プロフィールPROFILE

ベルト・バックル 修理 伊東金属製作所さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ベルト・バックル 修理 伊東金属製作所
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/itokinzoku
ブログ紹介文
革ベルトやバックルの修理、革漉き、型抜きその他、幅広く紹介して行きます。
更新頻度(1年)

202回 / 362日(平均3.9回/週)

ブログ村参加:2016/11/08

ベルト・バックル 修理 伊東金属製作所さんのプロフィール
読者になる

ベルト・バックル 修理 伊東金属製作所さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,969サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 10 10 0 0 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ファッションブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,461サイト
ベルト・バックル 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(OUT) 55,692位 58,037位 64,647位 76,748位 圏外 64,996位 64,823位 979,969サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 10 10 0 0 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ファッションブログ 1,176位 1,229位 1,403位 1,715位 圏外 1,413位 1,439位 32,461サイト
ベルト・バックル 1位 1位 1位 1位 圏外 圏外 圏外 10サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,969サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 10 10 0 0 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ファッションブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,461サイト
ベルト・バックル 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ベルト・バックル 修理 伊東金属製作所さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ベルト・バックル 修理 伊東金属製作所さん
ブログタイトル
ベルト・バックル 修理 伊東金属製作所
更新頻度
202回 / 362日(平均3.9回/週)
読者になる
ベルト・バックル 修理 伊東金属製作所

ベルト・バックル 修理 伊東金属製作所さんの新着記事

1件〜30件

  • ダンヒル 替えベルト作成

    ダンヒルの交換用ベルト作成依頼です。こちらは表面です。このベルトはリバーシブルですので、裏面は同じ黒でも型押しの革で仕上げています。裏面です。雰囲気が変わります。革問屋さんでは角シボといえば通じますが、ネットではよくサイファーノレザーなどと呼ばれています。プラダがそのように言っているで、ネットが主な情報源の消費者間ではサイファーノレザーなのだと思います。が、革問屋さんへそのように言っても、よっぽど個人的に海外のブランド物が好きな方でなければたぶん通じないでしょうね。依頼前のベルトです。まだ使えそうですが、穴周りが傷んでで来ています。ベルト表面の比較です。上段が今回作成のベルトです。革の風合いも似たものを使いました。ダンヒルには艶のあるドレッシーなベルトが似合います。穴間は広すぎると使いにくいので、お客様と相談し...ダンヒル替えベルト作成

  • ラルフローレン ベルト リバーシブル修理

    ラルフローレンのベルト修理です。非常にこのモデルでは多い故障です。今年紹介した同様のブログだけ検索しても、ざっとこのくらいは楽にあります。同様の故障修理ラルフローレンベルトリバーシブル引っこ抜けポロラルフローレンリバーシブルバックル修理ポロラルフローレンリバーシブルベルト修理剣先にポロのロゴが入ったモデルです。回転軸をネジに交換します。ネジだと下穴にネジ切りする作業が必要ですが、壊れる前はネジではなく、打ち込んで留める仕組みになっています。ですので強く引っ張られると抜けてしまうのです。しかし工程を省いて簡単に作れますから、コスト見合いでそのような仕様なのだと思います。購入する際には見えない部分ですし、消費者にはわからない部分です。色々リバーシブルのベルトを修理していますが、ベルトの販売価格によって、打ち込み式~...ラルフローレンベルトリバーシブル修理

  • トレンチコート バックル修理 革の色変更

    トレンチコートのバックル修理です。このバックルはバーバリーですね。このブログを見ていただいてご連絡いただきました。ありがとうございます。ブログに出ているモスグリーンに変更したいというご希望でしたが、あいにく革の在庫は変動しますので、数年前の記事と同じ色はなかなかご用意できません。在庫がある中で選んでいただく形となりました。こちらの革で作業します。出来上がりです。ご満足いただけたようでした。こちらは黒革で修理してほしいというご依頼でした。アクアスキュータムだと思われます。最近のトレンチコートは黒いバックルが多いので、アンティークトレンチコートから現代風にアレンジですね。出来上がりです。こちらは通常通り、同じ色合いでの修理です。こちらもアクアスキュータムです。同じ色合いの革を選択します。出来上がりました。以前、アク...トレンチコートバックル修理革の色変更

