江戸時代から採卵の目的で飼い始めたようで、庭にいる「庭鳥」が転じて「鶏」と呼ばれるようになったと言われています。(『七十二候がまるごとわかる本』より)花の七十二候では、「薺生雪下」(なずなゆきのしたにしょうずる)なずなは「ぺんぺん草」とも呼ばれていますね。なずなは止血や吐瀉の効果があるとされていたようで、第一次世界大戦の時代に、イギリス軍はなずなの抽出液を止血剤の代わりに使って、怪我人の手当てをしたようです。(『花の七十二候』より)次はいよいよ立春で二十四節気七十二候も最初に戻りますね。最近仕事と大学院の修学で、なかなかカメラ持って外に出かけられないのが残念です。でも...2020年1月30日大寒末候「鶏、始めて乳す」

  • 旧暦正月(1月25日)水瓶座の新月 第七十一候 「水沢腹堅し」

    またまたすみません1日遅れの記事アップです。1月25日(日)の昨日は大寒次候(第七十一候)「水沢腹く堅し」(みずさわあつくかたし)あるいあ「水沢、氷を張る」とも言います。沢の水が厚く氷を張りつめる頃です。でも今年は暖冬ですね。最近では、私の住んでいる近辺では氷の張った風景はほとんど見かけなくなりました。やっぱり地球温暖化の影響なのでしょうか。。。『日本の七十二候を楽しむー旧暦のある暮らし』(東邦出版)によると、「冬至を過ぎ、たとえ寒さが厳しい日にも、太陽の光は強さを増して、日射しは一日に畳の目一つ分ほど伸びていきます」とあります。「畳の目」で日射しの長さを感じて、春を待ちわびる。。。素敵ですね!でも、マンションと洋間での生活様式が多くなった現代社会では、すっかり縁遠くなっているので、ちょっと残念です「畳の目」...旧暦正月(1月25日)水瓶座の新月第七十一候「水沢腹堅し」

  • 大寒 初候 「款冬華さく」春の仕度着々と

    今日から大寒です。西日本では先週の小寒の方が寒かったような。中国では新型肺炎が流行り始めて、ちょっと不安ですよね。。。さて、今日は第七十候で大寒「款冬華さく」(ふきのとうはなさく)花の七十二候では「蝋梅擬蜜」(ろうばいみつになぞらえる)だそうです。あ、いい香りがするな〜と思ったら、今の季節蝋梅が咲いていたりしますよね。梅より花の香りが強いので、香梅とも呼ぶそうです。花言葉は「先導」「先見」「慈愛心」残念ながら出張中につき、蕗の花や蝋梅を探して写真をアップできません。。。代わりに、南天の写真!!!四国八十八箇所第22番札所平等寺で数年前に撮影した南天です。大寒の旬の草花です。「難を転じる」という意味もあって、縁起が良い植物です。冬は自然は色目の少ない季節ですが、蝋梅や南天などの鮮やかな色合いを見つけると元気がでま...大寒初候「款冬華さく」春の仕度着々と

  • 出張中の心の整え方

    新年始まったばかりですが、想定外に仕事が入りしばらく「出張漬け」の日々が続きます。来月末締め切りの科目最終試験レポート、のんびり仕上げられると思っていたのですが、またもや仕事の合間の時間を捻出するのに腐心しそうです。4科目中、まだレポート評価が返ってきていない科目が一つあります。科目最終試験のお題目がまだわからないので、構想を考えることができません。締め切りギリギリに出すと、こういうことになるのですね。でもすでに1ケ月以上経過しているので、早く返って来ることを祈るのみ!(笑)メールで事務局にお願いしたところです。とはいえ、まだ他の3科目のレポート作成中ですし、月末までに届けばどうにかなると思っています。修学は案外時間がたっぷりある時の方がはかどりません。逆に、時間が限られる時の方が、集中できるので効率的が上がっ...出張中の心の整え方

