searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ひろみさんのプロフィール

住所
幸区
出身
徳島市

自由文未設定

ブログタイトル
人生後半は着物と共に
ブログURL
http://tanoshimanaito.blog25.fc2.com/
ブログ紹介文
四十半ばで急に思い立って着物を始めました。今は着付け、和裁、そしてミシンも楽しんでいます。
更新頻度(1年)

63回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2016/11/06

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ひろみさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ひろみさん
ブログタイトル
人生後半は着物と共に
更新頻度
63回 / 365日(平均1.2回/週)
フォロー
人生後半は着物と共に

ひろみさんの新着記事

1件〜30件

  • 甦る着物 

    このところ、寸法を直している古い着物。辻和さんに見ていただいたらやっぱり銘仙じゃないか、ということでした。結構生地が薄いので、丈夫にするためにも袷の方が良かったかなぁとチラッと思ったりしますが。解き始めた頃は、柄的に着られる着物になるかどうかも心配だったので気楽にできる単衣にしてみた次第です。どうせなら、粋な着物に甦らせたいと試行錯誤しています。帯は赤や薄い黄色など当ててみましたが、やっぱり黒がし...

  • 草履の鼻緒をチェンジ

    丸屋履物店さんで草履の鼻緒を挿げ替えていただきました。こちらは6年前に丸屋さんのお父様の方に見立てていただいた鼻緒今回新しく挿げ替えた鼻緒草履自体は私の祖母のもので60年は余裕で経過しているものかと思われます。ずいぶん印象が変わりました。他に和裁の先輩から譲っていただいた高級パナマ草履、鼻緒がきつかったので緩くしていただきました。草履を袋から出した際お~っとご主人達の声が漏れたほど、見事に重ねてあ...

  • 寸法直し

    長襦袢が完成したので前から直したかった着物に取り掛かりました。もしかしたら黒い糸の結び目が多く見えるから銘仙??ちょっとよく分かりませんが。。。身丈が147センチなのでおはしょりで隠れる部分に足し布をします。出来上がり寸法の裾線から腰紐を結ぶ位置を測ってそこから縫い代3分あがったところをチョッキンと切ります。思い切って。腰から上の方も縫い代3分を印付けしておきます。そしてほつれないようにロックミシ...

  • 慶弔用長襦袢 完成

    シルックの慶弔用長襦袢が完成しました。無双袖です。慶弔用は普段は着ないけれど急に必要になるものなのでずっと欲しいと思っていたのです。衿肩明には力布を付けました。餃子の形に似ているので教室では「餃子」と呼んでいます(笑)これが上手くいかず、何度も縫い直しました(;^_^A完成してホッとしました~にほんブログ村...

  • お茶のお稽古

    お茶のお稽古に絽着物とオールシーズン博多帯を。マスクは不織布の上からお気に入りの有松絞。主菓子は手水鉢の形!水もはられている風!「岩清水」という名だそう。最近は点前もお抹茶を入れずにエアーで行い、お菓子も引き続き持ち帰っています。窓は全開、エアコンも強にして換気をしています。この感染爆発が早く収まりますように。にほんブログ村...

  • 茶杓 削りました

    自分の持っている茶杓、抹茶が櫂先の竹の繊維内に入り込んで取れなくなり汚れて見えるのでなんだかなーということで自分で新しく茶杓を削ってみました。下削りして曲げてある茶杓はメルカリなどでもたまにお安く売っています。小刀で好みの太さ、櫂先の形に削っていきます。裏の仕上げは400番のヤスリです。1本目は気取って櫂先を尖らせてみました。。。。2本目は普通に。長さを短くするのに小刀ではラチがあかなくて糸のこぎり...

  • お茶のお稽古 シルックにオールシーズン博多帯

    週末のお茶のお稽古。雨のため、シルックの絽にオールシーズン博多帯。朝、雨が降っているし感染者も拡大していて気分的に着物で行くかどうかをかなり迷いましたがお茶でしか着物を着ていないので気持ちを奮い立たせました。濃茶の点前は大海を使ってさせていただいています。和裁の先生からいただいた道具に大海が2つありまして、せっかく持っているのなら大海で稽古をやりましょうとおっしゃっていただきました。6月のお茶会は...