  • バーバリー ベルト バックル修理

    バーバリーのベルト修理です。まずは一番多い修理から紹介します。バックルのコの字部分がはずれています。ここはリベットを打ち込んで留めているのですが、非常に抜けてしまう修理依頼が多いです。同じ故障の修理バーバリーベルトバックル修理部品も残っていないので製作しました。再び抜け落ちないように処置して修理完了です。頭部分をメッキしているので見た目も違和感ありません。こちらは違う修理でギボシ折れです。この形式のバックルをトップバックルと言います。頭だけ折れています。残った部分にネジを埋め込んで頭を取り付けます。修理完了です。ギボシの修理は必ずベルトも一緒に送っていただきます。穴の大きさがわからないと、頭を作ることができません。時々、普通の大きさでとおっしゃる方がいますが、普通っていう決まりはなく、0.数ミリ違っただけで再び...バーバリーベルトバックル修理

  • エルメス替えベルト作成とバックル修理

    エルメスの替えベルト作成です。できるだけオリジナルに近い感じで製作しています。エルメスコンスタンス用のベルトでしたら、弊社に寸法取り用の見本とバックルがありますので、長さだけいただければ製作できます。オーダーはバックルに差し込む穴から、剣先側の3つ穴の中心までの寸法をお願いします。エルメスのバックル修理です。ベルトを取り付ける芯棒が折れています。時計のバネ棒のような仕組みなのですが、破けてしまってます。交換用の部品を作成しました。取り付けて修理完了です。作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。画像が無いとどのようなベルトなのか、どういった作業なのかわかりませんので、お電話でのお問い合わせはお断りしています。かならず作業対象の現品の画像を添えてご連絡ください。お電話いただいても、メールかLINEで写真を送っ...エルメス替えベルト作成とバックル修理

  • ルイヴィトン リバーシブルベルト修理とベルトカット

    ルイヴィトンベルトの作業依頼です。2本お預かりしました。一本はリバーシブル回転部分のがたつきで修理、そしてもう一本も併せて同じ寸法にカットです。故障しているほうのベルトを分解します。想定通り中のバネが折れています。リバーシブルのバックルでは多い故障です。新たにバネを製作して交換します。弊社では鉄のバネは使いません。このように疲れ破壊が起きますので、銅を含むバネ用の合金を使って、しなやかなバネを作ります。バックルの修理完了です。そして2本まとめてカットです。こちらは同じベルトですが、リバーシブル回転軸折れです。バックルを分解します。このオレンジ色のネジの固着剤、これが曲者で、ネジが真鍮で作られているために、非常に外しにくくなっています。個体差はあるのですが、今回の個体はかなり強固でしたので、真鍮製のネジ頭が完全に...ルイヴィトンリバーシブルベルト修理とベルトカット

  • コーチ ベルト修理

    コーチのベルト修理です。バックルとベルトの連結がはずれています。それ以外の部分は特に故障はないようです。片方だけ連結用のピンが残っています。欠品している分を製作しました。頭の部分だけメッキして、再び抜け落ちないように挿入したら修理完了です。良く抜け落ちる下側の挿入は特に注意が必要で、組み立て方次第で再故障したり、壊れなかったりします。作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。画像が無いとどのようなベルトなのか、どういった作業なのかわかりませんので、お電話でのお問い合わせはお断りしています。かならず作業対象の現品の画像を添えてご連絡ください。お電話いただいても、メールかLINEで写真を送ってくださいと返答するだけになります。値段が気になる方は、弊社ホームページをご覧になってみてください。バックル部分の修理ベル...コーチベルト修理