  • 第六十九候 小寒末候 「雉始めて鳴く」と淡路島十三霊場

    今日は小寒の末候「雉始めて鳴く」(第六十九候)です。雉のオスが、メスに恋して鳴きはじめる頃だそうです。オスはメスを求めて甲高い声で鳴くらしいですが、実際には三月頃らしいです。旬の草花としては、蝋梅香りがいいですよね〜🎶花の七十二候では「満作踊咲」(まんさくおどりさく)https://www.hana300.com/mansak.html他の花に先駆けて咲くので「まず咲く花」から、だんだんと「まんさく」になったらしいです。いよいよ次は大寒の初候少しずつ立春に近づいていますね!さて、今週月曜日の13日には淡路島の「十三霊場巡拝ツアー」に参加しました。奇数月13日が南コースで偶数月13日には北コースのツアーがあります。淡路島にそのような霊場巡拝ツアーがあるとは知りませんでした。淡路島十三仏霊場公式サイ...第六十九候小寒末候「雉始めて鳴く」と淡路島十三霊場

  • ひとりの時間こそ、所作に心がける

    今年は最近集中的に学んできた仏教(密教)の考え方を、自分の経験の中で消化させていくことに、気を配っていきたいと思っています。ひとりでいる時ちゃんとした所作で過ごしたいと思っています。今年はいつも仏さまに見られている感覚を習慣づけるように努めています。食事の所作、大事です!姿勢を崩して適当に食事をしていると外でも、無意識にそんな食べ方になってしまいます。特にスマホしながらの食事は論外。姿勢が崩れるし何を食べたかわからないままあっという間に食べてしまう。まさに犬食いです。食事の時はスマホは見ないちゃんと姿勢を正して食事を感謝しながら味わう。特におひとりさまはひとりの時間が長いからひとりの時も人一倍、この点に留意すべきです。食事の所作が崩れた人それがその人の全てを表している私はそう思っています。生活全般が乱れているの...ひとりの時間こそ、所作に心がける

  • 幻のカレーと伏見稲荷

    昨日1月11日はずっと来てみたかった幻のカレー屋さんに来ることができました。お店の名前「スーリヤ宝塔寺カレー」詳しく書かれている記事を見つけたので、こちらもご覧ください。知る人知る予約制の独創的カレー「スーリヤ宝塔寺カリー」【京都】(2019年7月31日)-エキサイトニュース深草駅より徒歩数分、予約制のオリジナリティあふれるカレー店「スーリヤ宝塔寺カリー」。限定営業なので、営業日は要チェックなり。完全予約制のマニアックカレーいやー、オリジナリティ感溢れるなかなかに変わった...知る人知る予約制の独創的カレー「スーリヤ宝塔寺カリー」【京都】(2019年7月31日)-エキサイトニュースいやぁ〜本当に素晴らしかったです誘ってくれた友達に感謝❣️伏見稲荷神社もお参りしました。あーやっぱり人、人、人でした。ここは早朝か夕...幻のカレーと伏見稲荷

  • 第六十八候 水泉動く/猫柳白尾

    記事アップが1日遅れました。2020年1月11日第六十八候小寒次候「水泉動」(すいせんうごく)地中で凍っていた泉が動き始める頃です。花の七十二候では「猫柳白尾」(ねこやなぎおをしろくする)鎮痛剤でおなじみのアスピリンは、なんと柳と深い縁がありました。柳の樹皮の抽出エキスは大昔から鎮痛・解熱によく用いられていたそうです。柳の樹皮からその薬効成分であるサリシンの分離に成功。サリシンの分解物のサリチル酸が合成されるようになったそうですが、副作用が強かったみたいです。その後アセチル化に成功して、副作用の少ないアセチルサリチル酸の合成に成功したそうです。それが現在おなじみのアスピリンなのだそうです。自然の力と医薬品開発の歴史素晴らしいですね!カバー写真は二年前の四国霊場第四十四番札所大寶寺へのへんろ道です。今年は例年に比...第六十八候水泉動く/猫柳白尾

  • スーツケースのホイール用カバー

    スーツケースの靴下🎶Amazonなどでは「スーツケースホイール用カバー」で検索してみてね。室内で保管するとき、また宿坊など和室に宿泊する時、課題でした。これで解決〜❤️可愛いですよ❤️スーツケースのホイール用カバー