  • 身丈147センチの着物

    以前に知り合いから譲ってもらった着物たちの中にインパクトの強い雪輪文様の着物があります。かなりのインパクトだけど羽織ってみると意外や意外、なかなか良いのです。が、問題は身丈が147センチ、裄が62センチとかなり小さい。。。身丈は、おはしょり部分にまた足し布をすれば大丈夫と思いますが裄はどうしたものか。前に赤い着物は袖口側にぐるりと黒い生地を足したのだけど今回は袖の袖付け側(身頃側)に黒い生地を足し...

  • 長襦袢の居敷当てがつきました

    火曜にワクチン2回目接種終わりなんとなくホッとしてます。接種の翌日は37.5度の発熱と倦怠感がありました。倦怠感は、例えるならインフルエンザに罹ってこれから高熱になるぞという時に感じる膝や太もも辺りの重いだるい、痛い感じです。ワクチンはファイザーでした。2日経って体調は元に戻りました(^^♪接種の翌日、倦怠感があっても時間が惜しくて、ひーひー言いながら長襦袢を縫ってました(;^_^A後身頃の内揚げを縫い、その内...

  • クチナシの実

    庭のクチナシの花が咲き終わり実が少しずつ大きくなってきました。正直、庭にクチナシの木があるのを今年初めて知りました(;^_^Aそれだけ自然に興味がなかったんでしょう。。。お節の栗きんとんのためにクチナシの実を買っていたのになんということでしょうね。。。実が赤く色づいてくると鳥が食べにくる、ということなのでその前に収獲しようと思います♪にほんブログ村...

  • 長襦袢の袖が完成

    ステイホームで和裁三昧。袴は教室で先生と確認しながら進めたいので今回は家で長襦袢を進めました。半日かかって無双袖が左右とも完成。慶弔用の白い長襦袢がなかったのでシルックの反物を辻和さんで前に購入しておいたのです。よく見ると露芝文様。無双袖の長襦袢は3枚目なのでノートもかなり完成しつつあります。和裁は教科書というものがほとんどないので先生に教わりながら自分でノートを作っていきます。今は2冊目がそろそ...

  • 麻の着物にオールシーズン博多帯

    オールシーズン博多帯、万能です(^^)4年くらい前に初めて仕立てた単衣の着物、新之助上布の本麻。甘さを抑えたいと思ってオールシーズン博多帯を合わせてみました。下前の衿が下手で直したいと思いつつ、直すのも面倒でそのまま着続けてます。季節感のある帯も欲しいと思いつつ、万能選手もやっぱり便利~にほんブログ村...

  • ふくら雀

    検定対策の講習会1回目。おはしょりの長さ、半衿の巾、たれ先の長さ、など規定があります。ふくら雀は結び方が色々ありますけど、今回は先生の指示通り、三重仮紐を使用して(検定では使用可)結びました。他に好きなパターンがあるので次はそちらで練習してみたいな。帯締めは飾り付きは不可なので別の先生からシンプルなものをお借りすることになっています。持参品も色々と基準があって別の物を持参すると失格になってしまって...

  • 絽着物とオールシーズン博多帯

    オールシーズンの博多帯、試着してみました(^^♪くノ一麻子に長めの自作ステテコ、自作噓つき袖、それに美容衿、補整のタオルは忘れ、前結び用の「くるピタ」はやめて伊達締めで滑らせてお太鼓を後ろに回す。前板はメッシュを使用。という手抜き&着用枚数省略での試着でしたが、このまま外出できるかも。帯、なかなか良いかな。にほんブログ村...

  • オールシーズンの博多帯

    和裁では袴と長襦袢に取り掛かっています。が、夏帯も欲しいなぁと思っていたところ、オールシーズン使える博多帯というのを見つけまして。袴と長襦袢をお休みして仕立ててみました(^^)一枚だとこれくらい透けます。重なるとそこまで透けません。それでオールシーズンということでしょうか。お太鼓はだいたい普通の寸法で3尺くらいを折り返して千鳥ぐけします。濃い地に濃い糸だから、よく見えなかったけど、写真で見ると意外とち...