  • LVベルトカット

    ルイヴィトンのベルトカットです。まずは縫製を解いてバックルをはずします。このように折り返し部分は、曲がりやすいように薄く漉いてあります。指定のサイズ分、小判穴をオフセットして開け直します。このベルトの場合、作業できる最小でご依頼をいただいていますので、こちらで判断して5.5センチとしました。全体を薄く漉くと、糸がほつれてしまうので、ステッチ部分のみ残して手作業で漉きます。新品であれば、薄くしてからミシンで良いのですが、ミシンがすでに入っいるので、新品のベルトを造りよりもサイズ変更のほうが手間がかかります。仮押さえしてカット位置を決めます。カットしてバックルを留めました。古い小判穴を完全に切り落せて、なおかつバックルを留められる、絶妙な最小のカット量です。裏面です。ギリギリ古い小判穴を切り落しているので、裏面が違...LVベルトカット

  • バーバリー トレンチコート バックル修理

    バーバリートレンチコートのバックル修理です。バックルをはずして、革の色を選定します。出来上がりました。昔、お客様が丸井で購入したコートだそうで、バックルが傷んできたので、10年以上もの間使えずにいたコートだそうです。バックルの修理に大変お喜びいただけまして、コートに取り付けたお写真を送ってくださいました。こちらのバックルは4点組みで、ネックストラップの部分が含まれています。モスグリーンにして欲しいというご希望でした。できました。これはバーバリーではないですが、おそらくアクアスキュータムだと思われます。似寄りの革で作り替えます。ピンがちょっと長いようです。サイズが合っていないので、これでは使いにくいと思い交換しました。修理受付はメールかLINEでのみ受け付けます。画像が無いとどのような状態なのかわかりませんので、...バーバリートレンチコートバックル修理

  • グッチ ベルトお直し

    グッチのベルト本体作り替え修理です。それほど傷みはないのですが、長さが合わずに本体付け替えました。長く使っていただくために、ステッチを入れています。革の質感はグッチに似合うような黒革をセレクトして、グッチっぽく、ドレッシーに製作しました。カジュアルな造りのベルトに付け替えると一気に残念なベルトになってしまいます。このあたりのチョイスが他所ではなかなかできないところです。バラバラのレディースベルトです。これもグッチです。元通りにはなりませんので、作り直しています。このベルト、実は逆巻きなベルトだったのです。レディースでは時々ありますね。でもお客様が使いにくいということで、正巻きの方向に直して作り替えています。ベルト通しのロゴの向きをひっくり返すだけなんですけどね。入手方法がわからないのですが、もしかしたら意図せず...グッチベルトお直し

  • TATRAS バックル修理

    タトラスのコートバックル修理です。バックルの蓋を留めるカシメがはずれています。このバックルは、バネもはずれやすいのですが、このバックルははずれないように、エポキシ樹脂のようなもので固定されています。あまりに故障が多いので、改良品なのかもしれません。カシメのパーツを製作します。工具が入りにくく非常に打ちにくい場所なので、小さな力でも確実に潰れて留まるように、形状に工夫が必要です。うまく固定できました。動作を確認して修理完了です。TATRASバックルの修理実績TATRASコートバネ紛失TATRASベルト修理コートの連結バックル修理作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。画像が無いと、どういった作業なのかわかりませんので、お電話でのお問い合わせはお断りしています。かならず作業対象の現品の画像を添えてご連絡くださ...TATRASバックル修理

  • ポルシェデザイン ベルト修理

    ポルシェデザインのバックル修理で、ギボシ抜けです。正面はこのようにPをデザインしたと思われるバックルです。まずは緩んで抜けたものなのか、引き抜けたものなのか見極めなくてはなりません。見極めを誤ると、また同じ故障の繰り返しになります。ネジ山を見る限りは、ちょっと潰れた感じで、引き抜けた疑惑があります。分解してネジを入れてみて確認します。やはりちょっと緩いようです。がたつきがあります。引き抜けたと考えると、同じサイズでは強度が足りずまた引き抜ける可能性があるのと、いまのネジ山はすでに潰れかけているので、オーバーサイズで切り直します。バックル側のネジ山が整ったところで、ギボシを製作して取り付けます。真鍮材削り出しにニッケルメッキを施しています。今回切り直したネジのサイズはM3.5というサイズで、元々のネジはM3でした...ポルシェデザインベルト修理