  • 高野山大学選書

    高野山大学選書全5巻高野山大学選書刊行会編一冊、また一冊と増えて全5巻揃ってしまいました。著名な先生方が様々なテーマで書かれていて非常に読み応えもあり、修学に役立っています!!!レポートで何かヒントを見つけたい時にも、よく参考にさせていただいています。参考文献もしっかり書かれてあるので、さらに深めて調べることもできます。科目最終試験レポート4本(うち、1本はまだレポートの評価が返ってきていませんが)2月末が締め切りです。現在少しずつ構想を練っています。ここに焦点を当てて書きたいか自分は何を言いたいのかそのために、何を調べるべきか原典は使えるか。。。最終試験のレポートは制限字数も限られていますので、散漫にならないように、効率的効果的な表現で書かねばなりません。結構難しいのです。高野山大学選書

  • 長谷園さんのエッグベーカー なかなか良いです🎶

    伊賀焼窯元の長谷園さんのエッグベーカーとってに簡単に美味しくできます。電子レンジで1分ちょっと🎶加熱しすぎないように注意しましょう。お一人さまにはとっても重宝です。長谷園さんの炊飯鍋「かまどさん」も重宝しています。長谷園さんのエッグベーカーなかなか良いです🎶

  • 春の七種の歌 (第六十七候小寒初候 「芹乃栄う」)

    今日は小寒初候「芹乃栄」(せりさかう)です。いよいよ「寒の入り」です。「小寒の氷、大寒に解く」といわれ、小寒の方が大寒よりむしろ寒いみたいですね。暖かくしてお過ごしくださいね。今日は「七草がゆ」の日。起源は中国からで、官吏昇進が決まる朝に、薬草である若菜を食べて立身出世を願ったそうです。日本では、平安時代に宮廷の儀式で七草がゆを食すようになり、江戸時代から一般に定着して、「五節供」の一つの「七草の節供」に定められました。春の七草は「セリ、ナズナ、ゴギョウ(ハハコグサ)、ハコベラ(ハコベ)、ホトケノザ(タビラコ)、スズナ(カブ)、スズシロ(大根)」春の七草〜と学生時代に暗記させられました🎶七草がゆは、もちろん実用面でも、正月のご馳走で疲れた胃腸を休める効果があるよいうことはよく言われますよね。さて...春の七種の歌(第六十七候小寒初候「芹乃栄う」)

  • 元町でランチ (デイズキッチンベジタブルハウス)

    今日は元町映画館で映画「みとりし」を観たあと、元町でランチをいただきました。DaysKitchenVegetableHouse(デイズキッチンベジタブルハウス)今日は久しぶりにお肉^_^ステーキランチ(1600円)フォカッチャとミネストローネ付き(^。^)野菜だけのプレートや野菜ピッツァもおススメです。前回は野菜のピッツアをいただきました。前回の記事はコチラ!この夏で引っ越して来て2年となるのに出張ばっかりで神戸を十分に満喫できていませんT^Tもっと神戸ライフ楽しまなきゃ❣️4月22日(月)神戸元町の乙仲通り沿いのDaysKitchenVegetableHouse野菜のピッツアをいただきました❣️お野菜をしっかりいただきたい時の地元お勧めのお店のようです。ランチプレートも美味しそうでした。また来ます♬野菜のピッ...元町でランチ(デイズキッチンベジタブルハウス)

  • 映画「みとりし」をみてきました!

    ずっと気になっていた映画「看取り士」神戸の元町映画館で今日から上映!やっとみる事が出来ました。日本看取り士会柴田久美子会長の講演会を聞きに行ったのが、今から約4年前のことです。弘法大師空海の誕生の地、香川県善通寺が会場でした。2015年に母を看取って以降のことでした。柴田さんのお話を、母の看取りの想い出を走馬灯のように蘇らせながら、拝聴したのを覚えています。あの時も映画の構想についてお話されていました。そして、ついに映画化が実現!随分前から全国各地で上映されているのは知っていましたが、なかなか機会がありませんでした。そして、今日やっと!見る事が出来ました!!!今日が初日で上映後に白羽弥仁監督の舞台挨拶がありました。小さな映画館ですが超満員!!!多くの方が興味をお持ちだということがわかりました。超高齢化社会病院で...映画「みとりし」をみてきました!