  • 茶道文化検定公式問題集

    思い立って茶道文化検定の公式問題集3級4級を購入してやってみました。まずは4級結果は60問中5問間違い。これは合格ラインを越えているのかいないのか。茶のこころカテゴリーで1問間違い歴史カテゴリーで3問間違い茶室・露地カテゴリーで1問間違い。間違えなかったのは茶事・茶会と道具のカテゴリーです。かなり偶然ですけど。茶のこころカテゴリーで間違えたのなんて「中秋の名月は旧暦のいつのことですか」です(;'∀')常...

  • ろうけつ染めの小紋

    着付け教室のOBの先輩が断捨離のため手放したい着物類を沢山教室に持ってきてくださったとのこと。欲しい人はお持ち帰りください、と全員に連絡がありました。家には直す予定の着物も色々あるし私は要らないかなぁと思いつつお稽古へ。先生「ちょっと見てみたら?」私 (本当はいらないけど)「じゃあ、せっかくだから見るだけ」先生「これなんか、似合うんじゃない?」私 (ちょっと地味じゃないかなぁ。。。) (でもせっかく...

  • 袴 縫ってます

    和裁で袴を縫っています。誰かが履くという予定はなく2年前に初めて仕立てた時から面白かったのでもう1枚縫いたいと思っていたのでした(^^♪こんな風に裏に各パーツの名称を白チャコで書いておきます。(気にしない人限定気にする人は布か紙を縫い付ける)そして先生からいただいた図と手順書を見ながら縫って繋げていきます。ここまではすごく簡単です。腰板のところとか少し複雑な部分もありますけど長着の袷の胴裏と八掛を縫い...

  • 男物長襦袢が完成

    しばらく放置していた男物長襦袢が完成しました。これは関西仕立てです。女物の長襦袢と同じ、たて衿が付いて衿先が途中で切れているようになっています。関東仕立ては衿が裾まで伸びて付いていますね。たて衿がない分お腹が出ている人にはキツくなるようです。我が家は迷わず関西仕立てです。次男だけは関東仕立てで大丈夫でしょう。この長襦袢は何と言っても裾の市松の線を真っ直ぐに1人で揃えられたことが大きい収獲でした(^^)...

  • 着付け国家技能検定

    昨日、着付け国家技能検定の学科試験がありました。昨年中止だったからか受験者数がかなり多かったです。2級を受験した一昨年は会場は代々木の美容会館でしたが今年は五反田のTOCメッセでした。3年前は別の会場だったとも聞きましたから、毎年同じ会場という訳ではないのかもしれませんね。学科の過去問題が全日本着付け技能センターのHPに過去3年分のっています。それを見ると分かりますが毎年着物の各部位の名称が問題になっ...

  • 絞りの洗い張り

    絞りの着物が洗い張りから戻ってきました。GOKIGENさんにお願いしましたが絞りでも普通の小紋の洗い張りの金額と同じでした。方法はドライということでした。友人から譲り受けたものですけど多分お母さんが若い頃に着ていたのでは?と思います。GOKIGENさんが外注に出している悉皆屋さんからはご指摘がいっぱい…(;^_^Aまぁ何十年も前のものだし。羽織の仕立ての練習になれば、それで良しです。今取り組んでいる男物の長襦袢は袖を...

  • いよいよ濃茶

    お茶を始めてからまもなく丸2年になろうとしています。7月からいよいよ濃茶のお稽古を始めるそうです。いきなり始めると稽古時間内に終わらない、ということで先生が追加で割り稽古の回を開いてくださいました。袱紗の四方捌きと茶入の清め方、仕覆の扱いをしました。なるほど、なるほど。これは別で稽古をしないと初日に時間が足りないですね(;^_^Aいつもながら先生のお気遣いに感謝です。お陰様で手順だけはばっちり覚えました...

  • 絞りの着物を羽織に?

    昨年、知り合いからいただいた沢山の着物。そのうち、八掛がとっても目を引く紫色の疋田絞りがあります。鮮やか過ぎて躊躇するくらい。和裁の先生に相談したら羽織にしてみては?とのことでした。十年以上前にバンコクのジムトンプソンのファミリーセールで購入したタイシルクのスカーフを羽裏にしてみても良いかな?などと、あれこれ迷っていたら夫は「八掛の色を変えて着物のままでも良いのでは?」と言ったり、娘は「えー、ちょ...