  • エルメス バックルメッキ直しとベルトほつれ修理

    エルメスのバックルメッキ直しです。この色は黒ニッケルメッキです。使っているうちに黒塗装が剥がれてきて、いつの間にかお客様自身の記憶がシルバーにすり替え割っていることがよくありますが、プロが見れば明らかにシルバーではないです。こちらが作業前の状態です。裏面です。わずかに黒塗装が残っています。メッキ直しは、メッキをいったん全部溶融させて剥がして、母材を研磨して下地を整えます。下地を整えないと凸凹になってかえって汚くなってしまいます。研磨はしますが、深い傷は完全に取りのぞけません。メッキはがしの工程が、メッキ直しでは作業の要です。ですので、どの溶剤で溶けるメッキなのかを把握できていないと、最悪、溶剤を間違えるとバックルごと溶融してしまいます。ですので、ほかのブランドさんのものは、施されている工程が未知なので引き受けら...エルメスバックルメッキ直しとベルトほつれ修理

  • グッチ ベルトカットとリバーシブルバックル修理

    グッチのベルトカットです。インターロッキングのベルトです。当初、マジックの位置で穴を開けて欲しいというご依頼でしたが、こんなバラバラの穴ピッチで開けたら格好悪いですし、剣先が長くなり過ぎたら歩行中に腕に当たって使いにくいので、カットでご提案しました。しかし、まだ新しいグッチのベルトに、マジックで、しかもフリーハンドでマーキングって、すごく大胆ですね。もしかしたらめちゃお金持ちで、グッチなんて大したことないのくらいの方なのですかね。採寸したところ、13センチ程度長いようなので、それを確認してから13センチカットで作業始めました。105センチ表記なので、出来上がりが92センチになります。作業完了です。裏面の仕上がりです。グッチのリバーシブルバックル、がたつきの修理です。まずはごく細い六角レンチで分解します。この症状...グッチベルトカットとリバーシブルバックル修理

  • ルイヴィトン ダミエ柄トップバックル修理

    ルイヴィトンのベルト修理です。ダミエ柄のバックルですね。このような形式のバックルをトップバックルと呼びます。今回の修理は、バックルとベルトを留める中間パーツとの連結修理です。中間パーツには突起があって、突起にぶつかった以上は、ベルトとバックルの角度が曲がらないようになっているのですが、こういった作りだと、一旦無理に力が掛かって突起に乗り上げると、バックルの足が曲がってしまいます。こんな感じですね。ここは無理に戻すと折れる可能性が高いので、弊社ではいじりません。なので、緩いままの寸法で部品を作ります。ちょっと長めに作ってます。頭だけシルバー色でメッキしています。固定しました。修理完了です。作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。画像が無いとどのようなベルトなのか、どういった作業なのかわかりませんので、お電話...ルイヴィトンダミエ柄トップバックル修理

  • 革の裁断 革漉き 2019.11.15

    革紐の裁断です。革紐の裁断は4ミリから50ミリまで作業できます。1本から承りますが、セッティング料が掛かります。詳しくは細皮裁断機の作業を紹介していますので、ご覧ください。ストラップパーツの裁断です。500本分あります。サルカン(ベルト通し)のカシメ打ちです。裏地の貼り合わせ、裁断、カシメ打ちのセットでご依頼いただきました。ベタ漉きの依頼です。同じ革で同じ大きさのものが多数あれば、0.5ミリ程度でも安定して作業できますが、逆に一枚ずつ違う革のアラカルトのような作業、大きさもバラバラですと同じ設定で作業しても革によってばらつきが出ますので、誤差、失敗が多くなります。革はよっては0.5ミリ以下でも安定して漉ける場合もあります。昨日の革の裁断、革漉き出荷分です。毎日これだけの発送準備だけでも結構な労力ですが、おかげさ...革の裁断革漉き2019.11.15