  • 初夢

    初夢皆さんは見ましたか?私は見たのか見てないのか覚えていません。。。いつも大抵そうなんです。夢を見たような気がするけれど朝起きたら覚えていません。。。ご自分の夢を記録し続けた明恵上人の『夢記』が有名ですし、周りにも夢日記つけているという人がいます。私にとっては驚異です!素晴らしいです!!!さて、初夢は「一、富士」「二、鷹」「三、茄子」と言われ、めでたい初夢のランキングですよね。でも何故なんでしょう?これは江戸時代からのようで、これらすべては駿河(今の静岡県)の名物だそうです。徳川家康にあやかりたいという庶民の願望があったようです。(飯倉晴武著『日本人のしきたり』(青春出版社)より)へぇ〜知らなかった!もちろん、富士山のように気高く、鷹のように勇敢にここら辺はなんとなく想像できましたが、茄子は。。。花が無駄なく結...初夢

  • 「ありのままに生きる」氷川きよしさんの勇気にエールを送る

    昨年の大晦日の紅白歌合戦。30日に大掃除も終えて、めずらしく最初からのんびり見ることができました。年末は、2015年に看取った母との想い出をいろいろ回想する時期です。母との一番の想い出といえば、母と全国津々浦々行った氷川きよしさんのコンサートです。私の父が他界後、母の心を終末期までずっと支えてくれていたのが、氷川さんの存在でした。さて、昨年デビュー20周年の年に、氷川さんの大きな変貌ぶりがよく取り上げられていました。私にとって、母を支えてくれた「恩人」だし、私も大ファンでした。母の看取り前後からは、母が居るから、私の中での氷川さんの存在が大きかったことが徐々にわかり、いつのまにかファンを卒業していた感がありました。また、ちょうど私自身が人生の変換点に遭遇してもいました。氷川さんのことは気にかけていたものの、母の...「ありのままに生きる」氷川きよしさんの勇気にエールを送る

  • 修学再開です!

    なんたってお一人様ですから〜(笑)とっても静かなお正月です!以前は年末年始や年度の変わり目は、家族のおられる方々と比較して落ち込むこともあったのですが、密教を学び出してからは、そんな心の変動はごく限定的になってきました。さて、年末年始はのんびりできましたので、そろそろ修学を再開しようと思っています。「遍路学」は今年度はレポートを出していないので、単位は取れませんが、来年度に向けてテキストを読み始めます。まもなく、三巡目の四国お遍路も始めます。修学効果で、今までとはまた違った感じ方のできるお遍路にしたいです。大学では「遍路実習」というのもありますが、私はすでに二巡目結願済みなので実習単位は取らないのではないかと思っています。(まだわかりませんが。。。)さて、昨年末に出したレポート10本中、年末に8本返ってきました...修学再開です!

  • 「ありのままに生きる」勇気にエールを送る

    昨年の大晦日の紅白歌合戦。30日に大掃除も終えて、めずらしく最初からのんびり見ることができました。年末は、2015年に看取った母との想い出をいろいろ回想する時期です。母との一番の想い出といえば、母と全国津々浦々行った氷川きよしさんのコンサートです。私の父が他界後、母の心を終末期までずっと支えてくれていたのが、氷川さんの存在でした。さて、昨年デビュー20周年の年に、氷川さんの大きな変貌ぶりがよく取り上げられていました。私にとって、母を支えてくれた「恩人」だし、私も大ファンでした。母の看取り前後からは、母が居るから、私の中での氷川さんの存在が大きかったことが徐々にわかり、いつのまにかファンを卒業していた感がありました。また、ちょうど私自身が人生の変換点に遭遇してもいました。氷川さんのことは気にかけていたものの、母の...「ありのままに生きる」勇気にエールを送る

  • 三が日はネズミは「嫁が君」と呼ぶそうな

    「嫁が君」新年の季語ですが、正月の三が日はネズミのことを「嫁が君」(よめがきみ)というのだそうです!金田一春彦氏の『ことばの歳時記』によると、養蚕の盛んな地方ではカイコの害敵がネズミなので、ネズミという言葉を忌み嫌って、縁起を担いで「嫁が君」というとのこと。日本語って本当に面白いですね。写真は、お正月用に買ってきた干支のお干菓子。そして、伊勢神宮から届いた菊の神饌です。三が日はネズミは「嫁が君」と呼ぶそうな