  • 男物長襦袢 「裾とじ」まで出来ました

    裾の印を付け直して裾線を市松の線に修正した長襦袢。「裾とじ」まで出来ました。こてで付けた前の印が残ってしまいましたが長襦袢だし、裾なのでOKでしょう。少し顔を出している「ふき」が可愛く思えるのは異常でしょうか。。。裾線を直そうかどうしようか迷ったけれど、こう見ると直して良かったですね。後は、たて衿付け、衿付け、袖の作成、袖付け、です。にほんブログ村...

  • 単衣の紬と悉皆

    2年ほど前に知り合いにいただいた紬を着てみました。いただいた時、とっても好み~と喜んだんですけど合わせる帯が難しくてあまり着れずにいました。今回、手持ちの無地の綴れ帯を合わせてみたけどどうでしょう。着物は「柄 On 柄」が洋服よりは大丈夫だけど難しいものもありますね。センスが問われます。。。4月は悉皆屋さんに色々とお願いしまして、GW過ぎに色々戻ってきました。野々村仁清の茶壷の帯はカビ臭はないものの色...

  • 着物の練習&カラーの花

    着付け教室に向けて毎日着物を着ています。こんな時こそ、と2年くらい前に和裁の先輩からいただいた名古屋帯を締めてみました。多分短いのではないか。。。と思って締めてなかったのだけど案の定、短かったー(;^_^A前帯の柄はかなり右側になる上、後ろのお太鼓柄は、ほんのちょっとしか出ず。。。痩せている先輩だったのでそんな気がしていましたよ。。。毎日着ると、それなりに新しい発見があります。右側のおはしょりの始末、こ...

  • 男物長襦袢

    GWは家の掃除をしたり散歩したりして一回も針を持ちませんでした。休みが明けてやっと男物長襦袢を再開できます。休み前に家で印付けをしていて判明したんですけど肩から着丈を測って印を付けると下の赤い線のように裾の線が湾曲してしまいます。(左側が肩、右側が裾)肩から同じ長さを測っているのにある所からは市松の真ん中、ある所からは市松の上の線、という具合になってしまいます。市松の一つ一つの染めが同じ大きさでない...

  • 胴抜き袷 & 長襦袢 初おろし

    お茶のお稽古に完成したばかりの長襦袢を着ていきました(^^)着物は数年前に友人から譲り受けた胴抜き袷です。秋っぽい色かなぁと思いましたが、唯一持っている胴抜き袷なのでどうしても着てみたくて。それで小物は春っぽくしてみました。チラッと見える長襦袢♡胴抜き袷、やっぱり少し涼しいですね。暑がりなので、何を着ても暑い日は暑いと感じてしまいますが今頃の気候だと、袷よりは裏地が1枚少ない分良いような気がします。お...

  • 長襦袢が完成

    3月初旬から縫っていた無双袖の長襦袢が完成しました。長襦袢っぽくない色柄のが欲しくて選んだ反物でしたが、出来上がってみて、なかなか良いんじゃない?満足しております。やっと完成したのにそろそろ単衣の時期ですよね(;^_^A単衣の派手な長襦袢も縫おうかしら。次はもう一枚女物の長襦袢を縫おうと思っていたけれど長襦袢地だと思っていた反物が「羽尺」と書かれていて羽織用の生地だったことが判明(;^_^A続けて女物の長襦袢...

  • 半衿のブヨブヨを直すには

    次の土曜に着付けを頼まれています。お茶の先輩のお嬢さんの成人式前撮りがあるそうで、せっかくなので家族全員で記念写真を撮るそうなのです。お嬢さんとお母さんはセット料金に着付けが含まれるけれど息子さんの奥様の着付けが含まれないので、お1人だけお着付けさせていただくことになりました。今週に入って毎日ボディちゃんに着付け練習していました。自分の着物の中でもこの色無地はキレイに着せられるんですけどカラーの花...

カテゴリー一覧
商用