  • トレンチコート 革バックル修理

    都内にある古着屋さんからの依頼品です。茶がバーバリーのもので、アイボリーがディオールのものになります。ディオールのバックルは色が薄いので、トレンチコートと言うよりは、スプリングコートのような薄手のものなのかもしれません。似寄りの革で修理します。各色取り揃えてはいますが、在庫は常に変動します。修理完了です。バックルの取り付けは販売店にて行います。こちらはウールのコートで、お母様の形見のコートだそうです。バックルがボロボロのために使えずにいたところ、弊社を見つけていただきました。ステッチの糸色の感じもオリジナルに近いイメージで作り直しています。バーバリーですね。バックルの修理のみ承りました。袖のバックルが焦げて革が縮まっていますので、クリーニング中の事故(乾燥機)だと思われます。こちらはアクアスキュータムです。ベル...トレンチコート革バックル修理

  • グッチ ベルトカット

    グッチ、レディーズベルトのカットです。まずは分解から作業開始です。縫製を解いてバックルをはずします。7センチカットご希望ですので、位置を決めてカットします。作業完了したのですが、このベルトは出来が悪いですね。ベルト通しの内側がこんなに糸が緩いです。ミシンの下糸の調整が甘いですね。しかもベルト通しがかなりきつく、通せないくらいぎちぎちです。爪を広げて、スムースに通るように調整しました。この爪のパーツ、ここを見ると我々はどこの国で作られたものなのか、見当つくのです。製造国それぞれでそんなに種類がないので、この形はこの国で作られたというのがよくわかります。どことは言いませんが、このベルトの出来を見ると、なるほど・・・という地域で作られたものですね。作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。画像が無いとどのようなベ...グッチベルトカット

  • ダンヒル ベルト修理

    ダンヒルのバックル修理です。バックル部分がはずれています。バネが欠品しているので、バネを製作して修理します。長めにバネを作って、組み立てながら長さを調整します。修理完了です。こちらのダンヒルのバックルはピン折れです。ダイキャストのピンなので折れやすいですね。亜鉛ダイキャストは粘性がないので、この右端の薄くなっている部分からピンを入れて、中央に移動することによってはずれなくしているのです。真鍮のピンは粘性があるので、そのまま取り付けられます。が、コストは真鍮のほうが高いのです。こちらのお客様のご依頼は、ベルト製作4本でした。手持ちのダンヒルの丸バックル4個をお持ちになって、一本はベルトがついた状態で見本で預かりました。お好きなんですね。これだけあればまたしばらくは使えますね。作業受付はメールかLINEでのみ受け付...ダンヒルベルト修理

  • トレンチコート バックル修理

    トレンチコートの修理が増える季節となりました。まったく革が剥かれた状態で届きました。形状から察するに、アクアスキュータムだと思われます。バックルの芯棒が黒で塗装してありますので、元は黒だったのがわかります。この塗装は、革巻きのバックルを白革やヌメ革の薄い色であらかじめ作り、あとから色ごとに塗装しているため、革のない部分に塗装が付着しているのです。修理するためにピンは取り外しました。修理後にピンを再度取り付けます。ピンのメッキがあまりにも傷んでいたり、錆びていれば新しいものを取り付けますが、特にご希望のない限り、ブランドものが多いですから、できるだけオリジナルを残すという観点から使えるものは再利用しています。こちらはバーバリーの形ですね。革がボロボロです。可能な限り色合いの合う革で作り直します。修理完了です。こち...トレンチコートバックル修理

  • ロエベ ベルト修理

    ロエベのベルト修理です。ロエベはLVMHグループのブランドですね。LOEWEと書いて、ロエベと読むようです。それでは連結部分を修理します。必要な部品はすべて欠品ですので、作り直しました。広がった足をお客様が直して送ってきたので、足にできるだけ負担をかけないように、ピッタリサイズに調整して組み立てます。修理完了です。ちょっとほかのブランドよりは修理に苦慮しました。部品の精度がシビアで、ちょっと狂うと組み上げられないのです。作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。画像が無いとどのようなベルトなのか、どういった作業なのかわかりませんので、お電話でのお問い合わせはお断りしています。かならず作業対象の現品の画像を添えてご連絡ください。お電話いただいても、メールかLINEで写真を送ってくださいと返答するだけになります...ロエベベルト修理