  • 2020/01/02

    昨日の元旦はのんびり静かな一年のスタートでした。昨日はの元旦は、七十二候では、冬至末候「雪下麦を出だす」(せつかむぎをいだす)雪の下ではもう麦が芽を出す頃。植物は着々と春の支度を進めているのでしょうね。また、花の七十二候(注)では、冬至末候「水仙鮮香」(すいせんあざやかにかおる)ともいいます。水仙の原種は約50種もあるそうですが、早咲き系と遅咲き系があるので、12月頃から4月頃までよく見かけます。遅咲き系は大きい花の種が多いそうです。花言葉は、「神秘」「自惚れ」「我欲」「自尊心」「詩人の人」など。中国でも西洋でもいろいろな説話がありますし、日本では越前岬一帯の群生にまつわる説話も興味深いですよ。水仙や寒き都のここかしこ(蕪村)水仙の写真は、以前四国のへんろ道等で撮影したものです。私は清楚な美しさと香りが大好きで...2020/01/02

  • 新しい年が始まりました!

    神戸に住み始めて三回目のお正月を迎えました。相変わらず仕事と大学院の両立の一年になりそうですが、昨年の反省から、予定は詰め込みすぎない。休養日をきちんと設ける。この点は配慮しながら、やっていこうと思っています。心穏やかに、健康でありますように。自分の心の軸がぶれずに、周りの方々や社会に少しでもお役に立てますように。そして、世界が平和になりますように。今年もよろしくお願いいたします。新しい年が始まりました!

  • お飾りと盛り塩

    昨日30日に全ての大掃除が終わって、今日大晦日はのんびりできそうです。盛り塩は先日伊勢のおはらい横町で新たに入手したお皿に用意しました。自分の干支とその反対側の干支を対にして玄関左右に置いたらよいそうです。以前のお皿より小さくなったので、型も新しく買ったのですが、ちょっと盛り塩の形が綺麗に仕上がらなかった(^^;)前の型の方が作りやすかったかもですが。。。まぁ使い慣れることを期待しております。お飾りもお伊勢さんのお飾りです。今回で三年目。お伊勢さんのお飾りは一年中飾るのです。昨日、神棚も仏壇も綺麗に整いました。今日はこれから近くの神社にお礼参りに行ってきます。お飾りと盛り塩

  • 年末の大掃除完了!

    今日は大晦日今年一年もあっという間でした28日は日帰りで岡山に帰郷。吉備津神社(写真)と吉備津彦神社参拝、そしてお墓参りをすませました。自宅の片付けや大掃除は昨日30日で無事終了。家の中が少しずつ綺麗になっていくと心の中も綺麗になっていく感覚がありますね。黙々と片付け・掃除しながら、今年のこと来年のこと、いろいろな想いを巡らせました。ある意味、動的瞑想かもしれません。小さい頃から育ってきた一件家の自宅だった頃、一人っ子で高齢の両親の元では私が一人で年末の大掃除に奮闘していました。年末は正直地獄でした。。。庭の草抜きもあって、全てが終わるのに10日以上かかっていました。そして、除夜の鐘を聴きながらどうにか終わって、肩こりで手が痺れた状態で、新年を迎えていました。。。いくら片付けても片付けても、片付かない。。。綺麗...年末の大掃除完了!

  • 冬至の日に

    日付が変わってしまいましたが、昨日は冬至でした。☀️一陽来復☀️新たな再生が始まりました!昨日は今年最後の高野山密教瞑想会(月輪観)@京都でした。月一回の瞑想会ですが、秋は超多忙でしばらく参加できていませんでした。導師さまの指導による久しぶりの月輪観。とても穏やかな時間でした。瞑想が終わったのち、導師さまと参加者でお話しをする時間があります。この時間にいろいろな気づきがあります。太陽の話。。。日の出の直前周りが赤くなってきて、太陽が顔を出すその直前素晴らしいエネルギーに満ち溢れている数日前の伊勢の宇治橋での日の出を想起しました。そして、瞑想の経験のこと。。。人はどうしても、時間軸や場所で区切って考えてしまいがちですが、今の人生(現世)だけでなく、以前の人生(過去世)で経験は蓄積されているかもしれないということ。...冬至の日に

カテゴリー一覧
商用