  • 革の裁断 革漉き 2019.11.7

    油圧クリッカーによる革の裁断や、スリッターでの細皮裁断、バンドナイフでのベタ漉き承ってます。小さなパーツの型抜きです。数があるので、ハンドクリッカーではちょっと骨が折れる作業でも、この程度の裁断であれば、油圧クリッカーでは2-3000枚/日以上できます。カバンのパーツです。油圧クリッカーは力がありますので、ズレたりせずにポンチ穴もきれいに抜けます。バンドナイフによる革漉きの依頼です。裏面に希望する厚さを記入していただいてもよいですが、これだと漉いた後はわからなくなりますので、ご自分で把握できるのでしたらこの依頼方法でも構いません。付箋であれば、漉いた後にまた貼りなおして出荷します。くれぐれも付箋を床面に貼らないでください。糊のべたつきが残っていると、漉き作業中に床がゴムローラーに貼りついて巻き込まれ、革がダメに...革の裁断革漉き2019.11.7

  • ルイヴィトン バックル連結のがたつきとベルトちぎれ

    ルイヴィトンのベルト修理です。ベルトの千切れと、リバーシブル回転軸部分のがたつきです。どちらもよくある故障ですが、両方というのは珍しいです。まずは分解してベルトをはずします。がっつりと固着剤が入っていたので、真鍮のネジは外す際にだめになってしまいました。分解を想定していない作りですね。写真の水色のものが固着剤です。ワッシャを使わないので、これを入れないとネジが緩んで脱落するのです。しかし、ネジというのは、締めることも緩めることも両方できるからネジなのです。外せないのであれば、ネジである必要はありません。それこそ、カシメても打ち込んでもいいわけです。ここら辺の考え方というのは、ちょっと工業国で仕事している日本人としては理解に苦しみます。私ならこのネジは最低でも鉄、錆びを嫌うのであればステンレスを使います。もちろん...ルイヴィトンバックル連結のがたつきとベルトちぎれ

  • DIESEL ベルト修理

    ディーゼルのベルト修理です。よくあるピン折れですね。根元から折れるのがディーゼルを含む、カジュアルブランド全般の特徴です。使っている素材が原因ですね。価格帯を考えたら致し方ないのかもしれませんし、特に10-20代の若い世代では、おしゃれなブランドとして認識されているみたいです。うちの娘がそういってました。剣先にロゴが入っているタイプです。オリジナルとは違うしっかりした真鍮製のピンを取り付けましたので、もう取れたりしません。色合いも違和感なく仕上がりました。メッキはいろいろ揃えていますが、すべて揃っているわけではありません。可能な限り近いものであれば交換修理しますので、よろしくお願いいたします。作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。画像が無いとどのようなベルトなのか、どういった作業なのかわかりませんので、...DIESELベルト修理

  • グッチ バックルとベルトとの連結修理

    グッチのベルト修理です。バックルとベルトとの連結部分で、これはグッチ以外でも、他のブランドもよく故障します。部品を打ち込んで留まっているのですが、脱落するのです。ですので圧倒的に下側の故障が多いです。打ち込むための部品を真鍮材で作りました。頭は見えるのでニッケルメッキを施してます。下側は脱落しやすいので、脱落防止のために、素材、形状、表面処理、組み立て方、すべてに私の工夫が入っています。再度抜けた場合は、一年間は無償で再修理します。完成です。こちらは珍しく上側の故障です。修理依頼をいただく場合、よく反対側も心配なので直して欲しいと依頼されます。作業してみて、問題なく外せれば修理しますが、元々外れる場所ではないので、簡単にはずれない場合があります。その時は無理に作業すると他の部分を傷つけたり損傷しかねないので、そ...グッチバックルとベルトとの連結修理

  • カジュアルベルト先革交換

    ベルトの剣先部分の交換です。お気に入りのベルトだそうで、かなり傷んできたので同じようなベルトをお探しになってみたものの、それでも気に入るのがなく、弊社に相談が来ました。まったく同じとは行きませんが、できるだけ似た感じで仕上げます。バックル側は交換しませんので、こちらの革の色と糸の色を合わせます。出来上がりです。受け取ったお客様から、これならもう30年使えるので、ぜひこの仕事は続けていてくださいと言われてしまいました。30年先だと、ちょっとまだ生存していられるかどうかが心配です。作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。画像が無いとどのようなベルトなのか、どういった作業なのかわかりませんので、お電話でのお問い合わせはやめてください。かならず作業対象の現品の画像を添えてご連絡ください。お電話いただいても、冷たく...カジュアルベルト先革交換

  • ルイヴィトン リバーシブルベルト修理

    ルイヴィトンのリバーシブルベルト修理です。この部分ですね。回転する軸となるネジが折れてます。折れたネジは中に残っているので、これを取りのぞかなければなりません。分解してみましたが、ちょっと問題ありました。こちらが修正後ですが、このように切り欠きが入っていないと、ベルトが回転する軸を押さえつけてしまって故障の原因となります。今回の故障も、これが原因であることも考えられます。が、もともと故障の多い症例なので、原因というよりは誘因程度だと思います。このベルトは1度カットされています。糸止めもされているので、素人の仕事ではないと思います。が、革の扱いは理解していても、金具のことは全く理解できていません。革を扱う人の作業ですが、ベルトを作る人ではないですね。では回転軸を交換しましょう。オーバーサイズの、ステンレス製のネジ...ルイヴィトンリバーシブルベルト修理

  • HTCベルトカット 丈詰め

    HTCのベルトカットです。このベルトはカットする寸法がかなり限られます。カットする寸法が短すぎても穴が残って作業できませんし、長すぎても飾りに干渉してしまいます。個体差はありますが、経験上、作業できるのは5-7センチの間くらいだと思います。今回の作業は6センチカットになります。元の位置から6センチずらしてベルトが曲がりやすいように、また目印として溝を入れます。ホックを2つつけるスペースが、飾りの影響で確保できませんので、大きめのホックで1つで留まるように仕様変更しました。裏面です。作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。画像が無いとどのようなベルトなのか、どういった作業なのかわかりませんので、お電話でのお問い合わせはやめてください。かならず作業対象の現品の画像を添えてご連絡ください。お電話いただいても、冷...HTCベルトカット丈詰め

  • ブルガリ 交換用ベルト作成

    ブルガリの交換用ベルト作成です。ブルガリのバックルはカーブがきついので、ベルトが痛みやすく、多くのお客様からご依頼をいただいています。今回も2本ご紹介します。これがついていたブルガリオリジナルのベルトです。穴周りが特に負担が掛かって傷んでいます。こちらが交換用に作成したベルトを取り付けた状態です。ブルガリらしい型押しの革を使っています。こちらの革のほうが痛んできても傷が目立ちにくいかと思います。こちらのお客様も同じようにスムース革から型押しで作り替えです。だいぶ長いようで適正サイズでお造りしました。オリジナルのベルトは剥がれてきていました。ミシンが入っているのに剥がれるって、耐久性が悪いですね。糸が悪いのでしょうか。作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。画像が無いとどのようなベルトなのか、どういった作業...ブルガリ交換用ベルト作成

  • グッチ 補修用ベルト

    グッチの補修用(交換用)ベルト作成しました。表面が茶、裏面が黒です。オリジナルの配色を踏襲しました。裏面です。LINEでやり取りしながら、サイズ確認し、革の画像を確認していただいてからの作成になります。こちらがオリジナルのベルトです。穴周り中心に、くたびれてきています。こちらの他のお客様からのご依頼品で、同じくリプレース用ベルト作成です。これはもう完全にお疲れ様ですね。こちらは交換用ベルト作成ではないのですが、穴周りが痛んでしまって、まだ使いたいので1穴分短くして欲しいとのご依頼でした。ご本人様もおっしゃっておられましたが、ここまで使ってもまだ使いたい大切なベルトだそうです。1穴分短くしましたで、これでもう少し使えますね。作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。画像が無いとどのようなベルトなのか、どういっ...グッチ補修用ベルト

カテゴリー一覧
商用